メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「xc」検索結果。

xcの商品検索結果全3件中1~3件目

こちらの関連商品はいかがですか?

アブサン チェコ 500ml 70度 (ABSINTH CZECH) リキュール リキュール種類 kawahc

年中無休即日発送 お酒の河内屋

1,799

アブサン チェコ 500ml 70度 (ABSINTH CZECH) リキュール リキュール種類 kawahc

チェコ共和国のグリーン・ツリー蒸留所(Green Tree Distillery)が長年の経験と昔からのレシピを基につくるアブサン。 スパイシーなニガヨモギの味が支配的。※購入履歴からのキャンセル及び修正について 当店では楽天APIにより在庫管理されているため、ご注文のタイミングによって、お客様自身での購入履歴からのキャンセル、修正を受け付けることができませんので再度、ご注文内容に間違いがないことをご確認の上、決済されることをお勧めいたします。最新の入荷情報・特売情報はこちら河内屋でのお買い物についてギフトラッピングはこちらクール便発送についてご注文時と配送時のご注意領収書について返品・交換について ◆ABSINTH201202 リキュール リキュール種類 限定 激安 格安 おすすめ 201311 チェコ産■他の雑誌でも『お酒の大型専門店 河内屋』が紹介されてます!クリック! アブサン チェコ 70 チェコ共和国のグリーン・ツリー蒸留所(Green Tree Distillery)が長年の経験と昔からのレシピを基につくるアブサン。 スパイシーなニガヨモギの味が支配的。 ※リアルタイムでの配送手配となりますので、ご注文後の、お届け先変更・同梱・追加・各種ご注文内容の変更につきましては対応できませんので、予めご了承くださいませ。 この他のアブサント(アブサン)関連品はコチラをクリック♪ この他のリキュールはコチラをクリック♪※順次追加中! この他の円高還元品はコチラをクリック♪※順次追加中! 今だけ送料が無料(本州限定)999円はコチラをクリック♪※順次追加中! ※商品画像は販売開始時の画像です。現行品の随時出荷となる為、ラベル、デザイン、ヴィンテージ、容量度数などが実物と異なる場合があり単に画像と違うという理由での無償返品や交換対応は致...

エミル ペルノ アブサン ヴィユ ポンタリエ 500ml (73-2) (74108)

輸入酒のかめや

6,566

エミル ペルノ アブサン ヴィユ ポンタリエ 500ml (73-2) (74108)

19世紀のベルエポック期にパリで大流行したアブサン。強壮作用のあるハーブからつくられた緑色のお酒はその作用のために芸術家をはじめ多くの人から愛されました。 あまりの大流行にフランスの多くのリキュールメーカーがアブサンを製造した中、最上のアブサンとされたのが、フランスアブサン発祥の地でもあるポンタリエ産のアブサンでした。アブサン禁止法の後、現存するのは2蒸留所のみとなりましたが、そのひとつが1890年からの歴史をもつエミル・ペルノ蒸留所です。 グランドワームウッド、プティットワームウッド、ペパーミント、メリッサ、ヒソップは地元ポンタリエから、グリーンアニスはスペインから、フェンネルなど他ハーブはロワールから、最高品質のハーブを集め、100年前と同じくグレープスピリッツに漬け込み、100年前と同じ蒸留 器で蒸留、さらにハーブを漬け込んで緑色のスピリッツのアブサンをつくっています。 それらはベルエポック期のアブサンに敬意を表し砂糖は使用されず、19世紀に最高の品質を誇ったポンタリエ産アブサンを彷彿とさせます。 細心の注意をはらって選ばれた地元のワームウッド(ニガヨモギ)、最上の香りをもたらすフェンネルシード、グリーンアニスシードとアルペンハーブをアブサン禁止法前と同じくグレープスピリッツに漬け込み丁寧に蒸留。 その後色づけのためハーブを漬け込むという19世紀と同じ製法でつくられます。 色は美しいペリドットグリーン。アロマはフェンネルと調 和のとれたグリーンアニス。口に含むとワームウッドとアニスにミントのアクセント。砂糖は不使用。 ツヨンは2.5PPM、アブサン特有の余韻があります。

キュブラー ビンテージアブサン 2017 ヴェルト スイス 500ml (73-1) (74014)

輸入酒のかめや

5,789

キュブラー ビンテージアブサン 2017 ヴェルト スイス 500ml (73-1) (74014)

アルコール度:72% ツヨン: 8.5ppm 主な原料:ニガヨモギ、アニス 製法 主原料のニガヨモギはジュラ山脈の自社畑で有機栽培され,これに同地域の契約農家から調達した アニス、フェンネルなど6種類の薬草をブレンドし、約50%のグレーン・アルコールが入った蒸留器へ入れられます。 約50度まで加熱・蒸留した後、蒸留釜の中に24時間静置し,エキス分を抽出。 次に、原料薬草を残したまま再蒸留すると,約80度のアブサンが採取され、これに極限処理した地下水で所定アルコール度数に調整後、フィルターを通し、ボトリング・ラインへ。 ISO認定蒸留所全行程で、添加物、糖類等は完璧に排除された100% Pure Herbal Swiss Absintheの誕生です。魅惑的なナチュラル・グリーンと高貴な透明感が自慢です。 造り手のブラックミント社はスイスの老舗で最大手。1875年、曾祖父が最初に創ったのが72%オリジナル・レシピで、これを4代目現社長イヴが、最新テクノロジーで奇跡的に復刻した幻のアブサンです。 贅沢に選別した6種類の薬草類を秘伝ブレンドし、2013年度より各年度3,500本だけ限定生産されます。 ワイン同様、原料ハーブは収穫年度毎に作柄が異なる為、メイン・ラベルに製造年度(ヴィンテージ)を表記し、更に1本毎に個別番号を打ち、厳しく品質管理した初の 「ヴィンテージ スイス アブサン」です。 本品は、熱と光に敏感です。開栓後一定期間を経過すると、淡い黄色を呈する場合がありますが、品質の劣化現象ではありません。保管は、低温、暗い場所でお願いします。

バタフライ クラシック アブサン 750ml

MOAI

9,680

バタフライ クラシック アブサン 750ml

ヨーロッパでもっとも有名なアブサン蒸留家 【クロード・アラン・ブニョン】さんによって、アブサン発祥の地 スイスのクヴェ村にて製造された丁寧な造りの特別なアブサン。 『バタフライ』アブサンは20世紀初頭、アメリカはボストンで作られていた 禁酒法以前のクラシックアブサンを現代に蘇らせたお酒。 当時のアメリカではフランス移民によりアブサン作りが盛んであり、 ヨーロッパから輸入されたのものと少々異なるユニークなスタイル がありました。 中西部から、ニューイングランド地方でとれる様々なハーブを自由に 活用していたのです。ニガヨモギの畑は国中に点在しており、 収穫量が多く、ヨーロッパに輸出する程でした。 ミントや柑橘類の果皮、その他国産ハーブの使用が複雑でいて リフレッシュ感のあるフレーバーを作り出しました。 この『バタフライ』の物語は、アメリカのアブサンマニアで クラシックカクテルの歴史にも非常に興味のある、ブライアン・ フェルナンド氏が、禁酒法以前に存在していたマサチューセッツの 蒸溜所について調査していたときに始まります。 彼はそこで発見した『バタフライ』こそ、アメリカのアブサンの もっとも古い偉大なブランドでありながら、人々に見過ごされて いると感じ、なんとかそれを復活させることはできないかと考えました。 まず、地元の歴史家たちとブランドや当時の製造者であるデンプシー 家について調査をはじめました。 この調査によりデンプシー家から多くの蒸留に関する書籍が発見されます。 そのなかには自身のレシピや注釈を書き込んでいるものが含まれていたのです。 これらの情報をもとに、蒸留家を見つけて当時のバタフライの レシピでもう一度アブサンを作ることにしました。 ブライアンが大好きな現代のアブサン蒸留家、クランディスティン ・アブサンのクロード...

キュブラー 真正スイスアブサン ヌシャテル 自社畑で無農薬栽培 無添加 無着色 500ml 53%

確かなモノ探しと銘酒トレイル

3,672

キュブラー 真正スイスアブサン ヌシャテル 自社畑で無農薬栽培 無添加 無着色 500ml 53%

現在、日本の酒販店では多種多様な「アブサン」を見かける様になりましたが、世界で最初にアブサンが造り出された場所は、何処かご存知ですか? それは、スイス北西部、ヴァル・ド・トラヴェール(Val de Travers)という小規模な渓谷です。 フランスとの国境に広がるジュラ山脈の裾で、ヌシャテル湖、ビール湖を抱込む風光明媚な場所で、ピアジェ等スイスの時計産業を支える地域でもあります。 1769年、この場所で、「薬用」として、最初のアブサンが誕生し、以後この地が「アブサン発祥の地」として知られるようになっています。アブサンと言えば、フランスの芸術家、ロートレックやゴッホが愛飲した事が有名で、フランスが発祥の様に思われがちですが、実際には、アブサンがフランスで造られる様になったのは、フランスぺルノ社のアンリ・ルイ・ペルノが、アブサン製法をこの地で取得してからなのです。 キュブラー社は、この誕生地で4代続くアブサンだけを造っている「アブサンのスペシャリスト」です。 1863年創業のブラックミント社を買取り、創業以来の伝統的アブサン製法を今日まで忠実に継承しています。 アブサン発祥の地スイスは、1910年10月7日、住民投票で製造・販売を全面禁止しました。 しかし、2005年3月1日、それが誤審であった事を全面的に認め、アブサンの公式解禁を全世界に向けて発表し、大きな反響を呼びました。 このリーダーシップを執ったのがキュブラー社で、2005年の解禁後 スイス国内で正式販売された第1号アブサンとなりました。 【キュブラー社のこだわり】 キュブラー社では、有機栽培されたオーガニックの天然ハーブのみを使用しています。 主原料のニガヨモギは、北部のジュラ山脈の自社畑でオーガニック栽培しています。副原料のコリアンダー,フェンネル,アニス、ペパーミント等は...

お酒・ドリンクのランキング

スポンサーリンク
スポンサーリンク