メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「ワイン・シャンパン」検索結果。

ワイン・シャンパンの商品検索結果全16,400件中1~60件目

ジェラール・ラフェ エ・フィス / クロ・ド・ヴージョ・グラン・クリュ・ヴィエイユ・ヴィーニュ [2009]【グルメ201212_ビール・洋酒】

ワインショップ・ワインホリック

26,892

ジェラール・ラフェ エ・フィス / クロ・ド・ヴージョ・グラン・クリュ・ヴィエイユ・ヴィーニュ [2009]【グルメ201212_ビール・洋酒】

ジャン・ラフェらしさが際立つ!かつてない出来映え2009年! 推薦グラス ジェラール・ラフェ エ・フィス / クロ・ド・ヴージョ・グラン・クリュ・ヴィエイユ・ヴィーニュ [2009] Gerard Raphet et Fils / Clos de Vougeot Grand Cru VV 2009 セパージュ: 【ピノ・ノワール100%】 国地域: フランス・ブルゴーニュ・コート・ド・ニュイ・ヴージョ 飲み頃情報: 2014年以降 インポーター: ヴィノラム ジャン・ラフェといえば以前ル・テロワールが輸入したスペシャル・キュヴェが印象に残ります。このワインを飲む限り、ジャン・ラフェは実はブルゴーニュでもトップクラスのワインであることが分かります。驚くほど素晴らしい酒質で、今まで日本に輸入されていた状態では、本来の素晴らしさは微塵も感じられません。また数年前に輸入元が替わっていますが、完全な状態ではなく正直がっかりしました。今回はヴィノラムが輸入したロットで、テロワール以来初めて輸入された最高のジャン・ラフェです。そして2009年という最高のヴィンテージ。これは何にましても貴重な存在と言って良いでしょう。 【rouge】 【bourgogne】 【ピノ・ノワール100%】 【V2009】 【kiwami】

クライ・ビエーレ・ゼミエ / オットチェント・ビエーリ [2014]【白ワイン】

ワインショップ・ワインホリック

4,450

クライ・ビエーレ・ゼミエ / オットチェント・ビエーリ [2014]【白ワイン】

注目!クロアチアでナンバーワンの生産者! 推薦グラス クライ・ビエーレ・ゼミエ / オットチェント・ビエーリ [2014] Clai Bijele Zemlje / Ottocento Bijeli 2014 セパージュ: 【マルヴァジーア、ソーヴィニョン、ピノ・グリージョ、シャルドネ】 国地域: クロアチア 飲み頃情報: 2019年以降 インポーター: ラシーヌ 私たちの小さなワイナリーはガンベッラーラの美しい丘の上にあります。海抜300m、火山由来の溶岩や凝灰石が土壌深くまで続いています。樹齢は40年のは収量を抑えて栽培され、素晴らしい品種であるガルガネガから少しでもより良い収穫を得るために、収量を抑えて収穫しています。 時間の許す限り丹精をこめて造られたワインは私たちのワインは、私たちのワイン造りへの無限の情熱を語ってくれます。私たちのプロジェクトは金銭的な計算を超えたところで、単純に夢を追いかけ続けることのみによって推し進められています。 低い収量、ブドウ樹一本一本に対する細心の注意、手作業での収穫、熟しの時期の違いによる、数回にわたる収穫、セラー内でのブドウへの最大限の配慮。施肥も最低限、必要なときにのみ行います。使う場合は、有機自然堆肥のみです。病害から守るための作業の際には、体系だてられたものや、除草剤、殺虫剤、化学肥料などは用いません。それはやがてワインになった時に優雅さ、清涼感、ミネラリティ—、私たちの愛しい畑の個性を、醸し出します。 【blanc】 【Republika Hrvatska】 【v2014】

ヴィットーリオ・グラツィアーノ / サッソスクーロ [2004], [2005], [2013]【赤ワイン】

ワインショップ・ワインホリック

3,618

ヴィットーリオ・グラツィアーノ / サッソスクーロ [2004], [2005], [2013]【赤ワイン】

ブルゴーニュ好きが反応する素晴らしく官能的な赤! 推薦グラス ヴィットーリオ・グラツィアーノ / サッソスクーロ [2004], [2005], [2013] Vittorio Graziano / Sassoscuro 2004,2005,2013 セパージュ: 【マルボ ジェンティーレ、他6種類の地ブドウ、樹齢35年】 国地域: イタリア・エミリア・ロマーニャ 飲み頃情報: 今から インポーター: エヴィーノ 個性的かつ圧倒的な感性を持つヴィットーリオ。圧倒的な味わいと繊細さ、唯一無二ともいえるランブルスコを造りだす。ランブルスコの中でもグラスパロッサを用いた「Modeneseモデネーゼ」と呼ばれるランブルスコの銘醸地でもある。古くから残っていた古樹・品種を尊重したうえで自然環境を重視した栽培、そして瓶内での2次醗酵という古典的な醸造にこだわる。 栽培については、ヴィットーリオの考える「最低限必要な介入」、化学的な農薬や肥料は一切使わず、最小限の銅を使用。硫黄についてはほとんど使用しない。肥料については数年に一度、自宅で飼育する鶏糞を元に醗酵・熟成した堆肥を、耕転した段階において使用するのみ。雑草については基本的に刈り取ることさえしないという栽培。完全に自然環境が残る畑から生まれる、それぞれ十分な個性を持った果実。自然環境を優先した栽培と独創性豊かな醸造哲学。ランブルスコの常識を覆す圧倒的な旨さ。唯一無二の造り手。 マルボ ジェンティーレ、他6種類の地ブドウ、樹齢35年。 すべての品種を合わせて醗酵させる、古樽(500L)にて3年以上の熟成。 【italia】 【rouge】 【wakaumaaka】

クライ・ビエーレ・ゼミエ / マルヴァジーヤ・スウェッティ・ヤッコブ [2015]【白ワイン】

ワインショップ・ワインホリック

5,379

クライ・ビエーレ・ゼミエ / マルヴァジーヤ・スウェッティ・ヤッコブ [2015]【白ワイン】

注目!クロアチアでナンバーワンの生産者! 推薦グラス クライ・ビエーレ・ゼミエ / マルヴァジーヤ・スウェッティ・ヤッコブ [2015] Clai Bijele Zemlje / Malvazija - Sveti Jakov 2015 セパージュ: 【マルヴァジーア・イストリアーナ】 国地域: クロアチア 飲み頃情報: 2019年以降 インポーター: ラシーヌ 私たちの小さなワイナリーはガンベッラーラの美しい丘の上にあります。海抜300m、火山由来の溶岩や凝灰石が土壌深くまで続いています。樹齢は40年のは収量を抑えて栽培され、素晴らしい品種であるガルガネガから少しでもより良い収穫を得るために、収量を抑えて収穫しています。 時間の許す限り丹精をこめて造られたワインは私たちのワインは、私たちのワイン造りへの無限の情熱を語ってくれます。私たちのプロジェクトは金銭的な計算を超えたところで、単純に夢を追いかけ続けることのみによって推し進められています。 低い収量、ブドウ樹一本一本に対する細心の注意、手作業での収穫、熟しの時期の違いによる、数回にわたる収穫、セラー内でのブドウへの最大限の配慮。施肥も最低限、必要なときにのみ行います。使う場合は、有機自然堆肥のみです。病害から守るための作業の際には、体系だてられたものや、除草剤、殺虫剤、化学肥料などは用いません。それはやがてワインになった時に優雅さ、清涼感、ミネラリティ—、私たちの愛しい畑の個性を、醸し出します。 【blanc】 【Republika Hrvatska】 【v2015】

マウロ・コデーリョ / ビノ・デ・ラ・ティエラ・デ・カスティージャ・イ・レオン [2017]【白ワイン】

ワインショップ・ワインホリック

10,530

マウロ・コデーリョ / ビノ・デ・ラ・ティエラ・デ・カスティージャ・イ・レオン [2017]【白ワイン】

日本入荷僅か60本 推薦グラス マウロ・コデーリョ / ビノ・デ・ラ・ティエラ・デ・カスティージャ・イ・レオン [2017] Mauro Godello / Vino de la Tierra de Castilla y Leon 2017 セパージュ: 【ゴデーリョ100%】 国地域: スペイン 飲み頃情報: 今から インポーター: ラシーヌ 畑: ヴィラフランカ・デル・ビエルソにあるロス・ムジコスとエル・ローザルふたつの畑では、土着品種のマッサルセレクションの苗木を使用。標高700メートルに位置するふたつの畑は、砂質、石、片麻岩などさまざまな土壌がパッチワークのように混在。仕立てはダブルコルドン。 醸造はトゥデラ・デル・ドゥエロのマウロで行っているためDOビエルソは名乗れず。醸造と熟成 収穫したブドウは選果する前に冷蔵庫で保管したのち、除梗、破砕後に、幅広いアロマを得る為に12時間の8℃で低温浸漬を行い。プレスしラッキングしたのち500リットルの新、古樽にて発酵を行い、発酵後、そのまま細かい澱とともに9か月熟成。2017年7月に瓶詰めを行った。 テイスティング・ノート :いろんなアロマがあり、非常に魅力的で上品な香り。豊かでふくらみのある果実味と生き生きとした酸が調和した味わい。余韻が長く、構成がしっかりしたワイン。 【blanc】【spain】 【v2017】 【wakaumashiro】 【nature】

ラウレアノ・セレス・モンタギュ(メンダール) / オール・イン・ブラン [2017]【白ワイン】

ワインショップ・ワインホリック

3,899

ラウレアノ・セレス・モンタギュ(メンダール) / オール・イン・ブラン [2017]【白ワイン】

スペイン・カタルーニャ自然派の雄! 推薦グラス ラウレアノ・セレス・モンタギュ(メンダール) / オール・イン・ブラン [2017] Mendall / All In Blanc 2017 セパージュ: 【ミュスカ30%、パレリャーダ30%、グルナッシュブラン、マカベオ40%】 国地域: スペイン・カタルニア 飲み頃情報: 今から インポーター: ラシーヌ ザ・ヴァインからラシーヌに移ったメンダール。 凡な"ヴァン・ナチュレル"の造り手メンダールから届いた新しい4種のワインの一つ。このようなワインの標準的なイメージとはかけ離れているため、善かれ悪しかれ皆さんの感じ方次第ですが、メンダールのスタイルはリッチで複雑な果実味と爽快なフレッシュさであると言えるでしょう。驚くべきことに、彼は各キュヴェそれぞれわずか600〜1,200本しか造っていません!標準的なイメージとはかけ離れているため、善かれ悪しかれ皆さんの感じ方次第ですが、リッチで複雑な果実味と活き活きとしたフレッシュさを持ち、さらにエネルギッシュなところがメンダールのスタイル。驚くべきことに、彼は各それぞれわずか600?1,200本しか造っていません!粘土と石灰岩土壌の有機栽培の畑のブドウから、SO2を始めいかなる添加物も用いず醸造、熟成され、無濾過、無清澄で手作業でボトリング。名前はブドウ畑の名前に由来します。ロレアノは言います、「時間をかけて畑で働けば働くほど、ワインはどんどんクリアかつシンプルなものになる」と。 【blanc】【spain】 【v2017】 【wakaumashiro】 【nature】

イル・ファルネート / フリザン ビアンコ [2017]【白ワイン】

ワインショップ・ワインホリック

2,042

イル・ファルネート / フリザン ビアンコ [2017]【白ワイン】

微発泡、澱引きをせずにリリース。若干濁っています。 推薦グラス イル・ファルネート / フリザン ビアンコ [2017] Il Farneto /Frizant Bianco 2017 セパージュ: 【スペルゴラ70%、ソーヴィニヨンブラン30%】 国地域: イタリア・エミリア・ロマーニャ 飲み頃情報: 今から インポーター: エヴィーノ 決して変わることのない土地へのこだわりと強い意志、ゼロから生み出された純粋かつ日常のワイン。レッジョ エミリアとモデナの中間、南側に位置するカステッララーノ。2000年、当主であるマルコ ベルトーニは、8ha放棄地を手に入れ、ブドウ栽培を開始した。 効率を考えた近代的な農業を嫌うマルコ、あくまでも手作業を中心とし、ビオディナミ式の農業を取り入れつつ、自然環境を尊重した循環型の栽培を追求。畑では一切の農薬、肥料(堆肥さえも)を使用せず、ボルドー液についても、畑を開始した2001年よりほとんど使わないことに驚愕する。無為に凝縮したワインを造ることよりも、当たり前にあった風景や、伝統を残していきたいという。 スペルゴラ70%、ソーヴィニヨンブラン30% 除梗せずに圧搾、果汁のみで醗酵。ボトル詰めの前に保存していたスペルゴラのモストを加え、瓶内再醗酵。オリ抜きをせずにリリース。※瓶底に沈んだオリを戻してから抜栓して下さい。【 【italia】 【blanc】【wakaumashiro】【v2017】 【nature】

メンティ / ロンカイエ・スイ・リエーヴィティ [2017]【シャンパン(泡物)】

ワインショップ・ワインホリック

2,506

メンティ / ロンカイエ・スイ・リエーヴィティ [2017]【シャンパン(泡物)】

実に単純に美味しさを満喫できる泡!注目! 推薦グラス メンティ / ロンカイエ・スイ・リエーヴィティ [2017] Menti / Roncaie sui Lieviti 2017 セパージュ: 【ガルガーネガ】 国地域: イタリア・ヴェネト 飲み頃情報: 今から インポーター: ラシーヌ 単純に美味しさを満喫できるこの泡は、質感も高く今までのラシーヌのラインナップにになかったスタイル。果実味が実に魅力的でこれはかなりの人気者になりそう! 品種ガルガーネガ 土壌粘土質の沖積土壌 平均樹齢約30年 畑の面積0.8ha 収量130キンタル/ha(搾汁率70%として、91hl/ha) 収穫10月初旬に手摘みで行う。 醸造・熟成ブドウは収穫後すぐにカンティーナに運ばれ、房のまま、0.6気圧でプレスされる。 温度管理を行いながら、土着の酵母によって発酵が進む。タンクのなかで一定期間、澱とともに落ち着かせたのち、レチョート・ディ・ガンベッラーラのモストを加える。すると、全体で新たに発酵が始まる。濾過せずにボトリング。 注意事項 このワインセットは在庫がない場合はインポーターより取り寄せます。その場合は10時までのご注文の場合は翌日発送、休業日の場合は翌営業日の翌日の発送となります。なおインポーターの在庫がない場合はキャンセルとなりますのであらかじめご了承ください。 【italia】 【cs】【wakaumaawa】 【2017】

シャトー・ド・ヴァランドロー [2006]【smtb-t】【あす楽対応】【楽ギフ_包装】【楽ギフ_のし宛書】【グルメ201212_ビール・洋酒】

ワインショップ・ワインホリック

36,288

シャトー・ド・ヴァランドロー [2006]【smtb-t】【あす楽対応】【楽ギフ_包装】【楽ギフ_のし宛書】【グルメ201212_ビール・洋酒】

ギフト対応ボルドーで最も素晴らしいワインと断言できる極めつけのワイン! 推薦グラス シャトー・ド・ヴァランドロー [2006] Ch.de.Valandraud 2006 セパージュ: 【メルロー75%、カベルネ・フラン20%、マルベック5%】 国地域: フランス・ボルドー・サンテミリオン 飲み頃情報: 2015年以降 インポーター: ラフィネ ヴァランドローはボルドーのあらゆるワインと比べてもダントツのポテンシャルを誇っています。圧倒的に造りが違うのです。ル・パンを目指しているようなところがあるのですが、長熟なためにまだ本当の姿を見たことのある人はいないかもしれません。ボルドーのワインは向上で効率的に生産されているワインが多く、真面目に作られた事が分かるこのワインは明らかに優れた酒質でどれほどの姿を見せてくれるのかは良い意味で未知数!今回のワインはラシーヌが輸入した希な程コンディションの良いワインです。 【rouge】【bordeaux】【メルロー主体】 【v2006】 【kiwami】 【koiaka】 ※ ギフト箱・ラッピング希望の方は、[買い物かご]ボタン上の選択肢より「ギフト箱・ラッピング:必要」を選択してください。

シャトー・シュヴァル・ブラン [2006]

ワインショップ・ワインホリック

98,129

シャトー・シュヴァル・ブラン [2006]

古典的姿を彷彿とさせる極めつきのヴィンテージ! 推薦グラス シャトー・シュヴァル・ブラン [2006] Chateau Cheval Blanc 2006 セパージュ: 【メルロー55%、カベルネ・フラン45%】 国地域: フランス・ボルドー・サンテミリオン 飲み頃情報: 2015年後半以降 インポーター: ヴィノラム シュヴァル・ブランと言えばサンテミリオンで最も素晴らしいワインです。長年安定して非常にレベルの高いワインを生み出していて、1990年代に入って右岸が注目され多くのシンデレラワインが生まれている中においてもトップシャトーとしてその存在感は薄れることを知りません。伝統を感じさせるエレガントな中に存在する深遠な世界は1940年代からその姿を変えることがありません。20数年前までは5代シャトーよりも高価だったワインはシュヴァル・ブランとトロタノワとペトリュス。それだけ特別な存在感だったのです。当然コンディションは非常に重要でこの繊細さの中にある深さを知るためにはちゃんとしたワインを手に入れなければなりません。必ず報われるのもシュヴァル・ブランならでは。最新のパーカーポイントは95点。ヴィノラム輸入のために日本にあるシュヴァル・ブランで最もコンディションの良いワイン。ボルドーなどの高価なワインは価格だけで選ぶことがどれほど危険か実感している方は是非このワインをお選びください。 【rouge】【bordeaux】【メルロー主体】 【v2006】 【koiaka】 【present】 【kiwami】

ダニエル・エ・マルティーヌ・バロー / ピュイ・フュイッセ・アン・フランセ [2014]【白ワイン】

ワインショップ・ワインホリック

4,450

ダニエル・エ・マルティーヌ・バロー / ピュイ・フュイッセ・アン・フランセ [2014]【白ワイン】

ギュファン・エナンを越える魅力!コート・シャロネーゼの雄! 推薦グラス ダニエル・エ・マルティーヌ・バロー / ピュイ・フュイッセ・アン・フランセ [2014] Daniel et Martine Barraud / Poully-Fuisse En France 2014 セパージュ: 【シャルドネ100%】 国地域: フランス・ブルゴーニュ・コート・シャロネーズ&マコネー・ピュイ・フュッセ 飲み頃情報: 今から インポーター: ラシーヌ 元々マコンという地域はブルゴーニュにおいて2番手的な存在に見られがちではあるが、ピュリニー・モンラッシェの1級クラスに近いポテンシャルを発揮するワインもあることから、ブルゴーニュの中でもかなりお得なワインというイメージがある地域。ヴェルジェを率いていたギュファンエナンがこの地域のワインを一躍注目させ市場での価値を高めてきたが、今ではそれを引き継ぐような存在感を示しているのがダニエル・マルティーヌ・バローだと言って良いと思う。この造り手のワインはここ数年醸造設備を新しくしたのだろうか?酸が著しく上質になりその分早熟だった姿がちょっと魅力を完全に発揮するまでの期間が1?2年伸びている。その分若飲みもできるが長熟した姿も期待できるワインに変化し更に質が上がった。すぐ美味しさを認識できる部分が人気の高さでもあったが、やはりポテンシャルが高くなった、それを狙った方向性に軍配を上げたい。しかしそういった傾向で分かりやすさが減少した分人気も下がったのだが、ようやくその傾向も進化しリリース直後からかなり魅力的な姿になってきた。まさにこの地域でこれ以上の魅力を出せる生産者はほとんどいない。

ドメーヌ・ロベール・ドゥノジャン / マコン・ソリュートル クロ・デ・ベルティヨンヌ [2014]【白ワイン】

ワインショップ・ワインホリック

4,536

ドメーヌ・ロベール・ドゥノジャン / マコン・ソリュートル クロ・デ・ベルティヨンヌ [2014]【白ワイン】

ブルゴーニュの注目株! 推薦グラス ドメーヌ・ロベール・ドゥノジャン / マコン・ソリュートル クロ・デ・ベルティヨンヌ [2014] Domaine Robert Denogent / Macon-Solutre - Clos des Bertillonnes 2014 セパージュ: 【シャルドネ100%】 国地域: フランス・ブルゴーニュ・コート・シャロネーズ&マコネー・マコン 飲み頃情報: 今から インポーター: ラシーヌ ジャン=ジャック・ロベールの曽祖父ドゥノジャンによって創立されたドメーヌ。法律を学んでいましたが、1988年、当時5haの畑を引き継ぐため、ワインの道に戻りました。ジャンはネゴシアンで営業職として務めた後、ダヴァィエの学校に戻り農学、醸造学を修めました。その情熱とマルセル・ラピエール、カーミット・リンチとの強い結びつきをもってロベール・ドゥノジャンのワイン造りを行ってきました。 栽培はビオロジックで、2015年現在、シャルドネとガメの2種を栽培し、AOCはマコン・ヴィラージュ(マコン・ソルトレ、マコン・フュイッセ)、サン・ヴェラン、プイィ=フュイッセの三つにまたがっています。また、2012年1月より、以前ジュール・ジョヴェ氏の所有していた畑のうち、ボジョレ・ヴィラージュのいくつかの区画、計1.2haを所有しています。 ロベール・ドゥノジャンでは、テロワール、気候、ヴィンテッジの特徴を最大限に表現することに努め、手仕事で、伝統的な手法で仕事を行い、セラーではできる限り介入をしないワイン造りを目指しています。 【v2014】 【blanc】【bourgogne】 【wakaumashiro】 【nature】

ベルトラン・ダルヴィオ・シャトー・ド・ラ・ヴェル / クレマン・ド・ブルゴーニュ・ブリュット [NV]【グルメ201212_ビール・洋酒】

ワインショップ・ワインホリック

3,219

ベルトラン・ダルヴィオ・シャトー・ド・ラ・ヴェル / クレマン・ド・ブルゴーニュ・ブリュット [NV]【グルメ201212_ビール・洋酒】

クレマンでは最上級の味わい! 推薦グラス ベルトラン・ダルヴィオ・シャトー・ド・ラ・ヴェル・クレマン・ド・ブルゴーニュ・ブリュット Bertrand Darvio Chateau de la Velle / Cremant de Bourgogne Brut セパージュ: 【シャルドネ、アリゴテ】 国地域: フランス・ブルゴーニュ・コート・ド・ボーヌ・ボーヌ 飲み頃情報: 今から インポーター: フィネス ドメーヌを復活させワインの樽売りをやめて以来、エリゼ宮御用達になるなど数多くの賞賛を浴びている、歴史あるムルソーの生産者。輸入がフィネスに変わってからは、本来の素晴らしさが体感できるようになり、古典的でありながらも質感の良さが際だつ見事なワインだ。若い時期から飲めるようになるがこういったワインこそ本来は寝かせて真の姿を見てみたい。そう思わせるワインだ。この人は白赤クレマンに至るまで実に素晴らしく差がない、希な生産者。クレマンは私が飲んだ限りトップクラスの質感で、シャンパンに替わる泡として絶賛したい。エチケットは古典的でつい田舎っぽいイメージを持ってしまうが中身は全く違う。 【cs】 【bourgogne】 【数種ブレンド】 【wakaumaawa】 【teiban】

メゾン・プラントヴァン / コート・デュ・ローヌ・ルージュ・セギュレ 2016【赤ワイン】

ワインショップ・ワインホリック

2,625

メゾン・プラントヴァン / コート・デュ・ローヌ・ルージュ・セギュレ 2016【赤ワイン】

上品で実に素晴らしい赤! 推薦グラス メゾン・プラントヴァン / コート・デュ・ローヌ・ルージュ・セギュレ 2016 Maison Plantevin / Cotes du Rhone Villages Seguret Rouge En Vrille 2016 セパージュ: 【グルナッシュ 34%, カリニャン 33%, ムールヴェードル 33%】 国地域: フランス・コート・デュ・ローヌ 飲み頃情報: 今から インポーター: ラフィネ プラントヴァン・ファミリーは、150年に渡る多品種生産農家で、5代目の手で大部分がオリーブの畑とワイン用のブドウ畑に集約されました。ワイン用のブドウは、5代目まで全て農協のワイナリーに納めていました。6代目ローラン・プラントヴァンはマコンでブドウ栽培学及びワイン醸造学を学び、修学中にパリ農業祭のブラインド・テイスティング・コンテストにて3位の成績を残します。初ビンテージでギットアシェット誌で★★を獲得しています。2年間父親の協力と資金援助を受け、2009年独立。現在はそれぞれのテロワールの個性を生かしたコート・デュ・ロ-ヌ・ヴィラージュ3銘柄に加え、クリュAOPラストーを醸造しています。心地よい酸味、繊細でエレガントなワインに仕上げました。熟した赤い果実、グロッセイユ、カシス、ブルーベリー、プルーンの凝縮した果実、プロヴァンスハーブ、新鮮な土の香り、まるい口当たりにフレッシュな酸味と柔らかなタンニンのバランスの良いワイン。16℃前後でのサーブをお勧めします。 【blanc】【cotedurhone】 【v2016】 【wakaumaaka】

ドメーヌ・グラムノン / コート・デュ・ローヌ・ヴィラージュ・ヴァルレアス・エレモンテール [2017]【赤ワイン】

ワインショップ・ワインホリック

3,251

ドメーヌ・グラムノン / コート・デュ・ローヌ・ヴィラージュ・ヴァルレアス・エレモンテール [2017]【赤ワイン】

更に進化したグラムノン! 推薦グラス ドメーヌ・グラムノン / コート・デュ・ローヌ・ヴィラージュ・ヴァルレアス・エレモンテール [2017] Domaine Gramenon / Cotes du Rhone Villages Valreas - L'Elementaire 2017 セパージュ: 【グルナッシュ主体】 国地域: フランス・コート・デュ・ローヌ 飲み頃情報: 今から インポーター: ラシーヌ グラムノンは先代とは路線の違う自然派の最高峰とも言える素晴らしいワインを造り出しています。ネゴシアンのマキシム・フランソワ・ローランですら驚くほどの品質の高さでソワフなどはワインホリックの超定番化しているほどの人気です。質感に優れ今これほどまでのローヌはそう多くないでしょう。ドメーヌものはそれぞれの畑の特徴をうまく引き出すような作りでネゴシアン物よりももっとスパイシーな質感で、今からでも飲めますが、できれば少し寝かせてから飲む方が本来の素晴らしさを体感できるはずです。グラムノンは先代とは路線の違う自然派の最高峰とも言える素晴らしいワインを造り出しています。ネゴシアンのマキシム・フランソワ・ローランですら驚くほどの品質の高さでソワフなどはワインホリックの超定番化しているほどの人気。ドメーヌものはそれぞれの畑の特徴をうまく引き出すような作りでネゴシアン物よりももっとスパイシーな質感で、今からでも飲めますが、できれば少し寝かせてから飲む方が本来の素晴らしさを体感できるはずです。 【rouge】 【cotedurhone】 【グルナッシュ主体】 【v2017】 【koiaka】 【nature】

ドメーヌ・ピエール・ユッセリオ / シャトーヌッフ・デュ・パフ・モ・ナイユル [2006]【赤ワイン】

ワインショップ・ワインホリック

12,636

ドメーヌ・ピエール・ユッセリオ / シャトーヌッフ・デュ・パフ・モ・ナイユル [2006]【赤ワイン】

シャトーヌフ・デュ・パフの新星! 推薦グラス ドメーヌ・ピエール・ユッセリオ / シャトーヌッフ・デュ・パフ・モ・ナイユル [2006] Domaine Pierre Usseglio & Fils / Chateauneuf du Pape Mon Aieul 2006 セパージュ: 【グルナッシュ100%】 国地域: フランス・コート・デュ・ローヌ・シャトーヌッフ・デュ・パフ 飲み頃情報: 2012年後半以降 インポーター: ザ・ヴァイン モ・ナイユルとは「祖父」を意味します。ドメーヌを築き、条件の良い土地に育つブドウ畑を手に入れ、世話してきた先見の持ち主である祖父への敬意が込められているのです。この贅沢なワインは評価が非常に高く、今日のシャトーヌフのレベルを確認するには見逃せないはずのワインです。恐ろしく凝縮した力強いワイン。レギュラーキュヴェよりも複雑でより深く、よりエレガント。ブラックベリー、ラズベリー、黒と赤いチェリー、ガリークと花のとてもリッチな香り。口に含むとフルボディで豊満で濃厚な中身のあるテクスチャーと何層にもわたる香りの層が口いっぱいに広がります。2006年は今時手に入らない素晴らしいヴィンテージです。 【rouge】 【cotedurhone】 【グルナッシュ100%】 【v2006】 【wakaumaaka】 【nature】

ジェラール・マリュラ / シノン・ク・ヴォートル・ジョワ・ドゥミュール [2015]【赤ワイン】

ワインショップ・ワインホリック

3,251

ジェラール・マリュラ / シノン・ク・ヴォートル・ジョワ・ドゥミュール [2015]【赤ワイン】

シノン注目の赤! 推薦グラス ジェラール・マリュラ / シノン・ク・ヴォートル・ジョワ・ドゥミュール [2015] Gerard Marula / Chinon - Que Votre Joie Demeure 2015 セパージュ: 【カベルネ・フラン100%】 国地域: フランス・ロワール・シノン 飲み頃情報: 今から インポーター: ラシーヌ シノンの近隣集落ティゼの外れに居を構える小さな造り手。ロワール=アトランティック県ヴァレの醸造学校で学び、アンジュのドメーヌ・ジョー・ピトンで研修したのち、2004年から2013年までの9年間、エティエンヌ・ボナヴァンチュール氏のシャトー・ド・クーレーヌで仕事に就く。初ヴィンテッジは2005年で、つい最近まで二足の草鞋を履いていた。長年ワインを愛好していたが、ジョー・ピトン氏との出会いが新しい展望を導き、自分自身でワインを造りたいと思うようになる。 生産量は収量の多いヴィンテッジでも年間20,000本に満たず、2014年は約12,000本、2013年はわずか8,000本程度。セラーと醸造所は、16世紀に岩壁をくり抜いて造られた小さな穴倉で、セラーと呼ぶにはあまりに原始的なもの。もちろん機械らしい機械もほとんど置いていない。この地で産するブドウを最大限尊重したワイン造りを目指している。結果は、個性豊かで滋味あふれ、芯があるワイン。シノン出身の文豪フランソワ・ラブレーならば必ずや絶賛し、ガルガンチュアに何本も飲み干させたがること疑いなしの、地に足の着いた味わいである。 【rouge】 【loire】 【wakaumaaka】 【nature】 【2015】

ムーラン・ド・ガサック / テラス・ド・ギレム・ピノ・ノワール [現行ヴィンテージ]【赤ワイン】

ワインショップ・ワインホリック

1,577

ムーラン・ド・ガサック / テラス・ド・ギレム・ピノ・ノワール [現行ヴィンテージ]【赤ワイン】

日本初輸入の秀逸なピノ! 推薦グラス ムーラン・ド・ガサック / テラス・ド・ギレム・ピノ・ノワール [2015] Moulin de Gassac / Terrasses de Guilhem Pinot Noir 2015 セパージュ: 【ピノ・ノワール100%】 国地域: フランス・ラングドック&ルーション 飲み頃情報: 今から インポーター: フィネス 当主のエメ・ギベール氏が1978年にファースト・リリースした マス・ド・ドーマス・ガサックは著名なワイン研究家やジャーナリストによって、ボルドーのグラン・ヴァンと比較評価されたことから世界的注目をあびました。テラス・ド・ギレムはエメ・ギベール氏が総合ディレクターを勤めるムーラン・ド・ガサック社で、「伝統のワイン造り」を信念に デイリーワインとして醸造しているものです。今まではレストラン以外ではほとんど飲めなかったワインです。実は今回紹介するキュヴェは今までも日本に輸入されていたのですが、ここ2?3年で急激に品質が高くなってきたのです。フランスではあまり生産者同士の交流が少なかったのですが、最近は交流が増え技術的な部分での進歩が著しいのです。そういった影響か、明らかに品質が上がり、この価格帯では抜群の出来映えになってきたのです。まさにワインホリックのスタンダードワインとして今後も扱っていきたいと思っています。 【rouge】 【ピノ・ノワール100%】 【v2015】 【wakaumaaka】

ムーラン・ド・ガサック / テラス・ド・ギレム・シャルドネ [現行ヴィンテージ]

ワインショップ・ワインホリック

1,458

ムーラン・ド・ガサック / テラス・ド・ギレム・シャルドネ [現行ヴィンテージ]

定番中の定番!安定して高いレベルを保つ最高の家飲みワイン! 推薦グラス ムーラン・ド・ガサック / テラス・ド・ギレム・シャルドネ [2016] Moulin de Gassac / Terrasses de Guilhem Chardonnay 2016 セパージュ: 【シャルドネ100%】 国地域: フランス・ラングドック&ルーション 飲み頃情報: 今から インポーター: フィネス 当主のエメ・ギベール氏が1978年にファースト・リリースした マス・ド・ドーマス・ガサックは著名なワイン研究家やジャーナリストによって、ボルドーのグラン・ヴァンと比較評価されたことから世界的注目をあびました。テラス・ド・ギレムはエメ・ギベール氏が総合ディレクターを勤めるムーラン・ド・ガサック社で、「伝統のワイン造り」を信念に デイリーワインとして醸造しているものです。今まではレストラン以外ではほとんど飲めなかったワインです。実は今回紹介するキュヴェは今までも日本に輸入されていたのですが、ここ2?3年で急激に品質が高くなってきたのです。フランスではあまり生産者同士の交流が少なかったのですが、最近は交流が増え技術的な部分での進歩が著しいのです。そういった影響か、明らかに品質が上がり、この価格帯では抜群の出来映えになってきたのです。まさにワインホリックのスタンダードワインとして今後も扱っていきたいと思っています。 【blanc】 【languedoc】 【シャルドネ100%】 【wakaumashiro】 【teiban】

ドメーヌ・ゴビー / コート・デュ・ルーション・ヴィラージュ ラ・ロック [2008]【グルメ201212_ビール・洋酒】

ワインショップ・ワインホリック

11,794

ドメーヌ・ゴビー / コート・デュ・ルーション・ヴィラージュ ラ・ロック [2008]【グルメ201212_ビール・洋酒】

南仏ルーションで飛び抜けたワインを造るゴビー、代が替わりラシーヌが新たに輸入! あまりにもイメージが変わる本当の姿を是非知ってください! ドメーヌ・ゴビー / コート・デュ・ルーション・ヴィラージュ ラ・ロック 2008 Domaine Gauby / Cotes du Roussillon Villages - La Roque 2008 セパージュ: 【グルナッシュ】 国地域: フランス・ルーション 推奨グラス 栽培面積:1区画 樹齢:90年 仕立て、植樹本数:ゴブレ式、4,000株/ヘクタール 収穫量:0.7hl/ha 土壌・方角:泥灰土、片岩質石灰岩、北東 発酵・醸造技術:伝統的な方法で、除梗しないで自然に行なう。空気式圧搾機を使用し、とても優しくプレス。 清澄・濾過:行なわない。 亜硫酸添加量:醸造中20mg/l、ビン詰め時20mg/l添加。 ビン詰め時期:2010年3月 生産量:700本 熟成:ドゥミ・ミュイ テイスティング お好みでカラフェをお勧め。ルビー色、中間ぐらいの濃さ。 香り:スパイシーでフローラル 味わい:心地よい口当たり、全てに丸みがあり、綺麗な余韻。 飲み頃情報:2012年春から インポーター:ラシーヌ key word:【rouge】 【languedoc】 【ブレンド】 【v2008】 【koiaka】【nature】

ムーラン・ド・ガサック / テラス・ド・ギレム・ブラン [2016]【現行ヴィンテージン】

ワインショップ・ワインホリック

1,458

ムーラン・ド・ガサック / テラス・ド・ギレム・ブラン [2016]【現行ヴィンテージン】

定番中の定番!安定して高いレベルを保つ最高の家飲みワイン! 推薦グラス ムーラン・ド・ガサック / テラス・ド・ギレム・ブラン [2016] Moulin de Gassac / Terrasses de Guilhem Blanc 2016 セパージュ: 【テレブレグリ、ソーヴィニョン・ブラン、クレレット】 国地域: フランス・ラングドック&ルーション 飲み頃情報: 今から インポーター: フィネス 当主のエメ・ギベール氏が1978年にファースト・リリースした マス・ド・ドーマス・ガサックは著名なワイン研究家やジャーナリストによって、ボルドーのグラン・ヴァンと比較評価されたことから世界的注目をあびました。テラス・ド・ギレムはエメ・ギベール氏が総合ディレクターを勤めるムーラン・ド・ガサック社で、「伝統のワイン造り」を信念に デイリーワインとして醸造しているものです。今まではレストラン以外ではほとんど飲めなかったワインです。 【blanc】 【languedoc】 【ブレンド】 【wakaumashiro】 【teiban】定番中の定番!安定して高いレベルを保つ最高の家飲みワイン! 推薦グラス ムーラン・ド・ガサック / テラス・ド・ギレム・ブラン [2015] Moulin de Gassac / Terrasses de Guilhem Blanc 2015 セパージュ: 【テレブレグリ、ソーヴィニョン・ブラン、クレレット】 国地域: フランス・ラングドック&ルーション 飲み頃情報: 今から インポーター: フィネス 当主のエメ・ギベール氏が1978年にファースト・リリースした マス・ド・ドーマス・ガサックは著名なワイン研究家やジャーナリストによって、ボルドーのグラン・ヴァンと比較評価されたことから世界的注目をあびました。テラス...

ドメーヌ・デュ・ペリカン / アルボア・トロワ・セパージュ [2016]【赤ワイン】

ワインショップ・ワインホリック

5,843

ドメーヌ・デュ・ペリカン / アルボア・トロワ・セパージュ [2016]【赤ワイン】

マルキ・ダンジェルヴィーユがジュラで作る極めつけのワイン! 推薦グラス ドメーヌ・デュ・ペリカン / アルボア・トロワ・セパージュ [2016] Domaine du Pelican / Arbois Trois Cepages 2016 セパージュ: 【ピノ・ノワール60% トルソー35% プルサール5%】 国地域: フランス・ジュラ 飲み頃情報: 2019年以降 インポーター: フィネス このドメーヌはヴォルネイ村でワイン造りをしているドメーヌ マルキ ダンジェルヴィルが、ブルゴーニュのような素晴らしいテロワールのワインを造りたいという探究心から2012年にジュラ地方アルボワの町に隣接するモンティニー レ アルスール村に設立しました。「ペリカン」という不思議なドメーヌ名は動物のペリカンがアルボワの町のシンボルであることから由来します。ドメーヌ マルキ ダンジェルヴィルと同じくビオディナミ農法を取り入れ、醸造の哲学も変わりません。 ドメーヌ デュ ペリカンのワインは力強くエネルギッシュ且つ柔らかさもありとても余韻の長い味わいです。葡萄品種はジュラの代表的な品種であるサヴァニャン種100%。ハツラツとしていて力強く直線的、レモンやエキゾチックフルーツのアロマが感じられます。このサヴァニャンの特徴的なアロマを残すために500Lの旧樽で10ヵ月熟成させています。"Ouill?"とは補酒を意味する"Ouiller"から来ている言葉で、サヴァニャンのフレッシュさとアロマを保つために2週間に1度のペースで補酒が行われています。 【rouge】 【jura】 【2016】 【nature】

モンティノア・エステイト / パーソンズ・リッジ ピノ・ノワール [2013]【赤ワイン】

ワインショップ・ワインホリック

6,027

モンティノア・エステイト / パーソンズ・リッジ ピノ・ノワール [2013]【赤ワイン】

最新のオレゴン 推薦グラス モンティノア・エステイト / パーソンズ・リッジ ピノ・ノワール [2013] Montinore Estate / Parson's Ridge Pinot Noir 2013 セパージュ: 【ピノ・ノワール100%】 国地域: アメリカ・オレゴン 飲み頃情報: 今から インポーター: ラシーヌ 現在の当主はルディ・マルケージ氏。そのルディの祖父母にあたる、カルロとローザは北イタリアのトレンティーノ出身です。自給自足の生活をしながら暮らし、ワインもまた同様に造っていました。彼らがアメリカの南東へと移住してきたとき、そこでもまた同じように、自分たちの昔からの伝統とともに生きてきました。そしてそれは、孫であるルディ・マルケージにも受け継がれています。オレゴンというワイン生産地域に心をつかまれてしまいました。ルディは、彼が好むフランス産ワインの多くがビオディナミを実践して栽培されていると気づき、2003年からビオディナミをモンティノア・エステイトで実践し始めました。2007年までにワイナリーでデメターのビオディナミガイドラインに沿うようになりました。2008年にステラーからオーガニック認証を、デメターからビオディナミ認証を取得しました。イタリア人の血を引くルディが目指すのは、食事に寄り添うワイン。彼が食べて育った北イタリア料理を思い浮かべながら、様々な食事に合わせられる味わいを目指しています。 【rouge】 【america】 【v2013】【wakaumaaka】

アンヌ・エ・ジャン・フランソワ・ガヌヴァ / コート・デュ・ジュラ・トゥルソー・プラン・シュッド [2016]【赤ワイン】

ワインショップ・ワインホリック

7,787

アンヌ・エ・ジャン・フランソワ・ガヌヴァ / コート・デュ・ジュラ・トゥルソー・プラン・シュッド [2016]【赤ワイン】

発売と同時に本国フランスで完売 推薦グラス アンヌ・エ・ジャン・フランソワ・ガヌヴァ / コート・デュ・ジュラ・トゥルソー・プラン・シュッド [2016] Anne et Jean-Fran?ois Ganevat / Cotes du Jura Trousseau "Plein Sud" 2016 セパージュ: 【トゥルソー100%】 国地域: ヴァン・ド・フランス 飲み頃情報: 今から インポーター: ラフィネ 2013年よりドメーヌ・ガヌヴァで働くジャンフランソワの妹・アンヌと、共同で立ち上げたネゴシアンです。二人はネゴス部門設立と同時にボジョレの醸造家友人から、ブルーイ/フルーリ/モルゴンの畑を合わせて1.5ha購入しています。また、サヴォワのドメーヌ・ジャッキーノ、ならびにドメーヌ・デュ・セリエ・デ・クレからビオで栽培されているブドウの購入もしています。地元ジュラと他地域ブドウのブレンドにより"ヴァン・ド・フランス"のカテゴリーで自由な発想で造られるワインは発売と同時に本国フランスで完売となるくらいの人気を博しています。土着品種に着目し、ビオディナミ、もしくはビオで手入れされている畑のブドウのみを選んで使用しています。ガヌヴァ所有ではない畑に関しては、ブドウの状態でロタリエのドメーヌに運ばれます。全てSO2無添加。トゥルソー100%。1949年と、2000年に植樹されています。灰色泥炭質で、小石の多く混ざった土壌です。 【rouge】 【jura】 【wakaumaaka】 【2016】 【nature】

ドメーヌ・デュ・ペリカン / アルボア・プルサール [2016]【赤ワイン】

ワインショップ・ワインホリック

6,124

ドメーヌ・デュ・ペリカン / アルボア・プルサール [2016]【赤ワイン】

マルキ・ダンジェルヴィーユがジュラで作る極めつけのワイン! 推薦グラス ドメーヌ・デュ・ペリカン / アルボア・プルサール [2016] Domaine du Pelican / Arbois Poulsard 2016 セパージュ: 【プルサール】 国地域: フランス・ジュラ 飲み頃情報: 2019年以降 インポーター: フィネス このドメーヌはヴォルネイ村でワイン造りをしているドメーヌ マルキ ダンジェルヴィルが、ブルゴーニュのような素晴らしいテロワールのワインを造りたいという探究心から2012年にジュラ地方アルボワの町に隣接するモンティニー レ アルスール村に設立しました。「ペリカン」という不思議なドメーヌ名は動物のペリカンがアルボワの町のシンボルであることから由来します。ドメーヌ マルキ ダンジェルヴィルと同じくビオディナミ農法を取り入れ、醸造の哲学も変わりません。 ドメーヌ デュ ペリカンのワインは力強くエネルギッシュ且つ柔らかさもありとても余韻の長い味わいです。葡萄品種はジュラの代表的な品種であるサヴァニャン種100%。ハツラツとしていて力強く直線的、レモンやエキゾチックフルーツのアロマが感じられます。このサヴァニャンの特徴的なアロマを残すために500Lの旧樽で10ヵ月熟成させています。"Ouill?"とは補酒を意味する"Ouiller"から来ている言葉で、サヴァニャンのフレッシュさとアロマを保つために2週間に1度のペースで補酒が行われています。 【rouge】 【jura】 【2016】 【nature】

カッシーナ・フォルナーチェ / デザヤ [2015]【白ワイン】

ワインショップ・ワインホリック

2,884

カッシーナ・フォルナーチェ / デザヤ [2015]【白ワイン】

非常に上質なアルネイス。 推薦グラス カッシーナ・フォルナーチェ / デザヤ [2015] Cascina Fornace / Desaja 2015 セパージュ: 【アルネイズ100%】 国地域: イタリア・ピエモンテ 飲み頃情報: 今から インポーター: エヴィーノ アルネイズにおいては、これまで「部分的な」果皮浸漬を試みてきたエンリーコ。2014の収穫からすべてのアルネイズのマセレーションを開始。「単なる果皮の主張に終わらず、アルネイズ由来の香りや丸い酸を表現できた」そう話す彼。しかし、喜びも束の間、なんとDOCGの官能検査を通らないという事態。「確かにアルネイズと認められないことは残念だけど、それ以上にこの2014がイメージどおり表現出来たことが本当に嬉しい」と大きな手応えを感じたエンリーコ。そして、彼の父が代々受け継いできたアルネイズの畑の名前から、「Desajaデザヤ」と名を変えてリリース。 ネッビオーロビアンコと呼ばれるほど、果皮が厚くタンニンを持ったアルネイズの濃厚でオイルのような密度、アルネイズというブドウに、これほど個性があるなんて一体だれが知っていたでしょうか?今までとは明らかに異なる、素晴らしい個性を持った白。 【blanc】 【italia】【v2015】 【wakaumashiro】 【nature】

プリンチピアーノ・フェルディナンド / ドルチェット・ダルバ・サン・タンナ [2017]【赤ワイン】

ワインショップ・ワインホリック

2,322

プリンチピアーノ・フェルディナンド / ドルチェット・ダルバ・サン・タンナ [2017]【赤ワイン】

将来を嘱望される注目の造り手! 推薦グラス プリンチピアーノ・フェルディナンド / ドルチェット・ダルバ・サン・タンナ [2017] Principiano Ferdinando / Dolcetto d'Alba - St. Anna 2017 セパージュ: 【ドルチェット100%】 国地域: イタリア・ピエモンテ 飲み頃情報: 今から インポーター: ラシーヌ プリンチピアーノ家は、1900年代の初頭から、自分たちが所有する7ヘクタールの畑でブドウ栽培にいそしんできました。自分たちのカンティーナは、50年代に父アメリーコ・プリンチピアーノの手によって実現され、1993年から、息子である現当主、フェルディナンドが引き継いでいます。フェルディナンドは、その哲学と概念をあらためて定義しなおしました。化学肥料や除草剤、殺虫剤、防カビ剤の使用を放棄するのを信条としました。ブドウ樹1本あたりの収量を750gから最大でも1.5kgに抑えるため、間引きを進めてきましたし、野生酵母で発酵することを好みました。発酵時には温度管理も硫黄の添加も行いません。ルモンタージュはポンプを行わずに、手作業で行うことにしました。高品質のワインを生み出すために、ブドウ畑が円熟していることが根本的な役割を果たします。プリンチピアーノ家が所有しているクリュのブドウの樹齢が40年から60年におよぶことを、誇りに思ってもいいのではないでしょうか。 【rouge】 【italia】 【ドルチェット100%】 【v2017】 【wakaumaaka】 【nature】

ジャン=イヴ・ペロン / ロッシュ?ブランシュ 2015【白ワイン】

ワインショップ・ワインホリック

4,266

ジャン=イヴ・ペロン / ロッシュ?ブランシュ 2015【白ワイン】

自然派注目の作り手!12本限定! 推薦グラス ジャン=イヴ・ペロン / ロッシュ?ブランシュ 2015 Jean-Yves Peron / Roche Blanche 2015 セパージュ: 【ジャケール】 国地域: フランス・サヴァワ 飲み頃情報: 今から インポーター: ラシーヌ エノログの教育をうけたジャン=イヴ・ペロンは、コルナスのティエリー・アルマン、アルザスのジェラール&ブリューノ・シュレールで働き、アメリカ、ニュージーランドのワインメーカーでも働きました。 2004年1月からConflans(コンフラン)のぶどう畑の小区画を集結しました。コンフランはAlbertville(アルベールヴィル)の中世都市であり、Arly(アルリィ川)とIs?re(イゼール川)の合流地点にあります。 ドメーヌは標高400から550メートルに位置し、現在2.25ヘクタールに及びます。Tarentaise(タレンタイズ)渓谷入り口の南の丘に位置します。多様な段丘は、僅かに酸性(pH6)を呈す雲母片岩土壌であり、そこではローカル品種(赤用モンドゥーズ、白用ジャッケール)を栽培しています。 品種:ジャケール100% 土壌:石灰質 仕立て:ゴブレ 醸造 選果場所:畑の中 マセレーション: 2ヶ月間 酵母の添加:なし 熟成:バリック(350L)で12ヶ月間 濾過清澄:なし 【savois】【blanc】 【v2015】 【nature】 【wakaumashiro】

アンヌ・エ・ジャン・フランソワ・ガヌヴァ / ル・ゾース・ア・デデ【白ワイン】

ワインショップ・ワインホリック

6,491

アンヌ・エ・ジャン・フランソワ・ガヌヴァ / ル・ゾース・ア・デデ【白ワイン】

発売と同時に本国フランスで完売 推薦グラス アンヌ・エ・ジャン・フランソワ・ガヌヴァ / ル・ゾース・ア・デデ Anne et Jean-Fran?ois Ganevat / Le Zaune a Dedee セパージュ: 【サヴァニャン、ゲヴェルツトラミネール】 国地域: ヴァン・ド・フランス 飲み頃情報: 今から インポーター: ラフィネ 2013年よりドメーヌ・ガヌヴァで働くジャンフランソワの妹・アンヌと、共同で立ち上げたネゴシアンです。ジュラは2012〜13年の収量が非常に少なく極少量しかワインを造れませんでした。(12VTは霜害、13VTは春の雨により結実半減。)二人はネゴス部門設立と同時にボジョレの醸造家友人から、ブルーイ/フルーリ/モルゴンの畑を合わせて1.5ha購入しています。また、サヴォワのドメーヌ・ジャッキーノ、ならびにドメーヌ・デュ・セリエ・デ・クレからビオで栽培されているブドウの購入もしています。地元ジュラと他地域ブドウのブレンドにより"ヴァン・ド・フランス"のカテゴリーで自由な発想で造られるワインは発売と同時に本国フランスで完売となるくらいの人気を博しています。土着品種に着目し、ビオディナミ、もしくはビオで手入れされている畑のブドウのみを選んで使用しています。ガヌヴァ所有ではない畑に関しては、ブドウの状態でロタリエのドメーヌに運ばれます。除梗後、自然酵母で、出来る限り干渉しない方法を採っています。一部、アンフォラでの熟成も行っています。全てSO2無添加。 【blanc】 【wakaumashiro】 【nature】

ドメーヌ・デ・ザルドワジエール / キュヴェ・アルジル・ブラン [2016]【白ワイン】

ワインショップ・ワインホリック

4,180

ドメーヌ・デ・ザルドワジエール / キュヴェ・アルジル・ブラン [2016]【白ワイン】

サヴォワ注目の作り手! 推薦グラス ドメーヌ・デ・ザルドワジエール / キュヴェ・アルジル・ブラン [2016] Domaine des Ardoisieres / Cuvee Argile Blanc 2016 セパージュ: 【ジャケール40%、シャルドネ40%、モンドゥーズ・ブランシュ20%】 国地域: フランス・サヴァワ 飲み頃情報: 今から インポーター: ラフィネ スイス国境に隣接したサヴォワ地方の小規模ドメーヌです。最初の植樹はローマ時代にされましたがその後野放しの状態になり森の一部と化していました。1998年に、数人の情熱家により畑は再生。ドメーヌ・デ・ザルドワジエールが設立されました。現在ではフランスの有力生産者として評価されています。スヴァンとサン・ピエール・ド・スシーという単一畑を所有し、ビオディナミの哲学を信念に、急傾斜に植わるアルテス、ジャケール、モンドゥーズ、ガメイやぺルサンなどのこのエリアの土着ブドウを育て、5つのキュヴェ(白3種、赤2種)を生み出しています。 ジャケール40%、シャルドネ40%、モンドゥーズ・ブランシュ20%。5年程熟成可能です。食前酒として、また魚やチーズとの相性が良いです。 【blanc】 【savois】 【v2016】 【wakaumashiro】 【nature】

ドメーヌ・ド・サン・ピエール / アルボア・ヴァン・ジョーヌ [2008] 620ML【甘口ワイン】

ワインショップ・ワインホリック

12,053

ドメーヌ・ド・サン・ピエール / アルボア・ヴァン・ジョーヌ [2008] 620ML【甘口ワイン】

ほとんどが予約で完売してしまう幻のワイン! 推薦グラス ドメーヌ・ド・サン・ピエール / アルボア・ヴァン・ジョーヌ [2008] 620ML Domaine de Saint-Pierre / Vin Jaune 2008 620ML セパージュ: 【サヴァニャン100%】 国地域: フランス・ジュラ 飲み頃情報: 今から インポーター: ラフィネ アルボワのマトネ村に本拠地を置く、年産わずか2万本程の小さなドメーヌです。当主はファブリス・ドダン氏。ガヌヴァのファンファンからの紹介で訪ねました。ドダン氏の出身はジュラのピュピアン村で名門ドメーヌ・オヴェルノワの本拠地。オヴェルノワ氏の息子さんとも幼なじみの間柄で、ブドウ畑や醸造所が常に近い環境で25才までを過ごしました。2002年よりマトネ村に移り住み、ブドウ畑の管理と醸造の全責任を担う仕事をしていましたが2012年に前オーナーよりその全てを買い取り、独立しました。その殆どが予約で完売してしまう幻のワインです。6haをビオロジックとビオディナミで管理しています。95%がアルボワで、残りはコート・デュ・ジュラの区画で、2008年よりデメテール及びAB認証も得ています。発酵前果汁にフィーヌ及び、マールを添加して熟成したワインです。サヴァニャン100%の自家製のフィーヌとマールを併用しています。梅酒っぽいニュアンスにブランデーの要素が混じった複雑な甘口ワインです。繊細で軽やかなワインなので食後でも重くなりません。 【dessert】 【nature】 【savois】

ヴェッキ・テッレ・ディ・モンテフィーリ/ アンフィテアトロ [2004]【赤ワイン】

ワインショップ・ワインホリック

11,643

ヴェッキ・テッレ・ディ・モンテフィーリ/ アンフィテアトロ [2004]【赤ワイン】

元祖サンジョヴェーゼ100%で造られる極めつけのトスカーナ! 推薦グラス ヴェッキ・テッレ・ディ・モンテフィーリ/ アンフィテアトロ [2004] Vecchie Terre di Montefili / Anfiteatro 2004 セパージュ: 【サンジョベーゼ100%】 国地域: イタリア・トスカーナ 飲み頃情報: 今から インポーター: ヴィナリウス 1979年、オーナーであるロッカルド・アクティ氏は繊維業界で成功した後にワイン業界へと転身し僅か2hからスタート。彼はサンジョベーゼ100%でキャンティーを作り出した先駆者として知られセラー内は最新の空調設備が整い葡萄栽培もオーガニックで行われており小規模ながら最高のキャンティーを作る生産者として世界中で名声をとどろかせている存在です。私も個人的に最も早い時期に驚かされたキャンティー。今回はサンジョベーゼ100%で作られているアンフィテアトロのバック・ヴィンテージがまとめて登場します。こんな機会は先ず滅多にありません。是非上品なあり得ないような素晴らしいサンジョベーゼの世界をお楽しみください。 【rouge】【italia】 【v2004】 【wakaumaaka】 【nature】 【gensen】 【kiwami】

ロキオリ / リトル・ヒル・ピノ・ノワール [2006]

ワインショップ・ワインホリック

31,104

ロキオリ / リトル・ヒル・ピノ・ノワール [2006]

アメリカ最高のピノ!ロキオリの希少なシングル・ヴィンヤード! 推薦グラス ロキオリ / リトル・ヒル・ピノ・ノワール [2006] Rochioli / Little Hill Pinot Noir 2006 セパージュ: 【ピノ・ノワール100%】 国地域: アメリカ・カリフォルニア 飲み頃情報: 2014年以降 インポーター: クラモチ ロキオリはアメリカで最も優れた葡萄生産者で、彼の葡萄を買い付けられることが一つのステータスとなるような存在感があります。その中でも最も優れた葡萄だけを厳選して造られているのがこのロキオリのワインです。アメリカワインのイメージを覆す、見事な酸がありそれが素晴らしい果実味と一体になり驚くほどレベルの高いワインが出来上がります。私は個人的にこれ以上のアメリカワインにはなかなか出会ったことがありません。個性が明確で果実味と酸とのバランスが絶妙でこれこそ生産者のセンスなんだなと思うのです。ウエスト・ブロックはその中でも最高の葡萄だけを使って造られた究極のピノ・ノワール。まさにアメリカ随一のピノなのです。今年は特別に6本入荷しています。 【rouge】 【america】 【ピノ・ノワール100%】 【v2006】【kiwami】

アンビス・エステイト / グラン・レゼルヴァ [2008]【赤ワイン】

ワインショップ・ワインホリック

14,580

アンビス・エステイト / グラン・レゼルヴァ [2008]【赤ワイン】

限定品 推薦グラス アンビス・エステイト / グラン・レゼルヴァ [2008] AmByth Estate / Gran Reserva 2008 セパージュ: 【サンジョヴェーゼ50%、 テンプラニーリョ50%】 国地域: アメリカ・カルフォルニア 飲み頃情報: 今から インポーター: ラシーヌ ウェールズ出身のフィリップ・ハートが、カリフォルニアにやってきたのは、1980年代の事。カーペットの輸入商として世界中を飛び回っていましたが、2000年にパソ・ロブレスに農場を構えます。それまではロサンゼルスに住んでいましたが、そのころから、パソ・ロブレスへやってきては、週末を過ごしていました。2004年にブドウ樹を植えるまでは、趣味でビールを造ったり、シードルを造ったりと自分たちで消費するものを、自分たちで造ってきました。 ? アンビス(Ambyth)とはウェールズ語で`永遠'を意味します。アンビス・エステイトはパソ・ロブレスの最初で、唯一のデメター認証を取得したワインを造っているワイナリーです。フィリップ達自身の観察眼を向上させるためにバイオダイナミックの手法を取っています。自然酵母で醗酵し、足で破砕、熟成とボトル詰めの際も亜硫酸添加はありません。樽やステンレスタンクで熟成されるものもありますが、中にはテラコッタで美しい熟成を見せるものもあります。ワインは純粋で、生命に満ち、活き活きとしています。 【rouge】 【america】 【v2008】【wakaumaaka】

モンティノア・エステイト / グレイアムズ・ブロック・セブン ピノ・ノワール [2013]【赤ワイン】

ワインショップ・ワインホリック

6,027

モンティノア・エステイト / グレイアムズ・ブロック・セブン ピノ・ノワール [2013]【赤ワイン】

最新のオレゴン 推薦グラス モンティノア・エステイト / グレイアムズ・ブロック・セブン ピノ・ノワール [2013] Montinore Estate / Graham's Block 7 Pinot Noir 2013 セパージュ: 【ピノ・ノワール100%】 国地域: アメリカ・オレゴン 飲み頃情報: 今から インポーター: ラシーヌ 現在の当主はルディ・マルケージ氏。そのルディの祖父母にあたる、カルロとローザは北イタリアのトレンティーノ出身です。自給自足の生活をしながら暮らし、ワインもまた同様に造っていました。彼らがアメリカの南東へと移住してきたとき、そこでもまた同じように、自分たちの昔からの伝統とともに生きてきました。そしてそれは、孫であるルディ・マルケージにも受け継がれています。オレゴンというワイン生産地域に心をつかまれてしまいました。ルディは、彼が好むフランス産ワインの多くがビオディナミを実践して栽培されていると気づき、2003年からビオディナミをモンティノア・エステイトで実践し始めました。2007年までにワイナリーでデメターのビオディナミガイドラインに沿うようになりました。2008年にステラーからオーガニック認証を、デメターからビオディナミ認証を取得しました。イタリア人の血を引くルディが目指すのは、食事に寄り添うワイン。彼が食べて育った北イタリア料理を思い浮かべながら、様々な食事に合わせられる味わいを目指しています。 【rouge】 【america】 【v2013】【wakaumaaka】

トーマス・モレ / サントネ・ルージュ・グラン・クロ・ルソー [2013]【赤ワイン】

ワインショップ・ワインホリック

7,625

トーマス・モレ / サントネ・ルージュ・グラン・クロ・ルソー [2013]【赤ワイン】

今注目の生産者! 推薦グラス トーマス・モレ / サントネ・ルージュ・グラン・クロ・ルソー [2013] Thomas Morey / Santenay Rouge Grand Clos Rousseau 2013 セパージュ: 【ピノ・ノワール100%】 国地域: フランス・ブルゴーニュ・コート・ド・ボーヌ・サントネ 飲み頃情報: 今から インポーター: ヴィノラム トーマス・モレはシャサーニュ・モンラッシュ村のモレ家の10世代目にあたります。彼は偉大なワイン生産者である父ベルナール・モレと共にドメーヌの運営に携わり12年間働きました。その後、世代交代の兼ね合いもあり2006年に彼は妻シルヴィーと共に彼自身のドメーヌであるトーマス・モレを設立しました。そして2007年に初めてドメーヌトーマス・モレの名前を冠したワインがリリースされる事になりました。 シャサーニュ・モンラッシェ村でモレ家の歴史は17世紀の半ば迄遡ることができ葡萄栽培に非常に長い歴史がある家系です。 「グランド・クロ・ルソー」の区画はSantenayのプルミエクリュの最も南に位置しており、マランジェのブドウ畑の隣に位置しています。1974年に植樹。輝いた濃い色合いで砂糖漬けの小さな果実、スミレ、グースベリー、ブラックチェリーのアロマがある。口に含むとスムーズな質感で凝縮感のある果実味が感じられる。このワインはコートドニュイのワインを連想させる。熟成のポテンシャルもあり数年寝かせて楽しむのも良い。 【rouge】 【bourgogne】 【v2013】 【wakaumaaka】

ドメーヌ・ミッシェル&ジョアンナ・エカール / サヴィニー・レ・ボーヌ・レ・プイエ [2006]【グルメ201212_ビール・洋酒】

ワインショップ・ワインホリック

8,133

ドメーヌ・ミッシェル&ジョアンナ・エカール / サヴィニー・レ・ボーヌ・レ・プイエ [2006]【グルメ201212_ビール・洋酒】

こんな魅力的なワインを放っておいては損! 推薦グラス ドメーヌ・ミッシェル&ジョアンナ・エカール / サヴィニー・レ・ボーヌ・レ・プイエ [2006] Domaine Michel & Joanna Ecard / Savigny les Beaune Primier Cru Les Peuillets 2006 セパージュ: 【ピノ・ノワール100%】 国地域: フランス・フ?ルコ?ーニュ・コート・ト?・ホ?ーヌ・サヴィニー・レ・ヴォーヌ 飲み頃情報: 今から インポーター: ヴィノラム モーリス・エカールの引退にともない相続のために所有する畑の4分の3を手放し,残りの畑で息子のミシェルと妻のジョアンナの名前を冠し新しい世代のワインとしてスタートした。未だにモーリスも手伝って入るのだが,スタイル自体はもっと果実味の濃い方向へ変化しているようだ。ネゴシアンに売り渡した畑に関しては,醸造はモーリスエカールに委託されるようで今後そのワインがどのように販売されるか興味深いところ。2006年は先代のスタイルを柔らかくした雰囲気で、先代と同じように早熟で素晴らしいワインに仕上がっている。最近開きはじめ実にポテンシャルが高い! 【rouge】 【bourgogne】 【ピノ・ノワール100%】 【v2006】 【wakaumaaka】

トーマス・モレ / マランジェ・ラ・フュッシエール [2013]【赤ワイン】

ワインショップ・ワインホリック

5,249

トーマス・モレ / マランジェ・ラ・フュッシエール [2013]【赤ワイン】

今注目の生産者! 推薦グラス トーマス・モレ / マランジェ・ラ・フュッシエール [2013] Thomas Morey / Maranges La Fussiere Rouge 2013 セパージュ: 【ピノ・ノワール100%】 国地域: フランス・ブルゴーニュ・コート・ド・ボーヌ・マランジェ 飲み頃情報: 今から インポーター: ヴィノラム トーマス・モレはシャサーニュ・モンラッシュ村のモレ家の10世代目にあたります。彼は偉大なワイン生産者である父ベルナール・モレと共にドメーヌの運営に携わり12年間働きました。その後、世代交代の兼ね合いもあり2006年に彼は妻シルヴィーと共に彼自身のドメーヌであるトーマス・モレを設立しました。そして2007年に初めてドメーヌトーマス・モレの名前を冠したワインがリリースされる事になりました。 シャサーニュ・モンラッシェ村でモレ家の歴史は17世紀の半ば迄遡ることができ葡萄栽培に非常に長い歴史がある家系です。 コー ト・ド・ボーヌで最も南に位置するアペラシオン。あまり知られていないアペラシオンで1989年に認定されたばかりです。7つのプルミエクリュの畑がありとても魅力的な価格で高品質なワインが生産されています。殆んど黒に近い濃い色をしており、驚くほどの黒果実、核果実のアロマがある。とても噛みごたえがありしっかりとした構造をしている。飲み頃はリリースされてから8年以内だろう。 【rouge】 【bourgogne】 【v2013】 【wakaumaaka】

ドメーヌ・メゾン・レーヌ / ボジョレー・ヴィラージュ・キュヴェ・プロム [2013]【赤ワイン】

ワインショップ・ワインホリック

3,726

ドメーヌ・メゾン・レーヌ / ボジョレー・ヴィラージュ・キュヴェ・プロム [2013]【赤ワイン】

今ボジョレー地区で最も熱い存在! 推薦グラス ドメーヌ・メゾン・レーヌ / ボジョレー・ヴィラージュ・キュヴェ・プロム [2013] Maison Leynes / Beaujolais Villages Cuvee Prom 2013 セパージュ: 【ガメイ100%】 国地域: フランス・ブルゴーニュ・ボジョレー 飲み頃情報: 今から インポーター: ラシーヌ 1955年当初、ロロン一家がこのドメーヌを購入しました。小作料や折半小作制(地主が小作人へ収穫物の半分の割合を徴収する制度)等様々な契約を経て、ビオロジック栽培へと変える目的で2010年に、後継者が有限責任農業経営体(EARL)へ経営体制を変更しました。そして(オーブリ—とロロンが提携しているEARL AUBRYONからきた)Jean-yves AUBRY ジャン=イヴ・オーブリーがこの土地の生産者となります。しかし不運にも2010年6月にジャン=イヴ・オーブリーは亡くなられます。しかしなが醸造責任者のデニス・ペルティエールはリスクの高いビオロジック栽培を望んではおらず2012年の収穫を最後に生産を中止してしまいます。その年までに生産されたワインはネゴシアンに売却されていました。そこでジャン=フランソワ・プロモネが2012年12月にオーナーに協力し、ドメーヌの新たな醸造責任者となることを提案したのです。平均樹齢:40年 【v2013】 【rouge】【bourgogne】 【wakaumaaka】 【nature】

シャルロパン・ティシエ / コート・ド・ニュイ・ヴィラージュ・ヴィエイユ・ヴィーニュ [2015]【赤ワイン】

ワインショップ・ワインホリック

4,828

シャルロパン・ティシエ / コート・ド・ニュイ・ヴィラージュ・ヴィエイユ・ヴィーニュ [2015]【赤ワイン】

3作目は最高傑作!果実味に溢れ実に魅力的な風味! 推薦グラス シャルロパン・ティシエ / コート・ド・ニュイ・ヴィラージュ・ヴィエイユ・ヴィーニュ [2015] Charlopin Tissier / C?te de Nuits Villages Vieilles Vignes 2015 セパージュ: 【ピノ・ノワール100%】 国地域: フランス・ブルゴーニュ・コート・ド・ニュイ・コート・ド・ニュイ・ヴィラージュ 飲み頃情報: 今から インポーター: ラフィネ 2014年ヤン・シャルロパン氏(フィリップ・シャルロパンの長男)がティシエ家(奥様ジュスティン・ティシエ氏)の協力を得て設立された3haのみの小生産者。ヤン氏はドメーヌ・シャルロパンで白ワインの醸造責任者も従来より務めています。実家では沢山の量を高水準に均一な品質に仕上げる一方、自身のドメーヌではテロワールのダイナミックさを最大限生かしたワイン造り。モレ・サン・ドニに本拠地を置きながら、コート・ド・ニュイ北部の秀逸な畑のみに焦点を当てています。アリゴテはマルサネの区画「エタル」の樹齢70年もの、ブルゴーニュ・ルージュはコート・ディジョネにある最上の区画「モントル・キュ」。マルサネは標高300mにある「ラ・モンターニュ」を所有。それらは彼らの仕事を信じて賃貸の契約を結ぶに至った畑が多く、二人が既に周りの人々から絶大な信頼を受けていることがうかがえます。ブロション村のフィサン側に面した「レ・クレオル」に位置し、村の窪地に面しているため冷涼な区画。約46アール程の自社畑です。粘土石灰質土壌で、樹齢は約70年のヴィエイユ・ヴィーニュ。 【rouge】 【bourgogne】 【v2015】 【wakaumaaka】

シャトー・オー・マルビュゼ [2013]【赤ワイン】

ワインショップ・ワインホリック

8,349

シャトー・オー・マルビュゼ [2013]【赤ワイン】

毎年固定顧客のみに売られるボルドーでは珍しいシャトー 推薦グラス シャトー・オー・マルビュゼ [2013] Ch?teau Haut-Marbuzet 2013 セパージュ: 【カベルネ・ソーヴィニヨン 40% メルロー 50% カベルネ・フラン 5% マルベック 5%】 国地域: フランス・ボルドー・サン・テステフ 飲み頃情報: 今から インポーター: ラフィネ デュボスク家により長年家族経営されている、メドックでは異色のサンテステフ村にあるシャトーです。硬質な酸味を持つと言われるサンテステフのワインの中で、瓶詰め直後からでも熟成しても美味しく飲める数少ないシャトーのひとつ。凝縮した果実味と程よい樽のフレーバーが融合し、独特の個性を生んでいます。当主アンリ・デュボスク氏曰く、「うちの個性を理解し、愛してくれるお客様と発展して来たので、これかもその期待に応えたい」という。ロバート・パーカーJR氏を始めとして多くのワイン評論家曰く、格付けが見直されれば3級以上にはランクされると絶賛されるほどオンリーワンの個性を持っています。「一番評価されるシャトーになる必要はなく、オー・マルビュゼの個性を持ち続けることが最優先だ」とアンリ氏の子息ブリュノ氏は語っています。 【rouge】【bordeaux】 【v2013】 【koiaka】

お酒・ドリンクのランキング

スポンサーリンク
スポンサーリンク