メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「豊盃」検索結果。

豊盃の商品検索結果全20件中1~20件目

こちらの関連商品はいかがですか?

玉川 純米吟醸 祝  720ml

佐野屋JIZAKE 楽天市場店

1,512

玉川 純米吟醸 祝 720ml

《酒 誕生の経緯》「祝(いわい)」という米は、戦前に京都で生まれた酒造好適米で、木下酒造の位置する丹後地区や丹波地区での栽培に適しているお米です。昭和8年から昭和21年にかけて奨励品種として多く栽培されましたが、少ない収量と倒れやすい性質から、昭和49年に一時姿を消した「幻の米」の1つでした。しかし昭和63年、伏見の酒造組合の働きかけによって、平成2年に栽培法を改良した祝の栽培が始まり、そのお米で造ったお酒が平成4年に誕生。「祝」というお米が約20年ぶりに復活を果たしたのです。木下酒造は、京都の日本酒らしい優しい甘味が表現出来ることに加え、玉川独自の味乗りの良い酒造りも出来る「祝」に着目。玉川のハーパー杜氏に「祝」の特長をお尋ねすると、「祝で仕込んだお酒は、柔らかい感じのお酒に仕上がり、独特の甘味を持ちます。味のタイプは山田錦よりは雄町に近く、甘味を生かすこと、甘味をどう表現するかが酒造りのポイントになるでしょうね。」という回答を頂きました。玉川はフィリップハーパー杜氏が酒造りをしているということから、酒マニア向けの尖った個性派の酒という印象が強かったのですが、「純米吟醸 祝」は、マニアに加えて、日本酒に詳しくない一般の方にもどんどん飲んでもらおうと考えて造られました。《美味しくなければ話にならない。》味の特長は、玉川らしい味の密度が高いフルボディータイプ。しかしそれでいながら、くどさはなくむしろ大変飲みやすい絶妙なバランス。香り高さや第一印象のインパクトを重視せず、次から次へと杯が進む。そんな長く付きあえる酒であると感じました。本製品は生酒ではありません。常温保存が可能です。原酒ではありませんが、味の密度はそれを思わせる詰まった味わいを持ちます。淡麗辛口とは反対方向の甘さを感じる酒質で、魚の煮付け等...

送料無料
豊祝 大吟醸 720ml≪送料込≫

奈良ええもんストア

5,000

豊祝 大吟醸 720ml≪送料込≫

追加送料について 北海道 600円(税込) 沖縄県 200円(税込) 内 容豊祝 大吟醸 720ml メーカー奈良豊澤酒造株式会社(奈良県) 同梱不可 ※ただし、お酒の複数種類注文時は同梱可能です。(ビール除く) ご注意 ※未成年者の方の酒類の購入は法律により禁じられております。 ※未成年者の方への酒類の販売はお断りしておりますので、予めご了承ください。奈良豊澤酒造 豊祝 大吟醸 720ml 兵庫県産の山田錦を35%まで精白し、長期低温発酵により米の旨みを最大限に引き出した大吟醸酒です。フルーティな吟醸香が素晴らしく、米の柔らかで芳醇な旨みと口当たりのバランスが絶品。後味もすっきり切れよく、これぞ大吟醸!と感じさせる美酒です。よ~く冷やして大きめのワイングラスに注いで下さい。素晴らしい香りが立ち、柔らかで存在感のある味わいは、和食だけではなく洋食にもオススメです。 スペック 酒質/分類 大吟醸 原材料名 米(国産)、米麹(国産米)、醸造アルコール 原料米(麹米)原料米(掛米) 兵庫県産山田錦 精米歩合(麹米)精米歩合(掛米) 35% アルコール度数 16度以上17度未満 日本酒度 +5 酸度 1.1 アミノ酸度 0.8 酵母 明利酵母 飲み頃目安 飲みごろ温度 熱燗 ぬる燗 常温 △ 冷酒 ○

真鶴 純米吟醸720ml

仙台牛タウン 楽天市場店

1,836

真鶴 純米吟醸720ml

真鶴 純米吟醸720ml 宮城県産「美山錦」を原料米とする純米吟醸酒。ふくよかな含香。芳醇な風味とまろやかさが特長。 【内容量】 ■720ml 【成分表】 ■日本酒度:±0 ■アルコール度:15~16 ■原料米:美山錦(国産) ■精米歩合:50% ■酸度:1.3 【製造元】 田中酒造 【お届けについて】 ●当店は複数のサイトでお酒を販売しておりますので、ご注文のタイミングによっては在庫切れの場合がございます。自動返信メールの次の当店からの注文確定メールをもってご注文の確定とさせていただきますので、何卒ご理解の程お願い申し上げます。 ●お届けに要する日数は通常、3日間程度頂いております。(日・祭日はお休みです)●他社の商品と合わせて発送する場合は、集荷のためお時間をいただいております。●お届け日のご指定は、ご注文より3日後以降~1ケ月以内まで可能でございます。  (株)田中酒造店の沿革太物(呉服)・古着の販売をしていた初代田中林兵衛氏は、事業欲が旺盛で、新たに副業として寛政元年(1789年)に酒製造業を始めました。 当時、田中家は二つに分家して、呉服屋を中心に貸金業、質屋、地主、醤油醸造業、酒造業などを兼業していました。現在も地元では、田中酒造より田林の名で親しまれています。9代目現社長の祖父が、昭和10年代の物資統制令を境に呉服商を廃業し酒造業を中心に事業展開をしました。 伊達家の藩政時代には、代官など4つ会所が置かれた加美郡政治の中心地でもある中新田で、「東華正宗」の銘柄で地元を中心に販売していました。その当時の城主只野伊賀の奥方只野真葛は、南総里見八犬伝の滝沢馬琴らと交流があり、女流詩人としても知られておりました。真葛は、庭で舞遊ぶ鶴をこよなく愛し、鶴の歌を数多く詠んだと云われています。当時「名酒東華正宗」を献上した際...

スポンサーリンク
スポンサーリンク