メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「are50」検索結果。

are50の商品検索結果全28件中1~28件目

サヴェージ / アー・ウィー・ゼア・イェット [2018]【赤ワイン】

ワインショップ・ワインホリック

4,752

サヴェージ / アー・ウィー・ゼア・イェット [2018]【赤ワイン】

今最も注目の醸造家!6本限定 推薦グラス サヴェージ / アー・ウィー・ゼア・イェット [2018] Savage / Are We There Yet 2018 セパージュ: 【トゥーリガ・ナショナル:50%、シラー:50%】 国地域: 南アフリカ・ケープタウン 飲み頃情報: 今から インポーター: ラフィネ 畑が本拠地のケープタウンから遠く離れているため、「Are We There Yet?=まだ到着しない?」と名付けられました。 【品種】トゥーリガ・ナショナル:50%、シラー:50% 【土壌】近くを流れるブリード川の河原石がゴロゴロした土壌 【樹齢】13年:ブッシュヴァイン 【収穫】手摘み【全房使用率】トゥーリガ・ナショナル:0%、シラー:50% 【発酵】2週間スキンコンタクト【熟成】500Lの古樽で15ヶ月間 【アロマ】深い紫色のワインで、セイヨウスモモやブルーベリー、ブラックベリー、甘草、ピリッとした塩味、ダスティーで火打石のニュアンスとミネラル感が深いアロマを織り成します。 【パレット】ダスティーで凛としたタンニンがあり、他のキュヴェと比べると骨格のしっかりした男性的なイメージの味わいです。アルコール度数:13.5% Greg Sherwood MW 94/100 Tim Atkin MW 93/100 【south africa】 【rouge】 【v2018】? 【wakaumaaka】

サヴェージ / アー・ウィー・ゼア・イェット [2017]【赤ワイン】

ワインショップ・ワインホリック

4,763

サヴェージ / アー・ウィー・ゼア・イェット [2017]【赤ワイン】

今最も注目の醸造家!6本限定 推薦グラス サヴェージ / アー・ウィー・ゼア・イェット [2017] Savage / Are We There Yet 2017 セパージュ: 【トゥーリガ・ナショナル:50%、シラー:50%】 国地域: 南アフリカ・ケープタウン 飲み頃情報: 今から インポーター: ラフィネ ケープポイント・ヴィンヤーズの醸造長としてその名を馳せたダンカン・サヴェージが満を持して立ち上げた自身のワイナリー。地元の農業大学を首席で卒業し、2004年より携わりケープポイント・ヴィ二ヤーズをトップブランドに引き上げ、2008年にはプラッターズ・ワイン・ガイドによる年間最優秀ワイナ自身でケープ・ワインランドの隅から隅まで畑を求め歩き、その地域、畑に根差したワインを作り上げるべく探求心を惜しみません。 畑が本拠地のケープタウンから遠く離れているため、「Are We There Yet?=まだ到着しない?」と名付けられました。 【品種】トゥーリガ・ナショナル:50%、シラー:50% 【アロマ】深い紫色のワインからは河岸岩を思わせるミネラル感や黒鉛のニュアンスが得られると同時に、スミレやブルーベリー、サクランボのコンフィ、イチゴの砂糖菓子などの絢爛な香りを楽しむことができます。 【パレット】凝縮した果実味としっかりとした酸、そして優しいタンニンが舌を包み、個性豊かな余韻が広がります。 【south africa】 【rouge】 【v2017】? 【wakaumaaka】

アー ウィー ゼア イェット [2017] サヴェージ ( 赤ワイン ) [S]

タカムラ ワイン ハウス

4,378

アー ウィー ゼア イェット [2017] サヴェージ ( 赤ワイン ) [S]

■輸入元様資料より抜粋■ 畑が本拠地のケープタウンから遠く離れているため、『Are We There Yet?=まだ到着しない?』と名付けられました。 【品種】トゥーリガ・ナショナル:50%、シラー:50% 【産地】ケープタウンから東におよそ250km離れたマルガス地区 【土壌】近くを流れるブリード川の河原石がゴロゴロした土壌 【樹齢】13年 【収穫】同じ日に手摘みにて 【全房使用率】トゥーリガ・ナショナル:50%、シラー:100% 【発酵】開放槽にて混醸 【熟成】500Lのフレンチ・オークに移して11ヶ月間 【アロマ】深い紫色のワインからは河岸岩を思わせるミネラル感や黒鉛のニュアンスが得られると同時に、スミレやブルーベリー、サクランボのコンフィ、イチゴの砂糖菓子などの絢爛な香りを楽しむことができます。 【パレット】凝縮した果実味としっかりとした酸、そして優しいタンニンが舌を包み、個性豊かな余韻が広がります。 アルコール度数:13.0% INFORMATIONNameAre We There Yet Savageブドウ品種トゥーリガ・ナショナル:50%、シラー:50%生産者名サヴェージ産地南アフリカ/ケープタウンRegionSouth Africa/Cape Town内容量750mlWA−/Issue −WS93/Issue Jun 15, 2019※WA : Wine Advocate Rating※WS : Wine Spectator Rating

こちらの関連商品はいかがですか?

サヴェージ / レッド [2015]【赤ワイン】

ワインショップ・ワインホリック

4,532

サヴェージ / レッド [2015]【赤ワイン】

今最も注目の醸造家!24本限定 推薦グラス サヴェージ / レッド [2015] Savage / Red 2015 セパージュ: 【シラー:76%、サンソー:9%、トゥーリガナショナル:9%、グルナッシュ:6%】 国地域: 南アフリカ・ケープタウン 飲み頃情報: 今から インポーター: ラフィネ ケープポイント・ヴィンヤーズの醸造長としてその名を馳せたダンカン・サヴェージが満を持して立ち上げた自身のワイナリー。地元の農業大学を首席で卒業し、2004年より携わりケープポイント・ヴィ二ヤーズをトップブランドに引き上げ、2008年にはプラッターズ・ワイン・ガイドによる年間最優秀ワイナリー賞を受賞するに至ります。サヴェージのワインは海洋性気候や標高にこだわり、自身でケープ・ワインランドの隅から隅まで畑を求め歩き、その地域、畑に根差したワインを作り上げるべく探求心を惜しみません。 拠点をケープ・タウン街中の倉庫街に構えたアーバン・ワイナリーです。【品種】シラー:76%、サンソー:9%、トゥーリガナショナル:9%、グルナッシュ:6% 【アロマ】塩味を帯びたリコリス、アニス、カシスの葉、グレナデン、ブラッドオレンジ、ボタニカルのヴェルモットなど 【パレット】複雑な香りがゆっくりと姿を現しながら、ピンと張りつめた直線的でクリスピーな食感が舌にまとわりつき、酸は生き生きとしており、タンニンは細やかで、フィニッシュには塩味を含む長い余韻が得られます。 【south africa】 【rouge】 【v2015】? 【wakaumaaka】

サヴェージ / シーフ・イン・ザ・ナイト [2017]【赤ワイン】

ワインショップ・ワインホリック

4,532

サヴェージ / シーフ・イン・ザ・ナイト [2017]【赤ワイン】

今最も注目の醸造家!24本限定 推薦グラス サヴェージ / シーフ・イン・ザ・ナイト [2017] Savage / Thief in the Night 2017 セパージュ: 【グルナッシュ:48&、サンソー:46%、シラー:6%】 国地域: 南アフリカ・ケープタウン 飲み頃情報: 今から インポーター: ラフィネ ケープポイント・ヴィンヤーズの醸造長としてその名を馳せたダンカン・サヴェージが満を持して立ち上げた自身のワイナリーです。2002年に地元の農業大学を首席で卒業したダンカンは、2004年よりケープポイント・ヴィ二ヤーズで醸造に携わり、瞬く間にこのワイナリーをトップブランドに引き上げ、2008年にはプラッターズ・ワイン・ガイドによる年間最優秀ワイナリー賞を受賞するに至ります。 自身でケープ・ワインランドの隅から隅まで畑を求め歩き、その地域、畑に根差したワインを作り上げるべく探求心を惜しみません。 拠点をケープ・タウン街中の倉庫街に構えたアーバン・ワイナリーです。 【品種】グルナッシュ:48&、サンソー:46%、シラー:6% 【産地】ピケニルスクルーフ 【樹齢】グルナッシュ:42年、サンソー:24年、シラー:18年 【アロマ】スミレ、ラズベリー、赤スグリ、ドライ・クランベリーなどの溌溂とした印象とスパイスが複雑に絡み合う 【パレット】グルナッシュとサンソーのハーモニーが柔らかく繊細に広がり、時間がたつにつれて複雑さが増します。 【south africa】 【rouge】 【v2017】? 【wakaumaaka】

サヴェージ / フォロー・ザ・ライン [2017]【赤ワイン】

ワインショップ・ワインホリック

4,532

サヴェージ / フォロー・ザ・ライン [2017]【赤ワイン】

今最も注目の醸造家!24本限定 推薦グラス サヴェージ / フォロー・ザ・ライン [2017] Savage / Follow the Line 2017 セパージュ: 【サンソー:93%、シラー:7%】 国地域: 南アフリカ・ケープタウン 飲み頃情報: 今から インポーター: ラフィネ ケープポイント・ヴィンヤーズの醸造長としてその名を馳せたダンカン・サヴェージが満を持して立ち上げた自身のワイナリー。地元の農業大学を首席で卒業し、2004年より携わりケープポイント・ヴィ二ヤーズをトップブランドに引き上げ、2008年にはプラッターズ・ワイン・ガイドによる年間最優秀ワイナリー賞を受賞するに至ります。サヴェージのワインは海洋性気候や標高にこだわり、自身でケープ・ワインランドの隅から隅まで畑を求め歩き、その地域、畑に根差したワインを作り上げるべく探求心を惜しみません。 拠点をケープ・タウン街中の倉庫街に構えたアーバン・ワイナリーです。【品種】サンソー:93%、シラー:7% (ラベルにはサンソーと表示) 【熟成】1500Lと2000Lのフードルにて9カ月間 【アロマ】古樹のサンソーが織りなすパフュームのような香りは非常にアロマティックで、若いプラムや若々しいスミレ、桜の花、ローズ・ウォーター、ライチの香りが織り重なっています。 【パレット】非常に美しくピュアで透明感のある酸がこのワインの特徴で、エレガントなワインの典型とも言えるでしょう。 【south africa】 【rouge】 【v2017】? 【wakaumaaka】

サヴェージ / ホワイト [2017]【白ワイン】

ワインショップ・ワインホリック

4,532

サヴェージ / ホワイト [2017]【白ワイン】

今最も注目の醸造家!18本限定 推薦グラス サヴェージ / ホワイト [2017] Savage / White 2017 セパージュ: 【ソーヴィニョン・ブラン:49%、セミヨン:33%、シュナン・ブラン:18%】 国地域: 南アフリカ・ケープタウン 飲み頃情報: 今から インポーター: ラフィネ ケープポイント・ヴィンヤーズの醸造長としてその名を馳せたダンカン・サヴェージが満を持して立ち上げた自身のワイナリー。地元の農業大学を首席で卒業し、2004年より携わりケープポイント・ヴィ二ヤーズをトップブランドに引き上げ、2008年にはプラッターズ・ワイン・ガイドによる年間最優秀ワイナリー賞を受賞するに至ります。サヴェージのワインは海洋性気候や標高にこだわり、自身でケープ・ワインランドの隅から隅まで畑を求め歩き、その地域、畑に根差したワインを作り上げるべく探求心を惜しみません。 拠点をケープ・タウン街中の倉庫街に構えたアーバン・ワイナリーです。 【品種】ソーヴィニョン・ブラン:49%、セミヨン:33%、シュナン・ブラン:18% 【アロマ】フローラルな香りの後から焼きリンゴ、オレンジの花、タンジェリン・ピールなどが複雑に絡み合います。 【パレット】核となる土壌由来のグラナイト的なミネラルとフルーティーさのバランスが心地よいワインです。 アルコール度数:14.0% 【south africa】 【blanc】 【v2017】? 【wakaumashiro】

カラファータ / トスカーナ・スカピリアート [2018]【赤ワイン】

ワインショップ・ワインホリック

2,475

カラファータ / トスカーナ・スカピリアート [2018]【赤ワイン】

トスカーナの有望株! 推薦グラス カラファータ / トスカーナ・スカピリアート [2018] Calafata / IGT Toscana - Scapigliato 2018 セパージュ: 【モスカート・ディ・アンブルゴ、アレアティコ、チリエジョーロ、 サンジョヴェーゼ】 国地域: イタリア・トスカーナ 飲み頃情報: 今から インポーター: ラシーヌ カラファータにはいくつもの魂がある。2011年にワインを造るべく、マウロ(醸造責任者)とダニエーレ(栽培責任者)によって立ち上げられた。古くからルッカの連なる小さな丘で農家を営んできたワイナリーを、譲りうけた。その時に前オーナーは二人に、「君たちさえ良ければ、このワイナリーをただワインを造るだけでなく、何かより社会に貢献できるように、経営してほしい」と言いました。マウロとダニエーレはこの小さなワイナリーで何が出来るだろうかと考えた末、精神疾患や薬物依存、移民たちの社会参加を促す第一歩となれるよう、彼らを積極的に雇い、共に働いている。また、その活動に共感する、野菜や穀物の栽培したい人、養蜂家などがあつまり、全員が共同経営者の協同組合となった。専業でブドウ栽培を行う労働者がイタリア全土で少なくなっている中、彼らのワイナリーの作業員はしっかりと指導がされており、地域の他のワイナリーからも作業の手伝いを請われて、出張作業に出ている。"(髪の毛の)ちらかった"という意味合い。気軽で、"まじめすぎない"味わい。 【rouge】 【italia】 【v2018】 【wakaumaaka】

イル・ファルネート / フリザン・ロッソ [2018]【赤ワイン】

ワインショップ・ワインホリック

1,980

イル・ファルネート / フリザン・ロッソ [2018]【赤ワイン】

リーズナブル系で最高に美味しいフリザン・ロッソ 推薦グラス イル・ファルネート / フリザン・ロッソ [2018] Il Farneto / Frizant Rosso 2018 セパージュ: 【マルツェミーノ50%、カベルネソーヴィニヨン】 国地域: イタリア・エミリア・ロマーニャ 飲み頃情報: 今から インポーター: エヴィーノ カベルネの栽培をやめ、実験的に植えたランブルスコ グラスパロッサから造る瓶内再醗酵のフリッツァンテ。今回の18ヴィンテージは、前回よりもさらに軽やかさを持った淡い色合い。マルコ曰く、「この土地にはやはりランブルスコ!と思うのだけれど、自分の思い描くランブルスコを造るにはまだ畑が出来上がっていないから、、」ということで、フリザン ビアンコの赤バージョン、フリザン ロッソとしてリリース。色調は薄く、全体的に濁りのある微発泡。酸と果実味、飲み心地抜群のフリッツァンテです! ランブルスコ グラスパロッサ、樹齢5~10年。収穫後除梗して果皮と共に数時間醗酵を促す。圧搾し、ボトル詰めの前に保存していたグラスパロッサのモストを加え、瓶内再醗酵。オリ抜きをせずにリリース、酵母添加なし。 ※開栓前に瓶底に沈んだオリを戻してから抜栓して下さい。 【italia】 【rouge】 【wakaumaaka】 【v2018】

ガール ネクスト ドア [ 2018 ]サヴェージ ( 赤ワイン ) [S]

タカムラ ワイン ハウス

5,830

ガール ネクスト ドア [ 2018 ]サヴェージ ( 赤ワイン ) [S]

■輸入元資料より抜粋■ 【品種】シラー100%【産地】当主ダンカンのホームタウンにほど近い、ノールドフック地区で、大西洋を見す畑には冷たい海風が吹き、厳しい環境下で高い密度で植えられたブドウは、潮風の影響受けたくましく育ちます。 【畑面積】0.38ha【樹齢】13年:トレリスシステム 【土壌】砂利混じりの砂質土壌【全房使用率】70% 【発酵】2週間スキンコンタクト後、MLF。 【熟成】600Lの古樽にて10ヶ月間。【アロマ】深みがありリッチなアロマで、ブラックカラント、胡椒の実、ブラックオリーブのタプナード、塩漬け肉のアロマが、口に含む前にすでに充実感があります。【パレット】引き締まっていてクリーミー、ミネラル豊かで控えめ、きめの細かいタンニン、ブルーベリーやブラックチェリー、ラズベリーのピュレが長い余韻を導きます。【飲み頃】2028年頃までアルコール度数:13.5% Greg Sherwood MW 95+/100 Tim Atkin MW 94/100 INFORMATIONNameGirl Next Door Savageブドウ品種シラー100%生産者名サヴェージ産地南アフリカ/ケープ・タウンRegionSouth Africa/Cape Town内容量750mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating※WS : Wine Spectator Rating

ザ・サディ・ファミリー / ソルダート [2018]【赤ワイン】

ワインショップ・ワインホリック

7,425

ザ・サディ・ファミリー / ソルダート [2018]【赤ワイン】

唖然とする凄み! 推薦グラス ザ・サディ・ファミリー / ソルダート [2018] The Sadie Family Wines / Soldaat 2018 セパージュ: 【グルナッシュ・ノワール100%】 国地域: 南アフリカ・スワートランド 飲み頃情報: 今から インポーター: ラフィネ 当主は南アフリカワインの今を牽引するイーベン・サディ氏。10代の頃から15年間ヨーロッパのワイナリーで修業し、南アフリカに戻った後はスパイス・ルートで醸造責任者を勤めました。1998年スワートランドに自身のワイナリーを設立し、古樹から低収量で造られるコルメラとパラディウスを発表すると瞬く間に注目を浴びます。機械化とは無縁の環境下で手作業を基本に、重力の力を利用して、スワートランドのテロワールをワインに表現すべく情熱をかたむけてワインを造っています。生粋のサーファーでもあり、海に入る時間も大事にしたいので生産量がこれ以上増えることは無いとのこと。 グルナッシュ・ノワールは世界で最も多く植えられている品種で、南アフリカでもその例にもれず、多くの栽培面積を占めています。 フレッシュで明るくいきいきとした果実感や、アーシーなミネラル感にあふれた美しいブドウにもかかわらず、過度な抽出味やアルコール感を感じる仕上がりになりがちなので、その点に留意し、エレガントな側面を最大限に生かすように醸造しています。グルナッシュ・ノワール(100%) 【south africa】 【rouge】 【v2018】? 【kiwami】

ザ・サディ・ファミリー / トレインスプール [2018]【赤ワイン】

ワインショップ・ワインホリック

7,084

ザ・サディ・ファミリー / トレインスプール [2018]【赤ワイン】

2018年は最高のヴィンテージ! 推薦グラス ザ・サディ・ファミリー / トレインスプール [2018] The Sadie Family Wines / Treinspoor 2018 セパージュ: 【ティンタ・バロッカ100%】 国地域: 南アフリカ・スワートランド 飲み頃情報: 今から インポーター: ラフィネ 当主は南アフリカワインの今を牽引するイーベン・サディ氏。10代の頃から15年間ヨーロッパのワイナリーで修業し、南アフリカに戻った後はスパイス・ルートで醸造責任者を勤めました。1998年スワートランドに自身のワイナリーを設立し、古樹から低収量で造られるコルメラとパラディウスを発表すると瞬く間に注目を浴びます。機械化とは無縁の環境下で手作業を基本に、重力の力を利用して、スワートランドのテロワールをワインに表現すべく情熱をかたむけてワインを造っています。生粋のサーファーでもあり、海に入る時間も大事にしたいので生産量がこれ以上増えることは無いとのこと。 ティンタ・バロッカははスワートランド地区で古くから重要な品種で、この畑には1974年に植えられています。畑のそばに古い線路(トレインスプール)があり、そのことから名付けられました。 ティンタ・バロッカは果皮がたいへん薄く太陽光線に傷つきやすい品種ですが、樹齢を経ると複雑味に優れ、一品種のみで深い味わい醸し出すことはなかなか知られていません。 【south africa】 【rouge】 【v2018】? 【kiwami】

ドメーヌ・モンタネ・トダン / ブルゴーニュ・ルージュ・キュヴェ・ガランス [2018]【赤ワイン】

ワインショップ・ワインホリック

3,586

ドメーヌ・モンタネ・トダン / ブルゴーニュ・ルージュ・キュヴェ・ガランス [2018]【赤ワイン】

驚くほど素晴らしい2018年! 推薦グラス ドメーヌ・モンタネ・トダン / ブルゴーニュ・ルージュ・キュヴェ・ガランス [2018] Domaine Montanet Thoden / Bourgogne Vezelay - cuvee Galerne 2018 セパージュ: 【ピノ・ノワール100%】 国地域: フランス・ブルゴーニュ・AOCブルゴーニュ 飲み頃情報: 今から インポーター: ラシーヌ モンタネ・トダンは協同組合でワインを造っていましたが、独立しドメーヌを立ち上げました。ビオ・ロジックで作られる彼の一連のワインは、インパクトよりも自然な優しさに満ちあふれるスタイル。最近はブルゴーニュのワインの価格上昇が著しくブルゴーニュ好きが普段楽しむためのブルゴーニュ・ルージュクラスのワインが非常に人気が高く、それでも有名生産者のものでは4000円を超えるものも多く3000円台以下のブルゴーニュ・ルージュは皆が求めるワイン。そこでどこを探すかと言えば、ブルゴーニュ・ルージュクラスだけを造っている生産者達だ。ブルゴーニュは特級畑を持っていなければ注目されることが少なく価格もなかなか上げることができないためにまだまだ注目されていない生産者から優秀なワインを探すことが大事なのだ。その中でもこのワインは明確な個性は無いものの非常に柔らかく質感の良いワインのため非常に人気が高い。 【rouge】 【bourgogne】 【v2018】【wakaumaaka】

アンビス・エステイト / サンジョヴェーゼ [2013]【赤ワイン】

ワインショップ・ワインホリック

7,623

アンビス・エステイト / サンジョヴェーゼ [2013]【赤ワイン】

限定品 推薦グラス アンビス・エステイト / サンジョヴェーゼ [2013] AmByth Estate / Sangiovese 2013 セパージュ: 【サンジョヴェーゼ】 国地域: アメリカ・カルフォルニア 飲み頃情報: 今から インポーター: ラシーヌ ウェールズ出身のフィリップ・ハートが、カリフォルニアにやってきたのは、1980年代の事。カーペットの輸入商として世界中を飛び回っていましたが、2000年にパソ・ロブレスに農場を構えます。それまではロサンゼルスに住んでいましたが、そのころから、パソ・ロブレスへやってきては、週末を過ごしていました。2004年にブドウ樹を植えるまでは、趣味でビールを造ったり、シードルを造ったりと自分たちで消費するものを、自分たちで造ってきました。 ? アンビス(Ambyth)とはウェールズ語で`永遠'を意味します。アンビス・エステイトはパソ・ロブレスの最初で、唯一のデメター認証を取得したワインを造っているワイナリーです。フィリップ達自身の観察眼を向上させるためにバイオダイナミックの手法を取っています。自然酵母で醗酵し、足で破砕、熟成とボトル詰めの際も亜硫酸添加はありません。樽やステンレスタンクで熟成されるものもありますが、中にはテラコッタで美しい熟成を見せるものもあります。ワインは純粋で、生命に満ち、活き活きとしています。 【rouge】 【america】 【v2013】【wakaumaaka】

イヴォン・メトラ / ボジョレー [2017]【赤ワイン】

ワインショップ・ワインホリック

5,951

イヴォン・メトラ / ボジョレー [2017]【赤ワイン】

ブルゴーニュのトップドメーヌと見間違えんばかり! 推薦グラス イヴォン・メトラ / ボジョレー [2017] Yvon Metras / Beaujolais 2017 セパージュ: 【ガメイ100%】 国地域: フランス・ブルゴーニュ・ボジョレー 飲み頃情報: 今から インポーター: ラシーヌ イヴォン・メトラは1994年にドメーヌを引き継ぎ、醸造学者であるジョーエウ・ショヴェの影響を受け、フリップ・パカレの親戚でビオ信望者のマルセル・ラピエールのような酸化防止剤を一切使用しない醸造法、そして農薬や化学肥料を一切使わない自然派の造りを実践しています。この地域の生産者の中では最もジューシーな造りでボディーが異常に柔らかく厚めのボディー。最近の自然派は軽めに造るワインが多い中彼のワインはまるで葡萄ジュースのようである。それがまた単純な姿ではなく非常に質感に溢れる見事なものだけにこの地域でも独特の存在感をしてしている。 そんな彼も次第にエレガントな方向性に変化しつつある。2013年に洞窟のあるところに醸造所を移し驚くほど酒質が上がった。2015年以降はブルゴーニュのプルミエ・クリュの上質なワインを越えるような異常さ! 【v2017】 【rouge】【bourgogne】 【wakaumaaka】

メオ・カミュゼ・フレール・エ・スール / シャンボール・ミュジニー・プルミエ・クリュ・レ・クラ [2014]【赤ワイン】

ワインショップ・ワインホリック

17,820

メオ・カミュゼ・フレール・エ・スール / シャンボール・ミュジニー・プルミエ・クリュ・レ・クラ [2014]【赤ワイン】

今ブルゴーニュで最も素晴らしいワインを造るメオ・カミュゼ! 推薦グラス メオ・カミュゼ・フレール・エ・スール / シャンボール・ミュジニー・プルミエ・クリュ・レ・クラ [2014] Meo-Camuzet Frere & Sceurs / Chambolle-Musigny Premier Cru Les Cras [2014] セパージュ: 【ピノ・ノワール100%】 国地域: フランス・ブルゴーニュ・コート・ド・ニュイ・シャンボール・ミュジニー 飲み頃情報: 2018年後半以降 インポーター: フィネス メオ・カミュゼ。一世を風靡した造り手でもともとアンリ・ジャイエが働いていた蔵でもあります。若かったニコラはアンリ・ジャイエに反発し独自の路線を貫きましたが絶大な人気を誇った彼のワインは並行ものの状態の悪いワインが日本中に出回りまさに本質の分からない悲惨な状況でした。2000年代になり実は以前に比べ驚くほど素晴らしくなったのです。ハッとするほどの存在感、なにか格が違うと感じさせるレベルの差を感じさせるのです。これは数年前に始めたネゴシアン物にも共通する物でこのネゴシアン物が最近ではドメーヌを凌ぐほどの存在になってきているのです。これはフランスでは有名な話。私が今最も素晴らしいと感じる質的な良さと存在感を感じるのはメオ・カミュゼとマルキ・ダンジェルヴィーユです。さすが大御所です。新進の素晴らしい造り手も彼らの持つ素晴らしい畑の前には太刀打ちはなかなかできません。2014年は素晴らしく繊細で理想的なワインが出来た年で生産者たちの評判が驚くほど高い。実際飲んでみるとまさに理想的な世界がここにある。 【rouge】 【bourgogne】 【v2014】

メオ・カミュゼ・フレール・エ・スール / シャンボール・ミュジニー・レ・フスロット [2015]【赤ワイン】

ワインショップ・ワインホリック

19,437

メオ・カミュゼ・フレール・エ・スール / シャンボール・ミュジニー・レ・フスロット [2015]【赤ワイン】

2015年はまさに特別な年! 推薦グラス メオ・カミュゼ・フレール・エ・スール / シャンボール・ミュジニー・レ・フスロット [2015] Meo-Camuzet Frere & Sceurs / Chambolle-Musigny Les Feusselottes 2015 セパージュ: 【ピノ・ノワール100%】 国地域: フランス・ブルゴーニュ・コート・ド・ニュイ・シャンボール・ミュジニー 飲み頃情報: 2019年以降 インポーター: フィネス メオ・カミュゼ。一世を風靡した造り手でもともとアンリ・ジャイエが働いていた蔵でもあります。若かったニコラはアンリ・ジャイエに反発し独自の路線を貫きましたが絶大な人気を誇った彼のワインは並行ものの状態の悪いワインが日本中に出回りまさに本質の分からない悲惨な状況でした。2000年代になり実は以前に比べ驚くほど素晴らしくなったのです。ハッとするほどの存在感、なにか格が違うと感じさせるレベルの差を感じさせるのです。これは数年前に始めたネゴシアン物にも共通する物でこのネゴシアン物が最近ではドメーヌを凌ぐほどの存在になってきているのです。これはフランスでは有名な話。私が今最も素晴らしいと感じる質的な良さと存在感を感じるのはメオ・カミュゼとマルキ・ダンジェルヴィーユです。さすが大御所です。新進の素晴らしい造り手も彼らの持つ素晴らしい畑の前には太刀打ちはなかなかできません。2015年はとにかく果実味が素晴らしく早熟でありながら熟成も可能な希な年です。 【rouge】 【bourgogne】 【v2015】

ルロワ / ヴォルネイ・レ・シャンパン・プルミエ・クリュ [2007]【赤ワイン】

ワインショップ・ワインホリック

115,368

ルロワ / ヴォルネイ・レ・シャンパン・プルミエ・クリュ [2007]【赤ワイン】

蔵出しプライヴェートストック。湿度でラベル若干汚れあり 推薦グラス ルロワ / ヴォルネイ・レ・シャンパン・プルミエ・クリュ [2007] Leroy / Volnay Les Champans 1er Cru 2007 セパージュ: 【ピノ・ノワール100%】 国地域: フランス・ブルゴーニュ・コート・ド・ボーヌ・ヴォルネイ 飲み頃情報: 今から インポーター: ヴィノラム ルロワはもともとロマネ・コンティーの醸造をしていたことでも有名だが、1988年以降はDRCとは決別し彼らを越えるワインを造るべく秀逸な土地を買いあさり、ドメーヌを設立。ビオ・ディナミによって今や驚くべきワインを造り出している。価格も高価だが圧倒的に他を寄せ付けないほどの出来映えは、ブルゴーニュの見本とも言える素晴らしさ。そして彼女はネゴシアン時代の古酒を未だに大量に保有する素晴らしい造りでもあるのだ。DRCとルロワにオフ・ヴィンテージ無し、これは私が20年前から思っていたことだが、長年どんな年でも安定して素晴らしいワインを造ってきたのがルロワなのだ。2007年は早熟な年だがルロワだけにゆっくりと楽しみたい。 【rouge】 【bourgogne】【v2007】 【jukuumaaka】

ロアーニャ・アジエンダ・アグリコーラ・イ・パリエーリ / バローロ・ピーラ・リゼルヴァ [1996]【赤ワイン】

ワインショップ・ワインホリック

84,150

ロアーニャ・アジエンダ・アグリコーラ・イ・パリエーリ / バローロ・ピーラ・リゼルヴァ [1996]【赤ワイン】

ラシーヌが満を持して輸入した極めつきのバローロ2本限定 推薦グラス ロアーニャ・アジエンダ・アグリコーラ・イ・パリエーリ / バローロ・ピーラ・リゼルヴァ [1996] Roagna Azienda Agricola I Paglieri?/ Barolo - Pira Riserva 1996 セパージュ: 【ネッビオーロ100%】 国地域: イタリア・ピエモンテ 飲み頃情報: 今から インポーター: ラシーヌ ロアーニャは今回初めてラシーヌが輸入することになり、今まで他のインポーターが輸入していた姿とはあまりにも違うために驚いてしまう人が多いだろう。現在バローロ、バルバレスコの世界において明らかなトップ生産者であるロアーニャのワインは、口に含んだ途端良き古き時代の良質な姿が蘇ったかのような世界を体感させてくれる。本来のイタリアワインとは一体どのようなものなのか、名前だけで濃いだけで飛ぶように売れるまやかしのバローロの世界をまるで意図に介さないように存在するロアーニャの価値は今のバローロの世界にとって救いとなる存在であろう。理想的な環境を守り作られる彼らのワインは貴重この上ない存在である。 【rouge】 【italia】 【kiwami】 【nature】 【v1996】

ゼナート/ ヴァルポリチェッラ・クラシコ・スーペリオーレ [2017]【赤ワイン】

ワインショップ・ワインホリック

2,574

ゼナート/ ヴァルポリチェッラ・クラシコ・スーペリオーレ [2017]【赤ワイン】

アマローネの世界では根強いファンを持つ 推薦グラス ゼナート/ ヴァルポリチェッラ・クラシコ・スーペリオーレ [2017] Zenato / Valpolicella Classico Superiore 2017 セパージュ: 【85%コルビーナ、10%ロンディネッタ、5%コルビノーネ】 国地域: イタリア・ヴェネト 飲み頃情報: 今から インポーター: ヴィナリウス ゼナート社はセルジオ・ゼナートによって1960年に設立されました。主にヴァルポリチェッラ地区でワイン作りをしており、彼自身が持つエネルギー、情熱、才能、品質に対するこだわりの総てをワイン作りに捧げています。 アマローネは今や国際的なワイン作りの最も重要で最高品質の赤ワインの一つと称賛されています。ヴァルポリチェラの土地はワインと食文化の伝統に溢れています。コスタルンガ葡萄園にて生産されるこのアマローネクラシコは慎重に選別されたコルヴィーナ、ロンディネッラ、オセレータの葡萄品種からつくられます。葡萄を収穫した後に小さな箱に寝かした後に醸造される。ワインは時間と共に複雑さが出る素晴らしい品質のワインです。収穫後、ブドウは慎重に選択され、健康で熟した果実は風通しのよい部屋で3、4ヶ月陰干しします。?その後、葡萄を圧縮し23℃-25℃の温度で果皮と共に15から20日間経てから発酵させます。ワインは36ヶ月間オーク樽で熟成され素晴らしいアマローネができあがります。 【rouge】 【v2017】 【wakaumaaka】 【italia】

プリンチピアーノ・フェルディナンド / バルベーラ・ダルバ ラ・ロムアルダ [2012]【赤ワイン】

ワインショップ・ワインホリック

5,643

プリンチピアーノ・フェルディナンド / バルベーラ・ダルバ ラ・ロムアルダ [2012]【赤ワイン】

将来を嘱望される注目の造り手! 推薦グラス プリンチピアーノ・フェルディナンド / バルベーラ・ダルバ ラ・ロムアルダ [2012] Principiano Ferdinando / Barbera d'Alba - La Romualda 2012 セパージュ: 【バルベーラ100%】 国地域: イタリア・ピエモンテ 飲み頃情報: 今から インポーター: ラシーヌ プリンチピアーノ家は、1900年代の初頭から、自分たちが所有する7ヘクタールの畑でブドウ栽培にいそしんできました。自分たちのカンティーナは、50年代に父アメリーコ・プリンチピアーノの手によって実現され、1993年から、息子である現当主、フェルディナンドが引き継いでいます。畑でも、醸造面でも、アメリーコから貴重な経験を得てきましたが、2004年に、その哲学と概念をあらためて定義しなおしました。醸造は、とりまく自然と地域環境の特徴を子細に反映させるためのものであると考え、そのために化学肥料や除草剤、殺虫剤、防カビ剤の使用を放棄するのを信条としました。サステイナブルで自然環境との調和をとるスタイルを実現するために、発酵時には温度管理も硫黄の添加も行いません。ルモンタージュはポンプを行わずに、手作業で行うことにしました。高品質のワインを生み出すために、ブドウ畑が円熟していることが根本的な役割を果たします。プリンチピアーノ家が所有しているクリュのブドウの樹齢が40年から60年におよぶことを、誇りに思ってもいいのではないでしょうか。 【rouge】 【italia】 【バルベーラ100%】【v2012】 【wakaumaaka】 【nature】

ライクス / ピノタージュ・プライヴェート・セラー [2013]【赤ワイン】

ワインショップ・ワインホリック

5,192

ライクス / ピノタージュ・プライヴェート・セラー [2013]【赤ワイン】

しっかりとした味わいでセンスの良い風味が実に魅力的! 推薦グラス ライクス / ピノタージュ・プライヴェート・セラー [2013] Rijk's / Pinotage Private Cellar 2013 セパージュ: 【ピノタージュ100%】 国地域: 南アフリカ・ラルバッハ 飲み頃情報: 今から インポーター: ラフィネ ネヴィル・ドリントン氏がケープ・タウンで20年間働いた後、第二の人生を田舎で、と思い立った時、健啖家であったことから、ブドウ栽培をしようと決意しました。タルバッハは、スワートランドよりやや内陸寄りにあり、やはりカルトワインの産地となっています。 根が伸びていけるように、植樹する前にブルドーザーで1.5m深さまで泥板岩を引き裂きました。適切な排水を確保するために、各ブロックごと、底にトレンチ排水を設置しました。泥板岩は保水性がよくないので、灌漑後や25mmほどの降雨から5〜6日もすると土壌は干上がります。 この泥板岩のもう一つの利点はPHの少ないワインに仕上がるといういことで、結果、よく熟成するワインになります。 このワールドクラスのワインは深いルビー色をしています。レッドベリー、チェリー、プラムのアロマが心地よく、一方で純粋なピノタージュの果実味がしっかりと骨格をなしています。 【south africa】 【rouge】 【v2013】 【wakaumaaka】

ティー・エム・ダブリュー / ベア [2015]【赤ワイン】

ワインショップ・ワインホリック

3,597

ティー・エム・ダブリュー / ベア [2015]【赤ワイン】

センスの良さが抜群! 推薦グラス ティー・エム・ダブリュー / ベア [2015] TMW / Bear 2015 セパージュ: 【ティンタ・バロッカ100%】 国地域: 南アフリカ・スワートランド 飲み頃情報: 今から インポーター: ラフィネ ケープタウンの中心街より程ない場所に、ティム・マーティンによって設立された、都市型ワイナリー兼テイスティングルームです。スワートランドに自社畑と、仕事ぶりに惚れ込んだ農家からの買いブドウでワイン造りをしています。イギリスで会社員として働いていた時期にワインに魅了され、WSETのディプロマを取得するなどと、ワインへの専心は留まらず、ブルゴーニュでワイン造りを学び、万を持して生産者に。自社畑、契約農家の畑、ともにビオディナミ農法を取り入れた有機栽培の畑で、自然のサイクルを尊重し、生物の多様性を増加させていけるような環境作りを志し、パーマカルチャーなブドウ造りに勤しんでいます。樹齢45年のティンタ?バロッカ100%で造られています。全房を開放槽で21日間発酵後、プレス、滓引きや撹拌はせず、細かい滓と共に1600Lの仏産フードル樽で10か月間熟成後、軽くろ過し、瓶詰。アルコール度数12.7%。生産本数2031本。 【south africa】【rouge】【v2015】【wakaumaaka】【nature】

アルロー・ペール・エ・フィス / モレ・サン・ドニ・プルミエ・クリュ・レ・リュショ [2013]【赤ワイン】

ワインショップ・ワインホリック

11,022

アルロー・ペール・エ・フィス / モレ・サン・ドニ・プルミエ・クリュ・レ・リュショ [2013]【赤ワイン】

開き始めると驚くほどの魅力を発する見事なワインを造り出す! 推薦グラス アルロー・ペール・エ・フィス / モレ・サン・ドニ・プルミエ・クリュ・レ・リュショ [2013] Arlaud Pere & Fils / Morey-Saint-Denis Premier Cru Les Ruchots 2013 セパージュ: 【ピノ・ノワール100%】 国地域: フランス・ブルゴーニュ・コート・ド・ニュイ・モレ・サン・ドニ 飲み頃情報: 2017年後半以降 インポーター: ヴィノラム アルローはル・テロワール時代にバレル・セレクションで一躍有名になったが、最近はバレル・セレクションをやめスタイルをどんどんと意欲的に変えている。さすがに本人も言っているようにバレルセレクションのような内容のワインを全てのアイテムで表現することは難しく以前のイメージはなくなっているが、それでもかなり魅力的であることに変わりはない。バレルセレクションは最上のキュヴェだけをワインに使用し残りをネゴシアンなどに売り払うような方法をとってきたために質感的に異常なほどの高さを誇っていた。現在のスタイルは古典的な果実味の軽さの中に風味の凝縮されているブルゴーニュ好きが好むスタイルで毎年徐々に品質も上がってきている。早く美味しく楽しむためにはまず村名ワインからということになる。2010年もポテンシャルが高くこの年のワインは生産量が少ないのでお見逃し無く! 【rouge】 【bourgogne】 【ピノ・ノワール100%】 【v2013】 【nature】

モンテ・デイ・ラーニ / アマローネ・クラッシコ・デッラ・ヴァルポリチェッラ [2011]【赤ワイン】

ワインショップ・ワインホリック

15,576

モンテ・デイ・ラーニ / アマローネ・クラッシコ・デッラ・ヴァルポリチェッラ [2011]【赤ワイン】

ヴェネトで今最も光り輝いているアマローネの生産者! 推薦グラス モンテ・デイ・ラーニ / アマローネ・クラッシコ・デッラ・ヴァルポリチェッラ [2011] Monte dei Ragni / Amarone Classico della Valpolicella 2011 セパージュ: 【コルヴィーナ50%、ロンディネッラ25%、コルヴィノーネ20%、モリナーラ5%】 国地域: イタリア・ヴェネト 飲み頃情報: 今から インポーター: ラシーヌ フマーネ・コミューンのブーレ(標高220m)からマッズレーガの集落(標高430m)にむかう尾根に、ラーニョ家が5代にわたって運営し、自分たちの土地で、自らが栽培したブドウを使ってワインをつくっています。 20世紀はじめの数十年間は、自分たちのワインをヴェローナの名高いオステリアに直接販売していました。ブドウ畑の面積は6〜7ヘクタールで、太陽の光をよく浴びられる位置にあります。土は痩せているため、ブドウの栽培には理想的です。モンテ・デイ・ラーニ ワイナリーは、ラーニョ家の所有する土地で生まれました。所有しているのは1450年にもさかのぼる歴史的な地区です。現在は、畑では改革的な手法を採っていて、品質の高い土着品種を、1haあたり5,000本を超える植樹密度で植えています。ファビオ・ビゴリンとウンベルト・メニーニの2エノロゴの協力がありますが、2人の経験と情熱は、私たちと共有されています。飲んでみたらわかりますが、現在アマローネを作っている生産者のワインとは愕然とするほど酒質が優れています。 【rouge】 【italia】 【ブレンド】 【v2011】 【kiwami】

メオ・カミュゼ・フレール・エ・スール / フィクサン・クロ・ド・シャピトル [2016]【赤ワイン】

ワインショップ・ワインホリック

11,253

メオ・カミュゼ・フレール・エ・スール / フィクサン・クロ・ド・シャピトル [2016]【赤ワイン】

2016年は生産量が少なく早熟で柔らかく享楽的! 推薦グラス メオ・カミュゼ・フレール・エ・スール / フィクサン・クロ・ド・シャピトル [2016] Meo-Camuzet Frere & Sceurs / Fixin Clos deu Chapitre 2016 セパージュ: 【ピノ・ノワール100%】 国地域: フランス・ブルゴーニュ・コート・ド・ニュイ・フィクサン 飲み頃情報: 今から インポーター: フィネス メオ・カミュゼ。一世を風靡した造り手でもともとアンリ・ジャイエが働いていた蔵でもあります。若かったニコラはアンリ・ジャイエに反発し独自の路線を貫きましたが絶大な人気を誇った彼のワインは並行ものの状態の悪いワインが日本中に出回りまさに本質の分からない悲惨な状況でした。2000年代になり実は以前に比べ驚くほど素晴らしくなったのです。ハッとするほどの存在感、なにか格が違うと感じさせるレベルの差を感じさせるのです。これは数年前に始めたネゴシアン物にも共通する物でこのネゴシアン物が最近ではドメーヌを凌ぐほどの存在になってきているのです。これはフランスでは有名な話。私が今最も素晴らしいと感じる質的な良さと存在感を感じるのはメオ・カミュゼとマルキ・ダンジェルヴィーユです。さすが大御所です。新進の素晴らしい造り手も彼らの持つ素晴らしい畑の前には太刀打ちはなかなかできません。2016年は生産量が少なく早熟で柔らかく享楽的! 【rouge】 【bourgogne】 【v2016】 【wakaumaaka】

ヴェッキ・テッレ・ディ・モンテフィーリ/ アンフィテアトロ [2009]【赤ワイン】

ワインショップ・ワインホリック

11,858

ヴェッキ・テッレ・ディ・モンテフィーリ/ アンフィテアトロ [2009]【赤ワイン】

元祖サンジョヴェーゼ100%で造られる極めつけのトスカーナ! 推薦グラス ヴェッキ・テッレ・ディ・モンテフィーリ/ アンフィテアトロ [2009] Vecchie Terre di Montefili / Anfiteatro 2009 セパージュ: 【サンジョベーゼ100%】 国地域: イタリア・トスカーナ 飲み頃情報: 今から インポーター: ヴィナリウス 1979年、オーナーであるロッカルド・アクティ氏は繊維業界で成功した後にワイン業界へと転身し僅か2hからスタート。彼はサンジョベーゼ100%でキャンティーを作り出した先駆者として知られセラー内は最新の空調設備が整い葡萄栽培もオーガニックで行われており小規模ながら最高のキャンティーを作る生産者として世界中で名声をとどろかせている存在です。私も個人的に最も早い時期に驚かされたキャンティー。今回はサンジョベーゼ100%で作られているアンフィテアトロのバック・ヴィンテージがまとめて登場します。こんな機会は先ず滅多にありません。是非上品なあり得ないような素晴らしいサンジョベーゼの世界をお楽しみください。 【rouge】【italia】 【v2009】 【wakaumaaka】 【nature】 【gensen】 【kiwami】

ヴェッキ・テッレ・ディ・モンテフィーリ/ アンフィテアトロ [2007]【赤ワイン】

ワインショップ・ワインホリック

11,858

ヴェッキ・テッレ・ディ・モンテフィーリ/ アンフィテアトロ [2007]【赤ワイン】

元祖サンジョヴェーゼ100%で造られる極めつけのトスカーナ! 推薦グラス ヴェッキ・テッレ・ディ・モンテフィーリ/ アンフィテアトロ [2007] Vecchie Terre di Montefili / Anfiteatro 2007 セパージュ: 【サンジョベーゼ100%】 国地域: イタリア・トスカーナ 飲み頃情報: 今から インポーター: ヴィナリウス 1979年、オーナーであるロッカルド・アクティ氏は繊維業界で成功した後にワイン業界へと転身し僅か2hからスタート。彼はサンジョベーゼ100%でキャンティーを作り出した先駆者として知られセラー内は最新の空調設備が整い葡萄栽培もオーガニックで行われており小規模ながら最高のキャンティーを作る生産者として世界中で名声をとどろかせている存在です。私も個人的に最も早い時期に驚かされたキャンティー。今回はサンジョベーゼ100%で作られているアンフィテアトロのバック・ヴィンテージがまとめて登場します。こんな機会は先ず滅多にありません。是非上品なあり得ないような素晴らしいサンジョベーゼの世界をお楽しみください。 【rouge】【italia】 【v2007】 【wakaumaaka】 【nature】 【gensen】 【kiwami】

ライクス / ピノタージュ・リザーヴ [2014]【赤ワイン】

ワインショップ・ワインホリック

8,503

ライクス / ピノタージュ・リザーヴ [2014]【赤ワイン】

しっかりとした味わいでセンスの良い風味が実に魅力的! 推薦グラス ライクス / ピノタージュ・リザーヴ [2014] Rijk's / Pinotage Reserve 2014 セパージュ: 【ピノタージュ100%】 国地域: 南アフリカ・ラルバッハ 飲み頃情報: 今から インポーター: ラフィネ ネヴィル・ドリントン氏がケープ・タウンで20年間働いた後、第二の人生を田舎で、と思い立った時、健啖家であったことから、ブドウ栽培をしようと決意しました。タルバッハは、スワートランドよりやや内陸寄りにあり、やはりカルトワインの産地となっています。 根が伸びていけるように、植樹する前にブルドーザーで1.5m深さまで泥板岩を引き裂きました。適切な排水を確保するために、各ブロックごと、底にトレンチ排水を設置しました。泥板岩は保水性がよくないので、灌漑後や25mmほどの降雨から5〜6日もすると土壌は干上がります。 この泥板岩のもう一つの利点はPHの少ないワインに仕上がるといういことで、結果、よく熟成するワインになります。 色と果実味を抽出するために発酵前に48時間の低温浸漬を行います。発酵中、抽出はピジャージュを1日に3回実地します。発酵が終了する前に果皮は優しくプレスします。マロラクティック発酵は樽の中で施します。樽熟成は20 か月で60%フレンチオークの新樽、40%がフレンチオークの2年樽使用。このワインは最良の厳選10樽のブレンドで造られています。年産:4080本 【south africa】 【rouge】 【v2014】 【wakaumaaka】

メオ・カミュゼ・フレール・エ・スール / シャンボール・ミュジニー・プルミエ・クリュ・レ・クラ [2013]【赤ワイン】

ワインショップ・ワインホリック

18,018

メオ・カミュゼ・フレール・エ・スール / シャンボール・ミュジニー・プルミエ・クリュ・レ・クラ [2013]【赤ワイン】

今ブルゴーニュで最も素晴らしいワインを造るメオ・カミュゼ! 推薦グラス メオ・カミュゼ・フレール・エ・スール / シャンボール・ミュジニー・プルミエ・クリュ・レ・クラ [2013] Meo-Camuzet Frere & Sceurs / Chambolle-Musigny Premier Cru Les Cras [2013] セパージュ: 【ピノ・ノワール100%】 国地域: フランス・ブルゴーニュ・コート・ド・ニュイ・シャンボール・ミュジニー 飲み頃情報: 2017年以降 インポーター: フィネス メオ・カミュゼ。一世を風靡した造り手でもともとアンリ・ジャイエが働いていた蔵でもあります。若かったニコラはアンリ・ジャイエに反発し独自の路線を貫きましたが絶大な人気を誇った彼のワインは並行ものの状態の悪いワインが日本中に出回りまさに本質の分からない悲惨な状況でした。2000年代になり実は以前に比べ驚くほど素晴らしくなったのです。ハッとするほどの存在感、なにか格が違うと感じさせるレベルの差を感じさせるのです。これは数年前に始めたネゴシアン物にも共通する物でこのネゴシアン物が最近ではドメーヌを凌ぐほどの存在になってきているのです。これはフランスでは有名な話。私が今最も素晴らしいと感じる質的な良さと存在感を感じるのはメオ・カミュゼとマルキ・ダンジェルヴィーユです。さすが大御所。新進の素晴らしい造り手も彼らの持つ素晴らしい畑の前には太刀打ちはなかなかできません。フィネス輸入のメオ・カミュゼは貴重なのです。2013年は早熟なワインができた年ですがある意味享楽的ワインといっても良いと思います。ただ残念なことに生産量は半減。貴重な存在となっています。 【rouge】【bourgogne】【v2013】

シャルロパン・ティシエ / アロース・コルトン [2015]【赤ワイン】

ワインショップ・ワインホリック

8,305

シャルロパン・ティシエ / アロース・コルトン [2015]【赤ワイン】

3作目は最高傑作!果実味に溢れ実に魅力的な風味! 推薦グラス シャルロパン・ティシエ / アロース・コルトン [2015] Charlopin Tissier / Aloxe-Corton 2015 セパージュ: 【ピノ・ノワール100%】 国地域: フランス・ブルゴーニュ・コート・ド・ニュイ・アロース・コルトン 飲み頃情報: 今から インポーター: ラフィネ 2014年ヤン・シャルロパン氏(フィリップ・シャルロパンの長男)がティシエ家(奥様ジュスティン・ティシエ氏)の協力を得て設立された3haのみの小生産者。ヤン氏はドメーヌ・シャルロパンで白ワインの醸造責任者も従来より務めています。実家では沢山の量を高水準に均一な品質に仕上げる一方、自身のドメーヌではテロワールのダイナミックさを最大限生かしたワイン造り。モレ・サン・ドニに本拠地を置きながら、コート・ド・ニュイ北部の秀逸な畑のみに焦点を当てています。アリゴテはマルサネの区画「エタル」の樹齢70年もの、ブルゴーニュ・ルージュはコート・ディジョネにある最上の区画「モントル・キュ」。マルサネは標高300mにある「ラ・モンターニュ」を所有。また、それらは彼らの仕事を信じて賃貸の契約を結ぶに至った畑が多く、ドメーヌを設立して間もない二人が既に周りの人々から絶大な信頼を受けていることがうかがえます。樹齢は35年。マルサネ村の北隣にあるシュノーヴ村の「レ・ヴァランドン」という区画で、丘の中腹にある南向き斜面。低温を維持して発酵し、過度な抽出は避けて醸造します。 【rouge】 【bourgogne】 【v2015】 【wakaumaaka】

ラルコ / アマローネ・デッラ・ヴァルポリチェッラ・クラッシコ [2011]【赤ワイン】

ワインショップ・ワインホリック

9,504

ラルコ / アマローネ・デッラ・ヴァルポリチェッラ・クラッシコ [2011]【赤ワイン】

ジョゼッペ・クインタレッリ実質的な後継者ラルコ! 推薦グラス ラルコ / アマローネ・デッラ・ヴァルポリチェッラ・クラッシコ [2011] L'Arco / Amarone della Valpolicella Classico 2011 セパージュ: 【コルビーナ55%、ロンディネッラ35%、モリナーラ、クロアティーナ10%】 国地域: イタリア・ヴェネト 飲み頃情報: 今から インポーター: ラシーヌ 収穫の際には入念な選果を行い、専用の部屋でお盆にのせて90〜100日間乾燥させる。乾燥させると、ブドウは重量にして30〜40%にもおよぶ水分を失い、その結果、糖とエキス分がさらに凝縮する。さらにこの期間には、ブドウには「貴腐菌」が発生する。この菌は、アマローネ特有の官能的要素と構造を与えるのに非常に重要な働きをする。乾燥させられたブドウは圧搾され、数日のマセレーションの後、およそ45日間続くアルコール発酵が始まる。発酵の後、定期的に澱引きを行いながら、7月中旬までステンレスタンクで落ち着かせられる。の後、ワインは2.25〜20ヘクトリットルのスラヴォニアンオークで4年間熟成される。ヴァルポリチェッラの伝統によって受け継がれてきたこの特別なワインは、ガーネットカラーを呈し、よく熟した果実やアルコールに漬けたチェリーのアロマがあり、充実した確固たる味わいがある。煮込み料理やロースト、野禽、熟成させたチーズによくあう。 【rouge】 【italia】 【v2011】 【wakaumaaka】 【kiwami】

ゲルヴェリ / エキュツゲツュ・ボガツケレ・キュップ [2012]【赤ワイン】

ワインショップ・ワインホリック

4,807

ゲルヴェリ / エキュツゲツュ・ボガツケレ・キュップ [2012]【赤ワイン】

アンフォラで作られる注目のトルコワイン! 推薦グラス ゲルヴェリ / エキュツゲツュ・ボガツケレ・キュップ [2012] Gelveri / ?k?zg?z? - Bogazkere K?p 2012 セパージュ: 【エキュツゲツュ50%、ボガツケレ50%】 国地域: トルコ 飲み頃情報: 今から インポーター: ラシーヌ トルコには1200以上のブドウ(以下、同じ)品種があるが、その全てがワイン醸造に向いているわけではない。公式には毎年400万トンを超える葡萄がワイン・干し葡萄・シロップに加工され、国内では主に生食用として流通しているが、広く行われている個人的な葡萄栽培の収穫は、この数字には含まれない。地元を訪れる観光客向けに、伝統的な方法で醸造した、地元産の自然なワインを提供したいという気持ちもあった。その際、1200種類以上にのぼる葡萄品種の遺伝子的多様性を保存しようと試みた。それは同時に、小規模生産者にとっては、伝統的かつ簡単で、エコロジカルでもあり経済的で持続可能な経営形態を提示することでもあると考えた。こうして私はゲルヴェリ社Gelveri Ltd.の共同経営者となり、役所に商業的なワイン醸造の許可を求めた。認可をとるために必要だった少量のステンレスタンクによる『近代的』醸造よりも、アナトリア産のキュプによる伝統的な醸造に多くの時間と場所をあてている。 造り手略歴 : 醸造学の教育は受けたことはなく、ワインメーカーのもとで研修したことはない。 【rouge】 【Turkiye Cumhuriyeti】 【v2012】【wakaumaaka】

ヴェッキ・テッレ・ディ・モンテフィーリ/ アンフィテアトロ [2003]【赤ワイン】

ワインショップ・ワインホリック

11,858

ヴェッキ・テッレ・ディ・モンテフィーリ/ アンフィテアトロ [2003]【赤ワイン】

元祖サンジョヴェーゼ100%で造られる極めつけのトスカーナ! 推薦グラス ヴェッキ・テッレ・ディ・モンテフィーリ/ アンフィテアトロ [2003] Vecchie Terre di Montefili / Anfiteatro 2003 セパージュ: 【サンジョベーゼ100%】 国地域: イタリア・トスカーナ 飲み頃情報: 今から インポーター: ヴィナリウス 1979年、オーナーであるロッカルド・アクティ氏は繊維業界で成功した後にワイン業界へと転身し僅か2hからスタート。彼はサンジョベーゼ100%でキャンティーを作り出した先駆者として知られセラー内は最新の空調設備が整い葡萄栽培もオーガニックで行われており小規模ながら最高のキャンティーを作る生産者として世界中で名声をとどろかせている存在です。私も個人的に最も早い時期に驚かされたキャンティー。今回はサンジョベーゼ100%で作られているアンフィテアトロのバック・ヴィンテージがまとめて登場します。こんな機会は先ず滅多にありません。是非上品なあり得ないような素晴らしいサンジョベーゼの世界をお楽しみください。 【rouge】【italia】 【v2003】 【wakaumaaka】 【nature】 【gensen】 【kiwami】

ポデーレ・ジョド / ブルネッロ・ディ・モンタルチーノ・ジョド [2012]【赤ワイン】

ワインショップ・ワインホリック

23,595

ポデーレ・ジョド / ブルネッロ・ディ・モンタルチーノ・ジョド [2012]【赤ワイン】

2012、2015共にブルネロ協会の最高評価 5星獲得! 推薦グラス ポデーレ・ジョド / ブルネッロ・ディ・モンタルチーノ・ジョド [2012] Podere Giodo / Brunello di Montalcino Giodo 2012 セパージュ: 【サンジョベーゼ】 国地域: イタリア・トスカーナ 飲み頃情報: 新着 インポーター: アモレア イタリアの偉大な栽培・醸造コンサルタント、カルロ・フェッリーニのオリジナルワイン。彼のこれまでの豊富な経験とワイン造りへの情熱を注いだ渾身のスーパー・ブルネッロです。ワイン名はオーナーの両親、GIOvanna(母)とDOnatello(父)のイニシャルを合わせたもの。カルロを学校に行かせるために一生懸命に働いていたご両親に敬意を表して、二人の名前から「ジョド」と名付けました。 畑はモンタルチーノの南。標高300mの日照に恵まれた丘陵地帯に位置します。土壌はバランスよく粘土と石灰が混在し、石が豊富に含まれるサンジョヴェーゼの栽培に適した土地。苗木にはこだわり、この畑にふさわしい約10種類のクローンを厳選しています。栽培は自然環境に配慮したオーガニック農法を採用し、醸造においては人為的な作業は極力行わないようにしています。ブルネッロとロッソは同じ畑から生まれますが、ブルネッロには厳選した優良実のみを使用しています。品種とテロワールの持つポテンシャルを最大限に引き出し、エレガントさも持ち合わせた偉大なブルネッロを目指しています。 【rouge】 【italia】 【v2015】 【wakaumaaka】

サッコレット・ダニエーレ / フレイザ・フィオルダリーゾ [2014]【赤ワイン】

ワインショップ・ワインホリック

2,739

サッコレット・ダニエーレ / フレイザ・フィオルダリーゾ [2014]【赤ワイン】

モンフェッラートの個性をユニークな感性と独自の理論で表現 推薦グラス サッコレット・ダニエーレ / フレイザ・フィオルダリーゾ [2014] Saccoletto Daniele / Freisa Fiordaliso 2014 セパージュ: 【フレイザ100%】 国地域: イタリア・ピエモンテ 飲み頃情報: 今から インポーター: エヴィーノ これまで2010をもらってきたのですが、昨年訪問した際、カンティーナの奥に眠っていた2009ヴィンテージを発見!!本人もその存在を忘れていたという2009のフレイザ、まだスクリューキャップに変える前にボトリングしたものなので、すべてコルクで打栓してあります。「フレイザやグリニョリーノ、ここでは≪早飲み≫としか見られていない。しかし、十分に完熟したフレイザには、ネッビオーロにも通じる香り、そして長期熟成できるだけのポテンシャルを秘めているんだ。」そう話していたダニエーレ。ストックしていたことを忘れてしまうところは、何とも彼らしい部分ではありますが、、、(笑)。既成概念にとらわれず、完熟したフレイザを2か月近く果皮から要素を引き出すという、「時間」を費やした醸造によって生まれたフレイザ。現在リリースしている2010と比べると、タンニンや酸より素直に【果実】を感じるヴィンテージ。熟成により柔らかみを持った果実、そして熟成由来の深い香りも内在する、素晴らしいフレイザです! 【rouge】 【italia】 【v2014】 【wakaumaaka】

ルモワスネ・ペール・エ・フィス / ヴォルネイ [1967]【赤ワイン】

ワインショップ・ワインホリック

35,640

ルモワスネ・ペール・エ・フィス / ヴォルネイ [1967]【赤ワイン】

ヴィノラムが蔵出しで輸入した貴重なルモワスネ! 推薦グラス ルモワスネ・ペール・エ・フィス / ヴォルネイ [1967] Remoissenet Pere & Fils / Volnay 1967 セパージュ: 【ピノ・ノワール100%】 国地域: フランス・ブルゴーニュ・コート・ド・ボーヌ・ヴォルネー 飲み頃情報: 今から インポーター: ヴィノラム ルモワスネは1877年の巨大ネゴシアンだ。ストックしている古酒は計り知れないほどで、1980年前半までは、まだまだドメーヌが少なかったために先代の当主が数々の数名ドメーヌを渡り歩き、素晴らしいキュヴェを買い集めていたのである。そのままルモワスネの蔵に寝かせ、飲み頃になると出荷しているのである。出荷量が多いために今まではあまり良い状態で輸入されていなかったのが現実だ。私も何度か当たってはいるが、その確率は非常に低く、コンディションが原因となる劣化に悩まされていた。ヴィノラムが非常に良いコンディションで古酒を中心に輸入。前回は輸入したジブリー、メルキュレなど落ちつかせると古典的なブルゴーニュの良さを見事に感じさせてくれる今時絶対無いワインとして非常に存在感があった。要するにルモワスネは巨大ネゴシアンではあるが決して品質が粗悪なわけではなくリーズナブル系でもかなり優秀であることが分かる。現代的な自然派系のワインとは全く趣が違うのだが今の時代これほど貴重なネゴシアンもいないと言うことが飲んでいただければ分かると思います。 【v1967】 【rouge】 【bourgogne】 【jukuaka】

ルモワスネ・ペール・エ・フィス / クロ・ヴジョ・グラン・クリュ [1983]【赤ワイン】

ワインショップ・ワインホリック

58,443

ルモワスネ・ペール・エ・フィス / クロ・ヴジョ・グラン・クリュ [1983]【赤ワイン】

ヴィノラムが蔵出しで輸入した貴重なルモワスネ! 推薦グラス ルモワスネ・ペール・エ・フィス / クロ・ヴジョ・グラン・クリュ [1983] Remoissenet Pere & Fils / Clos Vougeot Grand Cru 1983 セパージュ: 【ピノ・ノワール100%】 国地域: フランス・ブルゴーニュ・コート・ド・ニュイ・ヴージョ 飲み頃情報: 今から インポーター: ヴィノラム ルモワスネは1877年の巨大ネゴシアンだ。ストックしている古酒は計り知れないほどで、1980年前半までは、まだまだドメーヌが少なかったために先代の当主が数々の数名ドメーヌを渡り歩き、素晴らしいキュヴェを買い集めていたのである。そのままルモワスネの蔵に寝かせ、飲み頃になると出荷しているのである。出荷量が多いために今まではあまり良い状態で輸入されていなかったのが現実だ。私も何度か当たってはいるが、その確率は非常に低く、コンディションが原因となる劣化に悩まされていた。ヴィノラムが非常に良いコンディションで古酒を中心に輸入。前回は輸入したジブリー、メルキュレなど落ちつかせると古典的なブルゴーニュの良さを見事に感じさせてくれる今時絶対無いワインとして非常に存在感があった。要するにルモワスネは巨大ネゴシアンではあるが決して品質が粗悪なわけではなくリーズナブル系でもかなり優秀であることが分かる。現代的な自然派系のワインとは全く趣が違うのだが今の時代これほど貴重なネゴシアンもいないと言うことが飲んでいただければ分かると思います。 【v1983】 【rouge】 【bourgogne】 【jukuaka】 【kiwami】

ローズィ / エゼジェズィ・リンコントロ [2010]【赤ワイン】

ワインショップ・ワインホリック

5,192

ローズィ / エゼジェズィ・リンコントロ [2010]【赤ワイン】

センスの良い味わいに脱帽! 推薦グラス ローズィ / エゼジェズィ・リンコントロ [2010] Rosi / Esegesi L'incontro 2010 セパージュ: 【カベルネソーヴィニヨン80%、メルロー20%】 国地域: イタリア・トレンティーノ・アルト・アディジェ 飲み頃情報: 今から インポーター: エヴィーノ エウジェーニオのイメージする偉大なる赤ワイン。それはバローロのように長い時間をかけて抽出し、十分な熟成期間を経てリリースする。カベルネ・メルローは樹上で完全に成熟するのを待ち、果皮とともに2か月近い浸漬醗酵。凝縮していながら繊細さ、エレガントさをまとった、彼曰く「魂の共有」という意味を持ったワインがエゼジェズィです。そこからさらにボトル内での熟成期間をとった、言わば「エウジェーニオの完成美を表現した」リゼルヴァ的ワインがこの「エゼジェズィ リンコントロ」となります。ようやく2010年ヴィンテージがリリースとなりました!一般的なイタリアのカベルネ、、、マッチョで力強い、見掛け優先の重い赤ワイン、、、。そんなイメージを払拭するカベルネ本来の上品な酸と味わいの複雑味、そして途切れることのない余韻と奥行きを持った、素晴らしい表現。オーセンティックともいうべき純粋な味わい、ぜひ一度お試しいただきたいワインです。 カベルネ ソーヴィニヨン80%、メルロー20%、木樽にて2年間の熟成、瓶内で60か月の熟成。エゼジェズィの完成形ともいえるワイン。 【rouge】 【italia】 【v2010】 【wakaumaaka】 【nature】

ロアーニャ・アジエンダ・アグリコーラ・イ・パリエーリ / バルバレスコ・クリケット・パイエ [2008]【赤ワイン】

ワインショップ・ワインホリック

114,840

ロアーニャ・アジエンダ・アグリコーラ・イ・パリエーリ / バルバレスコ・クリケット・パイエ [2008]【赤ワイン】

ラシーヌが満を持して輸入。極めつきのバルバレスコ!2本限定! 推薦グラス ロアーニャ・アジエンダ・アグリコーラ・イ・パリエーリ / バルバレスコ・クリケット・パイエ [2008] Roagna Azienda Agricola I Paglieri?/Barbaresco Crich?t Paj?2008 セパージュ: 【ネッビオーロ100%】 国地域: イタリア・ピエモンテ 飲み頃情報: 今から インポーター: ラシーヌ ロアーニャは今回初めてラシーヌが輸入することになり、今まで他のインポーターが輸入していた姿とはあまりにも違うために驚いてしまう人が多いだろう。現在バローロ、バルバレスコの世界において明らかなトップ生産者であるロアーニャのワインは、口に含んだ途端良き古き時代の良質な姿が蘇ったかのような世界を体感させてくれる。本来のイタリアワインとは一体どのようなものなのか、名前だけで濃いだけで飛ぶように売れるまやかしのバローロの世界をまるで意図に介さないように存在するロアーニャの価値は今のバローロの世界にとって救いとなる存在であろう。理想的な環境を守り作られる彼らのワインは貴重この上ない存在である。 【rouge】 【italia】 【kiwami】 【nature】 【v2008】

スウィック・ワインズ / スウィック・ピノ・ノワール・ウィラメット・ヴァレー [2017]【赤ワイン】

ワインショップ・ワインホリック

5,665

スウィック・ワインズ / スウィック・ピノ・ノワール・ウィラメット・ヴァレー [2017]【赤ワイン】

オレゴン注目のピノ! 推薦グラス スウィック・ワインズ / スウィック・ピノ・ノワール・ウィラメット・ヴァレー [2017] Swick Wines / Swick Pinot Noir Willamette Valley 2017 セパージュ: 【ピノ・ノワール100%】 国地域: アメリカ・オレゴン 飲み頃情報: 今から インポーター: クラモチ オレゴン州ポートランドで生まれ育ったジョー・スウィックは5代続く生粋のオレゴン人です。 地元のオーガニック食品店のワイン部門で働くうちにワイン造りに興味を持ち2003年に地元のワイナリー「オーエン・ロー」でセラーアシスタントとして働き始めます。 その後10年をかけて世界の有名産地フランス、ポルトガル、ピエモンテ、ニュージーランド、タスマニアそしてカリフォルニアでワイン造りの経験を積みました。 2013年に故郷に戻り、オレゴン州ニューバーグの郊外にあるワイナリーを間借りして自身のワイナリー「Swick Wines」スウィックワインズを立ち上げました。 ジョーはバイオダイナミック農業を導入して自然なワイン造りを目指しています。 オーガニック栽培葡萄を使い極力二酸化硫黄を添加せず、オレゴンのテロワールとビンテージを表現するワイン造りに情熱を注いでいます。 【rouge】 【america】 【v2017】 【wakaumaaka】 【nature】

メオ・カミュゼ・フレール・エ・スール / シャンボール・ミュジニー・レ・フスロット [2014]【赤ワイン】

ワインショップ・ワインホリック

17,820

メオ・カミュゼ・フレール・エ・スール / シャンボール・ミュジニー・レ・フスロット [2014]【赤ワイン】

今ブルゴーニュで最も素晴らしいワインを造るメオ・カミュゼ! 推薦グラス メオ・カミュゼ・フレール・エ・スール / シャンボール・ミュジニー・レ・フスロット [2014] Meo-Camuzet Frere & Sceurs / Chambolle-Musigny Les Feusselottes 2014 セパージュ: 【ピノ・ノワール100%】 国地域: フランス・ブルゴーニュ・コート・ド・ニュイ・シャンボール・ミュジニー 飲み頃情報: 2018年以降 インポーター: フィネス メオ・カミュゼ。一世を風靡した造り手でもともとアンリ・ジャイエが働いていた蔵でもあります。若かったニコラはアンリ・ジャイエに反発し独自の路線を貫きましたが絶大な人気を誇った彼のワインは並行ものの状態の悪いワインが日本中に出回りまさに本質の分からない悲惨な状況でした。2000年代になり実は以前に比べ驚くほど素晴らしくなったのです。ハッとするほどの存在感、なにか格が違うと感じさせるレベルの差を感じさせるのです。これは数年前に始めたネゴシアン物にも共通する物でこのネゴシアン物が最近ではドメーヌを凌ぐほどの存在になってきているのです。これはフランスでは有名な話。私が今最も素晴らしいと感じる質的な良さと存在感を感じるのはメオ・カミュゼとマルキ・ダンジェルヴィーユです。さすが大御所です。新進の素晴らしい造り手も彼らの持つ素晴らしい畑の前には太刀打ちはなかなかできません。2014年は素晴らしく繊細で理想的なワインが出来た年で生産者たちの評判が驚くほど高い。実際飲んでみるとまさに理想的な世界がここにある。 【rouge】 【bourgogne】 【v2014】

メオ・カミュゼ・フレール・エ・スール / ニュイ・サン・ジョルジュ・レ・ペリエール [2014]【赤ワイン】

ワインショップ・ワインホリック

17,820

メオ・カミュゼ・フレール・エ・スール / ニュイ・サン・ジョルジュ・レ・ペリエール [2014]【赤ワイン】

今ブルゴーニュで最も素晴らしいワインを造るメオ・カミュゼ! 推薦グラス メオ・カミュゼ・フレール・エ・スール / ニュイ・サン・ジョルジュ・レ・ペリエール [2014] Meo-Camuzet Frere & Sceurs / Nuits-Saint Georges Les Perrieres 2014 セパージュ: 【ピノ・ノワール100%】 国地域: フランス・ブルゴーニュ・コート・ド・ニュイ・ニュイ・サン・ジョルジュ 飲み頃情報: 2018年以降 インポーター: フィネス メオ・カミュゼ。一世を風靡した造り手でもともとアンリ・ジャイエが働いていた蔵でもあります。若かったニコラはアンリ・ジャイエに反発し独自の路線を貫きましたが絶大な人気を誇った彼のワインは並行ものの状態の悪いワインが日本中に出回りまさに本質の分からない悲惨な状況でした。2000年代になり実は以前に比べ驚くほど素晴らしくなったのです。ハッとするほどの存在感、なにか格が違うと感じさせるレベルの差を感じさせるのです。これは数年前に始めたネゴシアン物にも共通する物でこのネゴシアン物が最近ではドメーヌを凌ぐほどの存在になってきているのです。これはフランスでは有名な話。私が今最も素晴らしいと感じる質的な良さと存在感を感じるのはメオ・カミュゼとマルキ・ダンジェルヴィーユです。さすが大御所です。新進の素晴らしい造り手も彼らの持つ素晴らしい畑の前には太刀打ちはなかなかできません。2014年は素晴らしく繊細で理想的なワインが出来た年で生産者たちの評判が驚くほど高い。実際飲んでみるとまさに理想的な世界がここにある。 【rouge】 【bourgogne】 【v2014】

お酒・ドリンクのランキング

スポンサーリンク
スポンサーリンク