メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「ビール・発泡酒」検索結果。

ビール・発泡酒の商品検索結果全12,300件中1~60件目

COEDOビール 6本セット

JAタウン

3,710

COEDOビール 6本セット

香り高く、苦みのあるしっかりとしたIPAの「毬花」。爽やかな飲みあたりで、透明感のある「瑠璃」。無濾過ならではの白濁色で、甘い果実の香りの「白」。白葡萄や、スパイシーな柑橘を感じさせるアロマホップの香りと、綺麗な苦みが口の中に広がる「伽羅」。長期熟成し、重た過ぎないまろやかさと軽やかさのバランスの取れた「漆黒」。川越のさつま芋を使用し、赤みがかった琥珀色と香ばしい甘みが特徴の「紅赤」。 6種類のコエドビールを1つのセットにし、様々な味わいを一度にお楽しみいただける商品となっております。 【取り扱い上の注意点】 開封後はお早めにお飲みください。 【保存方法】 高温多湿や直射日光を避け、冷暗所で保管してください。 【原材料名】 麦芽、ホップ・ ・・【毬花、白、伽羅、瑠璃、漆黒】 麦芽、さつま芋、ホップ【紅赤】 【アルコール分】 4.5%【毬花】 5% 【瑠璃、漆黒】 5.5%【白、伽羅】 7% 【紅赤】 【製造元名称】 COEDO(コエド) クラフトビール醸造所 【製造元住所】 埼玉県東松山市大谷1352 【賞味期限】 常温商品180日、冷蔵商品120日 20歳未満の者の飲酒は法律で禁止されております。 20歳未満の者に対しては酒類は販売しておりません。

クラフトビール 巻風IPA(6本入り)

JAタウン

3,960

クラフトビール 巻風IPA(6本入り)

「すべては1株のホップから」 2011年3月11日。 東日本大震災で集落ごと津波で流され浸水した北上町。そんな北上町で2017年から栽培を始めたホップを使用したクラフトビールを作る石巻唯一のブルワリーがイシノマキファームの「ISHINOMAKI HOP WORKS」です。 かつて映画館やダンスホールとして町を活気づけていた「日活パール劇場」の跡地を再活用してできた「ISHINOMAKI HOP WORKS」 かつて多くの人々でにぎわっていた石巻の中心地を今度はクラフトビールで盛り上げたいと考えています。 その舞台となるのは、 2017年にまちの人々に惜しまれながら閉場した「石巻日活パール劇場」 。かつて、酒蔵、ダンスホール、そして映画館として長きにわたり地域の文化をつくってきた場所だからこそできることがあると考えます。 ホップ、ビールを通じて、この場所を訪れた人が、かつての、今の石巻のまちを知ったり、共有するような取り組みを行い、次世代につながる「まちの灯り」の創出を目指して、新しいカルチャーをつくっていきます。 2017年より発売している私たちのフラッグシップビール「巻風エール」をはじめ、ホップの魅力、石巻の魅力を感じられるものづくりを目指します。

クラフトビール 巻風IPA(3本入り)

JAタウン

1,980

クラフトビール 巻風IPA(3本入り)

「すべては1株のホップから」 2011年3月11日。 東日本大震災で集落ごと津波で流され浸水した北上町。そんな北上町で2017年から栽培を始めたホップを使用したクラフトビールを作る石巻唯一のブルワリーがイシノマキファームの「ISHINOMAKI HOP WORKS」です。 かつて映画館やダンスホールとして町を活気づけていた「日活パール劇場」の跡地を再活用してできた「ISHINOMAKI HOP WORKS」 かつて多くの人々でにぎわっていた石巻の中心地を今度はクラフトビールで盛り上げたいと考えています。 その舞台となるのは、 2017年にまちの人々に惜しまれながら閉場した「石巻日活パール劇場」 。かつて、酒蔵、ダンスホール、そして映画館として長きにわたり地域の文化をつくってきた場所だからこそできることがあると考えます。 ホップ、ビールを通じて、この場所を訪れた人が、かつての、今の石巻のまちを知ったり、共有するような取り組みを行い、次世代につながる「まちの灯り」の創出を目指して、新しいカルチャーをつくっていきます。 2017年より発売している私たちのフラッグシップビール「巻風エール」をはじめ、ホップの魅力、石巻の魅力を感じられるものづくりを目指します。

クラフトビール 巻風シリーズ定番3種×1セット(3本入)

JAタウン

1,980

クラフトビール 巻風シリーズ定番3種×1セット(3本入)

「すべては1株のホップから」 2011年3月11日。 東日本大震災で集落ごと津波で流され浸水した北上町。そんな北上町で2017年から栽培を始めたホップを使用したクラフトビールを作る石巻唯一のブルワリーがイシノマキファームの「ISHINOMAKI HOP WORKS」です。 かつて映画館やダンスホールとして町を活気づけていた「日活パール劇場」の跡地を再活用してできた「ISHINOMAKI HOP WORKS」 かつて多くの人々でにぎわっていた石巻の中心地を今度はクラフトビールで盛り上げたいと考えています。 その舞台となるのは、 2017年にまちの人々に惜しまれながら閉場した「石巻日活パール劇場」 。かつて、酒蔵、ダンスホール、そして映画館として長きにわたり地域の文化をつくってきた場所だからこそできることがあると考えます。 ホップ、ビールを通じて、この場所を訪れた人が、かつての、今の石巻のまちを知ったり、共有するような取り組みを行い、次世代につながる「まちの灯り」の創出を目指して、新しいカルチャーをつくっていきます。 2017年より発売している私たちのフラッグシップビール「巻風エール」をはじめ、ホップの魅力、石巻の魅力を感じられるものづくりを目指します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク