メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「お酒・ドリンク」検索結果。

お酒・ドリンクの商品検索結果全16,400件中181~240件目

アベイ・ド・サントネイ / サントネイ・ルージュ・プルミエ・クリュ・クロ・ド・タヴァンヌ [2015]【赤ワイン】

ワインショップ・ワインホリック

5,379

アベイ・ド・サントネイ / サントネイ・ルージュ・プルミエ・クリュ・クロ・ド・タヴァンヌ [2015]【赤ワイン】

サントネで最も注目の作り手! 推薦グラス アベイ・ド・サントネイ / サントネイ・ルージュ・プルミエ・クリュ・クロ・ド・タヴァンヌ [2015] Abbaye de Santenay / Santenay Rouge 1er Cru Clos de Tavannes 2015 セパージュ: 【ピノ・ノワール100%】 国地域: フランス・ブルゴーニュ・コート・ド・ボーヌ・サントネ 飲み頃情報: 今から インポーター: ラフィネ 醸造責任者のルドヴィック・ピエロ氏が当主を務めています。彼はドメーヌ・ルフレーヴのピエール・モレの下で働き研鑽を積み、シャサーニュ・モンラッシェのハイツ・ロシャルデのコンサルタントも務めています。所有する14ヘクタールの畑全てで、自然のリズムを尊重しながらビオディナミによる栽培を行っています。ピノ・ノワールの樹齢は45〜80年と高く、平均樹齢は55年で、シャルドネは比較的若く、平均樹齢は25年です。赤ワインの醸造はデリケートな醸しを心がけて行われますが、低温マセラシオンのあと、自然酵母のみで発酵し、温度管理はほとんど行いません。サントネイの力強いテロワールをいたずらに前面に出すことはせず、あえてピジャージュは控えめにし、ルモンタージュで対応します。新樽の使用率を低く抑え、エレガントに仕上げます。澱引きは瓶詰前に1度のみ行います。 畑の土壌は鉄分を多く含む赤土で、粘土石灰質です。ブドウ樹の2/3が平均樹齢80〜85年で、残り1/3が60年弱です。全房を1/3使用します。熟成において新樽を20〜25%使用します。 【rouge】 【bourgogne】 【v2015】 【nature】 【wakaumaaka】

バンジャマン・ルルー / ニュイ・サン・ジョルジュ・オー・トレイ [2009]

ワインショップ・ワインホリック

15,660

バンジャマン・ルルー / ニュイ・サン・ジョルジュ・オー・トレイ [2009]

ブルゴーニュの新しい可能性を見せつける天才醸造家! 推薦グラス バンジャマン・ルルー / ニュイ・サン・ジョルジュ・オー・トレイ [2009] Benjamin Leroux / Nuits-St.-Georges Les Thoreys 1er Cru 2009 セパージュ: 【ピノ・ノワール100%】 国地域: フランス・ブルゴーニュ・コート・ド・ニュイ・ニュイ・サン・ジョルジュ 飲み頃情報: 2013年後半以降 インポーター: ヴィノラム バンジャマン・ルルーとの初めての出会いは、ボーヌで昨年飲んだコント・アルマンの2003年のポマールです。素晴らしいコンディションのワインを飲む機会があり、あまりに上質で柔らかく見事な酒質に驚嘆しました。その後コント・アルマンのワインを輸入しているインポーターを探してみましたが、ちょうど日本ではインポーターが決まっていない時期。そして彼が2007年にネゴシアンをスタートします。将来畑を買い取ることを目標にビオロジックやビオディナミで生産している栽培家を探し出し最上のネゴシアンをスタートさせたのです。実は2007年は一時日本に輸入されましたが、コンディションが良くないため実際の評判は散々だったようです。ラシーヌが輸入するダヴィット・クロワと共にブルゴーニュの新しい可能性をみせてくれる新世代。2008年を試飲しましたが実に淡くチャーミングでブルゴーニュ好きが求める淡い中に複雑さを醸し出す理想的なワインです。2009年はまさに最高の出来映え! 【rouge】 【bourgogne】 【v2009】 【nature】

ドメーヌ・メゾン・レーヌ / ボジョレー・ヴィラージュ・キュヴェ・ライネット [2013]【赤ワイン】

ワインショップ・ワインホリック

3,273

ドメーヌ・メゾン・レーヌ / ボジョレー・ヴィラージュ・キュヴェ・ライネット [2013]【赤ワイン】

今ボジョレー地区で最も熱い存在! 推薦グラス ドメーヌ・メゾン・レーヌ / ボジョレー・ヴィラージュ・キュヴェ・ライネット [2013] Maison Leynes / Beaujolais Villages Cuvee Reinette 2013 セパージュ: 【ガメイ100%】 国地域: フランス・ブルゴーニュ・ボジョレー 飲み頃情報: 今から インポーター: ラシーヌ 1955年当初、ロロン一家がこのドメーヌを購入しました。小作料や折半小作制(地主が小作人へ収穫物の半分の割合を徴収する制度)等様々な契約を経て、ビオロジック栽培へと変える目的で2010年に、後継者が有限責任農業経営体(EARL)へ経営体制を変更しました。そして(オーブリ—とロロンが提携しているEARL AUBRYONからきた)Jean-yves AUBRY ジャン=イヴ・オーブリーがこの土地の生産者となります。しかし不運にも2010年6月にジャン=イヴ・オーブリーは亡くなられます。しかしなが醸造責任者のデニス・ペルティエールはリスクの高いビオロジック栽培を望んではおらず2012年の収穫を最後に生産を中止してしまいます。その年までに生産されたワインはネゴシアンに売却されていました。そこでジャン=フランソワ・プロモネが2012年12月にオーナーに協力し、ドメーヌの新たな醸造責任者となることを提案したのです。平均樹齢:40年 【v2014】 【rouge】【bourgogne】 【wakaumaaka】 【nature】

厳選イタリア赤ワイン飲み頃4本セット【ワインセット】

ワインショップ・ワインホリック

9,695

厳選イタリア赤ワイン飲み頃4本セット【ワインセット】

【wineset】厳選イタリア赤ワイン飲み頃4本セット【ワインセット】 イタリア各地から実に見事なワインを集めました。コンディションが良いイタリアワインは驚くほど素晴らしいんです。 セット内容:4本(赤4本) 【1】ヴァッレ・デッラッソ / サレント・ロッソ レ・レンツェ [2017] 赤ワイン:イタリア・プーリア プーリアにおいてビオ・ディナミに取り組んでいるイタリアでは数少ない自然派の生産者です。ラシーヌが輸入しているからこそ本来の味わいが分かるわけですが、このワインはかなりさっぱり系でその中に綺麗な果実味があるタイプ。これから夏は最高のワインとなる事間違いなしです。うち飲み用のさっぱり系ワインとしてお薦めです。 【2】ヴェルディエリ / サッビオネータ ロッソ [2015] 赤ワイン:イタリア・ロンバルディア ランブルスコ サラミーノから造られる発泡無しの赤。泡のあるランブルスコ マントヴァーノと異なる点は醗酵途中にボトル詰めをするか、しないかだけ!瓶内で醗酵を終えればワインにガスが残り、樽で醗酵を終えればガスは抜けてスティルの状態になる、という至ってシンプルな醸造方法。ランブルスコ系のブドウの持つ強い酸は、彼らのような標高の低い平地であっても、しっかりと酸を保ち、そして十分な日照によって成熟するため果実味も強い。粘性を感じるほど密度がありながら、驚くほど軽やかで心地よい酸。料理のアクセントにもなるし、心地の良い酸は口の中を洗い流すようにリセットする。まさに食中酒と呼ぶに相応しい味わい深いテーブルワインです。ランブルスコ サラミーノ、樹齢30~40年。収穫後果皮と共に4〜5日、野生酵母による醗酵を促す。オリ引きの後、開放式の大樽にて12か月熟成。ノンフィルターにてボトル詰め。 詰まった果実味と心地の良い酸...

エンデルレ・ウント・モル / ブルグンダー・ヴァイス・ウント・グラウ [2017]【白ワイン】

ワインショップ・ワインホリック

2,420

エンデルレ・ウント・モル / ブルグンダー・ヴァイス・ウント・グラウ [2017]【白ワイン】

非常に分かりやすくレベルの高い味わい 推薦グラス エンデルレ・ウント・モル / ブルグンダー・ヴァイス・ウント・グラウ [2017] Weingut Enderle&Moll / Burgunder "Wei? & Grau" 2017 セパージュ: 【ミュラー・トゥルガウ100%】 国地域: ドイツ・バーデン 飲み頃情報: 今から インポーター: ラシーヌ エンデルレ・ウント・モルはドイツにおいてシャルターワインなりーとは異なった意味でドイツ最高のピノと言えます。スタイル的にはブルゴーニュのボーヌにおける良質な古典的ピノのスタイルに近くちょっと乾いたような甘さ控えめで熟成によってその姿を変えるであろうスタイル。世界的にブルゴーニュのピノに憧れそのスタイルを真似する生産者が多い中、ドイツは地の利的にかなり恵まれているようで最近の温暖化も手伝いブルゴーニュに真の意味で肉薄するワインが出来るようである。 品種:ミュラー・トゥルガウ 植樹:1980年頃 位置:南向き 土壌:石灰岩 800リットルのプラスティック容器で10日間マセレーション。(その後セラミック容器で30〜40%の果皮とともに4〜6ヵ月間マセレーション) ステンレスタンクで10ヶ月間熟成。 【blanc】【germany】 【teiban】 【v2017】 【nature】 【wakaumashiro】

ファン・フォルクセン / リースリング [2016]【白ワイン】

ワインショップ・ワインホリック

2,690

ファン・フォルクセン / リースリング [2016]【白ワイン】

見事な酸と輪郭、ドイツのあるべき姿を見せる! 推薦グラス ファン・フォルクセン / リースリング [2016] Van Volxen / Riesling VV 2016 セパージュ: 【リースリング100%】 国地域: ドイツ・モーゼル 飲み頃情報: 今から インポーター: ラシーヌ もしまだドイツのファン・フォルクセンの造る驚くべきワインをご存じないなら、このワインからまず始めるべきです。所有者であるロマン・ニエヴォドニツァンスキーは、彼の言葉のうち一つを挙げるとDRCのような、とにかくドイツ最高のワインを造りたいと考えています。ザールはドイツでも最も冷涼な気候の地方であり、ニエヴォは長くゆっくりした成長期が確保できるザールを選びました。彼は現在、ビオディナミを実践し、低収量と極限の熟し具合を求めて7月から8月にかけて25人以上のチームで仕事をしています。そして遅い収穫を迎えると、十分に熟したブドウのみ収穫するため、それぞれのブドウ畑で何度も収穫を行います。一方醸造所では、ニエヴォは自然酵母を用いて穏やかな長期発酵を行い、慎重にスキンコンタクトを行い香りとテクスチャの複雑性を高めます。そして出来上がったワインは、素晴らしい複雑性と凝縮感、深遠かつ享楽的な果実味、官能的な舌触りと見事なエレガントなミネラル感を兼ね備えたものとなります。 【blanc】【germany】 【v2016】 【nature】

アンビス・エステイト / シラー [2013]【赤ワイン】

ワインショップ・ワインホリック

7,884

アンビス・エステイト / シラー [2013]【赤ワイン】

ローヌの上級品をイメージさせる極めつけ 推薦グラス アンビス・エステイト / シラー [2013] AmByth Estate / Syrah 2013 セパージュ: 【シラー37%、 テンプラニーリョ25%、 グルナッシュ22%、 サンジョヴェーゼ16%】 国地域: アメリカ・カルフォルニア 飲み頃情報: 今から インポーター: ラシーヌ ウェールズ出身のフィリップ・ハートが、カリフォルニアにやってきたのは、1980年代の事。カーペットの輸入商として世界中を飛び回っていましたが、2000年にパソ・ロブレスに農場を構えます。それまではロサンゼルスに住んでいましたが、そのころから、パソ・ロブレスへやってきては、週末を過ごしていました。2004年にブドウ樹を植えるまでは、趣味でビールを造ったり、シードルを造ったりと自分たちで消費するものを、自分たちで造ってきました。 ? アンビス(Ambyth)とはウェールズ語で`永遠'を意味します。アンビス・エステイトはパソ・ロブレスの最初で、唯一のデメター認証を取得したワインを造っているワイナリーです。フィリップ達自身の観察眼を向上させるためにバイオダイナミックの手法を取っています。自然酵母で醗酵し、足で破砕、熟成とボトル詰めの際も亜硫酸添加はありません。樽やステンレスタンクで熟成されるものもありますが、中にはテラコッタで美しい熟成を見せるものもあります。ワインは純粋で、生命に満ち、活き活きとしています。 【rouge】 【america】 【v2013】【wakaumaaka】

マイナー・ファミリー・ワイナリー / オラクル・ナパ・ヴァレー [2009]【赤ワイン】

ワインショップ・ワインホリック

14,343

マイナー・ファミリー・ワイナリー / オラクル・ナパ・ヴァレー [2009]【赤ワイン】

グレースファミリーの醸造も手がける一流メーカーが造るワイン! 推薦グラス マイナー・ファミリー・ワイナリー / オラクル・ナパ・ヴァレー [2009] Miner Family Winery / The Oracle 2009 セパージュ: 【50%カベルネS、22%カベルネフラン、18% メルロー、5%マルベック、5%プティヴェルド】 国地域: アメリカ・カルフォルニア 飲み頃情報: 今から インポーター: ナパ・ワイン・トラスト マイナーファミリーはナパヴァレー中心のオークヴィルという街の東側に位置している家族経営のワイナリーです。1998年にワイナリーを開設し、ナパを中心にいくつかの葡萄畑で採取されたものを使用してリザーブスタイルのワインを製造しています。アットホームの明るいムードを常に持ち合わせたこのワイナリーの象徴が翼の生えた神のマークであり、家族への尊敬と忠誠を表現したものをロゴに採用しています。ワインメーカーのゲアリー・ブルックマン氏はカルトワインで有名なグレースファミリーの醸造も手がける一流ワインメーカーです。彼の手法は伝統的なワイン醸造方法と斬新的な醸造方法を上手く組み合わせ、使用する葡萄畑も有名なステージコーチをはじめナパヴァレーに点在するいくつかの畑とテノワールと呼ばれる特別品種が栽培される畑のものを融合させて、エレガントな味わいのワインの数々を送り出している。 【rouge】 【america】 【v2009】 【koiaka】 【kiwami】

ル・リッシュ・ワインズ / リッシェス [2014]【赤ワイン】

ワインショップ・ワインホリック

2,614

ル・リッシュ・ワインズ / リッシェス [2014]【赤ワイン】

南アフリカ最上のカベルネが得られる地域! 推薦グラス ル・リッシュ・ワインズ / リッシェス [2014] Le Riche Wines / Richesse 2014 セパージュ: 【カベルネ・ソーヴィニヨン59%。メルロー27%、カベルネ・フラン11%】 国地域: 南アフリカ・ステレンボッシュ 飲み頃情報: 今から インポーター: ラフィネ 1996年にエティエンヌ・ル・リッシュにより設立された家族経営のワイナリーです。エティエンヌはカベルネ・ソーヴィニヨンの魔術師と呼ばれる生産家です。ステレンボッシュらしさを体現する極上のカベルネを造るために最上のカベルネ産地とされているエルダーバーグ地区にセラーを設けています。生産量はスタンダードキュヴェでも毎年5000ケース。リザーヴクラスともなると約500ケースという希少性も高く、またそれだけの価値があるワインです。ステレンボッシュ、ファーグルーヴの畑。カベルネ・ソーヴィニヨン59%。メルロー27%、カベルネ・フラン11%。開口式コンクリートタンクで発酵されます。第二発酵はタンクの中で始まります。その後、ワインはフレンチ・オーク樽に移されます。1年熟成した後ブレンドされ、樽で更に8か月寝かします。ノンフィルター。20ヵ月間、フレンチオーク樽での熟成。 香りは、プラムやレッドチェリーが特徴的で、赤果実のフレーバーがオーク樽のニュアンスとバランスしています。味わいはとてもジューシーで、繊細でソフトなタンニンの丸みのあるフィニッシュにより支えられています。 【south africa】 【rouge】 【v2014】? 【wakaumaaka】

クラウズ・エステート / クラウズ・ピノ・ノワール [2017]【赤ワイン】

ワインショップ・ワインホリック

3,716

クラウズ・エステート / クラウズ・ピノ・ノワール [2017]【赤ワイン】

南アフリカ人気の自然派系ピノ! 推薦グラス クラウズ・エステート / クラウズ・ピノ・ノワール [2017] Clouds Estate / Clouds Pinot Noir 2017 セパージュ: 【ピノ・ノワール100%】 国地域: 南アフリカ・ステレンボッシュ 飲み頃情報: 今から インポーター: ラフィネ ステレンボッシュ中心街より東に7km程の山の高台で、ホテルやレストランが併設されたリゾートワイナリーとして運営しています。2000年に休暇で訪れたオランダ人の夫婦が南アフリカの地にすっかり惚れ込み、移住をしてワイナリーを立ち上げました。 醸造責任者として、ラール・ワインズのドノヴァン・ラール氏を迎えており、自身のコネクトで持つ各品種にあった良い畑の生産者より葡萄を購入し、自然を尊重したワイン造りを実施しています。 ステレンボッシュの山間にあるクラウズ・エステートのピノ・ノワールを約80%、へメル・アン・アルド・リッジ地区のピノ・ノワールを約20%と使用ブドウ畑のバランスが大きく変わりました。フルーツ感と凝縮感が前面にあり、サワーチェリーや黒スグリの香りと共に、土壌のニュアンスを奥底に感じることが出来ます。果実味、樽、そして酸のバランスが取れ、フレッシュさと複雑さを同時に楽しむことが出来ます。アルコール度数13.42% 【south africa】【rouge】【v2017】【wakaumaaka】【nature】

クラウズ・エステート / メソッド・キャップ・クラシック・シャルドネ・ピノ・ノワール [2015]【シャンパン(泡物)】

ワインショップ・ワインホリック

3,716

クラウズ・エステート / メソッド・キャップ・クラシック・シャルドネ・ピノ・ノワール [2015]【シャンパン(泡物)】

クラウズのスパークリング初入荷! 推薦グラス クラウズ・エステート / メソッド・キャップ・クラシック・シャルドネ・ピノ・ノワール [2015] Clouds Estate / MCC Chardonnay Pinot Noir 2015 セパージュ: 【シャルドネ50%、ピノ・ノワール50%】 国地域: 南アフリカ・ステレンボッシュ 飲み頃情報: 今から インポーター: ラフィネ ステレンボッシュ中心街より東に7km程の山の高台で、ホテルやレストランが併設されたリゾートワイナリーとして運営しています。2000年に休暇で訪れたオランダ人の夫婦が南アフリカの地にすっかり惚れ込み、移住をしてワイナリーを立ち上げました。 醸造責任者として、ラール・ワインズのドノヴァン・ラール氏を迎えており、自身のコネクトで持つ各品種にあった良い畑の生産者より葡萄を購入し、自然を尊重したワイン造りを実施しています。 クラウズ・エステート内のシャルドネ50%とピノ・ノワール50%のブレンド。12ヶ月澱と過ごすことにより更なるフィネスが足されています。ブリオッシュや砕いたリンゴのフレッシュなアロマとパレットにはライムのような酸と風味のある酵母を感じることが出来、長くクリーミーな余韻を楽しむことが出来ます。ワインのクリスピーさはスモークサーモン、生ガキとの相性が抜群です。アルコール度数12.88% 【south africa】【CS】【v2015】【wakaumaAWA】【nature】

テスタロンガ / エル・バンディート・コルテーズ・シュナン・ブラン [2015]【白ワイン】

ワインショップ・ワインホリック

4,450

テスタロンガ / エル・バンディート・コルテーズ・シュナン・ブラン [2015]【白ワイン】

南アフリカ自然派の旗手! 推薦グラス テスタロンガ / エル・バンディート・コルテーズ・シュナン・ブラン [2015] Testalonga / El Bandito Cortez Chenin Blanc 2015 セパージュ: 【シュナン・ブラン100%】 国地域: 南アフリカ・スワートランド 飲み頃情報: 今から インポーター: ラフィネ スワートランドのラマーシュックという、南アフリカにおいてナチュラルなワイン造りのパイオニアとして一躍したワイナリーで、醸造責任者として働いていたクレイグ・ホーキンスが2008年、満を持して独立を果たした自身のワイナリーです。拠点を置くパードベルグと同地区に、花崗岩で構成される11haの土地を借り、ビオロジック栽培でシュナン・ブランを栽培するほか、ラマーシュックが所有する畑のブドウを購入して、自身のワインを造っています。毎年ブドウやワインの出来のイメージによってエチケットや名前を変えるなどしており、自身の持つインスピレーションに忠実にワイン造りをする天才肌で、ヨーロッパやイギリス等、各国のナチュラルなワインのマーケットで注目を集めている生産者です。 スワートランドの高樹齢のシュナン・ブラン100%で造られています。収穫は全て手摘みで、全房30%、除梗70%をプラスチック瓶にて発酵を起こします。古いフレンチオークに写し、20日間スキンコンタクトで成熟の後、別の10年使われたフレンチオークに移されます。清澄、フィルター無し。 【south africa】 【blanc】 【v2015】 【wakaumashiro】

ラドフォード・デール / シャルドネ [2016]【白ワイン】

ワインショップ・ワインホリック

4,450

ラドフォード・デール / シャルドネ [2016]【白ワイン】

南アフリカトップワイナリーの一つ、初登場! 推薦グラス ラドフォード・デール / シャルドネ [2016] Radford Dale / Chardonnay 2016 セパージュ: 【シャルドネ100%】 国地域: 南アフリカ・ステレンボッシュ 飲み頃情報: 今から インポーター: ラフィネ 1998年にオーストラリア出身のベン・ラドフォードと英国出身のアレックス・デールにより設立されたワイナリーです。ベンは設立の数年後に帰郷したものの、アレックスはここを南アフリカのベスト・ワイナリーにまで発展させることを決意しました。現在ではコンサルタントのエドワード・ラベイエを招聘し、ワイナリーの発展に寄与しています。エドワード・ラベイエはローヌとラングドックで革新的なワイン造りを行い、サン・ジョセフとコンドリューにてヴィニュロンとして、また多くのトップ・エステートの顧問として活躍している人物です。ローヌ系品種の経験を持つ人物を招聘することでメイキング・チームを磐石なものとしています。 【畑】エルダーバーグの海に面した山麓の畑。樹齢23年。花崗岩。古樹からくる強さ、フリンティでミネラリティ、そして清々しいテロワール。 【醸造】全房プレス、フリーランジュース、木樽で8-10週間自然酵母にて醗酵後、古樽で10ヶ月熟成。最初の2ヶ月はバトナージュを行う。軽くファイニングし、ノンフィルターで瓶詰め。 【south africa】 【blanc】 【v2016】?【wakaumashiro】

カイル・ダン / スキニー・レッグス・ シュナン・ブラン [2017]【白ワイン】

ワインショップ・ワインホリック

3,716

カイル・ダン / スキニー・レッグス・ シュナン・ブラン [2017]【白ワイン】

バーデンホーストでアシスタントを務めるカイル・ダン遺作! 推薦グラス カイル・ダン / スキニー・レッグス・ シュナン・ブラン [2017] Kyle Dunn / Skinny Legs Chenin blanc 2017 セパージュ: 【シュナン・ブラン100%】 国地域: 南アフリカ・スワートランド 飲み頃情報: 今から インポーター: ラフィネ バーデンホースト・ファミリーで栽培や醸造のアシスタントを務めるカイル・ダンによる、自身初のオリジナルワインです。2010年から構想を温めていたといい、毎年の試行錯誤から、ようやくのリリースとなりました。「白ワインが好き」「スキンコンタクトがいいね」というシンプルな自身の好みと、製造の工程でも機械やケミカルなものは一切使用しない、という自然なワイン造りをフィロソフィーとしています。手摘み、足踏み、自然酵母、清澄無し、フィルター無し。正に手造りのワインと言えます。スキニーレッグスという名前は自身の細い脚で造りました。というコンプレックスとユーモラスな皮肉から名付けられています。 スワートランドの畑のシュナン・ブラン100%で造られています。味わいにフレッシュな酸を残す為早摘みしたセミヨンは全て手摘みされ、赤ワインの醸造さながら、全房のまま足踏みにて発酵を起こします。10〜14日間のスキンコンタクトの後、300Lの古いフレンチオークに移され、最低でも1年間熟成させます。 【south africa】 【blanc】 【v2017】 【wakaumashiro】 【nature】

ドメーヌ・スクラヴォス / モナンベレス [2010]【白ワイン】

ワインショップ・ワインホリック

3,467

ドメーヌ・スクラヴォス / モナンベレス [2010]【白ワイン】

ラシーヌが輸入したデイリー系ギリシャ! 推薦グラス ドメーヌ・スクラヴォス / モナンベレス [2010] Domaine Sklavos / Monambelles 2010 セパージュ: 【ツァウシ】 国地域: ギリシャ・ケファロニー 飲み頃情報: 今から インポーター: ラシーヌ ラシーヌが輸入するギリシャワイン第二弾!当初はあまり反応薄だったが、無くなるにつれ人気がでてきて無くなってからの問い合わせが多かったワインだ。ギリシャというとローカルなイメージがするのだろうが、今回輸入されているギリシャワインは、国際的にも非常に評価の高いギリシャでもトップの生産者ばかり。生産量が少ないためなかなか市場に出ないようなワインなのだ。その中でもスクラヴォスのワインはイタリアの極めつけの白のようなイメージで実に素晴らしい。気品を感じる非常に洗練された姿で一口飲んだだけではギリシャというイメージはまずわかないし分からない。飲み込んでいくにつれ次第にその独特の表情が分かってくるが、他品種のイタリアワインに非常にイメージが近い。これだけの品質の高さを演出するギリシャワインから今後も目が放せない。 【v2010】 【Greece】 【blanc】 【wakaumashiro】

ドメーヌ・スクラヴォス / ロボラ・ド・ケファロニア ヴィーノ・ディ・サッソ [2016]【白ワイン】

ワインショップ・ワインホリック

2,733

ドメーヌ・スクラヴォス / ロボラ・ド・ケファロニア ヴィーノ・ディ・サッソ [2016]【白ワイン】

ギリシャで突出した世界的にも希な才能を発揮する奇才! 推薦グラス ドメーヌ・スクラヴォス / ロボラ・ド・ケファロニア ヴィーノ・ディ・サッソ [2016] Domaine Sklavos / Robola de C?phalonie - Vino di Sasso 2016 セパージュ: 【ロボラ】 国地域: ギリシャ・ケファロニー 飲み頃情報: 今から インポーター: ラシーヌ ラシーヌが輸入するギリシャワイン第二弾!当初はあまり反応薄だったが、無くなるにつれ人気がでてきて無くなってからの問い合わせが多かったワインだ。ギリシャというとローカルなイメージがするのだろうが、今回輸入されているギリシャワインは、国際的にも非常に評価の高いギリシャでもトップの生産者ばかり。生産量が少ないためなかなか市場に出ないようなワインなのだ。その中でもスクラヴォスのワインはイタリアの極めつけの白のようなイメージで実に素晴らしい。気品を感じる非常に洗練された姿で一口飲んだだけではギリシャというイメージはまずわかないし分からない。飲み込んでいくにつれ次第にその独特の表情が分かってくるが、他品種のイタリアワインに非常にイメージが近い。これだけの品質の高さを演出するギリシャワインから今後も目が放せない。 【v2016】 【Greece】 【blanc】 【wakaumashiro】

ドメーヌ・エコノム / シーティア [1998]【赤ワイン】

ワインショップ・ワインホリック

6,491

ドメーヌ・エコノム / シーティア [1998]【赤ワイン】

素晴らしい古酒! 推薦グラス ドメーヌ・エコノム / シーティア [1998] Domaine Economou / AOC Sitia 1998 セパージュ: 【リアティコ100%】 国地域: ギリシャ 飲み頃情報: 今から インポーター: ラシーヌ ドメーヌはクレタ島の東端に位置します。ジアンニ(ギリシャ名:ヤニス)はエノロジストであり、ドメーヌの魂でもあります。彼は豊富なワイン造りの経験があります。例えばアルバではエノロジストの称号を手に、ピエモンテではCeretto(チェレット)とScavino(スカヴィーノ)のようなマエストロの指導下で働き、ドイツとボルドー(1993年という難しい年のシャトー・マルゴー)でも仕事をしました。1994年にクレタ島へ帰郷し、家族農園を復活させました。 16ha※の畑はZiros(ズィロス)、Katsidoni(カツィドニ)、Etia(エティア)村に位置し、標高は600〜650メートルにも及びます。主に自分たちで耕作し、平均樹齢は35年です。絶対的に環境に敬意を払い、栽培はビオロジックです。シチアのVQPRD、VLQPRD赤白ワイン用品種としては、リアティコ、マンディラリア、ヴィラナ、スラプサシリのような土着品種も元来栽培しています。また、様々な国際品種も栽培しています。 【v1998】 【Greece】 【rouge】 【jukuaka】 【nature】

ドメーヌ・エコノム / シーティア [2004]【赤ワイン】

ワインショップ・ワインホリック

7,420

ドメーヌ・エコノム / シーティア [2004]【赤ワイン】

素晴らしい熟成感! 推薦グラス ドメーヌ・エコノム / シーティア [2004] Domaine Economou / AOC Sitia 2004 セパージュ: 【リアティコ100%】 国地域: ギリシャ 飲み頃情報: 今から インポーター: ラシーヌ ドメーヌはクレタ島の東端に位置します。ジアンニ(ギリシャ名:ヤニス)はエノロジストであり、ドメーヌの魂でもあります。彼は豊富なワイン造りの経験があります。例えばアルバではエノロジストの称号を手に、ピエモンテではCeretto(チェレット)とScavino(スカヴィーノ)のようなマエストロの指導下で働き、ドイツとボルドー(1993年という難しい年のシャトー・マルゴー)でも仕事をしました。1994年にクレタ島へ帰郷し、家族農園を復活させました。 16ha※の畑はZiros(ズィロス)、Katsidoni(カツィドニ)、Etia(エティア)村に位置し、標高は600〜650メートルにも及びます。主に自分たちで耕作し、平均樹齢は35年です。絶対的に環境に敬意を払い、栽培はビオロジックです。シチアのVQPRD、VLQPRD赤白ワイン用品種としては、リアティコ、マンディラリア、ヴィラナ、スラプサシリのような土着品種も元来栽培しています。また、様々な国際品種も栽培しています。 【v2004】 【Greece】 【rouge】 【jukuaka】

ドメーヌ・ミッシェル・ニーロン / シャサーニュ・モンラッシェ・レ・ショーメ・プルミエ・クリュ [2015]【白ワイン】

ワインショップ・ワインホリック

11,880

ドメーヌ・ミッシェル・ニーロン / シャサーニュ・モンラッシェ・レ・ショーメ・プルミエ・クリュ [2015]【白ワイン】

2015年は久々に凄い年! 推薦グラス ドメーヌ・ミッシェル・ニーロン / シャサーニュ・モンラッシェ・レ・ショーメ・プルミエ・クリュ [2015] Domaine Michel Niellon / Chassagne-Montrachet Les Chaumees Primier Cru 2015 セパージュ: 【シャルドネ100%】 国地域: フランス・ブルゴーニュ・コート・ド・ボーヌ・シャサーニュ・モンラッシェ 飲み頃情報: 2018年以降 インポーター: オーデックス・ジャパン ミッシェル・ニーロンのワインは、間違いなくシャサーニュ・モンラッシェのトップ生産者であることは確かだ。全ての面においてバランスが良く、フレッシュな酸とボディーのバランスが見事で、それでいてニエロンの人間的な魅了がそのままワインに映し出されているような部分がある。理想に近い姿であり、村名ワインでさえもその完成度の高さに驚く。畑による出来不出来の差もほとんど無くグラン・クリュになるとそのレベルの高さは群を抜いている。ここ数年、非常にコンディションも素晴らしくなり、若干開くまでに時間がかかっているが、若い内は、まるで上品な水のような姿、開いてくるとしっかりとふくよかなボディーになり、そこに見事な酸がバランスを整えてくれる。2015年は2014年よりも更に迫力のあるワインで2010年以来の大きく期待された年だ。 【blanc】 【bourgogne】 【v2015】

ドメーヌ・マルキ・ダンジェルヴィーユ / ブルゴーニュ・アリゴテ 2015【白ワイン】

ワインショップ・ワインホリック

3,716

ドメーヌ・マルキ・ダンジェルヴィーユ / ブルゴーニュ・アリゴテ 2015【白ワイン】

2015年は吃驚するほど美味しい! 推薦グラス ドメーヌ・マルキ・ダンジェルヴィーユ / ブルゴーニュ・アリゴテ 2015 Domaine Marquis Dangerville / Bourgogne Aligote 2015 セパージュ: 【アリゴテ100%】 国地域: フランス・ブルゴーニュ・アリゴテ 飲み頃情報: 今から インポーター: フィネス ブルゴーニュでもトップクラスの評価を得ている造り手で最近ではあまり市場に出回らない稀少ワインだ。1980年代は早熟で熟成したときの姿が非常に魅力的だったが、長い間非常に評価は高いのだが首をかしげるワインを作っていた生産者でもある。ところが2006年に銀行家だった長男が後を継ぐことで見事に返り咲いたのだ。ビオ・ディナミに転向したということもあってかとにかく一流の名にふさわしいワインに生まれ変わった。基本的にマルキ・ダンジェルヴィーユのワインはドライ傾向だが、これは熟成によってこそ甘みが現れる典型例で若干早熟にはなったもののやはり熟成を待つことで劇的に変わるワインでもある。伝統ある貴族らしくそこには気品が漂っている。赤は酒質が素晴らしく他の生産者とは明らかに違う個性が際立つ。オフヴィンテージでさえけっしてしゃばしゃばしたようなワインを作ることはない。当然ある程度は寝かせてから楽しんで欲しい。2015年は驚くほど早熟で果実の魅力が爆発するよう!過去最高の出来と言っても良い。 【blanc】【bourgogne】 【アリゴテ100%】 【v2015】 【wakaumashiro】

シャルロパン・ティシエ / ペルナン・ヴェルジュレス・プルミエ・クリュ・スー・フレティーユ・ブラン・キバコイリ [2015]【白ワイン】

ワインショップ・ワインホリック

15,758

シャルロパン・ティシエ / ペルナン・ヴェルジュレス・プルミエ・クリュ・スー・フレティーユ・ブラン・キバコイリ [2015]【白ワイン】

特級コルトンシャルルマーニュと同じ条件という恵まれた1級畑 推薦グラス シャルロパン・ティシエ / ペルナン・ヴェルジュレス・プルミエ・クリュ・スー・フレティーユ・ブラン・キバコイリ [2015] Charlopin Tissier / Pernand-Vergelesses 1er Cru Sous Fretille Blanc 2015 セパージュ: 【シャルドネ100%】 国地域: フランス・ブルゴーニュ・コート・ド・ボーヌ・ペルナン・ヴェルジュレス 飲み頃情報: 今から インポーター: ラフィネ 2014年ヤン・シャルロパン氏(フィリップ・シャルロパンの長男)がティシエ家(奥様ジュスティン・ティシエ氏)の協力を得て設立された3haのみの小生産者。ヤン氏はドメーヌ・シャルロパンで白ワインの醸造責任者も従来より務めています。実家では沢山の量を高水準に均一な品質に仕上げる一方、自身のドメーヌではテロワールのダイナミックさを最大限生かしたワイン造り。モレ・サン・ドニに本拠地を置きながら、コート・ド・ニュイ北部の秀逸な畑のみに焦点を当てています。アリゴテはマルサネの区画「エタル」の樹齢70年もの、ブルゴーニュ・ルージュはコート・ディジョネにある最上の区画「モントル・キュ」。マルサネは標高300mにある「ラ・モンターニュ」を所有。それらは彼らの仕事を信じて賃貸の契約を結ぶに至った畑が多く、二人が既に周りの人々から絶大な信頼を受けていることがうかがえます。特級畑のコルトンシャルルマーニュと同じ条件という恵まれた1級畑のブドウを使用。畑の向き、斜度、1級畑とは思えないほどのクオリティであるため、特別に1本用の木箱入りです。 【blanc】【bourgogne】 【v2015】 【wakaumashiro】

ドメーヌ・ニューマン / マジ・シャンベルタン・グラン・クリュ [2011]【赤ワイン】

ワインショップ・ワインホリック

23,588

ドメーヌ・ニューマン / マジ・シャンベルタン・グラン・クリュ [2011]【赤ワイン】

この素晴らしいワインは必ず報われます! 推薦グラス ドメーヌ・ニューマン / マジ・シャンベルタン・グラン・クリュ [2011] Domaine Newman / Mazis Chambertin Grand Cru 2011 セパージュ: 【ピノ・ノワール100%】 国地域: フランス・ブルゴーニュ・コート・ド・ニュイ・ジェブレ・シャンベルタン 飲み頃情報: 2018年後半以降 インポーター: ラフィネ 1970年代中頃より当主クリストファー・ニューマン(アメリカ生まれ)氏が父親の投資した畑を段階的に買い取る形でドメーヌを設立。当初はメタイヤージュ(畑の貸出)して有力な生産者に託して、自らは1977年よりヴァルネイのマルキ・ダンジェルヴィーユへワイン造りを学ぶために弟子入り。その後アンリ・ジャイエ氏などに学び、90年代より自社にて栽培から瓶詰まで行うようになりました。本拠地のあるボーヌを中心にマジ・シャンベルタンやボンヌ・マールまで所有。どの畑も樹齢50年前後と高次元で安定した味わいを提供できるポテンシャル。栽培は94年からビオロジックで、2004年からビオディナミに移行し、更なる品質の向上に勤めている。醸造は至って伝統的かつシンプルで、抽出をし過ぎないことを主眼に、厳密に選果された葡萄からSo2を最小限に抑えたワイン造りを心掛けている。若くても美味しく、熟成したらまた違う美味しさの出る、いわゆるジャイエ氏が提唱したスタイルを目指している。樽熟成は10〜16ヶ月/新樽は20%程度、清澄作業やノンフィルターで瓶詰め。 【rouge】 【bourgogne】 【v2011】 【nature】 【kiwami】

メオ・カミュゼ・フレール・エ・スール /シャンボール・ミュジニー・レ・フスロット [2013]【赤ワイン】

ワインショップ・ワインホリック

17,691

メオ・カミュゼ・フレール・エ・スール /シャンボール・ミュジニー・レ・フスロット [2013]【赤ワイン】

今ブルゴーニュで最も素晴らしいワインを造るメオ・カミュゼ! 推薦グラス メオ・カミュゼ・フレール・エ・スール /シャンボール・ミュジニー・レ・フスロット [2013] Meo-Camuzet Frere & Sceurs / Chambolle-Musigny Les Feusselottes 2013 セパージュ: 【ピノ・ノワール100%】 国地域: フランス・ブルゴーニュ・コート・ド・ニュイ・シャンポール・ミュジニー 飲み頃情報: 2017年以降 インポーター: フィネス メオ・カミュゼ。一世を風靡した造り手でもともとアンリ・ジャイエが働いていた蔵でもあります。若かったニコラはアンリ・ジャイエに反発し独自の路線を貫きましたが絶大な人気を誇った彼のワインは並行ものの状態の悪いワインが日本中に出回りまさに本質の分からない悲惨な状況でした。2000年代になり実は以前に比べ驚くほど素晴らしくなったのです。ハッとするほどの存在感、なにか格が違うと感じさせるレベルの差を感じさせるのです。これは数年前に始めたネゴシアン物にも共通する物でこのネゴシアン物が最近ではドメーヌを凌ぐほどの存在になってきているのです。これはフランスでは有名な話。私が今最も素晴らしいと感じる質的な良さと存在感を感じるのはメオ・カミュゼとマルキ・ダンジェルヴィーユです。さすが大御所です。新進の素晴らしい造り手も彼らの持つ素晴らしい畑の前には太刀打ちはなかなかできません。2013年は早熟なワインができた年ですがある意味享楽的ワインといっても良いと思います。ただ残念なことに生産量は半減。貴重な存在となっています。 【rouge】【bourgogne】【v2013】

コント・ジョルジュ・ド・ヴォギエ / ボンヌ・マール [2012]【赤ワイン】

ワインショップ・ワインホリック

80,158

コント・ジョルジュ・ド・ヴォギエ / ボンヌ・マール [2012]【赤ワイン】

信頼性の高いヴォギエ 推薦グラス コント・ジョルジュ・ド・ヴォギエ / ボンヌ・マール [2012] Domaine Comte George de Vogue / Bonnes-Mares 2012 セパージュ: 【ピノ・ノワール100%】 国地域: フランス・ブルゴーニュ・コート・ド・ニュイ・シャンボール・ミュジニー 飲み頃情報: 2019年後半以降 インポーター: ヴィノラム シャンボール・ミュジニー村の旧家である、コント・ジョルジュ・ド・ヴォギュエは、シャンボール・ミュジニーで最も重要かつ有名なブドウ園で、歴史は1450年にまで遡ります。1987年にヴォギュエ伯爵が亡くなってからは娘のエリザベート・ド・ラドーセット氏がドメーヌを仕切っています。所有するブドウ畑はすべてシャンボール・ミュジニー村にあり、計12.2ha。プルミエ・クリュのレ・ザムルーズ、グラン・クリュのミュジニーとボンヌ・マールなどを所有し、ミュジニーには7.2haもの自社畑を持っています。ヴォギュエのシャンボール・ミュジニー・プルミエ・クリュ。石灰分に富んだ土壌を持つ村、シャンボール・ミュジニーから生まれるワインは優雅な印象を残すことで他の追随を許さず、数多のワインラヴァーを虜にして放しません。ヴォギュエは、ボンヌ・マールに2.7haの畑を所有し、その畑は下部のテール・ルージュと言われる区画に位置しています。上部のテール・ブランシェと言われる区画のボンヌ・マールが緻密であるのに対し、下部のものは力に満ちたワインになると言われています。 【rouge】 【bourgogne】 【v2012】 【kiwami】

ドメーヌ・モンジャール・ミュニレ / ニュイ・サン・ジョルジュ・プルミエ・クリュ・レ・ブド [2012]【赤ワイン】

ワインショップ・ワインホリック

15,358

ドメーヌ・モンジャール・ミュニレ / ニュイ・サン・ジョルジュ・プルミエ・クリュ・レ・ブド [2012]【赤ワイン】

ブルゴーニュで十指に入る極めつけ生産者!最高の状態で入荷! 推薦グラス ドメーヌ・モンジャール・ミュニレ / ニュイ・サン・ジョルジュ・プルミエ・クリュ・レ・ブド [2012] Domaine Mongeard-Mugneret / Nuits-St-Georges Premier Cru les Boudots 2012 セパージュ: 【ピノ・ノワール100%】 国地域: フランス・ブルゴーニュ・コート・ド・ニュイ・ニュイ・サン・ジョルジュ 飲み頃情報: 2017年後半以降 インポーター: ヴィノラム モンジャール・ミュニレはまさにブルゴーニュの名門中の名門で、私が以前熟成したブルゴーニュばかり扱っていたときも本当に素晴らしいワインに数多く出会った造り手でもあります。スモーキーで熟成した時の強烈なインパクトは今でも忘れられないワイン。長年扱っていなかったのは、日本で手に入るワインがあまりにも状態が良くなく当たり外れが多かったためです。本来の味わいが感じられず、本来は早熟で素晴らしいフィクサンですら悲しい姿になっていることが多かったためです。最近では、日本に回すべきワインがそのまま香港に渡っているとの話も聞きます。ようやくヴィノラムがこの生産者本来の姿を見させてくれます。もう一度この素晴らしいワインを味わいいかに違うかを実感してください。 状態が良いことで今まであまり触手の伸びなかった畑ですら素晴らしいワインであることが分かります。特に今回の2012年は生産量が通年の半量から7割減。出来たワインはとてつもなく素晴らしい非常に貴重な年です。 【rouge】【bourgogne】【ピノ・ノワール100%】 【2012】

ドメーヌ・アンリ・グージュ / ニュイ・サン・ジョルジュ・プルミエ・クリュ・レ・プリュリエ [2013]【赤ワイン】

ワインショップ・ワインホリック

12,712

ドメーヌ・アンリ・グージュ / ニュイ・サン・ジョルジュ・プルミエ・クリュ・レ・プリュリエ [2013]【赤ワイン】

ニュイ・サン・ジョルジュで明確な個性を持った卓越した生産者! 推薦グラス ドメーヌ・アンリ・グージュ / ニュイ・サン・ジョルジュ・プルミエ・クリュ・レ・プリュリエ [2013] Domaine Henri Gouges / Nuits Saint Georges 1er Cru Les Pruliers 2013 セパージュ: 【ピノ・ノワール100%】 国地域: フランス・ブルゴーニュ・コート・ド・ニュイ・ニュイ・サン・ジョルジュ 飲み頃情報: 2017年以降 インポーター: フィネス 第一次世界大戦後、父親より9haの畑を譲り受けたアンリ グージュ氏は1925年にドメーヌを設立し、マルキ ダンジェルヴィル氏やアルマン ルソー氏らと共にその時代に蔓延していた粗悪なブルゴーニュワインを無くす為に尽力しました。現在は2人の孫がドメーヌを運営しており、ピエール氏が畑、クリスチャン氏が醸造を担当しています。アンリ・グージュはブルゴーニュにおいて最も早い時期にドメーヌをはじめたことで知られている。非常にシルキーで滑らかな酒質ながらパワフルで見事なワイン。決して華やか系のワインではなくニュイ・サン・ジョルジュらしい雰囲気も見せるが彼独特の酒質は他にはなかなか無い物だ。知性的な香りのするワインなのだ。2008年以降驚くほど酒質が素晴らしくなり今や隠れたブルゴーニュのトップ生産者だ。 【rouge】【bourgogne】【ピノ・ノワール100%】【v2013】

ドメーヌ・マルキ・ダンジェルヴィーユ / ヴォルネイ・カイユレ [2012] 【赤ワイン】

ワインショップ・ワインホリック

16,341

ドメーヌ・マルキ・ダンジェルヴィーユ / ヴォルネイ・カイユレ [2012] 【赤ワイン】

真のブルゴーニュのトップに返り咲いた老舗ドメーヌ! 推薦グラス ドメーヌ・マルキ・ダンジェルヴィーユ / ヴォルネイ・カイユレ [2012] Domaine Marquis Dangerville /Volnay Caillerets 2012 セパージュ: 【ピノ・ノワール100%】 国地域: フランス・ブルゴーニュ・コート・ド・ボーヌ・ヴォルネー 飲み頃情報: 2017年以降 インポーター: フィネス ブルゴーニュでもトップクラスの評価を得ている造り手で最近ではあまり市場に出回らない稀少ワインだ。1980年代は早熟で熟成したときの姿が非常に魅力的だったが、長い間非常に評価は高いのだが首をかしげるワインを作っていた生産者でもある。ところが2006年に銀行家だった長男が後を継ぐことで見事に返り咲いたのだ。ビオ・ディナミに転向したということもあってかとにかく一流の名にふさわしいワインに生まれ変わった。基本的にワインはドライ傾向だが、これは熟成によってこそ甘みが現れる典型例で若干早熟にはなったもののやはり熟成を待つことで劇的に変わるワインでもある。先代のワインとは明らかに違うのだが、伝統ある貴族らしくそこには気品が漂っている。赤に関してはとにかく酒質が素晴らしく他の生産者とは明らかに違う個性が明確で上品さが際立っている。オフヴィンテージでさえけっしてしゃばしゃばしたようなワインを作ることはなく、2012年ヴォルネーは雹の被害で生産量が激減。今回はアリゴテ、パステゥグランの入荷はなく数も非常に少ない。貴重な年となりそうだ。 【rouge】 【bourgogne】 【ピノ・ノワール100%】 【v2012】 【kiwami】

ドメーヌ・ジャン・マリー・ブーズロー / ムルソー・シャルム・プルミエ・クリュ [2015]【白ワイン】

ワインショップ・ワインホリック

9,267

ドメーヌ・ジャン・マリー・ブーズロー / ムルソー・シャルム・プルミエ・クリュ [2015]【白ワイン】

フィネスが満を持して輸入した白の大物! 推薦グラス ドメーヌ・ジャン・マリー・ブーズロー / ムルソー・シャルム・プルミエ・クリュ [2015] Domaine Jean Marie Bouzereau / Meursault Charmes Premier Cru 2015 セパージュ: 【シャルドネ100%】 国地域: フランス・ブルゴーニュ・コート・ド・ボーヌ・ムルソー 飲み頃情報: 2018年以降 インポーター: フィネス ドメーヌ・ピエール・ブーズロー・エスモナンの後継者がこのジャン・マリー・ブーズローだ。以前扱っていたミッシェル・ブーズローもこの一族だが、フランスでも指折りのムルソー系の生産者だが、代が変わって以来日本へはまだ輸入されていなかった。今回フィネスが検討を重ね新しい一員として彼らのリストに招き入れたのだ。非常に素晴らしい酸と魅力的な果実味は今までフィネスにはなかったムルソー、ピュリニー系の白の生産者の穴を埋める造り手である。実に秀逸な生産者でフランス以外の海外での評価も非常に高い! ブズロー家はムルソーで10世代以上の長きに渡って葡萄栽培を続けている。現当主ジャン マリー氏はボーヌの醸造学校を卒業後、アメリカとオーストラリアのワイナリーで研修を行って経験と見識を積み、1994年にドメーヌに参入した。彼には2人の祖父がおり、それぞれムルソーとヴォルネーの葡萄栽培家だったのでその畑を引き継いでヴォルネー、ポマール、ボーヌの赤ワインを、ムルソー、ピュリニーの白ワインを造っており所有畑は9haになる。 【blanc】 【bourgogne】 【v2015】

ドメーヌ・ルシアン・ボワイヨ / ピュリニー・モンラッシェ・プルミエ・クリュ・レ・ペリエール [2015]【白ワイン】

ワインショップ・ワインホリック

14,829

ドメーヌ・ルシアン・ボワイヨ / ピュリニー・モンラッシェ・プルミエ・クリュ・レ・ペリエール [2015]【白ワイン】

2015年は最高のワインが出来ました! 推薦グラス ドメーヌ・ルシアン・ボワイヨ / ピュリニー・モンラッシェ・プルミエ・クリュ・レ・ペリエール [2015] Domaine Lucien Boillot / Puligny Montrachet Premie Cru Les Perrieres 2015 セパージュ: 【シャルドネ100%】 国地域: フランス・ブルゴーニュ・コート・ド・ボーヌ・ピュリニー・モンラッシェ 飲み頃情報: 2019年以降 インポーター: フィネス 6世代に渡ってブルゴーニュに畑を所有するドメーヌ。今日では約14haの畑を所有するに至っています。畑はコート ド ニュイのフィサンからコート ド ボーヌのヴォルネイまで南北に幅広く存在し、土壌は粘土石灰質でどの畑も古木が多く、最も古いもので樹齢100年近くにも及びます。これらの古木から、凝縮された味わいのワインが生み出されています。収穫は全て手摘。葡萄の皮から繊細でしなやかなタンニンを引き出すために100%除梗。またピノ ノワールの色とアロマを出す為に低温マセラシオンを3〜5日間行い、自然酵母で18〜21日間アルコール醗酵。熟成は樽で行い、新樽比率は25〜30%で18〜20か月間寝かせます。そしてノンフィルター、ノンコラージュで瓶詰。シャルドネ種100%。畑の広さは約25aで樹齢40〜45年の木です。2006年から造り始めた新しいもので新樽30%で15か月熟成させています。果 実風味豊かで旨味とコクがあり、酸味も素晴らしく、余韻も長く残ります。鶏肉、仔牛のポエレ、キノコ添え、フォワグラ、オマール エビ、アカザエビ、海水魚のグリルまたは蒸し焼き、ブリーチーズなど幅広いジャンルの料理と合わせられます。 【blanc】 【bourgogne】 【v2015】

ドメーヌ・ミッシェル・ニーロン / シャサニー・モンラッシェ・レ・ヴェルジェ・プルミエ・クリュ [2016]【白ワイン】

ワインショップ・ワインホリック

12,518

ドメーヌ・ミッシェル・ニーロン / シャサニー・モンラッシェ・レ・ヴェルジェ・プルミエ・クリュ [2016]【白ワイン】

2016年は数量が少なく非常に貴重! 推薦グラス ドメーヌ・ミッシェル・ニーロン / シャサニー・モンラッシェ・レ・ヴェルジェ・プルミエ・クリュ [2016] Domaine Michel Niellon / Chassagne-Montrachet Les Vergers Primier Cru 2016 セパージュ: 【シャルドネ100%】 国地域: フランス・ブルゴーニュ・コート・ド・ボーヌ・シャサニー・モンラッシェ 飲み頃情報: 2019年後半以降 インポーター: オーデックス・ジャパン ミッシェル・ニーロンのワインは、間違いなくシャサーニュ・モンラッシェのトップ生産者であることは確かだ。全ての面においてバランスが良く、フレッシュな酸とボディーのバランスが見事で、それでいてニエロンの人間的な魅了がそのままワインに映し出されているような部分がある。理想に近い姿であり、村名ワインでさえもその完成度の高さに驚く。畑による出来不出来の差もほとんど無くグラン・クリュになるとそのレベルの高さは群を抜いている。ここ数年、非常にコンディションも素晴らしくなり、若干開くまでに時間がかかっているが、若い内は、まるで上品な水のような姿、開いてくるとしっかりとふくよかなボディーになり、そこに見事な酸がバランスを整えてくれる。 【blanc】 【bourgogne】 【v2016】

ドメーヌ・フォンテーヌ・ガニャール / バタール・モンラッシェ・グラン・クリュ [2013]【白ワイン】

ワインショップ・ワインホリック

32,660

ドメーヌ・フォンテーヌ・ガニャール / バタール・モンラッシェ・グラン・クリュ [2013]【白ワイン】

現代的で非常に綺麗な造り! 推薦グラス ドメーヌ・フォンテーヌ・ガニャール / バタール・モンラッシェ・グラン・クリュ [2013] Domaine Fontaine-Gagnard / Batard Montrachet Grand Cru 2013 セパージュ: 【シャルドネ100%】 国地域: フランス・ブルゴーニュ・コート・ド・ボーヌ・ピュリニー・モンラッシェ 飲み頃情報: 2018年以降 インポーター: フィネス ガニャール一族のトップで現在ドラグランジェの相続も控えている。比較的現代的スタイルのワインを造りあげているが、風味の中には古典的な良さも宿っている。白ワインは非常に低い温度の醸造所で作られており、果実味にあふれながらも酸がびっしっとあって実に素晴らしい! このドメーヌは1985年に設立され、当主のリシャール フォンテーヌ氏はシャサーニュ モンラッシェ村の名家であるガニャール ドラグランジュ、ブラン ガニャールを一族に持ちます。 所有する畑はシャサーニュ、ポマール、ヴォルネイ村に約8haで、コクがあり力強くてトロみのある白と、色調が濃く肉厚な赤 を造っています。葡萄の木の仕立てはギュイヨ式 で、1株につき6〜8房に制限します。 除梗は100%で醗酵前低温浸漬は少し行い、空圧式圧搾機でプレスします。アルコール醗酵は白の場合は225Lの樫樽で、赤はコンクリートタンクで行います。 熟成は白は約12か月、赤は約18か月でいずれも225?の樫樽で行います。新樽率は約30%です。 【blanc】 【bourgogne】 【v2013】 【kiwami】

ドメーヌ・フォンテーヌ・ガニャール / クリオ・バタール・モンラッシェ・グラン・クリュ [2015]【白ワイン】

ワインショップ・ワインホリック

37,077

ドメーヌ・フォンテーヌ・ガニャール / クリオ・バタール・モンラッシェ・グラン・クリュ [2015]【白ワイン】

現代的で非常に綺麗な造り! 推薦グラス ドメーヌ・フォンテーヌ・ガニャール / クリオ・バタール・モンラッシェ・グラン・クリュ [2015] Domaine Fontaine-Gagnard / Criots Batard Montrachet Grand Cru 2015 セパージュ: 【シャルドネ100%】 国地域: フランス・ブルゴーニュ・コート・ド・ボーヌ・ピュリニー・モンラッシェ 飲み頃情報: 2019年以降 インポーター: フィネス ガニャール一族のトップで現在ドラグランジェの相続も控えている。比較的現代的スタイルのワインを造りあげているが、風味の中には古典的な良さも宿っている。白ワインは非常に低い温度の醸造所で作られており、果実味にあふれながらも酸がびっしっとあって実に素晴らしい! 当主のリシャール フォンテーヌ氏はシャサーニュ モンラッシェ村の名家であるガニャール・ドラグランジュ、ブラン ガニャールを一族に持ちます。所有する畑はシャサーニュ、ポマール、ヴォルネイ村に約10haで、コクがあり力強くてトロみのある白と、色調が濃く肉厚な赤を造っています。 シャルドネ種100%。所有畑の広さは約0.3haで葡萄の植樹は1930年、南東向きの粘土質土壌で石が多く見られます。隣接するバタール モンラッシェよりも少し低地になるので北風の影響を受けにくく、さらに日当たりが良いので葡萄の成熟が早いのが特徴。パイナップルなどの南国果実のようなアロマ、ハツラツとした酸味と直線的な味わい、力強くもバランスの取れた味わいです。 【blanc】 【bourgogne】 【v2015】 【kiwami】

バンジャマン・ルルー / サン・トーバン・レ・ムルジェ・ダン・ド・シアン [2013]【白ワイン】

ワインショップ・ワインホリック

6,804

バンジャマン・ルルー / サン・トーバン・レ・ムルジェ・ダン・ド・シアン [2013]【白ワイン】

シュヴァリエのすぐ下にある特別な畑! 推薦グラス バンジャマン・ルルー / サン・トーバン・レ・ムルジェ・ダン・ド・シアン [2013] Benjamin Leroux / Saint Aubin Les Meurgers Dents de Chien, 1er Cru 2013 セパージュ: 【シャルドネ100%】 国地域: フランス・ブルゴーニュ・コート・ド・ボーヌ・サン・トーバン 飲み頃情報: 今から インポーター: ヴィノラム バンジャマン・ルルーとの初めての出会いは、ボーヌで昨年飲んだコント・アルマンの2003年のポマールです。たまたま素晴らしいコンディションのワインを飲む機会があったことも非常に助けになっているのですが、上質で柔らかく見事な酒質に驚嘆しました。その後コント・アルマンのワインを輸入しているインポーターを探してみましたが、ちょうど日本ではインポーターが決まっていない時期でした。そして彼が2007年にネゴシアンをスタートします。将来畑を買い取ることを目標にビオロジックやビオディナミで生産している栽培家を探し出し最上のネゴシアンをスタートさせたのです。実は2007年は一時日本に輸入されましたが、コンディションが良くないため実際の評判は散々だったようです。私も2003年の彼のワインを飲んだ時にこれは普通のインポーターが入れたのでは意味がないなと思っていました。新しい可能性をみせてくれる新世代として注目です。実に淡くチャーミングでブルゴーニュ好きが求める淡い中に複雑さを醸し出す理想的なワインです。2013年は更に進化したバンジャマンの姿が見えます! 【blanc】 【bourgogne】 【シャルドネ100%】 【v2013】 【nature】

ドメーヌ・シャルヴァン / シャトー・ヌッフ・デュ・パフ [2011]【赤ワイン】

ワインショップ・ワインホリック

9,332

ドメーヌ・シャルヴァン / シャトー・ヌッフ・デュ・パフ [2011]【赤ワイン】

ヌフ・デュ・パプでこれほどエレガントなワインがあったとは!! 推薦グラス ドメーヌ・シャルヴァン / シャトー・ヌッフ・デュ・パフ [2011] Domaine Charvin / Chateaunef du pape 2011 セパージュ: 【 グルナッシュ95%、カリニャン5%】 国地域: フランス・コート・デュ・ローヌ・シャトーヌフ・デュ・パフ 飲み頃情報: 2015年以降 インポーター: ザ・ヴァイン 他と間違いようのないスタイル。果実味も骨格もディープでダーク。驚くほどのエレガンスとミネラルのフレッシュ感。オーガニックのブドウを使い、コンクリートタンクで全房発酵。生産量の限られた、唯一無二のキュヴェです。これは夢のようなワイン。無駄な力が無く、軽やかでエアリーでいながら、パワーと深み、骨格、エレガンス、フィネス、複雑さを兼ね備えています。イチゴ、チェリー、桃、杏、ガリーグ、黒コショウ、黒オリーブ、コーヒーなどの素晴らしい香り。シャルヴァンは有機栽培を実践しています。 樹齢は40〜100年。 手摘みで収穫されました。完璧に伝統的でシンプルな不干渉主義者。全房のまま軽く破砕し、コンクリートタンクに移し、自然酵 母のみを用いて発酵。最小限のSO2以外は何も添加しません。温度は少しコントロールしますが、通常はプレ スまで1ヶ月ほど発酵は続きます。ルモンタージュを行い軽く抽出を行います。コンクリートタンクで24ヶ月熟成。 無濾過、無清澄でボトリング。 【rouge】 【cotedurhone】 【 グルナッシュ95%、カリニャン5%】 【v2011】 【nature】

ル・ビュー・ドンジョン / シャトーヌフ・デュ・パフ・ルージュ [2014] 1500ml【赤ワイン】

ワインショップ・ワインホリック

13,446

ル・ビュー・ドンジョン / シャトーヌフ・デュ・パフ・ルージュ [2014] 1500ml【赤ワイン】

吃驚するほど美味しい!2014年は素晴らしい! 推薦グラス ル・ビュー・ドンジョン / シャトーヌフ・デュ・パフ・ルージュ [2014] 1500ml Le Vieux Donjon / Chateauneuf du pape 2014 1500ml セパージュ: 【グルナッシュ75%、シラー10%、ムール・ヴェードル10%サンソー5%】 国地域: フランス・コート・デュ・ローヌ・シャトーヌフ・デュ・パフ 飲み頃情報: 今から インポーター: フィネス シャトーヌフ・デュ・パフにおいて常に高評価。トップ5に数えられる生産者でかたくなに伝統を守り見事なワインを造り出しています。この地域では最も高度の高いところに畑を所有し、シャトーは法王の別荘のすぐ側にあります。1979年にルシアンとマリー・ジョゼが結婚したことによりこのシャトーが新たにスタートします。畑は15h、世界中で人気が高いために日本への入荷は極僅かです。2014年の赤はちょっと驚くほど素晴らしく今からでも美味しい。ふくよかで柔らかく図抜けた質感!どうも何かあったのかと思うほどに、、。あまりにできが良いので輸入量は少ないのですが3本確保! 【rouge】 【cotedurhone】 【グルナッシュ主体】【v2014】【kiwami】 【mg】

ガングロフ / サン・ジョセフ・ルージュ [2013]【赤ワイン】

ワインショップ・ワインホリック

9,072

ガングロフ / サン・ジョセフ・ルージュ [2013]【赤ワイン】

ローヌで今最も注目すべき生産者! 推薦グラス ガングロフ / サン・ジョセフ・ルージュ [2013] Gangloff / Saint Joseph Rouge 2013 セパージュ: 【シラー100%】 国地域: フランス・コート・デュ・ローヌ・サン・ジョセフ 飲み頃情報: 2017年以降 インポーター: ザ・ヴァイン 生産は150ケース以下のゴージャスなワイン。有機栽培、自然酵母での全房発酵、最小限のSO2、300Lの古樽熟成というナチュラルな醸造。傑作!サン・ジョセフの北部、コンドリューに近いペイローと呼ばれるところにある、わずか1haの花崗 岩土壌の急斜面の畑。ガングロフが2007年に畑を購入した時には、ブドウにはかなりの手入れが必要でした が、コート・ロティに近いワインができるポテンシャルが明らかに存在していました。その後、ガングロフ よって非常に注意深く的確な手入れを施されてきました。 ステンレスタンクで自然酵母での全房発酵、少量のSO2、ルモンタージュと軽いピジャージュをしながらの2週間の醸造。20%は新樽、残りは4?5年目の300Lのオーク樽を使っての熟成。無濾過、無清澄で瓶詰め。芳香豊かなアロマと凝縮感が特徴的。見事な均整!北ローヌのシラーに典型的なカシスとラズベリーのアロマは、高揚感のあるスミレ、ローストしたコーヒーのニュアンスをまとっています。緻密で上質なタンニンと柔らかな酸味が、実に余韻の長い果実味を爽やかに仕立てています。 【rouge】 【cotedurhone】 【v2013】 【koiaka】 【kiwami】

ドメーヌ・デュ・ペリカン / アルボア・シャルドネ [2015]【白ワイン】

ワインショップ・ワインホリック

5,098

ドメーヌ・デュ・ペリカン / アルボア・シャルドネ [2015]【白ワイン】

2015年は絶対に見逃せない! 推薦グラス ドメーヌ・デュ・ペリカン / アルボア・シャルドネ [2015] Domaine du Pelican / Arbois Chardonnay 2015 セパージュ: 【シャルドネ100%】 国地域: フランス・ジュラ 飲み頃情報: 今から インポーター: フィネス このドメーヌはヴォルネー村でワイン造りをしているドメーヌ マルキ ダンジェルヴィルが、ブルゴーニュのような素晴らしいテロワールのワインを造りたいという探究心から2012年にジュラ地方アルボワの町に隣接するモンティニー レ アルスール村に設立しました。「ペリカン」という不思議なドメーヌ名は動物のペリカンがアルボワの町のシンボルであることから由来します。ドメーヌ マルキ ダンジェルヴィルと同じくビオディナミ農法を取り入れ、醸造の哲学も変わりません。 ドメーヌ デュ ペリカンのワインは力強くエネルギッシュ且つ柔らかさもありとても余韻の長い味わいです。葡萄品種はシャルドネ種100%。若木のシャルドネらしいフレッシュな酸味、ミネラル豊かでクラシックな味わいはブルゴーニュのテロワールとは少し異なる泥灰土に由来しています。350?の樽で10ヵ月熟成、そのうち10%が新樽になり、瓶詰前にステンレスタンクでアサンブラージュさせます。 【blanc】 【jura】 【wakaumahiro】 【2015】 【nature】

ライエッタ / ブルネッロ・ディ・モンタルチーノ [2011]【赤ワイン】

ワインショップ・ワインホリック

5,627

ライエッタ / ブルネッロ・ディ・モンタルチーノ [2011]【赤ワイン】

ラシーヌ初輸入!注目の造り手 推薦グラス ライエッタ / ブルネッロ・ディ・モンタルチーノ [2011] L'Aietta / Brunello di Montalcino 2011 セパージュ: 【サンジョベーゼ・グロッソ】 国地域: イタリア・トスカーナ 飲み頃情報: 今から インポーター: ラシーヌ ライエッタは、お金もなく設備も小さいけれど、アルベレッロ(ゴブレ式仕立て)のブドウ株(フランチェスコが18歳の時に植樹した)をもっていたり、多分醸造のレベルもいわゆるヴァン・ナチュールに近い造りがされています。スターターを準備したり、フィルターを通したりもしていますが(良い悪いではなく)手作業の部分も多いです。まだ30歳過ぎという若さと、醸造学をガチガチに勉強したというわけでなく、18歳にして自信のワイン造りを始めた新進気鋭の生産者です。 味わいは、低価格ラインのものは、ロゼや、軽めのものを綺麗に造っています。ブルネッロは、注いでもらった直後にはブルネッロらしさ(皮っぽさ、コク、熟成しそうな予感)をあまり感じませんでしたが、ゆっくり飲むとだんだんとらしさが表れてきます。とてもバランスのとれた良い年。長期の熟成にも向く。 【rouge】 【italia】 【サンジョベーゼ・グロッソ100%】 【v2011】 【wakaumaaka】

ロアーニャ・アジエンダ・アグリコーラ・イ・パリエーリ / バルバレスコ・アジリ ヴェッキエ・ヴィーティ [2011]【赤ワイン】

ワインショップ・ワインホリック

25,272

ロアーニャ・アジエンダ・アグリコーラ・イ・パリエーリ / バルバレスコ・アジリ ヴェッキエ・ヴィーティ [2011]【赤ワイン】

ラシーヌが満を持して輸入。極めつきのバルバレスコ!3本限定! 推薦グラス ロアーニャ・アジエンダ・アグリコーラ・イ・パリエーリ / バルバレスコ・アジリ ヴェッキエ・ヴィーティ [2011] Roagna Azienda Agricola I Paglieri?/ Barbaresco Asili V V 2011 セパージュ: 【ネッビオーロ100%】 国地域: イタリア・ピエモンテ 飲み頃情報: 2018年後半以降 インポーター: ラシーヌ ロアーニャは今回初めてラシーヌが輸入することになり、今まで他のインポーターが輸入していた姿とはあまりにも違うために驚いてしまう人が多いだろう。現在バローロ、バルバレスコの世界において明らかなトップ生産者であるロアーニャのワインは、口に含んだ途端良き古き時代の良質な姿が蘇ったかのような世界を体感させてくれる。本来のイタリアワインとは一体どのようなものなのか、名前だけで濃いだけで飛ぶように売れるまやかしのバローロの世界をまるで意図に介さないように存在するロアーニャの価値は今のバローロの世界にとって救いとなる存在であろう。理想的な環境を守り作られる彼らのワインは貴重この上ない存在である。 【rouge】 【italia】 【kiwami】 【nature】 【v2011】

プリンチピアーノ・フェルディナンド / バローロ・ボスカレート [2012]【赤ワイン】

ワインショップ・ワインホリック

13,166

プリンチピアーノ・フェルディナンド / バローロ・ボスカレート [2012]【赤ワイン】

将来を嘱望される注目の造り手! 推薦グラス プリンチピアーノ・フェルディナンド / バローロ・ボスカレート [2012] Principiano Ferdinando / Barolo - Boscareto 2012 セパージュ: 【ネビオーロ100%】 国地域: イタリア・ピエモンテ 飲み頃情報: 今から インポーター: ラシーヌ プリンチピアーノ家は、1900年代の初頭から、自分たちが所有する7ヘクタールの畑でブドウ栽培にいそしんできました。自分たちのカンティーナは、50年代に父アメリーコ・プリンチピアーノの手によって実現され、1993年から、息子である現当主、フェルディナンドが引き継いでいます。フェルディナンドは、畑でも、醸造面でも、アメリーコから貴重な経験を得てきましたが、2004年に、その哲学と概念をあらためて定義しなおしました。化学肥料や除草剤、殺虫剤、防カビ剤の使用を放棄するのを信条としました。ブドウ樹1本あたりの収量を750gから最大でも1.5kgに抑えるため、間引きを進めてきましたし、野生酵母で発酵することを好みました。発酵時には温度管理も硫黄の添加も行いません。ルモンタージュはポンプを行わずに、手作業で行うことにしました。高品質のワインを生み出すために、ブドウ畑が円熟していることが根本的な役割を果たします。プリンチピアーノ家が所有しているクリュのブドウの樹齢が40年から60年におよぶことを、誇りに思ってもいいのではないでしょうか。 【rouge】 【italia】 【v2012】 【wakaumaaka】 【nature】

ロアーニャ・アジエンダ・アグリコーラ・イ・パリエーリ / バルバレスコ・モンテフィーコ ヴェッキエ・ヴィーティ [2010]【赤ワイン】

ワインショップ・ワインホリック

21,784

ロアーニャ・アジエンダ・アグリコーラ・イ・パリエーリ / バルバレスコ・モンテフィーコ ヴェッキエ・ヴィーティ [2010]【赤ワイン】

ラシーヌが満を持して輸入!極め付けのバローロとバルバレスコ! 推薦グラス ロアーニャ・アジエンダ・アグリコーラ・イ・パリエーリ / バルバレスコ・モンテフィーコ ヴェッキエ・ヴィーティ [2010] Roagna Azienda Agricola I Paglieri?/Barbaresco Montefico VV 2010 セパージュ: 【ネッビオーロ100%】 国地域: イタリア・ピエモンテ 飲み頃情報: 2017年以降 インポーター: ラシーヌ ロアーニャは今回初めてラシーヌが輸入することになり、今まで他のインポーターが輸入していた姿とはあまりにも違うために驚いてしまう人が多いだろう。現在バローロ、バルバレスコの世界において明らかなトップ生産者であるロアーニャのワインは、口に含んだ途端良き古き時代の良質な姿が蘇ったかのような世界を体感させてくれる。本来のイタリアワインとは一体どのようなものなのか、名前だけで濃いだけで飛ぶように売れるまやかしのバローロの世界をまるで意図に介さないように存在するロアーニャの価値は今のバローロの世界にとって救いとなる存在であろう。理想的な環境を守り作られる彼らのワインは貴重この上ない存在である。 【rouge】 【italia】 【kiwami】 【nature】 【v2010】

コルヴァ・ジャッラ / ロッソ・デッレ・グロッテ [2015]【赤ワイン】

ワインショップ・ワインホリック

3,111

コルヴァ・ジャッラ / ロッソ・デッレ・グロッテ [2015]【赤ワイン】

自然派の新星! 推薦グラス コルヴァ・ジャッラ / ロッソ・デッレ・グロッテ [2015] Corva Gialla / Rosso delle Grotte 2015 セパージュ: 【サンジョヴェーゼ】 国地域: イタリア・ラツィオ 飲み頃情報: 今から インポーター: エヴィーノ ローマ出身のベアトリーチェ アルヴァイラーは1997年、ルビリアーノの郊外に約2haの土地を手に入れた。周囲は手付かずの森に囲まれている理想的な環境。そこで彼女は菜園で野菜を育て、様々な果樹を植える。他にもニワトリ、牛、馬、羊、ロバなどの飼育を行い、野菜や果実はもちろん卵やミルクまで、自分達の食べるものは自ら作り育てている。当然ながら彼女の菜園では全て、薬品や化学肥料をつかわず、自然環境を尊重した栽培を行っている。 とある出会いがきっかけとなり、近くの町グラードリの造り手レ コステ、ジャンマルコ アントヌーツィのサポートによってブドウ栽培、ワイン醸造を始めることになります。純粋にブドウを表現するための醸造、そして圧倒的な飲み心地。すまさにレ コステと変わらない価値観。 サンジョヴェーゼ、樹齢5年。ロッセットと同じ畑より収穫。収穫したブドウを果皮と共に2週間、野生酵母による醗酵。木樽にて12か月の熟成。ロッソに比べて、やや成熟の浅いブドウ(畑のポジションによる)を使ったワイン。 【rouge】 【italia】 【v2015】 【wakaumaaka】 【nature】

ゲルヴェリ / ケテン・ゲムレク・キュップ [2010]【白ワイン】

ワインショップ・ワインホリック

3,996

ゲルヴェリ / ケテン・ゲムレク・キュップ [2010]【白ワイン】

アンフォラで作られる注目のトルコワイン! 推薦グラス ゲルヴェリ / ケテン・ゲムレク・キュップ [2010] Gelveri / Keten G?mlek K?p 2010 セパージュ: 【ケテン・ゲムレク100%】 国地域: トルコ 飲み頃情報: 今から インポーター: ラシーヌ トルコには1200以上のブドウ(以下、同じ)品種があるが、その全てがワイン醸造に向いているわけではない。公式には毎年400万トンを超える葡萄がワイン・干し葡萄・シロップに加工され、国内では主に生食用として流通しているが、広く行われている個人的な葡萄栽培の収穫は、この数字には含まれない。地元を訪れる観光客向けに、伝統的な方法で醸造した、地元産の自然なワインを提供したいという気持ちもあった。その際、1200種類以上にのぼる葡萄品種の遺伝子的多様性を保存しようと試みた。それは同時に、小規模生産者にとっては、伝統的かつ簡単で、エコロジカルでもあり経済的で持続可能な経営形態を提示することでもあると考えた。こうして私はゲルヴェリ社Gelveri Ltd.の共同経営者となり、役所に商業的なワイン醸造の許可を求めた。認可をとるために必要だった少量のステンレスタンクによる『近代的』醸造よりも、アナトリア産のキュプによる伝統的な醸造に多くの時間と場所をあてている。 造り手略歴 : 醸造学の教育は受けたことはなく、ワインメーカーのもとで研修したことはない。 【blanc】 【Turkiye Cumhuriyeti】 【v2010】【wakaumashiro】

スケルリ / スックゥス [2012] 1500ml【白ワイン】

ワインショップ・ワインホリック

8,813

スケルリ / スックゥス [2012] 1500ml【白ワイン】

造り手マテイが初めてボトリングした特別なワイン 推薦グラス スケルリ / スックゥス [2012] 1500ml Skerlj / Sukkus 2012 1500ml セパージュ: 【ヴィトフスカ】 国地域: イタリア・ロンバルディア 飲み頃情報: 今から インポーター: エヴィーノ マテイのワイン造りの根幹にあるものは、家族が代々続けてきたワイン造りでした。なので、彼も当然のように果皮を用いた醸造を行ってきました。果皮や種子を加えることで、果皮の酵母をモストに移す、そして果汁を酸化から守ることができる。2008年に収穫したヴィトフスカで、除梗した果実をそのまま木樽に入れて24か月、果皮も種子も入ったままの状態で熟成させました。その結果は驚くほど健全で、SO2を一切添加せずに2年間熟成をすることができた。しかしボトル詰めの際に果皮・種子を取り、オリ引きをしてボトル詰めをしたところ、いきなりの環境の変化にワインが強いショックを受けた(強い還元状態に陥ってしまった)といいます。それから4年後の2012年、前回と同じく果皮、種子もそのままで木樽にて醗酵。そして底に溜まっていたオリもそのままボトル詰め!しかし、完成したワインは驚くほどの繊細さ、そして旨みと柔らかさに包まれています。醸造したのはバリック一樽分、マグナムのみ150本のボトル詰め。ヴィトフスカの可能性、果皮の持つ力を証明した、特別なワインです。 【blanc】 【italia】【v2012】 【wakaumashiro】【nature】

クエンホフ・ピーター・プリガー / スッドゥチロル・アイザックタレール・フェルトリナー [2016]【白ワイン】

ワインショップ・ワインホリック

3,251

クエンホフ・ピーター・プリガー / スッドゥチロル・アイザックタレール・フェルトリナー [2016]【白ワイン】

生産量が少なくマニア垂涎のワイン! 推薦グラス クエンホフ・ピーター・プリガー / スッドゥチロル・アイザックタレール・フェルトリナー [2016] Kuenhof Peter-Pliger / Sudtirol - Eisacktaler Veltliner 2016 セパージュ: 【フェルトリーナ100%】 国地域: イタリア・トレンティーノ・アルト・アディジェ 飲み頃情報: 今から インポーター: ラシーヌ 非常にエレガントで私は今までにこのようなワインに出会ったことがない。驚くほどにセンスが高くチャーミングな雰囲気を醸しだし、濃厚でなくすっきりしているのにその中に見事な風味があるのである。とにかく清潔で、よく工夫されたカンティーナ。ボッテ(8樽)とステンレスタンク大小あわせて10基。プレスはヴァスラン搾り。どのキュヴェもマロラクティックをしない。ほとんど地元で売り切れ、輸出はわずかしかない。 トレンティーノ・アルト・アディジェはミネラルをイメージさせる非常に繊細ながら真の通った独特の魅力を感じさせてくれる。この地域の若手では圧倒的な存在と言える。 【blanc】 【italia】 【v2016】 【nature】 【wakaumashiro】

クエンホフ・ピーター・プリガー / スッドゥチロル・アイザックタレール・シルヴァネール [2016]【白ワイン】

ワインショップ・ワインホリック

3,716

クエンホフ・ピーター・プリガー / スッドゥチロル・アイザックタレール・シルヴァネール [2016]【白ワイン】

生産量が少なくマニア垂涎のワイン! 推薦グラス クエンホフ・ピーター・プリガー / スッドゥチロル・アイザックタレール・シルヴァネール [2016] Kuenhof Peter-Pliger / Sudtirol - Eisacktaler Sylvaner 2016 セパージュ: 【シルヴァネール100%】 国地域: イタリア・トレンティーノ・アルト・アディジェ 飲み頃情報: 今から インポーター: ラシーヌ 非常にエレガントで私は今までにこのようなワインに出会ったことがない。驚くほどにセンスが高くチャーミングな雰囲気を醸しだし、濃厚でなくすっきりしているのにその中に見事な風味があるのである。とにかく清潔で、よく工夫されたカンティーナ。ボッテ(8樽)とステンレスタンク大小あわせて10基。プレスはヴァスラン搾り。どのキュヴェもマロラクティックをしない。ほとんど地元で売り切れ、輸出はわずかしかない。 トレンティーノ・アルト・アディジェはミネラルをイメージさせる非常に繊細ながら真の通った独特の魅力を感じさせてくれる。この地域の若手では圧倒的な存在と言える。 【blanc】 【italia】 【v2016】 【nature】 【wakaumashiro】

スポンサーリンク
スポンサーリンク