メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「1ドール」検索結果。

1ドールの商品検索結果全1,546件中1~60件目

≪プス ドール≫クロ ド ラ ロッシュ 2013

東急百貨店

26,730

≪プス ドール≫クロ ド ラ ロッシュ 2013

かつてロマネ・コンティのオーナーであったデュヴォー・ブロシェ家の所有地の一部が、ドメーヌ・ド・ラ・プス・ドール。1964年、醸造長となったジェラール・ポテルが株式の半分を取得、もう半分をオーストラリアの投資家たちが所有していたが、1997年にポテルが急死。現在のオーナーはパトリック・ランダンジェである。パトリック・ランダンジェはドメーヌを取得後、醸造施設や発酵用の木桶、他の設備を一新。1999年に完成した醸造施設は6層構造になっており、収穫から醸造、樽熟成、瓶詰めまで、ポンプを一切使わず重力でブドウ果汁やワインが流れる仕組みになっている。また、ブドウ畑の拡張も盛んに行われており、1998年にコルトン・クロ・デュ・ロワ(1.45ha)とコルトン・ブレッサンド(0.48ha)を手に入れ、2004年にピュリニー・モンラッシェ1級カイユレ(0.73ha)、そして2008年にはシャンボール・ミュジニーのドメーヌ・モワンヌ・ユドロを買い取り、村名シャンボール・ミュジニー(1.41ha)、1級のグロゼイユ(0.52ha)、フースロット(0.42ha)、シャルム(0.19ha)、レ・ザムルーズ(0.20ha)、そして特級ボンヌ・マール(0.17ha)をラインナップに収めた。ブドウ栽培は2014年からビオディナミへの転換がスタート。近いうちに認証がとれる予定である。ビオディナミへの転換の他、醸造ではアンフォラを採用するなどさらなる発展を続けており、今後の進化に目が離せない注目のドメーヌである。特級畑クロ・ド・ラ・ロッシュは隣のシャンボール・ミュジニーよりもはっきりとしたボディを備え、肉付きが良く、かつエレガントな味わいです。

ドラピエ カルト ドール ブリュットNV ( 泡 白 ) シャンパン シャンパーニュ

タカムラ ワイン ハウス

5,984

ドラピエ カルト ドール ブリュットNV ( 泡 白 ) シャンパン シャンパーニュ

JALのファースト・クラスで!日本の翼、JALのファースト・クラスは、機内ではあのサロンやクリスタルなど、最高のシャンパーニュが供される事でも知られています。なんとこの度、そのファースト・クラスに搭乗するVIPの方々が搭乗前にくつろぐ《ファーストクラス・ラウンジ》でドラピエのカルト・ドールか提供されました!(2018年度)しかも、大橋健一MW(=マスター・オブ・ワイン)とワイン・ライターの大越基裕氏という、世界のワイン業界を知る2人が、数々のワインとの比較の末、選び抜いた1本なのです!最上の名誉を勝ち得た、至極の1本を味わって下さい!! ■『Wine Report』より抜粋■ 日本航空(JAL)がラウンジや機内でサーブするワインが、堅実なイメージを打破し、個性的なラインアップに変化している。自然派ボージョレのマルセル・ラピエールやココ・ファームのオレンジワインを採用するなど世界の航空会社でも珍しい品ぞろえ。大越氏は2016年からJALのワインアドバイザーを務めるが、2017年7月に大橋MWも加わった。ナチュラルワイン好きという共通項を持つ2人は、昨年秋のワイン選考会で820本の中から約40銘柄に絞り込み、2018年度のワインを決定した。JAL商品・サービス企画本部 開発部 空港サービス・客室仕様グループ・ディレクターの相原光氏によると、ラウンジのワインは、スクリューキャップは不可で、白はシャルドネを選定するなどの規定があったが、近年のトレンドの変化を受けて、規定にこだわらず、美味しいワインを選定するように変更してきた。機内搭載ワインより消費本数が少ないため、中小インポーターからの提案も積極的に受けるようになったという。ファーストクラス・ラウンジは、世界のVIPが利用するスペース。ナショナルフラッグ...

≪デュジャック≫ピュリニ モンラッシェ 1erクリュ レ コンベット2016

東急百貨店

23,100

≪デュジャック≫ピュリニ モンラッシェ 1erクリュ レ コンベット2016

【生産者情報】今やモレ・サン・ドゥニを代表する大ドメーヌとして勇名を馳せるドメーヌ・デュジャック。しかし、その歴史はわずか45年に過ぎない。創設者のジャック・セイスはベルギー出身で、ドメーヌ創設の前に2年間ブルゴーニュで過ごし、ジェラール・ポテルの元、ドメーヌ・プス・ドールでワイン造りを学びました。その間に、DRCのオベール・ド・ヴィレーヌやアルマン・ルソーのシャルル・ルソーらと親交を深めています。そして1968年に4.5haのドメーヌ・グライエを買い取り、自らの名前、ジャックをもじってドメーヌ・デュジャックと名付けました。現在はジャックの息子、ジェレミーとアレックがそれぞれ醸造と販売を担当し、ドメーヌを実質的に引き継いでいます。【ワイン情報】ジャック時代のワイン造りは完全無除梗による全房醸造がこのドメーヌの特徴であり、梗が色素を吸収するためワインの色調は比較的淡く、しかしながら香りと味わいがしっかりしているというものでした。ジェレミーになってからはヴィンテージに応じて除梗率を変え、以前よりも色合いはしっかりし、果実味も充実したものとなっています。【味わい】ピュリニー・モンラッシェのプルミエクリュのトップの畑。隣接するムルソー・シャルムやペリエールの特徴とピュリニーらしさを併せ持つ極上の白ワインです。アカシアなどの白い花、柑橘類、蜂蜜、ヘーゼルナッツ。タイトなボディで調和のとれた酸味とミネラル。アタックこそ果実の柔らかみが感じられるものの、全体的にピュアでストレートな印象。エレガントな白ワインに仕上がっています。

≪デュジャック≫ピュリニ モンラッシェ 1erクリュ レ コンベット 2017

東急百貨店

24,200

≪デュジャック≫ピュリニ モンラッシェ 1erクリュ レ コンベット 2017

【生産者情報】今やモレ・サン・ドゥニを代表する大ドメーヌとして勇名を馳せるドメーヌ・デュジャック。しかし、その歴史はわずか45年に過ぎない。創設者のジャック・セイスはベルギー出身で、ドメーヌ創設の前に2年間ブルゴーニュで過ごし、ジェラール・ポテルの元、ドメーヌ・プス・ドールでワイン造りを学びました。その間に、DRCのオベール・ド・ヴィレーヌやアルマン・ルソーのシャルル・ルソーらと親交を深めています。そして1968年に4.5haのドメーヌ・グライエを買い取り、自らの名前、ジャックをもじってドメーヌ・デュジャックと名付けました。現在はジャックの息子、ジェレミーとアレックがそれぞれ醸造と販売を担当し、ドメーヌを実質的に引き継いでいます。【ワイン情報】ジャック時代のワイン造りは完全無除梗による全房醸造がこのドメーヌの特徴であり、梗が色素を吸収するためワインの色調は比較的淡く、しかしながら香りと味わいがしっかりしているというものでした。ジェレミーになってからはヴィンテージに応じて除梗率を変え、以前よりも色合いはしっかりし、果実味も充実したものとなっています。【味わい】ピュリニー・モンラッシェでプルミエクリュのトップの畑。隣接するムルソー・シャルムやペリエールの特徴とピュリニーらしさを併せ持つ極上の白ワインです。アカシアなどの白い花、柑橘類、蜂蜜、ヘーゼルナッツ。タイトなボディで調和のとれた酸味とミネラル。アタックこそ果実の柔らかみが感じられるものの、全体的にピュアでストレートな印象。エレガントな白ワインに仕上がっています。

≪デュジャック≫ピュリニ モンラッシェ 1erクリュ レ フォラティエール2016

東急百貨店

17,600

≪デュジャック≫ピュリニ モンラッシェ 1erクリュ レ フォラティエール2016

【生産者情報】今やモレ・サン・ドゥニを代表する大ドメーヌとして勇名を馳せるドメーヌ・デュジャック。しかし、その歴史はわずか45年に過ぎない。創設者のジャック・セイスはベルギー出身で、ドメーヌ創設の前に2年間ブルゴーニュで過ごし、ジェラール・ポテルの元、ドメーヌ・プス・ドールでワイン造りを学びました。その間に、DRCのオベール・ド・ヴィレーヌやアルマン・ルソーのシャルル・ルソーらと親交を深めています。そして1968年に4.5haのドメーヌ・グライエを買い取り、自らの名前、ジャックをもじってドメーヌ・デュジャックと名付けました。現在はジャックの息子、ジェレミーとアレックがそれぞれ醸造と販売を担当し、ドメーヌを実質的に引き継いでいます。【ワイン情報】ジャック時代のワイン造りは完全無除梗による全房醸造がこのドメーヌの特徴であり、梗が色素を吸収するためワインの色調は比較的淡く、しかしながら香りと味わいがしっかりしているというものでした。ジェレミーになってからはヴィンテージに応じて除梗率を変え、以前よりも色合いはしっかりし、果実味も充実したものとなっています。【味わい】カイユレの隣に位置するプルミエ・クリュです。ワインは輝きのある美しいイエロー。白い花、蜂蜜、ヘーゼルナッツの香ばしいフレーバー。果実味の厚みとミネラルが調和し、エレガントで凛とした性格。余韻は長く、ピュリニーのプルミエ・クリュでも1、2を争う畑です。

≪デュジャック≫ジュヴレ シャンベルタン 1erクリュ オー コンボット 2017

東急百貨店

26,400

≪デュジャック≫ジュヴレ シャンベルタン 1erクリュ オー コンボット 2017

【生産者情報】今やモレ・サン・ドゥニを代表する大ドメーヌとして勇名を馳せるドメーヌ・デュジャック。しかし、その歴史はわずか45年に過ぎない。創設者のジャック・セイスはベルギー出身で、ドメーヌ創設の前に2年間ブルゴーニュで過ごし、ジェラール・ポテルの元、ドメーヌ・プス・ドールでワイン造りを学びました。その間に、DRCのオベール・ド・ヴィレーヌやアルマン・ルソーのシャルル・ルソーらと親交を深めています。そして1968年に4.5haのドメーヌ・グライエを買い取り、自らの名前、ジャックをもじってドメーヌ・デュジャックと名付けました。現在はジャックの息子、ジェレミーとアレックがそれぞれ醸造と販売を担当し、ドメーヌを実質的に引き継いでいます。【ワイン情報】ジャック時代のワイン造りは完全無除梗による全房醸造がこのドメーヌの特徴であり、梗が色素を吸収するためワインの色調は比較的淡く、しかしながら香りと味わいがしっかりしているというものでした。ジェレミーになってからはヴィンテージに応じて除梗率を変え、以前よりも色合いはしっかりし、果実味も充実したものとなっています。【味わい】ラトリシエール・シャンベルタンとクロ・ド・ラ・ロッシュに挟まれた1級畑です。当然ながら他の1級畑とは一段上の品質であり、過去にはグラン・クリュ昇格の提案もされたことがあります。事実、斜面の下になるシャルム・シャンベルタンと比べてもその差は小さく、ジュヴレ・シャンベルタンらしいストラクチャーにかけては一歩優るところがあります。

≪メオ カミュゼ フレール エ スール≫サン トーバン 1erクリュ2016

東急百貨店

8,800

≪メオ カミュゼ フレール エ スール≫サン トーバン 1erクリュ2016

【生産者情報】アンリ・ジャイエの薫陶を今に受け継ぐヴォーヌ・ロマネの名門ドメーヌ メオ・カミュゼ。その歴史は栽培農家であると同時に、コート・ドール県選出の代議士であったエティエンヌ・カミュゼに始まります。エティエンヌ・カミュゼの娘、マリア・ノワロには跡継ぎがなく、1959年近親のジャン・メオにドメーヌを託して亡くなりました。ジャン・メオは当時、ド・ゴール政権の閣僚という要職にあり、直接ドメーヌの管理をする事は出来ない為、畑は折半耕作の形で小作人に任せ、出来上がったワインは樽のままネゴシアンに売られていました。この時の小作人でワインを手がけていたのが、2006年に没したブルゴーニュワインの神様、アンリ・ジャイエです。やがて1980年代半ば、折半耕作の契約が切れると同時に、小作人たちも引退の時を迎え、メオ家にブドウ畑を返還。1985年から本格的にドメーヌ元詰めが始まりました。やがてパリに在住したままで、ドメーヌを経営する事が難しくなり、ブルゴーニュに赴くことになったのがジャンの息子、ジャン・ニコラ・メオです。商業学校でマーケティングを学び、銀行で研修を受けた、生粋のパリジャンです。1989年、24歳にしてドメーヌを託されました。 表向き引退を宣言したアンリ・ジャイエも、当時ドメーヌのコンサルタントとして若きジャン・ニコラの指導にあたりました。【ワイン情報】ジャン・ニコラは「メオ・カミュゼ・フレール・エ・スール」の名前でネゴシアンビジネスも行いました。マルサネ、フィサン、ジュヴレ・シャンベルタン、モレ・サン・ドニ、シャンボール・ミュジニー、ニュイ・サン・ジョルジュ、サントーバン、ブルゴーニュA.C.など、ドメーヌもののヴォーヌ・ロマネを補う形でコート・ド・ニュイのアペラシオンを余すことなく網羅。これらの中には短期賃貸契約によりメオ...

≪デュジャック≫モレ サン ドニ 1erクリュ モン リュイザン ブラン2016

東急百貨店

14,300

≪デュジャック≫モレ サン ドニ 1erクリュ モン リュイザン ブラン2016

【生産者情報】今やモレ・サン・ドゥニを代表する大ドメーヌとして勇名を馳せるドメーヌ・デュジャック。しかし、その歴史はわずか45年に過ぎない。創設者のジャック・セイスはベルギー出身で、ドメーヌ創設の前に2年間ブルゴーニュで過ごし、ジェラール・ポテルの元、ドメーヌ・プス・ドールでワイン造りを学びました。その間に、DRCのオベール・ド・ヴィレーヌやアルマン・ルソーのシャルル・ルソーらと親交を深めています。そして1968年に4.5haのドメーヌ・グライエを買い取り、自らの名前、ジャックをもじってドメーヌ・デュジャックと名付けました。現在はジャックの息子、ジェレミーとアレックがそれぞれ醸造と販売を担当し、ドメーヌを実質的に引き継いでいます。【ワイン情報】ドメーヌはコート・ド・ニュイでは珍しい白ワインの造り手でもあります。1985年の霜害で村名モレ・サン・ドニの一部が枯死したのを機会にシャルドネを植え、モレ・サン・ドニ・ブランとしてリリースしたのが始まり。さらにはモレ・サン・ドニ1級モン・リュイザンに入手した0.6haの畑にもシャルドネを植え、2000年から白ワインを送り出しています。【味わい】クロ・ド・ラ・ロッシュの上に位置する標高の高い1級畑です。デュジャックがここに植えたシャルドネから白ワインをリリースしたのは2000年のことでした。村名モレ・サン・ドニの白ワインとは性格を異にするタイトなミネラル感。香りもシトラスが中心であり、じつにエレガントな白ワインに仕上がっています。

≪デュジャック≫ヴォーヌ ロマネ 1erクリュ オー マルコンソール 2017

東急百貨店

38,500

≪デュジャック≫ヴォーヌ ロマネ 1erクリュ オー マルコンソール 2017

【生産者情報】今やモレ・サン・ドゥニを代表する大ドメーヌとして勇名を馳せるドメーヌ・デュジャック。しかし、その歴史はわずか45年に過ぎない。創設者のジャック・セイスはベルギー出身で、ドメーヌ創設の前に2年間ブルゴーニュで過ごし、ジェラール・ポテルの元、ドメーヌ・プス・ドールでワイン造りを学びました。その間に、DRCのオベール・ド・ヴィレーヌやアルマン・ルソーのシャルル・ルソーらと親交を深めています。そして1968年に4.5haのドメーヌ・グライエを買い取り、自らの名前、ジャックをもじってドメーヌ・デュジャックと名付けました。現在はジャックの息子、ジェレミーとアレックがそれぞれ醸造と販売を担当し、ドメーヌを実質的に引き継いでいます。【ワイン情報】2005年にヴォルネイのドメーヌ・ド・モンティーユと共同でドメーヌ・トマ・モワイヤールを買収。これにより、ドメーヌのポートフォリオは一層華やかさを増し、シャンベルタンとロマネ・サン・ヴィヴァンが増え、グラン・クリュだけで7つとなりました。もともと所有していたボンヌ・マールとヴォーヌ・ロマネ1級のボーモンは面積が増し、ヴォーヌ・ロマネでも最高の1級畑と謳われるマルコンソールには新たに1.57haという広い面積を所有することになりました。【味わい】2005年にトマ・モワラールを買収し、ラインナップに新たに加わったマルコンソールは、ラ・ターシュに隣接する1級畑ですが、その品質はグラン・クリュに値すると言われています。リッチで芳醇な果実味、複雑で重層的なフレーバー、止めどなく続く長い余韻はグラン・クリュと呼ぶにふさわしいワインです。

≪デュジャック≫シャンボール ミュジニ 1erクリュ レ グリュアンシエール 2017

東急百貨店

25,300

≪デュジャック≫シャンボール ミュジニ 1erクリュ レ グリュアンシエール 2017

【生産者情報】今やモレ・サン・ドゥニを代表する大ドメーヌとして勇名を馳せるドメーヌ・デュジャック。しかし、その歴史はわずか45年に過ぎない。創設者のジャック・セイスはベルギー出身で、ドメーヌ創設の前に2年間ブルゴーニュで過ごし、ジェラール・ポテルの元、ドメーヌ・プス・ドールでワイン造りを学びました。その間に、DRCのオベール・ド・ヴィレーヌやアルマン・ルソーのシャルル・ルソーらと親交を深めています。そして1968年に4.5haのドメーヌ・グライエを買い取り、自らの名前、ジャックをもじってドメーヌ・デュジャックと名付けました。現在はジャックの息子、ジェレミーとアレックがそれぞれ醸造と販売を担当し、ドメーヌを実質的に引き継いでいます。【ワイン情報】ジャック時代のワイン造りは完全無除梗による全房醸造がこのドメーヌの特徴であり、梗が色素を吸収するためワインの色調は比較的淡く、しかしながら香りと味わいがしっかりしているというものでした。ジェレミーになってからはヴィンテージに応じて除梗率を変え、以前よりも色合いはしっかりし、果実味も充実したものとなっています。【味わい】ボンヌ・マール寄り、シャンボール・ミュジニー村の下方に位置する1級畑がグリュアンシェールです。どちらかといえばモレ・サン・ドニ的な性格のクリマであり、赤い果実よりも黒い果実のニュアンスが出ています。その一方、シャンボールの1級畑らしい滑らかな舌触りとフレグラントな余韻で魅力的なワインです。

送料無料
送料無料 【チルド(冷蔵)商品】雪印メグミルク Dole GREEN SMOOTHIE(ドール グリーン スムージー) 180g×12本入 ※北海道・沖縄・離島は別途送料が必要。

ドリンクマーケット

2,602

送料無料 【チルド(冷蔵)商品】雪印メグミルク Dole GREEN SMOOTHIE(ドール グリーン スムージー) 180g×12本入 ※北海道・沖縄・離島は別途送料が必要。

※こちらの商品はクール(冷蔵)便でのお届けとなりますので、【チルド(冷蔵)商品】以外との同梱・同送はできません。そのため、すべての注文分を一緒にお届けできない場合がございますので、ご注意下さい。※【チルド(冷蔵)商品】は保存方法が要冷蔵となりますので、お届け後は冷蔵庫で保管して下さい。 ※代金引き換えはご利用できません。 ※のし包装の対応は致しかねます。 ※配送業者のご指定はご対応できません。 ※キャンセル・返品は不可とさせていただきます。 ※一部、離島地域にはお届けができない場合がございます。 JANコード:4908011702448 原材料 果実(りんご、バナナ、レモン、キウイフルーツ、ぶどう)、野菜(黄色にんじん、ケール、アスパラガス、ブロッコリー、ほうれん草、小松菜、 緑ピーマン、赤ピーマン、かぼちゃ)、 食物繊維(ポリデキストロース)/ビタミンC、香料、安定剤(増粘多糖類)、クチナシ青色素、甘味料(アセスルファムK、スクラロース) 栄養成分 (1本(180g)あたり)エネルギー74kcal、たんぱく質0.7g、脂質0.2g、飽和脂肪酸0.0g、炭水化物22.3g、糖質17.3g、食物繊維5.0g、食塩相当量0〜0.10g、ビタミンC 100〜375mg 内容 カテゴリ:チルド商品、果実飲料、ミックスサイズ:170〜230(g,ml) 賞味期間 (メーカー製造日より)90日 名称 果実・野菜ミックス飲料(清涼飲料水) 保存方法 要冷蔵(10℃以下) 備考 販売者:雪印メグミルク株式会社 北海道札幌市東区苗穂町6-1-1 ※当店で取り扱いの商品は様々な用途でご利用いただけます。 御歳暮 御中元 お正月 御年賀 母の日 父の日 残暑御見舞 暑中御見舞 寒中御見舞 陣中御見舞 敬老の日 快気祝い 志 進物 内祝 御祝 結婚式...

≪デュジャック≫ピュリニ モンラッシェ 1erクリュ レ フォラティエール 2017

東急百貨店

18,700

≪デュジャック≫ピュリニ モンラッシェ 1erクリュ レ フォラティエール 2017

【生産者情報】今やモレ・サン・ドゥニを代表する大ドメーヌとして勇名を馳せるドメーヌ・デュジャック。しかし、その歴史はわずか45年に過ぎない。創設者のジャック・セイスはベルギー出身で、ドメーヌ創設の前に2年間ブルゴーニュで過ごし、ジェラール・ポテルの元、ドメーヌ・プス・ドールでワイン造りを学びました。その間に、DRCのオベール・ド・ヴィレーヌやアルマン・ルソーのシャルル・ルソーらと親交を深めています。そして1968年に4.5haのドメーヌ・グライエを買い取り、自らの名前、ジャックをもじってドメーヌ・デュジャックと名付けました。現在はジャックの息子、ジェレミーとアレックがそれぞれ醸造と販売を担当し、ドメーヌを実質的に引き継いでいます。【ワイン情報】ジャック時代のワイン造りは完全無除梗による全房醸造がこのドメーヌの特徴であり、梗が色素を吸収するためワインの色調は比較的淡く、しかしながら香りと味わいがしっかりしているというものでした。ジェレミーになってからはヴィンテージに応じて除梗率を変え、以前よりも色合いはしっかりし、果実味も充実したものとなっています。【味わい】カイユレに隣接するプルミエ・クリュです。ワインは輝きのある美しいイエロー。白い花、蜂蜜、ヘーゼルナッツの香ばしいフレーバー。果実味の厚みとミネラルが調和し、エレガントで凛とした性格。余韻は長く、ピュリニーのプルミエ・クリュでも1、2を争う畑です。

ヴォルネイ 1er レ クロ ド ブスドール [2014] 750ml【ラ プスドール】/赤ワイン/フランスワイン/ブルゴーニュ/ヴォルネイ/プルミエクリュ/モノポール/ヴォルネー

ワインスクエアー・アズマヅル

11,713

ヴォルネイ 1er レ クロ ド ブスドール [2014] 750ml【ラ プスドール】/赤ワイン/フランスワイン/ブルゴーニュ/ヴォルネイ/プルミエクリュ/モノポール/ヴォルネー

かつてロマネ・コンティのオーナーであったデュヴォー・ブロシェ家の所有地の一部がドメーヌ・ド・ラ・プス・ドール。 1964年、投資家たちにより再構築され、その時に醸造長となったのがジェラール・ポテルであった。 やがてポテルが株式の半分を取得し、もう半分をオーストラリアの投資家たちが所有していたが、1997年にポテルが急死。ドメーヌは売りに出され、これを購入したのが現オーナーのパトリック・ランダンジェである。 彼は医療機械、とくに整形外科のビジネスで成功した人物だがヴォーヌ・ロマネに別荘をもっており、いつかは畑を買い、この別荘をドメーヌにしたいと夢想していた。そんな折、プス・ドール売却の話を耳にしたという。 手に入れるや否や、200万〜300万ユーロの資金を投じて醸造施設や発酵用の木桶、他の設備も一新。1999年に完成した醸造施設は6層構造になっており、収穫から醸造、樽熟成、瓶詰めまで、ポンプを一切使わず重力でブドウ果汁やワインが流れる仕組みになっている。 ランダンジェが投資したのは設備だけに止まらず、ブドウ畑の拡張も盛んに行われている。 1998年にコルトン・クロ・デュ・ロワ(1.45ha)とコルトン・ブレッサンド(0.48ha)を手に入れ、2004年にピュリニー・モンラッシェ1級カイユレ(0.73ha)。 そして2008年にはシャンボール・ミュジニーのドメーヌ・モワンヌ・ユドロを買い取り、村名シャンボール・ミュジニー(1.41ha)、1級のグロゼイユ(0.52ha)、フースロット(0.42ha)、シャルム(0.19ha)、レ・ザムルーズ(0.20ha)、そして特級ボンヌ・マール(0.17ha)をラインナップに収めた。 その代わり、2009年にサントネイ1級のグラヴィエールは売却。 ブドウ栽培はすべてビオロジック農法がとられていたが...

≪デュジャック≫クロ サン ドニ 2017

東急百貨店

46,200

≪デュジャック≫クロ サン ドニ 2017

【生産者情報】今やモレ・サン・ドゥニを代表する大ドメーヌとして勇名を馳せるドメーヌ・デュジャック。しかし、その歴史はわずか45年に過ぎない。創設者のジャック・セイスはベルギー出身で、ドメーヌ創設の前に2年間ブルゴーニュで過ごし、ジェラール・ポテルの元、ドメーヌ・プス・ドールでワイン造りを学びました。その間に、DRCのオベール・ド・ヴィレーヌやアルマン・ルソーのシャルル・ルソーらと親交を深めています。そして1968年に4.5haのドメーヌ・グライエを買い取り、自らの名前、ジャックをもじってドメーヌ・デュジャックと名付けました。現在はジャックの息子、ジェレミーとアレックがそれぞれ醸造と販売を担当し、ドメーヌを実質的に引き継いでいます。【ワイン情報】ジャック時代のワイン造りは完全無除梗による全房醸造がこのドメーヌの特徴であり、梗が色素を吸収するためワインの色調は比較的淡く、しかしながら香りと味わいがしっかりしているというものでした。ジェレミーになってからはヴィンテージに応じて除梗率を変え、以前よりも色合いはしっかりし、果実味も充実したものとなっています。【味わい】ジョルジュ・リニエの1.49haにわずかながら及ばぬものの、ドメーヌの前身グライエから引き継いだ1.47haは、このグラン・クリュ最大級の面積です。次男のアレックはクロ・ド・ラ・ロッシュよりもフェミニンでフィネスのあるグラン・クリュがこのクロ・サン・ドニだと言います。味わいも瑞々しく、余韻はリニアに伸びていきます。

≪デュジャック≫モレ サン ドニ ブラン 2017

東急百貨店

9,680

≪デュジャック≫モレ サン ドニ ブラン 2017

【生産者情報】今やモレ・サン・ドゥニを代表する大ドメーヌとして勇名を馳せるドメーヌ・デュジャック。しかし、その歴史はわずか45年に過ぎない。創設者のジャック・セイスはベルギー出身で、ドメーヌ創設の前に2年間ブルゴーニュで過ごし、ジェラール・ポテルの元、ドメーヌ・プス・ドールでワイン造りを学びました。その間に、DRCのオベール・ド・ヴィレーヌやアルマン・ルソーのシャルル・ルソーらと親交を深めています。そして1968年に4.5haのドメーヌ・グライエを買い取り、自らの名前、ジャックをもじってドメーヌ・デュジャックと名付けました。現在はジャックの息子、ジェレミーとアレックがそれぞれ醸造と販売を担当し、ドメーヌを実質的に引き継いでいます。【ワイン情報】ドメーヌはコート・ド・ニュイでは珍しい白ワインの造り手でもあります。1985年の霜害で村名モレ・サン・ドニの一部が枯死したのを機会にシャルドネを植え、モレ・サン・ドニ・ブランとしてリリースしたのが始まり。さらにはモレ・サン・ドニ1級モン・リュイザンに入手した0.6haの畑にもシャルドネを植え、2000年から白ワインを送り出しています。【味わい】1985年の霜害で村名畑のピノ・ノワールが枯死したため、その後植えたシャルドネが上手く生育。比較的表土は厚く、蜂蜜やグレープフルーツ、そして香ばしいナッツのニュアンスを伴う、リッチなスタイルの白ワインです。

【Dole(ドール)果汁100%】 レモネード200ml 1ケース〜

みるくはーと

1,496

【Dole(ドール)果汁100%】 レモネード200ml 1ケース〜

内容量 200ml 賞味期限 製造日より120日間 保存方法 常温で保管可 高温多湿は避けてください。 原材料 果実(ぶどう、りんご、レモン)、砂糖、香料 商品説明 シチリア産レモンを使用し、りんご・白ぶどうをブレンドした果汁率100%にすることで、満足感のある飲み応えを実現いたしました。甘酸っぱくさわやかな風味で、春から夏の季節にぴったりの果汁100%ジュースです。果汁ジュースといえばDole! シチリア産レモンを使用し、甘酸っぱくさわやかな風味に仕立てました。 りんご・白ぶどうをブレンドした果汁率100%で、満足感のある飲み応えです。 こちらの商品は1ケース(18本)からのご注文となります。 (1梱包で発送可能な最大注文数は6ケース(108本)になります。) 【1ケース(18本)】【2ケース(36本)】【3ケース(54本)】【4ケース(72本)】・・・ 送料無料の4ケース(72本)単位・6ケース(108本)単位でご注文時には、 ご注文後に送料を無料に変更して後ほどメールにてご案内させていただきます。 九州地区・北海道は500円、沖縄は800円の送料で発送します!! ※商品パッケージはキャンペーン及びリニューアルなどで予告無しに変更となる場合がございます。

ヴォルネー プルミエ クリュ クロ ド ラ ブス ドール (モノポール)[2013] ラ・プス・ドール(750ml)赤/フランス・ブルゴーニュ同一ワイン12本以上で3%現金割引します

ピノノワール・オンライン

13,079

ヴォルネー プルミエ クリュ クロ ド ラ ブス ドール (モノポール)[2013] ラ・プス・ドール(750ml)赤/フランス・ブルゴーニュ同一ワイン12本以上で3%現金割引します

※ラベルは予告無く変更となる場合があります。 Volnay 1er Cru Clos de la Bousse d'Or (Monopole)[2013]La POUSSE d'OR 品種: 赤/ピノノワール 容量: 750ml産地:ブルゴーニュ1997年からが新時代の始まり 最先端を纏うヴォルネイの歴史的古参。かつてロマネ・コンティのオーナーであったデュヴォー・ブロシェ家の所有地の一部が、ドメーヌ・ド・ラ・プス・ドール。 1964年、投資家たちにより再構築され、その時に醸造長となったのがジェラール・ポテルであった。 やがて、ポテルが株式の半分を取得し、もう半分をオーストラリアの投資家たちが所有していたが、1997年にポテルが急死。 ドメーヌは売りに出され、これを購入したのが現オーナーのパトリック・ランダンジェである。 彼は医療機械、とくに整形外科のビジネスで成功した人物だがヴォーヌ・ロマネに別荘をもっており、いつかは畑を買い、この別荘をドメーヌにしたいと夢想していた。そんな折、プス・ドール売却の話を耳にしたという。 手に入れるや否や、200万?300万ユーロの資金を投じて、醸造施設や発酵用の木桶、他の設備も一新。1999年に完成した醸造施設は6層構造になっており、収穫から醸造、樽熟成、瓶詰めまで、ポンプを一切使わず重力でブドウ果汁やワインが流れる仕組みになっている。 ランダンジェが投資したのは設備だけに止まらず、ブドウ畑の拡張も盛んに行われている。 1998年にコルトン・クロ・デュ・ロワ(1.45ha)とコルトン・ブレッサンド(0.48ha)を手に入れ、2004年にピュリニー・モンラッシェ1級カイユレ(0.73ha)。 そして2008年にはシャンボール・ミュジニーのドメーヌ・モワンヌ・ユドロを買い取り、村名シャンボール...

【ポイント10倍】ヴォルネー プルミエ クリュ クロ ド ラ ブス ドール (モノポール)[2016] ラ プス ドール(750ml)赤/フランス・ブルゴーニュ同一ワイン12本以上で3%現金割引します

ピノノワール・オンライン

16,500

【ポイント10倍】ヴォルネー プルミエ クリュ クロ ド ラ ブス ドール (モノポール)[2016] ラ プス ドール(750ml)赤/フランス・ブルゴーニュ同一ワイン12本以上で3%現金割引します

※ラベルは予告無く変更となる場合があります。 Volnay 1er Cru Clos de la Bousse d'Or (Monopole)[2016]La POUSSE d'OR 品種: 赤/ピノノワール 容量: 750ml産地:フランス/ブルゴーニュ地方/ヴォルネ1997年からが新時代の始まり 最先端を纏うヴォルネイの歴史的古参。かつてロマネ・コンティのオーナーであったデュヴォー・ブロシェ家の所有地の一部が、ドメーヌ・ド・ラ・プス・ドール。 1964年、投資家たちにより再構築され、その時に醸造長となったのがジェラール・ポテルであった。 やがて、ポテルが株式の半分を取得し、もう半分をオーストラリアの投資家たちが所有していたが、1997年にポテルが急死。 ドメーヌは売りに出され、これを購入したのが現オーナーのパトリック・ランダンジェである。 彼は医療機械、とくに整形外科のビジネスで成功した人物だがヴォーヌ・ロマネに別荘をもっており、いつかは畑を買い、この別荘をドメーヌにしたいと夢想していた。そんな折、プス・ドール売却の話を耳にしたという。 手に入れるや否や、200万?300万ユーロの資金を投じて、醸造施設や発酵用の木桶、他の設備も一新。1999年に完成した醸造施設は6層構造になっており、収穫から醸造、樽熟成、瓶詰めまで、ポンプを一切使わず重力でブドウ果汁やワインが流れる仕組みになっている。 ランダンジェが投資したのは設備だけに止まらず、ブドウ畑の拡張も盛んに行われている。 1998年にコルトン・クロ・デュ・ロワ(1.45ha)とコルトン・ブレッサンド(0.48ha)を手に入れ、2004年にピュリニー・モンラッシェ1級カイユレ(0.73ha)。 そして2008年にはシャンボール・ミュジニーのドメーヌ・モワンヌ...

ヴォルネー プルミエ クリュ クロ ド ラ ブス ドール アン アンフォ−ル(モノポール)[2016] ラ プス ドール(750ml)赤/フランス・ブルゴーニュ同一ワイン12本以上で3%現金割引します

ピノノワール・オンライン

14,080

ヴォルネー プルミエ クリュ クロ ド ラ ブス ドール アン アンフォ−ル(モノポール)[2016] ラ プス ドール(750ml)赤/フランス・ブルゴーニュ同一ワイン12本以上で3%現金割引します

※ラベルは予告無く変更となる場合があります。 Volnay 1er Cru Clos de la Bousse d'Or Eleve en Amphore(Monopole)[2016]La POUSSE d'OR 品種: 赤/ピノノワール 容量: 750ml産地:フランス/ブルゴーニュ地方/ヴォルネ1997年からが新時代の始まり 最先端を纏うヴォルネイの歴史的古参。かつてロマネ・コンティのオーナーであったデュヴォー・ブロシェ家の所有地の一部が、ドメーヌ・ド・ラ・プス・ドール。 1964年、投資家たちにより再構築され、その時に醸造長となったのがジェラール・ポテルであった。 やがて、ポテルが株式の半分を取得し、もう半分をオーストラリアの投資家たちが所有していたが、1997年にポテルが急死。 ドメーヌは売りに出され、これを購入したのが現オーナーのパトリック・ランダンジェである。 彼は医療機械、とくに整形外科のビジネスで成功した人物だがヴォーヌ・ロマネに別荘をもっており、いつかは畑を買い、この別荘をドメーヌにしたいと夢想していた。そんな折、プス・ドール売却の話を耳にしたという。 手に入れるや否や、200万?300万ユーロの資金を投じて、醸造施設や発酵用の木桶、他の設備も一新。1999年に完成した醸造施設は6層構造になっており、収穫から醸造、樽熟成、瓶詰めまで、ポンプを一切使わず重力でブドウ果汁やワインが流れる仕組みになっている。 ランダンジェが投資したのは設備だけに止まらず、ブドウ畑の拡張も盛んに行われている。 1998年にコルトン・クロ・デュ・ロワ(1.45ha)とコルトン・ブレッサンド(0.48ha)を手に入れ、2004年にピュリニー・モンラッシェ1級カイユレ(0.73ha)。 そして2008年にはシャンボール...

お酒・ドリンクのランキング

スポンサーリンク
スポンサーリンク