メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「1ドール」検索結果。

1ドールの商品検索結果全1,354件中1~60件目

≪プス ドール≫クロ ド ラ ロッシュ 2013 ☆

東急百貨店

26,244

≪プス ドール≫クロ ド ラ ロッシュ 2013 ☆

かつてロマネ・コンティのオーナーであったデュヴォー・ブロシェ家の所有地の一部が、ドメーヌ・ド・ラ・プス・ドール。1964年、醸造長となったジェラール・ポテルが株式の半分を取得、もう半分をオーストラリアの投資家たちが所有していたが、1997年にポテルが急死。現在のオーナーはパトリック・ランダンジェである。パトリック・ランダンジェはドメーヌを取得後、醸造施設や発酵用の木桶、他の設備を一新。1999年に完成した醸造施設は6層構造になっており、収穫から醸造、樽熟成、瓶詰めまで、ポンプを一切使わず重力でブドウ果汁やワインが流れる仕組みになっている。また、ブドウ畑の拡張も盛んに行われており、1998年にコルトン・クロ・デュ・ロワ(1.45ha)とコルトン・ブレッサンド(0.48ha)を手に入れ、2004年にピュリニー・モンラッシェ1級カイユレ(0.73ha)、そして2008年にはシャンボール・ミュジニーのドメーヌ・モワンヌ・ユドロを買い取り、村名シャンボール・ミュジニー(1.41ha)、1級のグロゼイユ(0.52ha)、フースロット(0.42ha)、シャルム(0.19ha)、レ・ザムルーズ(0.20ha)、そして特級ボンヌ・マール(0.17ha)をラインナップに収めた。ブドウ栽培は2014年からビオディナミへの転換がスタート。近いうちに認証がとれる予定である。ビオディナミへの転換の他、醸造ではアンフォラを採用するなどさらなる発展を続けており、今後の進化に目が離せない注目のドメーヌである。特級畑クロ・ド・ラ・ロッシュは隣のシャンボール・ミュジニーよりもはっきりとしたボディを備え、肉付きが良く、かつエレガントな味わいです。

ベビードール ピノロゼ[2017] Baby Doll Pinot Noir Rose Yealands Estate 750ml

札幌ワインショップ

1,793

ベビードール ピノロゼ[2017] Baby Doll Pinot Noir Rose Yealands Estate 750ml

高級旅館 奥定山渓温泉 佳松御苑 グラスワイン公式採用 原生林が茂る国立公園内に建つ穏やかな趣のモダンな温泉旅館。 欧風の囲炉裏とアート作品をしつらえたロビーは、ナチュラルでくつろいだ雰囲気。 池や石灯篭を配した庭園を併設し全室に自家源泉の展望風呂(炭酸水素塩泉)とリビングルームを備えたスイートを専門に提供する。 天然木材を壁面に使用し、畳の間にソファセットとベッド2台を備えた客室は、ワイドサイズの窓から自然を望む穏やかな空間。 1泊 2名 6〜9万円 所在地: 〒061-2301 北海道札幌市南区定山渓857 電話: 0120-489-485風力や太陽光発電によりワイナリーの電力を削減するなど、 カーボン・ゼロを掲げるユニークなワイン造りを行うピーター・イーランズ。 彼の造るワインは非常にナチュラルな味わいが特徴的。 グレープフルーツの味わいとミントのようなハーブの香りがとても心地よい。 ワイン名である『 ベビー・ドール 』 は、ミニチュア羊:ベビー・ドール・シープから名がつけられました。 この羊は、ブドウが実る高さまでは届かない小型サイズ(60cm)のため、除草を施す役割を大いに果たし、害虫を防ぎ、自然からできる肥料を担っているのです。 そんな素晴らしい環境のワインを仕上げるのが、美人過ぎる天才ワインメーカーとして名高い、Tamra Kelly-Washington 田村ケリー・ワシントンです。 リンカーン大学で醸造・栽培を学び首席で卒業。以降、イタリア中部、南部で研鑽を積み、カリフォルニア州ナパヴァレーでキャノピーマネジメントを学びました。 環境に優しく、美しいワインに仕上げる女神です。 2018年 シドニー インターナショナル ワインコンペティション ロゼ部門 ベストロゼ、3冠王を達成しました。 最高のロゼここに有り。...

ドメーヌ・フランソワ・ミクルスキ ブルゴーニュ コート・ドール シャルドネ 2017 750ml (ワイン) 【ラッキーシール対応】

サカツコーポレーション楽天市場店

4,290

ドメーヌ・フランソワ・ミクルスキ ブルゴーニュ コート・ドール シャルドネ 2017 750ml (ワイン) 【ラッキーシール対応】

大切なあの方へ。ギフトラッピングはこちらから ≫≫≫ 1991年設立と歴史は若いながら、瞬く間にムルソーのスタードメーヌになったフランソワ ミクルスキ。比類なきワインを生み出す人気ドメーヌ。 このワインは、ムルソー村名区画に程近い場所にある、1.5haの畑の1986年と2005年に植樹した葡萄を使用。オーク樽にて10ヶ月熟成後、澱引きをし、タンクにて2ヶ月熟成してから瓶詰め。 熟した果実の凝縮味を感じることができ、いきいきとしてエレガント。余韻に豊かなミネラルを思わせる風味があり、世にある凡庸なムルソーよりはよほど美味しいワインです。 ●生産地:フランス/ブルゴーニュ ●葡萄品種:シャルドネ ●こちらの商品はお取り寄せになりますので、発注後5-7日後の出荷となります。輸入元の在庫状況により品切れ、ヴィンテージ変更の場合がありますが、その場合はこちらよりご連絡差し上げます。●写真はイメージとなり、ラベルデザインやヴィンテージが異なる場合がございますドメーヌ・フランソワ・ミクルスキーFrancois Mikulski フランソワ・ミクルスキ氏は、デイジョンでポーランド人の父と、ムルソー出身の母の間に生まれました。ピエール・ボワイヨ氏(ムルソーのトップ生産者)は叔父にあたります。元々はプロのラグビー選手を目指していましたが、ブドウの栽培とワイン醸造を学ぶために、ボーヌのエコール・ヴィニコールに通い、ワインを学びました。 その後、ヴォルネイのJ.M.ボワイヨやカリフォルニアのロマネ・コンテイと称されるあのCALERAでの修行の末、91年からブルゴーニュでワイン造りを始めました。1992年がファースト・ヴィンテージとなります。まだ若いドメーヌですが、今やムルソーのトップとしての風格は十分。今も世界中でワインファンの注目の的で...

ドラピエ カルト ドール ブリュットNV ( 泡 白 ) シャンパン シャンパーニュ

タカムラ ワイン ハウス

5,875

ドラピエ カルト ドール ブリュットNV ( 泡 白 ) シャンパン シャンパーニュ

JALのファースト・クラスで!日本の翼、JALのファースト・クラスは、機内ではあのサロンやクリスタルなど、最高のシャンパーニュが供される事でも知られています。なんとこの度、そのファースト・クラスに搭乗するVIPの方々が搭乗前にくつろぐ《ファーストクラス・ラウンジ》でドラピエのカルト・ドールの提供がスタートしたとの情報をキャッチ!しかも、大橋健一MW(=マスター・オブ・ワイン)とワイン・ライターの大越基裕氏という、世界のワイン業界を知る2人が、数々のワインとの比較の末、選び抜いた1本なのです!最上の名誉を勝ち得た、至極の1本を味わって下さい!! ■『Wine Report』より抜粋■ 日本航空(JAL)がラウンジや機内でサーブするワインが、堅実なイメージを打破し、個性的なラインアップに変化している。自然派ボージョレのマルセル・ラピエールやココ・ファームのオレンジワインを採用するなど世界の航空会社でも珍しい品ぞろえ。大越氏は2016年からJALのワインアドバイザーを務めるが、2017年7月に大橋MWも加わった。ナチュラルワイン好きという共通項を持つ2人は、昨年秋のワイン選考会で820本の中から約40銘柄に絞り込み、2018年度のワインを決定した。JAL商品・サービス企画本部 開発部 空港サービス・客室仕様グループ・ディレクターの相原光氏によると、ラウンジのワインは、スクリューキャップは不可で、白はシャルドネを選定するなどの規定があったが、近年のトレンドの変化を受けて、規定にこだわらず、美味しいワインを選定するように変更してきた。機内搭載ワインより消費本数が少ないため、中小インポーターからの提案も積極的に受けるようになったという。ファーストクラス・ラウンジは、世界のVIPが利用するスペース。ナショナルフラッグ...

送料無料
【送料&クール便代無料】プス・ドールシャンボール・ミュジニー 1級レザムルーズ [2015]

信濃屋

42,984

【送料&クール便代無料】プス・ドールシャンボール・ミュジニー 1級レザムルーズ [2015]

Le domaine de la Pousse d'Or Chambolle - Musigny 1er Cru Les Amoureuses 『The Wine Advocate』誌でニール・マーティン氏92-94点! シャンボール・ミュジニーの1級畑のレザムルーズと言えば、ヴォーヌ・ロマネの1級畑レ・ゴーディショ、シャンボール・ミュジニィの1級畑コンブ・ドルヴォーと並び、信濃屋が『潜在特級』とする3大1級畑の一つです! このコート・ドールきっての名畑をプスドールは2008年に、モワンヌ・ユドロから買い取り、豪華な畑のラインナップに加えました。この区画は0.1965haの広さで、位置はレザムルーズの中でも上部の好立地区画。樹齢も40年以上という、素晴らしい畑です! 以下、プスドール日本語公式サイトより。 位置:アムルーズの畑の上部。 南西の部分は特級ミュジニーに囲まれている 日照:朝日の当たる南東向き斜面 土壌:30−50センチの厚さの赤粘土質の層の下に、ひびの入った、固い石灰質の層あり、その石板層のひびから、根が見事に入り込んでいる。この二種類の層からの複雑みが、見事にワインに反映されている。 植え付年:1976年50%、1977年50% 栽培:一切農薬、殺虫剤の使用はなく、すべて天然の肥料を使用。除草剤を使用せず、常に土の通気性をよくし、柔らかく保つ為に、常より耕している。 ワイン醸造:小さい箱で手作業での収穫、選別、除梗100%低温で漬け込み7日間、発酵中の温度コントロール、一日に二度のピジャージ、発酵槽にて21日間の漬け込み。 熟成:澱と共にオーク樽(新樽30%)にて15ヶ月間熟成、自然のゆるやかなマロラクティック発酵、コラージュと濾過なし、重力を利用した澱引き、並びに瓶詰め作業。 テイスティング:若いうちは少々硬いが...

お酒・ドリンクのランキング

スポンサーリンク
スポンサーリンク