メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「霧島酒造」検索結果。

霧島酒造の商品検索結果全739件中1~60件目

霧島酒造 黒霧島 25度(本格いも焼酎)900ml瓶※12本まで1個口配送可能 瓶焼酎  芋 [1707YF][SE]

燃えるカワサキグループ

972

霧島酒造 黒霧島 25度(本格いも焼酎)900ml瓶※12本まで1個口配送可能 瓶焼酎 芋 [1707YF][SE]

商品説明 商品名 くろきりしま メーカー 霧島酒造 内容量 900ml 度数 25% 分類 芋焼酎 原産国 日本 九州 宮崎県 原材料 さつまいも、米麹 1個口の目安 12本まで1個口送料で配送が可能です 備考 宅配便での配送となります 単品販売している酒、食品、コスメ等と同梱が出来ます ケース商品との同梱は出来ません 品切れの際は出荷までに1週間ほどお時間を頂く場合がございます 商品がリニューアルとなった場合は掲載写真と異なるラベルデザインの商品をお送りさせて頂きます システムの都合上、どれだけ大量にご購入されても注文確認画面では1個口分の送料しか表示されません 1個口分の積載量を超えた場合、後ほど当店で加算修正させて頂く場合がございます 詳しくは「ご注文確認メール」にて、ご確認下さい 関連ワード 本格焼酎 イモ焼酎 いも焼酎 1.8L チューパック 甲類乙類混和大正5年、霧島酒造創業者・江夏吉助によって初蔵出しされた焼酎は「黒麹」仕込み。 霧島酒造の歴史は、黒麹の焼酎で幕を開けたのです。 創業当時の黒麹仕込みの味わいを最新鋭の設備と当社独自の仕込みで再現した黒霧島。 黒麹の醸すうまさはトロリとしたあまみ、キリッとした後切れにあります。 霧島酒造の90余年の永きに渡る伝統と卓越した技術からこの美味しさは造られています。

玉露・黒麹 900ml 中村酒造場 【なかむら】で有名な蔵元のこだわり焼酎【RCP】

酒シンドバッド楽天市場店

988

玉露・黒麹 900ml 中村酒造場 【なかむら】で有名な蔵元のこだわり焼酎【RCP】

ギフト対応 ☆一体どんな焼酎?? 中村酒造場「玉露・黒麹」は、 あの入手困難な焼酎「なかむら」を生み出した中村酒造場さんのこだわり焼酎です! ☆造り 蔵元では明治21年の操業以来「むろや(麹屋)」で「モロ蓋(麹蓋)」にて麹をつくる 純手造り焼酎の手法をかたくなに守り続けておられます。 この工程なければ「手造り」の表示はできないことになっています。 仕込みに関しては、昔ながらの「大ガメ」にてゆっくりと時間を掛け、熟成させて二次 仕込みにかかっています。 原料の「さつまいも」は、収穫されたその日のうちに加工処理したもので新鮮ないもを使用、そして酒造りに とって大切な水は霧島連峰の伏流水である良質の地下水を汲み上げ仕込みや 割水に使っています。 全ての工程ににこだわりを持って醸し出される逸品です。 ☆味わい 「力強い芋の味わい」「まろやかな風味」 まさに、芋焼酎らしい黒麹焼酎です。 白麹を使用したものに比べて、黒麹を使用したこの焼酎はより力強く華やかなイモの香り、 そして深み甘みとも芋焼酎を飲んでるぞ~っ! と言う気分を味わえます。 ☆おすすめの飲み方 ロック・水割り・お湯割り全て美味しくいただけます。 特におすすめは数日前にお好みにより割り水をしておき、お燗されますとより一層美味しくいただけます。 ※こちらの商品は【実店舗と併売致しておりますので急な品切れをする事があります】 品切れの際は、【お取り寄せ後】発送可能ですのでご安心くださいませ。 (取り寄せは、最短で1日最長で7日とお考え下さいませ) また、当店では、仕入れ価格の変動をそのまま販売価格に反映致しておりますため、 販売価格は常時変動致しますのでご了承くださいませ。 《商品データ》 ※限定品の為、品切れの際はご了承下さい。 産地 鹿児島県国分市 製造元...

菜の花梅酒12度500ml 【白金酒造】【梅酒 うめ酒 鹿児島 手土産 楽天 プレゼント ギフト あす楽】

焼酎のひご屋

1,009

菜の花梅酒12度500ml 【白金酒造】【梅酒 うめ酒 鹿児島 手土産 楽天 プレゼント ギフト あす楽】

【検索キーワード】【あす楽_土曜営業】【あす楽_日曜営業】菜の花梅酒12度500ml なのはなうめしゅ 姶良郡姶良町 白金酒造 木樽蒸留の焼酎に漬込み菜の花の蜂蜜を用いたこだわり梅酒 ●明治2年(1869年)創業の白金酒造は鹿児島でも有数の歴史をもつ古い蔵で、大ベテランの黒瀬東洋海(とよみ)氏を杜氏頭に手造りにこだわり続け、昔ながらの木樽蒸留・かめ仕込みが特徴です。 蔵のシンボルである石蔵は、西南戦争のとき西郷軍の陣屋になったといわれており文化庁の登録有形文化財に指定されました。 鹿児島市から霧島市の方向へ国道10号線を進んでいくと 途中で(姶良町脇元)国道沿いにある石蔵を見ることができます。 ●「菜の花梅酒」は、「菜の花の蜂蜜」「さつま町の梅」「芋焼酎」と材料はすべて鹿児島県産にこだわりました。 さつま町産の梅実を厳選し、旨味を十分に引き出すため一粒ずつに穴をあけるという丁寧な手作業で処理しています。 木樽蒸留の焼酎に漬込み、菜の花から採れた県内産の蜂蜜で甘みを整えました。 ●無添加のやさしい菜の花香る梅酒です。 ほどよく香る芋焼酎の甘い香りと、蜂蜜による上品な甘さを感じることができます。 ○2008年春季全国酒類コンクール「古酒・新開発酒部門」で第一位となりました。 菜の花梅酒 1800mlサイズはコチラから 容 量:500ml 原材料:梅実 本格焼酎 砂糖・蜂蜜 アルコール度数:12度

綾紫 魔界への誘い 25度 900mL

Amazon

1,184

綾紫 魔界への誘い 25度 900mL

「魔界への誘い・綾紫」入荷致しました【光武酒造場】んは、※金波(きんぱ)などの銘柄で有名な佐賀県の蔵元さんです創業は元禄元年と非常に歴史も長く、また佐賀県の中でも光武学校と呼ばれるぐらい杜氏としての輩出が多い蔵です40年ほど前から吟醸造りにも力を入れ、鑑評会においても数々の賞を受賞しております10年ほど前から焼酎を手がけ始め、芋・麦・米の焼酎を造り、モンドセレクション等で何度も受賞しております2007年モンドセレクション銀賞受賞(5年連続受賞) 2007年 第24回全国酒類コンクール芋焼酎部門第一位グランプリ受賞 さっすが人気焼酎なだけあって、(博多弁)と思う味わ いです■原料には、鹿児島県産の【綾紫芋】使用【綾紫芋】、さつま芋の中でも希少性の高い芋で最近の紫芋仕込みや紅芋仕込みの焼酎とは、また違った味わいが楽しめますまた、原生麹の黒麹を使用することで、甘い香りと味に深みを出している■オン・ザ・ロックではキレの良い飲み心地が楽しめ、「お湯割り」では【綾紫芋】の味わいが溶け込んだかのような芋の甘味が感じられます香りも、芋の甘く、華やかな香りで上品な印象を持っています(あの「赤霧島」等もフルーティで赤ワインを想わせるような香りがありますね)おすすめの飲み方 ロック・水割り・お湯割り全て美味しくいただけますが、一口目は是非ストレートでお試し下さいまずはストレートで少し飲んでから、ロックにしています《商品データ》 ※九州限定品の為、品切れの際はご了承下さい産地:佐賀県鹿島市製造元:光武酒造場原材料:綾紫芋度数: 25度内容量:900ml保存方法:冷暗所保存

芋焼酎 伊佐大泉 25度 900ml【大山酒造】

下町の焼酎屋 澤屋総本店

1,192

芋焼酎 伊佐大泉 25度 900ml【大山酒造】

伊佐大泉 手造り麹を元に、芋の特徴を端麗スウィートに表現した エスニック フレーバー。 おいしい飲み方 ロック ストレート 水割り お湯割り ○ ○ ◎ ◎ 〔蔵 元〕大山酒造 〔所在地〕鹿児島 〔原材料〕芋 米麹 〔度 数〕25度 大山酒造 伊佐大泉 25度 900ml 【銘酒を生む伊佐地方】 四方を山で囲まれ、霧島連山を東方に仰ぐ水郷伊佐地方に位置する 大山酒造は、"伊佐のさけ"として、1905年に創業され、現代の芋焼酎 ブームの牽引役を果たしてきました。伊佐大泉、伊佐錦、伊佐美と3つの 蔵元がそれぞれの個性をもち、独自の味わいを醸し、全国のファンを 魅了して続けています。 この伊佐郡では、1970年に郡内の焼酎メーカー13社中11社が集まって 大口酒造協業組合を設立しました。それは、11社で一つの銘柄「伊佐錦」を 造っていこうという画期的な試みだったのです。しかし、この方向に「NO!」 を唱えたのがこの大山酒造と、甲斐商店だったのです。 ⇒酒銘の「伊佐」は鹿児島県の北に位置し霧島連山を仰ぐ伊佐地方を、 「大泉」は尽きることない焼酎たらんという思いを込めて付けられました。 【もっと良い大泉がつくれないか?】 3代目大山氏と南谷杜氏が“伊佐大泉"一蔵元一銘柄にこだわり、手造りで 造り続けて30有余年。こだわり続けるのは、"今の伊佐大泉"より、 もっと良い大泉がつくれないのか?もっとうまい大泉ができないのか? との思いが、今なお続いているんです。 【哲さんのこだわり】 「味を旨くするために一本に絞っているだけなんです。そう思っていると ...

本格芋焼酎 赤霧島 900ml 25度  AKAKIRISHIMA Japanese Spirit SHOCHU

ナヴェデヴィーノ

1,269

本格芋焼酎 赤霧島 900ml 25度 AKAKIRISHIMA Japanese Spirit SHOCHU

霧島酒造は、「品質をときめきに」の企業スローガンのもと、日々焼酎づくりに取り組んでいます。 霧島酒造の本格焼酎の原点は、南九州ならではの自然の恵みにあります。シラス大地が育てる芋「黄金千貫(こがねせんがん)」。霧島連山をくぐり抜け、適度なミネラルを有する名水「霧島裂罅水(きりしまれっかすい)」。そして、研究を重ね、宮崎県都城市でつくり続けている「麹」。この3つが揃ってはじめて、霧島酒造の焼酎づくりがはじまります。 本格焼酎づくりにこだわり、常に安定した品質を保てるよう、創業当時の製法を守りながら、その技術に磨きをかけてきました。 一つひとつの工程に、古くから培われてきた本格焼酎づくりの知恵と、積み重ねた技術が生きています。 【赤霧島】 幻の紫芋「ムラサキマサリ」が原料。 ムラサキマサリに豊富に含まれるポリフェノールと焼酎麹が生成するクエン酸に反応して、もろみが真っ赤になることから「赤霧島」と命名しました。 後を引くような甘みと気品高い香りが特徴の全く新しいタイプの芋焼酎です。長年に渡る伝統と卓越した技術からこの美味しさはつくられているのです。 「ムラサキマサリ」へのこだわり 先代の『本当においしい焼酎は芋である』という言葉を受け継ぎ、研究開発では芋焼酎の新たな味わいを追い求めています。 研究開発グループでは、黄金千貫に代わる新品種の芋を使用した次世代の焼酎の開発をするために、新たに開発された品種の芋を使用して試験醸造を行い、その中で有色甘藷がもつ独特の香りに着目しました。品種による特性として、ムラサキマサリの澱粉価は黄金千貫より高く、比較的貯蔵性もあり、形状も良いため醸造特性にも優れていました。このムラサキマサリを原料とした赤霧島は、発売当初から人気が高く、現在でも生産数量に合わせて限定出荷されているため希少価値の高い商品となっていま...

スポンサーリンク
スポンサーリンク