メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「雑誌ニコラ」検索結果。

雑誌ニコラの商品検索結果全4件中1~4件目

あす楽
ヴァンサン・プリュニエ サン・トーバン 1er ラ・シャトニエール [2013]750ml (白ワイン)

ウメムラ Wine Cellar

8,778

ヴァンサン・プリュニエ サン・トーバン 1er ラ・シャトニエール [2013]750ml (白ワイン)

「ミネラルの芯がしっかり通った、クリスタルのようなブルゴーニュの白が飲みたいが、ピュリニーまではちょっと」という時には、サン・トーバンの一級をお勧めします! ヴァンサン・プリュニエは、1762年生まれのニコラ・プリュニエを始祖として、今日、コート・ド・ボーヌ地区に5つのドメーヌを展開する名門プリュニエ一族の5代目のひとりで、1988年に独立して自身のドメーヌを設立しました。現在は、看板作品となっているサン・トーバンの各一級畑の他、ピュリニー・モンラッシェ、シャサーニュ・モンラッシェ、ムルソー、オークセイ・デュレスなどに合計17ヘクタールの畑を所有しています。 蔵出し価格が良心的であることも彼のワインの大きな特徴で、フランスを代表するワイン雑誌「ラ・ルヴュ・デュ・ヴァン・ド・フランス」が毎年刊行している通称「低価格帯ベストワインガイド」でも常連となっています。 「サン・トーバン 1er ラ・シャトニエール」は、0.21ha。粘土石灰質土壌。平均樹齢10年。新樽率25%で12ヵ月間樽熟成。 ■テクニカル情報■ 栽培:リュット・レゾネ栽培。除草剤は一切使用しない 醸造:赤は除梗100%、白は除梗しない。天然酵母のみで発酵。赤は無清澄でビン詰め Vincent Prunier Saint-Aubin 1er Cru La Chateniere ヴァンサン・プリュニエ サン・トーバン 1er ラ・シャトニエール 生産地:フランス ブルゴーニュ コート・ド・ボーヌ サン・トーバン 原産地呼称:AOC. SAINT AUBIN ぶどう品種:シャルドネ 100% アルコール度数:13.5% 味わい:白ワイン 辛口 【古酒について、当店からのお願い】 オールドヴィンテージのワインは必ず休息させることが必要です。休ませずに抜栓してしまうと本来の味わいは全...

あす楽
ヴァンサン・プリュニエ サン・トーバン 1er シュル・ル・サンティエ・デュ・クルー [2014]750ml (白ワイン)

ウメムラ Wine Cellar

5,890

ヴァンサン・プリュニエ サン・トーバン 1er シュル・ル・サンティエ・デュ・クルー [2014]750ml (白ワイン)

「ミネラルの芯がしっかり通った、クリスタルのようなブルゴーニュの白が飲みたいが、ピュリニーまではちょっと」という時には、サン・トーバンの一級をお勧めします! ヴァンサン・プリュニエは、1762年生まれのニコラ・プリュニエを始祖として、今日、コート・ド・ボーヌ地区に5つのドメーヌを展開する名門プリュニエ一族の5代目のひとりで、1988年に独立して自身のドメーヌを設立しました。現在は、看板作品となっているサン・トーバンの各一級畑の他、ピュリニー・モンラッシェ、シャサーニュ・モンラッシェ、ムルソー、オークセイ・デュレスなどに合計17ヘクタールの畑を所有しています。 蔵出し価格が良心的であることも彼のワインの大きな特徴で、フランスを代表するワイン雑誌「ラ・ルヴュ・デュ・ヴァン・ド・フランス」が毎年刊行している通称「低価格帯ベストワインガイド」でも常連となっています。 「サン・トーバン 1er シュル・ル・サンティエ・デュ・クルー」は、0.3ha。粘土石灰質土壌。平均樹齢約30年。新樽率25%で12ヵ月間樽熟成。 ■テクニカル情報■ 栽培:リュット・レゾネ栽培。除草剤は一切使用しない 醸造:赤は除梗100%、白は除梗しない。天然酵母のみで発酵。赤は無清澄でビン詰め Vincent Prunier Saint-Aubin 1er Cru Cru Sur le Sentier du Clou ヴァンサン・プリュニエ サン・トーバン 1er シュル・ル・サンティエ・デュ・クルー 生産地:フランス ブルゴーニュ コート・ド・ボーヌ サン・トーバン 原産地呼称:AOC. SAINT AUBIN ぶどう品種:シャルドネ 100% アルコール度数:13.5% 味わい:白ワイン 辛口Vincent Prunier / ヴァンサン・プリュニエ...

あす楽
ヴァンサン・プリュニエ サン・トーバン 1er シュル・ル・サンティエ・デュ・クルー [2017]750ml (白ワイン)

ウメムラ Wine Cellar

5,890

ヴァンサン・プリュニエ サン・トーバン 1er シュル・ル・サンティエ・デュ・クルー [2017]750ml (白ワイン)

「ミネラルの芯がしっかり通った、クリスタルのようなブルゴーニュの白が飲みたいが、ピュリニーまではちょっと」という時には、サン・トーバンの一級をお勧めします! ヴァンサン・プリュニエは、1762年生まれのニコラ・プリュニエを始祖として、今日、コート・ド・ボーヌ地区に5つのドメーヌを展開する名門プリュニエ一族の5代目のひとりで、1988年に独立して自身のドメーヌを設立しました。現在は、看板作品となっているサン・トーバンの各一級畑の他、ピュリニー・モンラッシェ、シャサーニュ・モンラッシェ、ムルソー、オークセイ・デュレスなどに合計17ヘクタールの畑を所有しています。 蔵出し価格が良心的であることも彼のワインの大きな特徴で、フランスを代表するワイン雑誌「ラ・ルヴュ・デュ・ヴァン・ド・フランス」が毎年刊行している通称「低価格帯ベストワインガイド」でも常連となっています。 「サン・トーバン 1er シュル・ル・サンティエ・デュ・クルー」は、0.3ha。粘土石灰質土壌。平均樹齢約30年。新樽率25%で12ヵ月間樽熟成。 ■テクニカル情報■ 栽培:リュット・レゾネ栽培。除草剤は一切使用しない 醸造:赤は除梗100%、白は除梗しない。天然酵母のみで発酵。赤は無清澄でビン詰め Vincent Prunier Saint-Aubin 1er Cru Cru Sur le Sentier du Clou ヴァンサン・プリュニエ サン・トーバン 1er シュル・ル・サンティエ・デュ・クルー 生産地:フランス ブルゴーニュ コート・ド・ボーヌ サン・トーバン 原産地呼称:AOC. SAINT AUBIN ぶどう品種:シャルドネ 100% アルコール度数:13.5% 味わい:白ワイン 辛口Vincent Prunier / ヴァンサン・プリュニエ...

あす楽
ヴァンサン・プリュニエ ブルゴーニュ・シャルドネ [2016]750ml (白ワイン)

ウメムラ Wine Cellar

3,190

ヴァンサン・プリュニエ ブルゴーニュ・シャルドネ [2016]750ml (白ワイン)

シャサーニュ・モンラッシェ村内のACブルゴーニュ区画より! ヴァンサン・プリュニエは、1762年生まれのニコラ・プリュニエを始祖として、今日、コート・ド・ボーヌ地区に5つのドメーヌを展開する名門プリュニエ一族の5代目のひとりで、1988年に独立して自身のドメーヌを設立しました。現在は、看板作品となっているサン・トーバンの各一級畑の他、ピュリニー・モンラッシェ、シャサーニュ・モンラッシェ、ムルソー、オークセイ・デュレスなどに合計17ヘクタールの畑を所有しています。 蔵出し価格が良心的であることも彼のワインの大きな特徴で、フランスを代表するワイン雑誌「ラ・ルヴュ・デュ・ヴァン・ド・フランス」が毎年刊行している通称「低価格帯ベストワインガイド」でも常連となっています。 「ブルゴーニュ・シャルドネ」は、シャサーニュ・モンラッシェ村内のACブルゴーニュ区画で0.49ha。小石混じりの砂質・粘土石灰質土壌。樹齢約25年。新樽率10%で12ヵ月間樽熟成。 明るい黄金色をしたクリアな白ワイン。洋ナシ、フルーツ、花のアロマ。オーク樽のニュアンス。口当たりは滑らかで果実味に富み、非常にシャルドネ的でオークの存在感がある。余韻は長い。魚、鶏肉や仔牛などの白身肉と相性が良い。 ■テクニカル情報■ 土壌:石灰岩と粘土の混合、標高:240メートル、ブドウの木の年齢:約25年 醸造:ワインは手摘みで収穫され、クラシックで伝統的な方法で醸造される。新樽、1年樽、2年樽のフレンチ・オーク・バリックで11~18ヶ月熟成後、瓶詰め。 生産量 4,500本 Vincent Prunier Bourgogne Chardonnay ヴァンサン・プリュニエ ブルゴーニュ・シャルドネ (ブルゴーニュ・ブラン) 生産地:フランス ブルゴーニュ 原産地呼称:AOC....

こちらの関連商品はいかがですか?

あす楽
セリエ・デ・ウルシュリーヌ サン・トーバン 1er ラ・シャトニエール [1993]750ml

ウメムラ Wine Cellar

5,390

セリエ・デ・ウルシュリーヌ サン・トーバン 1er ラ・シャトニエール [1993]750ml

【2020年12月蔵出し入荷】 優良ネゴシアンがこぞって買い付ける上質な古酒でお馴染みのセリエ・デ・ウルシュリーヌ このメゾンは70年代に、元クルティエのドミニク・ラヴォー氏によって設立されました。彼らのモットーは、よりコストパフォーマンスが高く、堅苦しくない親しみやすいスタイルで誰からも愛されるブルゴーニュワインを提供すること。 ネゴシアンとして、契約している優良な生産者よりワインを買いつけていますが、厳格なリュット・レゾネを実践し、丁寧に栽培された古樹からのブドウも購入しています。徹底的なグリーンハーヴェストや収量なども細かく制限し、ブドウはすべて手摘み。さらに選別を厳しくしたブドウのみを買い付ける徹底ぶりは、はっきりとワインの純粋さに現れています。伝統的かつ丁寧な醸造後、アリエ産のミドルトーストされた樽で熟成されます。新樽率は15〜35%。ワインはボーヌ郊外にあるブリニー・レ・ボーヌ村の醸造所にて瓶詰め、その後自らのラベルを貼って販売しています。 また、元クルティエならではのネットワークを活かして、生産者の蔵に眠っているオールドヴィンテージのボトル買いも行っています。その膨大なストックと品質の高さはブルゴーニュでも特に有名でルイ・ラトゥール、ジョゼフ・ドルーアンやアルベール・ビショーなどの優良なネゴシアンも買い付けるほどです。Cellier des Ursulines / セリエ・デ・ウルシュリーヌCellier des Ursulinesは70年代に創業したワイン商です。ワインの供給元にも恵まれ、ドミニク・ラボー氏の目にかなったワインを購入しラベリングしています。ウルシュリーヌは40年の歴史があり、ブルゴーニュではよく知られているネゴシアンです。古酒を所有しているたくさんの農家と契約しており、多くの古酒を購入する事が可能です...

あす楽
アンリ・プリュードン サン・トーバン 1er キュヴェ・フリソン・ダヴリル [2021]750ml (白ワイン)

ウメムラ Wine Cellar

9,020

アンリ・プリュードン サン・トーバン 1er キュヴェ・フリソン・ダヴリル [2021]750ml (白ワイン)

最上区画RemillyやMurgers des Dents de Chienがブレンドされた2021VTだけのスペシャル・キュヴェ!! 高騰するブルゴーニュにおける隠れた宝石であるサン・トーバン。この地のスター生産者ユベール・ラミーやマルク・コランと肩を並べるのがアンリ・プリュードン。プリュドン家はサントーバン村で最も古い一族の1つで、畑は知識とワインへの愛情と共に代々受け継がれている。アンリ・プリュドンは1921年生まれで、息子のジェラ―ルは1970年代から父と一緒に働き始め、共に「Henri Prudhon & Fils」を創業した。 現在はジェラ―ルの息子、フィリップとヴァンサンがドメーヌを運営している。「私達にとってはテロワールが非常に重要で、それを完璧に表現したワインを作りたい。」という信念の基、剪定から収穫まで、全ての作業を自分達自身で行っている。テロワールの魅力を最大限に引き出すため極力手を加えずに造る彼らのワインは、「この地の象徴的な存在」と言われ、過度に力みのない、しなやかな味わいと豊富なミネラルが魅力。 「サン・トーバン 1er キュヴェ・フリソン・ダヴリル」は、寒すぎた4月にちなんで名付けられたキュヴェ名。5区画のブレンド。香りは繊細で、白い花などフローラルな香りが特徴的。味わいにはフィネスが感じられ、非常に凝縮感がある。ヴァニラや、トーストなどの風味と共にバランスが取れた味わい。 ■テクニカル情報■ 産地:Saint Aubin 1er Cru ブドウ品種:シャルドネ100% 醸造・熟成:除梗はせずにプレスし、バリック約30日間。清澄、無濾過。バリック10ヶ月熟成(新樽20%) Henri Prudhon Saint Aubin 1er Cru Cuvee Frisson d'Avril アンリ・プリュードン...

あす楽
ドメーヌ・ジョセフ・コラン サン・トーバン 1er レ・ミュルジェ・デ・ダン・ド・シアン [2019]750ml (白ワイン)

ウメムラ Wine Cellar

9,680

ドメーヌ・ジョセフ・コラン サン・トーバン 1er レ・ミュルジェ・デ・ダン・ド・シアン [2019]750ml (白ワイン)

マルク・コランの次男が独立 経験と知識を生かしたワイン造り! マルク・コランの次男、ジョゼフが独立しスタートさせたドメーヌです。母ミシェルの実家はサン・トーバンの作り手、父マルクの実家はシャサーニュ・モンラッシェの作り手というワイナリー一家で、19歳だった1993年から仕事を始め、兄妹揃ってワイン造りをすることとなります。 長男ピエール・イヴは2005年に独立し、現在では高い人気を誇るドメーヌとなっています。そしてジョゼフも2017年、独立しドメーヌ・ジョセフ・コランを立ち上げました。 ドメーヌ・ジョゼフ・コランでは主に実家から受け継いだ6.5ヘクタールの畑で仕事をし、サン・トーバン、シャサーニュ、ピュリニーのヴィラージュ、1級、特級を合わせた19のアペラシオンのワインを造っています。 ビオディナミを意識し、畑には除草剤や化学肥料は使用していません。 「サン・トーバン 1er レ・ミュルジェ・デ・ダン・ド・シャン・ブラン」は、ル・モンラッシェの丘を上がったところにある区画で、ピュリニィ・モンラッシェの1級畑シャン・ガンと隣接します。「犬の歯」という意味をしており、ギザギザした犬の歯のような尖った岩が畑にたくさんあることから名付けられました。 Joseph COLIN Saint-Aubin 1er Cru Les Murgers Des Dents de Chien Blanc ドメーヌ・ジョセフ・コラン サン・トーバン プルミエ・クリュ レ・ミュルジェ・デ・ダン・ド・シャン・ブラン 生産地:フランス ブルゴーニュ コート・ド・ボーヌ サン・トーバン 原産地呼称:AOC. SAINT AUBIN ぶどう品種:シャルドネ100% 味わい:白ワイン 辛口 ワインアドヴォケイト:92 ポイント Rating 92 Drink Date...

あす楽
アンリ・プリュードン サン・トーバン 1er シュール・ガメイ [2021]750ml (白ワイン)

ウメムラ Wine Cellar

9,020

アンリ・プリュードン サン・トーバン 1er シュール・ガメイ [2021]750ml (白ワイン)

最高樹齢60年、Les Murgers des Dents de Chienと隣接する丘の上部の南西向きの畑! 高騰するブルゴーニュにおける隠れた宝石であるサン・トーバン。この地のスター生産者ユベール・ラミーやマルク・コランと肩を並べるのがアンリ・プリュードン。プリュドン家はサントーバン村で最も古い一族の1つで、畑は知識とワインへの愛情と共に代々受け継がれている。アンリ・プリュドンは1921年生まれで、息子のジェラ―ルは1970年代から父と一緒に働き始め、共に「Henri Prudhon & Fils」を創業した。 現在はジェラ―ルの息子、フィリップとヴァンサンがドメーヌを運営している。「私達にとってはテロワールが非常に重要で、それを完璧に表現したワインを作りたい。」という信念の基、剪定から収穫まで、全ての作業を自分達自身で行っている。テロワールの魅力を最大限に引き出すため極力手を加えずに造る彼らのワインは、「この地の象徴的な存在」と言われ、過度に力みのない、しなやかな味わいと豊富なミネラルが魅力。 「サン・トーバン 1er シュール・ガメイ」は、サン・トーバンの東部にある1haの畑。樹齢は20年-60年。グレープフルーツ、リンゴ、洋ナシのコンポートにスパイスティーのヒントが重なり合う素晴らしく複雑なアロマ。口に含むとフレッシュで肉付きの良いミディアムボディのフレーバーが広がり、クリアな果実味と美しい酸が楽しめる。フィニッシュにかけて心地よいミネラルが出てくることで、長い余韻がより一層続いていく。 ■テクニカル情報■ 産地:Saint Aubin 1er Cru ブドウ品種:シャルドネ100% 醸造・熟成:除梗はせずにプレスし、バリック約30日間。清澄、無濾過。バリック10ヶ月熟成(新樽20%) Henri Prudhon...

あす楽
ドメーヌ・フィリップ・シャヴィ サン・トーバン 1er レ・ミュルジュ・デ・ダン・ド・シアン [2021]750ml (白ワイン)

ウメムラ Wine Cellar

15,092

ドメーヌ・フィリップ・シャヴィ サン・トーバン 1er レ・ミュルジュ・デ・ダン・ド・シアン [2021]750ml (白ワイン)

コート・ドールの「秘められたる宝石」 偉大なるモンラッシェの裏手にあるのがこの、一級レ・ミュルジュ・デ・ダン・ド・シアン! ピュリニィ村には、シャヴィの名を冠するドメーヌが3つあり、いずれも腕利き揃いです。ドメーヌ・フィリップ・シャヴィの若き当主フィリップは、アラン・シャヴィとジャン・ルイ・シャヴィの従兄にあたります。 父のアルベールは、自社畑で作ったバルクワインを有名ネゴシアンに売却していましたが、1990年にドメーヌを引き継いだフィリップが自家元詰めを開始しました。土壌の潜在力を最大限に引き出すべくビオディナミ農法に転換して厳しく収量制限し、自然のサイクルを重視したブドウ栽培を心掛け、2000年代に入り飛躍的な進歩を遂げています。 「サン・トーバン 1er レ・ミュルジェ・デ・ダン・ド・シアン」は「犬の歯」という意味で、昔地下から掘り出された石灰岩が犬の歯のような形をしていたことに由来します。畑は南向きで日照量が高く、石を多く含む石灰岩質の痩せた土壌からミネラル豊かなワインが生まれます。 リンゴのアロマが香り立つ。上質な酸とミネラル感を湛えた輪郭のはっきりとした味わいで、滑らかさと優美なテクスチャーが感じられる。爽やかなライムの皮のニュアンスを纏った魅力的な後味が長い余韻を生む。 ■2021年ヴィンテージ情報■ この年は、フランス全土を覆った寒波により、生産者にとってチャレンジの年となりました。霜の影響を受けた厳しい春が過ぎ、開花時期を迎える頃は暖かく乾燥し、理想的な気象条件下で受粉、結実を迎えました。6月上旬まで気温が高かったため、生育月、5月の遅れを取り戻すことがでました。しかしながら、6月末から8月にかけて雨が多かったため、生産者たちは、畑でブドウの生長を見守りながら病害対策を行わなければなりませんでした...

あす楽
ドメーヌ・フィリップ・コラン サン・トーバン 1er レ・コンブ ブラン [2021]750ml (白ワイン)

ウメムラ Wine Cellar

10,380

ドメーヌ・フィリップ・コラン サン・トーバン 1er レ・コンブ ブラン [2021]750ml (白ワイン)

シュヴァリエやドゥモワゼルを受け継ぐミシェル・コラン・ドレジェの後継ドメーヌ! シャサーニュ・モンラッシェのトップドメーヌ、ドメーヌ・ミシェル・コラン・ドレジェのミシェル・コラン氏が2003年に引退したのを機に二人の息子、フィリップとブリュノがそれぞれ独立。長男のフィリップ氏は、父ミシェル氏の新しい醸造施設を引き継ぎ、自らの名を冠したワインがこちらのフィリップ・コランです。 フィリップ氏が所有するブドウ畑はおよそ9ha。これに加え、2.5ha分ほどのワインをネゴシアンワインとして生産。シャサーニュ・モンラッシェを中心に、ショーメ、シュヌヴォット、ヴェルジェ、モルジョなどの1級畑を所有しており、サントーバンやサントネイ、マランジュにも畑を持ちます。スタイルも味わいも父の教えを忠実に継承しており、落ち着きのある、しっかりとした構成のワインを生み出しており、今後も注目される造り手です。 「サン・トーバン 1er レ・コンブ ブラン」は、フランス語で「谷」という意味を持っておりその名の通り谷に位置した東西に細長い畑です。畑の一部はシャサーニュ・モンラッシェ村に隣接。そこの標高300メートル近くの高い区画から生まれるワインで、豊富なミネラルと力強さが特徴的です。 ■テクニカル情報■ 白ワインの醸造は、アルコール発酵をステンレスタンクで始め、半分くらいまで発酵が進んだところでオーク樽に移す。 気温の低いシャブリでよく見られる手法だ。熟成期間は12~15ヶ月。近年は228Lのブルゴーニュ樽のみではなく、400~500Lの中樽も使い、樽香に支配されるのを避ける傾向にある。パワフルさよりもむしろエレガントなスタイル。 PHILIPPE COLIN SAINT AUBIN 1ER LES COMBES BLANC フィリップ・コラン サン・トーバン...

あす楽
マルク・コラン サン・トーバン 1er キュヴェ・5C [2021]750ml (白ワイン)

ウメムラ Wine Cellar

8,900

マルク・コラン サン・トーバン 1er キュヴェ・5C [2021]750ml (白ワイン)

5つのクリマをブレンドして造られた、重量感と酸味のバランスが素晴らしい最初で最後の特別キュヴェ! サントーバンで最も偉大なドメーヌのひとつがマルク・コラン。1944年生まれのマルクは1970年、26歳の時にドメーヌを創設した。当初はサントーバンとシャサーニュ・モンラッシェに6haの畑をもつのみだったが、80年代から90年代にかけて19haまで畑を広げ、サントーバン、シャサーニュ・モンラッシェのほか、ピュリニー・モンラッッシェとサントネイにも畑をもち、26のアペラシオンを手がけるまでに成長した。 モンラッシェを所有する16の造り手のひとりであり、10a68caの区画はシャサーニュ側の最上部、ギィ・アミオの2つの区画に挟まれた形で位置する。マルクは2000年代前半に完全引退。後を継いだのは3人の息子と一人娘。その後すぐにピエール・イヴが独立(ピエール・イヴ・コラン・モレ)。2017年、次男のジョセフが自分自身のドメーヌを立ち上げたため、現在、三男のダミアンが当主であり造り手。 「サン・トーバン 1er キュヴェ・5C」は、収量が激減した2021年に特別に造られました。コンブ、シャルモワ、カステ、クレオ、スー・ロッシュ・デュメイ(Combes, Charmois, Castets, Creot and Sous Roche Dumay)の5クリマ(5 Climats)をブレンドして造られた最初で最後のキュヴェです。洋ナシ、甘い柑橘系オイル、バターのようなペストリーのアロマ。重量感と酸味のバランスが素晴らしい1本に仕上がっています。 Marc COLIN et Ses Fils Saint Aubin 1er Cru Cuvee 5C マルク・コラン サン・トーバン 1er キュヴェ・5C 生産地:フランス ブルゴーニュ コート・ド・ボーヌ...

あす楽
ヴァンサン・エ・ソフィー・モレ シャサーニュ・モンラッシェ 1er レ・カイユレ [2021]750ml (白ワイン)

ウメムラ Wine Cellar

19,800

ヴァンサン・エ・ソフィー・モレ シャサーニュ・モンラッシェ 1er レ・カイユレ [2021]750ml (白ワイン)

父親譲りのリッチで大柄な造りベルナール・モレイの直系後継者! シャサーニュで絶大な人気を誇り、名門モレ家の直系でもあるベルナール・モレ。そのベルナールが引退に伴い二人の息子に地所を譲った。兄であるヴァンサンは、ボーヌのドメーヌやサン・テミリオンでの修行の後、1986年から20年以上、ベルナール・モレに参画している。元々のベルナールの醸造施設等を引き継いだのがヴァンサンで、そのスタイルも踏襲している。父親譲りのリッチで大柄な造りで飲みごたえのあるワインです。 「シャサーニュ・モンラッシェ 1er レ・カイユレ」は、南東より若干東向きで、シャサーニュ・モンラッシェ村のちょうど中央上部に位置し、プルミエ・クリュに囲まれた素晴らしい畑です。小石が多く、土が少ない土壌由来で、強いミネラル味から来るフィネスが感じられる。エレガントなフルーツが酒質を引き立てる。口中でも十分に、複雑味を感じる。 ■2021年ヴィンテージ情報■ 2021ヴィンテージの収穫は9月下旬からスタート。手がかかるヴィンテージで、「2021年は何でもあり。」と言われるほど。当主ヴァンサン・モレ氏曰く、太陽のヴィンテージ2018、2019,2020の後となった2021年は、まさに20年前のスタイルでフレッシュなヴィンテージで良いとのこと。全体の収量は20%減となり、白に比べて赤の方が収量に関しては良かったが、マランジュ1級フュシエールは50%減となった。2021年の白は、100%樽熟成。 Vincent et Sophie MOREY Chassagne Montrachet 1er Cru Les Caillerets ヴァンサン・エ・ソフィー・モレ シャサーニュ・モンラッシェ 1er レ・カイユレ 生産地:フランス ブルゴーニュ コート・ド・ボーヌ シャサーニュ...

あす楽
ヴァンサン・ジラルダン ピュリニー・モンラッシェ 1er レ・シャン・ガン [2020]750ml (白ワイン)

ウメムラ Wine Cellar

26,400

ヴァンサン・ジラルダン ピュリニー・モンラッシェ 1er レ・シャン・ガン [2020]750ml (白ワイン)

近年ブルゴーニュにおけるトップドメーヌのひとつ、ヴァンサン・ジラルダン! 醸造家エリックによる新しい体制がもたらす最高品質のワイン。 エリック ジェルマン(エノログ)とマルコ カスケーラ(輸出・販売担当)を中心に運営しています。エリックはヴァンサン ジラルダンの醸造責任者であり、ワイン造りの全てに関わっているキーパーソン。ムルソー生まれのムルソー育ちです。マルコはリヨン出身で、輸出とフランス国内の販売すべてを担当しています。 ワイン造りの哲学は、『畑はなるべく手を加え、醸造はできるだけ自然に。しかし、設備はモダンに。』です。栽培や醸造には、ムーンカレンダーを使っています。畑は昔同様の人の手間をかける一方、醸造ではしっかりとした温度管理のできる完璧な近代設備を持つことが、温暖化していく中で、今後とても重要であると考えています。 「ピュリニー・モンラッシェ 1er レ・シャン・ガン」は、ピュリニー・モンラッシの最南端にある丘の中腹の頂上に位置する区画の樹齢45年の葡萄で造られています。ミネラルなノートとよく溶け込んだ酸味を持つ非常にエレガントなワインです。ウッディでフルーティーなノートから、レモンのようなフィニッシュへと続く、非常に美しい繊細さを楽しむことができる1本です。 ■テクニカル情報■ 228Lのフレンチオーク樽(新樽15%)を使い、天然酵母でアルコール発酵、マロラクティック発酵を行い、綺麗な澱と共に同じ樽で18ヶ月熟成させます。 Vincent Girardin Puligny Montrachet Blanc Premier Cru Les Champs Gains ヴァンサン・ジラルダン ピュリニー・モンラッシェ プルミエ・クリュ レ・シャン・ガン 生産地:フランス ブルゴーニュ コート・ド・ボーヌ ピュリニー...

あす楽
ドメーヌ・ポティネ・アンポー ピュリニ・モンラッシェ 1er レ・シャン・ガン [2013]750ml (白ワイン)

ウメムラ Wine Cellar

19,074

ドメーヌ・ポティネ・アンポー ピュリニ・モンラッシェ 1er レ・シャン・ガン [2013]750ml (白ワイン)

名翁ポティネ氏も認める後継ヴァンサン氏率いる【新】ポティネ・アンポーも見逃せない! ムルソーを中心にオーセイ・デュレス、モンテリ、ピュリニー・モンラッシェ、ヴォルネイ、ポマールと6つの村にまたがり8haを所有。赤白共にテロワールを尊重した、熟成により真価を発揮する古典的ブルゴーニュのお手本とも言うべきエレガントで美しい酸を持つワインを造る貴重なドメーヌです。 名門・アンポー家が、相続によって「ポティネ・アンポー」と「ロベール・アンポー」に分割されましたが、どちらの「アンポー」も、ここぞという絶妙な熟成状態までワインを蔵で寝かせておき、出荷時期をぎりぎりまで見極めた上で商品としてリリースするこだわりのドメーヌとして知られているようです。1937年から59ヴィンテージを手掛け、自らのセラーでゆっくりと熟成させてから販売する事にこだわりを持ち続けた名伯楽ポティネ・アンポー氏の哲学は今も尚受け継がれており、モンテリ村の地下セラーに眠る至宝の古酒は多くのファンを魅了しています。 「ピュリニー・モンラッシェ 1er レ・シャン・ガン」は、なによりもそのリッチなミネラル感が特徴です。酸も高く、とりわけ余韻の長いワインです。長期熟成向きです。 Domaine Potinet Ampeau Meursault 1er Cru Charme ドメーヌ・ポティネ・アンポー ピュリニー・モンラッシェ プルミエ・クリュ レ・シャン・ガン (ポチネ・アンポー) 生産地:フランス ブルゴーニュ コート・ド・ボーヌ ピュリニー・モンラッシェ 原産地呼称:AOC. PULIGNY MONTRACHET ぶどう品種:シャルドネ 100% アルコール度数:13.5% 味わい:白ワイン 辛口 【古酒について、当店からのお願い】 オールドヴィンテージのワインは必ず休息させるこ...

あす楽
パスカル・クレマン サン・トーバン 1er レ・シャルモワ ブラン [2015]750ml

ウメムラ Wine Cellar

7,480

パスカル・クレマン サン・トーバン 1er レ・シャルモワ ブラン [2015]750ml

白ワインの神、コシュ・デュリのジャン・フランソワ・コシュから薫陶を受けた注目の醸造家、パスカル・クレマン。 ファースト・ヴィンテージは2011年ながら、自国のフランスはもとより、欧米各国のインポーターからオファーが殺到している注目の新世代ネゴシアンです。 パスカル・クレマンはポマールのぶどう栽培家の家系出身ですが、相続する畑は持たなかったため、若くから志したワイン造りへの道を独力で切り拓くことになりました。彼にとって僥倖だったのは、最初の勤務先が「コシュ・デュリ」であったこと。1990年から1994年までの4年間にわたって、当時の当主で「白ワインの神」と呼ばれたジャン・フランソワ・コシュ氏より直々に、ワイン造りの哲学と秘技を授かりました。 「サン・トーバン 1er シャルモワ」は、平均樹齢35年のVV。樽で発酵後、1回使用樽で16ヶ月間熟成。シャサーニュ・モンラッシェに隣接し、高い酒質の力強いワインが生まれます。 PASCAL CLEMENT SAINT AUBIN 1ER CRU CHARMOIS パスカル・クレマン サン・トーバン 1er シャルモワ 生産地:フランス ブルゴーニュ コート・ド・ボーヌ サン・トーバン 原産地呼称:AOC. SAINT AUBIN ぶどう品種:シャルドネ 100% アルコール度数:13.0% 味わい:白ワイン 辛口Pascal Clément / パスカル・クレマン 白ワインの神、コシュ・デュリのジャン・フランソワ・コシュから薫陶を受けた注目の醸造家、パスカル・クレマン。 大型の新世代ネゴシアンが登場です。 パスカル・クレマンはポマールのぶどう栽培家の家系出身ですが、相続する畑は持たなかったため、若くから志したワイン造りへの道を独力で切り拓くことになりました。 彼にとって僥倖だったのは...

あす楽
ヴァンサン・エ・ソフィー・モレ サントネー レ・ザット ブラン [2013]750ml (白ワイン)

ウメムラ Wine Cellar

4,400

ヴァンサン・エ・ソフィー・モレ サントネー レ・ザット ブラン [2013]750ml (白ワイン)

父親譲りのリッチで大柄な造りベルナール・モレイの直系後継者! ヴァンサン・モレイの造る白ワインはリッチでパワフルなスタイルが特徴。往年のベルナール・モレイを彷彿させるそのスタイル。 シャサーニュで絶大な人気を誇り、名門モレ家の直系でもあるベルナール・モレ。そのベルナールが引退に伴い二人の息子に地所を譲った。兄であるヴァンサンは、ボーヌのドメーヌやサン・テミリオンでの修行の後、1986年から20年以上、ベルナール・モレに参画している。元々のベルナールの醸造施設等を引き継いだのがヴァンサンで、そのスタイルも踏襲している。父親譲りのリッチで大柄な造りで飲みごたえのあるワインです。 「サントネー レ・ザット ブラン」は、サントネの町の近くにあるレ・ザットという畑から。リリースと同時に飲んでもフレッシュさと果実味が楽しめる丸みがありキャンディの香り。 ■テクニカル情報■ 醸造・栽培、熟成(樽【新樽率】/タンク):100%木製樽(そのうち40%が新樽)、所有面積:27a、土壌:粘土石灰質、ぶどう品種(セパージュ):Chardonnay 100%、ぶどうの仕立て:ギュイヨ・サンプル Vincent et Sophie MOREY Santenay Les Hates Blanc ヴァンサン・エ・ソフィー・モレ サントネー レ・ザット ブラン 生産地:フランス ブルゴーニュ コート・ド・ボーヌ サントネイ 原産地呼称:AOC. SANTENAY ぶどう品種:シャルドネ 100% アルコール度数:13.0% 味わい:白ワイン 辛口Vincent et Sophie MOREY / ヴァンサン・エ・ソフィー・モレ 父親譲りのリッチで大柄な造りベルナール・モレイの直系後継者!シャサーニュ・モンラッシェの銘醸家として、その名を知られたベルナール...

サン トーバン プルミエ クリュ 一級 シュル ル サンティエ デュ クルー 2017 ドメーヌ ヴァンサン プリュニエ 白ワイン ブルゴーニュワインSaint-Aubin 1er Cru Sur...

うきうきワインの玉手箱

5,970

サン トーバン プルミエ クリュ 一級 シュル ル サンティエ デュ クルー 2017 ドメーヌ ヴァンサン プリュニエ 白ワイン ブルゴーニュワインSaint-Aubin 1er Cru Sur...

ブドウ収穫年 造り手 [2017]年 ドメーヌ ヴァンサン プリュニエ ( プルニエ ) 元詰 生産地 ブルゴーニュ/コート・ド・ボーヌ/サン・トーバン村/ AOCサン・トーバン・プルミエ・クリュ・一級 ワインのタイプ 白/辛口 ブドウの品種/セパージュ アッサンブラージュ シャルドネ100% 内容量 750ml ■さまざまなギフトアイテムをご用意しております。お中元 ギフト 御中元 お盆 お礼 敬老の日 クリスマス 冬ギフト お歳暮 御歳暮 お年賀 御年賀 お正月 年末年始 ご挨拶 バレンタイン ホワイトデー お返し 父の日 母の日 ギフト 贈答品 お土産 手土産 御祝 御礼 内祝い 引き出物 お祝い 結婚祝い 結婚内祝い 出産祝い 出産内祝い 引き菓子 快気祝い 快気内祝い 進学祝い 誕生日祝い バースデーケーキ プレゼント Wedding ウェディング ホームパーティ お花見 パーティ 退職ギフト 退職 就任祝いサン・トーバン・プルミエ・クリュ・一級・シュル・ル・サンティエ・デュ・クルー[2017]年・蔵出し品・ドメーヌ・ヴァンサン・プリュニエ(プルニエ)元詰・AOCサン・トーバン・プルミエ・クリュ・一級・6年熟成品 Saint-Aubin 1er Cru Sur le Sentier du Clou [2017] Domaine Vincent Prunier AOC Saint-Aubin 1er Cru 希少!大人気ブルゴーニュ辛口白ワイン愛好家大注目!ブルゴーニュワイン評論家の大御所でWMのセレナ・サトクリフ女史に、「ブルゴーニュの秘めたる宝石の1つ」と絶賛させ、ワイン評論家のヒュー・ジョンソン氏には、「今やコート・ド・ボーヌの白ワインの最前線に立つ村」と★★★3つ星大絶賛!させたモンラッシェ系の弟分!...

あす楽
ヴァンサン・エ・ソフィー・モレ ブルゴーニュ・シャルドネ [2018]750ml (白ワイン)

ウメムラ Wine Cellar

3,410

ヴァンサン・エ・ソフィー・モレ ブルゴーニュ・シャルドネ [2018]750ml (白ワイン)

父親譲りのリッチで大柄な造りで、飲みごたえのあるACブルゴーニュ! シャサーニュで絶大な人気を誇り、名門モレ家の直系でもあるベルナール・モレ。そのベルナールが引退に伴い二人の息子に地所を譲った。兄であるヴァンサンは、ボーヌのドメーヌやサン・テミリオンでの修行の後、1986年から20年以上、ベルナール・モレに参画している。元々のベルナールの醸造施設等を引き継いだのがヴァンサンで、そのスタイルも踏襲している。父親譲りのリッチで大柄な造りで飲みごたえのあるワインです。 「ブルゴーニュ・シャルドネ」は、樽とイノックスを半々使用しています。そして新樽も2割ほどあてがっています。収穫の翌年4月の澱引きまでシュル・リー状態に置き、その後澱下げのみで清澄はせずに8月の半ばに瓶詰めします。 ■テクニカル情報■ 醸造・栽培、熟成(樽【新樽率】/タンク):50%木製樽(そのうち20%が新樽)、50%ステンレスタンク、所有面積:55a、土壌:粘土質、ぶどう品種(セパージュ):Chardonnay 100%、ぶどうの仕立て:ギュイヨ・サンプル Vincent et Sophie MOREY Bourgogne Chardonnay ヴァンサン・エ・ソフィー・モレ ブルゴーニュ・シャルドネ (ブルゴーニュ・ブラン) 生産地:フランス ブルゴーニュ 原産地呼称:AOC. BOURGOGNE ぶどう品種:シャルドネ 100% アルコール度数:13.0% 味わい:白ワイン 辛口Vincent et Sophie MOREY / ヴァンサン・エ・ソフィー・モレ 父親譲りのリッチで大柄な造りベルナール・モレイの直系後継者!シャサーニュ・モンラッシェの銘醸家として、その名を知られたベルナール・モレイも引退。2006年を最後のヴィンテージとし、所有畑はふたりの息子...

あす楽
ヴァンサン・ジラルダン ピュリニー・モンラッシェ レ・ヴィエーユ・ヴィーニュ [2020]750ml (白ワイン)

ウメムラ Wine Cellar

19,800

ヴァンサン・ジラルダン ピュリニー・モンラッシェ レ・ヴィエーユ・ヴィーニュ [2020]750ml (白ワイン)

近年ブルゴーニュにおけるトップドメーヌのひとつ、ヴァンサン・ジラルダン! エリック ジェルマン(エノログ)とマルコ カスケーラ(輸出・販売担当)を中心に運営しています。エリックはヴァンサン ジラルダンの醸造責任者であり、ワイン造りの全てに関わっているキーパーソン。ムルソー生まれのムルソー育ちです。マルコはリヨン出身で、輸出とフランス国内の販売すべてを担当しています。 ワイン造りの哲学は、『畑はなるべく手を加え、醸造はできるだけ自然に。しかし、設備はモダンに。』です。栽培や醸造には、ムーンカレンダーを使っています。畑は昔同様の人の手間をかける一方、醸造ではしっかりとした温度管理のできる完璧な近代設備を持つことが、温暖化していく中で、今後とても重要であると考えています。 「ピュリニー・モンラッシェ レ・ヴィエーユ・ヴィーニュ」は、ピュリニー・モンラッシェにある、Tremblots, Rue au Vaches, Houilleres, Paupillots,Nosroyesの区画で作られる樹齢40年のブドウを使用します。 シダ、サンザシ、熟したブドウ、マジパン、ヘーゼルナッツ、アンバー、レモングラス、青リンゴの香り。ミネラル(火打石)とバターのアロマが感じられます。特に数年寝かせた後に蜂蜜のアロマも表れてきます。凝縮感が際立つ白ワインです。 ボトリングの前に樽のワインをステンレスタンクに移し、ブレンドします。清澄を行い、軽くフィルターをかけ月のカレンダーの「果実の日」にボトリングします。「果実の日」はワインにフレッシュさとミネラリティを与えてくれます。 Vincent Girardin Puligny Montrachet Les Vieilles Vignes ヴァンサン・ジラルダン ピュリニー・モンラッシェ レ・ヴィエーユ...

あす楽
ドゥメセ サン・トーバン 1er ル・サンティエ・デュ・クルー ブラン [2003]750ml

ウメムラ Wine Cellar

4,576

ドゥメセ サン・トーバン 1er ル・サンティエ・デュ・クルー ブラン [2003]750ml

極めてミネラリーな味わいの1本! 「ドゥメセ」は、マコン地区のドメーヌ「シャトー・ドゥ・メセ」の所有者であったマルク・デュモンが、1995年に新たに取得したムルソー村の名門ネゴシアン「マノワール・ミュリザルティアン」と業容を統合して誕生したメゾンです。その後コート・シャロネーズ地区の「ドメーヌ・ベルヴィル」も傘下に加わり、今日32ヘクタールの自社畑を所有しています。 ワインは仏大統領官邸「エリゼ宮」の他、欧米の多数のトップレストランや、各航空会社の国際線などにもオンリストされ、「ベタンヌ&ドゥソーヴ」「ゴー&ミヨー」といった各種ワインガイドの常連でもあります。そしてこのメゾンは、ムルソー村の1500m2ものカーヴに、見事に熟成した白のバックヴィンテージを大量に貯蔵していることでも世界に名を轟かせています。 「サン・トーバン 1er ル・サンティエ・デュ・クルー ブラン」は、サン・トーバン村の北部、南東向きの斜面プルミエ・クリュ。レ・フリオンヌ」の斜面上部に位置する区画。極めてミネラリーな味わいです。新樽率30% ■テクニカル情報■ 栽培:リュット・レゾネ栽培を実践する契約ドメーヌから果汁で購入して自家醸造。仕様書による栽培管理を行う 醸造:すべて樽で発酵・熟成 Demessey Saint Aubin 1er Cru Sur le Sentier du Clou Blanc ドゥメセ サン・トーバン 1er ル・サンティエ・デュ・クルー ブラン 生産地:フランス ブルゴーニュ コート・ド・ボーヌ サン・トーバン 原産地呼称:AOC. SAINT AUBIN ぶどう品種:シャルドネ 100% 味わい:白ワイン 辛口 【古酒について、当店からのお願い】 オールドヴィンテージのワインは必ず休息させることが必要です...

あす楽
ドメーヌ・ヴァンサン・ヴァンジエ ブルゴーニュ・シャルドネ [2022]750ml (白ワイン)

ウメムラ Wine Cellar

3,170

ドメーヌ・ヴァンサン・ヴァンジエ ブルゴーニュ・シャルドネ [2022]750ml (白ワイン)

2020年度「ジルベール&ガイヤール国際コンクール」および2020年度「リヨン国際コンクール」でダブル金賞受賞の白ワイン! シャブリ村の5km南、プレイー村に1930年より続くぶどう栽培家で、1998年に3代目ヴァンサン・ヴァンジエが継承しました。同年、化学肥料と殺虫剤、防腐剤の使用を止めてリュット・レゾネ栽培を開始。造ったワインはお父さんの代から加盟していた協同組合「ラ・シャブリジェンヌ」やネゴシアンにバルクで販売してきました。 「私は自分の仕事に真面目に打ち込んでいただけですが、多くのネゴシアンやクルティエたちから、あなたのワインは本当に美味しいと言われ続けるうちに、自分でビン詰めしてみたいと思うようになりました。また、かつて「ドメーヌ・ド・ラ・コンシエルジュリー」(オーナーのクリスチャン・アディーヌの引退時に「ジャン・マルク・ブロカール」に売却されたビオロジック・ドメーヌ)に学んだビオロジック栽培を実践することで、もっと美味しいワインを造ることができるのではないかと考えました」。こうして2018年、総面積27ヘクタールを擁する新ドメーヌ「ヴァンサン・ヴァンジエ」が誕生しました。 みずみずしい口当たりとたっぷりとしたリッチテイストを高次元で両立し、普通に「美味しい」としか言いようがない彼の作品は、発売早々にして各国のワインバイヤー陣をうならせ、ワインメディアの注目を集め、各種ワインコンクールで多数の金賞を受賞することになりました。 「美味しいと言っていただけることは本当に嬉しいです。ただ、私はぶどうが発酵してワインになるために最適な環境を作るサポートをしているに過ぎず、その品質や味わいは、健康な土壌で培われる、ぶどう自身の力によるものです」。 「ブルゴーニュ・シャルドネ」は、AOPシャブリとの境界に位置するプレイー村内のリウ...

あす楽
ドメーヌ・ギィ・アミオ シャサーニュ・モンラッシェ 1er クロ・サン・ジャン ブラン [2020]750ml (白ワイン)

ウメムラ Wine Cellar

16,900

ドメーヌ・ギィ・アミオ シャサーニュ・モンラッシェ 1er クロ・サン・ジャン ブラン [2020]750ml (白ワイン)

モンラッシェとドゥモワゼルを所有するシャサーニュの隠れたスター! ドメーヌ・ギィ・アミオ(以前のドメーヌ名はアミオ・ボンフィス)はシャサーニュ・モンラッシェに4代続く造り手で、3代目のギィに代わって、現在はふたりの息子、ティエリーとファブリスがもっぱらドメーヌの運営を取り仕切る。珠玉のクリマ、特級モンラッシェやモンラッシェとピュリニー・モンラッシェ1級カイユレに挟まれた、幻のような狭小の区画ドゥモワゼルも所有している。 遅摘みによるリッチな味わいがこのドメーヌの特徴で、それぞれのクリマが本来持つミネラル感とともに荘厳な世界を提供してくれる。シャサーニュ・モンラッシェの造り手なだけにクロ・サン・ジャンやマルトロワなど赤ワインのラインナップも揃っており、同じクリマであれば赤のほうが2割近く安い一方、洗練された味わいに仕上がっており、お値打ち感が強い。 「シャサーニュ・モンラッシェ 1er クロ・サン・ジャン ブラン」は、クロ・サン・ジャンの畑で作られるブドウを使用します。素晴らしいシャサーニュの赤でも有名だが、3分の1ではシャルドネが栽培されている。その日当たりと、適度な傾斜、深い土壌により素晴らしいシャルドネが生まれる。 ■テクニカル情報■除梗の割合:100%、発酵(樽/タンク):タンク、発酵温度:30~35度、発酵期間:15~30日間、使用酵母:自生酵母、熟成(樽【新樽率】/タンク):30%、熟成期間:12ヶ月+6~8ヶ月のタンク熟成、マロラクティック発酵の有無:する。自発的に、瓶詰め時のフィルターの有無:する、所有面積:0.3337ha、土壌:粘土石灰質、ぶどう品種(セパージュ):Chardonnay 100%、ぶどうの仕立て:コルドン・ロワイヤ、平均樹齢:40年、密植度:9000~10000本/ha、平均年間生産量(本数)...

あす楽
ドメーヌ・ミシュロ ムルソー 1er シャルム [2020]750ml (白ワイン)

ウメムラ Wine Cellar

20,350

ドメーヌ・ミシュロ ムルソー 1er シャルム [2020]750ml (白ワイン)

芳醇でいて重さのない緻密でミネラリーな新世代のムルソー! ミシュロ家が6世代にわたって所有するこのムルソーのドメーヌは、時代と共に少しずつ発展を続け、とりわけ1960年代にベルナール・ミシュロの力強い個性の下で躍進を遂げます。現在、ドメーヌは数多くの1級畑を含む19ヘクタールの自社畑を所有しています。 この歴史あるドメーヌの伝統と精神は、新しい世代のヴィニュロンたちによって受け継がれ、絶えず新たな発展を遂げてきました。ドメーヌ・ミシュロの次世代を担うニコラ・ムストルも、父ジャン・フランソワと共にブドウ栽培とワイン作りに従事し、実にスムーズな世代交代を遂げつつあります。 「ムルソー 1er シャルム」は、ムルソーとピュリニィ・モンラッシェのちょうど境目にある斜面中腹に位置しています。勾配は3~6%で、土壌は粘土と石灰岩に赤土が混合。下層土には平たい火山岩が混じり、ブドウは地下深くまで根を下ろします。このような地質は、ワインに繊細なフィネスとほんのりとしたミネラル香をもたらします。この畑のワインは、心地よい柑橘系果実とミネラル香を湛え、リッチな味わいですが重々しさはありません。8年程寝かせることによってヘーゼルナッツの香りを帯びてきます。年によっては15年かそれ以上の長期熟成も効くポテンシャルの高い白ワインです。 ■2020年ヴィンテージ情報■ 2020年は、早熟なヴィンテージとして報告されています。暖冬で平年より高い気温を記録し、萌芽期が早まりました。5月に入ると早朝に霜が降りましたが、湿度が低かったため、大きな影響はありませんでした。5月14日以降、気温は上昇し続け、この年最初の開花が見られました。その後も暑さは続き、全体的にブドウの生育速度が落ちることはありませんでしたが、局地的な雷雨の影響を受けた地域では、ブドウの生育が遅れ...

あす楽
ドメーヌ・ベルトラン・バシュレ サン・トーバン ブラン 1er シュール・ガメイ [2020]750ml (白ワイン)

ウメムラ Wine Cellar

10,000

ドメーヌ・ベルトラン・バシュレ サン・トーバン ブラン 1er シュール・ガメイ [2020]750ml (白ワイン)

コート・ド・ボーヌで最も南に位置し、最も新しいアペラシオンであるマランジュで、ブルゴーニュのこれからを牽引していく若き生産者! ベルトラン・バシュレは、4代にわたり続くマランジュの生産者で、2011年に父ジャン・ルイからベルトラン・バシュレがドメーヌを受け継ぎ4代目となりました。マランジュの3つの村のうちの1つであるデジズ・レ・マランジュ村を拠点としています。マランジュはコート・ド・ボーヌの最南端に位置し、1989年5月に誕生したコート・ド・ボーヌの中で最も新しいアペラシオンです。現在ドメーヌでは、コート・ド・ボーヌのマランジュからポマールにかけて広がる13ヘクタールのぶどう畑を管理しています。 マランジュはコート・ド・ボーヌの中で最も若いアペラシオンであり、1989年5月にAOCに認められました。デジーズ・レ・マランジュ、シイィ・レ・マランジュ、サンピニィ・レ・マランジュの3つの村にまたがっています。いくつかの丘と斜面がこのアペラシオンを構成しており、すべて南または南東向きで、標高は200-400メートルです。マランジュの1級畑は、7つの異なる気候にまたがっています。 「サン・トーバン ブラン 1er シュール・ガメイ」は、ゴールドのニュアンスのある淡い黄色の色合い。ミネラル感と黄色い果実が織り重なるアロマ。 ビロードのような味わいはバランスが良く、しっかりとしたフィニッシュを迎える。 ■テクニカル情報■ 畑:Sur Gamay 300-450m 気候や土壌が非常に多様なエリア 土壌:石灰質 樹齢:10年(2020,2021VT時情報入手) 収量:50hl 醸造:破砕無し 収穫後できるだけ早くプレス 熟成:樽で12-13ヶ月熟成 新樽率20% その後3-4ヶ月ステンレスタンク熟成 生産本数:3,000本 DOMAINE...

あす楽
ドメーヌ・ミシュロ ムルソー 1er ペリエール [2020]750ml (白ワイン)

ウメムラ Wine Cellar

27,500

ドメーヌ・ミシュロ ムルソー 1er ペリエール [2020]750ml (白ワイン)

芳醇でいて重さのない緻密でミネラリーな新世代のムルソー! ミシュロ家が6世代にわたって所有するこのムルソーのドメーヌは、時代と共に少しずつ発展を続け、とりわけ1960年代にベルナール・ミシュロの力強い個性の下で躍進を遂げます。現在、ドメーヌは数多くの1級畑を含む19ヘクタールの自社畑を所有しています。 この歴史あるドメーヌの伝統と精神は、新しい世代のヴィニュロンたちによって受け継がれ、絶えず新たな発展を遂げてきました。ドメーヌ・ミシュロの次世代を担うニコラ・ムストルも、父ジャン・フランソワと共にブドウ栽培とワイン作りに従事し、実にスムーズな世代交代を遂げつつあります。 「ムルソー 1er ペリエール」は、ムルソーとピュリニィ・モンラッシェのちょうど境目に位置する2つの区画から収穫しています。そのうちの1つは、クロ・デ・ペリエールの左側に位置し、土壌は粘土石灰岩質で火山岩から成る下層土を持ち、石灰岩質の強い環境でブドウは地下深くまで根を張ります。もう1つは、斜面上部にあり、ペリエールの採石場を見下ろします。土壌は重厚な石灰岩質で、所によりマール(泥灰土)と白い岩石が混じり、ワインに実に興味深いミネラル香をもたらします。毎年このワインをテイスティングすると、白胡椒をはじめとする様々なスパイスのニュアンスがしばしば香りと味わいの双方に感じられます。 ■2020年ヴィンテージ情報■ 2020年は、早熟なヴィンテージとして報告されています。暖冬で平年より高い気温を記録し、萌芽期が早まりました。5月に入ると早朝に霜が降りましたが、湿度が低かったため、大きな影響はありませんでした。5月14日以降、気温は上昇し続け、この年最初の開花が見られました。その後も暑さは続き、全体的にブドウの生育速度が落ちることはありませんでしたが...

あす楽
ドメーヌ・ルフレーヴ ピュリニー・モンラッシェ 1er レ・ピュセル [2021]750ml (白ワイン)

ウメムラ Wine Cellar

110,000

ドメーヌ・ルフレーヴ ピュリニー・モンラッシェ 1er レ・ピュセル [2021]750ml (白ワイン)

バタールとビアンヴニュ・バタールに接し、ほとんどグラン・クリュに匹敵する1級畑レ・ピュセル! ブルゴーニュの白ワインにおいて最高の造り手と評されるピュリニー・モンラッシェの名門、ドメーヌ・ルフレーヴ。100年前から、既に優良生産者として認められており、ワイン評価誌『デキャンタ』(2006年7月号)の「世界の白ワイン生産者TOP10」で、1位を獲得するなど、今なお頂点に君臨するドメーヌです。所有するのはモンラッシェ、シュヴァリエ・モンラッシェ、バタール・モンラッシェとビアンヴニュ・バタール・モンラッシェの4つのグラン・クリュ、プルミエ・クリュ、ヴィラージュの合計25ha程の畑です。 ルフレーブの特筆すべきことは、ビオディナミによるブドウ栽培です。80年代末、ブドウ畑の状態に疑問を抱いたアンヌ・クロードは、地質学の専門家であるクロード・ブルギニヨンの講義を聞いたのがきっかけで、ビオディナミに傾倒。故フランソワ・ブーシェの指導のもと、天体の運行に従って農作業を行い、自然界の物質から作られた特種な調合物で土壌の活性化を図る、ビオディナミ農法を実践しています。 「ピュリニー・モンラッシェ 1er レ・ピュセル」は、バタールとビアンヴニュ・バタールに接するピュセルはほとんどグラン・クリュに匹敵する1級畑。6.76haのうちルフレーヴがほぼ半分の面積を占める。バタールに隣接しながらリッチネスやパワフルさとは無縁のエレガンスをもち、きれいなミネラル感を備えている。 ■テクニカル情報■ 品種:シャルド 土壌:粘土石灰質。Les Pucellesの3つの区画。 Le clos du meix:26ウーヴレ。1981年、1985年植樹。 La grande:36.5ウーヴレ。1954年、1957年、1958年、1961年、1963年植樹。 La...

あす楽
ニコラ・ゴーフロワ ピュリニー・モンラッシェ 1er レ・ルフェール [2021]750ml (白ワイン)

ウメムラ Wine Cellar

16,500

ニコラ・ゴーフロワ ピュリニー・モンラッシェ 1er レ・ルフェール [2021]750ml (白ワイン)

1938年から続く歴史ある生産者が手掛ける、古樹ならではの果実感と旨味のあるワイン! ムルソーに本拠地をおき、所有畑の面積は24haで大半がACブルゴーニュで占める。ブルゴーニュ・ブランの畑は特にテロワールが優れていて、なんとムルソー・ピュリニーのコミューン内にある。年産平均15万本を生産している比較的規模の大きい生産者であり、周囲に比べリーズナブルな価格に据え置くことが可能になっている。 2002年から4代目当主としてニコラ・ゴーフロワがドメーヌの運営を任されている。非常にブドウの樹齢が高く、全てのキュヴェの平均樹齢が50年を超えている。なんとムルソー リモザン・ヴィエイユ・ヴィーニュに関しては平均樹齢が100年を超えている。古樹の魅力を引き出すために極力手を加えないようにしている。 「ピュリニー・モンラッシェ 1er レ・ルフェール」は、樹齢70年のブドウを使用。蜂蜜とシダのアロマが特徴的なオイリーで骨格のしっかりしたワインが生まれ、長期熟成にも耐える。 ■テクニカル情報■ 樹齢:70年 畑:海抜280m、0.14ha ロケーション:ピュリニー・モンラッシェ 土壌:粘土石灰質 栽培:"culture raisonnee" (持続可能なブドウ栽培)、畑をよく耕す。 醸造:除梗せずに3時間かけてプレス。オーク樽使用。ベントナイトで清澄し、軽く濾過(メンブレンフィルター使用)。 熟成:バリック12ヶ月(フレンチオークの新樽15%)、その後ステンレスタンクで2ヶ月。 収量:40hl/ha 年産:750本 Nicolas Gauffroy Puligny Montrachet 1er Cru Les Referts ニコラ・ゴーフロワ ピュリニー・モンラッシェ 1er レ・ルフェール 生産地:フランス ブルゴーニュ コート・ド・ボーヌ...

あす楽
ドメーヌ・ベルナール・モロー サン・トーバン ブラン 1er シュール・ガメイ [2020]750ml (白ワイン)

ウメムラ Wine Cellar

13,200

ドメーヌ・ベルナール・モロー サン・トーバン ブラン 1er シュール・ガメイ [2020]750ml (白ワイン)

シャサーニュでもトップクラスの生産者「ベルナール・モロー」が手掛ける、ピュリニィ・モンラッシェに近いスタイルを持つミネラル感豊かでバランスの良い1本! シャサーニュ・モンラッシェで19世紀から続く家族経営のドメーヌを営むドメーヌ・ベルナール・モロー・エ・フィス。優れた作り手がひしめくシャサーニュでも進境著しいトップクラスの生産者の1つです。 ドメーヌの歴史は、初代オーギュスト・モローが最初のセラーを建てた1809年に遡ります。ドメーヌが管理する14haの畑(9haは自社畑、5haは借地)は、13のアペラシオンに跨ります。3代目当主のベルナールがドメーヌの経営を受け継いだのは60年代初頭のことで、就任時わずか14歳の若さにして1970年代には高い評価を確立し、トップ生産者としての礎を築きました。2000年からは4代目のアレクサンドルとブノワ・モロー兄弟がドメーヌの運営を引き継いでいます。アレクサンドルはブドウ栽培、ブノワは主に醸造を担当し、その評価は上昇の一途を辿っています。 モローの作る白ワインは、キレが良く、美しいミネラル感が豊かに感じられるのが特徴で、特に村名のシャサーニュ・モンラッシェは極めてコストパフォーマンスに優れた逸品です。赤ワインも極めて上質で、他の生産者が造るシャサーニュ・モンラッシェ特有の青っぽさや野暮ったさとは全くの無縁。穏やかな抽出でフィネスが際立つ上品でエレガントな味わいに仕上げています。 「サン・トーバン ブラン プルミエ・クリュ シュール・ガメイ」は、昔「スー・ロッシュ・デュメ」の名で瓶詰されていましたが、AOCの規定で「シュル・ガメイ」の呼称の使用が義務付けられました。ピュリニィ・モンラッシェに近いスタイルを持つミネラル感豊かでバランスの良い味わいです。新樽率は20%で、相性料理は身のしっかりした魚...

あす楽
ギィ・ボカール ムルソー 1er シャルム [2021]750ml (白ワイン)

ウメムラ Wine Cellar

19,580

ギィ・ボカール ムルソー 1er シャルム [2021]750ml (白ワイン)

「最も心に残るワイン賞」を何度も獲得するなど、ムルソーの実力派として有名なギィ・ボカール! 白ワインの銘醸地として名高いブルゴーニュのムルソー村に本拠を構えるドメーヌです。ムルソーにおいて、その中でもとりわけ名高い一級畑のシャルム、ジュヌヴリエールを含む5つのシャルドネ畑を所有し、オークセイ・デュレス、モンテリのピノの畑を含め、合計約9ha保有しています。また、現地フランスワインガイド、Guide Hachetteで「最も心に残るワイン賞」を何度も獲得するなど、ムルソーの実力派として有名です。 飲み頃のバックヴィンテージを多数所蔵していることでも知られ、ギィ・ボカールがカーヴに寝かせているバックヴィンテージ・ワインは円熟味たっぷりの真に価値のあるバックヴィンテージとして希少価値が高く、ワイン通や市場での評価が極めて高い極上の逸品です。 「ムルソー 1er シャルム」は、海抜270m。シャルムの中でも最も高い「dessus」の区画。東向きに僅か0.4hを所有している。熟成は新樽20%のバリックで12か月。非常に力醸造は全房100%、ステンレスタンクとバリックの両方を使用。強いフレーバーと豊かなテクスチャー、バターのような風味が強く、長い余韻と深みを持つ一貫性のある味わい。 Guy Bocard Meursault 1er Cru Charmes ギィ・ボカール ムルソー 1er シャルム 生産地:フランス ブルゴーニュ コート・ド・ボーヌ ムルソー 原産地呼称:AOC. MEURSAULT ぶどう品種:シャルドネ 100% アルコール度数:13.5% 味わい:白ワイン 辛口Guy Bocard / ギィ・ボカール Guide Hachetteで「最も心に残るワイン賞」を何度も獲得する、ムルソーの実力派!...

あす楽
ルー・デュモン ムルソー 1er レ・プリュール [2020]750ml (白ワイン)

ウメムラ Wine Cellar

20,900

ルー・デュモン ムルソー 1er レ・プリュール [2020]750ml (白ワイン)

2018年1月8日放送 NHK プロフェッショナル 仕事の流儀 第346回 にて、ワイン醸造家 ルー・デュモンの仲田晃司氏が特集されました! 新作 洗練されたエレガントなスタイルで、ゆっくり味わいたいムルソー1級の「プリュール」! 大学生時代にアルバイト先のフレンチレストランでワインに出会い、「いつか自分の手でワインを造ってみたい」という夢を抱いた青年は、1995年、頼るつてもなく単身渡仏。フランス語の勉強をしながら各地の醸造家の門を叩いて修行を重ね、2000年7月7日、ブルゴーニュ、ニュイ・サン・ジョルジュにルー・デュモンを設立しました。 仲田氏のワイン造りの特徴は、日本人的、職人的と言うべき、細部まで徹底的にこだわる仕事への執念。仕込むワインのテロワールや個性を研究し尽くした上で、樽の選定眼や熟成方法を駆使してワインを磨き上げます。 「ムルソー 1er レ・プリュール」は、平均樹齢40年。収穫量30hl/ha。天然酵母のみを使用し、樽で一次発酵、マロ発酵。シャサン社製「グラン・ファン」の新樽3分の1、カヴァン社製ジュピーユ森産の1回使用樽3分の2で18ヶ月間樽熟成。 「ファーストヴィンテージです。洗練されたエレガントなスタイルで、ゆっくり味わいたいワインです。」by.仲田さん ■2020年ヴィンテージ情報■ 暖冬に引き続いて例外的に暖かい春を迎えました。5月半ばに開花したのですが、これは20世紀、21世紀を通じて最も早かったそうです。7月から8月半ば~9月半ばの収穫まで乾燥した日が続いたため、糖度の高い、凝縮したぶどうが実りました。スケールの大きなヴィンテージであり、開くまで時間がかかると思いますので、総じてデキャンタージュがお勧めの年です。 Lou Dumont Meursault 1er Cru Les Plures ルー...

あす楽
ボワイエ・マルトノ ムルソー 1er シャルム [2021]750ml (白ワイン)

ウメムラ Wine Cellar

30,800

ボワイエ・マルトノ ムルソー 1er シャルム [2021]750ml (白ワイン)

ムルソーの三大プルミエ・クリュを所有する歴史あるドメーヌ「ボワイエ・マルトノ」 ムルソーにドメーヌを構えるドメーヌ・ボワイエ・マルトノは、テロワールの個性と潜在力を最大限に引き出し上質なワインを造る昔ながらの伝統を4世代に渡り大切に守り抜いてきた家族経営のドメーヌです。第二次世界大戦後、アンドレ・ボワイエは、それまで女手一つでドメーヌの運営を担ってきた母ルーシーからムルソー村のドメーヌを相続し、1945年、ピュリニィ・モンラッシェ村生まれのジュリエット・ドゥヴェズを妻に迎えます。二人の間に生まれた息子ボワイエがやがて家族の事業を受け継ぎ、ムルソー村のワイン生産者の家に生まれたマリー・セシル・マルトノと結婚し、現在のドメーヌ名となりました。 現在は、イヴの息子ヴァンサン・ボワイエが当主を務めています。総面積10ヘクタールの自社畑は、ムルソー、ピュリニィ・モンラッシェ、オーセイ・デュレス、ポマールを含むコート・ド・ボーヌ地区内の複数のアペラシオンに跨っています。1997~2007年にかけて自社畑の拡大を進め、ムルソー・レ・ティレ、ムルソー・プルミエ・クリュ・ペリエール、ピュリニィ・モンラッシェ・プルミエ・クリュ・ル・カイユレといった名だたるアペラシオンが新たに加わりました。 ブドウ品種とテロワール本来の持ち味と個性を尊重し丁寧に育てることで、極めてクオリティの高い上質なワインに仕上がります。ワインの質を維持するため、手作業による耕作、グリーン・ハーヴェスト、手摘みでの収穫など、機械による介入を抑えた昔ながらの伝統的手法を守り、ラベルにビオディナミの表記はないものの、有機栽培に限りなく近い栽培方法でワインを造っています。 「ムルソー 1er レ・シャルム」は、ペリエールの下方に位置しピュリニィ・モンラッシェに隣接するムルソー最大の一級畑です...

あす楽
エリック・ド・シュルマン リュリー 1er ピヨ・ランタンポレル [2014]750ml (白ワイン)

ウメムラ Wine Cellar

6,600

エリック・ド・シュルマン リュリー 1er ピヨ・ランタンポレル [2014]750ml (白ワイン)

ルフレーヴ家と血縁関係にあるモンテリーの名家! ブルゴーニュらしいモザイク瓦の屋根を持つ瀟洒な城館、シャトー・ド・モンテリー。1722年にモンテリーの領地を手に入れたフランソワ・フロマジョの娘と、その夫、フランソワ・ブリュネ・ダントゥイユによって1746年に建てられた。それから160年近く後の1903年に、この城館を相続したのがアルベール・ド・シュルマン。現当主、エリック・ド・シュルマンの曽祖父にあたる。 エリックの母がピュリニー・モンラッシェのルフレーヴ家出身なことから、日本には故アンヌ・クロード・ルフレーヴによるネゴシアンブランド「CLAC」の1アイテムとして一足先に紹介されたドメーヌ・エリック・ド・シュルマン。お膝元のモンテリーに5.5ヘクタール、コート・シャロネーズのリュリーに5ヘクタールのブドウ畑を所有する。アンヌ・クロードの親類だけに、ブドウ栽培は96年からビオディナミ。2000年に申請し、2003年にエコセール=ABの認証を取得した。 白ワインの醸造では、シャンパーニュのものと同型の木製垂直式圧搾機によるプレスが特徴。空気圧式を使用していた時期もあったが、思い通りのコントロールが出来ず、ゆっくり優しく搾汁可能な垂直式を2000年から再度導入したという。 「リュリー プルミエ・クリュ ランタンポレル ブラン」は、エレガントで白い花のような華やかな香り。豊かに口に広がり、フランジパーヌ(アーモンドクリームの入った洋菓子)のローストしたアーモンド、カシューナッツの複雑な香り。バランスは既にほぼ完璧である。ひと昔前で言うと暖かいガレット・デ・ロワのようなトースト香や、またグレープフルーツのような苦味も少し感じる。辛抱強く数年待った方がより花開いた状態で美味しい。 Eric de SUREMAIN Rully 1er Cru...

あす楽
ドメーヌ・ブシャール・ペール・エ・フィス ムルソー 1er ジュヌヴリエール [2019]750ml (白ワイン)

ウメムラ Wine Cellar

24,200

ドメーヌ・ブシャール・ペール・エ・フィス ムルソー 1er ジュヌヴリエール [2019]750ml (白ワイン)

一級ワインならではの長い余韻。 樽香と果実の複雑な香りと重さを全く感じさせないエレガントな味わいです! 1731年創業、1775年にヴォルネーのカイユレ畑、タイユピエ畑などを取得しワイン造りを開始しました。1820年に、15世紀の要塞であるシャトー・ド・ボーヌを取得し瓶熟庫として利用しており、現在も19世紀のワイン約3000本が眠っています。1995年、シャンパーニュの老舗アンリオ家の故ジョゼフ・アンリオがオーナーになると、ワイン造りの全工程において徹底した品質改革が行われました。 自社畑ブドウから造られるドメーヌワインと買いブドウからのネゴシアン部門がありますが、ドメーヌとしてのブシャールは、コート・ドールに約130ha(うちグランクリュ12ha、プルミエクリュ74ha)におよぶ優れた畑を所有するコート・ドール最大のドメーヌです。品質向上へのめざましい取組みにより、優れたテロワールの力が発揮され、国際的に高い評価を得ています。また、「幼子イエスのブドウ畑」の呼び名で有名な畑「ボーヌ グレーヴ・ヴィーニュ ド・ランファン・ジェズュ」の単独所有者としても知られています。 「ムルソー 1er ジュヌヴリエール」は、上部(Dessus)の斜面に標高差40mの自社畑で作られるブドウを使用。下部は、はちみつ、アーモンドや白い花、上部は締まった酸味が表れる。早めの収穫でフレッシュさ、エアリー感を生かし、優しくプレスを行う。12か月熟成。フルーツと花の華やかなブーケとトーストの印象。あくまで繊細で緻密なスタイルですが、ボリューム感ではムルソー・ぺリエールを上回る、リッチで滑らかな味わいです。 ■2019年ヴィンテージ情報■ 2019年は果実味、酸共に豊かで凝縮感のある質の高いヴィンテージ。黄金色で美しく、香りが豊かなフルボディ...

あす楽
ボワイエ・マルトノ ムルソー 1er ジュヌヴリエール [2021]750ml (白ワイン)

ウメムラ Wine Cellar

33,980

ボワイエ・マルトノ ムルソー 1er ジュヌヴリエール [2021]750ml (白ワイン)

ムルソーの三大プルミエ・クリュを所有する歴史あるドメーヌ「ボワイエ・マルトノ」 ムルソーにドメーヌを構えるドメーヌ・ボワイエ・マルトノは、テロワールの個性と潜在力を最大限に引き出し上質なワインを造る昔ながらの伝統を4世代に渡り大切に守り抜いてきた家族経営のドメーヌです。第二次世界大戦後、アンドレ・ボワイエは、それまで女手一つでドメーヌの運営を担ってきた母ルーシーからムルソー村のドメーヌを相続し、1945年、ピュリニィ・モンラッシェ村生まれのジュリエット・ドゥヴェズを妻に迎えます。二人の間に生まれた息子ボワイエがやがて家族の事業を受け継ぎ、ムルソー村のワイン生産者の家に生まれたマリー・セシル・マルトノと結婚し、現在のドメーヌ名となりました。 現在は、イヴの息子ヴァンサン・ボワイエが当主を務めています。総面積10ヘクタールの自社畑は、ムルソー、ピュリニィ・モンラッシェ、オーセイ・デュレス、ポマールを含むコート・ド・ボーヌ地区内の複数のアペラシオンに跨っています。1997~2007年にかけて自社畑の拡大を進め、ムルソー・レ・ティレ、ムルソー・プルミエ・クリュ・ペリエール、ピュリニィ・モンラッシェ・プルミエ・クリュ・ル・カイユレといった名だたるアペラシオンが新たに加わりました。 ブドウ品種とテロワール本来の持ち味と個性を尊重し丁寧に育てることで、極めてクオリティの高い上質なワインに仕上がります。ワインの質を維持するため、手作業による耕作、グリーン・ハーヴェスト、手摘みでの収穫など、機械による介入を抑えた昔ながらの伝統的手法を守り、ラベルにビオディナミの表記はないものの、有機栽培に限りなく近い栽培方法でワインを造っています。 「ムルソー 1er レ・ジュヌヴリエール」は、ムルソーの一級畑の中でもベル・コート(美しい岸辺...

あす楽
ドメーヌ・ヴァンサン・レディ ニュイ・サン・ジョルジュ 1er レ・ポレ・サン・ジョルジュ VV [2019]750ml

ウメムラ Wine Cellar

19,900

ドメーヌ・ヴァンサン・レディ ニュイ・サン・ジョルジュ 1er レ・ポレ・サン・ジョルジュ VV [2019]750ml

ゼロからスタート、センスが光るナチュラル志向の若きヴィニュロン ニュイ・サン・ジョルジュの名手として知られるドメーヌ・アラン・ミシュロの立役者、アラン氏を叔父に持つヴァンサン・レディが2007年にゼロから立ち上げた新しいドメーヌで本拠地はニュイ・サン・ジョルジュ。家系より相続したレ・ポレ・サン・ジョルジュ以外は少しづつ畑を買い足し、現在は合計4.1haを所有し、細部まで目を向けて栽培から醸造まで全ての作業を基本1人で行う。購入した畑はAOPブルゴーニュ、オート・コート・ド・ニュイ、ショレ・レ・ボーヌ、サヴィニー・レ・ボーヌと著名なアペラシオンではないが、知名度や格付けよりも樹齢や土壌、方角といった畑の区画そのもののポテンシャルに着目している。 仕上がりワインはテロワールとヴィンテージの特徴を反映させたピュアかつ完熟した果実感があり、キュヴェによってはナチュラルワイン特有の揮発酸が若干感じられるがネガティブな要素ではなく、活力に溢れ絶妙なバランスを保っている。その個性豊かなスタイルは「ベタンヌ・ドゥソーヴ」2019年版にて年間最優秀発見生産者として掲載されており、年々フランス国内での人気が高まっている。まだまだ発展途上ではあるが将来がとても楽しみな生産者です。 「ニュイ・サン・ジョルジュ 1er レ・ポレ・サン・ジョルジュ ヴィエイユ・ヴィーニュ」は、ヴァンサン・レディの母方の祖父であるエミール・ミケロが、1935年にニュイ・サン・ジョルジュのオー・ポワレの採石場の下にある「レ・ポレ・サン・ジョルジュ」に植樹したものです。小粒で凝縮した果実と低い収量が特徴ですが、モレロチェリーの香りを持つ気品のあるワインを生み出します。 ■テクニカル情報■ 全房発酵を積極的に実践し抽出は優しく行う。伝統手法を重んじながらも自然な造りを基本とし...

あす楽
ドメーヌ・ポール・ペルノ ムルソー・ブラニー 1er ラ・ピエス・スー・ル・ボア [2022]750ml (白ワイン)

ウメムラ Wine Cellar

20,900

ドメーヌ・ポール・ペルノ ムルソー・ブラニー 1er ラ・ピエス・スー・ル・ボア [2022]750ml (白ワイン)

ムルソーらしい肉厚さとピュリニーの洗練されたミネラル感が魅力! ピュリニーの名手ポール・ペルノがムルソーを手掛けると… ドメーヌ・ポール・ペルノは、1850年の創業以来、ピュリニー・モンラッシェとバタール・モンラッシェについて、常にトップに数えられる造り手のひとつです。現在は創業者ポール・ペルノ氏の孫と、その息子たちが運営し、あのルフレーヴとピュリニーの王座を競うドメーヌであると高い評価を得ています。 優良な畑を多数所有し、以前はブドウの多くをジョセフ・ドルーアンなどに販売していました。現在はほとんどのワインを自分たちの名前で元詰めし、優れたワインを生産しています。 「ムルソー・ブラニー 1er ラ・ピエス・スー・ル・ボア」は、ピュリニー・モンラッシェを拠点とするポール・ペルノにとってかなりお値打ち度が高いワイン。品質は他のムルソー生産者を圧倒する品質ながら、価格は抑えてあるからだ。 ライムピールとフローラルに熟した白桃や洋梨にバナナやミント等の要素。バランスの取れた構成で、ムルソーらしい肉厚さと洗練されたミネラル感が魅力。リッチで力強くクリスピーなミネラル感。しっかりとした酸にリンゴや様々なスパイス、熟度の高い果実が綺麗に溶け込む。2008年ブラニ追記。0.65ha。平均年産1500本、新樽比20-25%。 リッチなキュヴェに仕上がっており、是非熟成させてみたいと思わせる傑作ムルソー。生産量は少なく、入荷は他のキュヴェの半分程度。 Domaine Paul Pernot et Et Ses Fils Meursault Blagny 1er Cru La Piece Sous Le Bois ドメーヌ・ポール・ペルノ ムルソー・ブラニー 1er ラ・ピエス・スー・ル・ボア 生産地:フランス ブルゴーニュ コート・ド・ボーヌ...

あす楽
バターフィールド ニュイ・サン・ジョルジュ 1er オー・ミュルジュ [2020]750ml (赤ワイン)

ウメムラ Wine Cellar

16,280

バターフィールド ニュイ・サン・ジョルジュ 1er オー・ミュルジュ [2020]750ml (赤ワイン)

生産量たったの295本! デイヴィッド・バターフィールドが手掛ける赤は繊細で深みがあり、驚くほど官能的! 斬新なビジュアルと予想を遥かに上回る秀逸な味わいで話題をさらい毎ヴィンテージ即完売の『スーパー・ガレージ・ブルゴーニュ』!カナダ・トロント出身のデイヴィッドはボーヌの地に魅了され、毎VT『ボーヌの美しさ』を追求しています。彼のワインの魅力はなんといっても独特のふくよかさとピュアなキャラクター!その進化は止まるところを知らず、評価誌でも更なる高評価を獲得しています。 「ニュイ・サン・ジョルジュ プルミエ・クリュ オー・ミュルジュ」は、ニュイ・サン・ジョルジュの北部、ヴォ―ヌ・ロマネのそばに位置する。ヴォーヌ・ロマネのように洗練されていて緻密、ニュイ・サン・ジョルジュのようにフルーティーで土っぽさを感じるアロマが深く濃厚だ。ノーズは赤い果実やイチジクのアロマがあり、誘惑的。たっぷりとした口当たりで、タンニンには熟していてパワフル、丸みがあり美味しい。フィニッシュはミネラルとペッパーの余韻が残る。 ■2020年ヴィンテージ情報■ 2020 年の収穫は豊作で、平均をやや上回りました。このヴィンテージのワインは早い段階からすでに魅力的ですが、熟成能力もかなりあります。白ワインはフルーティーで、美しいアロマの複雑性が感じられ、非常に良い酸を持っています。夏の暑さにもかかわらず非常に良いバランスで、クラシックなフレッシュさがあり、期待に沿うものでした。赤ワインは、その驚くべき色合いが特徴的です。日照時間、暑さ、降雨量の少なさという理想的な条件により、凝縮したワインができあがりました。(by David Butterfield) ■2018VTからジュリエット女史(奥様)が参画しました!■ ジュリエット・ラルディエールはルイジャドの元醸造長...

あす楽
ドメーヌ・ミシェル・ブーズロー ムルソー 1er レ・シャルム・ドゥス [2021]750ml (白ワイン)

ウメムラ Wine Cellar

31,900

ドメーヌ・ミシェル・ブーズロー ムルソー 1er レ・シャルム・ドゥス [2021]750ml (白ワイン)

ムルソー1級畑シャルムの中でも評価の高い、斜面上部に位置するシャルム・ドゥスュー。 ついに「メイユール・ド・ヴァン・ド・フランス2020年版」で3つ星昇格!! “国内出荷が少ないため、探しにくいが、飲むべき価値がある"By.山本昭彦氏 ムルソーの新たなトップスター「ミシェル・ブズロー」 ブーズロー家は7代に渡り、ムルソーでブドウ栽培に携わっている家系。父から引き継いだ畑をもとにミシェルブーズローが1971年にこのドメーヌを興しました。20年後、息子のジャン・バティストもドメーヌに参画し、父の下で学んだ後、1999年からドメーヌを引継いでおり、現在ではムルソーを中心に約12haの畑を所有しています。 「ムルソー プルミエ・クリュ レ・シャルム・ドゥス」は、上部、下部と分かれており濃密なワインが特徴の一級畑。ペリエールに近く、より緻密で品格の高いワインを産み出すと言われる上部ドゥスュの区画を有する。 ムルソー1級畑シャルムの中でも評価の高い、斜面上部に位置するシャルム・ドゥスュー区画。228Lの樽で発酵、16~18ヶ月熟成(新樽25%)。 ナシのコンポート、柑橘の皮、パッションフルーツにヘーゼルナッツのニュアンス。ミネラルを思わせる風味を感じ、非常にドライで、長い余韻。熟成が楽しみなワイン。 Domaine Michel Bouzereau Meursault 1er Les Charmes Dessus ドメーヌ・ミシェル・ブーズロー ムルソー プルミエ・クリュ レ・シャルム・ドゥス (ミシェル・ブズロー) 生産地:フランス ブルゴーニュ コート・ド・ボーヌ ムルソー 原産地呼称:AOC. MEURSAULT ぶどう品種:シャルドネ 100% アルコール度数:13.5% 味わい:白ワイン 辛口Michel Bouzereau /...

あす楽
ドメーヌ・ミシェル・ブーズロー ムルソー 1er ペリエール [2021]750ml (白ワイン)

ウメムラ Wine Cellar

41,800

ドメーヌ・ミシェル・ブーズロー ムルソー 1er ペリエール [2021]750ml (白ワイン)

ムルソー1級の中でも最良の畑と言われるペリエールより、スケールの大きさを感じる、熟成が楽しみな1本。 ついに「メイユール・ド・ヴァン・ド・フランス2020年版」で3つ星昇格!! “国内出荷が少ないため、探しにくいが、飲むべき価値がある"By.山本昭彦氏 ムルソーの新たなトップスター「ミシェル・ブズロー」 ブーズロー家は7代に渡り、ムルソーでブドウ栽培に携わっている家系。父から引き継いだ畑をもとにミシェルブーズローが1971年にこのドメーヌを興しました。20年後、息子のジャン・バティストもドメーヌに参画し、父の下で学んだ後、1999年からドメーヌを引継いでおり、現在ではムルソーを中心に約12haの畑を所有しています。 「ムルソー プルミエ・クリュ ペリエール」は、ムルソー1級の中でも最良の畑と言われるペリエールに0.46ha所有。228Lの樽で発酵、16~18ヶ月熟成(新樽25%)。 熟したナシ、柑橘果実、華やかな花にヨードや溶け込んだ樽のニュアンス。ドライで力強く、深みもあり、引き締まった長い余韻。スケールの大きさを感じる、熟成が楽しみな1本。 Domaine Michel Bouzereau Meursault 1er Cru Perrieres ドメーヌ・ミシェル・ブーズロー ムルソー プルミエ・クリュ ペリエール (ミシェル・ブズロー) 生産地:フランス ブルゴーニュ コート・ド・ボーヌ ムルソー 原産地呼称:AOC. MEURSAULT ぶどう品種:シャルドネ 100% アルコール度数:13.5% 味わい:白ワイン 辛口 vinous:(91-93) ポイント The 2021 Meursault Perrieres 1er Cru has a satisfying bouquet: dried flowers,...

あす楽
アルヴィナ・ペルノ ピュリニー・モンラッシェ 1er プー・ボワ [2022]750ml (白ワイン)

ウメムラ Wine Cellar

44,000

アルヴィナ・ペルノ ピュリニー・モンラッシェ 1er プー・ボワ [2022]750ml (白ワイン)

ポール・ペルノの孫娘、アルヴィナ・ペルノが手掛ける、生産量極少、希少性の高いシンデレラワイン。 アルヴィナ・ペルノはピュリニー・モンラッシェ村にあるドメーヌ ポール・ペルノの当主ポール・ペルノ氏の次男ミシェル・ペルノ氏の娘であり、当主の孫娘。彼女はブルゴーニュ大学やESC Dijonで学び自らの名前を冠したブランドを夫と立ち上げました。2018年産が記念すべきファーストヴィンテージ。自社畑も所有していますが、ブドウのほとんどはポール・ペルノからの供給を受けています。栽培は共にポール・ペルノの畑で行うので、彼らとの違いは醸造過程にあります。 目指すスタイルとしては爽快感があり、キリっとした酸があり、長熟できるバランスのとれたワイン。長期的に同じ価値観を持つ仲間内で果汁を交換をしているので年によってキュヴェの増減がありその年の出来の良かったものをリリースしているので不定期ながら質が高く幅広いキュヴェを味わう事が出来ます。全てのラベルには個々の生産本数も記載しますが、生産量は極めて少なく、争奪戦必至の希少性の高いシンデレラワインとなっています。 「ピュリニー・モンラッシェ 1er プー・ボワ」は、Folatieres内にあるリューディ(小区画)で通常はFolatieresとしてリリースされているがアルヴィナは別キュヴェとしてリリース。 ■テクニカル情報■ 醸造&熟成:穏やかな空気圧プレス、約20時間落ち着かせます。 2-4年使用のオーク樽でアルコール発酵&樽熟。すべての樽を毎日必ずチェックし、どのように進んでいるかを確かめる。マロラクティック発酵が一旦終わると、冬の間しっかりと温度が下がり、ワインが安定する期間となる。13ヵ月の熟成の後、澱引きを行い、軽くフィルターをかけた後、瓶詰を行う。 Alvina Pernot Puligny...

あす楽
ドミニオ・デ・アタウタ サン・ファン [2013]750ml 木箱入り (赤ワイン)

ウメムラ Wine Cellar

39,600

ドミニオ・デ・アタウタ サン・ファン [2013]750ml 木箱入り (赤ワイン)

超古木とプレフィロキセラの優しい味わい。 シルキーで繊細なタンニン、赤い果実味が余韻まで長く口の中を広がっていく赤ワイン! リオハに並びスペインの赤の銘醸地リベラ・デル・ドゥエロの東端に位置するソリア地区にあるワイナリー。この地のワインの歴史は非常に古く千年も前にも遡りますが、いつしか忘れ去られるようになり長い間未開の地でありました。高標高(1,000メートル)、超古木(最高150年)、ビオディナミ(ができる恵まれた環境)と三拍子そろったテロワールが編み出すテンプラニーリョの底力を存分に味わえます。 1999年にスペインのワイン商ミゲル・サンチェス氏とフランスのロワール出身の醸造家ベルトラン・スルデ氏によって創立され2008年からアバンテセレクタグループ。数々のスペイン有名レストランにもオンリストされているドミニオ・デ・アタウタ、単一畑から造られる上級キュヴェの3種類はテロワールの違いを感じられるトップクラスのワインとして各誌から高い評価をうけています。現在枯れかけた古木を蘇らせる再生プロジェクトも着手しており、今後も目が離せないワイナリーです。 「サン・ファン」は、熟した赤い果実にタイムやローズマリーなどハーブの豊潤で凝縮した香り。シルキーで繊細なタンニン、赤い果実味が余韻まで長く口の中を広がっていく。滑らかで非常にエレガント。 ■テクニカル情報■ 生産者名:ドミニオ・デ・アタウタ 醸造家:アルムデナ・アルベルカ(2003年~2014年)ハイメ・スアレス(2015年~) 原産国:スペイン 地方・地区:カスティーリャ・イ・レオン州/リベラ・デル・ドゥエロ/ソリア地区 格付:DOリベラ・デル・ドゥエロ 土壌:0.4mの表土は小石の混じった砂質、0.8mは粘土石灰の砂質を経て、石灰質岩盤。(0.45ha) セパージュ:ティント・フィノ...

あす楽
ドメーヌ・ブラン・ガニャール シャサーニュ・モンラッシェ 1er ラ・ブードリオット [2021]750ml (白ワイン)

ウメムラ Wine Cellar

17,600

ドメーヌ・ブラン・ガニャール シャサーニュ・モンラッシェ 1er ラ・ブードリオット [2021]750ml (白ワイン)

シャサーニュの個性そのものを味わえる一級畑「ラ・ブードリオット」 ふくよかな果実味を纏う、気品に満ちた味わいが魅力の1本! サンセール出身ジャン・マルク・ブランが、ガニャール家2人娘(もう一人は現在のフォンテーヌ・ガニャールを築く)の一人であるクロウディーヌと結婚し、1980年に設立したドメーヌ。前身ベースとなっている蔵はクロウディーヌの祖父母ドラグランジュ・バシュレと、クロウディーヌ両親の蔵ガニャール・ドラグランジュです。 所有するのはモンラッシェ、バタール・モンラッシェ、クリオ・バタール・モンラッシェの3つのグラン・クリュを含む8.3ha。1級畑クロ・サン・ジャンとモルジョには赤ワインの区画も所有しています。定期的にぶどう樹を植え替えていますが、樹齢100年以上の古樹もあります。平均的には樹齢50年。ジャン・マルクは細部までこだわる職人気質で真摯に向き合っており、その性格も反映された雑味のない、味わいが素直に表現されたピュアな味わいのワインを得意としています。 「シャサーニュ・モンラッシェ 1er ラ・ブードリオット」は、赤も白も秀逸なクリマですが、ブラン・ガニャールは白のみ。一級畑ブドリオットは、石灰質、褐色の粘土、泥灰土という異なる土壌が存在し、バランスの良いブドウが生み出されるのが特徴。他の畑と比べ、ややふくよかな果実味が特徴です。同じ一級畑でも力強さが特徴のモルジョに比べて、より女性的で表情豊かな味わいに仕上がります。 西洋サンザシのようなフローラルでアロマティックな香りが広がります。アカシアの花を思わせるフローラルなアロマとほのかにヘーゼルナッツのニュアンス。このクリマの近辺の白の中ではオイリーさは控えめで、むしろピュアなミネラル感が際立つ、洗練されたシャサーニュです。 DOMAINE BLAIN GAGNARD...

あす楽
ドメーヌ・フィリップ・コラン シャサーニュ・モンラッシェ 1er ラ・マルトロワ ブラン [2020]750ml (白ワイン)

ウメムラ Wine Cellar

13,057

ドメーヌ・フィリップ・コラン シャサーニュ・モンラッシェ 1er ラ・マルトロワ ブラン [2020]750ml (白ワイン)

シュヴァリエやドゥモワゼルを受け継ぐミシェル・コラン・ドレジェの後継ドメーヌ! シャサーニュ・モンラッシェのトップドメーヌ、ドメーヌ・ミシェル・コラン・ドレジェのミシェル・コラン氏が2003年に引退したのを機に二人の息子、フィリップとブリュノがそれぞれ独立。長男のフィリップ氏は、父ミシェル氏の新しい醸造施設を引き継ぎ、自らの名を冠したワインがこちらのフィリップ・コランです。 フィリップ氏が所有するブドウ畑はおよそ9ha。これに加え、2.5ha分ほどのワインをネゴシアンワインとして生産。シャサーニュ・モンラッシェを中心に、ショーメ、シュヌヴォット、ヴェルジェ、モルジョなどの1級畑を所有しており、サントーバンやサントネイ、マランジュにも畑を持ちます。スタイルも味わいも父の教えを忠実に継承しており、落ち着きのある、しっかりとした構成のワインを生み出しており、今後も注目される造り手です。 「シャサーニュ・モンラッシェ 1er ラ・マルトロワ ブラン」は優良な一級畑として知られ、シャサーニュ・モンラッシェ中央の北部寄りに位置する区画から作られるブドウを使用します。 ■テクニカル情報■ 白ワインの醸造は、アルコール発酵をステンレスタンクで始め、半分くらいまで発酵が進んだところでオーク樽に移す。 気温の低いシャブリでよく見られる手法だ。熟成期間は12~15ヶ月。近年は228Lのブルゴーニュ樽のみではなく、400~500Lの中樽も使い、樽香に支配されるのを避ける傾向にある。パワフルさよりもむしろエレガントなスタイル。 PHILIPPE COLIN CHASSAGNE MONTRACHET 1ER CRU LA MALTROIE BLANC ドメーヌ・フィリップ・コラン シャサーニュ・モンラッシェ 1er ラ・マルトロワ ブラン 生産地:フランス...

あす楽
ドメーヌ・ポール・ペルノ ピュリニー・モンラッシェ 1er シャルモー [2022]750ml (白ワイン)

ウメムラ Wine Cellar

25,300

ドメーヌ・ポール・ペルノ ピュリニー・モンラッシェ 1er シャルモー [2022]750ml (白ワイン)

ムルソーに近い一級畑から造り出される豊富なミネラル感と力強いコクを兼ね備えた白ワイン! ドメーヌ・ポール・ペルノは、1850年の創業以来、ピュリニー・モンラッシェとバタール・モンラッシェについて、常にトップに数えられる造り手のひとつです。現在は創業者ポール・ペルノ氏の孫と、その息子たちが運営し、あのルフレーヴとピュリニーの王座を競うドメーヌであると高い評価を得ています。 優良な畑を多数所有し、以前はブドウの多くをジョセフ・ドルーアンなどに販売していました。現在はほとんどのワインを自分たちの名前で元詰めし、優れたワインを生産しています。 「ピュリニー・モンラッシェ 1er シャルモー」は、0.5haを1960年から所有。これまで葡萄はネゴスに全て売却。樹齢も60年の古木になり、高い品質の葡萄が採れることから、2013年からドメーヌの名の下でリリースされる事となりました。 明るく輝きのある黄緑色。白桃、砂糖漬けライム、ジンジャー、甘草、火打石のようなミネラル感、黒と白胡椒等の複雑な香り。白胡椒のノートは焼いたパンや美しいレモンの皮などをもたらせます。引き締まった心地良いフィニッシュ。0.55ha、平均年産1500本、平均樹齢67年、新樽比20-25%。 Domaine Paul Pernot et Et Ses Fils Puligny Montrachet 1er Cru Chalumaux ドメーヌ・ポール・ペルノ ピュリニー・モンラッシェ 1er シャルモー 生産地:フランス ブルゴーニュ コート・ド・ボーヌ ピュリニー・モンラッシェ 原産地呼称:AOC. PULIGNY MONTRACHET ぶどう品種:シャルドネ 100% アルコール度数:12.5% 味わい:白ワイン 辛口DOMAINE PAUL PERNOT / ドメーヌ...

あす楽
ニコラ・ゴーフロワ ムルソー 1er レ・シャルム [2020]750ml (白ワイン)

ウメムラ Wine Cellar

16,500

ニコラ・ゴーフロワ ムルソー 1er レ・シャルム [2020]750ml (白ワイン)

1938年から続く歴史ある生産者が手掛ける、古樹ならではの果実感と旨味のあるワイン! ムルソーに本拠地をおき、所有畑の面積は24haで大半がACブルゴーニュで占める。ブルゴーニュ・ブランの畑は特にテロワールが優れていて、なんとムルソー・ピュリニーのコミューン内にある。年産平均15万本を生産している比較的規模の大きい生産者であり、周囲に比べリーズナブルな価格に据え置くことが可能になっている。 2002年から4代目当主としてニコラ・ゴーフロワがドメーヌの運営を任されている。非常にブドウの樹齢が高く、全てのキュヴェの平均樹齢が50年を超えている。なんとムルソー リモザン・ヴィエイユ・ヴィーニュに関しては平均樹齢が100年を超えている。古樹の魅力を引き出すために極力手を加えないようにしている。 「ムルソー 1er レ・シャルム」は、樹齢70年。ムルソーの特徴である豊満さと華やかさが素直に表現されたシャルム。芳醇でリッチ。シャルドネのまろやかさを心地よい酸が支えてくれている。 ■テクニカル情報■ 樹齢:70年 畑:海抜250m、南東向き、0.4ha ロケーション:ムルソー 土壌:粘土石灰質 栽培:"culture raisonnee" (持続可能なブドウ栽培)、畑をよく耕す。 醸造:除梗せずに3時間かけてプレス。オーク樽使用。ベントナイトで清澄し、軽く濾過(メンブレンフィルター使用)。 熟成:バリック12ヶ月(フレンチオークの新樽15%)、その後ステンレスタンクで2ヶ月。 収量:40hl/ha 年産:1、200本 Nicolas Gauffroy Meursault 1er Cru Les Charmes ニコラ・ゴーフロワ ムルソー 1er レ・シャルム 生産地:フランス ブルゴーニュ コート・ド・ボーヌ 原産地呼称:AOC....

あす楽
アルヴィナ・ペルノ ムルソー 1er レ・シャルム [2020]750ml (白ワイン)

ウメムラ Wine Cellar

30,800

アルヴィナ・ペルノ ムルソー 1er レ・シャルム [2020]750ml (白ワイン)

2020年は、アルヴィナが友人と所有するブドウと交換して、肩幅の広いパワフルなムルソー・シャルムを入れることができた初めての年です。 ■2020年ヴィンテージ情報■ 2020年産はとても優れたヴィンテージです。2020年は7月8月の乾燥を除いては全体的に好天に恵まれた一年でした。収穫はとても早い開始で8月22日。葡萄は大変状態が良く、プレス直後の分析で既に糖と酸のバランスが抜群でした。このバランスは、そのままワインに表現されています。 ■テクニカル情報■ 生産数:2020年750ml580本2020年ファーストリリース、品種:CHARDONNAY、土壌:粘土石灰質土壌、栽培面積:Paul PERNOT所有畑以外からの供給、剪定:ギュイヨ、区画数:1区画PaulPERNOT所有畑以外からの供給、植樹:35年以上(2021年時PaulPERNOT所有畑以外からの供給、樹齢:PaulPERNOT所有畑以外からの供給、密植度:10000本/ha、収量:PaulPERNOT所有畑以外からの供給、発酵槽:3年使用オーク樽、発酵期間:23週間、酵母:天然酵母、熟成樽:3年使用オーク樽、熟成期間:通常11ヶ月、ヴィンテージにより最大18ヶ月、マロ発酵:有、SO2添加:年によって変動、瓶詰前フィルタ:極軽く、栽培方法:リュット・レゾネ、収穫方法:区画で選別し手摘収穫 醸造&熟成:穏やかな空気圧プレス、約20時間落ち着かせます。3年使用のオーク樽でアルコール発酵樽熟。熟成はヴィンテージに応じて11~18ヶ月。非常に軽いろ過。最適な熟成を経て瓶詰。すべての樽を毎日必ずチェックし、どのように進んでいるかを確かめる。2020年産は夏の高温のお陰で、アルコール発酵後、比較的早くマロラクティック発酵が起こった。バトナージュは必要ではなかった...

あす楽
ドメーヌ・グザヴィエ・モノ ピュリニー・モンラッシェ 1er レ・フォラティエール [2020]750ml (白ワイン)

ウメムラ Wine Cellar

22,000

ドメーヌ・グザヴィエ・モノ ピュリニー・モンラッシェ 1er レ・フォラティエール [2020]750ml (白ワイン)

モダンとクラシックが調和した1723年創業の老舗ドメーヌ! グザヴィエ・モノは実質的に、1723年から続くムルソーの老舗ドメーヌ、ルネ・モニエ。ルネ・モニエの孫娘の婿にあたるグザヴィエが10代目を継承した。5歳で父を亡くしたグザヴィエはブドウ栽培とワイン醸造を学び、2004年にドメーヌ入り。モニエ家が代々受け継いできた17haのブドウ畑を耕作。18の異なるアペラシオンを醸造している。本拠地であるムルソーのほか、ピュリニー・モンラッシェ、ボーヌ、ポマール、ヴォルネイ、モンテリー、サントネイやマランジュまで広がり、白6割、赤4割の比率である。 若いうちからとっつきやすい一方、熟成にも耐え得るワインをグザヴィエは目指している。白は凝縮した果実味とピュアなミネラル感を引き出し、赤は豊かな果実にキメ細かくシルキーなタンニンを紡ぐ。モダンさとクラシックな趣きがうまく調和した造りと言えるだろう。 「ピュリニー・モンラッシェ 1er レ・フォラティエール」は、クロ・ド・ラ・ガレンヌ斜面の下面に位置し、角度的に太陽の恩恵を受けやすい場所で、効率よく熟度を得るので、リッチで力強い味わいが備わります。 ■テクニカル情報■ 熟成(樽【新樽率】/タンク):30~35% 熟成期間:12~14ヵ月 所有面積:0.81ha ぶどう品種(セパージュ):Chardonnay 100% 平均樹齢:50年 Xavier MONNOT Puligny Montrachet 1er Cru Les Folatieres グザヴィエ・モノ ピュリニー・モンラッシェ 1er レ・フォラティエール 生産地:フランス ブルゴーニュ コート・ド・ボーヌ ピュリニー・モンラッシェ 原産地呼称:AOC. PULIGNY MONTRACHET ぶどう品種:シャルドネ 100% アルコール度数...

あす楽
ドメーヌ・ブラン・ガニャール シャサーニュ・モンラッシェ 1er ラ・ブードリオット [2020]750ml (白ワイン)

ウメムラ Wine Cellar

17,600

ドメーヌ・ブラン・ガニャール シャサーニュ・モンラッシェ 1er ラ・ブードリオット [2020]750ml (白ワイン)

シャサーニュの個性そのものを味わえる一級畑「ラ・ブードリオット」。 ふくよかな果実味を纏う、気品に満ちた味わいが魅力の1本! 世界最高峰の白ワインの1つ、ル・モンラッシェをはじめ、バタール・モンラッシェとクリオ・バタール・モンラッシェの豪華な特級畑を所有する、ブルゴーニュの小さなドメーヌ。シャサーニュ・モンラッシェに本拠地を置き、所有する畑は約8haと小規模ながらも、特級畑3銘柄に加え、シャサーニュ・モンラッシェの一級畑を6つも所有しています。また、現当主ジャン・マルク・ブラン氏は、実直で丁寧なワイン造りでル・モンラッシェの名手として一目置かれる存在です。 「シャサーニュ・モンラッシェ 1er ラ・ブードリオット」は、赤も白も秀逸なクリマですが、ブラン・ガニャールは白のみ。一級畑ブドリオットは他の畑と比べ、ややふくよかな果実味が出るテロワールが特徴です。同じ一級畑でも力強さが特徴のモルジョに比べて、より女性的で表情豊かな味わいに仕上がります。 西洋サンザシのようなフローラルでアロマティックな香りが広がります。アカシアの花を思わせるフローラルなアロマとほのかにヘーゼルナッツのニュアンス。このクリマの近辺の白の中ではオイリーさは控えめで、むしろピュアなミネラル感が際立つ、洗練されたシャサーニュです。 DOMAINE BLAIN GAGNARD CHASSAGNE MONTRACHET 1ER CRU LA BOUDRIOTTES ドメーヌ・ブラン・ガニャール シャサーニュ・モンラッシェ プルミエ・クリュ ラ・ブードリオット 生産地:フランス ブルゴーニュ コート・ド・ボーヌ シャサーニュ・モンラッシェ 原産地呼称:AOC. CHASSAGNE MONTRACHET ぶどう品種:シャルドネ 100% アルコール度数:13.5% 味わい...

あす楽
アルヴィナ・ペルノ ムルソー 1er レ・シャルム [2022]750ml (白ワイン)

ウメムラ Wine Cellar

44,000

アルヴィナ・ペルノ ムルソー 1er レ・シャルム [2022]750ml (白ワイン)

ポール・ペルノの孫娘、アルヴィナ・ペルノが手掛ける、生産量極少、希少性の高いシンデレラワイン! アルヴィナ・ペルノはピュリニー・モンラッシェ村にあるドメーヌ ポール・ペルノの当主ポール・ペルノ氏の次男ミシェル・ペルノ氏の娘であり、当主の孫娘。彼女はブルゴーニュ大学やESC Dijonで学び自らの名前を冠したブランドを夫と立ち上げました。2018年産が記念すべきファーストヴィンテージ。自社畑も所有していますが、ブドウのほとんどはポール・ペルノからの供給を受けています。栽培は共にポール・ペルノの畑で行うので、彼らとの違いは醸造過程にあります。 目指すスタイルとしては爽快感があり、キリっとした酸があり、長熟できるバランスのとれたワイン。長期的に同じ価値観を持つ仲間内で果汁を交換をしているので年によってキュヴェの増減がありその年の出来の良かったものをリリースしているので不定期ながら質が高く幅広いキュヴェを味わう事が出来ます。全てのラベルには個々の生産本数も記載しますが、生産量は極めて少なく、争奪戦必至の希少性の高いシンデレラワインとなっています。 「ムルソー 1er レ・シャルム」は、2020年が1stリリース。アルヴィナが友人と所有するブドウと交換して造られる希少なワイン。肩幅の広いパワフルなムルソー・シャルムです。 ■テクニカル情報■ 生産数:2020年ファーストリリース、品種:CHARDONNAY、土壌:粘土石灰質土壌、栽培面積:Paul PERNOT所有畑以外からの供給、剪定:ギュイヨ、区画数:1区画PaulPERNOT所有畑以外からの供給、植樹:35年以上(PaulPERNOT所有畑以外からの供給)、密植度:10000本/ha、収量:PaulPERNOT所有畑以外からの供給、発酵槽:3年使用オーク樽、発酵期間:23週間、酵母...

あす楽
ドメーヌ・ベルナール・モロー シャサーニュ・モンラッシェ 1er ラ・マルトロワ [2015]750ml (白ワイン)

ウメムラ Wine Cellar

22,330

ドメーヌ・ベルナール・モロー シャサーニュ・モンラッシェ 1er ラ・マルトロワ [2015]750ml (白ワイン)

果実味たっぷりの味わいが特徴でシャンガンやクロ・サンジャンに囲まれた上質な畑がマルトロワです。シャサーニュ村の約中央に位置し、中斜面に石灰系の土壌となっております。ワインにはミネラルと酸がしっかり乗り、長期熟成も耐えうるワインとなります。 ベルナール・モローの2015年、価格は安くはないですが官能的で芳醇な香りと果実味が前面に出て素晴らしい世界を見つけることが出来るでしょう。 アレックス・モローは、今日のコート・ド・ボーヌの白のブルゴーニュの生産者の中で最も才能があり勤勉な生産者の一人であり、彼の2015年は途轍もなく素晴らしいものであり、その美しい酸と集中した力強さは、ヴィンテージの固定観念を覆すものである。 ワインアドヴォケイト:93ポイント Reviewed by William Kelley Issue Date 27th Apr 2018 Source 236, The Wine Advocate Drink Date 2020 - 2040 The 2015 Chassagne-Montrachet 1er Cru La Maltroie is a lovely wine, wafting from the glass with notes of pear, lemon oil, iodine and wheat toast. On the palate, the wine is elegantly glossy, full-bodied and deep, with racy acids, excellent concentration and a cool, stony finish. This is a bright, precise La Maltroie that confounds stereotypes...

あす楽
ドメーヌ・ベルナール・モロー シャサーニュ・モンラッシェ 1er レ・シュヌヴォット [2020]750ml (白ワイン)

ウメムラ Wine Cellar

22,330

ドメーヌ・ベルナール・モロー シャサーニュ・モンラッシェ 1er レ・シュヌヴォット [2020]750ml (白ワイン)

シャサーニュでもトップクラスの生産者「ベルナール・モロー」が手掛ける、一級畑シュヌヴォットとボンデュの白ワイン! シャサーニュ・モンラッシェで19世紀から続く家族経営のドメーヌを営むドメーヌ・ベルナール・モロー・エ・フィス。優れた作り手がひしめくシャサーニュでも進境著しいトップクラスの生産者の1つです。 ドメーヌの歴史は、初代オーギュスト・モローが最初のセラーを建てた1809年に遡ります。ドメーヌが管理する14haの畑(9haは自社畑、5haは借地)は、13のアペラシオンに跨ります。3代目当主のベルナールがドメーヌの経営を受け継いだのは60年代初頭のことで、就任時わずか14歳の若さにして1970年代には高い評価を確立し、トップ生産者としての礎を築きました。2000年からは4代目のアレクサンドルとブノワ・モロー兄弟がドメーヌの運営を引き継いでいます。アレクサンドルはブドウ栽培、ブノワは主に醸造を担当し、その評価は上昇の一途を辿っています。 モローの作る白ワインは、キレが良く、美しいミネラル感が豊かに感じられるのが特徴で、特に村名のシャサーニュ・モンラッシェは極めてコストパフォーマンスに優れた逸品です。赤ワインも極めて上質で、他の生産者が造るシャサーニュ・モンラッシェ特有の青っぽさや野暮ったさとは全くの無縁。穏やかな抽出でフィネスが際立つ上品でエレガントな味わいに仕上げています。 「シャサーニュ・モンラッシェ プルミエ・クリュ レ・シュヌヴォット」は、畑面積0.35ha、一級畑シュヌヴォットとボンデュで作られるブドウを使用。新樽率は30-50%で、相性料理は仔牛のソース煮込み、白身肉、伊勢海老、オマール、フォワグラの蒸し焼きなど。提供温度は12-14℃。 Domaine Bernard Moreau Chassagne...

あす楽
ドメーヌ・ジェローム・パトリアルシュ ムルソー 1er レ・シャルム・ドゥシュ [2019]750ml (白ワイン)

ウメムラ Wine Cellar

16,000

ドメーヌ・ジェローム・パトリアルシュ ムルソー 1er レ・シャルム・ドゥシュ [2019]750ml (白ワイン)

伝統的なムルソーの理想形を表現するドメーヌ! ムルソー村に1900年より続くぶどう栽培家の家系で、2005年に5代目ジェローム・パトリアルシュが継承しました。2010年より厳格なリュット・レゾネ栽培を実践し、醸造設備への投資が完了した2017年に自社ビン詰めを開始しました。所有面積合計6ヘクタール、村名と一級は足して2ヘクタール弱の小さなドメーヌですが、ファーストヴィンテージの2017年がミッシェル・ベタンヌにスクープされたことで、一躍世に知られることになりました。 「ムルソー 1er レ・シャルム・ドゥシュ」は、0.8ha。樹齢約55年のVV。収量は40hl/ha。樽で発酵後、18ヶ月熟成(新樽100%)。 ■テクニカル情報■ 栽培:2010年より厳格なリュット・レゾネ栽培。化学肥料、除草剤、殺虫剤、防腐剤は原則として一切使用しない。 醸造:除梗しない。天然酵母のみで発酵。原則としてバトナージュは行わない Domaine Jerome Patriarche Meursault 1er Cru Les Charmes Dessus ドメーヌ・ジェローム・パトリアルシュ ムルソー プルミエ・クリュ レ・シャルム・ドゥシュ 生産地:フランス ブルゴーニュ コート・ド・ボーヌ ムルソー 原産地呼称:AOC. MEURSAULT ぶどう品種:シャルドネ 100% 味わい:白ワイン 辛口Jerome Patriarche / ジェローム・パトリアルシュ 伝統的なムルソーの理想形を表現するドメーヌ! ムルソー村に1900年より続くぶどう栽培家の家系で、2005年に5代目ジェローム・パトリアルシュが継承しました。2010年より厳格なリュット・レゾネ栽培を実践し、醸造設備への投資が完了した2017年に自社ビン詰めを開始しました。ジェロームは...

あす楽
ジュリアン・ブロカール シャブリ 1er コート・ド・レシェ [2021]750ml (白ワイン)

ウメムラ Wine Cellar

6,490

ジュリアン・ブロカール シャブリ 1er コート・ド・レシェ [2021]750ml (白ワイン)

非常に痩せた岩の多い土壌で収量は少ないがミネラル豊かなワインを生む。 1997年に父ジャン・マルクから今やシャブリで偉大となったドメーヌを引き継ぎ、二代目として当主を担うジュリアン。ブドウが自然な状態を保つ事を何よりも第一に考える彼が、引き継ぎと同時に立ち上げたもう1つのドメーヌが、この『ジュリアン・ブロカール』。 ビオディナミを積極的に取り入れ、栽培、テロワールの表現から醸造までを徹底的に管理し、2012年にワインを初リリース。ドメーヌとしての歴史はまだ浅いものの、わずか2年という短期間で素晴らしい評価を得ており、今後、最も目が離せない注目のシャブリ生産者である。 「シャブリ プルミエ・クリュ コート・ド・レシェ」は、樹齢60-65年。熟したリンゴ、マーマレード、レモンピールのヒントがあり、直線的で大胆なアロマ。張りとまろやかさを同時に楽しめるシルキーなテクスチャー。驚くほどきれいなミネラルのフィニッシュを持つ、濃密な味わいが楽しめる。 ■テクニカル情報■ 畑:キンメリジャン土壌、MILLY村の南東向き。傾斜38度の斜面。 ブドウ品種:シャルドネ100% 醸造・熟成:オーク樽(25,50,100hl)11ヶ月 JULIEN BROCARD CHABLIS 1ER CRU COTE DE LECHET ジュリアン・ブロカール シャブリ プルミエ・クリュ コート・ド・レシェ 生産地:フランス ブルゴーニュ シャブリ 原産地呼称:AOC. CHABLIS ぶどう品種:シャルドネ 100% アルコール度数:13% 味わい:白ワイン 辛口 VINOUS:(90-92) ポイント (90-92)pts Drinking Window 2024 - 2035 From: Swings and Roundabouts: Chablis 2020...

あす楽
ドメーヌ・フィリップ・シャヴィ ピュリニー・モンラッシェ 1er レ・フォラティエール オー・シャニオ [2021]750ml (白ワイン)

ウメムラ Wine Cellar

41,580

ドメーヌ・フィリップ・シャヴィ ピュリニー・モンラッシェ 1er レ・フォラティエール オー・シャニオ [2021]750ml (白ワイン)

シュヴァリエとほぼ同じ等高線上にあり、ミネラルのしっかりとしたスタイルの一級フォラティエール! ピュリニィ村には、シャヴィの名を冠するドメーヌが3つあり、いずれも腕利き揃いです。ドメーヌ・フィリップ・シャヴィの若き当主フィリップは、アラン・シャヴィとジャン・ルイ・シャヴィの従兄にあたります。 父のアルベールは、自社畑で作ったバルクワインを有名ネゴシアンに売却していましたが、1990年にドメーヌを引き継いだフィリップが自家元詰めを開始しました。土壌の潜在力を最大限に引き出すべくビオディナミ農法に転換して厳しく収量制限し、自然のサイクルを重視したブドウ栽培を心掛け、2000年代に入り飛躍的な進歩を遂げています。 「ピュリニー・モンラッシェ 1er レ・フォラティエール オー・シャニオ」は、ピュリニィ・モンラッシェのプルミエ・クリュで最も人気の高い畑の1つ「フォラティエール」で作られるブドウを使用します。 「フォラティエール」の名前の由来は諸説あり、「follots」という湿気のある霧の多い土地の名前に由来するという説や、「feu follet」(セントエルモの火:雷雨や嵐の夜に避雷針や船のマストの先端など地表からの突起物にみられる持続的な弱い放電現象)を語源とする説、また森の端に精霊が集まり薄光を帯びていたという伝承に由来するとも言われています。 新鮮なマルメロ(カリン)を想起させるピュアで洗練された香り。凝縮感のある肉厚な果実味と絶妙なバランスを備えた酸が口中に広がり、継ぎ目のない美しい味わいを生む。 ■2021年ヴィンテージ情報■ この年は、フランス全土を覆った寒波により、生産者にとってチャレンジの年となりました。霜の影響を受けた厳しい春が過ぎ、開花時期を迎える頃は暖かく乾燥し、理想的な気象条件下で受粉、結実を迎えました...

あす楽
パスカル・クレマン ムルソー 1er ル・ポリュゾ [2016]750ml (白ワイン)

ウメムラ Wine Cellar

16,500

パスカル・クレマン ムルソー 1er ル・ポリュゾ [2016]750ml (白ワイン)

2024年蔵出しバックヴィンテージ! 白ワインの神、コシュ・デュリのジャン・フランソワ・コシュから薫陶を受けた注目の醸造家、パスカル・クレマン。 パスカル・クレマンはポマールのぶどう栽培家の家系出身ですが、相続する畑は持たなかったため、若くから志したワイン造りへの道を独力で切り拓くことになりました。彼にとって僥倖だったのは、最初の勤務先が「コシュ・デュリ」であったこと。1990年から1994年までの4年間にわたって、当時の当主で「白ワインの神」と呼ばれたジャン・フランソワ・コシュ氏より直々に、ワイン造りの哲学と秘技を授かりました。 「必要なことには時間を惜しまず、納得できるまで行う。ヴィンテージごとの個性をじっくりと見極め、臨機応変に、かつ最良の方法で醸造する。醸造家としての僕のすべては、彼から学びました」(パスカル・クレマン)。 「ムルソー 1er ル・ポリュゾ」は、ムルソー集落の南西、ペリエール、ジュヌヴリエールの二つのプルミエ・クリュに隣接している。アペラシオンとしてはムルソーの南部にあたり、抜群の日当りを誇ります。「石の多い場所」が語源です。標高のある素晴らしいポリュゾの丘の畑から造られる偉大な1級ムルソーです。 ■テクニカル情報■ 栽培:リュット・レゾネ栽培を実践している「プロフェッショナルな」栽培家達からぶどうで購入 醸造:除梗しない。天然酵母のみで発酵。バトナージュを行わない Pascal Clement Meursault 1er Cru Le Porusot パスカル・クレマン ムルソー 1er ル・ポリュゾ 生産地:フランス ブルゴーニュ コート・ド・ボーヌ ムルソー 原産地呼称:AOC. MEURSAULT ぶどう品種:シャルドネ 100% アルコール度数:13.0% 味わい:白ワイン 辛口Pascal Cl...

あす楽
ドメーヌ・アルベール・グリヴォ ムルソー 1er ペリエール [2021]750ml (白ワイン)

ウメムラ Wine Cellar

24,800

ドメーヌ・アルベール・グリヴォ ムルソー 1er ペリエール [2021]750ml (白ワイン)

じつは虎の子のクロ・デ・ペリエールよりも平均樹齢が高く、よりムルソーらしい包容力を感じさせる「ペリエール」。 今日、ドメーヌを運営するのはアルベールグリヴォーの孫にあたる、ミシェル・バルデ夫妻である。クロ・デ・ペリエールのほか、通常のペリエール、村名ムルソー、ブルゴーニュ・ブラン、ポマール1級クロ・ブランの5アペラシオンに、合計6haのブドウ畑を所有。白でも長期熟成の可能なワインがこのドメーヌの方針で、とくにクロ・デ・ペリエールにいたっては10年でも20年でも問題なく寝かしておくことができる。なおかつ熟成が頂点に達した時の素晴らしさは、この世のものとも思えない幸せが味わえるだろう。 「ムルソー 1er ペリエール」は、じつは虎の子のクロ・デ・ペリエールよりも平均樹齢が高く、緊張感が支配するクロに対して、よりムルソーらしい包容力を感じさせる。畑にごろごろ転がる小石の効果でブドウはよく熟し、リッチな味わい。石灰質の強いミネラルがバランスをとる。 ■テクニカル情報■ 醸造・栽培、発酵(樽/タンク):オーク樽、発酵温度:18~21度、熟成(樽【新樽率】/タンク):5分の1、熟成期間:11ヵ月、マロラクティック発酵の有無:Yes、瓶詰め時のフィルターの有無:Yes、所有面積:1.5459ha、土壌:粘土(46%)シルト(30%)砂(24%)、ぶどう品種(セパージュ):Chardonnay 100%、ぶどうの仕立て:ギュイヨ、平均樹齢:49年、平均年間生産量(本数):5000~6000本、収穫量:44hl/ha、収穫方法:手摘み Albert GRIVAULT Meursault 1er Cru Perrieres ドメーヌ・アルベール・グリヴォ ムルソー 1er ペリエール 生産地:フランス ブルゴーニュ コート・ド・ボーヌ ムルソー...

あす楽
ドメーヌ・ラリュー ピュリニー・モンラッシェ 1er スール・ピュイ [2021]750ml (白ワイン)

ウメムラ Wine Cellar

17,380

ドメーヌ・ラリュー ピュリニー・モンラッシェ 1er スール・ピュイ [2021]750ml (白ワイン)

バターにスパイスのニュアンスを感じる香り。味わいは濃厚で、隣のムルソーを思わせる1本! サントーバンを拠点に15haの畑を所有する家族経営のドメーヌです。兄のドニーは選定などブドウ樹、弟のディディエは醸造とPR、そしてドニーの息子のブリュノーは耕作など土壌を担当し、3人体制で営んでいます。 ドニー(兄):選定などブドウ樹を担当、ディディエ(弟):醸造&PRを担当、ブリューノ(ドニーの息子):耕作など土壌を担当。ブリューノは2006年にドメーヌに加わり、以来キャタピラ式の小型トラクターによる耕作を始め、更なる品質向上が図られている。 「ピュリニー・モンラッシェ スール・ピュイ」 は、ブラニーの集落に近くムルソーと隣接する深い粘土石灰質の土壌で、標高360mの東向きの5つの区画のブレンド。オーク樽(新樽率20%)で12ヶ月シュール リー熟成させます。バターにスパイスのニュアンスを感じる香り。味わいは濃厚で、隣のムルソーを思わせます。 DOMAINE LARUE PULIGNY MONTRACHET PREMIER CRU SOUS LE PUITS ドメーヌ・ラリュー ピュリニー・モンラッシェ スール・ピュイ 生産地:フランス ブルゴーニュ コート・ド・ボーヌ ピュリニー・モンラッシェ 原産地呼称:AOC. PULIGNY MONTRACHET ぶどう品種:シャルドネ 100% アルコール度数:13% 味わい:白ワイン 辛口Domaine Larue / ドメーヌ・ラリュー 3人体制で営まれているドメーヌ。ドニー(兄):選定などブドウ樹を担当、ディディエ(弟):醸造&PRを担当、ブリューノ(ドニーの息子):耕作など土壌を担当。ブリューノは2006年にドメーヌに加わり、以来キャタピラ式の小型トラクターによる耕作を始め...

あす楽
ドメーヌ・ファビアン・コシュ ムルソー 1er シャルム [2021]750ml (白ワイン)

ウメムラ Wine Cellar

23,800

ドメーヌ・ファビアン・コシュ ムルソー 1er シャルム [2021]750ml (白ワイン)

従兄も名門ばかりのムルソーの老舗生産者「ファビアン・コシュ」! 1940年創設のムルソーでは老舗のドメーヌ。現当主の祖父、ジュリアン・コシュ・デュボー氏がドメーヌを興し、父親のアラン・コシュ・ビズアールがドメーヌを躍進させました。 現在の当主、1973年生まれのファビアン・コシュは、自らドメーヌを引継ぎ、手掛ける傍らで、永年にわたりムルソーでのワイン生産者の組合で要職を務め、今やこの地になくてはならない存在として、ムルソーでの確固たる地位を築き上げました。また、コシュ・デュリー、ジャン・マルク・ルーロは、ファビアンの従兄弟にあたるという、まさにムルソーの名門です。 「ムルソー 1er レ・シャルム」は、力強い味わいが特徴とされ、ムルソーをムルソーたらしめている「豊満さ」「華やかさ」が完璧に備えられた土壌だと評されています。十分熟成に堪えるパワーを持っている畑です。 ■テクニカル情報■ 土壌:クリュのやや南側の中腹、南東斜面。樹齢90年。0.28ha。 DOMAINE FABIEN COCHE MEURSAULT 1ER CRU LES CHARMES ファビアン・コシュ ムルソー プルミエ・クリュ レ・シャルム 生産地:フランス ブルゴーニュ コート・ド・ボーヌ ムルソー 原産地呼称:AOC. MEURSAULT ブドウ品種:シャルドネ 100% アルコール度数:13% 味わい:白ワイン 辛口Fabien Coche / ファビアン・コシュ 従兄も名門ばかりのムルソーの老舗生産者! 1940年創設のムルソーでは老舗のドメーヌ。現当主の祖父、ジュリアン・コシュ・デュボー氏がドメーヌを興し、父親のアラン・コシュ・ビズアールがドメーヌを躍進させました。そして、現在の当主、1973年生まれのファビアン・コシュは、自らドメーヌを引継ぎ...

あす楽
ローラン・ポンソ ムルソー 1er レ・ペリエール キュヴェ・ド・レレボール [2017]750ml (白ワイン)

ウメムラ Wine Cellar

41,800

ローラン・ポンソ ムルソー 1er レ・ペリエール キュヴェ・ド・レレボール [2017]750ml (白ワイン)

たゆまぬ努力によって、アペラシオンを見事に表現! ローランが目指した本来のムルソーとは… 2017年2月、ローラン・ポンソが36年間携わったドメーヌ・ポンソを離れ、その直後の同年4月に、ネゴシアン「ローラン・ポンソ社」を立ち上げた。オフィスは、ジリー・レ・シトー村の産業地区に構え、このオフィス裏とコルゴロワンに熟成用の設備や、畑作業用の機器置場をもつ。2018年1月には愛息のクレメンが当主に着任している。 ワインは、ローラン自身とクルチエのネットワークから質の高いブドウを購入して造られる。ブドウ、圧搾果汁、発酵果汁の状態で購入するが、まれにごく初期の樽に入った状態ものも含まれ、収穫直後できる限り早くセラーに持ち込まれる。ワインになった完成品の状態や瓶詰直前のものを購入することは絶対にしない。また、ローランがドメーヌ・ポンソの頃から所有していた畑もあり、ローラン・ポンソ社が形式的にブドウを買い取る形で醸造する。 「ムルソー 1er レ・ペリエール キュヴェ・ド・レレボール」は、ローラン・ポンソでは白ワインには花の名前がキュヴェ名に付けられています。ヘレボールとは、クリスマスローズという意味。ムルソーはドメーヌ・ポンソ時代には造られておらず、ローラン・ポンソとして初めて手掛けたキュヴェ。 「ムルソーはこの25年間、いつも飲みたくないワインで、樽の影響が強いカリフォルニアのシャルドネのようなものが多かった。樽の影響を受けない、本来のムルソーを表現したかった」というローラン。(ワインレポートより抜粋) ローラン・ポンソでは、白ワインの古樽を所有していなかったので、新樽に塩を刷り込んで、熱湯に15分間漬ける昔ながらの方法でリンスしたそうです。そうすることにより、新樽の影響がワインの味わいに影響せずに済むそうです。...

あす楽
ドメーヌ・ポール・ペルノ ピュリニー・モンラッシェ 1er レ・ピュセル [2020]750ml (白ワイン)

ウメムラ Wine Cellar

29,700

ドメーヌ・ポール・ペルノ ピュリニー・モンラッシェ 1er レ・ピュセル [2020]750ml (白ワイン)

ビアンヴィニュ・バタール・モンラッシェから道を隔てただけの恵まれた区画と別に1つ区画を所有。 Pucellesとは乙女の意味がある。乙女が騎士(シュヴァリエ)に誘惑され、私生児(バタール)を産み、皆の祝福(ビアンビニュ)を受けたという逸話が有名ではある。その逸話の真偽はさておき、ピュセルが他のグランクリュと一緒に語られている事に意味がある。つまり、ピュセルは今の格付けではプルミエ・クリュではあるが、グランクリュと並び称されるほど質の高い畑であることを示しているのだ。 柔らかで明るく淡い黄緑色。レモンとエキゾチックな花のアロマ。潰した熟れたリンゴとドライな要素。とてもエレガントで広がりがある。フォラティエールのような緻密さはなくより大らかな印象。よりエキゾチックさが備わりライチのヒントも感じられます。とてもスケール感のあるワインに仕上がっています。ボディもしっかりとしており、スケール感がある造りですが、比較的若いうちから充分に楽しめる造りでもあります。ビアンヴィニュから道を隔てただけの恵まれた区画と別に1つ区画を有し、総面積0.4ha所有。年産僅か200cs。ピュセルやバタールは急な斜面ではないので、天候に左右されず、昔から安定的に質の高いブドウが採れるそうだ。 Domaine PAUL PERNOT ET SES FILS Puligny Montrachet 1er Cru Les Puselles ドメーヌ・ポール・ペルノ ピュリニー・モンラッシェ 1er レ・ピュセル 生産地:フランス ブルゴーニュ コート・ド・ボーヌ ピュリニー・モンラッシェ 原産地呼称:AOC. PULIGNY MONTRACHET ぶどう品種:シャルドネ 100% 味わい:白ワイン 辛口DOMAINE PAUL PERNOT / ドメーヌ・ポール・ペルノ...

あす楽
ドメーヌ・ウィリアム・フェーブル シャブリ 1er ヴォロラン [2015]750ml (白ワイン)

ウメムラ Wine Cellar

14,300

ドメーヌ・ウィリアム・フェーブル シャブリ 1er ヴォロラン [2015]750ml (白ワイン)

250年の歴史があり最も多くのシャブリのグラン・クリュ畑を有する名門! シャブリでは圧倒的少数の手摘みと選果台導入で品質が向上。テロワールを表現することにこだわっています。 1850年設立され、現在の社名となっているウィリアム フェーブルが相続しました。氏は積極的に畑を買い増し拡張。うちグラン・クリュが15.2ha、プルミエ・クリュが15.9haを占め、最大のグラン・クリュ所有ドメーヌとなりました。 比類ない銘醸畑から生まれるワインは極めて高い評価を得る一方でシャブリ全体の地位を守るための活動(新大陸ワインでの「シャブリ」名称乱用の撲滅、キンメリジャン土壌でない土地での「シャブリ」呼称使用への反対など)にも尽力しました。1998年から醸造家ディディエ セギエを抜擢し、類いまれな畑の能力を最大限生かすため様々な改革を実施。果実味あふれるワイン造りに転換し、現在ではビオロジック農法(一部ビオディナミ農法)を取り入れさらに評価を高めています。 「シャブリ 1er ヴォロラン」は、グランクリュのに隣接しており、力強くミネラルを思わせる風味豊かでグラン・クリュのレベルに近いワイン。短時間プレス(1時間-2時間)し低温にて軽く清澄。樽発酵30-50%、ステンレス発酵50-70%。13-14ヶ月熟成(40-50%は小樽で5-6ヶ月熟成、残りの期間ステンレスタンクへ) 他のプルミエクリュに比べ全体のバランスが一回り大きく、厚みのあるボディーと力強くミネラルを思わせる風味が豊か。全てにおいてグランクリュのレベルに近い味わい。 ■2015年ヴィンテージ情報■ 2015年のシャブリは、偉大な年になると評判のコート ドールとは性格の異なる年となりました。1月までの暖冬が一変し、2月と3月の低温。4月は夏のような気温があった日もあれば、その後の急激な温度変化...

あす楽
ドメーヌ・ローラン ムルソー 1er レ・ポリュゾ プルミエ・ジュ [2020]750ml (白ワイン)

ウメムラ Wine Cellar

28,600

ドメーヌ・ローラン ムルソー 1er レ・ポリュゾ プルミエ・ジュ [2020]750ml (白ワイン)

【正規代理店商品】 一級ル・ポリュゾの特に凝縮した果汁だけを使用した貴重なキュヴェ「ル・プルミエ・ジュ」。 ブルゴーニュ屈指の醸造家として知られるドミニク・ローランが2006年に息子ジャンと始めたドメーヌ。息子ジャン・ローランはモンペリエの醸造学校で醸造学を専攻。6年前から父ドミニク・ローランの元で働き始め、現在はドメーヌのワイン造りを担当しつつ、家族だけに伝えられるドミニク・ローラン秘伝の醸造スタイルを継承しています。 栽培は全て有機農法。毎年少しずつ買い足される畑の選定基準は樹齢が古いこと。樹齢80年程の古樹が中心です。ぶどうは除梗せず全房発酵され、瓶詰めまでSO2は添加せず、補糖は一切行いません。ネゴシアンのワインは平均2年間樽熟成をしますが、ドメーヌの樽熟成期間は1年間という短期間の熟成。樽より瓶熟成の方がゆっくり熟成する、という理由からです。2009年からは待望のクレマンとクロ・ド・ヴージョ、エシェゾーといったグランクリュなどがラインナップに加わり、畑は現在約9haを所有。 「ムルソー 1er ル・ポリュゾ プルミエ・ジュ」は、標高のある素晴らしいポリュゾの丘の畑から造られる偉大なムルソー。ポリュゾはペリエール、ジュヌヴリエールの二つのプルミエ・クリュに隣接している。2008年以降、毎年、潜在アルコール度は13.5度を超えており、ブドウはとても健全でソーティングの必要が無い。口にすると最初は印象的に純粋だが、やがて甘みを感じる。フレッシュアーモンドやブドウの花、ヴァニラの香り、後口はゴツゴツしている。熟成するとナッツやトースト、バターの香りが出てくる。 ドミニク・ローランのコメント 『特に凝縮した果汁から造られたマイクロ・キュヴェ。通常、この量だと他のワインと合わせてボトリングしてしまう。最初は味わいの起伏が感じづらく...

あす楽
ドメーヌ・ジョセフ・コラン シャサーニュ・モンラッシェ 1er ヴィデ・ブルス [2021]750ml (白ワイン)

ウメムラ Wine Cellar

24,200

ドメーヌ・ジョセフ・コラン シャサーニュ・モンラッシェ 1er ヴィデ・ブルス [2021]750ml (白ワイン)

バタールにあるような、リッチさや力強さを持つ、所有者の少ない秘蔵畑「ヴィデ・ブルス」! マルク・コランの次男、ジョゼフが独立しスタートさせたドメーヌ。母ミシェルの実家はサン・トーバンの作り手、父マルクの実家はシャサーニュ・モンラッシェの作り手というワイナリー一家で、19歳だった1993年から仕事を始める。長男ピエール・イヴは1996年からドメーヌに参加し、三男のダミアンは1999年、そして長女カロリーヌは2005年から参加と、兄妹揃ってワイン造りをすることとなる。 長男ピエール・イヴは2005年に独立。現在では高い人気を誇るドメーヌとなっている。そしてジョゼフも2017年、独立しドメーヌ・ジョセフ・コランを立ち上げる。 ドメーヌ・ジョゼフ・コランでは主に実家から受け継いだ6.5ヘクタールの畑で仕事をし、サン・トーバン、シャサーニュ、ピュリニーのヴィラージュ、1級、特級を合わせた19のアペラシオンのワインを造っている。 ビオディナミを意識し、畑には除草剤や化学肥料は使用しない。 「シャサーニュ・モンラッシェ 1er ヴィデ・ブルス」は、バタールのすぐ下にある一級畑。東はアンセニエール(村名)、西はクリオーバタールに接する。5,6生産者の所有のみ、全体で1.3243ha程しかない小さな区画です。 バタールにあるような、リッチさや力強さもあるし、早めの収穫をし、酸と塩みをキープしている。若いときは、バタールより味わいが上に感じて、力量があることも。 ■ジャスパー・モリスMW著 ブルゴーニュワイン大全より■ ヴィデ・ブルスは、土質は比較的重いが、小石が非常にある為、水はけに優れ、ワインに繊細なニュアンスが出る。シャサーニュの1級の中では、ボディが極めて大きい。色々な面で、「プティ・バタール」であり、飲み頃もバタールよりも早いと記述されている...

あす楽
バロレ・ペルノ ピュリニー・モンラッシェ 1er クロ・ド・ラ・ガレンヌ [2021]750ml (白ワイン)

ウメムラ Wine Cellar

18,700

バロレ・ペルノ ピュリニー・モンラッシェ 1er クロ・ド・ラ・ガレンヌ [2021]750ml (白ワイン)

「バタール・モンラッシェ」と「ビアンヴニュ・バタール・モンラッシェ」に接する優良区画! 1960年に誕生した「バロレ・ペルノ」は、サン・ロマンを中心に、ボーヌ一級、オークセイ・デュレス、ピュリニー・モンラッシェ(村名&一級)、そしてバタール・モンラッシェまで、合計14ヘクタールもの畑を所有する一大ドメーヌです。1980年に3代目ディディエ・バロレが継承し、フランス国内を中心に名声を博してきましたが、2013年、フレデリック・コサールやフランソワ・ミクルスキの下で学んだ息子ロマンが参画したことで品質はさらなる高みに達し、また、輸出にも目を向けてくれるようになりました。 2017年2月には、噂を聞きつけたミッシェル・ベタンヌも来ました。(ワインを賞賛し、自身でバタール・モンラッシェを1本購入していったそうです!)。ブルゴーニュ白ワインの新たなる期待の星として、全世界から注目が集まることが想定されています。 「ピュリニー・モンラッシェ 1er クロ・ド・ラ・ガレンヌ」は、クロに囲まれた、所有者2~3人のみの小リウ・ディ。0.36ha。石灰質・泥灰土質土壌。樹齢約30年。新樽率30%で12ヶ月間熟成。 ■テクニカル情報■ 栽培:リュット・レゾネ栽培。化学肥料は一切使用しない 醸造:天然酵母のみで発酵。除梗しない Barolet Pernot Pere & Fils Puligny Montrachet 1er Cru Clos de la Garenne バロレ・ペルノ ピュリニー・モンラッシェ 1er クロ・ド・ラ・ガレンヌ 生産地:フランス ブルゴーニュ コート・ド・ボーヌ ピュリニー・モンラッシェ 原産地呼称:AOC. PULIGNY MONTRACHET ぶどう品種:シャルドネ 100% アルコール度数:13.5% 味わい:白ワイン...

スポンサーリンク
スポンサーリンク