メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「農機具」検索結果。

農機具の商品検索結果全2件中1~2件目

こちらの関連商品はいかがですか?

エッダ 750ml

Amazon

2,314

エッダ 750ml

華やかな白い花のアロマと、完熟したリンゴの香りが複雑に混じりあう。 オーク樽熟成に由来する香ばしさと果実味が官能的な味わいを産み出しています。 ワイナリーの創設から現在まで 1962年、19人の地元ブドウ栽培農家“父なる創業者たち"が協同組合“Cantine San Marzano"を設立。 以来地ブドウを中心に栽培していましたが、2000年頃から自社元詰めワインの 生産を開始。 南イタリアならではの新鮮な果実味を活かしたモダンテイストが認められ 世界的に人気を博すようになります。 現在では1,200もの経験豊富な栽培農家を抱え、彼らは今もプーリア伝統の ブドウ造りの哲学・手法を守り続けています。 プーリアの土地を活かしたモダンなワイン造り イタリアの"かかと"の部分、アドリア海とイオニア海、「2つの地中海」に面したプーリア州。 サン・マルツァーノでは「プーリアの土地の風土で育てられた完熟ブドウで、 新鮮な果実味をしっかりと表現すること」を哲学としています。 甘いだけではない、ピュアでクリーン、卓越したバランス感覚のワインを造りだすために、 日々の研究や設備投資を惜しまずワインづくりに励んでいます。 太陽・風・大地の恩恵を受ける、温暖な気候 プーリアは、その美しい景観も相まって、観光スポットとしても高い人気を誇ります。 太陽・風・大地の恩恵を受ける、イタリア最大の農業地帯でもあり、トマトやオリーブオイル、 小麦などイタリア食材の宝庫でもあります。 その温暖な気候から、果実味たっぷりの完熟したワインが造られており、長年にわたり バルクワインの供給地として、イタリアやフランスの市場を支えてきましたが、 近年では技術革新が目覚ましく、リーズナブルで高品質なワインが数多く 生産されています。 古木を守り抜く サン...

ボッテガ ゴールド 750ml

MOAI

2,570

ボッテガ ゴールド 750ml

Bottega Gold 750ml 淡い麦藁色。きめ細かく長くたなびくペルラージュ。 ゴールデン種のリンゴ、パッションフルーツ、バナナ、パイナップル、 藤、アカシアの花の豊かな芳香。 爽やかなのど越しと、鼻腔をみたす新鮮な果実と白い花のアフター テイストが心地よい。 ◆容量:750ml マッシュルームコルク栓 ◆原産国:イタリア ◆葡萄品種:グレーラ(プロセッコ)100% ◆味わい:辛口スパークリングワイン ◆アルコール度数:11% ギフト 贈り物 プレゼント 女性好み 豪華な 派手 ゴージャス お手軽 シャンパン クリスマス シャンペン スプマンテBOTTEGA ボッテガ社は、ヴェネツィアから北に約45キロ、イタリアを代表する食後酒グラッパと、 近年世界からも熱い注目を集めているスプマンテ、プロセッコの名産地であるコネリアーノ 郊外に位置します。社長のサンドロ・ボッテガは、1986年、19歳でグラッパ職人であった 父の遺志を継ぎ、ボッテガ社を創立、ひたすらグラッパに洗練された味わいと、美しい パッケージを与えることで市場に画期的な変化をもたらした革命児としても知られています。 ボッテガ社では各種グラッパの他、各種ワイン、フラゴリーノ、リキュール、ウンブリア にてオリーブオイルなどを製造していますが、中でも1990年に立ち上げたプロセッコを はじめとするスプマンテのブランド、"ヴィーノ・デイ・ポエーティ"(詩人のワイン)は 高い品質とパッケージデザイン、ブランド力において内外の各マーケットで大きな人気と 評価を博しております。

オオサカ デラウェア 750ml

Amazon

2,493

オオサカ デラウェア 750ml

大阪産有核デラウェア(柏原市、太子町)を100%使用しました。 優しく果実のニュアンスが壊れないように搾汁し、翌日軽くおり引きをし 低温管理の下自然発酵。 ラブルスカ固有の香りは控えめで、青リンゴ、熟リンゴの香りを感じ、 ジューシーであり有核ならではのしっかりと芯のあるアフターが心地良いです。 ラベルは、大阪の市町村がペイズリーコロニーのように集め葡萄の房を 形どっています。 作りとしてはベーシックでありながら大阪デラウエアのテロワールを表現し、 葡萄産地としての「大阪」を味わって頂きたいと思っています。 ※フジマル醸造所のワインはすべて、酸化防止剤の添加を 最小限にとどめています。 温度変化にさらされますと品質劣化の恐れがございます、 低温での管理(16度以下)をお願いいたします。 フジマル醸造所(島之内・清澄白河)の成りたち 【2010年】 ワインショップFUJIMARUやカーヴ・デ・パピーユなど ワインショップを経営する株式会社パピーユが、 カタシモワイン&フード(通称カタシモワイナリー)より、 柏原市大県(おがた)にある『堂の内畑』を借り受け、 カタシモワイナリー内にて委託醸造を開始、 『ドメーヌ・デ・パピーユ』ブランドのスタート。 【2011年】 耕作放棄地であった『岩崎谷畑』を借り受け、再開墾し 垣根仕立てのぶどう畑(メルローなど)を造成。 【2012年】 高井田にてデラウェアとベリーAの畑を新たに賃借。 また、羽曳野市の飛鳥ワインにて太子町のデラウェアを委託醸造。 【2013年】 大阪市中心部に『島の内フジマル醸造所』を設立。 日本でも類を見ない都市型ワイナリーです。 自社畑産ブドウのほか大阪や日本各地から買いブドウを仕入れて、 すべて島之内フジマル醸造所にて醸造。 【2015年8月】 東京...

ブルゴーニュ 赤 750ml

Amazon

4,320

ブルゴーニュ 赤 750ml

ヴォーヌ・ロマネ村に1800年頃から続く名門「グロ一族」のドメーヌ元詰ワイン!! 果実味豊かでパワフルかつ柔らか、ブドウの旨味を感じる モダンで個性のある素晴らしいワインを生み出す、ヴォーヌ・ロマネ屈指の銘醸ドメーヌ! ヴォーヌ・ロマネ屈指の銘醸『グロ家』 グロ家の歴史は1804年に生まれたアルフォンス・グロ氏から始まりました。 それからこのドメーヌの名声を今日のように高めたのはルイ・グロ氏から 畑を分割相続し1963年に独立した、ジャン・グロ氏でした。 彼はとても独創的・革新的な人柄で、畑の拡張や機械化の促進など、 様々な革新を試み、醸造方法の開発に貢献した人でした。 このジャン氏は1995年ヴィンテージの収穫後に引退し、3人の子供たち (ミッシェル氏、ベルナール氏、アンヌ・フランソワーズ氏)に畑を分配しました。 自らが求めるスタイルを貫き、テロワールの個性と 最新の醸造技術を融合させた、ワイン造り! オーナー ベルナール・グロ氏は、ジャン・グロの次男として生まれ、 子供のいなかった叔父・叔母のドメーヌである「ドメーヌ・グロF&S」を 1980年より引き継ぎました。 好奇心旺盛で、品質のさらなる向上の為に 先進機器を用いた醸造技術の導入に力を注いでいます。 ベルナールの造るワインは兄ミッシェルのエレガントさ重視とは対照的に、 とても活き活きとして力強く、パワーを感じるワインに仕上がっています。

お酒・ドリンクのランキング

スポンサーリンク
スポンサーリンク