メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「豊盃」検索結果。

豊盃の商品検索結果全43件中1~43件目

結ゆい びぜんおまち 純米吟醸 無濾過 生原酒 720ml− 結城酒造 【クール便推奨】

銘酒しらい屋

1,944

結ゆい びぜんおまち 純米吟醸 無濾過 生原酒 720ml− 結城酒造 【クール便推奨】

結ゆいは結城酒造さんの人気銘柄。当店もようやくお取引させていただけるようになりました。 まずは定評のある雄町。精米歩合50%と純米大吟醸クラスの豪華なスペック。 ガス感を感じる生原酒でフレッシュ感たっぷり。 雄町ならではの豊な旨みとおだやかな酸はそのまま。 穏かさと華やかさのバランスがとれた吟醸香と上品な甘味の心地よさが、知らぬまに盃をすすめます。 一口飲めば「美味い!」と膝をたたきたくなる酒。こんな酒にはなかなかめぐりあえません! 商品詳細 銘柄名結ゆい びぜんおまち 特定名称純米吟醸酒 仕様無濾過 生酒 原酒 醸造元結城酒造 生産地茨城県結城市 原料米・米麹 使用米全量 岡山県産 雄町 精米歩合50% 使用酵母M-310 ALC度数16度〜17度 酸度1.5 日本酒度-1 内容量720ml 保存方法要冷蔵 配送方法クール便推奨 ※酸度・日本酒度は酒造年度によって変化します。 1800mlはこちらからお買いもとめいただけます。結ゆい びぜんおまち 純米吟醸 生原酒 亀口直汲み 720ml 結城酒造 − 茨城県 岡山産の雄町を全量使用した純米吟醸酒です。雄町ファン注目の結城酒造の銘柄です。 雄町を使った酒が集結する「雄町サミット」で連続受賞という実績を持つ結ゆいシリーズ。 鬼怒川系伏流水の特徴を表現する、柔らかな口当たりとふくよかな味わいを目指して醸されています。 そのラベルには「吉」の文字を囲むように結城紬の糸が描かれています。これは「美味しいお酒で、人と人、人と酒、人と町(結城)を結ぶ『町おこし』をしたい」という蔵元の願いが込められたもの。 蔵元の努力のかいあって、結ゆいの美味さが全国のオマチストのみならず日本酒ファンの注目の的となり、その想いは次第に現実のものとなりつつあります。 結ゆいシリーズの雄町は全国の雄町ファンを唸らせた...

高千代 純米大吟醸 一本〆 無調整 生原酒 720ml − 高千代酒造

銘酒しらい屋

1,836

高千代 純米大吟醸 一本〆 無調整 生原酒 720ml − 高千代酒造

希少な酒米「一本〆」を全量使用した贅沢な純米大吟醸。 馴染のない酒米ですが、五百万石と豊盃を親に持つ由緒正しい米。米の風味が全面に出やすいという特徴を、蔵元の絶妙の技で醸しました。 華やかな吟醸香に、ふくよかで濃醇な旨みと甘味、そして酸味を過不足なく整えた一本。 冷やを食前に飲む、というのがオススメです。 商品詳細 銘柄名高千代 純米大吟醸 一本〆 無調整 生原酒 特定名称純米大吟醸酒 仕様無濾過 生酒 原酒 醸造元高千代酒造 生産地新潟県南魚沼市 原料米・米麹 使用米魚沼産 一本〆 精米歩合48% 使用酵母非公開 ALC度数16〜17度 酸度1.7 日本酒度±0 内容量720ml 保存方法冷暗所で保存 配送方法6〜9月はクール便推奨 ※酸度・日本酒度は酒造年度によって変化します。 1800mlはこちらからお買いもとめいただけます。高千代 純米大吟醸 南魚沼産一本〆 無調整 生原酒 720ml 高千代酒造 − 新潟県南魚沼市 地元魚沼の一本〆にこだわって醸した純米大吟醸です。 一本〆は高千代酒造が種子を管理する酒造好適米。その米を知りつくした蔵元が、最大限に一本〆の長所を引き出した一本です。 香りは大吟醸らしく華やかで飲み手の心をはやらせます。 そしてクセの無いスマートな旨みが心地良い余韻と満足感を与えてくれます。 生粋の「魚沼っこ」ともいえる高千代 純米大吟醸 一本〆。この酒で魚沼の風土を感じてください。

こちらの関連商品はいかがですか?

豊の梅【とつとつと温かさ伝えたい】辛口純米酒 720ml

土佐の地酒専門店 【地酒屋】

1,183

豊の梅【とつとつと温かさ伝えたい】辛口純米酒 720ml

高知県最後の土佐杜氏が醸す手造りの酒、 豊の梅純米酒・「とつとつと温かさ伝えたい」。 しつこくないほのかな米の香りと、広がるさわやかな辛口の味わい。 さっぱりとした後味が料理との相性を引き立ててくれます。 冷や燗どちらももおすすめです。 土佐(香南市)の地酒・豊の梅 内容量 720ml アルコール度数 15度以上16度未満 原料米 アケボノ 原材料名 米、米麹 精米歩合 65% 日本酒度 +5 酸度 1.7 使用酵母 KA-1 保存方法 冷暗所にて保存してください。 製造元 高木酒造(高知県香南市) おすすめの飲み方 冷や、常温、またはぬる燗でお飲みください。 豊の梅の宇宙酒・純米大吟醸はこちら!! 豊の梅の宇宙酒・純米吟醸はこちら!!高知県香南市赤岡町。 中央には赤岡の町を潤す香宗川が流れ、南側に太平洋を抱き、 平坦な地形から古くは流通が盛んで、産業、交易の地として賑わいました。 そして世界的にも有名な江戸の絵師金蔵"絵金"の故郷でもあります。 小さいながらも活気を失わないこの町に、百二十余年愛され続けてきた酒蔵が 高木酒造「豊の梅」です。 大人気商品!豊の梅の純米酒「とつとつと温かさ伝えたい」です。 中身ももちろんですが、この名前がいいですよね!高知県最後の土佐杜氏からネーミングからして温もりが伝わってきます。

神亀 純米酒 720ml

日本酒博物館

1,696

神亀 純米酒 720ml

神亀 純米酒 720ml 「神亀 純米酒」は、神亀酒造のスタンダード酒です。蔵元が目指している「口にしたときやわらかく、最後にすうっとキレがよく」という言葉がぴったりのお酒です。燗に合うお酒です。料理は濃醇な味付けのものによく合います。 この商品の発送可能時期 通常2日〜6日以内に発送いたします。 この商品の発送元 C この商品の発送は、店舗(C)からとなります。店舗(C)取り扱いの他商品とまとめての発送が可能です。- 蔵元の紹介 - 創業は、嘉永元年(1848)です。蔵人一人100石が適正な製造規模であるという考えから、家族を中心とした6人の蔵人が、わずか500石あまりの酒を完全な手造りで時間をかけて醸している蔵元です。 昭和62年には、時代を逆境するように生産される酒を全てを、米と米麹だけの純米作りに切り替えます。以降は、華やかな香やインパクトの強い酒とは決別し、料理を引き立てる、料理と一緒に味わえる酒造りを一貫して行ってきています。それも、蔵の理念が「自分が飲んで旨いと言える酒」を目指している結果です。 一般に出荷するスタンダードである純米酒でさえ2年以上の貯蔵熟成を理想に掲げ、大吟醸にいたってもそれ以上の熟成期間を経させます。そのうえ、大吟醸というクラスの酒ですら燗で飲むことを勧めているほど飲み手への"旨い酒"を伝える姿勢は、徹底されています。 その酒造りと、酒造りへの姿勢は、蔵人を目指す人たちが学ぶ醸造研究所の授業でさえ、見本とされるほどです。 「手抜きをしないで造れば、飲み手にだって、それはきちんと伝わる。」という真情のもと造られた純米酒は、ぜひとも飲んでほしい酒です。 - 商品の特徴 - 「神亀 純米酒」は、神亀酒造を代表するスタンダードの酒です。スタンダードと言っても...

豊の梅 純米酒(辛口) 720ML(箱なし) (高木酒造・香南市)

Amazon

1,188

豊の梅 純米酒(辛口) 720ML(箱なし) (高木酒造・香南市)

五代目「高木直之」の想いはこの酒に込めてあります。 熊本酵母による穏やかな香りの基本的な酒造りと、 あけぼの精白65%を用いて磨きすぎず米の旨味を表現しました。 純米酒は酒の王道でありたい。流行の酒でなく、 酒本来の美味さにこだわりました。 「豊の梅」の目指す酒の基本は、食という現場で周りとよく調和し、 主役(人)を盛り上げる「名脇役」だと考えています。 派手な自己主張は必要ない。 気がつけば、とつとつと心に温かさを伝えてくれる 何気ない優しさを持つ酒を造りたい。 そのこだわりを表現したく、手製ラベルに想いを書きました。 食との相性が良く、飲み飽きしない旨口酒です。 純米酒(辛口) 内容量 720mL アルコール度数 15.5度 原料米 あけぼの(岡山) 原材料名 米、米麹 精米歩合 65% 日本酒度 +4 酸度 1.5 アミノ酸度 ---- 使用酵母 ---- 蔵元 高木酒造 保存方法 冷暗所で保管。開封後はお早めに。 ・精米歩合とはお米をどこまで削って作られたかをあらわす割合です。40%というのは60%の部分を削りとっているのです。 ・日本酒度とは清酒の比重を示す単位です。一般的には(+)の度合いが高くなるほど辛口であり、(-)の度合いが高くなるほど甘口になります(あくまで一般論です)。 冷酒 (約10℃) ひや (常温) ぬる燗 (約40℃) あつ燗 (約50℃) ○ ◎ △ × こlちらの土佐の地酒に合うおすすめの酒肴 土佐の釣りうるめ 高知の干物セット お酒は20歳になってから 未成年者の飲酒は法律で禁止されています。

米田酒造純米吟醸 豊の秋「出雲之風 」720ml 日本酒 松江 出雲 島根

縁結び本舗

2,160

米田酒造純米吟醸 豊の秋「出雲之風 」720ml 日本酒 松江 出雲 島根

純米吟醸 豊の秋「出雲之風」はふるさと認証食品 奥出雲の篤農家が栽培した無農薬米を使用しています。 口をつければまろやかな味。 口に含めば軽やかな吟香。 華やかで透明感のある果実や花の香りが特徴です。 甘さと丸味は中程度で、爽快な酸との調和がとれています。 ■ふるさと認証食品とは… 地域の原材料の良さを活かし、地域の文化や技術に"こだわり"をもって作られた特産品であって、 一定の基準を満たしているものを「しまねふるさと食品」として認証しています。 認証された食品には、その証として左のような「Eマーク」を表示しています。 食品ごとの品質や表示に関する認証の基準は、国と協議、調整をして定められています。 ※ 清酒・あご野焼・杵つきもち・板わかめが承認されています。 ●清酒認証基準 ・原料の米は、島根県内で生産された醸造用玄米(五百万石、改良雄町、神の舞、佐香錦、山田錦、改良八反流)で、精米歩合(玄米に対する精米の重量割合)が60%以下であること。 ・吟醸酒、純米酒、本醸造酒のいずれかの製法によるもの。 原材料佐香錦100% アルコール度16度以上17度未満 精米歩合55% 日本酒度+2.5 酸度1.6 松江 米田酒造、國暉酒造、王祿酒造、金鳳酒造、吉田酒造、青砥酒造 雲南 松本酒造、木次酒造、奥出雲酒造、簸上酒造、竹下本店、赤名酒造 出雲 旭日酒造、板倉酒造、酒持田本店、古川酒造、富士酒造 大田 一宮酒造、若林酒造、木村酒造 邑智 加茂福酒造、玉櫻酒造、池月酒造 浜田 三桜酒造、日本海酒造、都錦酒造 益田 右田本店、岡田屋本店、桑原酒造、石州酒造、古橋酒造、財間酒場、下森酒造場 隠岐 隠岐酒造米田酒造 創業は明治29年(1896年)。 米田酒造さんの位置する現在の島根県松江市東本町は、かつて大橋川を流通拠点とする海産物などの問屋が軒を連ね...

お酒・ドリンクのランキング

スポンサーリンク
スポンサーリンク