メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「竹鶴」検索結果。

竹鶴の商品検索結果全141件中1~60件目

あす楽
【あす楽】 シングルモルト ニッカ 余市15年 45度ギフトボックス 700ml

酒類の総合専門店 フェリシティー

98,000

あす楽

【あす楽】 シングルモルト ニッカ 余市15年 45度ギフトボックス 700ml

ニッカウヰスキー創業者、竹鶴政孝が自らの理想を叶えるために選んだ最初の地、北海道余市はニッカだけでなく日本のウイスキーの聖地といっても過言ではありません。余市蒸留所は札幌の北西・約50km、積丹半島の付け根に位置します。蒸溜所の設立は1934年、操業開始は1936年。竹鶴政孝のウイスキーづくりにかける情熱を継ぐ者たちが、今も伝統の「石炭直火蒸溜」や樽づくりを続けています。設立時とほぼ変わらぬ姿で残る建物は、国の登録有形文化財(建造物)として認定されました。「ウイスキー博物館」やレストランも併設し、大勢の方々が見学に訪れています。 日本海と余市川が出会う河口近く。 冷たく澄んだ北の空気と、朝夕の霧に包まれる余市蒸溜所。 潮風が届く貯蔵庫で眠り、熟成を経た「シングルモルト余市」。 「石炭直火蒸溜」由来の豊かな香り。 力強く、重厚な味わい。 北の自然と創業以来の伝統製法が生み出す、ニッカの原点ともいえるシングルモルトウイスキーです。 ニッカウヰスキー — 日本/北海道 モルト シングルモルトウイスキー 45% 700ml 瑞々しい香りで、ナッツやドライフルーツを思わせる、豊かな熟成香と穏やかなピートの香り。 甘い香りと滑らかさが調和。 重厚なコクと長く持続する豊かな香りが特徴です。 ※ラベルのデザインやヴィンテージが掲載の画像と異なる場合がございます。ご了承ください。

あす楽
【あす楽】 シングルモルト ニッカ 余市15年 45度 700ml

酒類の総合専門店 フェリシティー

79,800

あす楽

【あす楽】 シングルモルト ニッカ 余市15年 45度 700ml

ニッカウヰスキー創業者、竹鶴政孝が自らの理想を叶えるために選んだ最初の地、北海道余市はニッカだけでなく日本のウイスキーの聖地といっても過言ではありません。余市蒸留所は札幌の北西・約50km、積丹半島の付け根に位置します。蒸溜所の設立は1934年、操業開始は1936年。竹鶴政孝のウイスキーづくりにかける情熱を継ぐ者たちが、今も伝統の「石炭直火蒸溜」や樽づくりを続けています。設立時とほぼ変わらぬ姿で残る建物は、国の登録有形文化財(建造物)として認定されました。「ウイスキー博物館」やレストランも併設し、大勢の方々が見学に訪れています。 日本海と余市川が出会う河口近く。 冷たく澄んだ北の空気と、朝夕の霧に包まれる余市蒸溜所。 潮風が届く貯蔵庫で眠り、熟成を経た「シングルモルト余市」。 「石炭直火蒸溜」由来の豊かな香り。 力強く、重厚な味わい。 北の自然と創業以来の伝統製法が生み出す、ニッカの原点ともいえるシングルモルトウイスキーです。 ニッカウヰスキー — 日本/北海道 モルト シングルモルトウイスキー 45% 700ml 瑞々しい香りで、ナッツやドライフルーツを思わせる、豊かな熟成香と穏やかなピートの香り。 甘い香りと滑らかさが調和。 重厚なコクと長く持続する豊かな香りが特徴です。 ※ラベルのデザインやヴィンテージが掲載の画像と異なる場合がございます。ご了承ください。

NIKKA ニッカ 余市 手作り・北の動物たち キタキツネ親子600ml アルコール43% 限定品 フォーチュン80クラス JTK

札幌ワインショップ

72,792

NIKKA ニッカ 余市 手作り・北の動物たち キタキツネ親子600ml アルコール43% 限定品 フォーチュン80クラス JTK

原材料 モルト・グレーン 特級酒・従価特別税 昭和63年以前に流通 余市蒸溜所、お土産売り場では、伝説となるくらい希少な商品でした。ニッカ 手作り・北の動物たち キタキツネ親子 ニッカウヰスキーの原点、そして日本のウイスキーの原点ともいえる余市蒸溜所。 ここは、竹鶴政孝とリタが夢への出発点として選んだ北の大地です。 日本のスコットランドと称される、ニッカウヰスキーの聖地。創業時と変わらない伝統の技、ウイスキーづくりへの情熱が力強く重厚なモルト原酒を育んでいます。 1936年のポットスチル 微粉炭直火蒸溜。そのストレートな剛熱が生む重厚かつ芳醇なシングルモルトです。 SLと同じように石炭をくべます。 1936年に誕生した余市の1号ポットスチルは今、世界ウイスキー界の伝説になっております。 1936年、本物のモルトウイスキーを作るためにポットスチルが稼働 11月。余市川は近づく冬の気配に、流れを静かに透明にする。つい一月前には、秋鮭たちが産卵のために川を銀色に輝やかさせて遡り、賑わっていたのがうそのようだ。「雪虫か・・・もうすぐ初雪だな。」毎年秋鮭釣りを港で楽しむという、初老の釣り師が、真綿のように降る雪虫に鼻を啜った。 「生のイクラはね、血合いを取ってガーゼにくるみ、味噌と味醂で漬ける。それが余市流なんだわ。ホント、美味いよ。酒がなんぼでも進むんだわ。美味いから飲まさるのよ〜」(北海道弁) 秋には鮭が乱舞する清流と交錯して、長く平坦な道が余市蒸溜所へと連なる。 60年以上も昔、創設者の竹鶴政孝が自宅から馬車で通った道。 しゃんしゃんしゃん。 馬車の鈴音が聞こえそうな素朴な景観は、昔も今もさほど変わってはいない。そして、その鈴音の幻聴は、工場内の1号ポットスチルまで続く。 日本でも本物の、最高品質のモルトウイスキーを作ることができる...

NIKKA ニッカ シングルモルト 宮城峡12年 シェリー&スイート 高級桐箱 Sherry & Sweet MALT12 YO 500ml アルコール55% 限定品 ギフト箱

札幌ワインショップ

64,692

NIKKA ニッカ シングルモルト 宮城峡12年 シェリー&スイート 高級桐箱 Sherry & Sweet MALT12 YO 500ml アルコール55% 限定品 ギフト箱

温もりの有る、高級木箱に入ったシングルモルト「宮城峡12年」温もりの有る、高級木箱に入ったシングルモルト「宮城峡12年」 「美しい自然がおいしいウイスキーを生む」 1969年設立・操業の宮城峡蒸溜所。 仙台市街から西へ約25kmの作並温泉方面 高地に有り、緑豊かな森に囲まれ、赤煉瓦の建物が並ぶ美しい宮城峡蒸溜所。 「美しい自然がおいしいウイスキーを生む」そう言って、竹鶴政孝は建設時、木々の伐採を、極力、禁じました。 また、斜面を削らず、地形も元のままを保ったため、40ある建物はひとつとして同じ床高のものがありません。 製造設備の見学と合わせ、池で泳ぐ白鳥の姿や四季折々の彩りが移ろう、美しい森の表情を楽しむこともできます。 美しく、緑豊かな仙台の森。 ニッカワ「新川」の支流と、宮城の母なる川、「広瀬川」ふたつの清流が出合う峡谷です。 ニッカウヰスキー創業者、竹鶴政孝(マッサン)が昭和42年5月に上画像の新川(にっかわ)上流の作並温泉付近の水を飲んで、あまりにも清冽で磨かれた味に驚嘆しました。 余市に続いてニッカが求めた第二のウイスキーの故郷、宮城峡蒸溜所の建設を決定したのです。 冷涼でありながら、穏やかな北の自然に恵まれた宮城峡蒸溜所。 スチームでゆっくりと蒸溜されたモルトウイスキーは、深い森に佇む貯蔵庫で、静かに熟成していきます。 川霧が樽を守り、森の息吹に育まれた宮城峡のウイスキー。 蒸溜所を囲んで流れる2つの川には、清流にしか飛来しない「カワセミ」がよく見られます。 北海道の余市川にも夏には見かけますが、夏の間にしか飛来して来ません。 宮城峡には留鳥としていつも見ることが出来ます。 小さいヤマメやウグイなどの小魚を、水辺の石や枝の上から水中に飛び込んで、クチバシでとらえます。 自然豊かな宮城峡...

あす楽
【あす楽】【お一人様1本限り】 シングルモルト 宮城峡12年 45度 700ml

酒類の総合専門店 フェリシティー

58,000

あす楽

【あす楽】【お一人様1本限り】 シングルモルト 宮城峡12年 45度 700ml

冷涼でありながら、穏やかな北の自然に恵まれた宮城峡蒸溜所は1969年設立。 仙台市街から西へ約25km、緑豊かな森に囲まれ、赤煉瓦の建物が並びます。 「美しい自然がおいしいウイスキーを生む」そう言って、竹鶴政孝は建設時、木々の伐採を、極力、禁じました。 また、斜面を削らず、地形も元のままを保ったため40ある建物はひとつとして同じ床高のものがありません。 製造設備の見学と合わせ、池で泳ぐ白鳥の姿や四季折々の彩りが移ろう、美しい森の表情を楽しむこともできます。 冷涼でありながら、穏やかな東北の自然に恵まれた宮城峡蒸溜所。 スチームでゆっくりと蒸溜されたモルトウイスキーは、深い森に佇む貯蔵庫で、静かに熟成していきます。 川霧が樽を守り、森の息吹に育まれた「シングルモルト宮城峡」は果実を思わせる華やかな香り、まろやかな味わい。 ウイスキーの優しさ、心地よさをおしえてくれる柔らかなシングルモルトウイスキーです。 ニッカウヰスキー 宮城県 モルト シングルモルトウイスキー 45% 700ml すっきりと甘く熟成した華やかな香り、バニラ香と穏やかなピート香との調和。 柔らかな味わいをエレガントに深めるフルーティーな甘酸っぱさが特徴です。 ※ラベルのデザインやヴィンテージが掲載の画像と異なる場合がございます。ご了承ください。

余市蒸溜所限定 NIKKA ニッカ 鶴 金文字 NA 700ml 瓶ビン 箱付き

札幌ワインショップ

27,972

余市蒸溜所限定 NIKKA ニッカ 鶴 金文字 NA 700ml 瓶ビン 箱付き

「マッサン」クランクアップ式典 2015.2.23 余市蒸溜所旧事務所にて 朝の連続ドラマ「マッサン」の最後の撮影が行われた場所が、ニッカウヰスキー余市蒸留所敷地内に有る、旧事務所で行われました。 ニッカウヰスキーの創業者であるマッサン、竹鶴政孝の事務所として、昭和9年7月に建設されました。 余市の工業発達の足跡を示す文化的資産として、余市町より指定文化財に認定されています。 クランクアップのセレモニーには、マッサン亀山政春役の玉山鉄二さん、ヒロインの亀山エリー役、シャーロット・ケイト・フォックスさん、そして鴨井の大将の息子である、鴨居英一郎役の浅香航大さんも(右上画像)いらっしゃいました。 余市町長から記念品を受け取るセレモニー、無事撮影終了でした。ニッカウヰスキーの原点、そして日本のウイスキーの原点ともいえる余市蒸溜所。 ここは、竹鶴政孝とリタが夢への出発点として選んだ北の大地です。 日本のスコットランドと称される、ニッカウヰスキーの聖地。創業時と変わらない伝統の技、ウイスキーづくりへの情熱が力強く重厚なモルト原酒を育んでいます。 1936年のポットスチル 微粉炭直火蒸溜。そのストレートな剛熱が生む重厚かつ芳醇なシングルモルトです。 SLと同じように石炭をくべます。 1936年に誕生した余市の1号ポットスチルは今、世界ウイスキー界の伝説になっております。 1936年、本物のモルトウイスキーを作るためにポットスチルが稼働 11月。余市川は近づく冬の気配に、流れを静かに透明にする。つい一月前には、秋鮭たちが産卵のために川を銀色に輝やかさせて遡り、賑わっていたのがうそのようだ。「雪虫か・・・もうすぐ初雪だな。」毎年秋鮭釣りを港で楽しむという、初老の釣り師が、真綿のように降る雪虫に鼻を啜った。 「生のイクラはね...

あす楽
知多・山崎・白州・竹鶴 NV 700ml 4本飲み比べセット

中央酒販株式会社

24,800

あす楽

知多・山崎・白州・竹鶴 NV 700ml 4本飲み比べセット

知多品名ウイスキー原材料グレーン内容量700mlアルコール分43度製造者サントリースピリッツ株式会社(東京都港区)商品情報軽やかな味わいとほのかな甘い香りが特長の、グレーンウイスキーです。ウイスキーのある生活を始めた人々に気軽でちょっといいウイスキーを愉しむ癒しのひとときを提供します。山崎品名ウイスキー原材料モルト内容量700mlアルコール分43度製造者サントリー酒類株式会社 山崎蒸留所(大阪府三島郡)商品情報山崎蒸留所が持つ多彩な原酒の中から、ブレンダーたちが理想のモルトを選び抜き、生まれたシングルモルト。山崎の伝統であるミズナラ樽貯蔵モルトと、革新のワイン樽貯蔵モルトが出会うことで生まれた、新しい個性。やわらかく華やかな香り、甘くなめらかな味わいが特徴です。白州品名ウイスキー原材料モルト内容量700mlアルコール分43度製造者サントリー酒類株式会社 白州蒸溜所(山梨県北杜市)商品情報白州蒸留所が持つ多彩な原酒の中から、ブレンダーたちが理想のモルトを選び抜き、生まれたシングルモルト。森の若葉のようにみずみずしく、ほのかにスモーキーフレーバーを備えたモルトと、複雑さと奥行きを加える様々な原酒が重なりあって生まれた新たな個性。フレッシュな香り、爽やかで軽快なキレのよい味わい♪竹鶴品名ウイスキー原材料モルト内容量700mlアルコール分43度製造者ニッカウヰスキー株式会社(東京都港区)商品情報日本における本物のウイスキーづくりに人生を捧げた、ニッカウヰスキーの創業者・竹鶴政孝。 第1次世界大戦の最中に単身スコットランドに留学。 不屈の意思でウイスキーづくりを学び、日本のウイスキー文化の確立に力を注ぎました。 「竹鶴」は彼の名を冠するにふさわしい、ニッカの伝統と技術の粋を結集したピュアモルトウイスキーです。 白州ウイスキー ウイスキー白州...

NIKKA ニッカ シングルモルト余市 ピーティー&ソルティー NA500ml アルコール55% 限定品single malt whisky yoichi peaty and salty BOX

札幌ワインショップ

16,848

NIKKA ニッカ シングルモルト余市 ピーティー&ソルティー NA500ml アルコール55% 限定品single malt whisky yoichi peaty and salty BOX

ニッカシングルモルト余市シリーズ シングルモルトとは、1か所の蒸溜所で作られたウイスキーだけを使ったものだけ、シングルモルトウイスキーと呼びます。 ニッカウヰスキーの原点、そして日本のウイスキーの原点ともいえる余市蒸溜所。 ここは、竹鶴政孝とリタが夢への出発点として選んだ北の大地です。 日本のスコットランドと称される、ニッカウヰスキーの聖地。創業時と変わらない伝統の技、ウイスキーづくりへの情熱が力強く重厚なモルト原酒を育んでいます。 1936年のポットスチル 微粉炭直火蒸溜。そのストレートな剛熱が生む重厚かつ芳醇なシングルモルトです。 SLと同じように石炭をくべます。 1936年に誕生した余市の1号ポットスチルは今、世界ウイスキー界の伝説になっております。 1936年、本物のモルトウイスキーを作るためにポットスチルが稼働 11月。余市川は近づく冬の気配に、流れを静かに透明にする。つい一月前には、秋鮭たちが産卵のために川を銀色に輝やかさせて遡り、賑わっていたのがうそのようだ。「雪虫か・・・もうすぐ初雪だな。」毎年秋鮭釣りを港で楽しむという、初老の釣り師が、真綿のように降る雪虫に鼻を啜った。 「生のイクラはね、血合いを取ってガーゼにくるみ、味噌と味醂で漬ける。それが余市流なんだわ。ホント、美味いよ。酒がなんぼでも進むんだわ。美味いから飲まさるのよ〜」(北海道弁) 秋には鮭が乱舞する清流と交錯して、長く平坦な道が余市蒸溜所へと連なる。 60年以上も昔、創設者の竹鶴政孝が自宅から馬車で通った道。 しゃんしゃんしゃん。 馬車の鈴音が聞こえそうな素朴な景観は、昔も今もさほど変わってはいない。そして、その鈴音の幻聴は、工場内の1号ポットスチルまで続く。 日本でも本物の、最高品質のモルトウイスキーを作ることができる。できないはずがない。...

スポンサーリンク
スポンサーリンク