メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「竹鶴」検索結果。

竹鶴の商品検索結果全141件中61~120件目

あす楽
【あす楽】 シングルモルト ニッカ 余市45度 ギフトボックス 700ml

酒類の総合専門店 フェリシティー

4,980

あす楽

【あす楽】 シングルモルト ニッカ 余市45度 ギフトボックス 700ml

ニッカウヰスキー創業者、竹鶴政孝が自らの理想を叶えるために選んだ最初の地、北海道余市はニッカだけでなく日本のウイスキーの聖地といっても過言ではありません。余市蒸留所は札幌の北西・約50km、積丹半島の付け根に位置します。蒸溜所の設立は1934年、操業開始は1936年。竹鶴政孝のウイスキーづくりにかける情熱を継ぐ者たちが、今も伝統の「石炭直火蒸溜」や樽づくりを続けています。設立時とほぼ変わらぬ姿で残る建物は、国の登録有形文化財(建造物)として認定されました。「ウイスキー博物館」やレストランも併設し、大勢の方々が見学に訪れています。 従来の「余市モルト」の力強さを持ちながら口当たりは柔らかくクリーミー。 余市モルトの品質を気軽に実感できるシングルモルトウイスキーです。 ニッカウヰスキー — 日本/北海道 モルト シングルモルトウイスキー 45% 700ml 果実香豊かで華やかな香り立ち。 柔らかなモルトと爽やかに広がる樽熟成香の甘い香り。 ほのかなスモーキーさも楽しめる。 柔らかくクリーミーな口当たり。力強さを持ちながらも、果実やバニラのような甘さと香ばしさがある。 ※ラベルのデザインやヴィンテージが掲載の画像と異なる場合がございます。ご了承ください。

サントリーウイスキー 白角(角瓶) 40度 700ml

酒類の総合専門店 フェリシティー

1,329

サントリーウイスキー 白角(角瓶) 40度 700ml

1923年(大正12年)に国産ウイスキー事業を開始した寿屋の創業者、鳥井信治郎はスコットランドで本場のスコッチウイスキーの製造方法を学んだ竹鶴政孝を招聘し、工場建設や熟成など数年間の準備期間の末、1929年(昭和4年)にモルトウイスキーをベースとした初の本格的日本製ウイスキーとして、白札(今のサントリーホワイト)を発売した。 白札から期間を置くこと8年、1937年(昭和12年)10月8日に、亀甲模様の瓶に黄色いラベルを添えた上級ウイスキー「サントリーウイスキー12年」が発売された。 のちに角瓶と呼ばれるウイスキーである。 竹鶴主導での草創期から長らく貯蔵・蓄積された原酒をブレンディングベースに、鳥井の企画のもと、日本人好みの高級ウイスキーとして製造されたものであった。 その特徴ある角型の瓶の形から、愛飲者の間でいつしか「角瓶」「角」の愛称が定着し、1950年代に正式に「サントリー角瓶」と改称された。 ただし1990年代まで、ボトルに「角瓶」の名称は付いておらず、単に「サントリーウイスキー」を称していただけであった。 京都郊外・山崎でウイスキーづくりに取り組んですでに10数年。 これや!求め続けた日本オリジナルの個性は、サントリー創業者 鳥井信治郎の手についに姿を現わしました。 1937(昭和12)年、角瓶誕生。 以来、激動の70年を超えて不動。四角いボトルが、亀甲型の刻み模様が、確かな品質を物語り続けてきました。 サントリー 日本/京都府 モルト、グレーン ブレンデッドウイスキー 40% 700ml 淡麗タイプのモルト原酒に熟成グレーン原酒をブレンド。 キーモルトの白州ホッグスヘッド樽原酒及びライトタイプグレーン由来の、「淡麗」で「辛口」な味わい。 すっきりとキレの良い後味が特長です。 ...

あす楽
【あす楽】【包装不可】 サントリーウイスキー 角瓶40度 2700ml(2.7L)ペットボトル

酒類の総合専門店 フェリシティー

4,719

あす楽

【あす楽】【包装不可】 サントリーウイスキー 角瓶40度 2700ml(2.7L)ペットボトル

1923年(大正12年)に国産ウイスキー事業を開始した寿屋の創業者、鳥井信治郎はスコットランドで本場のスコッチウイスキーの製造方法を学んだ竹鶴政孝を招聘し、工場建設や熟成など数年間の準備期間の末、1929年(昭和4年)にモルトウイスキーをベースとした初の本格的日本製ウイスキーとして、白札(今のサントリーホワイト)を発売した。 白札から期間を置くこと8年、1937年(昭和12年)10月8日に、亀甲模様の瓶に黄色いラベルを添えた上級ウイスキー「サントリーウイスキー12年」が発売された。 のちに角瓶と呼ばれるウイスキーである。 竹鶴主導での草創期から長らく貯蔵・蓄積された原酒をブレンディングベースに、鳥井の企画のもと、日本人好みの高級ウイスキーとして製造されたものであった。 その特徴ある角型の瓶の形から、愛飲者の間でいつしか「角瓶」「角」の愛称が定着し、1950年代に正式に「サントリー角瓶」と改称された。 ただし1990年代まで、ボトルに「角瓶」の名称は付いておらず、単に「サントリーウイスキー」を称していただけであった。 京都郊外・山崎でウイスキーづくりに取り組んですでに10数年。 これや!求め続けた日本オリジナルの個性は、サントリー創業者 鳥井信治郎の手についに姿を現わしました。 1937(昭和12)年、角瓶誕生。 以来、激動の70年を超えて不動。四角いボトルが、亀甲型の刻み模様が、確かな品質を物語り続けてきました。 サントリー 京都府 モルト、グレーン ブレンデッドウイスキー 40% 2700ml(2.7L) キーモルトの山崎バーボン樽原酒及びミディアムタイプグレーン由来の、甘やかな香り、厚みのあるまろやかなコクが特長。 ※ラベルのデザインやヴィンテージが掲載の画像と異なる場合がございます。ご了承ください。

あす楽
【あす楽】 シングルモルト ニッカ 余市15年 45度ギフトボックス 700ml

酒類の総合専門店 フェリシティー

98,000

あす楽

【あす楽】 シングルモルト ニッカ 余市15年 45度ギフトボックス 700ml

ニッカウヰスキー創業者、竹鶴政孝が自らの理想を叶えるために選んだ最初の地、北海道余市はニッカだけでなく日本のウイスキーの聖地といっても過言ではありません。余市蒸留所は札幌の北西・約50km、積丹半島の付け根に位置します。蒸溜所の設立は1934年、操業開始は1936年。竹鶴政孝のウイスキーづくりにかける情熱を継ぐ者たちが、今も伝統の「石炭直火蒸溜」や樽づくりを続けています。設立時とほぼ変わらぬ姿で残る建物は、国の登録有形文化財(建造物)として認定されました。「ウイスキー博物館」やレストランも併設し、大勢の方々が見学に訪れています。 日本海と余市川が出会う河口近く。 冷たく澄んだ北の空気と、朝夕の霧に包まれる余市蒸溜所。 潮風が届く貯蔵庫で眠り、熟成を経た「シングルモルト余市」。 「石炭直火蒸溜」由来の豊かな香り。 力強く、重厚な味わい。 北の自然と創業以来の伝統製法が生み出す、ニッカの原点ともいえるシングルモルトウイスキーです。 ニッカウヰスキー — 日本/北海道 モルト シングルモルトウイスキー 45% 700ml 瑞々しい香りで、ナッツやドライフルーツを思わせる、豊かな熟成香と穏やかなピートの香り。 甘い香りと滑らかさが調和。 重厚なコクと長く持続する豊かな香りが特徴です。 ※ラベルのデザインやヴィンテージが掲載の画像と異なる場合がございます。ご了承ください。

あす楽
【あす楽】 サントリーウイスキー 白角(角瓶) 40度 700ml

酒類の総合専門店 フェリシティー

1,329

あす楽

【あす楽】 サントリーウイスキー 白角(角瓶) 40度 700ml

1923年(大正12年)に国産ウイスキー事業を開始した寿屋の創業者、鳥井信治郎はスコットランドで本場のスコッチウイスキーの製造方法を学んだ竹鶴政孝を招聘し、工場建設や熟成など数年間の準備期間の末、1929年(昭和4年)にモルトウイスキーをベースとした初の本格的日本製ウイスキーとして、白札(今のサントリーホワイト)を発売した。 白札から期間を置くこと8年、1937年(昭和12年)10月8日に、亀甲模様の瓶に黄色いラベルを添えた上級ウイスキー「サントリーウイスキー12年」が発売された。 のちに角瓶と呼ばれるウイスキーである。 竹鶴主導での草創期から長らく貯蔵・蓄積された原酒をブレンディングベースに、鳥井の企画のもと、日本人好みの高級ウイスキーとして製造されたものであった。 その特徴ある角型の瓶の形から、愛飲者の間でいつしか「角瓶」「角」の愛称が定着し、1950年代に正式に「サントリー角瓶」と改称された。 ただし1990年代まで、ボトルに「角瓶」の名称は付いておらず、単に「サントリーウイスキー」を称していただけであった。 京都郊外・山崎でウイスキーづくりに取り組んですでに10数年。 これや!求め続けた日本オリジナルの個性は、サントリー創業者 鳥井信治郎の手についに姿を現わしました。 1937(昭和12)年、角瓶誕生。 以来、激動の70年を超えて不動。四角いボトルが、亀甲型の刻み模様が、確かな品質を物語り続けてきました。 サントリー 日本/京都府 モルト、グレーン ブレンデッドウイスキー 40% 700ml 淡麗タイプのモルト原酒に熟成グレーン原酒をブレンド。 キーモルトの白州ホッグスヘッド樽原酒及びライトタイプグレーン由来の、「淡麗」で「辛口」な味わい。 すっきりとキレの良い後味が特長です。 ...

あす楽
【あす楽】 サントリーウイスキー 角瓶 40度 700ml

酒類の総合専門店 フェリシティー

1,329

あす楽

【あす楽】 サントリーウイスキー 角瓶 40度 700ml

1923年(大正12年)に国産ウイスキー事業を開始した寿屋の創業者、鳥井信治郎はスコットランドで本場のスコッチウイスキーの製造方法を学んだ竹鶴政孝を招聘し、工場建設や熟成など数年間の準備期間の末、1929年(昭和4年)にモルトウイスキーをベースとした初の本格的日本製ウイスキーとして、白札(今のサントリーホワイト)を発売した。 白札から期間を置くこと8年、1937年(昭和12年)10月8日に、亀甲模様の瓶に黄色いラベルを添えた上級ウイスキー「サントリーウイスキー12年」が発売された。 のちに角瓶と呼ばれるウイスキーである。 竹鶴主導での草創期から長らく貯蔵・蓄積された原酒をブレンディングベースに、鳥井の企画のもと、日本人好みの高級ウイスキーとして製造されたものであった。 その特徴ある角型の瓶の形から、愛飲者の間でいつしか「角瓶」「角」の愛称が定着し、1950年代に正式に「サントリー角瓶」と改称された。 ただし1990年代まで、ボトルに「角瓶」の名称は付いておらず、単に「サントリーウイスキー」を称していただけであった。 京都郊外・山崎でウイスキーづくりに取り組んですでに10数年。 これや!求め続けた日本オリジナルの個性は、サントリー創業者 鳥井信治郎の手についに姿を現わしました。 1937(昭和12)年、角瓶誕生。 以来、激動の70年を超えて不動。四角いボトルが、亀甲型の刻み模様が、確かな品質を物語り続けてきました。 サントリー — 日本/京都府 モルト、グレーン ブレンデッドウイスキー 40% 700ml キーモルトの山崎バーボン樽原酒及びミディアムタイプグレーン由来の、甘やかな香り、厚みのあるまろやかなコクが特長。 ※ラベルのデザインやヴィンテージが掲載の画像と異なる場合がございます。ご了承ください。

サントリーウイスキー 角瓶 40度 700ml

酒類の総合専門店 フェリシティー

1,329

サントリーウイスキー 角瓶 40度 700ml

1923年(大正12年)に国産ウイスキー事業を開始した寿屋の創業者、鳥井信治郎はスコットランドで本場のスコッチウイスキーの製造方法を学んだ竹鶴政孝を招聘し、工場建設や熟成など数年間の準備期間の末、1929年(昭和4年)にモルトウイスキーをベースとした初の本格的日本製ウイスキーとして、白札(今のサントリーホワイト)を発売した。 白札から期間を置くこと8年、1937年(昭和12年)10月8日に、亀甲模様の瓶に黄色いラベルを添えた上級ウイスキー「サントリーウイスキー12年」が発売された。 のちに角瓶と呼ばれるウイスキーである。 竹鶴主導での草創期から長らく貯蔵・蓄積された原酒をブレンディングベースに、鳥井の企画のもと、日本人好みの高級ウイスキーとして製造されたものであった。 その特徴ある角型の瓶の形から、愛飲者の間でいつしか「角瓶」「角」の愛称が定着し、1950年代に正式に「サントリー角瓶」と改称された。 ただし1990年代まで、ボトルに「角瓶」の名称は付いておらず、単に「サントリーウイスキー」を称していただけであった。 京都郊外・山崎でウイスキーづくりに取り組んですでに10数年。 これや!求め続けた日本オリジナルの個性は、サントリー創業者 鳥井信治郎の手についに姿を現わしました。 1937(昭和12)年、角瓶誕生。 以来、激動の70年を超えて不動。四角いボトルが、亀甲型の刻み模様が、確かな品質を物語り続けてきました。 サントリー — 日本/京都府 モルト、グレーン ブレンデッドウイスキー 40% 700ml キーモルトの山崎バーボン樽原酒及びミディアムタイプグレーン由来の、甘やかな香り、厚みのあるまろやかなコクが特長。 ※ラベルのデザインやヴィンテージが掲載の画像と異なる場合がございます。ご了承ください。

あす楽
【あす楽】【包装不可】 サントリーウイスキー 角瓶40度 4000ml(4L)ペットボトル

酒類の総合専門店 フェリシティー

6,596

あす楽

【あす楽】【包装不可】 サントリーウイスキー 角瓶40度 4000ml(4L)ペットボトル

1923年(大正12年)に国産ウイスキー事業を開始した寿屋の創業者、鳥井信治郎はスコットランドで本場のスコッチウイスキーの製造方法を学んだ竹鶴政孝を招聘し、工場建設や熟成など数年間の準備期間の末、1929年(昭和4年)にモルトウイスキーをベースとした初の本格的日本製ウイスキーとして、白札(今のサントリーホワイト)を発売した。 白札から期間を置くこと8年、1937年(昭和12年)10月8日に、亀甲模様の瓶に黄色いラベルを添えた上級ウイスキー「サントリーウイスキー12年」が発売された。 のちに角瓶と呼ばれるウイスキーである。 竹鶴主導での草創期から長らく貯蔵・蓄積された原酒をブレンディングベースに、鳥井の企画のもと、日本人好みの高級ウイスキーとして製造されたものであった。 その特徴ある角型の瓶の形から、愛飲者の間でいつしか「角瓶」「角」の愛称が定着し、1950年代に正式に「サントリー角瓶」と改称された。 ただし1990年代まで、ボトルに「角瓶」の名称は付いておらず、単に「サントリーウイスキー」を称していただけであった。 京都郊外・山崎でウイスキーづくりに取り組んですでに10数年。 これや!求め続けた日本オリジナルの個性は、サントリー創業者 鳥井信治郎の手についに姿を現わしました。 1937(昭和12)年、角瓶誕生。 以来、激動の70年を超えて不動。四角いボトルが、亀甲型の刻み模様が、確かな品質を物語り続けてきました。 サントリー — 日本/京都府 モルト、グレーン ブレンデッドウイスキー 40% 4000ml(4L) キーモルトの山崎バーボン樽原酒及びミディアムタイプグレーン由来の、甘やかな香り、厚みのあるまろやかなコクが特長。 ※ラベルのデザインやヴィンテージが掲載の画像と異なる場合がございます...

あす楽
【あす楽】【包装不可】 サントリーウイスキー白角(角瓶) 40度 4000ml(4L)ペットボトル

酒類の総合専門店 フェリシティー

6,596

あす楽

【あす楽】【包装不可】 サントリーウイスキー白角(角瓶) 40度 4000ml(4L)ペットボトル

1923年(大正12年)に国産ウイスキー事業を開始した寿屋の創業者、鳥井信治郎はスコットランドで本場のスコッチウイスキーの製造方法を学んだ竹鶴政孝を招聘し、工場建設や熟成など数年間の準備期間の末、1929年(昭和4年)にモルトウイスキーをベースとした初の本格的日本製ウイスキーとして、白札(今のサントリーホワイト)を発売した。 白札から期間を置くこと8年、1937年(昭和12年)10月8日に、亀甲模様の瓶に黄色いラベルを添えた上級ウイスキー「サントリーウイスキー12年」が発売された。 のちに角瓶と呼ばれるウイスキーである。 竹鶴主導での草創期から長らく貯蔵・蓄積された原酒をブレンディングベースに、鳥井の企画のもと、日本人好みの高級ウイスキーとして製造されたものであった。 その特徴ある角型の瓶の形から、愛飲者の間でいつしか「角瓶」「角」の愛称が定着し、1950年代に正式に「サントリー角瓶」と改称された。 ただし1990年代まで、ボトルに「角瓶」の名称は付いておらず、単に「サントリーウイスキー」を称していただけであった。 京都郊外・山崎でウイスキーづくりに取り組んですでに10数年。 これや!求め続けた日本オリジナルの個性は、サントリー創業者 鳥井信治郎の手についに姿を現わしました。 1937(昭和12)年、角瓶誕生。 以来、激動の70年を超えて不動。四角いボトルが、亀甲型の刻み模様が、確かな品質を物語り続けてきました。 サントリー 日本/京都府 モルト、グレーン ブレンデッドウイスキー 40% 4000ml(4L) 淡麗タイプのモルト原酒に熟成グレーン原酒をブレンド。 キーモルトの白州ホッグスヘッド樽原酒及びライトタイプグレーン由来の、「淡麗」で「辛口」な味わい。 すっきりとキレの良い後味が特長です。 ...

あす楽
【あす楽】【包装不可】 サントリーウイスキー 白角(角瓶)40度 2700ml(2.7L)ペットボトル

酒類の総合専門店 フェリシティー

4,719

あす楽

【あす楽】【包装不可】 サントリーウイスキー 白角(角瓶)40度 2700ml(2.7L)ペットボトル

1923年(大正12年)に国産ウイスキー事業を開始した寿屋の創業者、鳥井信治郎はスコットランドで本場のスコッチウイスキーの製造方法を学んだ竹鶴政孝を招聘し、工場建設や熟成など数年間の準備期間の末、1929年(昭和4年)にモルトウイスキーをベースとした初の本格的日本製ウイスキーとして、白札(今のサントリーホワイト)を発売した。 白札から期間を置くこと8年、1937年(昭和12年)10月8日に、亀甲模様の瓶に黄色いラベルを添えた上級ウイスキー「サントリーウイスキー12年」が発売された。 のちに角瓶と呼ばれるウイスキーである。 竹鶴主導での草創期から長らく貯蔵・蓄積された原酒をブレンディングベースに、鳥井の企画のもと、日本人好みの高級ウイスキーとして製造されたものであった。 その特徴ある角型の瓶の形から、愛飲者の間でいつしか「角瓶」「角」の愛称が定着し、1950年代に正式に「サントリー角瓶」と改称された。 ただし1990年代まで、ボトルに「角瓶」の名称は付いておらず、単に「サントリーウイスキー」を称していただけであった。 京都郊外・山崎でウイスキーづくりに取り組んですでに10数年。 これや!求め続けた日本オリジナルの個性は、サントリー創業者 鳥井信治郎の手についに姿を現わしました。 1937(昭和12)年、角瓶誕生。 以来、激動の70年を超えて不動。四角いボトルが、亀甲型の刻み模様が、確かな品質を物語り続けてきました。 サントリー 京都府 モルト、グレーン ブレンデッドウイスキー 40% 2700ml(2.7L) 淡麗タイプのモルト原酒に熟成グレーン原酒をブレンド。 キーモルトの白州ホッグスヘッド樽原酒及びライトタイプグレーン由来の、「淡麗」で「辛口」な味わい。 すっきりとキレの良い後味が特長です。 ...

あす楽
【あす楽】 シングルモルト ニッカ 余市15年 45度 700ml

酒類の総合専門店 フェリシティー

79,800

あす楽

【あす楽】 シングルモルト ニッカ 余市15年 45度 700ml

ニッカウヰスキー創業者、竹鶴政孝が自らの理想を叶えるために選んだ最初の地、北海道余市はニッカだけでなく日本のウイスキーの聖地といっても過言ではありません。余市蒸留所は札幌の北西・約50km、積丹半島の付け根に位置します。蒸溜所の設立は1934年、操業開始は1936年。竹鶴政孝のウイスキーづくりにかける情熱を継ぐ者たちが、今も伝統の「石炭直火蒸溜」や樽づくりを続けています。設立時とほぼ変わらぬ姿で残る建物は、国の登録有形文化財(建造物)として認定されました。「ウイスキー博物館」やレストランも併設し、大勢の方々が見学に訪れています。 日本海と余市川が出会う河口近く。 冷たく澄んだ北の空気と、朝夕の霧に包まれる余市蒸溜所。 潮風が届く貯蔵庫で眠り、熟成を経た「シングルモルト余市」。 「石炭直火蒸溜」由来の豊かな香り。 力強く、重厚な味わい。 北の自然と創業以来の伝統製法が生み出す、ニッカの原点ともいえるシングルモルトウイスキーです。 ニッカウヰスキー — 日本/北海道 モルト シングルモルトウイスキー 45% 700ml 瑞々しい香りで、ナッツやドライフルーツを思わせる、豊かな熟成香と穏やかなピートの香り。 甘い香りと滑らかさが調和。 重厚なコクと長く持続する豊かな香りが特徴です。 ※ラベルのデザインやヴィンテージが掲載の画像と異なる場合がございます。ご了承ください。

あす楽
【あす楽】 サントリーウイスキー 角瓶 業務用 ペットボトル 5000ml(5L) (1梱包4本まで)

酒類の総合専門店 フェリシティー

8,030

あす楽

【あす楽】 サントリーウイスキー 角瓶 業務用 ペットボトル 5000ml(5L) (1梱包4本まで)

1923年(大正12年)に国産ウイスキー事業を開始した寿屋の創業者、鳥井信治郎はスコットランドで本場のスコッチウイスキーの製造方法を学んだ竹鶴政孝を招聘し、工場建設や熟成など数年間の準備期間の末、1929年(昭和4年)にモルトウイスキーをベースとした初の本格的日本製ウイスキーとして、白札(今のサントリーホワイト)を発売した。 白札から期間を置くこと8年、1937年(昭和12年)10月8日に、亀甲模様の瓶に黄色いラベルを添えた上級ウイスキー「サントリーウイスキー12年」が発売された。 のちに角瓶と呼ばれるウイスキーである。 竹鶴主導での草創期から長らく貯蔵・蓄積された原酒をブレンディングベースに、鳥井の企画のもと、日本人好みの高級ウイスキーとして製造されたものであった。 その特徴ある角型の瓶の形から、愛飲者の間でいつしか「角瓶」「角」の愛称が定着し、1950年代に正式に「サントリー角瓶」と改称された。 ただし1990年代まで、ボトルに「角瓶」の名称は付いておらず、単に「サントリーウイスキー」を称していただけであった。 京都郊外・山崎でウイスキーづくりに取り組んですでに10数年。 これや!求め続けた日本オリジナルの個性は、サントリー創業者 鳥井信治郎の手についに姿を現わしました。 1937(昭和12)年、角瓶誕生。 以来、激動の70年を超えて不動。四角いボトルが、亀甲型の刻み模様が、確かな品質を物語り続けてきました。 サントリー — 日本/京都府 モルト ブレンデッドウイスキー 40% 5000ml(5L) キーモルトの山崎バーボン樽原酒及びミディアムタイプグレーン由来の、甘やかな香り、厚みのあるまろやかなコクが特長。

ニッカ 新スーパーニッカ 700ml【ラッキーシール対応】

サカツコーポレーション楽天市場店

2,500

ニッカ 新スーパーニッカ 700ml【ラッキーシール対応】

内容量700ml 度数43% 商品説明ニッカウヰスキーの創業者、竹鶴政孝が、「ひとりでも多くの人に、本物のウイスキーを飲んでもらいたい」という夢の、辿りついたひとつの解。余市の重厚で力強い穏やかなピート漂うモルトと、宮城峡のやわらかで華やかなモルト、そしてニッカ独自のカフェスチルで蒸溜したカフェグレーン、この三つの原酒をブレンドすることで成り立っています。 味わい従来のスーパーニッカの芳醇で、華やかな香りとやわらかなピートの香り。甘く伸びやかな樽熟成香。そして絶妙なバランスから生まれるほのかな味とコクに加え、現代の嗜好に合う、軽やかな味わいと、甘くてやわらかな香りが際立つ心地よい飲み応えを実現。 ギフト対応当商品は業務用に仕入れておりますので、専用の箱はございません。ギフト対応は出来かねますので、予めご理解の上ご注文をお願いいたします。 ご案内他部署と在庫を共有しておりますので、在庫あり表示でも一時的に在庫切れする場合がございます。 ●写真はイメージとなり、リニューアルによりラベルデザイン等が異なる場合がございます。

余市 ジュドポム リンゴジュース1000ml北海道余市町 リュットレゾネ 減農薬 無添加

札幌ワインショップ

2,052

余市 ジュドポム リンゴジュース1000ml北海道余市町 リュットレゾネ 減農薬 無添加

日本のリンゴ栽培の礎を築いた100%余市産の減農薬で徹底したジュ・ド・ポム(りんごジュース)です。 南米や、国内大手のジュースメーカーからジャムペーストを水で戻して瓶詰めしたようなジュースでは有りません。加糖していません。真面目に作った本当のジュースです。 「マッサン」こと亀山政春のモデルとなった竹鶴政孝は、1934年(昭和9年)に余市で「ニッカウヰスキー」の前身となる会社「大日本果汁株式会社」を立ち上げました。(※ドラマで同社は「ドウカウヰスキー」「北海道果汁株式会社」として登場) ウイスキーは、製造を開始してもすぐに製品が出来るわけではなく、出荷までに数年を要します。 そのため「大日本果汁」はウイスキー事業が軌道に乗るまで、「リンゴジュース」を売って資金のやりくりをする事業計画を立てます。 余市のリンゴ100%のジュース しかしイマイチ売れず… それもそのはず!! 大日本果汁は地元農家が持ち込むリンゴを一つ残らず買い取り、傷物のリンゴも買い取ってくれるなど破格の買い取り条件で対応したため、大日本果汁の工場の前にはリンゴを積んだ馬車の行列ができたそうです。 しかし、この大日本果汁社製の「リンゴジュース」は、当時では珍しい100%果汁。 そのため、「果汁入り清涼飲料」(混ぜ物あり)を売っていた他社に比べると数倍の値段がついてしまい、それほど売れなかったようです。 余市の「地の利」とともにスタートした「大日本果汁株式会社」は、やがて「余市の恵み」を存分に活かし、日本を代表するウイスキーメーカーに成長していくことになりました。 余市町の減農薬で徹底した様々な契約農家の素晴らしい果樹園のリンゴをアッサンブラージュして造りました。 中井ヴィンヤードさんを筆頭に、吉田さん、佐藤さんと、余市で名前を出せばよく出てくる優秀な生産者です。...

あす楽
【あす楽】【包装不可】 ブラックニッカ クリア 37度 2700ml(2.7L) ペットボトル

酒類の総合専門店 フェリシティー

2,700

あす楽

【あす楽】【包装不可】 ブラックニッカ クリア 37度 2700ml(2.7L) ペットボトル

日本のウイスキーの父とも言われる「ニッカウヰスキー」の創業者・竹鶴政孝。政孝は、本場スコットランドに負けない本物のウイスキーをつくりたいという思いから、一貫してウイスキーづくりにおけるブレンドの重要性を説き、それを実践。ニッカは、今なおその精神と技術を受け継ぎ、本物のウイスキーづくりにこだわり続けています。モルト(麦芽)ウイスキーとグレーン(穀物)ウイスキーをブレンドして作られるブレンディッドウイスキー。ニッカでは、モルトの個性を引き出しながら、新たな香りと味わいを生み出すために、グレーンウイスキーの生産に、蒸溜効率は劣るものの穀物由来の香味成分が残る「カフェ式連続式蒸溜機」を使用。そうして作られた「カフェグレーン」が、モルト同士の個性を調和させ、柔らかく、まろやかな余韻を残すニッカならではの深い味わいを生み出しています。 ノンピートモルト(ピートを使用せず乾燥させた、ピート由来のスモーキーフレイバーのない大麦麦芽)を使用する事で、やわらかな香りとまろやかな味わいを実現したクセのないクリアな飲み心地のウイスキーです。 ニッカウヰスキー 日本 モルト、グレーン ブレンデッドウイスキー 37% 2700ml(2.7L) ひげのハイボール 【材料】 ブラックニッカ クリア …30ml ウィルキンソン タンサン …120ml (お好みで) レモンピール、スライス等 【作り方】 氷を入れたグラスに、ブラックニッカを注ぐ。タンサンを静かに注ぎいれ、軽くステアする。 ※ラベルのデザインやヴィンテージが掲載の画像と異なる場合がございます。ご了承ください。

あす楽
【あす楽】 ブラックニッカディープ ブレンド 45度 700ml

酒類の総合専門店 フェリシティー

1,300

あす楽

【あす楽】 ブラックニッカディープ ブレンド 45度 700ml

日本のウイスキーの父とも言われる「ニッカウヰスキー」の創業者・竹鶴政孝。政孝は、本場スコットランドに負けない本物のウイスキーをつくりたいという思いから、一貫してウイスキーづくりにおけるブレンドの重要性を説き、それを実践。ニッカは、今なおその精神と技術を受け継ぎ、本物のウイスキーづくりにこだわり続けています。 モルト(麦芽)ウイスキーとグレーン(穀物)ウイスキーをブレンドして作られるブレンディッドウイスキー。ニッカでは、モルトの個性を引き出しながら、新たな香りと味わいを生み出すために、グレーンウイスキーの生産に、蒸溜効率は劣るものの穀物由来の香味成分が残る「カフェ式連続式蒸溜機」を使用。そうして作られた「カフェグレーン」が、モルト同士の個性を調和させ、柔らかく、まろやかな余韻を残すニッカならではの深い味わいを生み出しています。 多くの人々に愛されるニッカウヰスキーから、ブラックニッカ史上最も濃厚な深みのある味わいのブレンデッドウイスキーが新たにリリースしました。 ホワイトオークの新樽で熟成させたモルト原酒をキーモルトに、甘く柔らかいカフェグレーン原酒を絶妙にブレンド。 新樽熟成によるウッディで濃密な香りが立ち上がり、甘く深い味わいが広がりを見せる「ブラックニッカディープブレンド」。 アルコール分も45%と高めに造られた深く沁みわたるような飲みごたえが特徴のブレンデッドウイスキーです。 ニッカウヰスキー 日本 モルト、グレーン ブレンデッドウイスキー 45% 700ml 濃醇でウッディな香りが立ち上がり、バニラを思わせるやわらかな甘さ。 樽熟成の深いコクと、豊かで伸びのある甘さの中に、ほのかなスパイスを感じる味わい。 心地よいピート香とビターな余韻が楽しめるウイスキー好きのための1本。 ...

ニッカ カフェモルト 700ml※6本まで1個口で発送可能

ワインショップふじまつ楽天市場店

6,048

ニッカ カフェモルト 700ml※6本まで1個口で発送可能

カフェ式だからこそ感じる、モルトの甘さ、香ばしさ。カフェスチルで生まれる、ニッカならではの味わい。「ニッカ カフェモルト」は、ニッカウヰスキーが持つ伝統的なカフェ式連続式蒸溜機(カフェスチル)でつくられたウイスキーです。カフェスチルでつくられるグレーンウイスキーは主にトウモロコシを原料にしたものが一般的ですが、ニッカでは大麦麦芽を原料にカフェスチルで蒸溜した、新しい味わいの原酒づくりにチャレンジしてきました。カフェ式だからこそ感じられるモルトの甘さと芳ばしさ。「ニッカ カフェモルト」の味わいを、ぜひそのままでお楽しみください。《テイスティング シート》【香 り】■麦芽の甘さと芳ばしさ、穏やかな樽熟成香。バナナ、メロンような果実香とハチミツ、ほのかなバニラの香り。カフェモルトならではの軽快なモルト香。----------------------------【味 わ い】■軽やかでスムースな口当たり、やわらかなコクとフルーティさ。ふわりと広がるクリーミーな甘さ、すっきりとした爽やかな後味。----------------------------竹鶴政孝こだわりの“カフェ式連続式蒸溜機"ニッカウヰスキー宮城峡蒸溜所では、伝統的な「カフェ式連続式蒸溜機」を保有しています。現在主流となっている連続式蒸溜機は、アルコールの精製度を高められる反面、香味成分までも除去してしまいます。一方、ニッカが保有する「カフェ式連続式蒸溜機」は、旧式で蒸溜効率はおとりますが、蒸溜液に原料由来の香りや成分が残るという特徴があります。この蒸溜機は、1830年頃に発明され、開発者であるイーニアス・カフェの名にちなんで“カフェスチル"と呼ばれています。ニッカウヰスキー創業者、竹鶴政孝には、カフェ式連続式蒸溜機を自分の工場に導入し、本格的なブレンデッドウイスキーをつくりたい...

あす楽
【あす楽】 ニッカ カフェモルト45度 700ml

酒類の総合専門店 フェリシティー

4,980

あす楽

【あす楽】 ニッカ カフェモルト45度 700ml

ニッカ カフェモルト 45度 700ml ニッカ カフェグレーン 45度 700ml冷涼でありながら、穏やかな北の自然に恵まれた宮城峡蒸溜所は1969年設立。 仙台市街から西へ約25km、緑豊かな森に囲まれ、赤煉瓦の建物が並びます。 「美しい自然がおいしいウイスキーを生む」そう言って、竹鶴政孝は建設時、木々の伐採を、極力、禁じました。 また、斜面を削らず、地形も元のままを保ったため40ある建物はひとつとして同じ床高のものがありません。 製造設備の見学と合わせ、池で泳ぐ白鳥の姿や四季折々の彩りが移ろう、美しい森の表情を楽しむこともできます。 『ニッカ カフェモルト』は、ニッカウヰスキーが有する「カフェスチル」で製造したウイスキーです。 通常のモルトウイスキーは、「ポットスチル」と呼ばれる単式蒸溜器で蒸溜されますが、『ニッカ カフェモルト』は、連続的に蒸溜を繰り返す連続式蒸溜機である「カフェスチル」を使用したもので、ニッカウヰスキーオリジナルのジャパニーズウイスキーです。 ニッカウヰスキー 宮城県 モルト モルトウイスキー 45% 700ml 麦芽の甘さと香ばしさ。穏やかな樽熟成香。 バナナやメロンのような果実香と蜂蜜、ほのかなバニラの香り。 軽やかでスムースな口当たり。 やわらかなコクとフルーティでふわりと広がるクリーミーな甘さ、すっきりとした爽やかな後味。 ※ラベルのデザインやヴィンテージが掲載の画像と異なる場合がございます。ご了承ください。

あす楽
【あす楽】 サントリーウイスキー オールド43度 箱付 700ml

酒類の総合専門店 フェリシティー

1,780

あす楽

【あす楽】 サントリーウイスキー オールド43度 箱付 700ml

サントリーウイスキー オールド 43度 700ml サントリーウイスキー オールド 43度 箱付 700ml サントリーウイスキー オールド 干支ラベル 亥歳 43度 箱付 700ml1923年(大正12年)に国産ウイスキー事業を開始した寿屋の創業者、鳥井信治郎はスコットランドで本場のスコッチウイスキーの製造方法を学んだ竹鶴政孝を招聘し、工場建設や熟成など数年間の準備期間の末、1929年(昭和4年)にモルトウイスキーをベースとした初の本格的日本製ウイスキーとして、白札(今のサントリーホワイト)を発売しました。1940年、山崎蒸溜所においてサントリーオールドが誕生。憧れの高級ウイスキーとして高い人気を誇り、人々からステータス的な存在として愛されました。さらに1946年にトリスウイスキーを発売。戦後の洋酒ブームの火付け役となりました。従来は1960年代に若者であった層に愛飲者が多かったが、2003年にラインナップを一新、新たな若者層にも愛飲者を拡大させています。 シェリー樽原酒の深い香りと味わい ザ・サントリーオールドのキーモルト「山崎シェリー樽モルト」を贅沢にブレンドしました。 金色が煌く上品なラベルデザイン。ザ・オールドのボトルのアイデンティティはそのままに、ラベルにはTHE・Premiumを煌く金色で印象的にあしらいました。 優しく上品なプレミアム感が「ひとつ上のザ・オールド」を楽しむ上質な夜を演出します。 サントリー 日本 モルト、グレーン ブレンデッドウイスキー 43% 700ml 深い甘みのある華やかな香りの中に芳醇で滑らかな口当たりを感じられる、まさにリッチテイストです。 ※ラベルのデザインやヴィンテージが掲載の画像と異なる場合がございます。ご了承ください。

【ニッカ】ブラックニッカ クリアーブレンドビッグ 1920ml ウイスキー

ワイン紀行

2,700

【ニッカ】ブラックニッカ クリアーブレンドビッグ 1920ml ウイスキー

□コメント 「日本ウィスキー界の父」竹鶴政孝が1964年に2種類のウィスキーをブレンドして造った、ブラックニッカ。その味は今も変わる事なく、日本のウィスキーとして楽しまれています。 □特徴 アルコール分:37度 □その他 モルトウィスキーの代表的な香りのひとつ、ピート香(スモーキー・フレーバー)は、ウィスキーの個性を特徴づける反面、「きつさ」や「苦さ」につながります。ブラックニッカ・クリアブレンドは、ノンピートモルトを使う事でこのピート香を抑え、くせのないクリアな味わいを実現しました。クセがなくクリアな飲み心地、だからハイボールにもぴったり。 ブラックニッカ クリアの味わいの秘密とは。 もはや定番ともいえる、ハイボール。ご存じの方も多いとは思いますが、ハイボールはウイスキーを炭酸で割ったもの。シュワシュワとノドを刺激する爽快感が、このお酒の肝といっても過言ではありません。ですから、クセの強すぎるウイスキーは、爽快感が弱く感じられるためハイボールには向かないといえます。「ブラックニッカ クリア」は、クリアでクセのない味わいが特徴のウイスキー。ハイボールとして楽しむのにもぴったりです。 ウイスキーは、深みのある味わいとスモーキーな香味を持っています。それぞれのウイスキーで異なる"クセ"は、ウイスキーの大きな魅力のひとつ。しかし、そのクセの強さが、抵抗感を与えてしまうことも確かです。 クセの原因になっているのが、“ピート(草炭)"。伝統的にモルトウイスキーには、このピートを焚いて乾燥させた大麦麦芽を使ってきました。そのため、出来上がったウイスキーにもピートによる特有のスモーキーな香味(スモーキーフレーバー)が出るのです。ニッカは、ウイスキー好きにはもちろん、女性にも気軽に楽しんでいただけるウイスキーを目指し...

あす楽
【あす楽】【お一人様1本限り】 シングルモルト 宮城峡12年 45度 700ml

酒類の総合専門店 フェリシティー

58,000

あす楽

【あす楽】【お一人様1本限り】 シングルモルト 宮城峡12年 45度 700ml

冷涼でありながら、穏やかな北の自然に恵まれた宮城峡蒸溜所は1969年設立。 仙台市街から西へ約25km、緑豊かな森に囲まれ、赤煉瓦の建物が並びます。 「美しい自然がおいしいウイスキーを生む」そう言って、竹鶴政孝は建設時、木々の伐採を、極力、禁じました。 また、斜面を削らず、地形も元のままを保ったため40ある建物はひとつとして同じ床高のものがありません。 製造設備の見学と合わせ、池で泳ぐ白鳥の姿や四季折々の彩りが移ろう、美しい森の表情を楽しむこともできます。 冷涼でありながら、穏やかな東北の自然に恵まれた宮城峡蒸溜所。 スチームでゆっくりと蒸溜されたモルトウイスキーは、深い森に佇む貯蔵庫で、静かに熟成していきます。 川霧が樽を守り、森の息吹に育まれた「シングルモルト宮城峡」は果実を思わせる華やかな香り、まろやかな味わい。 ウイスキーの優しさ、心地よさをおしえてくれる柔らかなシングルモルトウイスキーです。 ニッカウヰスキー 宮城県 モルト シングルモルトウイスキー 45% 700ml すっきりと甘く熟成した華やかな香り、バニラ香と穏やかなピート香との調和。 柔らかな味わいをエレガントに深めるフルーティーな甘酸っぱさが特徴です。 ※ラベルのデザインやヴィンテージが掲載の画像と異なる場合がございます。ご了承ください。

あす楽
【あす楽】 ニッカ ドンピエール V.S.O 37度 640ml 正規

酒類の総合専門店 フェリシティー

1,150

あす楽

【あす楽】 ニッカ ドンピエール V.S.O 37度 640ml 正規

ニッカ ドンピエール V.S.O 37度 正規 640ml ニッカ ドンピエール V.S.O 37度 4000ml(4L) ペットボトルニッカウヰスキーは1934年、北海道余市町で大日本果汁株式会社として発足。 創業者である「竹鶴政孝」は日本の本格ウイスキーづくりを始めましたが、ウイスキーはじっくりと熟成するため、製造開始から販売までに時間がかかります。そこで、その間に作られたのが、地元のりんごを使用したワインやシードル、ジュースなどだったのです。 余市特産のりんごの果汁を売りながら、ウイスキーとりんごを原料とするブランデーの蒸留を始めました。 第2次大戦中、生産は一時中断しましたが、戦後に訪れた洋酒ブームのなかでりんごを原料とするブランデーの生産を再開。 1964年には、“カルヴァドス・タイプ"と銘打ったニッカ・ブランデー「ファイブスター」を発売しています。 現在、ニッカは、フランスのコニャック地方に、ドンピエール蒸留所を所有しています。 高級ブランデーの産地として知られるフランス・コニャック地方に所有する蒸溜所「ドンピエール蒸溜所」のコニャック原酒を輸入し、国内の工場でブレンドおよびボトリングをしているブランデー。 ドンピエール蒸留所のコニヤック原酒を中心に、フランス産ブランデーをブレンド。 ニッカウヰスキー 日本 ブドウ ブランデー 37% 640ml コニャックの原酒も使用しながら、手軽に飲めるおいしい味に仕上げたブランデーV.S.O.です。 すっきりした後味、軽やかな味わいが特徴。 ※ラベルのデザインやヴィンテージが掲載の画像と異なる場合がございます。ご了承ください。

あす楽
【あす楽】【お一人様1本限り】 ニッカ フロム ザ バレル 51度 500ml

酒類の総合専門店 フェリシティー

2,980

あす楽

【あす楽】【お一人様1本限り】 ニッカ フロム ザ バレル 51度 500ml

日本のウイスキーの父とも言われる「ニッカウヰスキー」の創業者・竹鶴政孝。政孝は、本場スコットランドに負けない本物のウイスキーをつくりたいという思いから、一貫してウイスキーづくりにおけるブレンドの重要性を説き、それを実践。ニッカは、今なおその精神と技術を受け継ぎ、本物のウイスキーづくりにこだわり続けています。 モルト(麦芽)ウイスキーとグレーン(穀物)ウイスキーをブレンドして作られるブレンディッドウイスキー。ニッカでは、モルトの個性を引き出しながら、新たな香りと味わいを生み出すために、グレーンウイスキーの生産に、蒸溜効率は劣るものの穀物由来の香味成分が残る「カフェ式連続式蒸溜機」を使用。そうして作られた「カフェグレーン」が、モルト同士の個性を調和させ、柔らかく、まろやかな余韻を残すニッカならではの深い味わいを生み出しています。 『フロム・ザ・バレル』は、熟成を経たモルト原酒とグレーン原酒をブレンド後、さらにもう一度樽詰めし、数ヶ月ほど再貯蔵。この再貯蔵は「マリッジ(結婚)」と呼ばれ、まさにこの間、個性の違うウイスキーは結婚したかのように深く馴染み合い、調和の取れた美味しさが生まれます。再貯蔵された多くのウイスキーは、瓶詰め前に割り水によってアルコール分・40〜45%程度に調整されますが、『フロム・ザ・バレル』は、割り水を最小限に留め、アルコール分「51%」に設定。骨太な飲みごたえとともに、再貯蔵(マリッジ)で生まれた濃厚にして繊細な香りと味わいのハーモニーをお届けしています。 ニッカウヰスキー 日本 モルト、グレーン ブレンデッドウイスキー 51% 500ml 再貯蔵による重厚な味わいとコク、豊かに広がる香りが特長です。ニッカブランドならではのバランスのとれた味わい。 ■インターナショナル・スピリッツ ...

あす楽
【あす楽】 ニッカ カフェグレーン45度 700ml

酒類の総合専門店 フェリシティー

4,980

あす楽

【あす楽】 ニッカ カフェグレーン45度 700ml

ニッカ カフェモルト 45度 700ml ニッカ カフェグレーン 45度 700ml冷涼でありながら、穏やかな北の自然に恵まれた宮城峡蒸溜所は1969年設立。 仙台市街から西へ約25km、緑豊かな森に囲まれ、赤煉瓦の建物が並びます。 「美しい自然がおいしいウイスキーを生む」そう言って、竹鶴政孝は建設時、木々の伐採を、極力、禁じました。 また、斜面を削らず、地形も元のままを保ったため40ある建物はひとつとして同じ床高のものがありません。 製造設備の見学と合わせ、池で泳ぐ白鳥の姿や四季折々の彩りが移ろう、美しい森の表情を楽しむこともできます。 「ニッカ カフェグレーン」は、世界でも稀少な“カフェ式連続式蒸溜機"でつくられた味わい深いグレーンウイスキーです。一般的なグレーンウイスキーに比べ、原料由来の甘さがしっかりと残っているのはカフェ式だからこそ。 ニッカのブレンデッドウイスキーにあるまろやかな余韻は、この「カフェグレーン」のほのかな甘さにあるといえるのです。ブレンデッドウイスキーのベースとしてだけではもったいない、この奥深い味わいをお愉しみください。 ニッカウヰスキー 宮城県 グレーン、モルト グレーンウイスキー 45% 700ml ウッディさと甘いバニラ香、チョコレートを思わせるようなスイートな香りが調和。蜂蜜のようななめらかな口当たり、軽快なボディと爽やかでメロウな味わい。 すっきりとした後味が特徴です。 ※ラベルのデザインやヴィンテージが掲載の画像と異なる場合がございます。ご了承ください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク