メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「玉川酒造」検索結果。

玉川酒造の商品検索結果全139件中1~60件目

玉川 特別本醸造 人喰い岩 生酒 1800ml 木下酒造 日本酒 地酒 京都府

佐野屋JIZAKE 楽天市場店

2,530

玉川 特別本醸造 人喰い岩 生酒 1800ml 木下酒造 日本酒 地酒 京都府

《年に1度の限定品!人喰い岩の生酒!》「玉川」と言えば濃いお酒の代表格。そんな中、この人喰い岩の生酒だけはスッキリ!スカッと切れの良いお酒に仕上がっています。生酒が飲めるのは今だけ。是非、この機会にお試し下さい。《なにっ!大吟醸と間違えられる本醸造!?》「玉川」の特約店が集う「玉川会」や蔵開きで行われるきき酒大会。いわゆる、ブラインドテイスティング。4種類のお酒を当てるのですが、意外と正解率が低い。蔵開きは一般の方も参加されるので仕方が無いとしても、玉川会は業界関係者の集まり。そんな玉川担当、玉川好きでさえも正解率が低かったのには理由があります。不正解の方で最も多かった間違いが、何と大吟醸と本醸造を逆にしていたというのが圧倒的に多かったのです。決してイジワルでは無く、単にそれだけ本醸造が素晴らしい出来だということ。その本醸造こそ、今回ご案内する「人喰い岩」です。《「人喰い岩」とは》「人喰い岩」とは、「木下酒造」の北西にある兜山(かぶとやま)の中腹にある大きな岩の名前です。木々が生い茂る兜山の1カ所だけ岩肌が露出しています。その岩の中央に赤土が付着しているのですが、それが大きな口に見えることから人喰い岩と呼ばれるようになりました。そして、こんな伝説が。兜山の南側。一部分が赤色に染まった盤座がある。その昔、夜な夜な出てきて人を食べたそうだ。ある若者がこの岩上で逆立ちし、岩のきらいなものを聞きだした。その一番きらいな赤土を岩の口に詰めたという。この話はラベルの右側に書かれています。到底お酒とは結び付かない名前ですし、ラベルに描かれている「人喰い岩」のデッサンもなかなかグロテスク。初めてご覧になられた方は驚かれたのではないでしょうか?このお酒と「人喰い岩」を繋ぐキーワードは「地元」このお酒に使用されているお米は「木下酒造」の地元...

玉川 純米吟醸 雄町 火入れ 720ml 木下酒造 日本酒 地酒 京都府

佐野屋JIZAKE 楽天市場店

1,705

玉川 純米吟醸 雄町 火入れ 720ml 木下酒造 日本酒 地酒 京都府

《雑誌「dancyu」2013年3月号掲載酒》佐野屋は玉川のフィリップ・ハーパー杜氏を応援しています。一度飲んでいただいたら旨さが解る。そんな良い酒を造っているからです。またイギリス人杜氏という存在もとても珍しく、日本では彼しかいません。単に珍しいという枠を超え、造る酒が味で評価されるようになれば、もっともっと大勢の人が彼に注目する事になると考えています。木下酒造に入ってから、彼の造る酒造りは一層冴えています。日本酒ファンの皆様から、もっともっと磨いてもらい、輝いてくれる事を期待しています。この「純米吟醸 雄町」は、フィリップが佐野屋に来店時に推奨してきた自信作です。「1年間、土蔵の蔵の中で熟成させました。熟成を進める為あまり冷やし過ぎず保存しました。旨味が乗って味と香りのバランスが整っています。」「私が造る雄町は、森のハーブを連想させる風味が特徴です。含み香を重点においていますので味も香りも楽しめます。」熟成の具合も良く、燗酒でも楽しめる純米吟醸ですよ。」このような説明をしていただき、早速サンプルを取り寄せて味を確認。今回常駐商品として扱う事を決定しました。「玉川 純米吟醸 雄町」は、香り系と味わい系の両方の良さを最大限にぶつけ合わせた酒を造れないだろうか?という試みで造られました。その結果、吟醸香が楽しんだ上に酒の味もじんわり広がる。欲張りなタイプの純米吟醸酒です。酒通から一般のお客様まで、多くのお客様にお勧めできるハーパー杜氏の自信作です。製品仕様商品名玉川 純米吟醸 雄町 火入れ 720ml 木下酒造 日本酒 地酒 京都府お酒の種類日本酒内容量720ml原材料雄町スペック純米吟醸アルコール15.5%保存方法静かな冷暗所製造元木下酒造(京都府京丹後市久美浜町甲山1512)

玉川 純米吟醸 祝 1800ml 木下酒造 日本酒 地酒 京都府

佐野屋JIZAKE 楽天市場店

3,190

玉川 純米吟醸 祝 1800ml 木下酒造 日本酒 地酒 京都府

《酒 誕生の経緯》「祝(いわい)」という米は、戦前に京都で生まれた酒造好適米で、木下酒造の位置する丹後地区や丹波地区での栽培に適しているお米です。昭和8年から昭和21年にかけて奨励品種として多く栽培されましたが、少ない収量と倒れやすい性質から、昭和49年に一時姿を消した「幻の米」の1つでした。しかし昭和63年、伏見の酒造組合の働きかけによって、平成2年に栽培法を改良した祝の栽培が始まり、そのお米で造ったお酒が平成4年に誕生。「祝」というお米が約20年ぶりに復活を果たしたのです。木下酒造は、京都の日本酒らしい優しい甘味が表現出来ることに加え、玉川独自の味乗りの良い酒造りも出来る「祝」に着目。玉川のハーパー杜氏に「祝」の特長をお尋ねすると、「祝で仕込んだお酒は、柔らかい感じのお酒に仕上がり、独特の甘味を持ちます。味のタイプは山田錦よりは雄町に近く、甘味を生かすこと、甘味をどう表現するかが酒造りのポイントになるでしょうね。」という回答を頂きました。玉川はフィリップハーパー杜氏が酒造りをしているということから、酒マニア向けの尖った個性派の酒という印象が強かったのですが、「純米吟醸 祝」は、マニアに加えて、日本酒に詳しくない一般の方にもどんどん飲んでもらおうと考えて造られました。《美味しくなければ話にならない。》味の特長は、玉川らしい味の密度が高いフルボディータイプ。しかしそれでいながら、くどさはなくむしろ大変飲みやすい絶妙なバランス。香り高さや第一印象のインパクトを重視せず、次から次へと杯が進む。そんな長く付きあえる酒であると感じました。本製品は生酒ではありません。常温保存が可能です。原酒ではありませんが、味の密度はそれを思わせる詰まった味わいを持ちます。淡麗辛口とは反対方向の甘さを感じる酒質で、魚の煮付け等...

玉川 特別本醸造 人喰い岩 1800ml 木下酒造 日本酒 地酒 京都府

佐野屋JIZAKE 楽天市場店

2,530

玉川 特別本醸造 人喰い岩 1800ml 木下酒造 日本酒 地酒 京都府

《なにっ!大吟醸と間違えられる本醸造!?》「玉川」の特約店が集う「玉川会」や蔵開きで行われるきき酒大会。いわゆる、ブラインドテイスティング。4種類のお酒を当てるのですが、意外と正解率が低い。蔵開きは一般の方も参加されるので仕方が無いとしても、玉川会は業界関係者の集まり。そんな玉川担当、玉川好きでさえも正解率が低かったのには理由があります。不正解の方で最も多かった間違いが、何と大吟醸と本醸造を逆にしていたというのが圧倒的に多かったのです。決してイジワルでは無く、単にそれだけ本醸造が素晴らしい出来だということ。その本醸造こそ、今回ご案内する「人喰い岩」です。《「人喰い岩」とは》「人喰い岩」とは、「木下酒造」の北西にある兜山(かぶとやま)の中腹にある大きな岩の名前です。木々が生い茂る兜山の1カ所だけ岩肌が露出しています。その岩の中央に赤土が付着しているのですが、それが大きな口に見えることから人喰い岩と呼ばれるようになりました。そして、こんな伝説が。兜山の南側。一部分が赤色に染まった盤座がある。その昔、夜な夜な出てきて人を食べたそうだ。ある若者がこの岩上で逆立ちし、岩のきらいなものを聞きだした。その一番きらいな赤土を岩の口に詰めたという。この話はラベルの右側に書かれています。到底お酒とは結び付かない名前ですし、ラベルに描かれている「人喰い岩」のデッサンもなかなかグロテスク。初めてご覧になられた方は驚かれたのではないでしょうか?このお酒と「人喰い岩」を繋ぐキーワードは「地元」このお酒に使用されているお米は「木下酒造」の地元、甲山産の五百万石です。地元に根付いたお酒として、地元の観光名所であり、伝説のある「人喰い岩」をお酒の名前に採用されたのでしょう。では、この大吟醸と間違われる程のお酒の味のご説明に入ります...

玉川 自然仕込 山廃純米 VINTAGE(ビンテージ) 1800ml 木下酒造 日本酒 地酒 京都府

佐野屋JIZAKE 楽天市場店

3,410

玉川 自然仕込 山廃純米 VINTAGE(ビンテージ) 1800ml 木下酒造 日本酒 地酒 京都府

《「玉川」は熟成でしょ!!》「玉川」と言えば「無濾過生原酒」のイメージがかなり強い。実際、冬から初夏に掛けてこれでもかと続く新酒ラッシュ!ですが、実際飲んでいても、「これ、熟成した方が絶対美味しいな!」って思ってしまう。杜氏のフィリップハーパーさんだって絶対新酒の段階で完成形って酒質の設計をされていませんし。「玉川」は熟成してこそ「玉川」です。ハーパーさんも常々おっしゃっています。「お客様の手元に届いてから第二の酒造りが始まる。」熟成酒の魅力を皆様にお伝えしたい!そこで、まずは蔵内熟成のお酒を取扱うことにしました。それが「玉川 自然仕込 山廃純米 VINTAGE(ビンテージ)」です。このお酒は23BY!平成23年度に仕込まれたお酒です。約5年前ということになります。このお酒は「加水火入れ」ということで「無濾過生原酒」ではありません。「玉川」=「無濾過生原酒」だけでは無いということがこのお酒を飲んで頂ければきっとお分かり頂けることと思います。褐色のお酒から放たれるカラメルにも似たコクのある甘苦い香り。一口飲めば意外と優しいタッチ。芳醇な旨味、甘味、心地良い苦味、酸が複雑に絡み合っているのですが、ドシッと来る訳でも無い。これは明らかに加水と熟成の効果!この感覚は飲んで頂くのが一番です。オススメは冷や(常温)かお燗。温度を上げてあげることでこのお酒の円やかな味わいが更に伸びます。冷蔵庫で可愛がるのは出来れば止めて頂きたいです。光の当たらない常温で管理して下さい。(実際、「玉川」だったらあんまり難しいことは考えなくて良いのですが、立場上、念の為に…。)おでんや煮物が欲しくなる味わいで珍味やチーズなどは得意中の得意なんですが、実は焼き菓子やチョコレートなどとも相性が良かったりします。このお酒を飲んで、熟成酒って良いなって思って下さった方は...

玉川 自然仕込 純米(山廃)雄町 無濾過生原酒720ml入

Amazon

1,705

玉川 自然仕込 純米(山廃)雄町 無濾過生原酒720ml入

【季節の玉川/素顔の玉川いろいろ】 玉川は商品の多くが寝かせてからの熟成酒がレギュラーのラインナップとなりますが、新酒から熟成酒に姿を変えていくプロセスも日本酒の大きな魅力。 このシリーズでは、玉川の各商品を生まれたままの姿、搾ったままの無ろ過生原酒でお届けします。なかにはレギュラー商品として存在しないレアものも。 年に一度だけ仕込む商品もあれば、同じタイプで複数の仕込をして、「仕込み別バージョン」として数回登場する商品もあります。 なお、同じ酒を、異なる温度の環境で保管すると、まったく違う味わいの酒を育てることができます(ご自宅で遊びたい方は冷蔵庫に1本、押入れに1本で“マイ熟成"を楽しめます)。 酵母無添加もとから生まれた、酸とアミノ酸が豊富な純米酒。但馬産北錦で仕込むメインバージョンとは玄米品種が異なる限定品。 このシリーズはいずれも酸とアミノ酸が豊富で、深いコクと旨みのある味わいが特徴です。甘めの仕上げで、雄町米特有の旨味の中に甘味・酸味が濃厚に詰まった、強烈な個性の逸品。 【自然仕込とは】 「自然仕込」は、木下酒造の酵母無添加の「生もと」系(生もとと山廃)の酒。現代の蔵人はふんどし姿で働くわけではありませんが、酒を生み出す微生物たちの動きは、江戸時代の酒蔵に見られたものと同じです。米、麹と水だけから酒が生まれてくるプロセスは実に神秘的です。

玉川 自然仕込 純米酒(山廃)無ろ過生原酒【北錦】 720ml

Amazon

1,485

玉川 自然仕込 純米酒(山廃)無ろ過生原酒【北錦】 720ml

【季節の玉川/素顔の玉川いろいろ】 玉川は商品の多くが寝かせてからの熟成酒がレギュラーのラインナップとなりますが、新酒から熟成酒に姿を変えていくプロセスも日本酒の大きな魅力。 このシリーズでは、玉川の各商品を生まれたままの姿、搾ったままの無ろ過生原酒でお届けします。なかにはレギュラー商品として存在しないレアものも。 年に一度だけ仕込む商品もあれば、同じタイプで複数の仕込をして、「仕込み別バージョン」として数回登場する商品もあります。 なお、同じ酒を、異なる温度の環境で保管すると、まったく違う味わいの酒を育てることができます(ご自宅で遊びたい方は冷蔵庫に1本、押入れに1本で“マイ熟成"を楽しめます)。 玉川の定番といえばこの「山廃」シリーズ。酵母無添加の?から生まれた酸とアミノ酸が豊富な純米酒。五味が力強く表現され、コクも切れも抜群です。 但馬産北錦で仕込むメインバージョンの他に、「白ラべル」「玄米品種違い」などの季節限定品があります。通年販売バージョン以外に、単体仕込みの号数別受注生産品も行います。 【自然仕込とは】 「自然仕込」は、木下酒造の酵母無添加の「生もと」系(生もとと山廃)の酒。現代の蔵人はふんどし姿で働くわけではありませんが、酒を生み出す微生物たちの動きは、江戸時代の酒蔵に見られたものと同じです。米、麹と水だけから酒が生まれてくるプロセスは実に神秘的です。

玉川 自然仕込 純米酒(山廃)無ろ過生原酒【北錦】 1.8L

Amazon

2,970

玉川 自然仕込 純米酒(山廃)無ろ過生原酒【北錦】 1.8L

【季節の玉川/素顔の玉川いろいろ】 玉川は商品の多くが寝かせてからの熟成酒がレギュラーのラインナップとなりますが、新酒から熟成酒に姿を変えていくプロセスも日本酒の大きな魅力。 このシリーズでは、玉川の各商品を生まれたままの姿、搾ったままの無ろ過生原酒でお届けします。なかにはレギュラー商品として存在しないレアものも。 年に一度だけ仕込む商品もあれば、同じタイプで複数の仕込をして、「仕込み別バージョン」として数回登場する商品もあります。 なお、同じ酒を、異なる温度の環境で保管すると、まったく違う味わいの酒を育てることができます(ご自宅で遊びたい方は冷蔵庫に1本、押入れに1本で“マイ熟成"を楽しめます)。 玉川の定番といえばこの「山廃」シリーズ。酵母無添加の?から生まれた酸とアミノ酸が豊富な純米酒。五味が力強く表現され、コクも切れも抜群です。 但馬産北錦で仕込むメインバージョンの他に、「白ラべル」「玄米品種違い」などの季節限定品があります。通年販売バージョン以外に、単体仕込みの号数別受注生産品も行います。 【自然仕込とは】 「自然仕込」は、木下酒造の酵母無添加の「生もと」系(生もとと山廃)の酒。現代の蔵人はふんどし姿で働くわけではありませんが、酒を生み出す微生物たちの動きは、江戸時代の酒蔵に見られたものと同じです。米、麹と水だけから酒が生まれてくるプロセスは実に神秘的です。

玉川 自然仕込 山廃純米 白ラベル 無濾過生原酒 夏越し常温熟成 2018BY 1800ml 木下酒造 日本酒 地酒 京都府

佐野屋JIZAKE 楽天市場店

3,410

玉川 自然仕込 山廃純米 白ラベル 無濾過生原酒 夏越し常温熟成 2018BY 1800ml 木下酒造 日本酒 地酒 京都府

この商品は生酒ですが、蔵元では常温で熟成、出荷された商品ですので、弊社も常温便で出荷させて頂きます。無濾過生原酒は冷蔵で管理して下さい。クール便で発送します。到着後は速やかに冷蔵庫で保管、開栓後は早めに飲み切って下さい。って誰が決めたんですか?そんな、昨今では当たり前のように言われている「低温流通」「低温管理」に一石を投じる商品。それが「玉川の無濾過生原酒の夏越し常温熟成」です。先に言ってしまいます。「玉川」の無濾過生原酒は決してヘタりません!もっと言うと、「玉川」のお酒はヘタりません!生だから弱い、火入れだから大丈夫ということは決してありません。残念ながら、火入れでもヘタるお酒は幾らでもあります。それが冷蔵保存であったとしても…。そして、熟成とヒネは違うということを「玉川」は教えてくれます。私は「玉川」が大好きです。それは「玉川」のドッシリとした酒質、お燗で飲んだ時の円やかさにハマったから。そして、フィリップハーパー杜氏に魅せられているからというのもあります。私がこの業界に入って数年後、初めて「玉川」と出会い、ハーパーさんと初めて飲みに行った時のことです。私が「玉川」好きなこと、熟成酒が好きなことを伝えると、「僕のお酒は幾らイジメてくれても大丈夫!」という今でも私の心に深く残っている名言をプレゼントして頂きました。つまり、「玉川」は冷蔵庫で可愛がる必要は全く無し!常温上等なお酒!だということです。猛暑酷暑も関係ありません!この酒質の強さに私は強く惹かれています。ハーパーさんはこんな経験談を話されています。「日本酒はデリケート」という既成概念から、「低温流通」「低温管理」が強調されるのが昨今の傾向です。常温か燗で美味しい酒も、「冷蔵しないと酒が傷む」という管理者の不安から、残念な思いをしながら冷酒で飲む方も少なくないでしょう。そこで...

玉川 純米吟醸 雄町 無濾過生原酒 1800ml 日本酒 木下酒造 京都府

はせがわ酒店

3,630

玉川 純米吟醸 雄町 無濾過生原酒 1800ml 日本酒 木下酒造 京都府

商品情報 商品説明 雄町米は、100年以上前から途絶えることなく栽培され続けている唯一の品種で、現在最高品質といわれている山田錦米や五百万石米などの優良酒造好適米の元祖として知られる酒米です。旨味は幅広く複雑、かつ個性的で量感たっぷり。特に、今期1発目の雄町は、この醪で美味しくなかったら嘘や。と杜氏が語るほどの絶好調な醪。 蔵元 木下酒造 地域 京都府 容量 1800ml 注意事項 クール便推奨。 画像はイメージです。 画像内の製造年月は撮影当時のものとなります。 サイズ表記に関しては商品名からご判断下さい。 ギフト 箱が付属している商品には包装紙、瓶の商品には和紙掛けでのご用意となります。 シーンに合わせて、各種熨斗のご用意もございます。 詳しくはこちらでご確認をお願い致します。 配送方法 お届けはヤマト運輸です。ただし沖縄県のみ日本郵便となります。送料にはカートン代220円が含まれています。 1個口には常温便の場合1800mlなら6本、720mlなら12本まで。クール便の場合は1800mlなら5本、720mlなら10本までおまとめが可能です。 ただし、ボトルの型や重量によってはまとまる本数が異なる場合がございます。 詳しくはこちらでご確認をお願い致します。

玉川 自然仕込 Time Machine Vintage(タイムマシンビンテージ) 360ml 木下酒造 日本酒 地酒 京都府

佐野屋JIZAKE 楽天市場店

1,760

玉川 自然仕込 Time Machine Vintage(タイムマシンビンテージ) 360ml 木下酒造 日本酒 地酒 京都府

《スイーツと日本酒は合うねん!》皆様はスイーツと日本酒を合わせますか?私はお酒も甘い物も大好きな両刀使い(笑)スイーツを食べながらお酒を合わせるのが大好き!ですが、スイーツと日本酒って真面目に言うと佐野屋ではボスを筆頭にスタッフから総攻撃を受けます…。美味しいのに…。合うのに…。そして今では変態扱い…。今では、変態でも何でも良いねん。ウマいもんはウマいねん!って開き直っています(笑)しかーし!皆様にも知って頂きたい!やっぱりスイーツと日本酒は合うって!私は美味しい物を独り占めするのが苦手な性分。そこで、救世主として大人気フィリップハーパー杜氏の力を借りることに。と言うより「玉川」を取り扱っててこれが無いってどういうことやねん。って「玉川」担当としての思いもあって入荷しました!それが「Time Machine(タイムマシン)」です。《江戸時代にタイムスリップ!江戸時代のお酒造りを再現!》では、「Time Machine」とはどのようなお酒なのでしょうか?江戸時代の書物に書かれていたお酒の製法をハーパーさんが見事に再現!乳酸菌も酵母菌も無添加の江戸流生もと!汲み水(もろみを仕込む際に加える水)を減らし、旨味をシッカリと引き出されたお酒です。こうして出来たお酒は、新酒の段階では美しい黄金色。それが熟成すると、まるでメープルシロップのような褐色に!《甘いのにキレが良い!それが「Time Machine」》褐色のお酒をグラスに注ぐと軽くトロミが。見た目からも甘口のお酒であることが分かります。香りは、お米由来の香りに甘くビターな香りも重なり、昔懐かしいポン菓子を連想しました。飲んでみると、かなり濃厚な甘味を感じのですが、濃厚なアミノ酸のおかげで意外と後味はスッキリ。これはアテによっては立派な食中酒です!濃厚なチーズや佃煮などの甘辛い煮物...

玉川 自然仕込 山廃純米大吟醸 玉龍 無濾過生原酒 2018BY 1800ml 木下酒造 日本酒 地酒 京都府

佐野屋JIZAKE 楽天市場店

8,800

玉川 自然仕込 山廃純米大吟醸 玉龍 無濾過生原酒 2018BY 1800ml 木下酒造 日本酒 地酒 京都府

《全国的にも珍しい、山廃仕込みの純米大吟醸》山廃仕込みは酵母や乳酸を添加せず、天然の酵母や乳酸菌を取り込んで発酵させる為、出来上がるお酒はコクが多く濃厚な味わいに仕上がります。これは繊細で淡麗な口当たりを長所とする大吟醸クラスのお酒とは対極に位置すると言えます。単純に両者の良い所がお酒として表現出来れば話は簡単ですが、実際はそうでもありません。また、山廃仕込みは手間も日数も掛かる上に、純米大吟醸クラスの仕込みの難しさが加わります。そういったハードルの高さから、山廃仕込みの純米大吟醸を造っている蔵元は全国でも珍しく、その中でも「山廃らしいコク」と「純米大吟醸の繊細さ」を合わせ持ったお酒は本当に希少です。その希少なお酒こそ、今回御紹介する「玉川 自然仕込 山廃純米大吟醸 玉龍 無濾過生原酒」です。早速開栓しました。どちらかというと香りが控え目な玉川ですが、さすがは純米大吟醸。柔らかな甘い香りが漂います。まず一口。含み香がとてもフルーティーで心地良く、甘味と酸味が爽やかでジューシー。新酒らしい若々しさも感じられます。更に飲み進めると旨味がググっと押し寄せて来ました。これぞ玉川の真骨頂!純米大吟醸と山廃造りの良い所が凝縮されたとても奥深い味にとてもテンションが上がります。こうなるとお燗も試したくなります。早速ぬるめに当ててみました。旨い!とにかく円やかで旨い!更にと思った時にはサンプルの小瓶は空になってしまいました。ジューシーさでは冷酒。旨さ、円やかさではお燗。どちらでも楽しめる飲み応えバツグンの贅沢な一本です。「山廃らしいコク」と「純米大吟醸の繊細さ」を合わせ持ったお酒、「玉川 自然仕込 山廃純米大吟醸 玉龍 無濾過生原酒」自然仕込みの魅力に取り憑かれたハーパー杜氏だからこそ実現した、山廃仕込みの極地と言える一本です。製品仕様商品名玉川...

お酒・ドリンクのランキング

スポンサーリンク
スポンサーリンク