メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「東光」検索結果。

東光の商品検索結果全125件中1~60件目

日本酒 東光 純米 小嶋総本店 720ml 1本

逸酒創伝 楽天市場店

1,026

日本酒 東光 純米 小嶋総本店 720ml 1本

商品名 日本酒 東光 純米 小嶋総本店 720ml 1本 メーカー 小嶋総本店 容量/入数 720ml / 1本 Alc度数 15% 精米歩合度 準備中 使用米 準備中 都道府県 山形県 備考 商品説明 地元のお米で、地元の蔵人が手作りで醸した逸品。 穏かな米の旨みと、熟成したまろやかな口当たりが特徴の純米酒。 和洋中どんなお料理とも相性抜群。「冷やで良し、お燗で良し」の万能酒です。 お刺身はもちろん、焼き鳥・スパゲティミートソース・麻婆豆腐にも相性抜群です。 ●ワイングラスでおいしい日本酒アワード2015、2018 金賞受賞 [history] 東光は、安土桃山時代に創業し、後に上杉家御用酒屋を承った小嶋総本店が醸す日本酒です。常に第一級の品質を求め、お客様に文化的で心豊かな時間をお届けできるよう、今日も変わらず挑戦を続けております。 [location] 小嶋総本店は、最上川の源流に最も近い酒蔵として、その清らかな水の恵みを受け続けてきました。吾妻山から流れ出す雪解け水が織り成す源流は地層に浸透し、控えめにミネラルを含んだ上品な口当たりの地下水となって蔵に辿り着きます。地下水の温度はその土地の年間平均気温に等しく、私達の井戸からは米沢の年間平均気温である11度となって湧き出ます。 [people] 私達は、天地の恵である米や水に感謝するとともに、それらの個性を尊重した酒造りを志向します。「自然の恵みを微生物が醸して酒になる」という事実と真摯に向き合い、田んぼからの酒造りに取り組んでいます。

あす楽
日本酒 東光 純米大吟醸袋吊り 小嶋総本店 720ml 1本

逸酒創伝 楽天市場店

5,400

日本酒 東光 純米大吟醸袋吊り 小嶋総本店 720ml 1本

商品名 日本酒 東光 純米大吟醸袋吊り 小嶋総本店 720ml 1本 メーカー 小嶋総本店 容量/入数 720ml / 1本 Alc度数 16% 精米歩合度 準備中 使用米 準備中 都道府県 山形県 備考 商品説明 絞る際に一切の圧力をかけず、重力で滴り落ちた雫のみを集めた、「雫酒」。 1本のタンクからごく少量しか生産できない、最高峰の逸品です。 日頃の感謝を込めた贈り物としてふさわしい、誰が飲んでも美味しいと感じていただけるお酒に仕上がりました。 凝縮感があり、柔らかく滑らかなテクスチャーは雫酒ならではの味わい。 蔵元が技術の粋を結集して醸した大吟醸酒がお客様の特別な時間を演出します。 2013年に全米日本酒歓評会・インターナショナルサケチャレンジのコンテストでゴールドメダルを獲得しました。 ●インターナショナル・サケ・チャレンジ2013、2016 金賞受賞 ●全米日本酒歓評会2013 金賞受賞 [history] 東光は、安土桃山時代に創業し、後に上杉家御用酒屋を承った小嶋総本店が醸す日本酒です。常に第一級の品質を求め、お客様に文化的で心豊かな時間をお届けできるよう、今日も変わらず挑戦を続けております。 [location] 小嶋総本店は、最上川の源流に最も近い酒蔵として、その清らかな水の恵みを受け続けてきました。吾妻山から流れ出す雪解け水が織り成す源流は地層に浸透し、控えめにミネラルを含んだ上品な口当たりの地下水となって蔵に辿り着きます。地下水の温度はその土地の年間平均気温に等しく、私達の井戸からは米沢の年間平均気温である11度となって湧き出ます。 [people] 私達は、天地の恵である米や水に感謝するとともに、それらの個性を尊重した酒造りを志向します。「自然の恵みを微生物が醸して酒になる」という事実と真摯に向き合い...

あす楽
東光 純米吟醸原酒 720ml 1本 小嶋総本店

逸酒創伝 楽天市場店

1,115

東光 純米吟醸原酒 720ml 1本 小嶋総本店

商品名 東光 純米吟醸原酒 720ml 1本 メーカー (株)小嶋総本店 容量/入数 720ml / 1本 原料米 山形県産米100% 精米歩合 55% 酸度 1.1 日本酒度 -4.0 備考 商品説明 吟醸香、芳醇な味わい、後切れの良さという3つを兼ね備えた純米吟醸原酒。原酒でありながらも飲みやすい仕上がりで国内外のコンテストで高評価のお酒です。 手頃な価格で購入できる、ワンランク上の『普段飲みのお酒』としておすすめです。 ●全米日本酒歓評会2016 金賞受賞 ●ワイングラスでおいしい日本酒アワード 3年連続金賞受賞 [history] 東光は、安土桃山時代に創業し、後に上杉家御用酒屋を承った小嶋総本店が醸す日本酒です。常に第一級の品質を求め、お客様に文化的で心豊かな時間をお届けできるよう、今日も変わらず挑戦を続けております。 [location] 小嶋総本店は、最上川の源流に最も近い酒蔵として、その清らかな水の恵みを受け続けてきました。吾妻山から流れ出す雪解け水が織り成す源流は地層に浸透し、控えめにミネラルを含んだ上品な口当たりの地下水となって蔵に辿り着きます。地下水の温度はその土地の年間平均気温に等しく、私達の井戸からは米沢の年間平均気温である11度となって湧き出ます。 [people] 私達は、天地の恵である米や水に感謝するとともに、それらの個性を尊重した酒造りを志向します。「自然の恵みを微生物が醸して酒になる」という事実と真摯に向き合い、田んぼからの酒造りに取り組んでいます。

東光 純米吟醸原酒 720ml 小嶋総本店 日本酒 地酒 山形県

佐野屋JIZAKE 楽天市場店

1,296

東光 純米吟醸原酒 720ml 小嶋総本店 日本酒 地酒 山形県

《ANAファーストクラス・ビジネスクラス全路線機内搭載酒として採用!!》ANA国際線ファーストクラス及びビジネスクラスの機内食のメニューに 「東光 純米吟醸原酒」が採用されました。《ワイングラスでおいしい日本酒アワード 三年連続金賞受賞!》 「世代」「業態」「国」の境界を超えて日本酒を広げることを目指す ワイングラスでおいしい日本酒アワード。そのメイン部門で「東光 純米吟醸原酒」は三年連続で金賞を受賞しました。 うち一年は最高金賞を受賞しています。その他海外のコンテストにおいてもインターナショナル・ワイン・チャレンジ SAKE部門、 全米日本酒歓評会、インターナショナル・ サケ・チャレンジなど数々の賞を受賞しています。《「東光」で一番売れているお酒!》私、ガマンの限界に達しました!これまで「東光」で一番大好きなお酒をヨソで買っていたんです…。皆様にご案内することも無く…。私、メチャメチャお気に入りのお酒で、「東光」の営業さんが百貨店の試飲販売に来られる際は毎回買って帰っております。 営業さんと一緒に飲みに行く時はいつもお店への手土産として持って行って、お店の方やお客様と乾杯!どこに持って行っても皆様から絶賛して頂けるんです!冷酒良し、冷や(常温)良し、お燗良し。ほんのり香りがあって、甘味や旨味があって、切れも良い。とにかく飲みやすいお酒なんです。 「東光」のお酒のコンセプトがギッシリ詰まったお酒なんです。それが「東光の純米吟醸原酒」今までご紹介が遅れたのには少し事情がありまして…。実は、取引開始直後から販売している「花の慶次純米吟醸」がこのお酒の加水なんです。ラベルやパッケージの美しさに一目惚れした私は、「花の慶次」を売って行きたいと思い、敢えて採用しておりませんでした。ですが、もうガマン出来無くなりましたのでご紹介致します。...

東光 契約農家 β(ベータ) 1800ml 小嶋総本店 日本酒 地酒 山形県

佐野屋JIZAKE 楽天市場店

2,700

東光 契約農家 β(ベータ) 1800ml 小嶋総本店 日本酒 地酒 山形県

《契約農家シリーズ第三弾はβ(ベータ)》「東光」の大好評シリーズ「契約農家」第一弾は出羽の里、第二弾は出羽燦々。そして、今回の第三弾はβ(ベータ)です。ところで皆さん、ベータって何?って思われませんでした?私も案内を見た時は「エッ!?」って思いました。案内をよーく読んでみると、βは試作品なんだそうです。「東光 契約栽培 Prototype」と言った所でしょうか。これまでの2商品と大きく違うのは、お米が一般米(飯米)だということです。厳密に申しますと「掛米は」ですが。麹米には酒造好適米の出羽きらりが使用されています。実はこれもまた珍しい。出羽きらりは本来、掛米用の酒造好適米なんです。それを敢えて麹米として使用されている。試作品だからなのでしょうか、これまたなかなかのチャレンジ精神だと思います。今回のβには蔵元の熱い想いが込められているんです。それは、「お客様と共に造り上げる味わい」酒造好適米100%でなく、一般米でどこまでの味が実現出来るかという課題を自らに問い、切磋琢磨し、進化し続ける。これがβのコンセプトです。進化の過程でお客様からの意見を取り入れ、より「今」のお客様が求める味わいに近付ける。進化し続ける商品、それがβ。また、βは近江商人の格言、「三方よし(売り手よし、買い手よし、世間よし)」ではありませんが、「農家さん、蔵元、お客様」のそれぞれにメリットがあるお酒なんです。一般米を使用することで、生産される農家の方も栽培面でのリスクを軽減することが出来、酒造好適米に比べて低価格なので、皆様には普段飲みに最適なお手頃価格での提供が可能。更に、蔵元にとっても原料米の仕入れが安定的になるので欠品の可能性は下がり、安定的に商品を出荷出来る。まさしく、全てにメリットのあるお酒です。さて、こうなると一番肝心なのは味わいです...

【木箱入】東光 純米大吟醸 雪女神 720ml 小嶋総本店 日本酒 地酒 山形県

佐野屋JIZAKE 楽天市場店

5,400

【木箱入】東光 純米大吟醸 雪女神 720ml 小嶋総本店 日本酒 地酒 山形県

《地理的表示「GI YAMAGATA」に認定された雪女神の純米大吟醸。》皆様、「GI(ジーアイ)」という言葉をご存知でしょうか?「GI」とは「Geographical Indication(ジオグラフィカルインディケーション)」の略で、地理的表示を意味します。つまり、産地が知的財産として認められたものということになります。もっと分かりやすく言うと、「山形」が日本酒のブランドとして世界的に認められたということです。これまで日本の酒類では、焼酎が「壱岐(いき)」「球磨(くま)」「琉球(りゅうきゅう)」「薩摩(さつま)」ワインが「山梨」そして、清酒(日本酒)が「白山(はくさん)」更には「日本酒」も地理的表示として認定されています。そこに8例目として新たに加わったのが「山形」です。県全体がGIとして認められたのは「山梨」に次いで2例目。清酒(日本酒)としては初めてのことです。「GI YAMAGATA」の条件としては、国産米、山形県内で採取された水を原料とし、山形県内で製造、貯蔵、容器詰めが行われた日本酒で、審査をクリアーして初めて名乗ることが出来ます。ですから、単に山形県で造られたお酒というだけでは無く、特に品質が優れている証でもあります。では、ここからは「東光」のお酒の説明に移ります。実は、「東光」から新しくリリースされた雪女神の純米大吟醸が、先程ご説明した「GI YAMAGATA」を取得した商品なんです。山形県の今後を担う酒造好適米と言っても過言では無い雪女神を全量使用。精米歩合は35%。気品が漂う香り、透明感、雪女神の特長でもある優しい甘味、伸びのある余韻。全てが美しい。間違いなく、「山形」を代表するお酒の1つです!是非、この美しさをワイングラスで味わって頂きたい!格の違いを感じて頂けるはずです!私は前から思っていました。「東光...

東光 契約農家 出羽の里 純米吟醸 1800ml 小嶋総本店 日本酒 地酒 山形県

佐野屋JIZAKE 楽天市場店

2,700

東光 契約農家 出羽の里 純米吟醸 1800ml 小嶋総本店 日本酒 地酒 山形県

《「インターナショナル・ワイン・チャレンジ2016」で銀メダル受賞!》2016年5月16日・17日・18日「インターナショナルワインチャレンジ2016」のSAKE部門の審査が兵庫県神戸市で開催され、日本酒部門は9つのカテゴリーごとに審査員によるブラインド・テイスティングを行い、その成績によりメダル表彰となるメダル受賞酒が決定します。その結果、純米吟醸酒の部にて「東光 契約農家 出羽の里 純米吟醸」が銀メダルを受賞致しました。「東光」は「小嶋総本店」の中では比較的幅広い範囲に流通している銘柄です。そんな中、限られた特約店にのみに出荷される商品の1つが「契約農家」シリーズ。全量契約栽培米を用いて造られるということで、お米の量が限られてしまいますので、全体の出荷量としてはかなり少なくなります。もうこの時点で買い物カゴに入れて頂きたいくらい。というわけにもいかないので説明を続けますが(笑)「契約農家」シリーズは、単に契約栽培米を使用して造られたお酒ではありません。原料米を栽培された農家さんは冬季に「小嶋総本店」の蔵人として働かれます。つまり、種もみがお酒になるまで、全ての工程に農家さん(蔵人)が携われている、とても思い入れの深い商品なんです!今回使用されている出羽の里は美山錦や出羽燦々に続いて誕生した酒造好適米。出羽燦々を父に、滋賀県で開発された酒造好適米、吟吹雪を母に持つお米です。出羽の里は実に良いことずくめのお米。・栽培しやすい。・心白が大きい。・お米がよく溶け、味わい深い。・アミノ酸が少ないので切れが良い。つまり、味があるのにキレが良い、クリアーなお酒が造れるということです。実際、試飲していた時にも甘味、旨味をしっかり感じましたが、後味がとても優しい。冷酒からぬるめのお燗まで幅広く楽しんで頂けるお酒です。ぜひお試し下さい...

【木箱入】東光 純米大吟醸袋吊り 1800ml 小嶋総本店 日本酒 地酒 山形県

佐野屋JIZAKE 楽天市場店

10,800

【木箱入】東光 純米大吟醸袋吊り 1800ml 小嶋総本店 日本酒 地酒 山形県

《インターナショナル・サケ・チャレンジで金賞受賞の実力酒!》「東光」は国内のみに留まらず、海外でも注目されている日本酒の1つです。「大吟醸」はIWCの吟醸・大吟醸部門で最高位のトロフィーに輝いたこともあります。その他、国内外の様々なコンテストで受賞経験がある「東光」は弊社でも大人気の銘柄の1つです。今回は「インターナショナル・サケ・チャレンジ2016」において金賞を受賞した「純米大吟醸の袋吊り」を御紹介致します。先に書いてしまいますと、このお酒の製法は「大吟醸の袋吊り」とほぼ同じです。違うのはお米の精米歩合と、純米か、純米で無いかの2点のみです。では、順に説明して行きます。原料米は山田錦。精米歩合は40%。自社で精米されています。酵母はこのお酒も9号系の山形酵母KAときょうかい1801号のブレンド。低温でジックリ発酵された醪(もろみ)を袋に詰め、ひもで括って吊るします。袋からポタリポタリと垂れる雫を集めたのが「純米大吟醸の袋吊り」です。リンゴのような爽やかで甘い香り、透明感があって、美しい余韻が長く続く点は大吟醸とほぼ同じ。違うのは、やや大吟醸の方が香りが鮮烈なのと、純米の方が味わいにややボリュームがあるという点です。どちらも美しいお酒であることには違いはございません。大吟醸か、純米大吟醸か。後は皆様のお好みでお選び下さいませ。出来ればどちらもよろしくお願い致します。製品仕様商品名【木箱入】東光 純米大吟醸袋吊り 1800ml 小嶋総本店 日本酒 地酒 山形県お酒の種類日本酒内容量1800ml原材料山田錦スペック純米大吟醸アルコール16度保存方法静かな冷暗所製造元小嶋総本店(山形県米沢市本町二丁目2-3)

【箱入】東光 大吟醸 山田錦 1800ml 小嶋総本店 日本酒 地酒 山形県

佐野屋JIZAKE 楽天市場店

7,560

【箱入】東光 大吟醸 山田錦 1800ml 小嶋総本店 日本酒 地酒 山形県

《インターナショナルワインチャレンジ2014 第1位最高金賞受賞!》平成26年4月14日・15日「インターナショナルワインチャレンジ2014」の審査が行われ、「SAKE部門・吟醸酒・大吟醸酒の部」にて「【箱入】東光 大吟醸 山田錦」が最高金賞を受賞しました。《世界でNo.1に輝いた大吟醸!》テイスティングをした瞬間「これは絶対売れる!」と確信したお酒が「小嶋総本店(こじまそうほんてん)」の「東光(とうこう) 大吟醸 山田錦」です。華やかな香り、きれいな甘味、余韻。美しく流れるような味わいにたった一口で魅了されました!「東光」は2015年10月から佐野屋で新しく取り扱うことになった銘柄。その時のトップバッターは絶対このお酒!と決めていました。実はこのお酒、「2014年度IWC(インターナショナルワインチャレンジ)」の「SAKE部門」の「吟醸酒・大吟醸酒の部」でゴールドメダルに輝き、更にその中でもトップのトロフィーを獲得したお酒、言うなれば、「大吟醸の最高峰!」では、初めての商品ですので、「小嶋総本店」について簡単にご説明致します。詳細は蔵元紹介ページをご覧下さい。《米沢市の老舗蔵の2大ブランド「東光(とうこう)」と「洌(れつ)」》山形県米沢市を代表する酒蔵「小嶋総本店」は上杉家十五万石の城下町で400年以上の長きに渡り酒造りを行って来た老舗蔵です。代表銘柄は「東光」と、特約店限定商品の「洌」。華やかで甘味を持たせた柔らかい酒質のお酒が「東光」で、キリッと引き締まった中にも旨味を乗せたお酒が「洌」。どちらのお酒もお料理に寄り添うことを基本にした、まるで米沢の人に根付いた「おもてなしの心」がそのままお酒になったような優しい味わいです。《「東光」のトップバッターを務めることになった「大吟醸 山田錦」》「東光 大吟醸...

お酒・ドリンクのランキング

スポンサーリンク
スポンサーリンク