メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「杜氏」検索結果。

杜氏の商品検索結果全7,042件中1~60件目

あす楽
送料無料
本格焼酎黒瀬安光 桐箱入 送料無料S型麹 ネオマイセル吟醸麹本格芋焼酎 黒瀬安光1800ml 芋 28度桐箱入り【あす楽_土曜営業】【楽ギフ_包装】【楽ギフ_のし】【楽ギフ_のし宛書】【楽ギフ...

鹿児島蔵や

10,800

本格焼酎黒瀬安光 桐箱入 送料無料S型麹 ネオマイセル吟醸麹本格芋焼酎 黒瀬安光1800ml 芋 28度桐箱入り【あす楽_土曜営業】【楽ギフ_包装】【楽ギフ_のし】【楽ギフ_のし宛書】【楽ギフ...

ギフト対応 杜氏黒瀬安光の最高傑作年間限定製造 違いのわかる上質な焼酎「黒瀬 安光」 原料臭をやわらげて強い甘味とキレの 良い焼酎をつくる、S型麹を使用。 また、清酒用の黄麹(ネオマイセル麹)で、 従来よりも酵素力が高く、添え麹の効果が 優れているのが特徴です。 杜氏黒瀬安光が五十数年来の経験で自信 をもって造り上げたこだわりの焼酎。 「森伊蔵」「魔王」「村尾」と並ぶプレミア焼酎 年末になると例年売切れ続出!! お歳暮用として買い置きに、絶好のチャンス!! 杜氏黒瀬安光 「宝刀の逸品コーナー」はこちら現役黒瀬焼酎技術集団のトップに君臨し、芋焼酎業界では 「麹菌」を操ることで名人として名高く、全国的な逸材として 定評をえている。また、各地の蔵元の杜氏から技術的な相談も 受けるなど、「杜氏のなかの杜氏」とも称されている。 総杜氏黒瀬安光は焼酎づくりについて、こう語る 「子供を育てるのと同じ、現場では鼻歌を歌うような気分で 働いてほしいと思います。造る人が嫌々では飲む人もつまら ないでしょう。」と。。 十五歳の若さで蔵子となり、実の父『金次郎』から 受け継いだ技術と、今日に至るまでに築き上げてきた技術で、 機械化が進み、杜氏たちの経験に頼る焼酎造りが減りつつある現在でも 本来の焼酎造りの技術を、体で覚えている数少ない杜氏である。 また、平成12年に熊本国税局酒類鑑評会「優等賞」杜氏代表の 九州焼酎NO.1の座に輝いている オススメの限定焼酎

芳水 高柿木(たかがき)純米中取り無ろ過生原酒 1.8L【徳島県三好市 芳水酒造】

酒専門店 知多繁 楽天市場店

3,024

芳水 高柿木(たかがき)純米中取り無ろ過生原酒 1.8L【徳島県三好市 芳水酒造】

■ 商品説明 ■ 徳島県三好市 芳水酒造 このお酒は当店が加盟する「酒と食 匠の会」の特注ブランドです。 「高柿木」という名前は、奥播磨、芳水、そして今年「三光正宗」を最後に引退された名杜氏「高垣克正」の名前に由来しています。 高垣杜氏は「奥播磨」で杜氏を7年間務めたあと芳水に移ってきました。移籍にあたっては2〜3年のポイントリリーフのつもりでしたが、できるだけ芳水にとどまって欲しいとの思いから、有志で「高柿木」というブランドを立ち上げました。 「高柿木」は順調に育ち、結果19BYまでの6年間芳水に在籍することになりました。 岡山の「三光正宗」に移籍したことで、「高柿木」は廃番となりましたが、独り歩きを始めたブランドとロゴの格調高さ、書家「徳岡仏性坊」氏の筆による立ち姿の美しさなど、デザインとしての完成度の高さにも捨てがたい愛着がありました。 芳水で高垣杜氏の後を継いだ竹内杜氏はまだ40代とはいえ、池田高校を卒業後、芳水酒造に入り、岡田杜氏、山本杜氏、高垣杜氏と3人の杜氏のもとで修行を積んだ生え抜きのベテラン杜氏です。 杜氏になった後も、毎年熊本酒造研究所に出向いて研鑽に励むなど、洗練度にますます磨きがかかっています。 この度の高垣杜氏の引退に伴い、「高柿木」ブランドを再び復活させたいと当会が申し出たところ、蔵も竹内杜氏も快く応じてくれました。 米の旨味がしっかりと感じられ、かっちりとした骨格を持ったフルボディのお酒。 純米酒の仕込みの中から特別に良いタンクのものを選び、しかも中取り部分のみを瓶詰めしたまさに伝説の名杜氏の名を冠するにふさわしい旨口の純米酒です。商品代金の合計が16667円以上で送料無料! ただし1.8L 6本のご注文は16667円以下でも送料無料です。

本格焼酎 『初代黒瀬杜氏 黒瀬金次郎』1800ml 25度【楽ギフ_包装】【楽ギフ_のし】【楽ギフ_のし宛書】【楽ギフ_メッセ入力】

鹿児島蔵や

7,560

本格焼酎 『初代黒瀬杜氏 黒瀬金次郎』1800ml 25度【楽ギフ_包装】【楽ギフ_のし】【楽ギフ_のし宛書】【楽ギフ_メッセ入力】

ギフト対応 焼酎に良く合うおつまみコーナー 蔵やオリジナル 薩摩焼 黒千代香はこちら↓ 杜氏とは中国の酒を発明した伝説上の杜康という人の名を由来とし、麹造りもろみの発酵から、蒸留・製品の管理まで焼酎造りの全工程の仕事を請け負う専門の技術者 鹿児島県川辺郡笠沙町、薩摩半島の南部にある野間半島の小さな漁港と山に囲まれた段々畑の広がる風光明媚な土地、黒瀬集落から焼酎造りの技術を学ぶため琉球へと海を渡った。 沖縄の泡盛製造に使われていた黒麹をはじめて鹿児島の焼酎に利用し、焼酎の醸造技術の革新がはじまり、それまで数百年も停滞していた焼酎造りの技術がこの沖縄の黒麹で新しい活路を開いた。この立役者が「黒瀬金次郎」である。 杜氏の酒造技術は杜氏同士の間でもお互い秘密にしていたので、蔵子を選ぶのには親類とかごく親しい者だけに限られており、現代にまで封印されてきた「初代黒瀬杜氏 黒瀬金次郎」の秘伝の技術を復刻しようと、私(当店店長)が2年半かけて黒瀬安光杜氏に働きかけて、終に商品化することとなった。 黒瀬金次郎直伝の黒麹を主要麹にし、既成概念にとらわれず常に挑戦する「杜氏黒瀬安光」の宝刀である「ネオマイセル吟醸麹」を添え麹に使用し、清酒の90倍投入するなど正に画期的な焼酎が今ここに誕生した。 飲み心地はさらっとした清酒の味わいに加え、黒麹のコクがあり更にはキレがある、絶妙なバランスに仕上げてある。 飲んで頂ける方に、時代の時を越えて至福の時を体全体で感じて頂きたい、私(当店店長)がなぜここまで商品化に拘ったかがおわかり頂けると自信をもってお奨めいたします。 また、飲んで頂いた感想も頂ければ、幸いに存じます。「杜氏黒瀬安光」をお教えいたします。

お酒・ドリンクのランキング

スポンサーリンク
スポンサーリンク