メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「山崎 1923」検索結果。

山崎 1923の商品検索結果全16件中1~16件目

サントリーウイスキー 白角(角瓶) 40度 700ml

酒類の総合専門店 フェリシティー

1,340

サントリーウイスキー 白角(角瓶) 40度 700ml

1923年(大正12年)に国産ウイスキー事業を開始した寿屋の創業者、鳥井信治郎はスコットランドで本場のスコッチウイスキーの製造方法を学んだ竹鶴政孝を招聘し、工場建設や熟成など数年間の準備期間の末、1929年(昭和4年)にモルトウイスキーをベースとした初の本格的日本製ウイスキーとして、白札(今のサントリーホワイト)を発売した。 白札から期間を置くこと8年、1937年(昭和12年)10月8日に、亀甲模様の瓶に黄色いラベルを添えた上級ウイスキー「サントリーウイスキー12年」が発売された。 のちに角瓶と呼ばれるウイスキーである。 竹鶴主導での草創期から長らく貯蔵・蓄積された原酒をブレンディングベースに、鳥井の企画のもと、日本人好みの高級ウイスキーとして製造されたものであった。 その特徴ある角型の瓶の形から、愛飲者の間でいつしか「角瓶」「角」の愛称が定着し、1950年代に正式に「サントリー角瓶」と改称された。 ただし1990年代まで、ボトルに「角瓶」の名称は付いておらず、単に「サントリーウイスキー」を称していただけであった。 京都郊外・山崎でウイスキーづくりに取り組んですでに10数年。 これや!求め続けた日本オリジナルの個性は、サントリー創業者 鳥井信治郎の手についに姿を現わしました。 1937(昭和12)年、角瓶誕生。 以来、激動の70年を超えて不動。四角いボトルが、亀甲型の刻み模様が、確かな品質を物語り続けてきました。 サントリー 日本/京都府 モルト、グレーン ブレンデッドウイスキー 40% 700ml 淡麗タイプのモルト原酒に熟成グレーン原酒をブレンド。 キーモルトの白州ホッグスヘッド樽原酒及びライトタイプグレーン由来の、「淡麗」で「辛口」な味わい。 すっきりとキレの良い後味が特長です。 ...

サントリーウイスキー 角瓶 40度 700ml

酒類の総合専門店 フェリシティー

1,340

サントリーウイスキー 角瓶 40度 700ml

1923年(大正12年)に国産ウイスキー事業を開始した寿屋の創業者、鳥井信治郎はスコットランドで本場のスコッチウイスキーの製造方法を学んだ竹鶴政孝を招聘し、工場建設や熟成など数年間の準備期間の末、1929年(昭和4年)にモルトウイスキーをベースとした初の本格的日本製ウイスキーとして、白札(今のサントリーホワイト)を発売した。 白札から期間を置くこと8年、1937年(昭和12年)10月8日に、亀甲模様の瓶に黄色いラベルを添えた上級ウイスキー「サントリーウイスキー12年」が発売された。 のちに角瓶と呼ばれるウイスキーである。 竹鶴主導での草創期から長らく貯蔵・蓄積された原酒をブレンディングベースに、鳥井の企画のもと、日本人好みの高級ウイスキーとして製造されたものであった。 その特徴ある角型の瓶の形から、愛飲者の間でいつしか「角瓶」「角」の愛称が定着し、1950年代に正式に「サントリー角瓶」と改称された。 ただし1990年代まで、ボトルに「角瓶」の名称は付いておらず、単に「サントリーウイスキー」を称していただけであった。 京都郊外・山崎でウイスキーづくりに取り組んですでに10数年。 これや!求め続けた日本オリジナルの個性は、サントリー創業者 鳥井信治郎の手についに姿を現わしました。 1937(昭和12)年、角瓶誕生。 以来、激動の70年を超えて不動。四角いボトルが、亀甲型の刻み模様が、確かな品質を物語り続けてきました。 サントリー — 日本/京都府 モルト、グレーン ブレンデッドウイスキー 40% 700ml キーモルトの山崎バーボン樽原酒及びミディアムタイプグレーン由来の、甘やかな香り、厚みのあるまろやかなコクが特長。 ※ラベルのデザインやヴィンテージが掲載の画像と異なる場合がございます。ご了承ください。

サントリーウイスキー オールド43度 箱付 700ml

酒類の総合専門店 フェリシティー

1,632

サントリーウイスキー オールド43度 箱付 700ml

サントリーウイスキー オールド 43度 700ml サントリーウイスキー オールド 43度 箱付 700ml1923年(大正12年)に国産ウイスキー事業を開始した寿屋の創業者、鳥井信治郎はスコットランドで本場のスコッチウイスキーの製造方法を学んだ竹鶴政孝を招聘し、工場建設や熟成など数年間の準備期間の末、1929年(昭和4年)にモルトウイスキーをベースとした初の本格的日本製ウイスキーとして、白札(今のサントリーホワイト)を発売しました。1940年、山崎蒸溜所においてサントリーオールドが誕生。憧れの高級ウイスキーとして高い人気を誇り、人々からステータス的な存在として愛されました。さらに1946年にトリスウイスキーを発売。戦後の洋酒ブームの火付け役となりました。従来は1960年代に若者であった層に愛飲者が多かったが、2003年にラインナップを一新、新たな若者層にも愛飲者を拡大させています。 シェリー樽原酒の深い香りと味わい ザ・サントリーオールドのキーモルト「山崎シェリー樽モルト」を贅沢にブレンドしました。 金色が煌く上品なラベルデザイン。ザ・オールドのボトルのアイデンティティはそのままに、ラベルにはTHE・Premiumを煌く金色で印象的にあしらいました。 優しく上品なプレミアム感が「ひとつ上のザ・オールド」を楽しむ上質な夜を演出します。 サントリー 日本 モルト、グレーン ブレンデッドウイスキー 43% 700ml 深い甘みのある華やかな香りの中に芳醇で滑らかな口当たりを感じられる、まさにリッチテイストです。 ※ラベルのデザインやヴィンテージが掲載の画像と異なる場合がございます。ご了承ください。

【包装不可】 サントリーウイスキー オールド 43度 700ml

酒類の総合専門店 フェリシティー

1,632

【包装不可】 サントリーウイスキー オールド 43度 700ml

サントリーウイスキー オールド 43度 700ml サントリーウイスキー オールド 43度 箱付 700ml1923年(大正12年)に国産ウイスキー事業を開始した寿屋の創業者、鳥井信治郎はスコットランドで本場のスコッチウイスキーの製造方法を学んだ竹鶴政孝を招聘し、工場建設や熟成など数年間の準備期間の末、1929年(昭和4年)にモルトウイスキーをベースとした初の本格的日本製ウイスキーとして、白札(今のサントリーホワイト)を発売しました。1940年、山崎蒸溜所においてサントリーオールドが誕生。憧れの高級ウイスキーとして高い人気を誇り、人々からステータス的な存在として愛されました。さらに1946年にトリスウイスキーを発売。戦後の洋酒ブームの火付け役となりました。従来は1960年代に若者であった層に愛飲者が多かったが、2003年にラインナップを一新、新たな若者層にも愛飲者を拡大させています。 シェリー樽原酒の深い香りと味わい ザ・サントリーオールドのキーモルト「山崎シェリー樽モルト」を贅沢にブレンドしました。 金色が煌く上品なラベルデザイン。ザ・オールドのボトルのアイデンティティはそのままに、ラベルにはTHE・Premiumを煌く金色で印象的にあしらいました。 優しく上品なプレミアム感が「ひとつ上のザ・オールド」を楽しむ上質な夜を演出します。 サントリー 日本 モルト、グレーン ブレンデッドウイスキー 43% 700ml 深い甘みのある華やかな香りの中に芳醇で滑らかな口当たりを感じられる、まさにリッチテイストです。 ※ラベルのデザインやヴィンテージが掲載の画像と異なる場合がございます。ご了承ください。

【包装不可】 サントリーウイスキー 角瓶40度 1920mlペットボトル

酒類の総合専門店 フェリシティー

3,531

【包装不可】 サントリーウイスキー 角瓶40度 1920mlペットボトル

1923年(大正12年)に国産ウイスキー事業を開始した寿屋の創業者、鳥井信治郎はスコットランドで本場のスコッチウイスキーの製造方法を学んだ竹鶴政孝を招聘し、工場建設や熟成など数年間の準備期間の末、1929年(昭和4年)にモルトウイスキーをベースとした初の本格的日本製ウイスキーとして、白札(今のサントリーホワイト)を発売した。 白札から期間を置くこと8年、1937年(昭和12年)10月8日に、亀甲模様の瓶に黄色いラベルを添えた上級ウイスキー「サントリーウイスキー12年」が発売された。 のちに角瓶と呼ばれるウイスキーである。 竹鶴主導での草創期から長らく貯蔵・蓄積された原酒をブレンディングベースに、鳥井の企画のもと、日本人好みの高級ウイスキーとして製造されたものであった。 その特徴ある角型の瓶の形から、愛飲者の間でいつしか「角瓶」「角」の愛称が定着し、1950年代に正式に「サントリー角瓶」と改称された。 ただし1990年代まで、ボトルに「角瓶」の名称は付いておらず、単に「サントリーウイスキー」を称していただけであった。 京都郊外・山崎でウイスキーづくりに取り組んですでに10数年。 これや!求め続けた日本オリジナルの個性は、サントリー創業者 鳥井信治郎の手についに姿を現わしました。 1937(昭和12)年、角瓶誕生。 以来、激動の70年を超えて不動。四角いボトルが、亀甲型の刻み模様が、確かな品質を物語り続けてきました。 サントリー 京都府 モルト、グレーン ブレンデッドウイスキー 40% 1920ml キーモルトの山崎バーボン樽原酒及びミディアムタイプグレーン由来の、甘やかな香り、厚みのあるまろやかなコクが特長。 ※ラベルのデザインやヴィンテージが掲載の画像と異なる場合がございます。ご了承ください。

【包装不可】 サントリーウイスキー 白角(角瓶)40度 1920mlペットボトル

酒類の総合専門店 フェリシティー

3,531

【包装不可】 サントリーウイスキー 白角(角瓶)40度 1920mlペットボトル

1923年(大正12年)に国産ウイスキー事業を開始した寿屋の創業者、鳥井信治郎はスコットランドで本場のスコッチウイスキーの製造方法を学んだ竹鶴政孝を招聘し、工場建設や熟成など数年間の準備期間の末、1929年(昭和4年)にモルトウイスキーをベースとした初の本格的日本製ウイスキーとして、白札(今のサントリーホワイト)を発売した。 白札から期間を置くこと8年、1937年(昭和12年)10月8日に、亀甲模様の瓶に黄色いラベルを添えた上級ウイスキー「サントリーウイスキー12年」が発売された。 のちに角瓶と呼ばれるウイスキーである。 竹鶴主導での草創期から長らく貯蔵・蓄積された原酒をブレンディングベースに、鳥井の企画のもと、日本人好みの高級ウイスキーとして製造されたものであった。 その特徴ある角型の瓶の形から、愛飲者の間でいつしか「角瓶」「角」の愛称が定着し、1950年代に正式に「サントリー角瓶」と改称された。 ただし1990年代まで、ボトルに「角瓶」の名称は付いておらず、単に「サントリーウイスキー」を称していただけであった。 京都郊外・山崎でウイスキーづくりに取り組んですでに10数年。 これや!求め続けた日本オリジナルの個性は、サントリー創業者 鳥井信治郎の手についに姿を現わしました。 1937(昭和12)年、角瓶誕生。 以来、激動の70年を超えて不動。四角いボトルが、亀甲型の刻み模様が、確かな品質を物語り続けてきました。 サントリー 京都府 モルト、グレーン ブレンデッドウイスキー 40% 1920ml 淡麗タイプのモルト原酒に熟成グレーン原酒をブレンド。 キーモルトの白州ホッグスヘッド樽原酒及びライトタイプグレーン由来の、「淡麗」で「辛口」な味わい。 すっきりとキレの良い後味が特長です。 ...

【包装不可】 サントリーウイスキー 角瓶40度 2700ml(2.7L)ペットボトル

酒類の総合専門店 フェリシティー

4,720

【包装不可】 サントリーウイスキー 角瓶40度 2700ml(2.7L)ペットボトル

1923年(大正12年)に国産ウイスキー事業を開始した寿屋の創業者、鳥井信治郎はスコットランドで本場のスコッチウイスキーの製造方法を学んだ竹鶴政孝を招聘し、工場建設や熟成など数年間の準備期間の末、1929年(昭和4年)にモルトウイスキーをベースとした初の本格的日本製ウイスキーとして、白札(今のサントリーホワイト)を発売した。 白札から期間を置くこと8年、1937年(昭和12年)10月8日に、亀甲模様の瓶に黄色いラベルを添えた上級ウイスキー「サントリーウイスキー12年」が発売された。 のちに角瓶と呼ばれるウイスキーである。 竹鶴主導での草創期から長らく貯蔵・蓄積された原酒をブレンディングベースに、鳥井の企画のもと、日本人好みの高級ウイスキーとして製造されたものであった。 その特徴ある角型の瓶の形から、愛飲者の間でいつしか「角瓶」「角」の愛称が定着し、1950年代に正式に「サントリー角瓶」と改称された。 ただし1990年代まで、ボトルに「角瓶」の名称は付いておらず、単に「サントリーウイスキー」を称していただけであった。 京都郊外・山崎でウイスキーづくりに取り組んですでに10数年。 これや!求め続けた日本オリジナルの個性は、サントリー創業者 鳥井信治郎の手についに姿を現わしました。 1937(昭和12)年、角瓶誕生。 以来、激動の70年を超えて不動。四角いボトルが、亀甲型の刻み模様が、確かな品質を物語り続けてきました。 サントリー 京都府 モルト、グレーン ブレンデッドウイスキー 40% 2700ml(2.7L) キーモルトの山崎バーボン樽原酒及びミディアムタイプグレーン由来の、甘やかな香り、厚みのあるまろやかなコクが特長。 ※ラベルのデザインやヴィンテージが掲載の画像と異なる場合がございます。ご了承ください。

【包装不可】 サントリーウイスキー 白角(角瓶)40度 2700ml(2.7L)ペットボトル

酒類の総合専門店 フェリシティー

4,720

【包装不可】 サントリーウイスキー 白角(角瓶)40度 2700ml(2.7L)ペットボトル

1923年(大正12年)に国産ウイスキー事業を開始した寿屋の創業者、鳥井信治郎はスコットランドで本場のスコッチウイスキーの製造方法を学んだ竹鶴政孝を招聘し、工場建設や熟成など数年間の準備期間の末、1929年(昭和4年)にモルトウイスキーをベースとした初の本格的日本製ウイスキーとして、白札(今のサントリーホワイト)を発売した。 白札から期間を置くこと8年、1937年(昭和12年)10月8日に、亀甲模様の瓶に黄色いラベルを添えた上級ウイスキー「サントリーウイスキー12年」が発売された。 のちに角瓶と呼ばれるウイスキーである。 竹鶴主導での草創期から長らく貯蔵・蓄積された原酒をブレンディングベースに、鳥井の企画のもと、日本人好みの高級ウイスキーとして製造されたものであった。 その特徴ある角型の瓶の形から、愛飲者の間でいつしか「角瓶」「角」の愛称が定着し、1950年代に正式に「サントリー角瓶」と改称された。 ただし1990年代まで、ボトルに「角瓶」の名称は付いておらず、単に「サントリーウイスキー」を称していただけであった。 京都郊外・山崎でウイスキーづくりに取り組んですでに10数年。 これや!求め続けた日本オリジナルの個性は、サントリー創業者 鳥井信治郎の手についに姿を現わしました。 1937(昭和12)年、角瓶誕生。 以来、激動の70年を超えて不動。四角いボトルが、亀甲型の刻み模様が、確かな品質を物語り続けてきました。 サントリー 京都府 モルト、グレーン ブレンデッドウイスキー 40% 2700ml(2.7L) 淡麗タイプのモルト原酒に熟成グレーン原酒をブレンド。 キーモルトの白州ホッグスヘッド樽原酒及びライトタイプグレーン由来の、「淡麗」で「辛口」な味わい。 すっきりとキレの良い後味が特長です。 ...

【包装不可】 サントリーウイスキー 角瓶40度 4000ml(4L)ペットボトル

酒類の総合専門店 フェリシティー

6,596

【包装不可】 サントリーウイスキー 角瓶40度 4000ml(4L)ペットボトル

1923年(大正12年)に国産ウイスキー事業を開始した寿屋の創業者、鳥井信治郎はスコットランドで本場のスコッチウイスキーの製造方法を学んだ竹鶴政孝を招聘し、工場建設や熟成など数年間の準備期間の末、1929年(昭和4年)にモルトウイスキーをベースとした初の本格的日本製ウイスキーとして、白札(今のサントリーホワイト)を発売した。 白札から期間を置くこと8年、1937年(昭和12年)10月8日に、亀甲模様の瓶に黄色いラベルを添えた上級ウイスキー「サントリーウイスキー12年」が発売された。 のちに角瓶と呼ばれるウイスキーである。 竹鶴主導での草創期から長らく貯蔵・蓄積された原酒をブレンディングベースに、鳥井の企画のもと、日本人好みの高級ウイスキーとして製造されたものであった。 その特徴ある角型の瓶の形から、愛飲者の間でいつしか「角瓶」「角」の愛称が定着し、1950年代に正式に「サントリー角瓶」と改称された。 ただし1990年代まで、ボトルに「角瓶」の名称は付いておらず、単に「サントリーウイスキー」を称していただけであった。 京都郊外・山崎でウイスキーづくりに取り組んですでに10数年。 これや!求め続けた日本オリジナルの個性は、サントリー創業者 鳥井信治郎の手についに姿を現わしました。 1937(昭和12)年、角瓶誕生。 以来、激動の70年を超えて不動。四角いボトルが、亀甲型の刻み模様が、確かな品質を物語り続けてきました。 サントリー — 日本/京都府 モルト、グレーン ブレンデッドウイスキー 40% 4000ml(4L) キーモルトの山崎バーボン樽原酒及びミディアムタイプグレーン由来の、甘やかな香り、厚みのあるまろやかなコクが特長。 ※ラベルのデザインやヴィンテージが掲載の画像と異なる場合がございます...

【包装不可】 サントリーウイスキー白角(角瓶) 40度 4000ml(4L)ペットボトル

酒類の総合専門店 フェリシティー

6,670

【包装不可】 サントリーウイスキー白角(角瓶) 40度 4000ml(4L)ペットボトル

1923年(大正12年)に国産ウイスキー事業を開始した寿屋の創業者、鳥井信治郎はスコットランドで本場のスコッチウイスキーの製造方法を学んだ竹鶴政孝を招聘し、工場建設や熟成など数年間の準備期間の末、1929年(昭和4年)にモルトウイスキーをベースとした初の本格的日本製ウイスキーとして、白札(今のサントリーホワイト)を発売した。 白札から期間を置くこと8年、1937年(昭和12年)10月8日に、亀甲模様の瓶に黄色いラベルを添えた上級ウイスキー「サントリーウイスキー12年」が発売された。 のちに角瓶と呼ばれるウイスキーである。 竹鶴主導での草創期から長らく貯蔵・蓄積された原酒をブレンディングベースに、鳥井の企画のもと、日本人好みの高級ウイスキーとして製造されたものであった。 その特徴ある角型の瓶の形から、愛飲者の間でいつしか「角瓶」「角」の愛称が定着し、1950年代に正式に「サントリー角瓶」と改称された。 ただし1990年代まで、ボトルに「角瓶」の名称は付いておらず、単に「サントリーウイスキー」を称していただけであった。 京都郊外・山崎でウイスキーづくりに取り組んですでに10数年。 これや!求め続けた日本オリジナルの個性は、サントリー創業者 鳥井信治郎の手についに姿を現わしました。 1937(昭和12)年、角瓶誕生。 以来、激動の70年を超えて不動。四角いボトルが、亀甲型の刻み模様が、確かな品質を物語り続けてきました。 サントリー 日本/京都府 モルト、グレーン ブレンデッドウイスキー 40% 4000ml(4L) 淡麗タイプのモルト原酒に熟成グレーン原酒をブレンド。 キーモルトの白州ホッグスヘッド樽原酒及びライトタイプグレーン由来の、「淡麗」で「辛口」な味わい。 すっきりとキレの良い後味が特長です。 ...

サントリー 白州蒸溜所 シングルモルト 限定 箱付きSUNTORY HAKUSHU SINGLE MALT WHISKY  alc40% 300ml

札幌ワインショップ

10,584

サントリー 白州蒸溜所 シングルモルト 限定 箱付きSUNTORY HAKUSHU SINGLE MALT WHISKY alc40% 300ml

自然と共生する白州蒸溜所 1923年の山崎蒸溜所の建設着手から50周年を迎えた1973年、山崎蒸溜所とはタイプの異なる新たな原酒を求めて開設されたサントリー第2のウイスキー蒸溜所、それが白州蒸溜所です。 約82万平方メートル※ある敷地内には広大な森を有しており、野鳥の聖域・バードサンクチュアリの設置による愛鳥保護活動や森林保護に努めるなど、蒸溜所開設以来、南アルプス・甲斐駒ケ岳の麓に広がる豊かな大自然と共生しながら、世界でも珍しい高地に位置する「森の蒸溜所」として多彩な原酒をつくり分けてきました。 そして、「シングルモルトウイスキー白州」をはじめ、世界に誇る高品質のウイスキーを生み出し続けています。 ●白州の風土・気候 南アルプス・甲斐駒ケ岳の岩肌を削って山を駆け下る清冽な水が、尾白川や神宮川の流れとなり、麓に白い砂の扇状地をつくりました。白州とは、文字通り白い州の意味です。標高約700m、蒸溜所として世界でも稀な高地に立地する白州の澄んだ空気、広大な森の冷涼な気候が、白州ならではの上質なウイスキーの個性を育んでいます。 ●白州の名水 白州の良質な水は、まさに大自然の営みだけが創造できる天然水です。豊かな自然に囲まれたこの地は、全国でも有数の名水の地。南アルプスの山々をくぐり磨かれてきた水はキレの良い軟水で、白州蒸溜所で生まれるウイスキー原酒の貴重な仕込み水となっています。 モルトウイスキー原酒づくりは「仕込み」とよばれる糖化・ろ過工程からはじまります。麦芽を細かく砕き、温水とともに仕込槽へ。デンプンが糖分に変わり、これをゆっくりと時間をかけて濾過し、きれいに澄んだ麦汁をつくります。麦汁の味わいは仕込水に左右されます。だからこそ、サントリーは上質な天然水に恵まれた白州の地で、ウイスキーづくりを行っています。 麦汁を発酵槽に移し...

こちらの関連商品はいかがですか?

スポンサーリンク
スポンサーリンク