メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「七本槍」検索結果。
お客様が入力された検索条件に該当する商品が見つかりませんでした。

こちらの関連商品はいかがですか?

6本セット 大七酒造 大七 生もと 本醸造 1800ml×6本(福島県)

Amazon

13,200

6本セット 大七酒造 大七 生もと 本醸造 1800ml×6本(福島県)

【送料無料6本セット】製造元 大七酒造(株) 産地 [福島県] 味わいの特徴 バランスの良いコクとスッキリした洗練味を備えた味わい。古式伝承造りの本格派。 旨味を生かした香り高く切れの良いお酒 大七酒造株式会社 製造元 大七酒造(株) 産地 [福島県] 種別 本醸造 主要原料米 五百万石 精米歩合 扁平精米 アルコール度数 15.7% 容量 1800ml その他 日本酒度/+4 酸度/1.1 アミノ酸度/0.9 日経新聞『何でもランキング』 第一位、純米生もと 日経新聞の土曜版NIKKEIプラス1『何でもランキング』において、 “おせち料理によく合ってお燗にすると美味しい日本酒"の第一位に、 大七「純米生もと」が選ばれました。(12月24日朝刊) 二位以下に2倍以上の点差をつけて第一位に選ばれた「純米生もと」は、 審査員から「しっかりした味わいとコク」、 「サーモンのハラスなど脂ののった食べ物に合う」などと評されました。 福島県二本松市。名峰、安達太良山麓の美しい自然は、日本三井戸の一つ「日影の井戸」をはじめとする、豊かな名水をこの地に授けました。伝承によれば、清和源氏に連なる太田家は寛永年間(1624-1643)に伊勢国より三人兄弟で二本松に来住したといわれ、それぞれに酒造業を営み、やがて領内で最高格の商人となりました。明和の三郎兵衛好重、村上源氏の来歴をもつ安永の長左衛門豊春らが家勢を大いに盛り立て、好重の子、三良右衛門が分家し、宝暦二年(1752年)に現在の大七酒造を創業しました。これを始祖として、三代目以降は七右衛門を襲名するようになり、以後、十代目の今日まで、酒造り一筋に発展を遂げています。初期の酒銘「大山」は、後に七右衛門にちなむ「大七」と改称されました。大七酒造は、八代目七右衛門の時代に全国清酒品評会第一位など輝かしい...

大七 純米生もと 箱付き 大七酒造 福島県 720ml 1本

お酒の販売店 クラスタイル

1,370

大七 純米生もと 箱付き 大七酒造 福島県 720ml 1本

生酛造りの決定版と世評の高い大七の純米生酛。当代随一の名工たちが腕をふるいます。豊かなコクと旨味、酸味が完全に解け合い、後味のキレも良し。燗をつければつつみ込まれるような、心に染み入るおいしさです。1年熟成。月刊誌「dancyu」(1999年2月号)で日本一美味しいお燗酒に選ばれました。 『香りは、白い花や白桃のコンポートのような上品な香りに、ミネラル香、そして生酛特有のクリーム系の香りと、ほのかに海のヨードの香りを感じる。味わいは、まろやかでバランス良く、余韻に心地よい旨味と酸味がコクを与えている。』 (田崎真也氏・dancyu2001年3月号より) ◆日経新聞「何でもランキング」において、“おせち料理によく合ってお燗にすると美味しい日本酒"の第一位に選ばれました。 二位以下に2倍以上の点差をつけて第一位に選ばれた「純米生酛」は、審査員から「しっかりした味わいとコク」、「サーモンのハラスなど脂ののった食べ物に合う」などと評されました。 ⇒素敵な湯燗器とのセット、「おひとり燗」もお奨めです。【特別企画】 ◆2007年 地酒大SHOW 『お燗でじっくり飲みたいお酒』第一位 ◆2008年 地酒大SHOW 『お燗にして美味しい日本酒』ゴールド賞 ◆2009年 地酒大SHOW 『おせち料理と合う日本酒』プラチナ賞 ◆2010年 地酒大SHOW『夏こそ燗酒』プラチナ賞 ◆2011年 地酒大SHOW『酒の肴とピッタリ燗酒』プラチナ賞 ◎3度のプラチナ賞受賞で、ついに【殿堂入り】となりました。 商品説明商品名大七 純米生もと 特定名称純米酒蔵元 大七酒造 株式会社 生産地福島県二本松市アルコール度数15度原材料 米(国産)、米こうじ(国産) 内容量720ml販売元秋田屋商事株式会社名古屋市東...

大七純米生もと 720ml12本1ケース

米処うつくしま

15,900

大七純米生もと 720ml12本1ケース

生酛造りの決定版と世評の高い大七の純米生酛。当代随一の名工たちが腕をふるいます。豊かなコクと旨味、酸味が完全に解け合い、後味のキレも良し。燗をつければつつみ込まれるような、心に染み入るおいしさです。1年熟成。月刊誌「dancyu」(1999年2月号)で日本一美味しいお燗酒に選ばれました。 『香りは、白い花や白桃のコンポートのような上品な香りに、ミネラル香、そして生酛特有のクリーム系の香りと、ほのかに海のヨードの香りを感じる。味わいは、まろやかでバランス良く、余韻に心地よい旨味と酸味がコクを与えている。』 (田崎真也氏・dancyu2001年3月号より)   特別純米酒 原材料名 アルコール度数/15% 原材料/米・米麹 醸造元 大七酒造株式会社福島県二本松市竹田1-66 配送方法 宅配便(佐川急便/ヤマト運輸) 送料 お酒類の送料になります ページ下部、送料表をご覧ください ◆お酒・天然水(ドリンク)の送料は、商品ごとに設定してあります。フード(お米など)とドリンク(お酒など)は、同梱できません。大七純米生もと 生酛造りの決定版と世評の高い大七の純米生酛。当代随一の名工たちが腕をふるいます。豊かなコクと旨味、酸味が完全に解け合い、後味のキレも良し。燗をつければつつみ込まれるような、心に染み入るおいしさです。1年熟成。月刊誌「dancyu」(1999年2月号)で日本一美味しいお燗酒に選ばれました。 『香りは、白い花や白桃のコンポートのような上品な香りに、ミネラル香、そして生酛特有のクリーム系の香りと、ほのかに海のヨードの香りを感じる。味わいは、まろやかでバランス良く、余韻に心地よい旨味と酸味がコクを与えている。』 (田崎真也氏...

6本セット 大七酒造 大七 生もと純米酒 1800ml×6本(福島県)

Amazon

17,880

6本セット 大七酒造 大七 生もと純米酒 1800ml×6本(福島県)

【送料無料6本セット】製造元 大七酒造(株) 産地 [福島県] 味わいの特徴 蔵を代表する銘柄。熟成しら豊かなコクとなめらかな喉越し。燗上がりする酒。 旨味を生かした香り高く切れの良いお酒 大七酒造株式会社 製造元 大七酒造(株) 産地 [福島県] 種別 純米酒 主要原料米 五百万石 精米歩合 扁平精米 アルコール度数 14.7% 容量 1800ml その他 日本酒度/+0 酸度/1.6 アミノ酸度/1.3 日経新聞『何でもランキング』 第一位、純米生もと 日経新聞の土曜版NIKKEIプラス1『何でもランキング』において、 “おせち料理によく合ってお燗にすると美味しい日本酒"の第一位に、 大七「純米生もと」が選ばれました。(12月24日朝刊) 二位以下に2倍以上の点差をつけて第一位に選ばれた「純米生もと」は、 審査員から「しっかりした味わいとコク」、 「サーモンのハラスなど脂ののった食べ物に合う」などと評されました。 福島県二本松市。名峰、安達太良山麓の美しい自然は、日本三井戸の一つ「日影の井戸」をはじめとする、豊かな名水をこの地に授けました。伝承によれば、清和源氏に連なる太田家は寛永年間(1624-1643)に伊勢国より三人兄弟で二本松に来住したといわれ、それぞれに酒造業を営み、やがて領内で最高格の商人となりました。明和の三郎兵衛好重、村上源氏の来歴をもつ安永の長左衛門豊春らが家勢を大いに盛り立て、好重の子、三良右衛門が分家し、宝暦二年(1752年)に現在の大七酒造を創業しました。これを始祖として、三代目以降は七右衛門を襲名するようになり、以後、十代目の今日まで、酒造り一筋に発展を遂げています。初期の酒銘「大山」は、後に七右衛門にちなむ「大七」と改称されました。大七酒造は、八代目七右衛門の時代に全国清酒品評会第一位など輝かしい成果...

送料無料
【 6本セット】大七酒造 大七 生もと 本醸造 1800ml(福島県)

贈り物本舗じざけや

13,200

送料無料

【 6本セット】大七酒造 大七 生もと 本醸造 1800ml(福島県)

大七酒造 大七 生もと 本醸造 1800ml 味わいの特徴 バランスの良いコクとスッキリした洗練味を備えた味わい。古式伝承造りの本格派。 製造元 大七酒造(株) 産地 [福島県] 種別 普通酒 主要原料米 五百万石 精米歩合扁平精米 アルコール度数15.7% 容量1800ml その他日本酒度/+4 酸度/1.1 アミノ酸度/0.9 ○○○●○ 甘 口やや甘口普 通やや辛口辛 口旨味を生かした香り高く切れの良いお酒 大七酒造株式会社 福島県二本松市。名峰、安達太良山麓の美しい自然は、日本三井戸の一つ「日影の井戸」をはじめとする、豊かな名水をこの地に授けました。伝承によれば、清和源氏に連なる太田家は寛永年間(1624-1643)に伊勢国より三人兄弟で二本松に来住したといわれ、それぞれに酒造業を営み、やがて領内で最高格の商人となりました。明和の三郎兵衛好重、村上源氏の来歴をもつ安永の長左衛門豊春らが家勢を大いに盛り立て、好重の子、三良右衛門が分家し、宝暦二年(1752年)に現在の大七酒造を創業しました。これを始祖として、三代目以降は七右衛門を襲名するようになり、以後、十代目の今日まで、酒造り一筋に発展を遂げています。初期の酒銘「大山」は、後に七右衛門にちなむ「大七」と改称されました。大七酒造は、八代目七右衛門の時代に全国清酒品評会第一位など輝かしい成果を収め、今や稀少となった正統的醸造法「生もと造り」の全国随一の担い手として評価を確立しました。近年は米国や欧州でも高い評価を得るにいたっています。 日経新聞『何でもランキング』第一位、純米生もと日経新聞の土曜版NIKKEIプラス1『何でもランキング』において、“おせち料理によく合ってお燗にすると美味しい日本酒"の第一位に、大七「純米生もと」が選ばれました。(12月24日朝刊)...

スポンサーリンク
スポンサーリンク