メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「ワインシャトー」検索結果。

ワインシャトーの商品検索結果全16,400件中1~60件目

シャトー レヴァンジル

ワイン生活を応援する Wine-net

37,800

シャトー レヴァンジル

ドメーヌ・バロン・ド・ロートシルトがchラフィット・ロートシルトと共に所有しています。14haの畑は北をラ・コンセイヤント、ヴィユー・シャトーセルタン、ペトリュス、南をサンテミリオンのシュヴァルブランに境を接する素晴らしい立地。土壌は粘土と砂が混じった深い砂利質土壌。CHレヴァンジルの前身を設立したのは、リブルネ地区のレグリーヌ家。1862年~1990年までデュカス家が所有し、葡萄畑の再生と名声の復活に多大な努力を費やした。1990年、ドメーヌ・バロン・ド・ロートシルトがシャトーを購入。グランヴァンのセレクションにさらに磨きをかけ、セカンドワインを造り、植え替えにより葡萄の健康状態を強化する作業にも着手。2002年貯蔵庫の一部と醸造所の改修工事の完了で新体制が整いました。ワイン造りの伝統手法と現代的な手法(最良のもの)を組み合わたせたやり方が、醸造所での全ての作業に適用されています。伝統的なシャポー・フロタンを用いたセメントタンクでの発酵は徐々に衰退し、ポムロールの台地で育った葡萄から色素やタンニン、ブーケや豊潤さをあますところなく抽出するため、何度もティスティングをしながら、液循環とマセラシオン(果皮浸漬・かもし)を行うという、さらに伝統的な手法へと移っていきつつあります。品質的にはペトリュスやラフルールに比肩します。たっぷりのコクのある味わいです。Data Informationブランド名CHATEAU L'EVANGILE原産国フランス産地ボルドー格付け・クラスAOC(地区)色赤味わい重口容量750ml生産年2013ぶどう品種メルロー、カベルネ・フラン(ブルトン)、カベルネ・ソーヴィニヨン備考-

シャトー オーゾンヌ

ワイン生活を応援する Wine-net

172,800

シャトー オーゾンヌ

オーゾンヌとはローマ時代の詩人アウソニアスに由来します。アラン・ヴォーティエ氏が手掛ける秀逸なワイン。4世紀のローマの詩人アウソニウス(仏名オーゾンヌ)の別荘跡地にあります。オーゾンヌはデュボワ・シャロンとヴォーティエの2つの一族がパートナーとして所有していましたが、1990年半ばにヴォーティエ一族がシャトーを買い取り、単一所有者となりました。パスカル・デルベックにとって代わったのは、アラン・ヴォーティエで、ミシェル・ロランから醸造についてのアドバイスを受けています。1954年に行われたサンテミリオン地区の格付けでは、『シュヴァル・ブラン』と共に「第一特別級A」 に指定されている。できる限りよいワインをつくるための費用は惜しまず(例えば収量の低減、完熟したブドウの使用、タンクではなく、小樽でのマロラクティック発酵など)、その結果、ここの並外れたテロワールがよりよく表現されるワインが出来上がっています。アラン・ヴォーティエ氏の2011年産は今までの最高の一つで、2009年よりも良い仕上がりです。インキーで青紫色、クレームドカシス、プラムの香り、砕いた岩、アカシア、トリュフの香りがあります。フルボディで、純粋、リッチ、ベルベットなタンニン。これから30-40年は成熟します。Data Informationブランド名CHATEAU AUSONE原産国フランス産地ボルドー格付け・クラスサンテミリオン第1特別級A色赤味わい重口容量750ml生産年2011ぶどう品種カベルネ・フラン(ブルトン)、メルロー備考-

シャトー オーゾンヌ

ワイン生活を応援する Wine-net

270,000

シャトー オーゾンヌ

オーゾンヌとはローマ時代の詩人アウソニアスに由来します。アラン・ヴォーティエ氏が手掛ける秀逸なワイン。4世紀のローマの詩人アウソニウス(仏名オーゾンヌ)の別荘跡地にあります。オーゾンヌはデュボワ・シャロンとヴォーティエの2つの一族がパートナーとして所有していましたが、1990年半ばにヴォーティエ一族がシャトーを買い取り、単一所有者となりました。パスカル・デルベックにとって代わったのは、アラン・ヴォーティエで、ミシェル・ロランから醸造についてのアドバイスを受けています。1954年に行われたサンテミリオン地区の格付けでは、『シュヴァル・ブラン』と共に「第一特別級A」 に指定されている。できる限りよいワインをつくるための費用は惜しまず(例えば収量の低減、完熟したブドウの使用、タンクではなく、小樽でのマロラクティック発酵など)、その結果、ここの並外れたテロワールがよりよく表現されるワインが出来上がっています。深みのある紫色、アカシアの花々、ブルーベリー、の華やかなアロマを醸し出しています。新樽率は100%、。飲み頃になるのにより時間がかかるとは思います。約1200ケース生産のこのワインは20-50年くらい熟成させると真価を味わえることでしょう。Data Informationブランド名CHATEAU AUSONE原産国フランス産地ボルドー格付け・クラスサンテミリオン第1特別級A色赤味わい重口容量750ml生産年2009ぶどう品種カベルネ・フラン(ブルトン)、メルロー備考-

シャトー ディケム

ワイン生活を応援する Wine-net

145,800

シャトー ディケム

世界最高峰の甘口ワインCHディケム。1本のブドウの木からたった1杯のワインしか作らないと誇らしげに語られます。ソーテルヌ地方の中心部に位置し、たくさんの第一級シャトーに囲まれた畑を見下ろす小さい丘の頂きに広がっています。1785年から1997年までの間、継続的に一族によって所有されていました。アレクサンドル・ドゥ・リュール・サリュース伯爵は、1968年に叔父からこのシャトーを引き継ぎましたが、1997年に、モエ=ヘネシーに売り渡されました。2004年に管理はピエール・リュルトンの手にゆだねられ、シャトーの伝統は守られながら前進しています。ディケムでは、1本のブドウの木からたった1杯のワインしか作らないと誇らしげに語られます。独自の微気候を伴う完璧な立地条件。97kmにも及ぶパイプを用いた精巧な排水システムの設置。そして、経済的な損失やトラブルを度外視して、最も良質なワインだけを生産しようという確固たる信念。シャトー・ディケムが近隣の畑に比べてこれほど優れている大きな理由です。ソーテルヌ地方の中心部に位置するシャトーディケム。新樽の中で3年以上かけて熟成、全収量の20%が蒸発により失われ、最良の樽からだけ厳しく選別される。通常はそのヴィンテージの4年後に高級価格で出荷されるが、その最高の値札に値する数少ない高級価格ワインの1つ。Data Informationブランド名CHATEAU D'YQUEM原産国フランス産地ボルドー格付け・クラスソーテルヌ特別1級色白味わい極甘口容量750ml生産年2007ぶどう品種セミヨン、ソーヴィニヨン・ブラン備考-

シャトー ヴァランドロー

ワイン生活を応援する Wine-net

35,640

シャトー ヴァランドロー

ジャン・リュック・テュニュヴァン氏はガレージワインの先駆者。サンテミリオンのスーパースターです。ジャン・リュック・テュニュヴァンは、1988年ネゴシアン(ワイン業者)として会社を設立しました。サンテミリオンで優良なワイン業者として大成功を収め、以前より自分自身でワインをつくりたいと考えていた彼は、少しづつ数箇所のブドウ畑を買い集めていきました。そして1991年にテュニュヴァン夫妻の情熱を捧げたワイン、シャトー・ヴァランドローが初リリースされたのです。現在では所有畑ワインはもちろんのこと数々のコンサルタントも手掛け、著名なワインメーカーとして精力的に仕事をしています。ワイン作りには手間を惜しまず、手作業にこだわり、現代の手法を取り入れつつも、その自然を最大限に活かし、 きめ細やかに作業を行います。高級ワインやボルドーのみにこだわらず、美味しいワインにこだわり続けるテュニュヴァン夫妻に共感した生産者は数多く、 それらの生産者は今や世界のトップワイナリーを築き上げています。チョコレート、エスプレッソ、アジアのプラム・ソース、ブラックベリーおよびトーストの樽香が感じられます。サンテミリオンの格付け見直しにより、このヴィンテージからサンテミリオン特別級に昇格しました。それに伴い、この2012VTからラベルデザインも変更されています。Data Informationブランド名JEAN LUC THUNUVIN原産国フランス産地ボルドー格付け・クラスサンテミリオン第1特別級色赤味わい重口容量750ml生産年2014ぶどう品種メルロー、カベルネ・フラン(ブルトン)備考-

シャトー レヴァンジル

ワイン生活を応援する Wine-net

35,640

シャトー レヴァンジル

ドメーヌ・バロン・ド・ロートシルトがchラフィット・ロートシルトと共に所有しています。14haの畑は北をラ・コンセイヤント、ヴィユー・シャトーセルタン、ペトリュス、南をサンテミリオンのシュヴァルブランに境を接する素晴らしい立地。土壌は粘土と砂が混じった深い砂利質土壌。CHレヴァンジルの前身を設立したのは、リブルネ地区のレグリーヌ家。1862年~1990年までデュカス家が所有し、葡萄畑の再生と名声の復活に多大な努力を費やした。1990年、ドメーヌ・バロン・ド・ロートシルトがシャトーを購入。グランヴァンのセレクションにさらに磨きをかけ、セカンドワインを造り、植え替えにより葡萄の健康状態を強化する作業にも着手。2002年貯蔵庫の一部と醸造所の改修工事の完了で新体制が整いました。ワイン造りの伝統手法と現代的な手法(最良のもの)を組み合わたせたやり方が、醸造所での全ての作業に適用されています。伝統的なシャポー・フロタンを用いたセメントタンクでの発酵は徐々に衰退し、ポムロールの台地で育った葡萄から色素やタンニン、ブーケや豊潤さをあますところなく抽出するため、何度もティスティングをしながら、液循環とマセラシオン(果皮浸漬・かもし)を行うという、さらに伝統的な手法へと移っていきつつあります。品質的にはペトリュスやラフルールに比肩します。たっぷりのコクのある味わいです。Data Informationブランド名CHATEAU L'EVANGILE原産国フランス産地ボルドー格付け・クラスAOC(地区)色赤味わい重口容量750ml生産年2014ぶどう品種メルロー、カベルネ・フラン(ブルトン)、カベルネ・ソーヴィニヨン備考-

シャトー レヴァンジル

ワイン生活を応援する Wine-net

37,800

シャトー レヴァンジル

1990年、ドメーヌ・バロン・ド・ロートシルトがシャトーを購入。ポムロールで最良のシャトーの一つ。CHレヴァンジルの前身を設立したのは、リブルネ地区のレグリーヌ家。1862年~1990年までデュカス家が所有し、葡萄畑の再生と名声の復活に多大な努力を費やした。1990年、ドメーヌ・バロン・ド・ロートシルトがシャトーを購入。グランヴァンのセレクションにさらに磨きをかけ、セカンドワインを造り、植え替えにより葡萄の健康状態を強化する作業にも着手。2002年貯蔵庫の一部と醸造所の改修工事の完了で新体制が整いました。ワイン造りの伝統手法と現代的な手法(最良のもの)を組み合わたせたやり方が、醸造所での全ての作業に適用されています。伝統的なシャポー・フロタンを用いたセメントタンクでの発酵は徐々に衰退し、ポムロールの台地で育った葡萄から色素やタンニン、ブーケや豊潤さをあますところなく抽出するため、何度もティスティングをしながら、液循環とマセラシオン(果皮浸漬・かもし)を行うという、さらに伝統的な手法へと移っていきつつあります。ドメーヌ・バロン・ド・ロートシルトはエリック男爵の情熱的なリーダーシップとそのチームメンバーのもとで繁栄してきました。良質のワインを生み出すため、最良の土壌に熟練の技を注ぎ込もうと常に努力し続けています。アタックは上質で絹のようになめらかで、丸みを帯びたタンニンが心地よい。カシスやブラックチェリーなど、黒系の果実の香りが楽しめます。果実味に富んだ見事な余韻も魅力です。Data Informationブランド名CHATEAU L'EVANGILE原産国フランス産地ボルドー格付け・クラスAOC(地区)色赤味わい重口容量750ml生産年2012ぶどう品種メルロー、カベルネ・フラン(ブルトン)、カベルネ・ソーヴィニヨン備考-

シャトー オーゾンヌ

ワイン生活を応援する Wine-net

324,000

シャトー オーゾンヌ

オーゾンヌとはローマ時代の詩人アウソニアスに由来します。アラン・ヴォーティエ氏が手掛ける秀逸なワイン。4世紀のローマの詩人アウソニウス(仏名オーゾンヌ)の別荘跡地にあります。オーゾンヌはデュボワ・シャロンとヴォーティエの2つの一族がパートナーとして所有していましたが、1990年半ばにヴォーティエ一族がシャトーを買い取り、単一所有者となりました。パスカル・デルベックにとって代わったのは、アラン・ヴォーティエで、ミシェル・ロランから醸造についてのアドバイスを受けています。1954年に行われたサンテミリオン地区の格付けでは、『シュヴァル・ブラン』と共に「第一特別級A」 に指定されている。できる限りよいワインをつくるための費用は惜しまず(例えば収量の低減、完熟したブドウの使用、タンクではなく、小樽でのマロラクティック発酵など)、その結果、ここの並外れたテロワールがよりよく表現されるワインが出来上がっています。1500ケース生産された美しいワインは、エキゾティックな香り、アジアンスパイス香、ブルーベリー、ミネラル分と同様なマジカルな凝縮感。半世紀は楽しめるもの。Data Informationブランド名CHATEAU AUSONE原産国フランス産地ボルドー格付け・クラスサンテミリオン第1特別級A色赤味わい重口容量750ml生産年2010ぶどう品種カベルネ・フラン(ブルトン)、メルロー備考-

シャトー オーゾンヌ

ワイン生活を応援する Wine-net

145,800

シャトー オーゾンヌ

オーゾンヌとはローマ時代の詩人アウソニアスに由来します。アラン・ヴォーティエ氏が手掛ける秀逸なワイン。4世紀のローマの詩人アウソニウス(仏名オーゾンヌ)の別荘跡地にあります。オーゾンヌはデュボワ・シャロンとヴォーティエの2つの一族がパートナーとして所有していましたが、1990年半ばにヴォーティエ一族がシャトーを買い取り、単一所有者となりました。パスカル・デルベックにとって代わったのは、アラン・ヴォーティエで、ミシェル・ロランから醸造についてのアドバイスを受けています。1954年に行われたサンテミリオン地区の格付けでは、『シュヴァル・ブラン』と共に「第一特別級A」 に指定されている。できる限りよいワインをつくるための費用は惜しまず(例えば収量の低減、完熟したブドウの使用、タンクではなく、小樽でのマロラクティック発酵など)、その結果、ここの並外れたテロワールがよりよく表現されるワインが出来上がっています。オーゾンヌとはローマ時代の詩人アウソニアスに由来します。サンテミリオン村の石灰岩の丘の有利な場所に位置。アラン・ヴォーティエ氏が、収量の低減、完熟したブドウの使用、小樽でのマロラクティック発酵など惜しみない手間をかけて、素晴らしいワインを造っています。Data Informationブランド名CHATEAU AUSONE原産国フランス産地ボルドー格付け・クラスサンテミリオン第1特別級A色赤味わい重口容量750ml生産年2012ぶどう品種カベルネ・フラン(ブルトン)、メルロー備考-

シャトー ディケム

ワイン生活を応援する Wine-net

145,800

シャトー ディケム

世界最高峰の甘口ワインCHディケム。1本のブドウの木からたった1杯のワインしか作らないと誇らしげに語られます。ソーテルヌ地方の中心部に位置し、たくさんの第一級シャトーに囲まれた畑を見下ろす小さい丘の頂きに広がっています。1785年から1997年までの間、継続的に一族によって所有されていました。アレクサンドル・ドゥ・リュール・サリュース伯爵は、1968年に叔父からこのシャトーを引き継ぎましたが、1997年に、モエ=ヘネシーに売り渡されました。2004年に管理はピエール・リュルトンの手にゆだねられ、シャトーの伝統は守られながら前進しています。ディケムでは、1本のブドウの木からたった1杯のワインしか作らないと誇らしげに語られます。独自の微気候を伴う完璧な立地条件。97kmにも及ぶパイプを用いた精巧な排水システムの設置。そして、経済的な損失やトラブルを度外視して、最も良質なワインだけを生産しようという確固たる信念。シャトー・ディケムが近隣の畑に比べてこれほど優れている大きな理由です。2010年は10月14日から10日間以上掛けて収穫しました。スライスアプリコット、クレメンティーン、はちみつ、白い花の敏感な香、花束を定義する基本的なミネラル香がある。オレンジの花、石灰岩、白桃、およびスイカズラ。これぞまさにディケムです。Data Informationブランド名CHATEAU D'YQUEM原産国フランス産地ボルドー格付け・クラスソーテルヌ特別1級色白味わい極甘口容量750ml生産年2010ぶどう品種セミヨン、ソーヴィニヨン・ブラン備考-

シャトー ムートン ロートシルト2013 ☆

東急百貨店

54,000

シャトー ムートン ロートシルト2013 ☆

【生産者情報】100年以上も変更されることのなかった1855年のメドックの格付け。それを覆し、第1級に格上げされた唯一のシャトーが、このシャトー・ムートン・ロートシルトです。ユダヤ系の大富豪ロスチャイルド家がこのシャトーを買収したのは、1853年のこと。ところが、その2年後のメドックの格付けで、必ず1級を取ると思われていたムートンは、2級に格付けされてしまいました。これに奮起したロスチャイルド家は、「1級にはなれないが2級には甘んじれぬ、ムートンはムートンなり」と言い放ち、畑、醸造技術、熟成方法などに改良を加え、1級になるために様々な働きかけを行ってきました。118年後の1973年、4世代にわたる努力の末、 シャトー・ムートンは悲願の昇格を果たします。その時、「われ1級になりぬ、かつて2級なりき、 されどムートンは昔も今も変わらず」という名句を残したという、有名な逸話が残されています。毎年変わるアートラベルや、ロバート・モンダヴィ氏とオーパス・ワンという夢のワインを生み出したりと、ジョイントベンチャーを成功させ、ワイン界の序列を塗り替えたと言われるほどです。世界で最も高いブランド力を持つワインと言えるでしょう。【ワイン情報】シャトー・ムートン・ロートシルトは5大シャトーの中では、最も豪勢なワインと言われ、カベルネ・ソーヴィニヨンの比率が高く、飲み頃になるまでに時間がかかる長期熟成型のワインといえます。2013年は不安定な天候が続きましたが、結果的に果実の熟度は均質に高まりました。カベルネは今後が楽しみな仕上がりで、糖分量も十分にあり、ポテンシャルの高い酸を含むブドウに成熟しました。ブドウの収穫量は過去40年で最も少ない年のひとつながら、厳格な選定により、高い品質が保たれました。毎年変わるアートラベルにコレクターが多いことでも知られてお...

シャトー フィジャック

ワイン生活を応援する Wine-net

59,400

シャトー フィジャック

ローマ時代フィジャックスという人物がこの土地に別荘を建てたことが、このシャトーの名前に由来です。フィジャックの歴史は非常に古く、少なくとも紀元前2世紀ほど前まで遡ることができます。ローマ時代フィジャックスという人物がこの土地に別荘を建てたことが、このシャトーの名前に由来です。フィジャックは実に500人以上もの間、同一族の所有であり、その広さは18世紀後半までは実に200haもありました。残念ながら、19世紀に入り、何度か売りに出され、引き継いだオーナー達は非常にたくさんの土地を切り売りし、現在は37haとなっています。サンテミリオンのワイナリーのほとんどは石灰質土壌に理想的なメルローを植え、カベルネ・フランをできるだけ少なくしようとします。CHフィジャックはそのすばらしい砂利質土壌を活かして、ブドウは全く異なったブレンドをしています。カベルネ・フランとカベルネ・ソーヴィニヨンが、35%ずつ、そして、メルローは30%のみです。このブドウの独自のブレンドこそがCHフィジャックが サンテミリオンの中で、最もメドックらしいと言われる所以となっています。 シャトーフィジャックはシュヴァル・ブランから来る道の対角線上にある砂礫質の高台に位置している。ルビー色で豊かな果実味があり、メンソール、ハーブ、西洋杉、黒系果実の際立った香りのある、早熟でしなやかな、魅力的なワイン。Data Informationブランド名CHATEAU FIGEAC原産国フランス産地ボルドー格付け・クラスサンテミリオン第1特別級色赤味わい重口容量750ml生産年2010ぶどう品種カベルネ・フラン(ブルトン)、カベルネ・ソーヴィニヨン、メルロー備考-

シャトー シュヴァル ブラン2009 ☆

東急百貨店

144,828

シャトー シュヴァル ブラン2009 ☆

【生産者情報】サン・テミリオンの格付けでトップに君臨する、第一特別級A。2012年に、シャトー・パヴィとシャトー・アンジェリュスが特別級Aに加わりますが、それまではシュヴァル・ブランとオーゾンヌの2つのシャトーだけが認められていました。まさに右岸シャトーの頂点と言えるシュヴァル・ブランとオーゾンヌ。ともにサン・テミリオンの二翼として存在していますが、両者の性格は明らかに異なります。そもそもサン・テミリオンの地域は土壌の異なる二つの地域で大きく二つに分類されます。ひとつはコート(台地の意)地域と呼ばれ、粘土石灰質の土壌でメルロの栽培に適しており、シャトー・オーゾンヌを含む第一特別級のほとんどのシャトーがこちらに属します。もう一つはグラーヴ(砂利の意)地域と呼ばれ、砂利質のためカベルネ・フランがよく栽培されています。シュヴァル・ブランはこちらに属します。【ワイン情報】カベルネ・フランを多く使用したことによって現れる、コクと力強い味わいがこのシャトーの真骨頂。さらにポムロルのレヴァンジルやコンセイヤントと溝一つの距離のため、ポムロルに近い、リッチでねっとりとした酒質。こうした個性がシュヴァル・ブランにしか出せない独特な味わいを生み出します。【味わい】美しいルビーレッドの色調。グラスに注ぐとブラックベリーやプラム、ダークチェリー、ラズベリーなど赤・黒系果実のアロマとともに、アニスのようなスパイスのニュアンスが感じられます。シルキーなタンニンと完熟したブドウ由来の凝縮感のある果実味とのバランスが見事で、飲む者を魅了するような1本です。

シャトー酒折 甲州ドライ[2017] 720ml

ワインマルシェまるやま

1,512

シャトー酒折 甲州ドライ[2017] 720ml

国産ワインコンクール2014 三冠達成! 金賞・部門最高賞・コストパフォーマンス賞 SAKURA ウーマンズ・アワード2016 ゴールド! 2015ヴィンテージは伊勢志摩サミットのワーキングランチ、及び配偶者昼食会にも使用され、その話題性から瞬く間に完売してしまったワインです! 新ヴィンテージとなり、まさに待望の入荷です! 葡萄は健全なものを除梗破砕、酸化を防止するためドライアイスを利用した。風船型搾汁機で搾汁ののち、3日間果汁の澱と接触させることで果実の風味を引き出した後、12〜15℃で2週間発酵。その後直ちに粗く澱引きを行いFINE LEEのみで約4ヶ月間リーコンタクトを実施した。 キリッとした酸味でジューシーなワイン。柑橘類やリンゴの果実味が口中に広がり、喉越しが良く、酸味とほのかな果実味、そして甲州特有のほろ苦さが余韻として続きます。 繊細な和食との相性は素晴らしく、特に天ぷらや刺身、鍋物と良く合います。 - 料理との相性 - 刺身、寿司、天ぷら、ポン酢仕立ての鍋物や酢の物、そして味噌などの和の調味料ととても合います。 甲州自身が強い自己主張をしないので野菜の煮物などでも素材の味わいを損なうことがなく、素材の味を活かした繊細な和食全般によく合います。

ベルジュラック・メッツォ[2016]/シャトー・デ・ゼサール

ワインマルシェまるやま

1,360

ベルジュラック・メッツォ[2016]/シャトー・デ・ゼサール

2016ヴィンテージです。Mezzo (メッツォ)とは、音楽用語で「やや」とか「少し」という意味で、音楽好きで、仲間と演奏を楽しむパスカルならではの命名です。メルロのみで造られています。収穫は夜間に機械で行います。ベルジュラック ルージュ(FA-236)と同じ工程で造られます。違いは熟成方法です。発酵前に、5日間スキンコンタクトを行います。28度に保ちながら、ステンレスタンクで発酵します。50%に3年樽、50%にタンクを使用しています。 リアルワインガイド 52号 お〜出ました!見事すぎる旨安ワイン、ここにあり目色も液体も濃いけれど、飲み心地はとっても柔らか。各要素はたっぷり詰まっているのにパワーをあけっぴろげに放出してこないので、全<飲み疲れることがない。清潔感に溢れた果実味はジューシーだしミネラルもきっちり、と見事な味わいを楽しめる。どこかナチュラル感が漂う、日本専用キュヴエ。超・超オススメ!つてことで、祝・表紙ワイン目なお、推薦された2012年は市場にはほぼなくて現在は2014年(2013年は造られていない)に切り替わっている。その14年を編集部で試飲したが、12年同等またはそれ以上の 品質だっ! 今飲んで89 ポテンシャル90 飲みごろ予想 今〜2035年1984年にパスカル キュセイとローラン キュセイの兄弟が両親とワイン造りを始めました。現在、40haの葡萄園を所有、赤用が19ha、白用が21haです。土壌は石灰岩と粘土質で、収穫量を抑えています。2006年 春 7年振りに訪問したパスカル キュセイは、自信を持ってこう語ってくれました。『私はワイン造りでは絶対に金持ちにならないし、なれない。なぜなら、こんなハイコストパーフォーマンスのワインをこの地域で他に誰が造っているのだろうか?それが私の絶対的自信No.1である...

シャトー・デ・ゼサール・ルージュ[2015] (AOCベルジュラック)

ワインマルシェまるやま

1,296

シャトー・デ・ゼサール・ルージュ[2015] (AOCベルジュラック)

2015ヴィンテージです。RWG掲載は2010です。 今回、南西部で推薦されたのはこの一本。重量級の香りにちょっとたじろぐが、□にすると思ったよりも柔らかく重みもない。しっかりとした骨格の中で果実味が自由に動きまわっている感じで、甘みと酸味の量は適切。ただ、タンニンが多めなので今はちょっと表情は厳しめ。無骨なんだけど温もりがあって、手造り感溢れる素朴な味わいと雰囲気もなんだかイイ。きっと職人気質の良い人が造っているんだろうと、勝手に想像してみたりする。 今飲んで87+ ポテンシャル87+ 飲みごろ予想 2014〜2030 リアルワインガイド40号1984年にパスカル キュセイとローラン キュセイの兄弟が両親とワイン造りを始めました。現在、40haの葡萄園を所有、赤用が19ha、白用が21haです。土壌は石灰岩と粘土質で、収穫量を抑えています。2006年 春 7年振りに訪問したパスカル キュセイは、自信を持ってこう語ってくれました。『私はワイン造りでは絶対に金持ちにならないし、なれない。なぜなら、こんなハイコストパーフォーマンスのワインをこの地域で他に誰が造っているのだろうか?それが私の絶対的自信No.1である。それが出来るのは、私がワインの仕事自体がとても好きだからであり、また職人にはなれるがビジネスマンにはなれないからだ。21世紀はもうテクノロジーの時代ではない!そもそも私のワインはテクノ ロジーに頼らない!そのために葡萄造りにひたすら専念する。つまり化学肥料を一切使わないで畑の土にできる限り手をかける。それが私の意味する自然を尊重することに他ならない。私は、ワイン造りは90%が自然の力によるものだと信じている。そして残りの10%は理解できない未知の部分を持つ。私にはその10%の未知の世界が面白くてしかたがない。...

シャトー・プティ・フレロン・キュヴェ・サラ[2015](AOCボルドー・スペリュール)

ワインマルシェまるやま

1,706

シャトー・プティ・フレロン・キュヴェ・サラ[2015](AOCボルドー・スペリュール)

ヴィンテージが2015に変わりました!これまた旨いです! 出ました!優れもの旨安ボルドー!!これは文句なしの美味しさ。香りからして高級感たっぷり。どこか涼やかさを感じる果実味にほどよい分量の樽香が絡んで、ふくよかさを演出。樽遣いが上手いなぁという印象で、そこにこのシャトーのセンスの良さを感じる。時間とともに甘みがアップすると、そこからかつお節系のうま味も感じられるようになり、美味しさが止まらない。ボルドー、やっぱりやるなぁ、と思わせてくれるワインなのです。 今飲ん88+ ポテンシャル89 飲みごろ予想 今〜2037 リアルワインガイド60号 ■A.O.C.ボルドー・スペリュール ■ブドウ品種:カベルネ・ソーヴィニヨン 75%、 メルロー 25% ■年産:120,000本 ■平均樹齢: 約25年 ■面積:17.5ha ■土壌:粘土石灰質 ■収量:48 hl/ha ■熟成:75%をオーク樽にて12カ月間熟成( 新樽比率25%、225L、フレンチオーク95%・アメリカンオーク5%)、25%を12カ月間ステンレスタンクにて12カ月熟成 コメント 凝縮感のある深い果実のアロマがあり、パワフルで複雑味のあるボディをしたワインです。ブラックベリー、完熟プラムなどの豊かな味わいがあり、質の良いタンニンを感じるリッチなボディをしています。肉料理やジビエ、鶏肉などとよく合います。

お酒・ドリンクのランキング

スポンサーリンク
スポンサーリンク