メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「テルモ」検索結果。

テルモの商品検索結果全17件中1~17件目

クロス・ロヘン [2016] (ポンセ)Clos Lojen [2016] (y Ponce) 【赤 ワイン】【スペイン】

Donguriano Wine

1,280

クロス・ロヘン [2016] (ポンセ)Clos Lojen [2016] (y Ponce) 【赤 ワイン】【スペイン】

マイナー産地、マンチュエラに彗星のごとく現れた“新世代"の造り手! スペインの新しい流れを象徴する醸造家、フアン・アントニオ・ポンセ氏により設立されたワイナリー。もともとは代々ブドウ畑を所有しブドウ栽培を行ってきた栽培農家で、ピエ・フランコ(接木をしていないフィロキセラ禍以前の樹)の畑を多く所有。ワイナリー設立以前は、共同組合にブドウを販売していました。 現在のワイナリーは、2005年、オーナー兼醸造家のフアン・アントニオ・ポンセ氏により設立。10代の頃から畑で父親の手伝いをしていたフアン・アントニオは、ワイン造りへのアイデンティティーも早くから発見します。14歳から18歳までをレケナの栽培・醸造学校で学び、地元イニエスタの協同組合での醸造アシスタントを経て、2001年から2006年までの間、テルモ・ロドリゲスのもとで働きます。13地域に及ぶワインのブドウ栽培、醸造、熟成、瓶詰めに至る全ての工程の責任者として活躍し、テルモの右腕として大きな成長を遂げた彼ですが、どんなときも故郷マンチュエラにある畑を忘れたことはありませんでした。 マンチュエラを愛しボバル種を知り尽くした注目の若手生産者、フアン・アントニオ・ポンセが造るフルーティなスタイルのクロス・ロヘン。バランスがよくとても飲みやすい。 ■Information ●生産国 スペイン ●地域 カスティーリャ・ラ・マンチャ地方 / マンチュエラD.O. ●ブドウ品種 ボバル 100% ●タイプ 赤・辛口・フルボディ ●醸造・熟成 醗酵:オーク樽醗酵(4500L、フレンチオーク新樽) オーク樽にてマロ・ラクティック醗酵(4500L、15000Lフレンチオーク) 熟成:オーク樽熟成 9カ月(40%は4500L、新樽、60%は600L) ●内容量 750ml ●オーガニック等の情報...

バサ[2016or2017]テルモ ロドリゲス(白ワイン)※ヴィンテージご指定不可

タカムラ ワイン ハウス

1,825

バサ[2016or2017]テルモ ロドリゲス(白ワイン)※ヴィンテージご指定不可

この価格では、秀逸! 『満足 』★時★分様 デイリーで飲める白を探していたところ、この味だ、と!フルーティーで辛口で軽すぎず、1本をあっという間に飲んでしまいました。また早いうちに買わなければ! バサは、スペイン北部、カスティーリャ・イ・レオン州ルエダの白ワインです。1970年代に始まった白ワイン改革で、ヴェルデホを使った白ワイン造りが最も盛んとなり、リアス・ヴァイシャスに次ぐ白ワイン生産地として注目されています。ヴェルデホ92%、ヴィウラ8%からなる、フルーティーで、フレッシュな味わいが魅力の爽やかな白です。特に、豊かな果実味はアペリティフにも向きます。アメリカでリリースされ、同じ『バサ』の名前で、 ソービニヨン・ブラン主体で造られている白ワインは、ロバート・パーカー氏が 87点を付けています。そして、なんと!アメリカで2番目に売れている白ワインとしての成功を遂げるほどとなりました。もしかして、このバサも、日本で2番目に売れている白ワインとなる日が来る?(その前には、沢山造ってもらわなければ…。)味わいは、フレッシュで果実味溢れており、白にもテルモ氏の実力が、ハッキリと表れています!スペインのワインだけど、フランス料理のビストロでも結構相性が良さそうです!◆産地:スペインのルエダ◆味わい:フレッシュ&フルーティーな中辛口・中口

テルモ・ロドリゲス・コレクション デヘサ・ガゴ  (スペイン・トロ地区産・赤ワイン)750ml

Amazon

1,980

テルモ・ロドリゲス・コレクション デヘサ・ガゴ (スペイン・トロ地区産・赤ワイン)750ml

Dehesa Gago 2016 Telmo Rodriguez デヘサ・ガゴ 2016 生産者 テルモ・ロドリゲス (スペイン・トロ地区産・赤ワイン・750ml) 醸造家テルモ・ロドリゲスは、 これまでリオハにあるレメユリで、父とともにワイン造りをして きましたが、意見の相違により自分自身で行うワイン造りへと進みました。 この時彼が目につけたのは、スペイン中では顧みられず、放って おかれた古木。それを買い取るのではなく、所有者に協力を求め、 醸造、熟成の設備を持ち込んでワイン造りをするというユニークな 方法です。つまり畑は借り物という訳です。 現在手掛けているのは、本拠地リオハを初め、リベラ・デル・ドゥエロ、 リオハ、ルエダ、トロ、マラガなどでも。また、畑の所有者のほう にも意識の高い人々がおり、これらのワインは、丁寧に守られた畑と古木、 そしてテルモの技術が生み出した共同制作と呼ぶことができます。 このデヘサ・ガゴは注目を浴びるトロ地区で造られます。 木苺やラズベリーのような香りと、やや甘さを感じる低めの酸味。 しっかりとしたアルコールが全体の印象を引き締めます。 ぶどう品種:テンプラニーリョ(ティント・フィノ)

こちらの関連商品はいかがですか?

[ Bruno Paillard ]  ブルーノ・パイヤール、ル・メニル 2010 コトー・シャンプノワ ( 白・スティルワイン ) 750ml/シャンパーニュ地方

Amazon

9,550

[ Bruno Paillard ] ブルーノ・パイヤール、ル・メニル 2010 コトー・シャンプノワ ( 白・スティルワイン ) 750ml/シャンパーニュ地方

世界の400軒を超えるミシュラン星付きレストランで愛飲されるブルーノ・パイヤール。 スティルワインの≪Le Mesnil Coteaux Champenois≫が垂直ヴィンテージで特別に初入荷! この中から2010ヴィンテージのご紹介 ブルーノ・パイヤール、2010 ル・メニル コトー・シャンプノワ 750ml 白 ●Bruno Paillard.2010 Le Mesnil Coteaux Champenois 750ml コトー・シャンプノワとは、フランス・シャンパーニュ地方で造られる非発泡の白ワインが名乗れるアペラシオン。 シャンパンが造られるまでは、シャンパーニュ地方でも普通の非発泡のスティルワインが造られておりましたが、 シャンパン・メソッドが確立以来、スティルワインは影をひそめておりました。 ブルーノ・パイヤールでは、近年ごく僅かながらこのスティルワインを造ってきました。 今回、日本に輸入された3ヴィンテージは、おそらく日本初登場と思われます。 非常にレアな存在! シャンパーニュ地方で古くからブドウ栽培家兼仲介業を営んでいた一家に生まれたブルーノ・パイヤールは、1981年自分自身のシャンパーニュメゾンを設立しました。 最も新しく、数少ない自営のシャンパーニュメゾンで、独立したメゾンとしては最も大きい規模を誇っています。 年間平均出荷量は45-50万本で、その80%が輸出されており、ヴィンテージとノンヴィンテージの高級キュヴェの生産を専門としています。 ジュエル・ロブションが惚れ込んだシャンパーニュであることは、有名です。

お酒・ドリンクのランキング

スポンサーリンク
スポンサーリンク