メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「シャトーパルメ」検索結果。

シャトーパルメの商品検索結果全63件中1~60件目

シャトー パルメ ヒストリカル 19thセンチュリー ブレンドNV ☆

東急百貨店

29,160

シャトー パルメ ヒストリカル 19thセンチュリー ブレンドNV ☆

【生産者情報】マルゴーアペラシオンのなかで、格付け第1級のシャトー・マルゴーに匹敵するのが、このシャトー・パルメ。1級と2級シャトーの間の価格帯で取引されており、それはボルドーのワイン商や海外の輸入業者、世界中の消費者がこのワインに高い価値を見出している証拠です。小塔のある印象的なパルメのシャトーは、小さなイッサン村の真ん中にあり、ボルドーのワイン街道のすぐ脇にたたずんでいます。 1995年からリュット・レゾネでブドウ栽培を行い、2004年から総支配人を務めているトーマス・デュロー氏がビオディナミに取り組み、2017年にビオディナミの認証を取得しました。力強くクラシックなスタイルだった頃と比べると、ピュアで優しい果実味を感じられるスタイルを表現しています。【ワイン情報】このヒストリカルは、19世紀のボルドーワインが酒質強化のため、エルミタージュのシラーをブレンドしていた時代を再現したものです。シラーがブレンドされることで、コート・デュ・ローヌとボルドーの魅力が合わさった独特の複雑味を持つ味わいに仕上がっています。【味わい】パルメのしなやかさと柔らかさはそのままに、シラー種の特有のしっかりとしたタンニンとタバコの葉の香りが加わり、下半身が強化された。パルメ特有の優雅さは損なわれていない。

シャトー・ドゥザック [2009]

Amazon

7,862

シャトー・ドゥザック [2009]

マルゴー村の超穴馬的ワインを限定入荷!!! ドゥザックにとって過去最高のPP92点です! ドゥザックはマルゴー村のワインですが、知らない方がたくさんいると思います。 それほどまでにマイナーなワインなのですが、実は美味しいんですよ! その事実を知ったのは1999年物です。 パルメと筆頭に、ディッサン、ブラーヌ・カントナック、ラスコンブ、デュ・テルトル、 など、かつてのシャトーが軒並み復活した年でもあります。 その中にドゥザックもありました。 しかし・・・あまりにもマイナーなため、ほとんど日本では取扱がありませんでした。 その頃、お手軽ワイン館ではかなり売れた記憶があります。 1998年以前は、正直マルゴー村の格付はあてになりませんでした。 でも、1999年のドゥザックは美味しかったんです。 2009年は、 是非、この機会にお試し下さい!!! パーカーポイント 92点 ドゥザックは、今までにこの様な良いワインを作った事があるだろうか? 2009年のドゥザックは、ルビー/パープルの色合いで、ふっくらとジューシーな テクスチャのクリーム状のスパイシーなオークと甘草、黒鉛のノートと 黒スグリの緻密で、ほぼ右岸のワインを思わせる、フルスロットルで 濃縮した驚くべき味わいだ。 向こう25年の間で楽しむと良いだろう。 飲み頃の続く期間 2012~2037年 Wine Advocate #199 (2012-02-29)より抜粋。

アルタ・エゴ・ド・パルメ 2008 フランス 赤ワイン 750ml ミディアムボディ寄りのフルボディ 辛口

Amazon

14,800

アルタ・エゴ・ド・パルメ 2008 フランス 赤ワイン 750ml ミディアムボディ寄りのフルボディ 辛口

ワインのにおける頂点産地ボルドーで、しばしば1級シャトーをも凌ぐ魅惑のワインを造る豪勢なシャトー。マルゴー村の第3級シャトーながら、評価において第2級を飛び越し、現状は1級と2級の間の価格で取引される準1級的ワイン[シャトー・パルメ]。そんな偉大なシャトーが『パルメのテロワールが表現するもう一つの形』とし、1998年ヴィンテージからリリースしたのが、パルメの黒地に金字を反転させた、金地に黒字の美しいデザインのセカンドラベル[アルタ・エゴ・ド・パルメ]。そのセカンドにつきましてシャトーは次のように解説しています。『パルメとアルタ・エゴは、シャトー・パルメのテロワールの持ち味を異なるニュアンスで表現した2つの形であり、収穫年の気候条件によって生じる変化を2通りに解釈したものともいえます。』『音楽にたとえるなら交響曲とジャズの編曲、絵画なら古典絵画とその現代バージョン、文学ならアレクサンドランと散文詩といったところでしょうか。』『アルタ・エゴが誕生したのは1998年。アルタ・エゴは、収穫ブドウの選別方法とアッサンブラージュにおける新しいアプローチの姿であり、繊細さとエレガンス、芳香の豊かさ、調和と余韻といった、パルメの名にふさわしい資質をあくまでも大切にしながら、シャトー・パルメのテロワールをもう一つ別の見方で表現したものといえます。』そして、その風味と特徴については、『力強い果実味、歯ごたえのあるジューシーな味わいのアルタ・エゴは、率直で天然の風味に満ちたワインです。熟成期間の終わり頃から、しなやかさとまろやかさを見せます。官能をくすぐる芳香と魅力的な舌触りのタンニンが、ボトル詰め後の最初の数年で、すでに楽しむことができます。』また、素材となるブドウの選び方や造りについては、『夏の終わりにブドウがゆっくりと成熟してゆく段階で...

送料無料
シャトー・デュルフォール・ヴィヴァン 2015 750ml【赤ワイン/辛口/フランス・ボルドー・マルゴー】【Chateau Durfort-Vivens】

Amazon

8,750

送料無料

シャトー・デュルフォール・ヴィヴァン 2015 750ml【赤ワイン/辛口/フランス・ボルドー・マルゴー】【Chateau Durfort-Vivens】

メドック格付け第2級のシャトー・デュルフォール・ヴィヴァン。マルゴー地区に本拠地を構え、格付け1級のシャトー・マルゴーや3級シャトー・パルメの畑とは隣接した、好ロケーションに位置します。 実はこのデュルフォール・ヴィヴァン、1937年にはシャトー・マルゴーに一度買収され配下に属しており、当時はデュルフォール・ヴィヴァンの名でワインはリリースされていませんでした。 ブドウは主にシャトー・マルゴーのセカンドワインであるパヴィヨン・ルージュ・ド・シャトー・マルゴーに使われており、マルゴー・ワインとしても長い歴史を持っています。 そのため、今でも味わいはシャトー・マルゴーに近い味わいと言われています。 1960年代に入りボルドーの名門リュルトン家がオーナーとなりますが、そこから一時期は長い低迷期に入ります。 転機が訪れたのは1992年。リュルトン家の息子ゴンザッグ・リュルトン氏がオーナーになってからです。彼はリュルトン一族の中でも特に先見の目を持った人物で知られています。 ゴンザッグ氏は現在もオーナーを務めていますが、彼に世代交代してからはセラーを一新。現代醸造を取り込んだモダンスタイルへと味わいも変化していきます。 1995年デュルフォール・ヴィヴァン名としてのヴィンテージを再リリース。見事復活を遂げました。 畑は丘に広がる痩せた深い砂利質の土壌。カベルネ・ソーヴィニヨンの比率が非常に高く80%を超える年もありますが、これは土壌と大きく関係しており、この砂利質に最も適した品種だからです。 近年はビオディナミ農法に力を入れ始め、2014年以降は100%ビオディナミを実践。2016年にはついに認証を取得。環境を意識し、ピュアでありながら力強いスタイルのワイン造りを目指しています。 【テイスティングコメント】...

送料無料
シャトー・ラネッサン 1998 750ml【赤ワイン/辛口/フランス・ボルドー】【Chateau Lanessan】

Amazon

3,800

送料無料

シャトー・ラネッサン 1998 750ml【赤ワイン/辛口/フランス・ボルドー】【Chateau Lanessan】

クリュ・ブルジョワ級ながら、その力はメドック格付け5級に匹敵するとロバート・パーカー氏も大絶賛している、大人気のシャトー・ラネッサン。 ラネッサンの歴史は長く、同じ一族の手によりずっと守られ続けており、もし格付けの見直しが行われれば、昇格は確実と予想されています。 場所はサンジュリアンに近いキューサック村。隣接する畑はグリュオー・ラローズやデュクリュ・ボーカイユなど格付け2級のシャトーに囲まれており、その条件の良さはお墨付きの、恵まれた土地。 水捌けが格段に良い砂利質の土壌では、樹齢平均30年前後のカベルネ・ソーヴィニヨンが主体となり育てられています。畑は年々拡大されており、年間2万ケースを超す大型生産ができる技量を誇っています。 1793年からシャトーを守り抜いている経営者がブティエ一族。ブティエ家といえば過去にはシャトー・パルメの株主となっていた事もあり、安定力には定評があります。 ラネッサンのワインは力強さが特徴的。カベルネ・ソーヴィニヨンの比率が高く、長命を持って熟成を遂げ、カベルネ・ソーヴィニヨンの特徴が良く出た味わいへと、仕上がっていきます。 【テイスティングコメント】 ややスパイシーなそのテイストは、炒ったハーブやブラックカラントの香りに溢れます。森林や濡れた土、スモークした木炭や皮革、甘草やリコリスのノートなどが次々と引き出され、調理した果物の強い果実感を感じます。 タンニンは柔らかくなっています。全体的にパワーがあり、その力強い飲みごたえと迫力に驚かされる1本です。

送料無料
シャトー・ラネッサン 1999【フランス/ボルドー / オー・メドック・赤ワイン/辛口 - フルボディ】

Amazon

3,450

送料無料

シャトー・ラネッサン 1999【フランス/ボルドー / オー・メドック・赤ワイン/辛口 - フルボディ】

クリュ・ブルジョワ級ながら、その力はメドック格付け5級に匹敵するとロバート・パーカー氏も大絶賛している、大人気のシャトー・ラネッサン。 ラネッサンの歴史は長く、同じ一族の手によりずっと守られ続けており、もし格付けの見直しが行われれば、昇格は確実と予想されています。 場所はサンジュリアンに近いキューサック村。隣接する畑はグリュオー・ラローズやデュクリュ・ボーカイユなど格付け2級のシャトーに囲まれており、その条件の良さはお墨付きの恵まれた土壌です。 水捌けが格段に良い砂利質の土壌では、樹齢平均30年前後のカベルネ・ソーヴィニヨンが主体となり育てられています。畑は年々拡大されており、年間2万ケースを超す大型生産ができる技量を誇っています。 1793年からシャトーを守り抜いている経営者がブティエ一族。ブティエ家といえば過去にはシャトー・パルメの株主となっていた事もあり、安定力には定評があります。 1999年は天候にも恵まれ、良い出来と言われています。 ブラックプラム、リコリス、黒コショウなどスパイス、そしてスモーキーな香りの深い層。角のないこなれたタンニンが、奥行きのある果実味に優しく融合しています。 ボルドーや熟成ワインの入門にも適したお値打ちの1本。是非お楽しみ下さい。 ※こちらはご注文頂きました後、輸入元からお取り寄せするお品です。在庫状況によってご用意できない場合がございますがご了承ください

お酒・ドリンクのランキング

スポンサーリンク
スポンサーリンク