メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「サン トーバン」検索結果。

サン トーバンの商品検索結果全373件中1~60件目

あす楽
パスカル・クレマン サン・トーバン 1er レ・シャルモワ ブラン [2015]750ml

ウメムラ Wine Cellar

6,912

あす楽

パスカル・クレマン サン・トーバン 1er レ・シャルモワ ブラン [2015]750ml

平均樹齢35年のVV。樽で発酵後、1回使用樽で16ヶ月間熟成。Pascal Clément / パスカル・クレマン大型の新世代ネゴシアンが登場です。パスカル・クレマンはポマールのぶどう栽培家の家系出身ですが、相続する畑は持たなかったため、若くから志したワイン造りへの道を独力で切り拓くことになりました。彼にとって僥倖だったのは、最初の勤務先が「コシュ・デュリ」であったこと。1990年から1994年までの4年間にわたって、当時の当主で「白ワインの神」と呼ばれたジャン・フランソワ・コシュ氏より直々に、ワイン造りの哲学と秘技を授かりました。「必要なことには時間を惜しまず、納得できるまで行う。ヴィンテージごとの個性をじっくりと見極め、臨機応変に、かつ最良の方法で醸造する。醸造家としての僕のすべては、彼から学びました」(パスカル・クレマン)。その後「メゾン・シャンソン」のカーヴ長、「ドメーヌ・ベルヴィル」の醸造長を務めた後の2011年、サヴィニー・レ・ボーヌ村に自身のメゾン「パスカル・クレマン」を設立しました。「量よりも質にこだわるプロフェッショナルな栽培家たち」からぶどうを購入し、自身で醸造を行います。年間総生産数はファーストヴィンテージの2011年が17樽(1樽=約300本)、2012年が50樽、2013年が75樽です。欧米各国の錚々たるインポーターが取り扱いを開始しており、また、フランスのレストランのオンリストも加速度的に増えているため、早くも完全アロケーションとなっております。尚、「コシュ・デュリ」との親密な関係は今日も続いており、退社してからも毎年、合計12本ものアソートメント・アロケーションをいただいているそうです。また、ジャン・フランソワ・コシュ氏の息子さんである現当主ラファエル・コシュとも刎頚の友で...

あす楽
ドメーヌ・ラリュー サン・トーバン 1er レ・ミュルジュ・デ・ダン・ド・シアン [2014]750ml

ウメムラ Wine Cellar

5,981

あす楽

ドメーヌ・ラリュー サン・トーバン 1er レ・ミュルジュ・デ・ダン・ド・シアン [2014]750ml

コート・ドールの「秘められたる宝石」 ピュリニー・モンラッシェ村と地続き、つまり偉大なるモンラッシェの裏手にあるのがこの、一級レ・ミュルジュ・デ・ダン・ド・シアン。 ある評者に言わせれば、サン・トーバン一級の中で、最も最上の白を生み出すのがこのレ・ミュルジュ・デ・ダン・ド・シアンとラ・シャトニエールだそうです。レ・ミュルジュ・デ・ダン・ド・シアンは、アン・レミリ—とラ・シャトニエールにまたがる様に位置しています。コート・ドールの「秘められたる宝石」期待して下さい! 手摘みで収穫し、小さな籠で醸造施設へ。軽い破砕の後ポンプ式の圧搾機にブドウを入れる。流れ出た果汁はデブルバージュの後に重力で樽に移しそのまま発酵。樽は全てアリエ産のオークで造られており新樽率20%。 10〜12ヶ月間のシュールリーの熟成の後、ワインはブレンドされ、コラージュ(清澄)&軽くフィルターかけられた後に瓶詰めされる。 この畑のある場所は何とモンラッシェの丘をあがった所にあります。サン・トーバンの中でも別格扱いされている区画のうちの一つで、「犬の歯」という奇妙な名前を持つものです。知る人ぞ知る「隠れたコート・ドールの宝石」と称されるワインが生まれます。輸入元からオススメされたこのドメーヌ・ラリューは、兄弟とその息子、たった3人で運営している非常に小さな生産者です。この区画からのワインは大好きなので、早速試してみました。 8〜9℃で抜栓、薄いレモンイエローの色合いを持ち、綺麗な花と甘く熟した果実の香りが絶妙のバランス。モンラッシェ特有のミネラル感、上品な口当たりで、徐々に香りが開いてくると、ナッツ、蜂蜜やバニラのニュアンスが出始め、凝縮感とねっとりとした高い粘度と濃度が、このワインのポテンシャルの高さを物語っています。テロワールが素晴らしいのはもちろんですが...

あす楽
パスカル・クレマン サン・トーバン 1er レ・シャルモワ [2013]750ml

ウメムラ Wine Cellar

5,875

あす楽

パスカル・クレマン サン・トーバン 1er レ・シャルモワ [2013]750ml

リュット・レゾネ栽培を実践している「プロフェッショナルな」栽培家達からぶどうで購入 。 平均樹齢35年のVV。樽で発酵後、1回使用樽で16ヶ月間熟成。 「リトル・ピュリニー」と言われています。フィネス&繊細なワイン。Pascal Clément / パスカル・クレマン大型の新世代ネゴシアンが登場です。パスカル・クレマンはポマールのぶどう栽培家の家系出身ですが、相続する畑は持たなかったため、若くから志したワイン造りへの道を独力で切り拓くことになりました。彼にとって僥倖だったのは、最初の勤務先が「コシュ・デュリ」であったこと。1990年から1994年までの4年間にわたって、当時の当主で「白ワインの神」と呼ばれたジャン・フランソワ・コシュ氏より直々に、ワイン造りの哲学と秘技を授かりました。「必要なことには時間を惜しまず、納得できるまで行う。ヴィンテージごとの個性をじっくりと見極め、臨機応変に、かつ最良の方法で醸造する。醸造家としての僕のすべては、彼から学びました」(パスカル・クレマン)。その後「メゾン・シャンソン」のカーヴ長、「ドメーヌ・ベルヴィル」の醸造長を務めた後の2011年、サヴィニー・レ・ボーヌ村に自身のメゾン「パスカル・クレマン」を設立しました。「量よりも質にこだわるプロフェッショナルな栽培家たち」からぶどうを購入し、自身で醸造を行います。年間総生産数はファーストヴィンテージの2011年が17樽(1樽=約300本)、2012年が50樽、2013年が75樽です。欧米各国の錚々たるインポーターが取り扱いを開始しており、また、フランスのレストランのオンリストも加速度的に増えているため、早くも完全アロケーションとなっております。尚、「コシュ・デュリ」との親密な関係は今日も続いており、退社してからも毎年...

ユベール・ラミー サン・トーバン ラ・プランセ  ブルゴーニュ産白ワイン

Amazon

5,520

ユベール・ラミー サン・トーバン ラ・プランセ ブルゴーニュ産白ワイン

Hubert Lamy Saint Aubin La Princee 2015 ユベール・ラミー サン・トーバン ラ・プランセ 2015 (フランス・ブルルーニュ産・辛口白ワイン) 若々しい緑がかった黄金色。軽快で繊細な香り、ミネラルと新鮮な果実の開放的な香り。 ミネラルの構造が素晴らしい。非常にバランスが良く、非常に長い余韻へと続きます。 ユベール ラミー"の歴史は古く、ドメーヌは1640年に、 サン・トーバン村でブドウの栽培を始めたという記録があります。 先代のユベール氏は、1973年に自らドメーヌ ユベール・ラミーを設立。 1995年、世界各国でワイン造りとマーケティングを学んだ息子のオリヴィエ氏が、ワイン造りを受け継ぎ、経験を生かした新しい手法で畑から醸造までドメーヌを運営しています。 ドゥミ・ミュイと呼ばれる大きな樽で熟成させたり、植密度を高めることで 凝縮度を高めるなど、アペラシオンの粋を越えたワインは世界中で高く 評価されています。 ぶどう品種:シャルドネ(樹齢:5~40年) 300リットルと600リットルの樽で発酵。 (ヴォージュ産、アリエ産、トロンセ産…新樽比率5%、1,2,3年樽使用) 温度管理をしながら90日間発酵。バトナージュせず。 熟成:樽でマロラクティック発酵。15か月熟成後、重力で瓶詰め。

あす楽
クリスチャン・ベルジュレ サン・トーバン 1er レ・コンブ・オー・シュッド [2015]750ml

ウメムラ Wine Cellar

4,924

あす楽

クリスチャン・ベルジュレ サン・トーバン 1er レ・コンブ・オー・シュッド [2015]750ml

0.18ha。石が多い、石灰質主体の粘土石灰質土壌。樹齢約30年。新樽率20%で16ヶ月間熟成。「私の3つのサン・トーバン一級の中で、最も薫り高く華やかなワインです」。Christian Bergeret et Fille / クリスチャン・ベルジュレサン・トーバン村の6km西、ノレ村に1900年から続くぶどう栽培家で、1969年、前当主クリスチャン・ベルジュレのもとに、サン・トーバンで最も偉大な造り手と言われたマルク・コラン氏の妹ベルナデットが優良な畑とともに嫁いで来たのを機に、自社ビン詰めを開始しました。2000年に、娘のクロティルドが継承。以来、5代目当主としてドメーヌを運営しています。「素晴らしいポテンシャルを持った畑ですので、できる限り無農薬に近い栽培を実践しています」。「私自身が飲みたいと思うワインを造ることを心がけています。私はお料理が趣味なのですが、いつも私のワインを合わせて美味しく楽しんでいます。趣味なのか仕事なのか分からないわね(笑)」。「白ワインは、サン・トーバンもシャサーニュ・モンラッシェも、まず美しい酸があること。そして、それに負けない豊かな果実味と、たっぷりとしたミネラル(塩味)があることが大事です。赤は、繊細でしなやかなスタイルが好きです。シャサーニュ・モンラッシェの赤は、コート・ド・ニュイの赤のように厳格ではなく、同じコート・ド・ボーヌでも重厚なボーヌやポマールとはまた違って、絵画でいえばルノワールのような、音楽で言えばジャズのような、柔らかな色彩性と快楽性に溢れるワインです。自由な発想で造る創作料理と合わせると、ワクワク感が増幅して、とても幸せな気持ちになりますよ」(以上、クロティルド・ベルジュレ)。ブルゴーニュワインの造り手は数千人いますが、自身で料理との相性を極めている造り手は両手で数えられるほど...

あす楽
クリスチャン・ベルジュレ サン・トーバン 1er ラ・シャトニエール [2015]750ml

ウメムラ Wine Cellar

4,924

あす楽

クリスチャン・ベルジュレ サン・トーバン 1er ラ・シャトニエール [2015]750ml

0.24ha。粘土質に勝る粘土石灰質土壌。平均樹齢30年。樽で発酵後、新樽率25%で16ヶ月間熟成。「私の3つのサン・トーバン一級の中で、最も果実味豊かで濃密なワインです」。Christian Bergeret et Fille / クリスチャン・ベルジュレサン・トーバン村の6km西、ノレ村に1900年から続くぶどう栽培家で、1969年、前当主クリスチャン・ベルジュレのもとに、サン・トーバンで最も偉大な造り手と言われたマルク・コラン氏の妹ベルナデットが優良な畑とともに嫁いで来たのを機に、自社ビン詰めを開始しました。2000年に、娘のクロティルドが継承。以来、5代目当主としてドメーヌを運営しています。「素晴らしいポテンシャルを持った畑ですので、できる限り無農薬に近い栽培を実践しています」。「私自身が飲みたいと思うワインを造ることを心がけています。私はお料理が趣味なのですが、いつも私のワインを合わせて美味しく楽しんでいます。趣味なのか仕事なのか分からないわね(笑)」。「白ワインは、サン・トーバンもシャサーニュ・モンラッシェも、まず美しい酸があること。そして、それに負けない豊かな果実味と、たっぷりとしたミネラル(塩味)があることが大事です。赤は、繊細でしなやかなスタイルが好きです。シャサーニュ・モンラッシェの赤は、コート・ド・ニュイの赤のように厳格ではなく、同じコート・ド・ボーヌでも重厚なボーヌやポマールとはまた違って、絵画でいえばルノワールのような、音楽で言えばジャズのような、柔らかな色彩性と快楽性に溢れるワインです。自由な発想で造る創作料理と合わせると、ワクワク感が増幅して、とても幸せな気持ちになりますよ」(以上、クロティルド・ベルジュレ)。ブルゴーニュワインの造り手は数千人いますが、自身で料理との相性を極めている造り手は両手で数えられ...

ルーデュモン サン・トーバン 2002年 ルー・デュモン クルティエセレクション 正規 750ml (フランス ブルゴーニュ 赤ワイン)

愛あるしんちゃんショップ

3,778

ルーデュモン サン・トーバン 2002年 ルー・デュモン クルティエセレクション 正規 750ml (フランス ブルゴーニュ 赤ワイン)

仲田晃司。大学生時代にアルバイト先のフレンチレストランでワインに出会い、「いつか自分の手でワインを造ってみたい」という夢を抱いた青年は、1995年、頼るつてもなく単身渡仏。フランス語の勉強をしながら各地の醸造家の門を叩いて修行を重ね、2000年7月7日、ブルゴーニュの地にルー・デュモンを設立しました。仲田さんのワイン造りを特徴付けているのは、まさしく日本人職人的と言うべき、周りがあきれるほど細部まで徹底的にこだわる仕事への執念です。仕込むワインのテロワールや個性を研究し尽くした上で、樽の選定眼や熟成方法を駆使してワインを磨き上げます。2003年5月、在りし日のアンリ・ジャイエ翁より「自分自身のアイデンティティをワインに表現せよ」との薫陶を受け、「日本人であるということ」「自然と人間に対する真摯な尊敬の念」の象徴として、「天・地・人」が生まれました。「ワインを通じてアジアの架け橋になれればと願っています」という仲田さん。現在ルー・デュモンのワインは、日本、韓国、台湾、中国、香港、シンガポールといったアジア諸国を中心に販売されています。 ドメーヌだけでなくネゴシアンにも「新世代」が台頭している。この中で一人の日本人の名前がフランス国内外で語られるようになった。「コージ・ナカダのルー・デュモン」である。すでに日本でも有名な仲田氏は、ネット上では「アンリ・ジャイエに絶賛された」、「サムライ」といった、わかりやすい切り口で紹介されることが多い。だが彼と話したり、そのワインを飲んだりしていちばん感じたことは、「ここまで消費者のことを考えている生産者は珍しいのではないか」ということだった。ワインの輸出先は日本だけではないが、日本を知る彼からは「ワインと飲み手の間にある『壁』を、少しでも取り除きたい」という信念がひしひしと伝わってくるのである。ルー...

ドメーヌ・ユベール・ラミー / サン・トーバン・プルミエ・クリュ・クロ・ド・ラ・シャトニエール・ヴィエイユ・ヴィーニュ [2015]【白ワイン】

ワインショップ・ワインホリック

9,267

ドメーヌ・ユベール・ラミー / サン・トーバン・プルミエ・クリュ・クロ・ド・ラ・シャトニエール・ヴィエイユ・ヴィーニュ [2015]【白ワイン】

ブルゴーニュで大注目のユベール・ラミー! 推薦グラス ドメーヌ・ユベール・ラミー / サン・トーバン・プルミエ・クリュ・クロ・ド・ラ・シャトニエール・ヴィエイユ・ヴィーニュ [2015] Domaine Hubert Lamy / Saint-Aubin 1er Cru Clos de la Chateni?re Vieilles Vignes 2015 セパージュ: 【シャルドネ100%】 国地域: フランス・ブルゴーニュ・コート・ド・ボーヌ・サン・トーバン 飲み頃情報: 2019年以降 インポーター: ラフィネ ドメーヌは1640年に、サン・トーバン村でブドウの栽培を始めたという記録があります。最初はネゴシアンだったのですが、1973年にドメーヌ ユベール・ラミーを立ち上げ、今日ではサン・トーバンを中心にピュリニー・モンラッシェ、サントネ、シャサーニュ・モンラッシェなど有名アペラシオンに18ヘクタールの畑を所有するようになりました。 今はユベールは勇退し、息子のオリビエが当主を務めています。過去10年以上化学肥料は一切やらず。現在では100年前の自然な農法を目指して栽培管理しています。過熟にならないよう収穫し、選果台で厳しく選果。ジュースは300Lまたはドゥミ・ミュイと呼ばれる600Lの樽にで90日間程度アルコール発酵とマロラクティック発酵が行われます。その後、樽内(新樽比率30%前後)で12〜18ヶ月熟成され瓶詰めされます。1964年植樹の1.25haの畑から造られます。年産750ケース。ミネラル感がありフローラルな香り、フレッシュな果実や柑橘類のアロマがあります。 リッチでテロワールを反映したワインです。 【blanc】 【bourgogne】 【シャルドネ100%】 【v2015】 【nature】

ドメーヌ・ユベール・ラミー / サン・トーバン・プルミエ・クリュ・クロ・ド・ラ・シャトニエール・ヴィエイユ・ヴィーニュ [2013]【白ワイン】

ワインショップ・ワインホリック

8,176

ドメーヌ・ユベール・ラミー / サン・トーバン・プルミエ・クリュ・クロ・ド・ラ・シャトニエール・ヴィエイユ・ヴィーニュ [2013]【白ワイン】

ブルゴーニュで大注目のユベール・ラミー! 推薦グラス ドメーヌ・ユベール・ラミー / サン・トーバン・プルミエ・クリュ・クロ・ド・ラ・シャトニエール・ヴィエイユ・ヴィーニュ [2013] Domaine Hubert Lamy / Saint-Aubin 1er Cru Clos de la Chateni?re Vieilles Vignes 2013 セパージュ: 【シャルドネ100%】 国地域: フランス・ブルゴーニュ・コート・ド・ボーヌ・サン・トーバン 飲み頃情報: 2016年以降 インポーター: ラフィネ ドメーヌは1640年に、サン・トーバン村でブドウの栽培を始めたという記録があります。最初はネゴシアンだったのですが、1973年にドメーヌ ユベール・ラミーを立ち上げ、90年代に入って、クロ・ド・ラ・シャトニエールなどの1級畑を購入、賃貸契約で手に入れました。今日ではサン・トーバンを中心にピュリニー・モンラッシェ、サントネ、シャサーニュ・モンラッシェなど有名アペラシオンに18ヘクタールの畑を所有するようになりました。 今はユベールは勇退し、息子のオリビエが当主を務めています。過去10年以上化学肥料は一切やらず。現在では100年前の自然な農法を目指して栽培管理しています。ジュースは300Lまたはドゥミ・ミュイと呼ばれる600Lの樽にで90日間程度アルコール発酵とマロラクティック発酵が行われます。その後、樽内(新樽比率30%前後)で12〜18ヶ月熟成され瓶詰めされます。1935年、1960年、1985年植樹の2.4haの畑から造られます。華やかな甘い香りがあり、ボディはリッチですが、きれいな酸が全体をまとめています。 【blanc】 【bourgogne】 【シャルドネ100%】 【v2013】 【nature】

あす楽
ドメーヌ・マルク・コラン サン・トーバン 1er レ・カステ [2016]750ml

ウメムラ Wine Cellar

5,562

あす楽

ドメーヌ・マルク・コラン サン・トーバン 1er レ・カステ [2016]750ml

Domaine Marc Colin / ドメーヌ・マルク・コラン人気急上昇のサントーバンで最も偉大なドメーヌサントーバンはピュリニー・モンラッシェとシャサーニュ・モンラッシェの影に、文字通り隠された小さな村。かつてはそのほとんどがコート・ド・ボーヌ・ヴィラージュで瓶詰めされるほど、目立たぬアペラシオンだったが、近年、その真の価値が認められるようになり、コート・ド・ニュイのマルサネとともに人気に拍車がかかっている。そのサントーバンで最も偉大なドメーヌのひとつがマルク・コラン。1944年生まれのマルクは1970年、26歳の時にドメーヌを創設した。当初はサントーバンとシャサーニュ・モンラッシェに6haの畑をもつのみだったが、80年代から90年代にかけて畑を広げ、現在は19ha。サントーバン、シャサーニュ・モンラッシェのほか、ピュリニー・モンラッッシェとサントネイにも畑をもち、26のアペラシオンを手がけるまでに成長した。モンラッシェを所有する16の造り手のひとりであり、10a68caの区画はシャサーニュ側の最上部、ギィ・アミオの2つの区画に挟まれた形で位置する。またお膝元のサントーバンには8つの1級畑を所有。もしもサントーバンのクリマの特徴を知りたければ、このドメーヌの1級畑を並べて試すとよい。現在、ドメーヌはマルクの3人の子供が中心となって運営。実際は4人兄弟だが、長男のピエール・イヴはジャン・マルク・モレイの長女と結婚して独立。ドメーヌ・ピエール・イヴ・コラン・モレイを立ち上げた。ブドウ栽培はリュット・レゾネで一部実験的にビオロジックが行われており、白ワインは次男のジョゼフが、ピュアさとエレガントさ、それに余韻の長さを追求して醸造。 赤ワインは三男のダミアンがフレッシュさと弾けるような果実味、シルキーなタンニンをモットーに醸造している...

あす楽
ピエール・イヴ・コラン・モレ サン・トーバン 1er レ・シャンプロ [2015]750ml

ウメムラ Wine Cellar

7,344

あす楽

ピエール・イヴ・コラン・モレ サン・トーバン 1er レ・シャンプロ [2015]750ml

Pierre Yves Colin Morey / ピエール・イヴ・コラン・モレ酸化を極力排した造りが特徴。マルク・コランから独立した新ドメーヌ!サントーバンに拠を置く定評あるドメーヌ・マルク・コランの長男、ピエール=イヴが自身のメゾン、ピエール=イヴ・コラン=モレを立ち上げた。ところはサントーバンのお隣、伴侶のカロリーヌ シャサーニュの村で8ヘクタールほどの地所から評価の高いワインを生み出すドメーヌ・ジャン・マルク・モレのひとり娘、その生家の近くで、2001年のミレジムより生産を開始した。父マルクから受け継いだ6ヘクタールの地所に、全生産量の3割ほどとなる買い入れたぶどうから素晴らしい白ワイン生む。紅一点、樹齢100年になるぶどうからつくられるサントネーの赤もある。模範とするつくり手はルフレーヴにコシュ=デュリ、それにルロワというピエール=イヴだが、リリース直後から欧米のワイン・ジャーナリズムで絶賛を持って迎えられ、30代にして最も注目を集めるブルゴーニュのつくり手となった。ドメーヌもののサントーバンやシャサーニュ=モンラッシェにはラベルにドメーヌもの、ネゴスものの表記はない。決まった栽培農家から60年、80年といった樹齢のものもあるブドウを購入するが、その栽培もほとんどドメーヌものと同じビオロジークに近い耕作がなされている。ワインは新樽100パーセントから生まれるが、その多くは、通常のピエスより大きい350リットルの容量のもので、懇意にしているトネリエのフランソワ・フレールから購入しているため、キュヴェ毎の差異に応じた焼き(通常はごく軽め)等、細かな配慮がなされている。造りはこの新樽での樽発酵に樽熟成だが、その際清澄や濾過はせず、移し替えのときのコラージュのみ。そしてバトナージュは基本的におこなわず、オリとの接触は長くとり...

あす楽
ピエール・イヴ・コラン・モレ サン・トーバン 1er ラ・シャトニエール [2014]750ml

ウメムラ Wine Cellar

7,506

あす楽

ピエール・イヴ・コラン・モレ サン・トーバン 1er ラ・シャトニエール [2014]750ml

ピュリニー・モンラッシェの畑に続く部分にある一級シャトニエールとアン・ルミリィは、サン・トーバンの数ある一級の中でも最上と言われています。レベル的に、ピュリニーと言われても可笑しくない品質なのだが、価格は随分お値打ち。また、サン・トーバンは、ピュリニーに比べ比較的早く香りが開きます。 イヴ・コランのシャトニエールは、おおよそ40年を超える古樹からのものだそうです。 サン・トーバンの中で最もミネラリー、しっかりとした深みと構造を併せ持ったもの。Pierre Yves Colin Morey / ピエール・イヴ・コラン・モレ酸化を極力排した造りが特徴。マルク・コランから独立した新ドメーヌ!サントーバンに拠を置く定評あるドメーヌ・マルク・コランの長男、ピエール=イヴが自身のメゾン、ピエール=イヴ・コラン=モレを立ち上げた。ところはサントーバンのお隣、伴侶のカロリーヌ シャサーニュの村で8ヘクタールほどの地所から評価の高いワインを生み出すドメーヌ・ジャン・マルク・モレのひとり娘、その生家の近くで、2001年のミレジムより生産を開始した。父マルクから受け継いだ6ヘクタールの地所に、全生産量の3割ほどとなる買い入れたぶどうから素晴らしい白ワイン生む。紅一点、樹齢100年になるぶどうからつくられるサントネーの赤もある。模範とするつくり手はルフレーヴにコシュ=デュリ、それにルロワというピエール=イヴだが、リリース直後から欧米のワイン・ジャーナリズムで絶賛を持って迎えられ、30代にして最も注目を集めるブルゴーニュのつくり手となった。ドメーヌもののサントーバンやシャサーニュ=モンラッシェにはラベルにドメーヌもの、ネゴスものの表記はない。決まった栽培農家から60年、80年といった樹齢のものもあるブドウを購入するが、その栽培もほとんどドメーヌものと同じビオロ...

あす楽
ドメーヌ・ギィ・アミオ サン・トーバン 1er アン・レミリィ [2015]750ml

ウメムラ Wine Cellar

7,084

あす楽

ドメーヌ・ギィ・アミオ サン・トーバン 1er アン・レミリィ [2015]750ml

ピュリニー・モンラッシェの畑に続く急斜面にあるサン・トーバン村。 一級シャトニエールとアン・ルミリィは、サン・トーバンの数ある一級の中でも最上と言われています。レベル的に、ピュリニーと言われても可笑しくない品質なのだが、価格は半分以下。 マルク・コランやピエール・イヴ・コラン・モレも良いが、アミオも毎年素晴らしいワインを造っています。 モンラッシェと同じ斜面の延長線上にあるサントーバンの1級畑。傾斜が強く、浅い表土のため石灰質の母岩が露出する。 樽由来の香りと熟した白い果肉の香り。軽やかな果実味にタイトでミネラリーな風味が重なり、スラリとした趣き。サン=トーバンはカリテ・プリでお薦めのAOC。Guy Amiot / ギィ・アミオモンラッシェとドゥモワゼルを所有するシャサーニュの隠れたスタードメーヌ・ギィ・アミオ(以前のドメーヌ名はアミオ・ボンフィス)はシャサーニュ・モンラッシェに4代続く造り手で、3代目のギィに代わって、現在はふたりの息子、ティエリーとファブリスがもっぱらドメーヌの運営を取り仕切る。 珠玉のクリマ、特級モンラッシェを所有する造り手のひとりだが、その面積はわずか9a10ca。ふたつの区画をシャサーニュ側最上部にもつ。これは第一次大戦の後、初代アルセーヌ・アミオが買った区画であり、1920年にブドウが植えられた。ドメーヌはこの他にも、シャサーニュ・モンラッシェにマレシャル、ヴェルジェ、シャンガン、クロ・サン・ジャン、カイユレなど数々の1級畑を所有。ピュリニー・モンラッシェには、モンラッシェとピュリニー・モンラッシェ1級カイユレに挟まれた、幻のような狭小の区画ドゥモワゼルも所有している。遅摘みによるリッチな味わいがこのドメーヌの特徴で、それぞれのクリマが本来持つミネラル感とともに荘厳な世界を提供してくれる...

あす楽
ヴァンサン・プリュニエ サン・トーバン 1er レ・フリオンヌ [2012]750ml (白ワイン)

ウメムラ Wine Cellar

4,298

あす楽

ヴァンサン・プリュニエ サン・トーバン 1er レ・フリオンヌ [2012]750ml (白ワイン)

天井知らずのブルゴーニュの価格。愛好家たるもの、優れたサン=トーバンに味覚を磨き上げたいものだ。マット・クレイマー 0.3ha。粘土質土壌。樹齢約25年。新樽率25%で12ヵ月間樽熟成。 粘土質土壌ゆえの豊かな酸による、美しい味わいです。Vincent Prunier / ヴァンサン・プリュニエ「ミネラルの芯がしっかり通った、クリスタルのようなブルゴーニュの白が飲みたいが、ピュリニーまではちょっと」という時には、サン・トーバンの一級をお勧めします。中でも、モンラッシェ系のグラン・クリュに近接する「アン・レミリー」と「レ・ミュルジェ・デ・ダン・ド・シヤン」はとりわけ品質が高く、その近隣の畑も含めて、「モンラッシェの弟分」「ミニ・モンラッシェ」などと称されます。ヴァンサン・プリュニエは、1762年生まれのニコラ・プリュニエを始祖として、今日、コート・ド・ボーヌ地区に5つのドメーヌを展開する名門プリュニエ一族の5代目のひとりで、1988年に独立して自身のドメーヌを設立しました。現在は、看板作品となっているサン・トーバンの各一級畑の他、ピュリニー・モンラッシェ、シャサーニュ・モンラッシェ、ムルソー、オークセイ・デュレスなどに合計17ヘクタールの畑を所有しています。オリヴィエ・ジュアンの友人でもあるヴァンサンは、オリヴィエ同様いわゆる「仕事ができるヤツ」「同性から見てもかっこいいヤツ」で、極めて清潔かつすべてが理路整然と組み立てられた醸造所は、まるでお手本のよう。とはいえ、彼がここで仕事をする時間はごくわずかです。「私自身、ミネラリーなワインが大好きなので、何よりも畑を耕して、土中のミネラルをできるだけ多くぶどうに取り込むことに集中しています。一旦ぶどうを収穫したら、それ以降の醸造の過程で、ミネラルが失われることはあっても...

あす楽
ドメーヌ・マルク・コラン サン・トーバン 1er ラ・シャトニエール [2016]750ml

ウメムラ Wine Cellar

5,875

あす楽

ドメーヌ・マルク・コラン サン・トーバン 1er ラ・シャトニエール [2016]750ml

相変わらず、蔵出し価格は非常に良心的。スタンダードキュヴェのブルゴーニュ・ブランからモンラッシェまで妥協一切なしの完璧なクオリティ! サン・トーバン一級の中で最も古くに植えられたシャトニエール。平均樹齢50年超。 ピ ュリニー・モンラッシェの畑に続く部分にある一級シャトニエールとアン・ルミリィは、サン・トーバンの数ある一級の中でも最上と言われています。レベル的に、ピュリニーと言われても可笑しくない品質なのだが、価格は半分以下。まさに僕の愛飲ワイン。Domaine Marc Colin / ドメーヌ・マルク・コラン人気急上昇のサントーバンで最も偉大なドメーヌサントーバンはピュリニー・モンラッシェとシャサーニュ・モンラッシェの影に、文字通り隠された小さな村。かつてはそのほとんどがコート・ド・ボーヌ・ヴィラージュで瓶詰めされるほど、目立たぬアペラシオンだったが、近年、その真の価値が認められるようになり、コート・ド・ニュイのマルサネとともに人気に拍車がかかっている。そのサントーバンで最も偉大なドメーヌのひとつがマルク・コラン。1944年生まれのマルクは1970年、26歳の時にドメーヌを創設した。当初はサントーバンとシャサーニュ・モンラッシェに6haの畑をもつのみだったが、80年代から90年代にかけて畑を広げ、現在は19ha。サントーバン、シャサーニュ・モンラッシェのほか、ピュリニー・モンラッッシェとサントネイにも畑をもち、26のアペラシオンを手がけるまでに成長した。モンラッシェを所有する16の造り手のひとりであり、10a68caの区画はシャサーニュ側の最上部、ギィ・アミオの2つの区画に挟まれた形で位置する。またお膝元のサントーバンには8つの1級畑を所有。もしもサントーバンのクリマの特徴を知りたければ、このドメーヌの1級畑を並べて試すとよい...

あす楽
ピエール・イヴ・コラン・モレ サン・トーバン 1er ラ・シャトニエール [2016]750ml

ウメムラ Wine Cellar

7,980

あす楽

ピエール・イヴ・コラン・モレ サン・トーバン 1er ラ・シャトニエール [2016]750ml

ピュリニー・モンラッシェの畑に続く部分にある一級シャトニエールとアン・ルミリィは、サン・トーバンの数ある一級の中でも最上と言われています。レベル的に、ピュリニーと言われても可笑しくない品質なのだが、価格は随分お値打ち。また、サン・トーバンは、ピュリニーに比べ比較的早く香りが開きます。 イヴ・コランのシャトニエールは、おおよそ40年を超える古樹からのものだそうです。 サン・トーバンの中で最もミネラリー、しっかりとした深みと構造を併せ持ったもの。Pierre Yves Colin Morey / ピエール・イヴ・コラン・モレ酸化を極力排した造りが特徴。マルク・コランから独立した新ドメーヌ!サントーバンに拠を置く定評あるドメーヌ・マルク・コランの長男、ピエール=イヴが自身のメゾン、ピエール=イヴ・コラン=モレを立ち上げた。ところはサントーバンのお隣、伴侶のカロリーヌ シャサーニュの村で8ヘクタールほどの地所から評価の高いワインを生み出すドメーヌ・ジャン・マルク・モレのひとり娘、その生家の近くで、2001年のミレジムより生産を開始した。父マルクから受け継いだ6ヘクタールの地所に、全生産量の3割ほどとなる買い入れたぶどうから素晴らしい白ワイン生む。紅一点、樹齢100年になるぶどうからつくられるサントネーの赤もある。模範とするつくり手はルフレーヴにコシュ=デュリ、それにルロワというピエール=イヴだが、リリース直後から欧米のワイン・ジャーナリズムで絶賛を持って迎えられ、30代にして最も注目を集めるブルゴーニュのつくり手となった。ドメーヌもののサントーバンやシャサーニュ=モンラッシェにはラベルにドメーヌもの、ネゴスものの表記はない。決まった栽培農家から60年、80年といった樹齢のものもあるブドウを購入するが、その栽培もほとんどドメーヌものと同じビオロ...

あす楽
ヴァンサン・エ・ソフィー・モレ サン・トーバン 1er レ・シャルモワ・ブラン [2012]750ml

ウメムラ Wine Cellar

5,810

あす楽

ヴァンサン・エ・ソフィー・モレ サン・トーバン 1er レ・シャルモワ・ブラン [2012]750ml

ヴァンサン・モレイの造る白ワインはリッチでパワフルなスタイルが特徴。往年のベルナール・モレイを彷彿させるそのスタイル。 2018年4月7日に福岡にて行われた、ウメムラワイン会にて、白ワインのスタートとして、お出ししたのが、このヴァンサン・ソフィー・モレのサン・トーバン1級シャルモワ2012年。 日本ではまだまだどうしても両モンラッシェ(ピュリニー、シャサーニュ)の人気が高く、それに続くのがムルソーという感じに思えますが、現在、ブルゴーニュ全体がかなりの価格高騰となっており、村名ワインですら、なかなか手が出しづらくなったという声も最近は多々聞くようになりました。 そこで、今本当にオススメしたいワインとして紹介したのが、このサン・トーバン。 ピュリニーとシャサーニュの間という好立地な場所に位置し、石灰質な土壌から造られるワインは、洗練された上品な味わいが特徴的。 グラスの中での温度の上昇とともに、スタート時には感じられなかった豊かな果実味、リッチさも現れてくる。バランスも優れており、とてもエレガントな良いワインです。 参加いただいた皆様も一同に「サン・トーバンいいね〜!!」の声。 この後に飲んだ、父ベルナール・モレのシャサーニュ・モンラッシェ・ザンブラゼ2006年もやはり素晴らしかった。 サン・トーバンとシャサーニュ・モンラッシェという違いはあるにしろ、ヴァンサン氏は長年、父の元で働いていたこともあり、不思議にも、どこかニュアンスは似ていると感じます。ベルナールの時代からモレ家のワインはよく飲んでいるが、決して期待を裏切ることのないモレのワインはついつい買い足してしまう。2018.04.10Vincent et Sophie MOREY / ヴァンサン・エ・ソフィー・モレ父親譲りのリッチで大柄な造りベルナール...

あす楽
ドメーヌ・マルク・コラン サン・トーバン 1er アン・ルミリー [2016]750ml

ウメムラ Wine Cellar

5,875

あす楽

ドメーヌ・マルク・コラン サン・トーバン 1er アン・ルミリー [2016]750ml

相変わらず、蔵出し価格は非常に良心的。スタンダードキュヴェのブルゴーニュ・ブランからモンラッシェまで妥協一切なしの完璧なクオリティ!様々なテロワールの中でも、サン・トーバンは特に素晴らしい完成度となった。これはおそらく、シャサーニュやピュリニーと比べて、少し涼しい気候だったことが理由として考えられる。2016年ヴィンテージは、ブルゴーニュの生産者にとって忘れることのできない年となりました。 ピュリニー・モンラッシェの畑に続く部分にある一級シャトニエールとアン・ルミリィは、サン・トーバンの数ある一級の中でも最上と言われています。レベル的に、ピュリニーと言われても可笑しくない品質なのだが、価格は半分以下。まさに僕の愛飲ワイン。 マルク・コランのサン・トーバン一級の中で一番人気なのが、このアン・ルミリー。しっかりとした酸と豊富なミネラル、毎年安定した品質で不動の人気を誇っています。比較的、若いうちでも愉しめるタイプに仕上がっています。 ワインアドヴォケイト:91-93ポイント Reviewed by Neal Martin Issue Date 30th Dec 2017 Source 234, The Wine Advocate Drink Date 2019 - 2030 The 2016 Saint-Aubin 1er Cru En Remilly had a very tight-lipped and laconic bouquet that did not want to give much away, just suggestions, fleeting ones, of cold granite and dried honey. The palate is well balanced with a tensile...

あす楽
シャトー・ド・ピュリニー・モンラッシェ サン・トーバン 1er アン・ルミリィ [2014]750ml

ウメムラ Wine Cellar

6,048

あす楽

シャトー・ド・ピュリニー・モンラッシェ サン・トーバン 1er アン・ルミリィ [2014]750ml

サン・トーバン村にはいくつかの小区画畑(リウ・ディ)がかたまっています。その中で最も特級シュヴァリエ・モンラッシェに近く、サン・トーバンの中で最上の区画に属しています。 ピュリニー・モンラッシェを彷彿とさせるそのテロワールは、味わい的にも、ピュリニーと言われても可笑しくいほど上質で、価格は半分。まさに僕の愛飲ワイン。 シャトー・ド・ピュリニーは、1.35ha所有。 石灰質の石ころがゴロゴロ転がる畑。アカシアの花、レモン、洋梨、蜂蜜、ほのかにヘーゼルナッツ。スモーキーなニュアンスとピュアなミネラルのフレーバー。凛とした気品を備えた白ワイン。Chateau de PULIGNY-MONTRACHETシャトー・ド・ピュリニ・モンラッシェド・モンティーユの手により再起した ピュリニーの瀟洒なシャトーシャトー・ド・ピュリニー・モンラッシェは17世紀に建てられた城館であり、ナポレオン帝政期には当時ボーヌ市長であったジャン・バティスト・デスドゥアールが所有し、城館を修復。1950年代からブドウ栽培家であり詩人でもあったロラン・テヴナンによって、シャトーのワインは名声を誇った。その後、シャブリのドメーヌ・ラロッシュの手に渡り、さらに金融機関の所有となって、2002年にシャトーの支配人として抜擢されたのが、ヴォルネイのドメーヌ・ド・モンティーユの長男、エティエンヌ・ド・モンティーユである。エティエンヌはブドウ畑をビオロジック、そしてビオディナミに転換し、ワインの質を劇的に向上。傾きかけていたシャトーの名声復活をみごと成し遂げた。そして2012年にとうとう、ド・モンティーユ家がオーナーの金融機関からこの由緒正しきシャトーを購入することに成功したのである。シャトーは22ha、21のアペラシオンを所有するが、このうち特級モンラッシェとバタール...

サン・トーバン ラ・ピュセル ブラン 2016年 ドメーヌ・ルー・ペール・エ・フィス 750ml (フランス ブルゴーニュ 白ワイン)

愛あるしんちゃんショップ

3,866

サン・トーバン ラ・ピュセル ブラン 2016年 ドメーヌ・ルー・ペール・エ・フィス 750ml (フランス ブルゴーニュ 白ワイン)

ドメーヌ・ルー・ペール・エ・フィスとドメーヌ・モレ・ブラン、ドメーヌ・ラミ・ピヨが所有する南向きの斜面で村の最西端に位置し、標高は400mに達する人気畑“ピュセル"! 純粋な石灰岩質の斜面から生まれるこのワインは、素性をあかせずにいないテロワールの風味と、まぎれもないアーモンドの匂いを感じさせると言われます。 ワイン評論家のマット・クレイマー氏は、サン・トーバンの項でルー・ペール・エ・フィスについて「たいへん優れたサン・トーバンの白を造るが、“ラ・ピュセル"の畑の白は村名格だがめりはりがあってうまい」と大絶賛! 彼ら自ら“ルー・メソッド"と呼ぶ伝統的手法と現代技術の融合により造られるこの究極サン・トーバン白!白い花や柑橘系の香りに熟した果物のアロマ!しっかりした骨格とピュアな酸!の究極サン・トーバンの白のドメーヌもの! ■マットクレイマー氏は著書の中でサントーバンについて 「サントーバンの白は赤より上だと思われる。この白をいいあらわすとき、「洗練」という言葉がまず思いうかぶからだ。 赤白ともにテロワールの風味はいたって強い。最高の白を生む畑は、この村から隣村にかけてのびるきつい斜面上にある。 この土壌はほぼ純粋な石灰岩で、レ・フリオンヌ、レ・ペリエール、レ・カストなどの畑から生まれる白ワインには素性をあかさずにいないテロワールの風味と、まぎれもないアーモンドの匂いがある。 」と高評価!!   ■ワイン名 サン トーバン ラ ピュセル ブラン 2016 ■英語表記 Saint Aubin “La Pucelle" Blanc [2016] ■商品番号 0102102006123 ■ワインについて 希少!フランス・ブルゴーニュ辛口白ワイン愛好家大注目!年産わずか300ケースあまり!ブルゴーニュの辛口白ワインの最高峰...

サン トーバン 2002 ルー デュモン クルティエ セレクション 正規 赤ワイン ワイン 辛口 フルボディ 750ml (サン・トーバン)Saint Aubin [2002] Lou Dumont...

うきうきワインの玉手箱

3,778

サン トーバン 2002 ルー デュモン クルティエ セレクション 正規 赤ワイン ワイン 辛口 フルボディ 750ml (サン・トーバン)Saint Aubin [2002] Lou Dumont...

年代 造り手 [2002]年 ルー・デュモン・クルティエ・セレクション 仲田晃司氏 生産国 地域 フランス ブルゴーニュ コート・ド・ボーヌ サン・トーバン 村 AOC サン・トーバン タイプ 赤・辛口 フルボディ 内容量 750mlサン・トーバン[2002]年・究極秘蔵限定品・ルー・デュモン・クルティエ・セレクション・AOCサン・トーバン・正規品Saint Aubin [2002] Lou Dumont Courtiers Selections AOC Saint Aubin フランス・ブルゴーニュ辛口赤ワイン愛好家大注目!モンラッシェの山とシャサーニュ・モンラッシェに隣り合う辛口白ワインの究極産地!ムルソーとピュリニー・モンラッシェの境に位置する白ワインの産地として有名ですが、赤ワインも素晴らしい品質で定評!ブルゴーニュワイン評論家の大御所M.Wのセレナ・サトクリフ女史をして「ブルゴーニュの「秘められたる宝石のひとつ」なにしろこの村の生産者たちは、実に良心的でワインは一律に良質なのだ」と言わしめ、シャサーニュ・モンラッシェに良く似ているといわれるAOCサントーバン・ルージュ!しかも造り手は、NHK「プロフェッショナル『仕事の流儀』」にも登場!の日本人ワイン醸造家兼ワイナリーオーナー「仲田晃司」氏!!フランス権威評価誌「アシェット・ガイド誌」にも掲載!あの『神の雫』でもこのワインが「日本のそばに合うワイン」として登場!ルー・デュモンの仲田晃司氏がブルゴーニュ現地の4人の百戦錬磨のクルティエたちとタッグを組み、各ドメーヌを回り、特に気に入った古酒をボトルで買い、ルー・デュモン・クルティエ・セレクションとして発売!サクランボの香りにかすかにスパイスのニュアンス、絹のようななめらかさときれいな酸!熟成によりしなやかさと丸みが増した人気辛口...

[ Hubert Lamy ] ユベール・ラミー、サン・トーバン 1級 クロ・ド・ラ・シャトニエール 2012 (白) 750ml

Amazon

7,280

[ Hubert Lamy ] ユベール・ラミー、サン・トーバン 1級 クロ・ド・ラ・シャトニエール 2012 (白) 750ml

ドメーヌ、ユベール・ラミー、サン・トーバン 1級 クロ・ド・ラ・シャトニエール 2012 ヴィエーユ・ヴィーニュ 750ml 白 ●Domaine Hubert Lamy. Saint-Aubin 2012 1erCru Clos de la Chateniere・Vieille Vifnes 750ml 一級畑「クロ・ド・ラ・シャトニエール」は、サン・トーバンでも最高レベルのテロワールを持つ畑と言われています。 ユベール・ラミーの看板とも言えるこのワインは、若々しい輝きに満ちた色調。 ミネラル感がありフローラルな香り、フレッシュな果実や柑橘類のアロマがあります。 非常にきびしい2012ヴィンテージは生産量が激減したといわれるが。生産量が減った分、 “幸運のミランダージュ" と逆説的に言われるほど、果実は濃縮し、リッチで美しいワインとなった。 サン・トーバンの知られざる個性(ワイナート36号『今どきブルゴーニュ』より抜粋) サン・トーバンは標高260mから340mという高地に位置するため、パワフルすぎず、酸もきれいで、飲み飽きない。 モンラッシェと同じ丘に村の半分の畑が位置しているし、土壌としても申し分ない。 ラミーはサン・トーバンの個性を「熟して、フレッシュで、ミネラリー」と言った。 そのピュリニー・モンラッシェの緻密さとオート・コートの清潔さとコート・シャロネーズの可愛らしさを兼ね備えたような白ワインの味わいは、 客観的に見るなら、多くの人に好まれる個性のはずだ。

[2014]サン・トーバン レ・ピタンジュレ / フランソワ・カリヨン / ブルゴーニュ / フランス / 750ml / 赤【SD】

プレミアワインセラー

5,400

[2014]サン・トーバン レ・ピタンジュレ / フランソワ・カリヨン / ブルゴーニュ / フランス / 750ml / 赤【SD】

2014 SAINT-AUBIN 1er CRU LES PITANGERETS / FRANCOIS CARILLON ワイン造りに携わって20年以上。 ついに自分のドメーヌを立ち上げたフランソワ・カリヨンは、 ブルゴーニュ屈指の生産者、ルイ・カリヨンの息子です。 ルイ・カリヨンといえば、ルフレーヴやコント・ラフォン等と並べて賞賛される、 素晴らしいワインを造り出すことは、今や周知の事実。 しかし生産量が非常に少なく、そのほとんどがフランス国内のガストロノミーや 長年の個人顧客に販売されてしまうため、入手することは非常に困難で 長い間、日本では「知る人ぞ知る」生産者でした。 日本国内の高級フレンチレストランがこぞってワインリストに載せたがり、 ブルゴーニュマニアが探し求める生産者の一人でしたが、 2009年ヴィンテージを最後に引退し、ドメーヌを分割。 息子のジャックとフランソワへ受け継がれることになりました。 フランソワは1988年から父のルイ・カリヨンを手伝い、 主に畑の管理・ブドウの栽培で力を発揮してきました。 ルイ・カリヨンのこれまでのワインの評価を考えてみれば、 「ワインのクオリティは畑で決まる」というカリヨン家の家訓のもと、 フランソワのブドウ栽培は、ほぼ完璧であったと言わざるを得ません。 そのフランソワは「シュヴァリエ・モンラッシェ」など 素晴らしいグラン・クリュを含む約5.4haの畑を継承し、 新しく「ドメーヌ・フランソワ・カリヨン」を設立しました。   初めてのヴィンテージとなった2010年に対して ワイン・アドヴォケイト誌でブルゴーニュを担当している アントニオ・ガローニ氏が 次のようなコメントを残しています。 「2010年はティスティングで深い感銘を受けた。 重要なことは、細部へのこだわり。 ...

あす楽
クリスチャン・ベルジュレ サン・トーバン 1er レ・ミュルジェ デ・ダン・ド・シアン [2015]750ml

ウメムラ Wine Cellar

5,065

あす楽

クリスチャン・ベルジュレ サン・トーバン 1er レ・ミュルジェ デ・ダン・ド・シアン [2015]750ml

コート・ドールの「秘められたる宝石」 ピュリニー・モンラッシェ村と地続き、つまり偉大なるモンラッシェの裏手にあるのがこの、一級レ・ミュルジュ・デ・ダン・ド・シアン。 ある評者に言わせれば、サン・トーバン一級の中で、最も最上の白を生み出すのがこのレ・ミュルジュ・デ・ダン・ド・シアンとラ・シャトニエールだそうです。レ・ミュルジュ・デ・ダン・ド・シアンは、アン・レミリ—とラ・シャトニエールにまたがる様に位置しています。コート・ドールの「秘められたる宝石」期待して下さい! 0.14ha。白亜質を含む石灰質土壌。平均樹齢25年。樽で発酵後、新樽率25%で16ヶ月間熟成。「私の3つのサン・トーバン一級の中で最も酸とミネラルに富む、長期熟成型のワインです」。Christian Bergeret et Fille / クリスチャン・ベルジュレサン・トーバン村の6km西、ノレ村に1900年から続くぶどう栽培家で、1969年、前当主クリスチャン・ベルジュレのもとに、サン・トーバンで最も偉大な造り手と言われたマルク・コラン氏の妹ベルナデットが優良な畑とともに嫁いで来たのを機に、自社ビン詰めを開始しました。2000年に、娘のクロティルドが継承。以来、5代目当主としてドメーヌを運営しています。「素晴らしいポテンシャルを持った畑ですので、できる限り無農薬に近い栽培を実践しています」。「私自身が飲みたいと思うワインを造ることを心がけています。私はお料理が趣味なのですが、いつも私のワインを合わせて美味しく楽しんでいます。趣味なのか仕事なのか分からないわね(笑)」。「白ワインは、サン・トーバンもシャサーニュ・モンラッシェも、まず美しい酸があること。そして、それに負けない豊かな果実味と、たっぷりとしたミネラル(塩味)があることが大事です。赤は...

あす楽
アニェス・パケ サン・トーバン 1er レ・ペリエール [2013]750ml (白ワイン)

ウメムラ Wine Cellar

6,220

あす楽

アニェス・パケ サン・トーバン 1er レ・ペリエール [2013]750ml (白ワイン)

2011年がファーストヴィンテージの新作。メテイヤージュによるドメーヌもの。0.25ha。平均樹齢30年。小石が多い粘土石灰質土壌。新樽率30%で12ヶ月間の熟成。パケのワインは澱引きをしておりませんので、澱が瓶内に残っています。飲む前はしっかりとボトルを立てて、瓶底に落としてからお飲みください。Agnes Paquet / アニェス・パケ2001年に創業したアニェス・パケは、今日のブルゴーニュ新世代を象徴するような存在です。創業当初からの実質ビオロジーのリュット・レゾネ栽培や、毎年1本1本ぶどう樹を観察して優れた樹の選抜と育成を行う「マス・セレクション」への取り組みといった地道な努力を続けながら、急斜面をものともせずに土まみれになって畑で汗を流しています。「美味しい料理を引き立て、ガストロノミーに愛されるワインを造りたい」と願う彼女は自身のワインでそれを証明し、オークセイ・デュレスというややマイナーなアペラシオンにも関わらず、その品質に感動した「ピエール・ガニェール」、「ラルページュ」、「コート・ドール」、「ランズブール」といったミシュラン3つ星レストランのソムリエ達もこぞってオンリストしはじめました。彼女のワインは、透き通るようにピュアで清らかな口当たりながら、大地の滋養の結晶たる深いうまみに満ち溢れています。(それにしても昨今のブルゴーニュの女性醸造家達の造るワインは、頭ひとつ抜きんでているように思えます)。「畑で自然と接するのが何より楽しい」という彼女は、休日も旦那さんとブルゴーニュの大自然の中をサイクリングに出かけるなど、ライフスタイルそのものが自然志向です。2010年4月27日にアニエス・パケ氏が来店して下さいました!!

スポンサーリンク
スポンサーリンク