メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「アルマンルソー」検索結果。

アルマンルソーの商品検索結果全135件中1~60件目

あす楽
[2016] ドメーヌ・アルマン・ルソー マジ・シャンベルタン 750ml を含む2本セット

ウメムラ Wine Cellar

82,080

[2016] ドメーヌ・アルマン・ルソー マジ・シャンベルタン 750ml を含む2本セット

●セット内容 ・ドメーヌ・アルマン・ルソー マジ・シャンベルタン [2016]750ml ・ラブリュイエール プリウール セレクション シャルム・シャンベルタン [2014]750mlアルマン・ルソー/ARMAND ROUSSEAU綺羅星のごとき数々のグラン・クリュを所有するジュヴレ・シャンベルタンの大ドメーヌ強豪揃いのジュヴレ・シャンベルタンにおいて、最も尊敬を集めるドメーヌがアルマン・ルソー。20世紀の初め、ジュヴレ・シャンベルタンに一族の所有する小さな畑を寄せ集めて、アルマン・ルソーがドメーヌを設立。婚姻によって畑を拡張した後、シャルム・シャンベルタン、クロ・ド・ラ・ロッシュ、シャンベルタンなど、フィロキセラ禍と第一次大戦の余波で価格の暴落したグラン・クリュを買い取り、ドメーヌの礎を築いた。ご多分に漏れず、当初は出来上がったワインを地元の大手ネゴスに桶売りしていたが、世界恐慌によってネゴスの経営環境が厳しくなり、栽培農家のブドウやワインを以前のように買い取れなくなると、ルヴュー・ド・ヴァン・ド・フランスの創始者、レイモン・ボードワンの薦めでマルキ・ダンジェルヴィルなどとともにドメーヌ元詰めを開始。ドメーヌ・ワインのパイオニアとなった。 1959年にアルマンが自動車事故で急逝したため、息子のシャルルがドメーヌを継承。シャンベルタン・クロ・ド・ベーズやリュショット・シャンベルタン・クロ・デ・リュショットを新たに取得することに成功し、ドメーヌの規模を6haから13haまで拡大する。今日もなお、シャルルは存命だが、ブドウ栽培やワイン醸造については息子のエリックが指揮を執り、2012年には、ディジョンのブルゴーニュ大学で栽培学を修めたエリックの娘、シリエルもドメーヌ入り。次世代の担い手として期待される。今日...

あす楽
[2016] ドメーヌ・アルマン・ルソー リショット・シャンベルタン クロ・デ・リショット 750ml を含む2本セット

ウメムラ Wine Cellar

111,240

[2016] ドメーヌ・アルマン・ルソー リショット・シャンベルタン クロ・デ・リショット 750ml を含む2本セット

●セット内容 ・ドメーヌ・アルマン・ルソー リショット・シャンベルタン クロ・デ・リショット [2016]750ml ・ラブリュイエール プリウール セレクション シャルム・シャンベルタン [2014]750mlアルマン・ルソー/ARMAND ROUSSEAU綺羅星のごとき数々のグラン・クリュを所有するジュヴレ・シャンベルタンの大ドメーヌ強豪揃いのジュヴレ・シャンベルタンにおいて、最も尊敬を集めるドメーヌがアルマン・ルソー。20世紀の初め、ジュヴレ・シャンベルタンに一族の所有する小さな畑を寄せ集めて、アルマン・ルソーがドメーヌを設立。婚姻によって畑を拡張した後、シャルム・シャンベルタン、クロ・ド・ラ・ロッシュ、シャンベルタンなど、フィロキセラ禍と第一次大戦の余波で価格の暴落したグラン・クリュを買い取り、ドメーヌの礎を築いた。ご多分に漏れず、当初は出来上がったワインを地元の大手ネゴスに桶売りしていたが、世界恐慌によってネゴスの経営環境が厳しくなり、栽培農家のブドウやワインを以前のように買い取れなくなると、ルヴュー・ド・ヴァン・ド・フランスの創始者、レイモン・ボードワンの薦めでマルキ・ダンジェルヴィルなどとともにドメーヌ元詰めを開始。ドメーヌ・ワインのパイオニアとなった。 1959年にアルマンが自動車事故で急逝したため、息子のシャルルがドメーヌを継承。シャンベルタン・クロ・ド・ベーズやリュショット・シャンベルタン・クロ・デ・リュショットを新たに取得することに成功し、ドメーヌの規模を6haから13haまで拡大する。今日もなお、シャルルは存命だが、ブドウ栽培やワイン醸造については息子のエリックが指揮を執り、2012年には、ディジョンのブルゴーニュ大学で栽培学を修めたエリックの娘、シリエルもドメーヌ入り。次世代の担い手として期待される。今日...

あす楽
[2016] ドメーヌ・アルマン・ルソー クロ・ド・ラ・ロッシュ 750ml を含む2本セット

ウメムラ Wine Cellar

83,160

[2016] ドメーヌ・アルマン・ルソー クロ・ド・ラ・ロッシュ 750ml を含む2本セット

●セット内容 ・ドメーヌ・アルマン・ルソー クロ・ド・ラ・ロッシュ [2016]750ml ・ジェラール・ラフェ クロ・ド・ヴージョ VV [2012]750mlアルマン・ルソー/ARMAND ROUSSEAU綺羅星のごとき数々のグラン・クリュを所有するジュヴレ・シャンベルタンの大ドメーヌ強豪揃いのジュヴレ・シャンベルタンにおいて、最も尊敬を集めるドメーヌがアルマン・ルソー。20世紀の初め、ジュヴレ・シャンベルタンに一族の所有する小さな畑を寄せ集めて、アルマン・ルソーがドメーヌを設立。婚姻によって畑を拡張した後、シャルム・シャンベルタン、クロ・ド・ラ・ロッシュ、シャンベルタンなど、フィロキセラ禍と第一次大戦の余波で価格の暴落したグラン・クリュを買い取り、ドメーヌの礎を築いた。ご多分に漏れず、当初は出来上がったワインを地元の大手ネゴスに桶売りしていたが、世界恐慌によってネゴスの経営環境が厳しくなり、栽培農家のブドウやワインを以前のように買い取れなくなると、ルヴュー・ド・ヴァン・ド・フランスの創始者、レイモン・ボードワンの薦めでマルキ・ダンジェルヴィルなどとともにドメーヌ元詰めを開始。ドメーヌ・ワインのパイオニアとなった。 1959年にアルマンが自動車事故で急逝したため、息子のシャルルがドメーヌを継承。シャンベルタン・クロ・ド・ベーズやリュショット・シャンベルタン・クロ・デ・リュショットを新たに取得することに成功し、ドメーヌの規模を6haから13haまで拡大する。今日もなお、シャルルは存命だが、ブドウ栽培やワイン醸造については息子のエリックが指揮を執り、2012年には、ディジョンのブルゴーニュ大学で栽培学を修めたエリックの娘、シリエルもドメーヌ入り。次世代の担い手として期待される。今日、15haを超えるまでに拡大したブドウ畑は圧巻のひと言...

2015 ジュヴレ シャンベルタン アルマン ルソー 赤ワイン 辛口 750ml Armand Rousseau Gevrey Chambertin 2015

代官山ワインサロン Le・Luxe

45,360

2015 ジュヴレ シャンベルタン アルマン ルソー 赤ワイン 辛口 750ml Armand Rousseau Gevrey Chambertin 2015

商 品 名 Armand Rousseau Gevrey Chambertin 1er Cru Les Cazetiers 2015 蔵 元 アルマン・ルソー / Armand Rousseau 産 地 フランス/France ブルゴーニュ地方/Bourgogne コート・ド・ニュイ地区/Cote de Nuits ジュヴレ・シャンベルタン村/Gevrey Chambertine 格 付 け A.O.C ジュヴレ・シャンベルタン / Gevrey Chambertine ヴィンテージ 2015年 品 種 ピノ・ノワール100% 種 類 / 味わい 赤red / 辛口dry 容 量 750ml 輸 入 元 リーファー輸入・定温倉庫保管強豪揃いのジュヴレ・シャンベルタンにおいて、最も尊敬を集めるドメーヌがアルマン・ルソー。 今日、15haを超えるまでに拡大したブドウ畑は圧巻のひと言に尽きる。 このうち村名畑はわずか3haに過ぎず、プルミエ・クリュも4ha弱に止まる一方、グラン・クリュは8haを超える規模なのだ。しかもシャンベルタン、シャンベルタン・クロ・ド・ベーズ、マジ・シャンベルタン、シャルム・シャンベルタン(一部マゾワイエールを含む)、リュショット・シャンベルタンと、ジュヴレに9つあるグラン・クリュのうち6つを揃える豪華絢爛ぶり。さらにプルミエ・クリュの筆頭、クロ・サン・ジャックまで所有する。ルソーに優るライバルなしである。 このドメーヌのモットーとして各クリマの平均樹齢を40年以上に保つことがあり、そのため定期的な植え替えを行っている。それも各クリマが一定以上の面積だからこそ可能なことだ。 ブドウ栽培においては認証こそ取得していないものの、事実上のビオロジックで除草剤や殺虫剤は使用しない。また、エリック・ルソーはブドウの過熟を嫌い...

あす楽
[2016] ドメーヌ・アルマン・ルソー シャルム・シャンベルタン 750ml を含む2本セット

ウメムラ Wine Cellar

77,760

[2016] ドメーヌ・アルマン・ルソー シャルム・シャンベルタン 750ml を含む2本セット

●セット内容 ・ドメーヌ・アルマン・ルソー シャルム・シャンベルタン [2016]750ml ・ドメーヌ・ペロ・ミノ シャルム・シャンベルタン VV [2011]750mlアルマン・ルソー/ARMAND ROUSSEAU綺羅星のごとき数々のグラン・クリュを所有するジュヴレ・シャンベルタンの大ドメーヌ強豪揃いのジュヴレ・シャンベルタンにおいて、最も尊敬を集めるドメーヌがアルマン・ルソー。20世紀の初め、ジュヴレ・シャンベルタンに一族の所有する小さな畑を寄せ集めて、アルマン・ルソーがドメーヌを設立。婚姻によって畑を拡張した後、シャルム・シャンベルタン、クロ・ド・ラ・ロッシュ、シャンベルタンなど、フィロキセラ禍と第一次大戦の余波で価格の暴落したグラン・クリュを買い取り、ドメーヌの礎を築いた。ご多分に漏れず、当初は出来上がったワインを地元の大手ネゴスに桶売りしていたが、世界恐慌によってネゴスの経営環境が厳しくなり、栽培農家のブドウやワインを以前のように買い取れなくなると、ルヴュー・ド・ヴァン・ド・フランスの創始者、レイモン・ボードワンの薦めでマルキ・ダンジェルヴィルなどとともにドメーヌ元詰めを開始。ドメーヌ・ワインのパイオニアとなった。 1959年にアルマンが自動車事故で急逝したため、息子のシャルルがドメーヌを継承。シャンベルタン・クロ・ド・ベーズやリュショット・シャンベルタン・クロ・デ・リュショットを新たに取得することに成功し、ドメーヌの規模を6haから13haまで拡大する。今日もなお、シャルルは存命だが、ブドウ栽培やワイン醸造については息子のエリックが指揮を執り、2012年には、ディジョンのブルゴーニュ大学で栽培学を修めたエリックの娘、シリエルもドメーヌ入り。次世代の担い手として期待される。今日、15haを超えるまでに拡大したブドウ畑は圧...

あす楽
【マグナム瓶】[2016]ドメーヌ・アルマン・ルソー ジュヴレ・シャンベルタン クロ・デュ・シャトー 1500ml を含む2本セット

ウメムラ Wine Cellar

87,480

【マグナム瓶】[2016]ドメーヌ・アルマン・ルソー ジュヴレ・シャンベルタン クロ・デュ・シャトー 1500ml を含む2本セット

●セット内容 ・【マグナム瓶】ドメーヌ・アルマン・ルソー ジュヴレ・シャンベルタン クロ・デュ・シャトー [2016]1500ml ・【マグナム瓶】ドメーヌ・ジョルジュ・リニエ クロ・ド・ラ・ロシュ [2009]1500mlアルマン・ルソー/ARMAND ROUSSEAU綺羅星のごとき数々のグラン・クリュを所有するジュヴレ・シャンベルタンの大ドメーヌ強豪揃いのジュヴレ・シャンベルタンにおいて、最も尊敬を集めるドメーヌがアルマン・ルソー。20世紀の初め、ジュヴレ・シャンベルタンに一族の所有する小さな畑を寄せ集めて、アルマン・ルソーがドメーヌを設立。婚姻によって畑を拡張した後、シャルム・シャンベルタン、クロ・ド・ラ・ロッシュ、シャンベルタンなど、フィロキセラ禍と第一次大戦の余波で価格の暴落したグラン・クリュを買い取り、ドメーヌの礎を築いた。ご多分に漏れず、当初は出来上がったワインを地元の大手ネゴスに桶売りしていたが、世界恐慌によってネゴスの経営環境が厳しくなり、栽培農家のブドウやワインを以前のように買い取れなくなると、ルヴュー・ド・ヴァン・ド・フランスの創始者、レイモン・ボードワンの薦めでマルキ・ダンジェルヴィルなどとともにドメーヌ元詰めを開始。ドメーヌ・ワインのパイオニアとなった。 1959年にアルマンが自動車事故で急逝したため、息子のシャルルがドメーヌを継承。シャンベルタン・クロ・ド・ベーズやリュショット・シャンベルタン・クロ・デ・リュショットを新たに取得することに成功し、ドメーヌの規模を6haから13haまで拡大する。今日もなお、シャルルは存命だが、ブドウ栽培やワイン醸造については息子のエリックが指揮を執り、2012年には、ディジョンのブルゴーニュ大学で栽培学を修めたエリックの娘、シリエルもドメーヌ入り...

あす楽
[2016] ドメーヌ・アルマン・ルソー ジュヴレ・シャンベルタン 1er クロ・サン・ジャック 750ml を含む2本セット

ウメムラ Wine Cellar

118,800

[2016] ドメーヌ・アルマン・ルソー ジュヴレ・シャンベルタン 1er クロ・サン・ジャック 750ml を含む2本セット

●セット内容 ・ドメーヌ・アルマン・ルソー ジュヴレ・シャンベルタン 1er クロ・サン・ジャック [2016]750ml ・ドメーヌ・ブリュノ・クレール ジュヴレ・シャンベルタン 1er クロ・サン・ジャック [2014]750mlアルマン・ルソー/ARMAND ROUSSEAU綺羅星のごとき数々のグラン・クリュを所有するジュヴレ・シャンベルタンの大ドメーヌ強豪揃いのジュヴレ・シャンベルタンにおいて、最も尊敬を集めるドメーヌがアルマン・ルソー。20世紀の初め、ジュヴレ・シャンベルタンに一族の所有する小さな畑を寄せ集めて、アルマン・ルソーがドメーヌを設立。婚姻によって畑を拡張した後、シャルム・シャンベルタン、クロ・ド・ラ・ロッシュ、シャンベルタンなど、フィロキセラ禍と第一次大戦の余波で価格の暴落したグラン・クリュを買い取り、ドメーヌの礎を築いた。ご多分に漏れず、当初は出来上がったワインを地元の大手ネゴスに桶売りしていたが、世界恐慌によってネゴスの経営環境が厳しくなり、栽培農家のブドウやワインを以前のように買い取れなくなると、ルヴュー・ド・ヴァン・ド・フランスの創始者、レイモン・ボードワンの薦めでマルキ・ダンジェルヴィルなどとともにドメーヌ元詰めを開始。ドメーヌ・ワインのパイオニアとなった。 1959年にアルマンが自動車事故で急逝したため、息子のシャルルがドメーヌを継承。シャンベルタン・クロ・ド・ベーズやリュショット・シャンベルタン・クロ・デ・リュショットを新たに取得することに成功し、ドメーヌの規模を6haから13haまで拡大する。今日もなお、シャルルは存命だが、ブドウ栽培やワイン醸造については息子のエリックが指揮を執り、2012年には、ディジョンのブルゴーニュ大学で栽培学を修めたエリックの娘、シリエルもドメーヌ入り...

送料無料
ドメーヌ・アルマン・ルソークロ・ド・ラ・ロッシュ [2016]Domaine Armand Rousseau Clos de La Roche

マリアージュ・ド・ケイ

68,040

ドメーヌ・アルマン・ルソークロ・ド・ラ・ロッシュ [2016]Domaine Armand Rousseau Clos de La Roche

Vintage 2016年 生産国 フランス/ブルゴーニュ 生産者 ドメーヌ・アルマン・ルソー 品 種 ピノ・ノワール タイプ 赤/辛口/フルボディ 内容量 750mlドメーヌ・アルマン・ルソー Domaine Armand Rousseau『 ジュヴレ・シャンベルタンのトップ・ドメーヌ 』 18世紀初頭、心無いネゴシアンによって不正なブレンドが横行しており、商慣習上タブー視されていた元詰をアルマン・ルソー氏がダンジェルヴィル、グージュ、グリヴォらと組織を結成して1915年頃に実現。ネゴシアンに樽で売るのをいち早く止めてブルゴーニュワインの品質向上に大きな貢献をしました。2代目のシャルル氏は、1959年当時には6haだった所有畑を14haまで拡大。所有面積の半分以上の8haをグラン・クリュが占めます。醸造や栽培の実務はすでに10年以上前から息子のエリック氏に譲っています。 ドメーヌ・アルマン・ルソーにとってワイン造りとは、「こちらがアペラシオンの特徴を表現するものではなく、土壌の方から語りかけてくるものである」という。その言葉を体現するかのように、土壌本来の力に任せるため20年前から肥料を使用していません。 数年前よりリュット・レゾネに切り替え農薬もボルドー液や硫黄など昔から伝わるものを選んでいます。 ■ ドメーヌ・アルマン・ルソー クロ・ド・ラ・ロッシュルソー家で唯一、ジュヴレ・シャンベルタン村以外に所有する畑です。ジュヴレシャンベルタンの力強さとモレ・サン・ドニの繊細さを併せ持つ透き通るようなミネラルと弾けるような果実味を持ったワインです。

≪デュジャック≫ピュリニ モンラッシェ 1erクリュ レ コンベット2016 ☆

東急百貨店

22,680

≪デュジャック≫ピュリニ モンラッシェ 1erクリュ レ コンベット2016 ☆

【生産者情報】今やモレ・サン・ドゥニを代表する大ドメーヌとして勇名を馳せるドメーヌ・デュジャック。しかし、その歴史はわずか45年に過ぎない。創設者のジャック・セイスはベルギー出身で、ドメーヌ創設の前に2年間ブルゴーニュで過ごし、ジェラール・ポテルの元、ドメーヌ・プス・ドールでワイン造りを学びました。その間に、DRCのオベール・ド・ヴィレーヌやアルマン・ルソーのシャルル・ルソーらと親交を深めています。そして1968年に4.5haのドメーヌ・グライエを買い取り、自らの名前、ジャックをもじってドメーヌ・デュジャックと名付けました。現在はジャックの息子、ジェレミーとアレックがそれぞれ醸造と販売を担当し、ドメーヌを実質的に引き継いでいます。【ワイン情報】ジャック時代のワイン造りは完全無除梗による全房醸造がこのドメーヌの特徴であり、梗が色素を吸収するためワインの色調は比較的淡く、しかしながら香りと味わいがしっかりしているというものでした。ジェレミーになってからはヴィンテージに応じて除梗率を変え、以前よりも色合いはしっかりし、果実味も充実したものとなっています。【味わい】ピュリニー・モンラッシェのプルミエクリュのトップの畑。隣接するムルソー・シャルムやペリエールの特徴とピュリニーらしさを併せ持つ極上の白ワインです。アカシアなどの白い花、柑橘類、蜂蜜、ヘーゼルナッツ。タイトなボディで調和のとれた酸味とミネラル。アタックこそ果実の柔らかみが感じられるものの、全体的にピュアでストレートな印象。エレガントな白ワインに仕上がっています。

≪デュジャック≫クロ ド ラ ロシュ2016 ☆

東急百貨店

41,040

≪デュジャック≫クロ ド ラ ロシュ2016 ☆

【生産者情報】今やモレ・サン・ドゥニを代表する大ドメーヌとして勇名を馳せるドメーヌ・デュジャック。しかし、その歴史はわずか45年に過ぎない。創設者のジャック・セイスはベルギー出身で、ドメーヌ創設の前に2年間ブルゴーニュで過ごし、ジェラール・ポテルの元、ドメーヌ・プス・ドールでワイン造りを学びました。その間に、DRCのオベール・ド・ヴィレーヌやアルマン・ルソーのシャルル・ルソーらと親交を深めています。そして1968年に4.5haのドメーヌ・グライエを買い取り、自らの名前、ジャックをもじってドメーヌ・デュジャックと名付けました。現在はジャックの息子、ジェレミーとアレックがそれぞれ醸造と販売を担当し、ドメーヌを実質的に引き継いでいます。【ワイン情報】ジャック時代のワイン造りは完全無除梗による全房醸造がこのドメーヌの特徴であり、梗が色素を吸収するためワインの色調は比較的淡く、しかしながら香りと味わいがしっかりしているというものでした。ジェレミーになってからはヴィンテージに応じて除梗率を変え、以前よりも色合いはしっかりし、果実味も充実したものとなっています。【味わい】大部分はドメーヌ・デュジャック創設時、前身のドメーヌ・グライエから引き継いだ畑です。2ha近い面積はポンソに次ぐ広さです。フェミニンなクロ・サン・ドニに対して「クロ・ド・ラ・ロッシュはマスキュリン」とジャック・セイスの次男アレックは言います。ボリュームが大きく、ストラクチャーがしっかりしていて長期熟成に耐え得るワインです。

≪デュジャック≫ピュリニ モンラッシェ 1erクリュ レ フォラティエール2016 ☆

東急百貨店

17,280

≪デュジャック≫ピュリニ モンラッシェ 1erクリュ レ フォラティエール2016 ☆

【生産者情報】今やモレ・サン・ドゥニを代表する大ドメーヌとして勇名を馳せるドメーヌ・デュジャック。しかし、その歴史はわずか45年に過ぎない。創設者のジャック・セイスはベルギー出身で、ドメーヌ創設の前に2年間ブルゴーニュで過ごし、ジェラール・ポテルの元、ドメーヌ・プス・ドールでワイン造りを学びました。その間に、DRCのオベール・ド・ヴィレーヌやアルマン・ルソーのシャルル・ルソーらと親交を深めています。そして1968年に4.5haのドメーヌ・グライエを買い取り、自らの名前、ジャックをもじってドメーヌ・デュジャックと名付けました。現在はジャックの息子、ジェレミーとアレックがそれぞれ醸造と販売を担当し、ドメーヌを実質的に引き継いでいます。【ワイン情報】ジャック時代のワイン造りは完全無除梗による全房醸造がこのドメーヌの特徴であり、梗が色素を吸収するためワインの色調は比較的淡く、しかしながら香りと味わいがしっかりしているというものでした。ジェレミーになってからはヴィンテージに応じて除梗率を変え、以前よりも色合いはしっかりし、果実味も充実したものとなっています。【味わい】カイユレの隣に位置するプルミエ・クリュです。ワインは輝きのある美しいイエロー。白い花、蜂蜜、ヘーゼルナッツの香ばしいフレーバー。果実味の厚みとミネラルが調和し、エレガントで凛とした性格。余韻は長く、ピュリニーのプルミエ・クリュでも1、2を争う畑です。

アルマン ルソーリュショット シャンベルタン グラン クリュ クロ デ リュショット 2014(モノポール) 正規品 赤ワイン 辛口 750mlArmand RousseauRuchottes...

代官山ワインサロン Le・Luxe

86,400

アルマン ルソーリュショット シャンベルタン グラン クリュ クロ デ リュショット 2014(モノポール) 正規品 赤ワイン 辛口 750mlArmand RousseauRuchottes...

強豪揃いのジュヴレ・シャンベルタンにおいて、最も尊敬を集めるドメーヌがアルマン・ルソー。 今日、15haを超えるまでに拡大したブドウ畑は圧巻のひと言に尽きる。 このうち村名畑はわずか3haに過ぎず、プルミエ・クリュも4ha弱に止まる一方、グラン・クリュは8haを超える規模なのだ。しかもシャンベルタン、シャンベルタン・クロ・ド・ベーズ、マジ・シャンベルタン、シャルム・シャンベルタン(一部マゾワイエールを含む)、リュショット・シャンベルタンと、ジュヴレに9つあるグラン・クリュのうち6つを揃える豪華絢爛ぶり。さらにプルミエ・クリュの筆頭、クロ・サン・ジャックまで所有する。ルソーに優るライバルなしである。 このドメーヌのモットーとして各クリマの平均樹齢を40年以上に保つことがあり、そのため定期的な植え替えを行っている。それも各クリマが一定以上の面積だからこそ可能なことだ。 ブドウ栽培においては認証こそ取得していないものの、事実上のビオロジックで除草剤や殺虫剤は使用しない。また、エリック・ルソーはブドウの過熟を嫌い、ジュヴレ・シャンベルタンでもかなり早い時期に収穫を始めることで知られる。しかしながらこれこそ、ルソーのワインに共通して感じられる優雅さの鍵であり、各クリマの微妙な違いがワインに反映される秘訣なのだ。 シャンベルタンとクロ・ド・ベーズこそ新樽率が100%に達するが、その他のクリマはたとえグラン・クリュであっても新樽を一切使わない(クロ・サン・ジャックはプルミエ・クリュだが70〜100%の新樽率)。比較的新樽好みの造り手が多いジュヴレ・シャンベルタンにおいて、希有な存在といえるだろう。 シャンベルタンとクロ・ド・ベーズの違いを知りたければ、このドメーヌのワインを並べて試すことだ。グリザールの谷間を吹き抜ける冷風の影響を受けた前者のほうが...

≪デュジャック≫シャルム シャンベルタン2016 ☆

東急百貨店

31,320

≪デュジャック≫シャルム シャンベルタン2016 ☆

【生産者情報】今やモレ・サン・ドゥニを代表する大ドメーヌとして勇名を馳せるドメーヌ・デュジャック。しかし、その歴史はわずか45年に過ぎない。創設者のジャック・セイスはベルギー出身で、ドメーヌ創設の前に2年間ブルゴーニュで過ごし、ジェラール・ポテルの元、ドメーヌ・プス・ドールでワイン造りを学びました。その間に、DRCのオベール・ド・ヴィレーヌやアルマン・ルソーのシャルル・ルソーらと親交を深めています。そして1968年に4.5haのドメーヌ・グライエを買い取り、自らの名前、ジャックをもじってドメーヌ・デュジャックと名付けました。現在はジャックの息子、ジェレミーとアレックがそれぞれ醸造と販売を担当し、ドメーヌを実質的に引き継いでいます。【ワイン情報】ジャック時代のワイン造りは完全無除梗による全房醸造がこのドメーヌの特徴であり、梗が色素を吸収するためワインの色調は比較的淡く、しかしながら香りと味わいがしっかりしているというものでした。ジェレミーになってからはヴィンテージに応じて除梗率を変え、以前よりも色合いはしっかりし、果実味も充実したものとなっています。【味わい】デュジャックのシャルム・シャンベルタンは、シャルム(0.31ha)とマゾワイエール(0.39ha)をアッサンブラージュしたものです。よく熟したダークチェリーやブラックベリーの香り。非常に肉付きがよく果実味豊かなスタイルで、シャルムの名に違わない。ジュヴレ・シャンベルタンのグラン・クリュとしては舌触りも滑らかです。

送料無料
ドメーヌ・ドミニク・ガロワ/シャルム・シャンベルタン [2011]

Amazon

18,144

ドメーヌ・ドミニク・ガロワ/シャルム・シャンベルタン [2011]

ドミニク氏はジュヴレ・シャンベルタン村栽培家組合の会長を務めていたこともあり、その人柄や人望がうかがえます。また、元シェフの経歴を持つことは広く知られており、ドメーヌを継ぐ前はディジョンでレストランを経営していました。実際、販売先の多くは自国フランスをはじめ、世界各国のレストランです。食事に寄り添う彼のワインはギッド・アシェットやラ・ルヴュ・ド・ヴァン・ド・フランスなど各種の評価本でも非常に高い掲載実績を得ています。 ドメーヌの特徴としてブドウ樹齢の高さを挙げているとおりいずれの畑もヴィエイユ・ヴィーニュで、シャルム・シャンベルタンに至ってはほぼ100年です。栽培はリュット・レゾネ。 《シャルム》の優雅さ、《シャンベルタン》の力強さ、《グリオット》の円熟感、それぞれをいいとこ取りした素晴らしいワイン。樹齢は100年を迎えました。ドメーヌの所有する区画はアルマン・ルソーとジャンテ・パンシオの中間。熟成にアリエ産新樽を80%の割合で使用しますが、ヴィンテージによっては全量新樽にすることもあります。【rouge】 【bourgogne】 【ピノ・ノワール100%】 【v2011】【kiwami】

ドメーヌ・アンリ・グージュ / ニュイ・サン・ジョルジュ・プルミエ・クリュ・クロ・デ・ポレ・サン・ジョルジュ・ルージュ・モノポール [2012]

Amazon

11,178

ドメーヌ・アンリ・グージュ / ニュイ・サン・ジョルジュ・プルミエ・クリュ・クロ・デ・ポレ・サン・ジョルジュ・ルージュ・モノポール [2012]

第一次世界大戦後、父親より9haの畑を譲り受けたアンリ グージュ氏は1925年にドメーヌを設立し、マルキ ダンジェルヴィル氏やアルマン ルソー氏らと共にその時代に蔓延していた粗悪なブルゴーニュワインを無くす為に尽力しました。現在は2人の孫がドメーヌを運営しています。アンリ・グージュはブルゴーニュにおいて最も早い時期にドメーヌをはじめたことで知られている。昔からコート ドールの傾斜が急な畑では、雨が降った後に土が流れてしまうという問題があったが、ピエール氏は1975年に葡萄の木の列の間に芝生を植える方法を生み出しました。結果としてテロワールを明確に表現することができました。非常にシルキーで滑らかな酒質ながらパワフルで見事なワイン。決して華やか系のワインではなくニュイ・サン・ジョルジュらしい雰囲気も見せるが彼独特の酒質は他には無い物だ。知性的な香り。2008年以降驚くほど酒質が素晴らしくなり今や隠れたブルゴーニュのトップ生産者だ。2012年は生産量が少なく非常に貴重なヴィンテージになることは間違いない。【rouge】 【bourgogne】 【ピノ・ノワール100%】 【v2012】

送料無料
ドメーヌ・アルマン・ルソーリュショット・シャンベルタン クロ・デ・リュショット [2016]Domaine Armand Rousseau Ruchottes Chambertin Clos des...

マリアージュ・ド・ケイ

86,400

ドメーヌ・アルマン・ルソーリュショット・シャンベルタン クロ・デ・リュショット [2016]Domaine Armand Rousseau Ruchottes Chambertin Clos des...

Vintage 2016年 生産国 フランス/ブルゴーニュ 生産者 ドメーヌ・アルマン・ルソー 品 種 ピノ・ノワール タイプ 赤/辛口/フルボディ 内容量 750mlドメーヌ・アルマン・ルソー Domaine Armand Rousseau『 ジュヴレ・シャンベルタンのトップ・ドメーヌ 』 18世紀初頭、心無いネゴシアンによって不正なブレンドが横行しており、商慣習上タブー視されていた元詰をアルマン・ルソー氏がダンジェルヴィル、グージュ、グリヴォらと組織を結成して1915年頃に実現。ネゴシアンに樽で売るのをいち早く止めてブルゴーニュワインの品質向上に大きな貢献をしました。2代目のシャルル氏は、1959年当時には6haだった所有畑を14haまで拡大。所有面積の半分以上の8haをグラン・クリュが占めます。醸造や栽培の実務はすでに10年以上前から息子のエリック氏に譲っています。 ドメーヌ・アルマン・ルソーにとってワイン造りとは、「こちらがアペラシオンの特徴を表現するものではなく、土壌の方から語りかけてくるものである」という。その言葉を体現するかのように、土壌本来の力に任せるため20年前から肥料を使用していません。 数年前よりリュット・レゾネに切り替え農薬もボルドー液や硫黄など昔から伝わるものを選んでいます。 ■ ドメーヌ・アルマン・ルソー リュショット・シャンベルタン クロ・デ・リュショットリュショット・シャンベルタンは3.3haの極々小さな畑ですが、上部(リュショット・デュ・バ)と下部(リュショット・デュ・ドゥスュ)に分けられています。ルソー家は、上部の中でも特に良い区画(クロ・デ・リュショット1.06ha)をモノポールで持っています。スパイスや赤い果実のニュアンス、優雅さと繊細さを併せ持つワインです。

アンリ・グージュ / ニュイ・サン・ジョルジュ・レ・シェヌ・カルトー [2012]

Amazon

9,720

アンリ・グージュ / ニュイ・サン・ジョルジュ・レ・シェヌ・カルトー [2012]

第一次世界大戦後、父親より9haの畑を譲り受けたアンリ グージュ氏は1925年にドメーヌを設立し、マルキ ダンジェルヴィル氏やアルマン ルソー氏らと共にその時代に蔓延していた粗悪なブルゴーニュワインを無くす為に尽力しました。現在は2人の孫がドメーヌを運営しています。アンリ・グージュはブルゴーニュにおいて最も早い時期にドメーヌをはじめたことで知られている。昔からコート ドールの傾斜が急な畑では、雨が降った後に土が流れてしまうという問題があったが、ピエール氏は1975年に葡萄の木の列の間に芝生を植える方法を生み出しました。結果としてテロワールを明確に表現することができました。非常にシルキーで滑らかな酒質ながらパワフルで見事なワイン。決して華やか系のワインではなくニュイ・サン・ジョルジュらしい雰囲気も見せるが彼独特の酒質は他には無い物だ。知性的な香り。2008年以降驚くほど酒質が素晴らしくなり今や隠れたブルゴーニュのトップ生産者だ。2012年は生産量が少なく非常に貴重なヴィンテージになることは間違いない。【rouge】 【bourgogne】 【ピノ・ノワール100%】 【v2012】

アルマン・ルソー リュショット・シャンベルタン グラン・クリュ クロ・デ・リュショット(モノポール)[2013][正規品] 赤ワイン/辛口[750ml] Armand Rousseau...

代官山ワインサロン Le・Luxe

60,480

アルマン・ルソー リュショット・シャンベルタン グラン・クリュ クロ・デ・リュショット(モノポール)[2013][正規品] 赤ワイン/辛口[750ml] Armand Rousseau...

強豪揃いのジュヴレ・シャンベルタンにおいて、最も尊敬を集めるドメーヌがアルマン・ルソー。 今日、15haを超えるまでに拡大したブドウ畑は圧巻のひと言に尽きる。 このうち村名畑はわずか3haに過ぎず、プルミエ・クリュも4ha弱に止まる一方、グラン・クリュは8haを超える規模なのだ。しかもシャンベルタン、シャンベルタン・クロ・ド・ベーズ、マジ・シャンベルタン、シャルム・シャンベルタン(一部マゾワイエールを含む)、リュショット・シャンベルタンと、ジュヴレに9つあるグラン・クリュのうち6つを揃える豪華絢爛ぶり。さらにプルミエ・クリュの筆頭、クロ・サン・ジャックまで所有する。ルソーに優るライバルなしである。 このドメーヌのモットーとして各クリマの平均樹齢を40年以上に保つことがあり、そのため定期的な植え替えを行っている。それも各クリマが一定以上の面積だからこそ可能なことだ。 ブドウ栽培においては認証こそ取得していないものの、事実上のビオロジックで除草剤や殺虫剤は使用しない。また、エリック・ルソーはブドウの過熟を嫌い、ジュヴレ・シャンベルタンでもかなり早い時期に収穫を始めることで知られる。しかしながらこれこそ、ルソーのワインに共通して感じられる優雅さの鍵であり、各クリマの微妙な違いがワインに反映される秘訣なのだ。 シャンベルタンとクロ・ド・ベーズこそ新樽率が100%に達するが、その他のクリマはたとえグラン・クリュであっても新樽を一切使わない(クロ・サン・ジャックはプルミエ・クリュだが70〜100%の新樽率)。比較的新樽好みの造り手が多いジュヴレ・シャンベルタンにおいて、希有な存在といえるだろう。 シャンベルタンとクロ・ド・ベーズの違いを知りたければ、このドメーヌのワインを並べて試すことだ。グリザールの谷間を吹き抜ける冷風の影響を受けた前者のほうが...

送料無料
ルモワスネ・ペール・エ・フィス/ジュヴレ・シャンベルタン・プルミエ・クリュ・レ・コンボット[1987]

Amazon

27,138

ルモワスネ・ペール・エ・フィス/ジュヴレ・シャンベルタン・プルミエ・クリュ・レ・コンボット[1987]

ルモワスネは1877年の巨大ネゴシアンだ。ストックしている古酒は計り知れないほどで、1980年前半までは、まだまだドメーヌが少なかったために先代の当主が数々の数名ドメーヌを渡り歩き、素晴らしいキュヴェを買い集めていたのである。そのままルモワスネの蔵に寝かせ、飲み頃になると出荷しているのである。出荷量が多いために今まではあまり良い状態で輸入されていなかったのが現実だ。私も何度か当たってはいるが、その確率は非常に低く、コンディションが原因となる劣化に悩まされていた。ヴィノラムが非常に良いコンディションで古酒を中心に輸入。前回は輸入したジブリー、メルキュレなど落ちつかせると古典的なブルゴーニュの良さを見事に感じさせてくれた。要するにルモワスネは巨大ネゴシアンではあるが決して品質が粗悪なわけではなくリーズナブル系でもかなり優秀であることが分かる。現代的な自然派系のワインとは全く趣が違うのだが今の時代これほど貴重なネゴシアンもいないと言うことが飲めばわかる。さてこのカズティエは誰の畑でしょうか。一部ではアルマン・ルソーではないかという説もあります。 【v2011】 【rouge】 【bourgogne】 【kiwami】

シャブリ 2016 2017 750ml 白ワイン フランス

はせがわ酒店

2,678

シャブリ 2016 2017 750ml 白ワイン フランス

グランクリュを所有する生産者のみで構成された「ユニオン・デ・グランクリュ・ドゥ・シャブリ」の主要メンバーである女性エノロジストが手掛けます。 フリント香(火打石の香り)、生き生きとした酸味と果実。15区画のブレンドによる絶妙のバランスを持つ心地よいシャブリ。まさに"トレ・シャブリ"。 ※画像はイメージです。 Malandes マランド フランス ブルゴーニュ シャブリ ドメーヌ名は「MAL(=悪い)、LAND(=土地)」が由来です。一見、ネガティヴな名前のようですが、 ほかの農作物には適さない痩せた土地こそぶどうにとっては最高の品質を約束する証です。 当主のマルシーブさんはブルゴーニュの女性醸造家、栽培家で組織された“ファム・エ・ヴァン・ブルゴーニュ"に アルマン・ルソーのコリーヌさんや、ドメーヌ・パランのアンヌさんらと共に参加をし、常に最新技術や情報を得る努力を怠りません。 「自分の個性をワインで表現するのでなく、ワイン自身がその個性=テロワールを発揮できるように してあげることが大事」とマルシーヴさんは語ります。 正統派シャブリを造るこのドメーヌから、シャブリ特有の火打ち石のような香り、 生き生きとした酸味と果実味とミネラルを感じるバランスの取れた心地よいワインが生まれます。

送料無料
ドメーヌ・アンリ・グージュ/ニュイ・サン・ジョルジュ・プルミエ・クリュ・レ・サン・ジョルジュ [2014]

Amazon

19,505

ドメーヌ・アンリ・グージュ/ニュイ・サン・ジョルジュ・プルミエ・クリュ・レ・サン・ジョルジュ [2014]

第一次世界大戦後、父親より9haの畑を譲り受けたアンリ グージュ氏は1925年にドメーヌを設立し、マルキ ダンジェルヴィル氏やアルマン ルソー氏らと共にその時代に蔓延していた粗悪なワインを無くす為に尽力しました。現在は2人の孫がドメーヌを運営しており、ピエール氏が畑、クリスチャン氏が醸造を担当しています。アンリ・グージュはブルゴーニュにおいて最も早い時期にドメーヌをはじめたことで知られている。ブルゴーニュの品質維持に努めた歴史的なドメーヌ。昔からコート ドールの傾斜が急な畑では、雨が降った後に土が流れてしまうという問題がありました。これに対し、ピエール氏は1975年に葡萄の木の列の間に芝生を植える方法を生み出しました。結果としてテロワールを明確に表現することができました。非常にシルキーで滑らかな酒質ながらパワフル。決して華やか系のワインではなくニュイ・サン・ジョルジュらしい雰囲気も見せるが彼独特の酒質は他にはなかなか無い。知性的な香りのするワインなのだ。2008年以降驚くほど酒質が素晴らしくなり今や隠れたブルゴーニュのトップ生産者だ。【rouge】 【bourgogne】 【ピノ・ノワール100%】 【v2014】 【kiwami】

≪デュジャック≫モレ サン ドニ 1erクリュ モン リュイザン ブラン2016 ☆

東急百貨店

14,040

≪デュジャック≫モレ サン ドニ 1erクリュ モン リュイザン ブラン2016 ☆

【生産者情報】今やモレ・サン・ドゥニを代表する大ドメーヌとして勇名を馳せるドメーヌ・デュジャック。しかし、その歴史はわずか45年に過ぎない。創設者のジャック・セイスはベルギー出身で、ドメーヌ創設の前に2年間ブルゴーニュで過ごし、ジェラール・ポテルの元、ドメーヌ・プス・ドールでワイン造りを学びました。その間に、DRCのオベール・ド・ヴィレーヌやアルマン・ルソーのシャルル・ルソーらと親交を深めています。そして1968年に4.5haのドメーヌ・グライエを買い取り、自らの名前、ジャックをもじってドメーヌ・デュジャックと名付けました。現在はジャックの息子、ジェレミーとアレックがそれぞれ醸造と販売を担当し、ドメーヌを実質的に引き継いでいます。【ワイン情報】ドメーヌはコート・ド・ニュイでは珍しい白ワインの造り手でもあります。1985年の霜害で村名モレ・サン・ドニの一部が枯死したのを機会にシャルドネを植え、モレ・サン・ドニ・ブランとしてリリースしたのが始まり。さらにはモレ・サン・ドニ1級モン・リュイザンに入手した0.6haの畑にもシャルドネを植え、2000年から白ワインを送り出しています。【味わい】クロ・ド・ラ・ロッシュの上に位置する標高の高い1級畑です。デュジャックがここに植えたシャルドネから白ワインをリリースしたのは2000年のことでした。村名モレ・サン・ドニの白ワインとは性格を異にするタイトなミネラル感。香りもシトラスが中心であり、じつにエレガントな白ワインに仕上がっています。

≪デュジャック≫モレ サン ドニ2016 ☆

東急百貨店

9,612

≪デュジャック≫モレ サン ドニ2016 ☆

【生産者情報】今やモレ・サン・ドゥニを代表する大ドメーヌとして勇名を馳せるドメーヌ・デュジャック。しかし、その歴史はわずか45年に過ぎない。創設者のジャック・セイスはベルギー出身で、ドメーヌ創設の前に2年間ブルゴーニュで過ごし、ジェラール・ポテルの元、ドメーヌ・プス・ドールでワイン造りを学びました。その間に、DRCのオベール・ド・ヴィレーヌやアルマン・ルソーのシャルル・ルソーらと親交を深めています。そして1968年に4.5haのドメーヌ・グライエを買い取り、自らの名前、ジャックをもじってドメーヌ・デュジャックと名付けました。現在はジャックの息子、ジェレミーとアレックがそれぞれ醸造と販売を担当し、ドメーヌを実質的に引き継いでいます。【ワイン情報】ジャック時代のワイン造りは完全無除梗による全房醸造がこのドメーヌの特徴であり、梗が色素を吸収するためワインの色調は比較的淡く、しかしながら香りと味わいがしっかりしているというものでした。ジェレミーになってからはヴィンテージに応じて除梗率を変え、以前よりも色合いはしっかりし、果実味も充実したものとなっています。【味わい】村名モレ・サン・ドニはおもにシャンボール・ミュジニー寄りのポルーに、クロ・ソロンのブドウをアッサンブラージュ。非常にバランスに優れたデュジャックらしいワインです、果実味、酸味、ストラクチャーのコンビネーションは絶妙。デュジャックを知るなら、まずこれからというべきワインです。

あす楽
ドメーヌ・ジョセフ・ロティ マルサネ・ルージュ ボワヴァン [2011]750ml

ウメムラ Wine Cellar

5,713

ドメーヌ・ジョセフ・ロティ マルサネ・ルージュ ボワヴァン [2011]750ml

1939年植樹のヴィエイユ・ヴィーニュ。年産1000本程度の稀少なキュヴェ。2002年から独立して造られるようになった。ベリーのシロップ漬けのような熟度の高い甘い香りが印象的で、ジュヴレのような重厚さと力強さにエレガントさが備わった造り。フィリップはマルサネのシャンベルタンと評する。緻密さと力強さが混在する素晴らしい造り。オークのニュアンスと豊富な果実が見事に溶け込んでおり、しなやかさと、どっしりとした酸が特長的。純粋なエキス分も豊富で緻密に構成されたワイン。 1939年植樹のヴィエーユ・ヴィーニュ。年産1000本程度の稀少キュヴェ。2002年から独立して造られるようになった。酸も綺麗に現れていて、大地香やベリーのシロップ漬けのような熟度の高い甘い香りが印象的。ジュヴレのような重厚さと力強さにしなやかなエレガントさが備わった造り。フィリップはマルサネのシャンベルタンと評する。 ドメーヌではジョセフ・ロティトフィリップ・ロティの名前でリリースしているが、今後もジョセフの名前は残していくそうだ。アルマン・ルソーのように皆が親しんだ名前で売りたいそうだ彼らは今造っているシャルル・ルソーの名で売るのではなく、アルマン・ルソーのまま販売している。Joseph Roty / ジョセフ・ロティロティ家は当主のジョセフ・ロティ氏で23代目(ドメーヌとしては11代目)になるジュヴレ・シャンベルタンの名門ドメーヌ。現在、畑仕事や醸造は2008年8月に亡くなった父親に代わり、息子であるフィリップ・ロティ氏が全て行い、2003年からは彼の弟もサポートしています。彼らの畑には多くの古木があり、地中深くまで根を伸ばし、そこから様々な要素を地上に引き上げ、そこからできた葡萄はその段階で既に他とはまったく比較にならないほど素晴らしく複雑な味わいを持っています...

≪デュジャック≫モレ サン ドニ ブラン2016 ☆

東急百貨店

9,180

≪デュジャック≫モレ サン ドニ ブラン2016 ☆

【生産者情報】今やモレ・サン・ドゥニを代表する大ドメーヌとして勇名を馳せるドメーヌ・デュジャック。しかし、その歴史はわずか45年に過ぎない。創設者のジャック・セイスはベルギー出身で、ドメーヌ創設の前に2年間ブルゴーニュで過ごし、ジェラール・ポテルの元、ドメーヌ・プス・ドールでワイン造りを学びました。その間に、DRCのオベール・ド・ヴィレーヌやアルマン・ルソーのシャルル・ルソーらと親交を深めています。そして1968年に4.5haのドメーヌ・グライエを買い取り、自らの名前、ジャックをもじってドメーヌ・デュジャックと名付けました。現在はジャックの息子、ジェレミーとアレックがそれぞれ醸造と販売を担当し、ドメーヌを実質的に引き継いでいます。【ワイン情報】ドメーヌはコート・ド・ニュイでは珍しい白ワインの造り手でもあります。1985年の霜害で村名モレ・サン・ドニの一部が枯死したのを機会にシャルドネを植え、モレ・サン・ドニ・ブランとしてリリースしたのが始まり。さらにはモレ・サン・ドニ1級モン・リュイザンに入手した0.6haの畑にもシャルドネを植え、2000年から白ワインを送り出しています。【味わい】1985年の霜害で村名畑のピノ・ノワールが枯死したため、その後植えたシャルドネが上手く生育。比較的表土は厚く、蜂蜜やグレープフルーツ、そして香ばしいナッツのニュアンスを伴う、リッチなスタイルの白ワインです。

≪デュジャク フィス エ ペール≫ジュヴレ シャンベルタン2016 ☆

東急百貨店

7,560

≪デュジャク フィス エ ペール≫ジュヴレ シャンベルタン2016 ☆

【生産者情報】今やモレ・サン・ドゥニを代表する大ドメーヌとして勇名を馳せるドメーヌ・デュジャック。しかし、その歴史はわずか45年に過ぎない。創設者のジャック・セイスはベルギー出身で、ドメーヌ創設の前に2年間ブルゴーニュで過ごし、ジェラール・ポテルの元、ドメーヌ・プス・ドールでワイン造りを学びました。その間に、DRCのオベール・ド・ヴィレーヌやアルマン・ルソーのシャルル・ルソーらと親交を深めています。そして1968年に4.5haのドメーヌ・グライエを買い取り、自らの名前、ジャックをもじってドメーヌ・デュジャックと名付けました。現在はジャックの息子、ジェレミーとアレックがそれぞれ醸造と販売を担当し、ドメーヌを実質的に引き継いでいます。【ワイン情報】2000年に長男ジェレミーは父のサポートの元、ネゴシアンビジネスを開始。その名も「デュジャック・フィス・エ・ペール」という。会社名として「ペール・エ・フィス」(父子)という表記はよく見かけるが、「フィス・エ・ペール」(子父)は珍しく。中心となるのが息子であることの証です。このデュジャック・フィス・エ・ペールは、ネゴシアンといっても単に畑が自分たちが所有していないだけ。畑の管理や手入れ、ブドウの収穫までドメーヌのスタッフが行います。ブドウの購入契約は量に応じてではなく面積単位。したがって収量制限も思い通りとなります。したがって、実質的にはドメーヌものと変わらないものの、ドメーヌとネゴスで重複するアペラシオン(例えば村名モレ・サン・ドニ)があってもそれぞれ別々に醸造、瓶詰めされています。【味わい】深みのあるルビー色のワインはラズベリー、カシス、ダークチェリーなど赤や黒い小さな木の実のアロマに、ほんのり香ばしいオークの香り。柔らかな果実味にジュヴレらしい小気味よいタンニンが特徴的。

ドメーヌ・アンリ・グージュ / ニュイ・サン・ジョルジュ・プルミエ・クリュ・レ・プリュリエ [2012]

Amazon

13,316

ドメーヌ・アンリ・グージュ / ニュイ・サン・ジョルジュ・プルミエ・クリュ・レ・プリュリエ [2012]

第一次世界大戦後、父親より9haの畑を譲り受けたアンリ グージュ氏は1925年にドメーヌを設立し、マルキ ダンジェルヴィル氏やアルマン ルソー氏らと共にその時代に蔓延していた粗悪なブルゴーニュワインを無くす為に尽力しました。現在は2人の孫がドメーヌを運営しています。アンリ・グージュはブルゴーニュにおいて最も早い時期にドメーヌをはじめたことで知られている。昔からコート ドールの傾斜が急な畑では、雨が降った後に土が流れてしまうという問題があったが、ピエール氏は1975年に葡萄の木の列の間に芝生を植える方法を生み出しました。結果としてテロワールを明確に表現することができました。非常にシルキーで滑らかな酒質ながらパワフルで見事なワイン。決して華やか系のワインではなくニュイ・サン・ジョルジュらしい雰囲気も見せるが彼独特の酒質は他には無い物だ。知性的な香り。2008年以降驚くほど酒質が素晴らしくなり今や隠れたブルゴーニュのトップ生産者だ。2012年は生産量が少なく非常に貴重なヴィンテージになることは間違いない。【rouge】 【bourgogne】 【ピノ・ノワール100%】 【v2012】

あす楽
フランツ・ケラー シュペートブルグンダー アイヒベルク グローセス・ゲヴェックス [2016]750ml

ウメムラ Wine Cellar

8,618

フランツ・ケラー シュペートブルグンダー アイヒベルク グローセス・ゲヴェックス [2016]750ml

紛れもないドイツ赤のトップ生産者! 『アルマン・ルソー』のクローンから生まれる、力強さとエレガンスを兼ね備えるバーデン最上のピノ・ノワール ドイツで最も暖かい畑のひとつ。黒い火山性土壌から筋肉質で厚みのあるピノ・ノワールが生まれる。 ワインアドヴォケイト:93+ポイント「熟していて深い味わい、上品でフレッシュさもあり、濃度が濃くミネラルのピュアさを感じる。フルボディーで豊かで力強い味わい、上品なタンニンに中身の詰まった長いフィニッシュが続く。フランツ・ケラーから生まれたアイヒベルグの傑作だ。」 飲み頃:2018-2033 By ワイン・アドヴォケイト ■産地:Barden ■品種:ピノ・ノワール100% ■熟成:フレンチオークのバリック18か月Franz Keller / フランツ・ケラー料理と合わせる為の、すべての人にとって魅力的なワイン長きにわたり一流の品質の辛口ワインを造ることで知られているカイザーシュトゥールのカリスマ的著名生産者であるフランツ・ケラーは1893年にワイン貿易商として創業。所有する1969年以来ミシュラン1つ星を獲得しているレストラン`シュヴァルツァー・アドラー'用のワインをつくる為に、第2次世界大戦後からブドウ畑を購入、ブルゴーニュを手本としたワイン造りをスタートした。4代目であるフリッツ・ケラーは自らのワインを「質の高いワインだが、策を凝らしたような仰々しさはなく純粋で明快、限られた人の為の贅沢品ではなく、料理と合わせる為のすべての人にとって魅力的なワイン」と表現する。ピノ・ノワールの銘醸地 『バーデン』最南端に位置し、最も暖かいバーデンではドイツ全体のピノ・ノワールの約50%が栽培されており、優良生産者が多く存在する。近年、世界的にも非常に評価が高まっている代表産地。最上の生産者がひしめく ...

ドメーヌ・アンリ・グージュ / ニュイ・サン・ジョルジュ・プルミエ・クリュ・レ・シェニョ [2014]

Amazon

8,618

ドメーヌ・アンリ・グージュ / ニュイ・サン・ジョルジュ・プルミエ・クリュ・レ・シェニョ [2014]

第一次世界大戦後、父親より9haの畑を譲り受けたアンリ グージュ氏は1925年にドメーヌを設立し、マルキ ダンジェルヴィル氏やアルマン ルソー氏らと共にその時代に蔓延していた粗悪なワインを無くす為に尽力しました。現在は2人の孫がドメーヌを運営しており、ピエール氏が畑、クリスチャン氏が醸造を担当しています。アンリ・グージュはブルゴーニュにおいて最も早い時期にドメーヌをはじめたことで知られている。ブルゴーニュの品質維持に努めた歴史的なドメーヌ。昔からコート ドールの傾斜が急な畑では、雨が降った後に土が流れてしまうという問題がありました。これに対し、ピエール氏は1975年に葡萄の木の列の間に芝生を植える方法を生み出しました。結果としてテロワールを明確に表現することができました。非常にシルキーで滑らかな酒質ながらパワフル。決して華やか系のワインではなくニュイ・サン・ジョルジュらしい雰囲気も見せるが彼独特の酒質は他にはなかなか無い。知性的な香りのするワインなのだ。2008年以降驚くほど酒質が素晴らしくなり今や隠れたブルゴーニュのトップ生産者だ。【rouge】 【bourgogne】 【ピノ・ノワール100%】 【v2014】

お酒・ドリンクのランキング

スポンサーリンク
スポンサーリンク