メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「さつま白波」検索結果。

さつま白波の商品検索結果全244件中1~60件目

さつま白波 [芋] 25度 1800ml瓶

酒のさとう

1,685

さつま白波 [芋] 25度 1800ml瓶

種類 芋焼酎 内容量 1800ml 原材料 サツマイモ(鹿児島県産)・米麹(国内産米) アルコール分 25度 製造者 鹿児島県・薩摩酒造株式会社 ※この商品は蔵元、メーカーからお取り寄せ後の発送 になりますので、お届けに2〜7日 営業日(土日、祝日を除く)かかります。 お急ぎの方は電話(026-245-8707) またはメール(na7117sato@stvnet.home.ne.jp) にてご確認ください。本場鹿児島の芋焼酎のNO.1ブランド さつま白波[芋] 25度 1800ml 瓶 鹿児島県産の焼酎づくりに最も適した さつまいもであるコガネセンガンと 米麹を原料に、薩摩に伝わる 焼酎製法を継承する黒瀬杜氏が 仕込んだ本格薩摩焼酎。 さつまいも本来の上品な甘みと 柔らかく深い香りとコクが特長です。 原料は全て鹿児島県産のサツマイモと水、米麹または芋麹を使用する。 鹿児島県内(名瀬市及び大島郡を除く)において造られ、本格焼酎ならではの単式蒸溜器において蒸溜し、容器詰めされたものであること。 鹿児島県内で生産されたさつまいもを主原料に、鹿児島県産の米こうじまたはサツマイモこうじを使用し単式蒸溜機により蒸溜したもの。(水以外の物品を加えたものを除く) 米こうじ又は芋こうじと鹿児島県産のさつま芋を100%使用し、 鹿児島県内の水を原料として発酵させたもろみを、 南薩摩において単式蒸溜機で蒸溜し、 かつ容器詰された本格焼酎であり、 水以外の添加物を一切含まないもの。

さつま白波 芋焼酎 25度 900ml(2)

お酒の専門店ファースト

1,020

さつま白波 芋焼酎 25度 900ml(2)

薩摩酒造は鹿児島県枕崎市に蔵がある日本有数の焼酎メーカー。 鹿児島県産の焼酎づくりに最も適したさつまいもである黄金千貫芋と米麹を原料に、薩摩に伝わる焼酎製法を継承する黒瀬杜氏が仕込んだ本格薩摩焼酎。 さつまいも本来の上品な甘みは芋焼酎のスタンダード的な味わい。 (1800ml=1.8L=一升瓶) (900ml=五合瓶) (720ml=四合瓶) 【鹿児島県】 【satumasiranami/shochu】【注意事項】 ●『お買い物ガイド』記載の1個口で発送出来る上限を超えた場合、楽天市場のシステムの関係上、自動計算されません。 当店確認時に変更させて頂き『注文サンクスメール』にてお知らせさせて頂きます。 1個口で発送出来る上限につきましては『お買い物ガイド(規約)』をご確認下さい。 ●写真画像はイメージ画像です。商品のデザイン変更やリニューアル・度数の変更等があり商品画像・商品名の変更が遅れる場合があります。 お届けはメーカーの現行品となります。旧商品・旧ラベル等をお探しのお客様はご注文前に必ず当店までお問い合わせの上でご注文願います。詳しくは【お買い物ガイド(規約)】をご確認下さい。 ●在庫表示のある商品につきましても稀に在庫切れ・メーカー終売の場合がございます。品切れの際はご了承下さい。 ●商品により注文後のキャンセルをお受け出来ない商品も一部ございます。(取り寄せ商品・予約商品・メーカー直送商品など) ●ご不明な点が御座いましたら必ずご注文前にご確認ください。

あす楽
乙25度 さつま白波 芋 パック 1800ml 1.8L 3本 敬老の日

逸酒創伝 楽天市場店

4,897

乙25度 さつま白波 芋 パック 1800ml 1.8L 3本 敬老の日

送料について、四国は別途200円、九州・北海道は別途500円、沖縄・離島は別途3000円 商品名 【ギフト包装 のし可】[鹿児島県 薩摩酒造] 25度 さつま白波 パック 3本 1800ml メーカー 薩摩酒造 容量/入数 1800ml / 3本 Alc度数 25% 原材料 サツマイモ(鹿児島県産), 米麹(国内産米) 容器 パック ***** 備考 商品説明 鹿児島県産の焼酎づくりに最も適したさつまいもであるコガネセンガンと米麹を原料に、薩摩に伝わる焼酎製法を継承する黒瀬杜氏が仕込んだ本格薩摩焼酎。 さつまいも本来の上品な甘みは芋焼酎のスタンダード的な味わい。 ●2017年度iTQi優秀味覚審査会 三ツ星受賞 ●平成27年熊本国税局鑑評会 優等賞受賞 [history] 1936年に設立された薩摩酒造は、歴史を持つ鹿児島の老舗本格焼酎メーカーです。代表的な銘柄はなんといっても本格芋焼酎「さつま白波」。1970年代からはじまった「ロクヨンのお湯割り」「酔いざめさわやか」といったキャッチコピーのCMで、その名は一気に全国的に知られるようになり、本格焼酎の先駆者として「焼酎ブーム」を牽引してきました。 [location] 薩摩酒造はさつま芋の一大産地である南薩摩に位置する強みを生かし、自然と風土に根ざした本格焼酎の伝統文化を守りつつ、今後は新しい技術も積極的に取り入れながら、『消費者品質を実現する』味と香りの焼酎を全社員一丸となって造っていきます。また、当社の本格芋焼酎は鹿児島県産のさつま芋と国内産米だけを用いて製造しており、お客様に安心・安全で確かなものをお届けすることが私たちの使命です。 [people] 薩摩酒造は南薩摩の雄大な自然のもとアットホームな雰囲気の中で焼酎を造ってきました。しかし...

さつま白波 明治の正中 芋焼酎 25度 720ml(●1)(2)(5)

お酒の専門店ファースト

2,188

さつま白波 明治の正中 芋焼酎 25度 720ml(●1)(2)(5)

鹿児島県枕崎市に蔵がある日本有数の焼酎メーカー。 芋焼酎の有名銘柄「さつま白波」が明治35年の焼酎製造の古記録の製法を忠実に再現し造り上げた、骨太でどっしりした味わいが特徴の焼酎です。 また、ボトルも非常にレトロなタイプで贈り物に最適です。 (1800ml=1.8L=一升瓶) (900ml=五合瓶) (720ml=四合瓶) 【鹿児島県】 【satumasiranami/shochu】【注意事項】 ●『お買い物ガイド』記載の1個口で発送出来る上限を超えた場合、楽天市場のシステムの関係上、自動計算されません。 当店確認時に変更させて頂き『注文サンクスメール』にてお知らせさせて頂きます。 1個口で発送出来る上限につきましては『お買い物ガイド(規約)』をご確認下さい。 ●写真画像はイメージ画像です。商品のデザイン変更やリニューアル・度数の変更等があり商品画像・商品名の変更が遅れる場合があります。 お届けはメーカーの現行品となります。旧商品・旧ラベル等をお探しのお客様はご注文前に必ず当店までお問い合わせの上でご注文願います。詳しくは【お買い物ガイド(規約)】をご確認下さい。 ●在庫表示のある商品につきましても稀に在庫切れ・メーカー終売の場合がございます。品切れの際はご了承下さい。 ●商品により注文後のキャンセルをお受け出来ない商品も一部ございます。(取り寄せ商品・予約商品・メーカー直送商品など) ●ご不明な点が御座いましたら必ずご注文前にご確認ください。

送料無料 白波 芋焼酎 25度 1800mlパック 1ケース(6本)

酒忍者 楽天市場店

9,780

送料無料 白波 芋焼酎 25度 1800mlパック 1ケース(6本)

商品説明名称・内容量送料無料 白波 芋焼酎 25度 1800mlパック 1ケース(6本)(※東北は別途送料必要) 原材料 芋 保存方法 常温 販売者 ライクリカー〒648-0072 和歌山県橋本市隅田町河瀬429 商品説明 薩摩酒造(さつましゅぞう)は、鹿児島県枕崎市に本社・工場を置き、おもに焼酎を中心とした酒類を生産しています。 1970年代後半に放送された「6×4(ロクヨン)のお湯割り」「酔い醒めさわやか」のキャッチコピーで「白波」の名が全国に知れ渡り、1980年代から始まった“焼酎ブーム"を大きく支える切っ掛けを作りました。 鹿児島県産の焼酎づくりに最も適したさつまいもであるコガネセンガンと米麹を原料に、薩摩に伝わる焼酎製法を継承する黒瀬杜氏が仕込んだ本格薩摩焼酎。 さつまいも本来の上品な甘みは芋焼酎のスタンダード的な味わいです。 麦焼酎「神の河」でも有名です。 ※ギフト包装は不可となります(のしも不可)。 ※他の商品との混載は出来ません。合わせて注文頂いた場合は、送料を追加させて頂きます。 ※東北地方への発送はプラス送料¥200必要となります。ご了承ください。 ※北海道・沖縄への発送はできません。ご注文頂いた場合はキャンセルとさせていただきます。さつまいも本来の上品な甘みは芋焼酎のスタンダード的な味わいです。

【薩摩酒造】 白波 1.8L 25度 【芋焼酎】

酒宝庫 MASHIMO

1,738

【薩摩酒造】 白波 1.8L 25度 【芋焼酎】

鹿児島県産の焼酎づくりに最も適したさつまいもであるコガネセンガンと米麹を原料に、薩摩に伝わる焼酎製法を継承する黒瀬杜氏が仕込んだ本格薩摩焼酎。しっかりした濃い甘さと、芋らしい香り。 原材料 さつまいも、米麹 度数 25度 容量 1800ml薩摩酒造 焼酎のふるさと 南薩摩 薩摩半島は大隅半島とともに、鹿児島県を二分する半島です。南薩摩はその半島の文字通り南の地域です。東は錦江湾に、西は東シナ海に面しています。地図を見て下さい。錦江湾の方から見た南薩摩地方は鹿児島の「鹿」にあやかるわけではありませんが、鹿の横顔に似てると思いませんか。鼻が開聞岳、口が指宿、鼻の穴が池田湖、そして目が枕崎や坊津、角が野間岬で耳の付け根が加世田でしょうか。 半島の東西には開聞岳と野間岳がそびえています。なかでも海辺からすっくと立ちあがった開聞岳は薩摩富士とも呼ばれ、多くの人々の信仰や敬愛の対象となってきました。 古くから栄えた 南薩摩 南薩摩は焼酎のふるさとだけでなく、日本の神話や古代文化が息づいていたふるさとでもあります。「日本書紀」や「古事記」に登場する笠沙宮や阿多隼人、また鑑真和尚がたどりついた坊津。坊津は後に遣唐使や南海貿易の拠点として、那の津(博多)や安濃津(伊勢)とともに日本三津の港とも呼ばれていました。ただ、薩摩半島の大半はシラス台地です。今では広大なサツマイモ畑や茶畑が広がっていますが、この美しい緑の大地の下には開墾や畑地灌漑など多くの人々の永年の血と汗と涙が脈うっているといってもいいでしょう。 乏しさが生む豊かな匠と銘水 枕崎から笠沙地方にかけては、断崖の入り組んだリアス式海岸です。しかし、時として田畑の乏しさは、豊かな技能集団を育てるものです。明治期、薩摩で焼酎造りがさかんになるとともに、笠沙の黒瀬杜氏の男衆は...

スポンサーリンク
スポンサーリンク