メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「ジェラールベルトラン」検索結果。

ジェラールベルトランの商品検索結果全4件中1~4件目

[2011] シャトー・ド・ヴィルマジュー・グラン・ヴァン / ジェラール・ベルトラン フランス ラングドック・ルーション / 750ml / 赤

エノテカ・シャトー蔵出しワイン

4,104

[2011] シャトー・ド・ヴィルマジュー・グラン・ヴァン / ジェラール・ベルトラン フランス ラングドック・ルーション / 750ml / 赤

2011 CH.DE VILLEMAJOU GRAND VIN / GERARD BERTRANDジェラール・ベルトランは、南仏、ラングドック・ルーション地区において、ハイコスパ、ハイクオリティなワインを造り出すパイオニアとして知られるワイナリー。かつてはラグビーのフランス代表選手だったという異色の経歴を持つジェラール・ベルトラン氏がオーナーを務めています。ワイナリー設立当初、畑の所有面積は約40ha、ワイナリーはドメーヌ・ド・ヴィルマジューのみでしたが、現在では、畑の面積は約500ha、所有するワイナリー数は9つに拡大。南仏のハイコスパワインの代表的存在で、常にラングドック地方全体のワイン造りを牽引してきました。 ジェラール・ベルトランは、アメリカの評価誌ワインエンスージアストにて「2011年 ヨーロピアン・ワイナリー・オブ・ザ・イヤー」を受賞。2012年にはインターナショナル・ワイン・チャレンジにて、「ワインメーカーズ・オブ・ザ・イヤー」に選出されるなど、数々のワイン専門誌、評価誌で高い評価を獲得。またジョエル・ロブションなどの名門レストランや、エールフランス航空、ブリティッシュ・エアウェイズ、スイス航空など、13の航空会社の機内ワインとしても採用され、そのコストパフォーマンスの高さと確かな味わいで、じつに世界70ヶ国で愛飲されています。 ジェラール・ベルトランの日本でのブレイクのきっかけとなったのが、ドメーヌ・ド・ヴィルマジュー・コルビエール・ルージュ。日本では2004年、雑誌ブルータスの「3000円以下の非発泡性ワインのブラインドテイスティング」において141本の中で第2位となったことにより、一躍ヒットとなりました。フレッシュかつ凝縮した果実味とスパイスの風味という南フランスの赤ワインのお手本のような仕上がりが人気を博し...

こちらの関連商品はいかがですか?

[2016]VdP セレクション・メルロー / カルヴィソン・レ・ヴィニュロン / ラングドック・ルーション / フランス / 750ml / 赤【HLS_DU】

プレミアワインセラー

2,052

[2016]VdP セレクション・メルロー / カルヴィソン・レ・ヴィニュロン / ラングドック・ルーション / フランス / 750ml / 赤【HLS_DU】

2016 SELECTION MERLOT VdP / CALVISSON LES VIGNERONS ハイクオリティかつお手頃なワインを探し求めて十数年、 当店バイヤーが「これだ!」と見つけた宝物のような ワイナリーがカルヴィソン・レ・ヴィニュロン。 買い付け時のテイスティングでは、他のバイヤー陣は もちろん、スタッフも満場一致で取り扱うことを決定。 まずは「おぉっ」と声を上げて驚いてしまった、 見た目のインパクト。 ラベル、キャップシール、そして生産者のロゴ、 全てが金色。ボトルの色に良く映え、キラキラと 輝いて見えます。 マットなゴールドは品があり、高級感溢れる仕上がり となっています。 実際にテイスティングしてみると、これがまた 飲みやすいワインじゃありませんか。 良い意味で「お手頃価格に不釣り合いな」果実味と酸味。 この価格で、これだけ味わい深いワインは、そうそう 見当たりませんね。 長くワイン業界にいるバイヤーも 「ああ、こんなワインがまだ存在したんだな」と 感動すら覚える出来栄えです。まさしく、掘り出し物! フランスで「芸術の都」といえばパリですが、 カルヴィソンは「芸術とキルトの街」。 南フランス、地中海にほど近い景観の美しいこの街には、かつて多くの芸術家たちが訪れました。 ポール・セザンヌ、ピエール・オーギュスト・ルノワール、フィンセント・ファン・ゴッホ、パブロ・ピカソ、マルク・シャガール・・・。挙げればキリがありません。 そして「ブティ」という伝統的なキルトでも有名なカルヴィソンは、「美味しいワインの街」としても、昔から有名でした。 実はカルヴィソンは、フランスワイン発祥の地と、非常に密接な関係があるのです。 フランスにワインが伝わったのは紀元前6世紀。 古代ギリシャ人の植民地マッシリア(現在のマルセイユ...

[ Sainte Lucie ] サント・リュシー、メイド イン プロヴァンス 2011 プレミアム・赤 750ml/フランス

Amazon

2,950

[ Sainte Lucie ] サント・リュシー、メイド イン プロヴァンス 2011 プレミアム・赤 750ml/フランス

ドメーヌ サント・リュシー、メイド・イン・プロヴァンス 2011 赤 ●Domeine Sainte Lucie. Made in Provence 201 Rouge 750ml ドメーヌ・サント・リュシーは2005年に現代的ワインへのアプローチを開始したドメーヌです。 特にこの数年でドメーヌの名声を爆発的に高めたのが「メイド・イン・プロヴァンス」というキュヴェです。 ブラット・ピットとアンジェリーナ・ジョリーのカップルがプロヴァンスにブドウ畑付きのシャトーを購入したり、 映画「プロヴァンスの贈り物」がヒットしたり、世界には南仏での生活に憧れる人々が沢山います。 「メイド・イン・プロヴァンス」は、そんな人々のプロヴァンスへの憧れを ワインのラベルデザインやボトルプレゼンテーションに巧みに取り入れ、 多くの人々の注目を集めることに成功した。 2006ヴィンテージで初めて造られたこのキュヴェは ロゼと白がアシェット・ワインガイドでいきなりダブルで「クー・ド・クール」を獲得。 続く2007ヴィンテージでは、今度は赤のキュヴェが同じく「クー・ド・クール」を獲得するという栄誉に輝いたのです。 そして今やパリの8区のジョルジュ・サンク内のミシュラン二ッ星レストラン「ル・サンク」や モナコの四ッ星ホテル「ポート・パラス」内のミシュラン一ッ星レストラン「ル・マンダリン」 ニースのミシュラン一ッ星レスラン「ル・ビストロ・グルメ」 アンティーヴのミシュラン一ッ星レストラン「レ・ペッシュール」などにオンリストされている

[2011] オパリー・ド・シャトー・クーテ / ソーテルヌ・バルザック フランス ボルドー / 750ml / 白

エノテカ・シャトー蔵出しワイン

8,640

[2011] オパリー・ド・シャトー・クーテ / ソーテルヌ・バルザック フランス ボルドー / 750ml / 白

2011 OPALIE DE CHATEAU COUTET / BARSAC 貴腐ワインの産地、ソーテルヌの第一級に格付けされる、 シャトー・クーテが造る辛口白ワイン。 爽やかなミネラル感に溢れた、洗練された仕上がり。 世界最高の貴腐ワインの産地ソーテルヌ。 AOCソーテルヌと名乗れるバルザック村の中で、古くからシャトー・クリマンと並び、 地域ナンバーワンシャトーの座を競い合ってきたのがシャトー・クーテです。 共にソーテルヌ一級に格付けされており、評論家たちもどちらのシャトーを上と見るのか、 それぞれの好みで意見が分かれます。 シャトー・クーテはボルドーに数あるワインシャトーの中でも、最も歴史の古いものの一つ。 1643年には領主シャルル・ル・ゲランがシャトーを所有していたと言われています。 時は流れ、1977年にシャルル・ル・ゲランはマルセル・バリに領地を譲り渡し、 シャトーの大がかりな再生に取り掛かります。 現在は息子フィリップとドミニクに引き継がれており、 38.5haの敷地は整備され、栽培方法が見直されています。 さらには醸造所や発酵タンク、そしてシャトーの建物自体の改修も行われました。 1994年には、バロン・フィリップ・ド・ロスチャイルド社と クーテの独占販売契約を交わしました。 技術と販売の両面からクーテを世界へ広めるべく努力が続けられています。 こちらの"オパリー・ド・シャトー・クーテ"は、 シャトー・クーテが2010年から生産を開始した辛口白ワインです。 バルザックで最初の辛口白ワインであり、 プルミエ・グラン・クリュ(第一特別級)の中心で限定生産されています。 オパリー・ド・シャトー・クーテの畑は、 粘土質と石灰質の厚い層からなる土壌で、 ワインは樹齢40年の古樹から造られています。...

[2016]VdP セレクション・ソーヴィニヨン・ブラン/ カルヴィソン・レ・ヴィニュロン / ラングドック・ルーション / フランス / 750ml / 白【HLS_DU】

プレミアワインセラー

2,052

[2016]VdP セレクション・ソーヴィニヨン・ブラン/ カルヴィソン・レ・ヴィニュロン / ラングドック・ルーション / フランス / 750ml / 白【HLS_DU】

2016 SELECTION SAUVIGNON BLANC VdP / CALVISSON LES VIGNERONS ハイクオリティかつお手頃なワインを探し求めて十数年、 当店バイヤーが「これだ!」と見つけた宝物のような ワイナリーがカルヴィソン・レ・ヴィニュロン。 買い付け時のテイスティングでは、他のバイヤー陣は もちろん、スタッフも満場一致で取り扱うことを決定。 まずは「おぉっ」と声を上げて驚いてしまった、 見た目のインパクト。 ラベル、キャップシール、そして生産者のロゴ、 全てが金色。ボトルの色に良く映え、キラキラと 輝いて見えます。 マットなゴールドは品があり、高級感溢れる仕上がり となっています。 実際にテイスティングしてみると、これがまた 飲みやすいワインじゃありませんか。 良い意味で「お手頃価格に不釣り合いな」果実味と酸味。 この価格で、これだけ味わい深いワインは、そうそう 見当たりませんね。 長くワイン業界にいるバイヤーも 「ああ、こんなワインがまだ存在したんだな」と 感動すら覚える出来栄えです。まさしく、掘り出し物! フランスで「芸術の都」といえばパリですが、 カルヴィソンは「芸術とキルトの街」。 南フランス、地中海にほど近い景観の美しいこの街には、かつて多くの芸術家たちが訪れました。 ポール・セザンヌ、ピエール・オーギュスト・ルノワール、フィンセント・ファン・ゴッホ、パブロ・ピカソ、マルク・シャガール・・・。挙げればキリがありません。 そして「ブティ」という伝統的なキルトでも有名なカルヴィソンは、「美味しいワインの街」としても、昔から有名でした。 実はカルヴィソンは、フランスワイン発祥の地と、非常に密接な関係があるのです。 フランスにワインが伝わったのは紀元前6世紀。 古代ギリシャ人の植民地マッシリア...

2011年 シャトー・カントメルル / オー・メドック / 750ml / 赤

Amazon

5,184

2011年 シャトー・カントメルル / オー・メドック / 750ml / 赤

3級シャトーに匹敵する実力。 安定感があり、いつ飲んでも美味しい、 万能さが魅力のシャトー、カントメルル。 メドック格付け 第五級 カントメルルと言えば、1855年当時の格付けでは 5級シャトーの中でも末席に位置付けられていました。 しかし不断の努力の末、格付け以上の実力を常に発揮する、 優良シャトーへと生まれ変わりました。 今では 3級シャトーに匹敵するとも噂される程の実力を誇ります。 2011年ヴィンテージは、2010年に引き続き気温が高く、 またここ最近の40年間で最も乾燥した気候でした。 難しい天候であったため、 ボルドー全体で収穫量が少ない年となりました。 ブドウは小粒になったものの、非常によく熟し、 フレッシュさと適度な糖度を持った出来となりました。 グレードヴィンテージの2009年や2010年と異なり、 難しい年だからこそ、 造り手の判断がワインの品質に大きく影響した年で 造られたワインは総じて「シャトーらしさ」が顕著に表れた仕上がりです。 2011年のカントメルルは、「これこそがカントメルル」と思わせる、 エレガントで伝統的なスタイルに仕上がりました。 濃いルビーの色、クワの実、クランベリー、ブラックチエリーなど、ベリー系の香り。 力強さと柔らかさ両方を兼ね備えた均整の取れたバランスの良いスタイルです。 少なくとも10~12年は熟成させた方が、その真価を発揮し、 ゆうに30年は持ちこたえるであろうという、偉大なワインに仕上がっています。

[ Poupille ] プピーユ、2011 コート・ド・カスティヨンAOC ( 赤 ) 750ml/フランス

Amazon

4,280

[ Poupille ] プピーユ、2011 コート・ド・カスティヨンAOC ( 赤 ) 750ml/フランス

プピーユの人気は不変! 今や、メドック グラン・クリュの格付けに等しい評価が定説になった。 プピーユ、2011 コート・ド・カスティヨン 赤750ml ●Poupille 2011 Cotes de Castillon A.C フィリップ・カリーユ氏は[フランスワインの12ヶ月]の中で、 ***「一種の天才」らしい*** と称されており、 事実、 20歳半ばから手がけたプピーユは、92年にオランダで行われたワインコンテストで、 あのペトリュスと決勝まで争ったことは 衝撃的なことで、伝説的に語られ、 ゴーミヨー誌の「消費者が選ぶお買得ボルドーコンテスト」で1位になった。 と、華々しいデビューにより「シンデレラワイン」と称されるワインです。 もちろん、日本でもメディアがスルーするはずがありません! 「神の雫」だけでなく、多くのワイン誌にそのシンデレラぶりが取り上げられました。 シャトーは、 カスティヨンの北西に位置し、 サン・テミリオンから尾根がつながっている丘陵地帯の一角にあります。 岩盤はサン・テミリオンからつながった石灰層で、その上に粘土層が覆っている、 地質学的にはサン・テミリオンと同じ土壌です。 コート・ド・カスティヨンは、いわゆる「ボルドー右岸」と括られる地域に含まれるわけで、 各シャトーやエノロゴがこぞって力を注ぎ始めており、 先進のボルドーと言った地域です。

[2014]シャトー・オー・バタイィ / ポイヤック / ボルドー / フランス / 750ml / 赤【HLS_DU】

プレミアワインセラー

7,020

[2014]シャトー・オー・バタイィ / ポイヤック / ボルドー / フランス / 750ml / 赤【HLS_DU】

2014 CHATEAU HAUT BATAILLEY / PAUILLAC ボルドー格付け第5級のCH.オー・バタイィ。 ポイヤックには、似た名前のCH.バタイィというシャトーがありますが、 この2つのシャトーはかつて1つのシャトーでした。 1942年にボリー家がCH.バタイィを購入した際、 2つのシャトーに分けて子供に分配したのです。 CH.オー・バタイィのオーナーはグザヴィエ・ボリー氏。 CH.デュクリュ・ボーカイユのオーナーであるブルーノ・ボリー氏の実兄です。 グザヴィエ・ボリー氏は、かつてCH.デュクリュ・ボーカイユも 取り仕切っていましたが、 クオリティが安定し、名声を得ることに成功したCH.デュクリュ・ボーカイユを 弟のブルーノに任せ、CH.オー・バタイィに専念することにしました。 リッチな香り、凝縮した果実味、最初から最後まで綺麗に続く酸。 これはまさに「典型的ポイヤック」という味わいです。 キメの細かさはサン・ジュリアン的な美しさがあり、 非常に親しみやすく 「ボルドーワインを飲む喜び」を教えてくれるシャトーでもあります。 CH.ピション・バロンの隣に位置し、サン・ジュリアンに程近いため、 典型的ポイヤックの味わいに加えてサン・ジュリアンの良さが 感じられるのでしょう。 そういった意味で、テロワールを的確に表現したワインであると 言うことができます。 1855年、パリ万国博覧会開催にあたり、皇帝ナポレオン3世の発案によりボルドー地方メドックのシャトーの格付けが行われました。 それから現在までの間に若干の見直しはあったものの、第1級から第5級まで位置づけの基本は、大きく変わっていません。 CH.オー・バタイィは第5級に格付けされました。 しかしそれは「公式の格付け」での話。 私たち飲み手の評価は大きく変わっているのです...

送料無料
2011年シャトー・ラ・フルール・ペトリュス/ポムロル/750ml/赤ワイン

Amazon

20,334

2011年シャトー・ラ・フルール・ペトリュス/ポムロル/750ml/赤ワイン

右岸NO.1とNO.2のシャトーの間という好立地で造られ、 右岸の巨匠が手掛けるシャトー。 複雑かつ芳醇で華やかなアロマが特徴のヴィンテージ。 もともと数あるボルドー右岸の中でも 安定した高い実力を持ち、 それでいて価格が抑えられていることから、 ディープなワインラヴァーに大変な人気を誇るシャトー・ラ・フルール・ペトリュス。 こちらはシャトー・ペトリュスやシャトー・オザンナを所有する ジャン・ピエール・ムエックス社がワイン造りを手掛けています。 そうそうたるポムロルのシャトー郡に囲まれつつもこのシャトーの名声が薄れないのは、 ムエックス氏を筆頭にシャトーのスタッフによって絹のように滑らかな舌触りと、 柔らかなテクスチュアを持つ豊かなワインを造り続けているからなのです。 2011年のラ・フルール・ペトリュスは、リッチネスやスタイル、 そして個性など、総じてペトリュスに似た特徴を持っています。 色合いは深い紫色。クリーム・キャラメル、ブラックチェリーやキイチゴなどの 黒系果実の甘い香りにお香などニュアンスもあり、芳醇なアロマが立ち上がります。 プラムやレッドカラントなど、新鮮な果実のような味わいが広がり、 樹木のような香りが漂うフィニッシュ。 さまざまなニュアンスのある複雑な味わいですが、スタイリッシュで均整の取れたスタイル。 とてもアロマティックで、すでに花開きつつある華やかなアロマが特徴。 今からでも十分に楽しめるやわらかな造りとなっています。

[2016] ロゼ・ド・ラヴィル / シャトー・ラヴィル フランス ボルドー / 750ml / ロゼ

エノテカ・シャトー蔵出しワイン

2,052

[2016] ロゼ・ド・ラヴィル / シャトー・ラヴィル フランス ボルドー / 750ml / ロゼ

2016 ROSE DE LAVILLE / CH.LAVILLE ブドウ品種:メルロ90%、マルベック10% ※ 画像はイメージの為、実際の商品と若干異なる場合がございます。最新2016年ヴィンテージが金賞受賞! 注目のボルドー・ロゼ、エノテカ初入荷。 「エクシミウス・ド・シャトー・ラヴィル」と言えば今から10年近く前、全く無名のワインにも関わらず発売直後から瞬く間に大ヒット。以来入荷の度に完売を繰り返し、累計販売本数1万本超という実績を誇る、伝説的ワインです。 この度、そのエクシミウスを手掛けるシャトー・ラヴィルより全米の酒類コンクールで金賞を受賞した注目のロゼワインがエノテカ初入荷!うっとりするほどの輝きのある色合いと溢れるアロマ、そしてふくよかな印象ながらもドライな味わい。「見て楽しみ、香りを楽しみ、味わって楽しむ。」まさに3度お楽しみいただける魅力溢れるロゼワインです。 飲めば魅力の虜になること間違い無しのロゼワインを、この機会にぜひお試しください! 累計販売本数1万本超。 伝説の赤ワイン「エクシミウス」。 シャトー・ラヴィルのエクシミウスは、エノテカのバイヤー陣が現地ボルドーで一斉にサンプルテイスティングをした際に、100種類以上あったワインの中から満場一致でベスト1に選出したワイン。数多くあるボルドーワインの中でも、全くの無名と言っても過言ではない銘柄に、当時は「凄いワインを見つけた!」と社内が騒然となりました。以来、多くのお客様の厚い支持を受けながら累計1万本超という完売の歴史を作り、伝説となった1本です。 2017年全米の酒類コンクールで金賞を受賞!最注目のロゼワイン。 シャトー・ラヴィルは、ボルドー・シュペリュールで品質に定評のあるシャトーの一つと言われる実力派。シャトーはアントル・ドゥ・メール地区、サン...

[2002] クロ・レグリーズ / ポムロル フランス ボルドー / 750ml / 赤

エノテカ・シャトー蔵出しワイン

16,200

[2002] クロ・レグリーズ / ポムロル フランス ボルドー / 750ml / 赤

2002 CLOS L`EGLISE / POMEROL ポムロルを代表するシャトーが手掛ける、 幾重にも重なる果実味を楽しめる滑らかなスタイル。 美しい熟成感が表れ始めている、飲み心地良い1本。 今やペトリュスやルパンとともに、 ポムロルを代表するシャトーとなったクロ・レグリーズ。 有名シャトーとなったシャトー・レグリーズ・クリネも元はこのシャトーの一部でした。 シャトー名はポムロルにたくさん存在する、"エグリーズ(教会)"に由来しています。 畑はシャトー・クリネに隣り合った丘の上にあり、 全体が西側に面した粘土と砂利の土壌からなります。 右岸は左岸と比べると生産量が圧倒的に少なく、 いわゆるシンデレラワインと呼ばれるような一晩にして名声が上がり、 一挙に手に入りにくなるワインが沢山あります。 クロ・レグリーズもそんな右岸のシンデレラワインの一つに数えられています。 クロ・レグリーズのセパージュは、メルロ60%、カベルネ・フラン40%。 カベルネ・フランは樹齢の高い樹から獲れるものを使用することで、 ワインに複雑さとフィネスを与えています。 メルロは深いコクと柔らかさを与え、滑らかな舌触りはシルクのよう。 若いうちから凝縮した果実味と複雑な美味しさが味わえる、 素晴らしい仕上がりのワインですが、長期熟成に耐えられる ポテンシャルも持ち合わせています。 2002年のボルドー地方の天候は不安定で、 8月まではブドウの熟度は遅れていたものの、 9月の中旬から約1ヶ月、乾燥した好天が続きました。 タンニンが強く、しっかりとした長期熟成向きのワインが 多く生み出されたヴィンテージです。 プラムやブラックチェリーなどの黒系果実の香りに、 ドライイチジクや腐葉土などの熟成したニュアンス、 モカやエスプレッソ、バニラのようなアロマが感じられます。...

スポンサーリンク
スポンサーリンク