メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「メキシコ」検索結果。

メキシコの商品検索結果全3件中1~3件目

昭和54年(1979年)度 岩瀬酒造岩の井 本醸醸古酒 180ml カップ

お酒の総合館・シマヤ酒店

2,057

昭和54年(1979年)度 岩瀬酒造岩の井 本醸醸古酒 180ml カップ

容量 180ml です。 ラベルは2種類あります。ラベルのご指定は受け付けかねます。 (中身は同じです。) ■アルコール分 19度以上20度未満 ■精米歩合 60% ■原材料名 米・米麹・醸造アルコール *古酒のため、オリがある場合がありますが品質には 問題ありません。創業は享保八年(1723年)と伝えられており、代々地元名主の副業として受け継がれてきていましたが、大正十二年から本格的に酒造りに力を注ぐようになりました。 また、昭和五年からは吟醸酒造りを開始し、昭和二十二年には全国鑑評会で首席になりました。現在では高品質で個性的な酒造りの為、山廃仕込に重点をおき、全仕込の1/3以上を山廃もとで仕込んでいます。 仕込水(硬水)の特長を生かし、品の良い濃醇タイプの酒質を目標としています。 母屋は、慶長14年(1609)に御宿沖で遭難した、メキシコ船「サンフランシスコ」号の帆柱を梁として使用。町の文化財として指定されています。東京タワーの構造設計を指揮した建築構造学者 内藤多仲(ないとう たちゅう)の建物が蔵の敷地内にあったりします。 現代の名工 後進の育成にも熱心な菊池杜氏です。 以前、青森 西田酒造(田酒蔵元)の杜氏、辻村さん(現在、菱屋酒造)は、 かつて岩瀬酒造でも酒造りを学びました。 その時の師匠が菊池杜氏でした。2006年をもって高齢のため引退です。 そして2006年酒造年度に谷藤忠夫さん(岩手県 花巻市出身)が 杜氏として迎えられ一年間引継ぎを行いました。 2006年酒造年度のお酒が、菊池杜氏の最後のお酒となりました。 杜氏 菊池幸雄 (一級酒造技能士) 北海道、千葉県、福島県、と渡り歩いて千葉県に戻り、 34年前に現岩瀬酒造の杜氏となる。 酒造りの道に入ったのは昭和二十三年。以来五十年以上に渡り醸造技術の向上とうまい酒造...

千葉県 岩瀬酒造 岩の井昭和61年(1986年)仕込 山廃純米吟醸 1800ml 要低温

お酒の総合館・シマヤ酒店

19,132

千葉県 岩瀬酒造 岩の井昭和61年(1986年)仕込 山廃純米吟醸 1800ml 要低温

岩瀬酒造 昭和61年(1986年)仕込 山廃吟醸一段仕込 蔵元さんにて瓶詰め後、2008年秋まで常温保管されていました。 そのため、王冠や瓶にキズ・汚れがあります。 瓶内にオリがあります。 ラベル(首かけ)は 山廃吟醸一段仕込ですが、アルコール無添加ですので 山廃純米吟醸一段仕込です。 原料米 山田錦 精米歩合 50% 日本酒度 -15 酸度 3.1 酵母 9号 アルコール度 16.1創業は享保八年(1723年)と伝えられており、代々地元名主の副業として受け継がれてきていましたが、大正十二年から本格的に酒造りに力を注ぐようになりました。 また、昭和五年からは吟醸酒造りを開始し、昭和二十二年には全国鑑評会で首席になりました。現在では高品質で個性的な酒造りの為、山廃仕込に重点をおき、全仕込の1/3以上を山廃もとで仕込んでいます。 仕込水(硬水)の特長を生かし、品の良い濃醇タイプの酒質を目標としています。 母屋は、慶長14年(1609)に御宿沖で遭難した、メキシコ船「サンフランシスコ」号の帆柱を梁として使用。町の文化財として指定されています。東京タワーの構造設計を指揮した建築構造学者 内藤多仲(ないとう たちゅう)の建物が蔵の敷地内にあったりします。 現代の名工 後進の育成にも熱心な菊池杜氏です。 以前、青森 西田酒造(田酒蔵元)の杜氏、辻村さん(現在、菱屋酒造)は、 かつて岩瀬酒造でも酒造りを学びました。 その時の師匠が菊池杜氏でした。2006年をもって高齢のため引退です。 そして2006年酒造年度に谷藤忠夫さん(岩手県 花巻市出身)が 杜氏として迎えられ一年間引継ぎを行いました。 2006年酒造年度のお酒が、菊池杜氏の最後のお酒となりました。 杜氏 菊池幸雄 (一級酒造技能士) 北海道、千葉県、福島県、と渡り歩いて千葉県に戻り、...

こちらの関連商品はいかがですか?

池亀 純米吟醸 黒兜 山田錦 生酒 1800ml

佐野屋JIZAKE 楽天市場店

3,456

池亀 純米吟醸 黒兜 山田錦 生酒 1800ml

池亀の代表商品の1つである「黒兜」。黒兜の特徴としてまず挙げられるのは「黒麹」を使用していること。日本酒を造る工程の1つで、麹菌を蒸米に繁殖させて「麹米」を造る「製麹」という作業があります。麹菌の種類にもいろいろあるのですが、日本酒で使われるのは主に「黄麹」で「黒麹」を使用した日本酒は珍しいのです。「黒麹」は主に沖縄の泡盛や九州地方での焼酎に多く使われています。「黒麹」はクエン酸の発酵が盛んで、醪(もろみ)を強い酸性に保つことができ、醪の発酵途中に起こり得る雑菌の繁殖を防ぐ効果があります。そのため温暖な地域での酒造りに適しています。池亀酒造もまた、九州の福岡県という温暖な地域にありますので、「黒麹」が身近な存在だったのかもしれません。味わってみると「黒麹」の特徴である酸が明確に感じ取れました。たっぷり蜜の入ったりんごをかじった時のように、フルーティーな甘味とともにジュワッと広がる酸味。その瑞々しい味わいに思わず笑みがこぼれました。搾ってすぐに瓶詰めされているからか、フレッシュ感も抜群です。皆様にも是非口にしていただき、「こんな面白い日本酒があるのか!?」と驚いてほしい1本です。製品仕様商品名池亀 純米吟醸 黒兜 山田錦 生酒 1800mlお酒の種類日本酒内容量1800ml原材料山田錦スペック純米吟醸アルコール15度保存方法要冷蔵製造元池亀酒造(福岡県久留米市三潴町草場545)

浪花正宗 さか松山田錦40純米大吟醸山田錦40原酒1800ml

Amazon

5,143

浪花正宗 さか松山田錦40純米大吟醸山田錦40原酒1800ml

平成20年度全国新酒鑑評会出品酒金賞受賞大吟醸です。 21年度醸造さか松純米大吟醸山田錦40原酒 4月に入り成子嘉一杜氏さんとの会話の中で、今季の酒造りを聞いてみました。 「 」絶句 蔵元の意向で蔵の酒質を8割方、芳醇系に変更したとのことでした。 これまで長年、地元でもなじみの味として愛されてきた酒質を8割もののお酒の酒質を変えるということは、蔵元にとっては大きな賭けといってもいいでしょう。 その決断の重さをしっかり受け止め、昨年以上にさらなる重い責任を背負っての造りを任されたお酒の最高峰がこのお酒です。 当然、このお酒は鑑評出品酒として醸されたタンクの1本です。大吟醸らしい風格と貴賓のある香り、そして口に含んだときに口の中いっぱいに広がる含み香も、きっとワクワクさせてくれるはずです。当然、山田錦らしい米の旨みと高精米らしい透明感、また余韻も楽しめながらも、くどさを感じさせない切れはついつい杯がすすんでしまいました。 蔵元曰く「採算ベース無視の宣伝広告酒みたいなものです」と まさしくその通りでしょう。 最後になりましたが、この蔵元のことをご存じない方のために、先の洞爺湖サミットの際、世界のVIPをおもてなしをする日本酒として政府の依頼を受け浪花正宗 究極の技が提供された蔵元でもあります。

日本酒 ちえびじん 純米吟醸 山田錦1800ml【中野酒造】

お酒の専門店 松仙

3,348

日本酒 ちえびじん 純米吟醸 山田錦1800ml【中野酒造】

.☆.・∴.・∵☆:*・∵.:*・☆.☆.。.:*,★ :*・∵.:☆.。.:*・:*・∵.☆:*・∵.゜ 日本酒 ちえびじん純米吟醸 山田錦1800ml【中野酒造】 [商品説明] ■産地:大分県 中野酒造 ■原料:米 米麹 (全量杵築産の山田錦) ■精米歩合:55% ■日本酒度:+1 ■度数:17度 ■内容量:1800ml 大分県杵築市のお蔵様、、、。専務の中野敦之様とは不思議なご縁で繋がりました。 以下、お蔵元のお言葉、、。 明治7年創業以来、自然の恩恵を受けたこの地に根ざし伝統の技を 守りつつ、酒造りに営んで120有余年。 ひとえに皆様方の今昔変わりませぬご愛飲と ご支援によるものと心より感謝致しております。 移りゆく時代の流れとともに私どもの酒造りも少しずづ変化を 遂げてまいりました。 その酒造りにかける念(おも)いは 今なお「新しい日本のお酒造り」に精進しています。 蔵の中は、土壁で覆われており、杵築市の指定有形文化財になっております。 蔵内は、24時間クラッシック音楽が流れており、 風通しの良い蔵で地酒「智恵美人」は熟成されます。 仕込み水は、弊社地下200m から湧き出る水を使用しております。 粒子が細かく、非常になめらかな軟水の水は 3年連続モンドセレクション最高金賞の栄誉を頂きました。 水は日本だけでなく、世界から出品される為、受賞が非常に困難と言われています。 弊社の商品は、全てこの仕込み水を使用しております。 4営業日以内に発送予定 ~~~私の感想~~~ 柔らかな当たりは上質の仕込み水由来、 地元大分県杵築産の山田錦を100%使用。 フレッシュさの中に甘みと酸味(酸度1.8)のバランス 良いお酒に仕上げました。 飲み飽きしない純米吟醸酒です。 白ワインのような果実味を感じるお酒。 素直に美味しい...

ひこ孫 純米吟醸(阿波山田錦)1800ml(埼玉・神亀酒造)

おおさかや

5,616

ひこ孫 純米吟醸(阿波山田錦)1800ml(埼玉・神亀酒造)

神亀さんの吟醸の基本的なと言ったのが良いのか、顔と言った方が良いのかとにかくそういうお酒です。神亀ブランドとひこ孫ブランドの違いは米違いと聞いたことがありますが、熟成の差とも聞いたような気もするし、真意のほどはわかりません。まあ気にしないで飲みましょう。 専務さん本人はほとんど燗しているようです。たしかに見事な燗酒です。ちょっと贅沢に思いますが一度お試しください。極上燗の世界が堪能できます。純米ひこ孫の燗も見事ですがこちらはさらにきめ細か。お奨めのクリームコロッケの皮の部分を純米ひこ孫で、中身のクリームの部分でこの純米吟醸でお試しください。神亀ワールドが広がります。 変幻自在に繰り出される秘技に、知らないうちに桃源郷の世界へといざなわれてしまう。人はいつしかそれを神亀ワールドと呼び、神亀教教祖として多くの信者に慕われている。 また酒造業界のひとりのドンとして、業界に貢献した業績は計り知れない。とくにいち早くアル添酒に見切りをつけ、みずから矢面に立ちながら純米酒復活の道を切り開いてきた。早くから全量純米酒を達成した蔵。 純米、熟成技術、酒米、燗酒、料理との相性の分野において到達した独自の見地から、目から鱗の含蓄ある言葉が湯水のように溢れ出る。

スポンサーリンク
スポンサーリンク