メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「サントリー山崎」検索結果。

サントリー山崎の商品検索結果全238件中1~60件目

サントリー 知多 43度 700ml シングルグレーン ウイスキー ボトルのみ 本数制限なし ジャパニーズウイスキー Suntory The Chita single grain 【中古】...

帝国酒販

3,234

サントリー 知多 43度 700ml シングルグレーン ウイスキー ボトルのみ 本数制限なし ジャパニーズウイスキー Suntory The Chita single grain 【中古】...

知多半島で生まれたウイスキー 愛知県南部に位置する知多半島でこの「THE知多」は生まれました。 サントリーが所有する国内の3つの蒸溜所 ・山崎蒸溜所 ・白州蒸溜所 の次に生まれたのがこの「知多蒸溜所」です。 とうもろこしを原料とするグレーンウイスキー専門の蒸溜所で、ここで作られるグレーン原酒は数々のブレンデッドウイスキーに使用されています。 和食と共に グレーンウイスキーの特徴はまずその「クリア」な味です。 その穏やか味わいから、別名「サイレントウイスキー」と呼ばれます。 サントリーはそのクリアな味わいの原酒をスパニッシュオークやワイン樽などで熟成させ、様々な味わいのグレーンウイスキーを作っています。 こちらの知多はハイボールでその本領を発揮し、ほのかな甘みのなかにしっかりとした香りを感じることが出来るでしょう。 グレーンウイスキーの特徴 グレーンウイスキーは一般的にとうもろこし、ライ麦、小麦などの穀物を原料にし、麦芽を加え発酵させたウイスキーです。 通常はモルトウイスキーの原酒に加え、香りや刺激を抑えたりする用途が一般的ですが、こちらの「知多」のようにシングルグレーンそのままでボトリングされた製品が存在し、中にはシングルモルト同様の長期熟成をを行った高級ボトルも存在します。 サントリー 知多 サントリーが11年ぶりに発表した新ブランド 「知多」 「知多」といえばやっぱりハイボールです。 その軽い飲み口はさっぱりとした和食に合うようにつくられており、日常の生活と共に気軽に飲めるウイスキーです。 愛知県の知多半島にある「知多蒸溜所」で生産されており、こちらでつくられるグレーン原酒はホワイトオークの他にスパニッシュオーク、またワイン樽で熟成されるなど様々な種類があり、「響」等のブレンデットウイスキーにも使用されています。 サントリーの...

サントリー ローヤル

マリアージュ・ド・ケイ

3,078

サントリー ローヤル

生産者 サントリー 生産国 日本 主原料 モルト グレーン 度 数 43% 内容量 700ml「サントリー ローヤル」 ローヤルは、日本のウイスキーの父であり、サントリーの初代マスターブレンダーである鳥井信治郎の最後にして最高の名作です。日本人が本当においしいと感じる味わいを求め続け、彼が完成させたブレンド比率はまさに「黄金比」と呼ぶにふさわしい極み。人間が美しいと感じる造型が黄金の比率からできているよう に、ローヤルもまた「黄金比」のブレンドから生まれます。 ローヤルのあの独創的な、他のどんなウイスキーにも似ない瓶。その形は、漢字の「酒」のつくりの部分、「酉」をかたどっています。この文字は、十二支の十番目の「とり」にあたると同時に、酒の壺、酒器をも意味します。また、微妙なカーブを描く栓は、山崎蒸溜所の奥にある神社の鳥居にちなんだものです。40年経った今も世界の人々に愛され続けているこのボトルデザインは、まさに鳥井信治郎の傑作ウイスキーにぴったりの意匠といえるでしょう。 《サントリー ローヤル》ローヤルが誕生したのは1960年のこと。 サントリーの創業60 周年を記念したボトルです。サントリーの創業者鳥井信治郎の天才的インスピレーションと味覚研究、そしてバイタリティ溢れる市場調査、この三位一体が「黄金比」のブレンドを生み出しました。山崎パンチョン樽原酒と白州竹炭ろ過原酒がキーモルト。甘く華やかな香り。やわらかくなめらかな口あたり。すっきりと心地よい余韻が特長です。

サントリー ローヤル スリム

マリアージュ・ド・ケイ

2,667

サントリー ローヤル スリム

生産者 サントリー 生産国 日本 主原料 モルト グレーン 度 数 43% 内容量 660ml「サントリー ローヤル」 ローヤルは、日本のウイスキーの父であり、サントリーの初代マスターブレンダーである鳥井信治郎の最後にして最高の名作です。日本人が本当においしいと感じる味わいを求め続け、彼が完成させたブレンド比率はまさに「黄金比」と呼ぶにふさわしい極み。人間が美しいと感じる造型が黄金の比率からできているよう に、ローヤルもまた「黄金比」のブレンドから生まれます。 ローヤルのあの独創的な、他のどんなウイスキーにも似ない瓶。その形は、漢字の「酒」のつくりの部分、「酉」をかたどっています。この文字は、十二支の十番目の「とり」にあたると同時に、酒の壺、酒器をも意味します。また、微妙なカーブを描く栓は、山崎蒸溜所の奥にある神社の鳥居にちなんだものです。40年経った今も世界の人々に愛され続けているこのボトルデザインは、まさに鳥井信治郎の傑作ウイスキーにぴったりの意匠といえるでしょう。 《サントリー ローヤルスリム》ローヤルが誕生したのは1960年のこと。 サントリーの創業60 周年を記念したボトルです。サントリーの創業者鳥井信治郎の天才的インスピレーションと味覚研究、そしてバイタリティ溢れる市場調査、この三位一体が「黄金比」のブレンドを生み出しました。山崎パンチョン樽原酒と白州竹炭ろ過原酒がキーモルト。甘く華やかな香り。やわらかくなめらかな口あたり。すっきりと心地よい余韻が特長です。

サントリーウイスキー知多 43度 700ml

とみづや千本酒店

3,899

サントリーウイスキー知多 43度 700ml

山崎 サントリー山崎 サントリーウイスキー山崎 シングルモルトウイスキー サントリーウイスキー知多 サントリー サントリー知多 知多愛知県・知多蒸溜所で長年に渡り培ってきた多彩な原酒づくりと匠の技でつくりあげたシングルグレーンウイスキーです。 サントリーのウイスキーづくりの歴史のなかで培ってきた多彩な原酒づくりと匠の技でつくりあげた、こだわりの逸品。 「軽やかな風」をイメージしたグレーン原酒でつくられており、ほのかな甘さとなめらかな味わいが特長のウイスキー。 知多蒸留所とは とうもろこしを原料としたグレーンウイスキーの製造をしています。複数タイプのグレーン原酒の作りわけをしている世界でも稀な蒸留所です。連続式蒸溜機によって、ライト、ミディアム、ヘビー、3タイプのグレーンウイスキーを製造しています。また、スパニッシュオーク樽、ワイン樽の活用もその作りわけの技術に活かされています。この蓄積されたこのグレーン原酒製造とブレンド技術によって「知多」はつくられました。 おすすめの飲み方 ロック・・・風のような軽やかな味わいを感じていただけます。 ソーダ割り・・・大きいグラスにたくさんの氷とソーダを入れてお楽しみいただけます。 相性の良い料理 すっきりとした後味と、バランスのとれた味わいを持つ『知多』は和食などの繊細な料理との相性が抜群です。 豆腐、だし巻き、煮物などと一緒にお楽しみください。 【アルコール度数】43% 【原材料】グレーン、モルト ↓↓ 同梱におすすめ ↓↓

送料無料
サントリー ウイスキー 知多 700ml

Amazon

3,446

サントリー ウイスキー 知多 700ml

サントリーウイスキー11年ぶりの新ブランド「知多」。「知多」はサントリーが国内に所有する3つの蒸溜所(大阪・山崎蒸溜所、山梨・白州蒸溜所、愛知県・知多蒸溜所)のうちの1つ、知多蒸溜所で生まれました。ここではとうもろこしを原料にしたグレーンウイスキーが製造されており、知多のグレーンウイスキーは数々のブレンデッドウイスキーの味わいを支えてきました。知多蒸溜所では、連続式蒸溜機によってクリーン、ミディアム、ヘビーの3タイプの世界にも類をみないグレーン原酒のつくり分けを行っています。また、スパニッシュオーク樽やワイン樽など多彩な貯蔵樽の使い分けによるグレーン原酒の多彩なつくり分けは世界に誇れる品質です。個性豊かな原酒たちは、ブレンダーの手でひとつとなり、唯一無二のウイスキーへと生まれ変わります。そんなブレンダーの探求と革新か生まれたのが、グレーン原酒のみで構成するサントリーウイスキー「知多」なのです。テイスティングノート■色…明るい黄金色■香り…ピュアでストレート■味わい…口当たりよくスムース■余韻…綺麗、ほのかな甘さ知多の特徴である軽やかな味わいとほのかに甘い香りは、和食をはじめさまざまな食事との相性が非常に良く、特にソーダで割ったハイボールがおすすめです。

お酒・ドリンクのランキング

スポンサーリンク
スポンサーリンク