メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「chateau lafite rothschild」検索結果。

chateau lafite rothschildの商品検索結果全20件中1~20件目

プライベート・リザーブ・ボルドー・ルージュ[2015]年・ドメーヌ・バロン・ド・ロートシルト(ラフィット)・シャトー・ラフィット・ロートシルトのドメーヌ・バロン・ド・ロートシルトの経営

うきうきワインの玉手箱

1,425

プライベート・リザーブ・ボルドー・ルージュ[2015]年・ドメーヌ・バロン・ド・ロートシルト(ラフィット)・シャトー・ラフィット・ロートシルトのドメーヌ・バロン・ド・ロートシルトの経営

※画像は2010年ですが、本商品は2015年となります。 年代 造り手 [2015] ドメーヌ・バロン・ド・ロートシルト 生産国 地域 フランス ボルドー 村 AOCボルドー タイプ 赤・辛口   ミディアム-フルボディ 内容量 750mlプライベート・リザーブ・ボルドー・ルージュ[2015]年・ドメーヌ・バロン・ド・ロートシルト(ラフィット)・シャトー・ラフィット・ロートシルトのドメーヌ・バロン・ド・ロートシルトの経営 BARONS DE ROTHSCHILD (LAFITE) Privete Reserve [2015] (Chateau Lafite Rothschild) なんとこのワインの2011年がNIKKEI プラス1の2013年11月9日号で第6位を獲得! フランス辛口赤ワイン愛好家大注目!あの格付第一級!世界最高峰ワインのシャトー・ラフィット・ロートシルトのドメーヌ・バロン・ド・ロートシルトによる、ラフィットのネームバリューとエレガンスを持ち、ラフィットの片鱗を感じさせる究極ボルドーワイン!!その名も「男爵の秘蔵ワイン」!!もちろん醸造はすべてラフィット・ロートシルトのテクニカルチームが担当!もちろんラフィット家の証“5本の矢マーク”入り!しかもラベルにはポイヤックのラフィット・ロートシルトの畑の入り口が描かれた究極ボルドーワイン!! プライベート リザーブ ボルドー ルージュ[2015]年 ドメーヌ バロン ド ロートシルト(ラフィット) シャトー ラフィット ロートシルトのドメーヌ バロン ド ロートシルトの経営 ボルドー最高の赤ワインとして、世界のワイン愛好家が無条件に脱帽する シャトー ラフィット・ロートシルト。その伝説の酒を醸し続け、磨き続けている、名門ロスチャイルド家は、デュアール=ミロン、レヴァンジル...

2013 シャトー・ラフィット・ロートシルト 750ml

Amazon

98,000

2013 シャトー・ラフィット・ロートシルト 750ml

シャトー・ラフィット・ロートシルト(Chateau Lafite-Rothschild)は、メドック地区ポーイヤック村にある現在メドックに4つある第1級格付けワインの中で、 筆頭に挙げられることが多い。 日本で知られている「ロートシルト」の名は「ロスチャイルド」のドイツ語風の読み。 日本ソムリエ協会では「ロッチルド」もしくは「ロートシルト」とルビを振っています。 ボルドーの北西メドック地区の高名なポーイヤック村の北端に位置します。 石灰質を基盤とする砂利質のテロワール(土壌)はメドックでも最上と目されています。 「小高いところ」を意味する「La Hite」(ラ・イット)が転じてラフィットと名づけられたといいます。 ワインの生産量は年間約3万5,000ケース。 うち約2万ケースがメドック第1級格付けの赤ワイン「シャトー・ラフィット・ロートシルト」として出荷されており、 第1級の名声に達しないと判断されたワインはセカンドラベルの「カリュアド・ド・ラフィット」として出荷されます。 カベルネ ソーヴィニヨンを主体にブレンド。 100%新樽で18?20ヶ月間専用の樽工房で造られたオーク樽で熟成させます。 シャトー・ラフィット・ロートシルトは、 長い期間の熟成を経て、その実力を大きく花開かせます。 カベルネ・ソーヴィニョンの比率が高いことで、タンニンの強いフルボディのワインとなるが、 その味わいは酸味と渋味のバランスが程よく、品格を感じさせるものとなっています。 まさにメドック1級の風格!! まだまだ閉じて硬い状態ではありますが、芳醇さ、上質な果実味が次第に感じられます。 気品と繊細さにあふれ、きめ細かい口当たり、エレガントで長い余韻は圧倒されるほどのオーラを放ちます。 樽のニュアンスが強く、長い年月が必要となります。...

こちらの関連商品はいかがですか?

シャトー・ムートン・ロートシルト[2005]【750ml】6本セットChateau Mouton Rothschild

Amazon

567,000

シャトー・ムートン・ロートシルト[2005]【750ml】6本セットChateau Mouton Rothschild

ボルドーのメドック格付け第1級、シャトー・ムートン・ロートシルト。常に時代の一歩先をリードし、ボルドーワインの頂点に君臨し続ける王者であるとともに新たなワインの世界を切り開いてきた開拓者でもあります。 濃密な黒い果実の香りがあり、トーストしたオークによるバニラのニュアンスが香りにエレガントさと複雑性をもたらします。 力強くがっしりとしたタンニンと、ほんのりと感じる甘みが見事なバランスで調和していて、リッチなボディを作ります。エレガントな酸があり、柔らかい印象です。 何層にも重なったようなふくよかな味わいは、非常に長い余韻へと続きます。 エチケットはジュゼッペ・ペノーネ。 1947年ピエモンテ州ガレッシオ生まれのイタリアを代表する彫刻家。農業を営んでいた父親の影響で、植物世界に見られるフォルム、マチエール、色彩にとりわけ高い関心を寄せ、自分は自然を前には単なる「現像スタッフ」でしかないと語っています。2005年のラベルを飾る作品には、ヴィニュロンの「草木を育てる力のある手」が描かれています。 専用木箱に入った6本セットでお届けします。この機会をお見逃しなく。 パーカーポイント97点

送料無料
[Chateau Mouton Rothschild ] シャトー・ムートン・ロートシルト、 2013 ポーイヤックAOC( 赤 ) 750ml/グラン・クリュ1級

Amazon

59,300

[Chateau Mouton Rothschild ] シャトー・ムートン・ロートシルト、 2013 ポーイヤックAOC( 赤 ) 750ml/グラン・クリュ1級

●Chateau Mouton Rothschild 2013 AOC Pouillac シャトー公式サイトのテイスティングコメント: 色彩は、深紅がかった強く深い赤色。まず最初にブラック・チェリー、ラズベリー、ブラックベリーのアロマが感じられ、 空気に触れることでスパイシーで繊細なロースト香の複雑味のある香りが開いてきます。 アタックは、クリーンでフレッシュで濃厚。口の中にヴァニラ、チョコレートのニュアンスが広がり、 洗練されたタンニンが味わいを支えています。 骨格はしっかりとした丸みを帯びており、深く強い香りとともに余韻が長く続きます。 天候条件 2013年の天候は、変わりやすく移ろいやすかったと記憶されるでしょう。 寒くて湿気の多い冬。冷涼で雨の多い春だったため、植物の循環がうまく行われず、開花にも影響を及ぼしました。 対照的に、7月と8月は特に熱く日照量も多く、平均よりかなり少ない降水量でした。 7月後半には激しい嵐が原因となり、38度の最高気温を記録しました。 水不足が9月も続いたことで、ブドウがムラ無く熟すこととなりました。カベルネは、とてもよい出来で、 総じて糖度も十分で良質な酸味もたたえています。 ムートン・ロスチャイルドの収穫は、記録的な早さの9月30日から10月9日の間に、 ファミリー企業バロン・フィリップ・ド・ロスチャイルドの従業員達の多大なサポートにより終えられました。 従業員達は、畑に招かれ、摘み取り業者に加わりました。 130名以上のスタッフ達が要請に応え、10月9日には695食が収穫者のためのカフェテリアでサーブされ、これは空前の記録となりました。 丹念に選果され、ブドウは柳カゴから、ムートン・ロスチャイルドの非常に大きなバット・ルームの中の 重量供給された桶に運ばれました。 主要な変革の中でも...

送料無料
[2003] シャトー・ムートン・ロートシルト 750ml Ch.Mouton Rothschild

Amazon

76,000

[2003] シャトー・ムートン・ロートシルト 750ml Ch.Mouton Rothschild

ボルドー第4版 28hl/haという低収量でつくられたこの深遠なワインの、ブレンド比率はカベルネ・ソーヴィニョン76%、メルロ14%、カベルネ・フラン8%、プティ・ヴェルド2%。仕上がりの pHは3.8、アルコール度数は12.9%(この点ではラフィット・ロートシルトとほとんど同等)、総酸度は3.5である(ほかの一級シャトーよりはるかに高い)。2003年はスタイルの点ではムートンの1982年に似ているが、同じ時期のムートンよりやわらかいし、より融通のきいたものになっている。カベルネ・ソーヴィニョンの収穫が始まったのは1982年、1947年双方と同じ日だった……興味深い一致である。縁まで黒/紫色をしており、ゴージャスなノーズはエスプレッソのローストと混ざり合った、古典的なムートンらしいクレーム・ド・カシス・リキュールのような趣を思わせる。この力強い、とろりとした風味は滝のように口蓋を流れていき、途方もない強烈さや強いタンニンを感じさせる。この並はずれて素質のある2003年は、いまだに落ち着こうとしている最中だが、まぎれもなくこのヴィンテージで最も偉大な作品の1つである。私の直感が正しければ、1982年以降で最もブドウの完熟感のある、最も華々しいムートン・ロートシルトである。予想される飲み頃:2012~2035年。

送料無料
[2002] シャトー・ムートン・ロートシルト 750ml Ch.Mouton Rothschild

Amazon

62,640

[2002] シャトー・ムートン・ロートシルト 750ml Ch.Mouton Rothschild

これまたワイン・オブ・ザ・ヴィンテージの候補である、2002年のムートン・ロートシルトは2万ケースしかない(2000年は2万5000ケース)。31hl/haという低収量でつくられており、ブレンド比率はカベルネ・ソーヴィニョン78%、メルロ12%、カベルネ・フラン9%、プティ・ヴェルド1%。色は2002年のカベルネ・ベースのメドックとしては最も縁いっぱいまで光を通さないほど濃いものかもしれない。幅のある風味をしており、隠そうとしても隠しきれないクレーム・ド・カシスに、燻煙やココア、なめし革、甘草が混ざり合ったものを思わせる。いまだに耐えがたいほどタニックだが、想像を絶するほど濃厚で、力強く、豊かである。このフルボディの、怪物サイズのムートンのフェノール類の値はほとんどメーターが振り切れてしまうほどの高さだ。ただし、たいていのムートンがどのように成長していったかを考えると、これも瓶詰め後は閉じこもり、再び舞台に上がってくるまでには、もしかしたら最低でも10~15年は必要となるのではないかと思われる。まぎれもなく長期間セラーで寝かせる必要のあるヴァン・ド・ガルドだ。予想される飲み頃:2015~2040年。

お酒・ドリンクのランキング

スポンサーリンク
スポンサーリンク