メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「chateau lafite rothschild」検索結果。

chateau lafite rothschildの商品検索結果全22件中1~22件目

プライベート リザーブ ボルドー ルージュ 2016 ドメーヌ バロン ド ロートシルト (ラフィット) 赤ワイン 辛口 フルボディ 750mlBARONS DE ROTHSCHILD ...

うきうきワインの玉手箱

1,425

プライベート リザーブ ボルドー ルージュ 2016 ドメーヌ バロン ド ロートシルト (ラフィット) 赤ワイン 辛口 フルボディ 750mlBARONS DE ROTHSCHILD ...

年代 造り手 [2016]年 ドメーヌ・バロン・ド・ロートシルト 生産国 地域 フランス ボルドー 村 AOCボルドー タイプ 赤・辛口   ミディアム-フルボディ 内容量 750mlプライベート・リザーブ・ボルドー・ルージュ[2016]年・ドメーヌ・バロン・ド・ロートシルト(ラフィット)・シャトー・ラフィット・ロートシルトのドメーヌ・バロン・ド・ロートシルトの経営 BARONS DE ROTHSCHILD (LAFITE) Privete Reserve [2016] (Chateau Lafite Rothschild) なんとこのワインの2011年がNIKKEI プラス1の2013年11月9日号で第6位を獲得! フランス辛口赤ワイン愛好家大注目!あの格付第一級!世界最高峰ワインのシャトー・ラフィット・ロートシルトのドメーヌ・バロン・ド・ロートシルトによる、ラフィットのネームバリューとエレガンスを持ち、ラフィットの片鱗を感じさせる究極ボルドーワイン!!その名も「男爵の秘蔵ワイン」!!もちろん醸造はすべてラフィット・ロートシルトのテクニカルチームが担当!もちろんラフィット家の証“5本の矢マーク”入り!しかもラベルにはポイヤックのラフィット・ロートシルトの畑の入り口が描かれた究極ボルドーワイン!! プライベート リザーブ ボルドー ルージュ[2016]年 ドメーヌ バロン ド ロートシルト(ラフィット) シャトー ラフィット ロートシルトのドメーヌ バロン ド ロートシルトの経営 ボルドー最高の赤ワインとして、世界のワイン愛好家が無条件に脱帽する シャトー ラフィット・ロートシルト。その伝説の酒を醸し続け、磨き続けている、名門ロスチャイルド家は、デュアール=ミロン、レヴァンジル、リューセック、ロスヴァスコスなど...

シャトー・ラフィット・ロートシルト[2004]【6000ml】Chateau Lafite Rothschild

Amazon

999,000

シャトー・ラフィット・ロートシルト[2004]【6000ml】Chateau Lafite Rothschild

【専用木箱入り】ラフィット ロートシルトは、伝統と格式に満ちたボルドー最高のシャトーと言われています。 75年以降、エリックの行き届いた管理と、32~36ヶ月の樽熟成期間を20~30ヶ月に変更、さらに徹底したグリーンハーヴェストと意識的な遅摘みを行う事で果実味を引き出し、その地位を不動のものとしました。 色調はエッジに橙をやや帯びたガーネット、粘性は高い印象です。 西洋杉や土、ドライハーブの香りと共に極めて目の細かい果実味が感じられる、驚くべきバランスを誇るワインです。 やや腐葉土、トリュフ、枯葉などの軽い熟成香、リコリスやパストラミハムのスパイシーな風味。そしてブラックベリーのコンポート、カシスリキュールなどのきめ細やかな果実味が感じられます。 またミント、薔薇などのドライフラワーの清涼感のある香りもあります。 途中から急激にワッフルやキャラメルの様な甘露さが現れる。異常な程緻密でエレガントな作りです。 大きなパーティで大きな歓声と大事なポジションを占めることになるダブルマグナムの倍のサイズ「マチュザレムサイズ6000ml」でのお届けになります。 この機会にどうぞ。 パーカーポイント93点

2013 シャトー・ラフィット・ロートシルト 750ml

Amazon

98,000

2013 シャトー・ラフィット・ロートシルト 750ml

シャトー・ラフィット・ロートシルト(Chateau Lafite-Rothschild)は、メドック地区ポーイヤック村にある現在メドックに4つある第1級格付けワインの中で、 筆頭に挙げられることが多い。 日本で知られている「ロートシルト」の名は「ロスチャイルド」のドイツ語風の読み。 日本ソムリエ協会では「ロッチルド」もしくは「ロートシルト」とルビを振っています。 ボルドーの北西メドック地区の高名なポーイヤック村の北端に位置します。 石灰質を基盤とする砂利質のテロワール(土壌)はメドックでも最上と目されています。 「小高いところ」を意味する「La Hite」(ラ・イット)が転じてラフィットと名づけられたといいます。 ワインの生産量は年間約3万5,000ケース。 うち約2万ケースがメドック第1級格付けの赤ワイン「シャトー・ラフィット・ロートシルト」として出荷されており、 第1級の名声に達しないと判断されたワインはセカンドラベルの「カリュアド・ド・ラフィット」として出荷されます。 カベルネ ソーヴィニヨンを主体にブレンド。 100%新樽で18?20ヶ月間専用の樽工房で造られたオーク樽で熟成させます。 シャトー・ラフィット・ロートシルトは、 長い期間の熟成を経て、その実力を大きく花開かせます。 カベルネ・ソーヴィニョンの比率が高いことで、タンニンの強いフルボディのワインとなるが、 その味わいは酸味と渋味のバランスが程よく、品格を感じさせるものとなっています。 まさにメドック1級の風格!! まだまだ閉じて硬い状態ではありますが、芳醇さ、上質な果実味が次第に感じられます。 気品と繊細さにあふれ、きめ細かい口当たり、エレガントで長い余韻は圧倒されるほどのオーラを放ちます。 樽のニュアンスが強く、長い年月が必要となります。...

こちらの関連商品はいかがですか?

送料無料
シャトー・ラフィット・ロートシルト 1995

Amazon

129,600

シャトー・ラフィット・ロートシルト 1995

パーカー95点!あのラフィットの貴重な大当たり年1995年!パーカー【95点】!!造りは見事で特筆に値する将来性!![シャトー・ラフィット・ロートシルト 1995]一級中の一級、1855年の公式格付で当時の4大シャトーのトップに位置づけられた[シャトー・ラフィット・ロートシルト]。宮中晩餐会常連シャトーからのご紹介は、いまや目にすることも貴重な【95点】、1995年ヴィンテージ。もう既にふた昔ほどとなる1995年ヴィンテージについては、ボルドー委員会が次のように説明。『カベルネ種は、特にメドック北部において酸とアルコールのバランスがとれ、タンニンはしなやかで、濃縮度が高く香り豊か。とてもフルーティーでタンニン分に富んだ、質のよいワインが造られ、1995ヴィンテージの赤ワインは、1990年以降最良のヴィンテージであることは確かであり、すばらしい1988年に類似するという生産者も多く、フルーティーさでは1985年のヴィンテージと似ています。』そして、パーカーさんは【95点】のハイスコアに、『ラフィット・ロートシルト1995年(最終的なブレンドに使用されたのは収穫量の3分の1のみ)のブレンド比率は、カベルネ・ソーヴィニョン75%、メルロ17%、カベルネ・フラン8%である。暗いルビー・紫色をしていて、甘い粉末にしたミネラル、スモーキーで雑草のような、カシスの香りがするノーズを持つ。見事な甘みのある果実味を持った、目が詰まっているが惚れ惚れするほど純粋な、輪郭のはっきりとした、ミディアムボディのラフィットである。』『1996年ほどパワフルで重量感はないが、造りは見事で、傑出した実績だけでなく、特筆に値する将来性もある。』とコメントし、その飲み頃を2008~2028年としています。・・・

シャトー・ムートン・ロートシルト[2005]【750ml】6本セットChateau Mouton Rothschild

Amazon

567,000

シャトー・ムートン・ロートシルト[2005]【750ml】6本セットChateau Mouton Rothschild

ボルドーのメドック格付け第1級、シャトー・ムートン・ロートシルト。常に時代の一歩先をリードし、ボルドーワインの頂点に君臨し続ける王者であるとともに新たなワインの世界を切り開いてきた開拓者でもあります。 濃密な黒い果実の香りがあり、トーストしたオークによるバニラのニュアンスが香りにエレガントさと複雑性をもたらします。 力強くがっしりとしたタンニンと、ほんのりと感じる甘みが見事なバランスで調和していて、リッチなボディを作ります。エレガントな酸があり、柔らかい印象です。 何層にも重なったようなふくよかな味わいは、非常に長い余韻へと続きます。 エチケットはジュゼッペ・ペノーネ。 1947年ピエモンテ州ガレッシオ生まれのイタリアを代表する彫刻家。農業を営んでいた父親の影響で、植物世界に見られるフォルム、マチエール、色彩にとりわけ高い関心を寄せ、自分は自然を前には単なる「現像スタッフ」でしかないと語っています。2005年のラベルを飾る作品には、ヴィニュロンの「草木を育てる力のある手」が描かれています。 専用木箱に入った6本セットでお届けします。この機会をお見逃しなく。 パーカーポイント97点

送料無料
シャトー・ムートン・ロートシルト[2012年]赤 750ml ボルドー メドック格付け第一級[Chateau Mouton Rothschild] シャトー・ムートン・ロスチャイルド

ユニビス Unibis 楽天市場店

56,160

シャトー・ムートン・ロートシルト[2012年]赤 750ml ボルドー メドック格付け第一級[Chateau Mouton Rothschild] シャトー・ムートン・ロスチャイルド

偉大なるメドック格付け一級、5大シャトーの中でも最も豪勢なワイン。 1855年にパリ万博に際して制定されたメドックの格付け。その中でフランスボルドーワイン界の頂点に君臨する5つの第一級格付け「五大シャトー」150年以上の歴史の中でただ唯一、1973年にメドック第2級から第1級に格上げという偉業を成し遂げたのがこの「シャトー・ムートン・ロートシルト」です。 1853年にイギリスのロスチャイルド家がシャトーを買収、1855年の格付け時には第一級は確実視されていましたが、結果はまさかの第二級。 それ以来当時の当主であったバロン・フィリップ男爵は、「1級にはなれないが2級には甘んじれぬ、ムートンはムートンなり」と語り、格付け昇格の為並々ならぬ努力が始まります。 格付け制定から118年後の1973年、ついに念願の格付け一級昇格を果たした際に、当時の当主バロン・フィリップ・ド・ロスチャイルド男爵の「われ1級になりぬ、かつて2級なりき、されどムートンは昔も今も変わらず」の名文句はあまりにも有名です。 シャトー・ムートン・ロートシルトの成功の理由。 シャトー・ムートン・ロートシルトが商業的に成功した理由として、シャトー元詰め方式の採用やセカンドワインのはしりと言われる「ムートン・カデ」の生産などがあげられます。20歳という若さでシャトーを継いだバロン・フィリップ・ド・ロスチャイルド男爵が最初に着手したのが、何世紀もの歴史を持つ中間業者による瓶詰制度を廃止し、シャトーでの元詰めを開始しました。このことによりワインの品質は劇的に向上し、以降他のシャトーもこぞって後を追随します。 また、毎年変わるアートラベルもワインコレクターのこころをくすぐります。1924年にシャトー元詰めを記念して、ジャン・カルリュによるオリジナルラベルが作られてから20年後の1945...

スポンサーリンク
スポンサーリンク