メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「chateau lafite rothschild」検索結果。

chateau lafite rothschildの商品検索結果全25件中1~25件目

送料無料
【送料無料】シャトー ラフィット ロートシルト 2014 750ml [赤]Chateau Lafite-Rothschild Chateau Lafite-Rothschild

トスカニー@イタリアワイン&食材

77,760

【送料無料】シャトー ラフィット ロートシルト 2014 750ml [赤]Chateau Lafite-Rothschild Chateau Lafite-Rothschild

Chateau Lafite-Rothschild Chateau Lafite-Rothschildシャトー ラフィット ロートシルトメドック格付け1級で、名実ともにボルドーワインの頂点を極めるワインです。カベルネ・ソーヴィニヨン70%、カベルネ・フラン3%、メルロ25%、プティ・ヴェルド2%を使用しています。107ヘクタールの畑で、平均収量ヘクタール当たり35ヘクトリットルです。手で摘んだブドウは、新樽率100%で、18~20ヶ月熟成しています。ワインは気品と繊細さに溢れ、キメ細やかな口当たり、エレガントで長い余韻は比類がない程です。長期熟成を経て更に荘厳な姿を見せてくれます。750mlカベルネソーヴィニヨン 70%、メルロー 15%、カベルネフラン 13%、プティヴェルド 2%フランス・ボルドー・オーメドック・ポイヤックポイヤックAOC赤本商品は下記温度帯の商品と同梱可能です。「常温」「冷蔵便のみ」「冷蔵便・冷凍可」他モールと在庫を共有しているため、在庫更新のタイミングにより、在庫切れの場合やむをえずキャンセルさせていただく場合もございますのでご了承ください。株式会社ラックコーポレーション

シャトー・ラフィット・ロートシルト[2004]【6000ml】Chateau Lafite Rothschild

Amazon

999,000

シャトー・ラフィット・ロートシルト[2004]【6000ml】Chateau Lafite Rothschild

【専用木箱入り】ラフィット ロートシルトは、伝統と格式に満ちたボルドー最高のシャトーと言われています。 75年以降、エリックの行き届いた管理と、32~36ヶ月の樽熟成期間を20~30ヶ月に変更、さらに徹底したグリーンハーヴェストと意識的な遅摘みを行う事で果実味を引き出し、その地位を不動のものとしました。 色調はエッジに橙をやや帯びたガーネット、粘性は高い印象です。 西洋杉や土、ドライハーブの香りと共に極めて目の細かい果実味が感じられる、驚くべきバランスを誇るワインです。 やや腐葉土、トリュフ、枯葉などの軽い熟成香、リコリスやパストラミハムのスパイシーな風味。そしてブラックベリーのコンポート、カシスリキュールなどのきめ細やかな果実味が感じられます。 またミント、薔薇などのドライフラワーの清涼感のある香りもあります。 途中から急激にワッフルやキャラメルの様な甘露さが現れる。異常な程緻密でエレガントな作りです。 大きなパーティで大きな歓声と大事なポジションを占めることになるダブルマグナムの倍のサイズ「マチュザレムサイズ6000ml」でのお届けになります。 この機会にどうぞ。 パーカーポイント93点

2013 シャトー・ラフィット・ロートシルト 750ml

Amazon

98,000

2013 シャトー・ラフィット・ロートシルト 750ml

シャトー・ラフィット・ロートシルト(Chateau Lafite-Rothschild)は、メドック地区ポーイヤック村にある現在メドックに4つある第1級格付けワインの中で、 筆頭に挙げられることが多い。 日本で知られている「ロートシルト」の名は「ロスチャイルド」のドイツ語風の読み。 日本ソムリエ協会では「ロッチルド」もしくは「ロートシルト」とルビを振っています。 ボルドーの北西メドック地区の高名なポーイヤック村の北端に位置します。 石灰質を基盤とする砂利質のテロワール(土壌)はメドックでも最上と目されています。 「小高いところ」を意味する「La Hite」(ラ・イット)が転じてラフィットと名づけられたといいます。 ワインの生産量は年間約3万5,000ケース。 うち約2万ケースがメドック第1級格付けの赤ワイン「シャトー・ラフィット・ロートシルト」として出荷されており、 第1級の名声に達しないと判断されたワインはセカンドラベルの「カリュアド・ド・ラフィット」として出荷されます。 カベルネ ソーヴィニヨンを主体にブレンド。 100%新樽で18?20ヶ月間専用の樽工房で造られたオーク樽で熟成させます。 シャトー・ラフィット・ロートシルトは、 長い期間の熟成を経て、その実力を大きく花開かせます。 カベルネ・ソーヴィニョンの比率が高いことで、タンニンの強いフルボディのワインとなるが、 その味わいは酸味と渋味のバランスが程よく、品格を感じさせるものとなっています。 まさにメドック1級の風格!! まだまだ閉じて硬い状態ではありますが、芳醇さ、上質な果実味が次第に感じられます。 気品と繊細さにあふれ、きめ細かい口当たり、エレガントで長い余韻は圧倒されるほどのオーラを放ちます。 樽のニュアンスが強く、長い年月が必要となります。...

こちらの関連商品はいかがですか?

[1996] シャトー・ラフィット・ロートシルト 750ml Ch.Lafite Rothschild

Amazon

274,404

[1996] シャトー・ラフィット・ロートシルト 750ml Ch.Lafite Rothschild

瓶詰め以降6度試飲したが、1996年のラフィット・ロートシルト は、この著名なシャトーの1986年、1982年以降ではまぎれもなく 最も偉大なワインとなっている。2000年もここまで深遠なものに なるのだろうか。最終的なブレンドに加えられるほど偉大だとみ なされたのは収穫の38%のみだが、カベルネ・ソーヴィニョンの 比率が異例なほど高くなっている(カベルネ・ソーヴィニョン83 %、カベルネ・フラン7%、メルロ7%、プティ・ヴェルド3%)。 この重々しいワインは、私がこれまでに試飲した最も大柄で、最 もスケールの大きいラフィットかもしれない。何年も待つ必要が あるはずだし、50歳を過ぎた人はこのまま何ケースもしまい込ん でおくべきか、真剣に検討したほうがよいのではないかと思う。 また、これは偽造防止のために新しい彫り込みの入った瓶に詰め られた最初のラフィット・ロートシルトでもある。厚みのある、 ルビー/紫色をしており、鉛筆、ミネラル、花、ブラックカラン トの香りの打ちのめされるようなノーズがある。極めて力強く、 フルボディで、これほど若いワインにしては特筆に値する複雑さ がある。巨大なワインで、にじみ出るようなエキス分とコクがあ るのに、骨の髄までエレガントな性格をなんとか守っている。瓶 詰め前よりさらにリッチなものとなった。間違いなく40~50年は 持ちこたえるだろう。予想される飲み頃:2012~2050年。最終試 飲年月:2002年9月

【6本~送料無料】シャトー ピュイグロー 2012 750ml [赤]CHATEAU PUYGUERAUD CHATEAU PUYGUERAUD

トスカニー@イタリアワイン&食材

3,294

【6本~送料無料】シャトー ピュイグロー 2012 750ml [赤]CHATEAU PUYGUERAUD CHATEAU PUYGUERAUD

CHATEAU PUYGUERAUD CHATEAU PUYGUERAUDシャトー ピュイグロー生産者:シャトー・ピュイグローは、ボルドー極小のアペラシオンのひとつフラン・コート・ド・ボルドーで造られる最高品質のワインです。 エレガントなタンニンとしっかりとした骨格を持つ個性溢れるワイン。2008年は良く熟した黒果実とスパイスの濃厚な香りと、滑らかで凝縮した味わい。シルキーなタンニンが豊かな果実味を引き立たせ、リコリスのニュアンスを伴って長くフレッシュなアフターをもたらす。 畑:サンテミリオンの東側、ボルドー最小のコミューン、フラン・コート・ド・ボルドーに35ha。石灰岩を母岩とする、泥灰土を含んだ粘土石灰質土壌。樹齢約30年(1979年に植樹)。 栽培・収穫:植密度は4000本/ha。伝統的な耕作と草生栽培を行い、必要に応じて摘房を施す。区画ごとに収穫時期を厳しくチェック、手摘みで収穫。 醸造・熟成:全て除梗し軽く破砕後、温度管理されたステンレスタンクで発酵。ルモンタージュを頻繁に行いながら約3週間の果皮浸漬。タンクとオーク樽(1/4は新樽)に移して18-20ヶ月熟成。ノンフィルターで瓶詰め。年産84000本。 受賞歴:2004 ワインアドヴォケイト 86-88pt (No.165 Jun 2006) 2005 ワインスペクテーター 92pt (Mar 31 2008) 2005 ワインスペクテーター 95pt Top100 32位 (2008) 2005 ワインアドヴォケイト 89pt (No.176 Apr 2008) 2006 ワインアドヴォケイト 87pt (No.181 Feb 2009) 2008 ワインアドヴォケイト 84pt (No.194 May 2011)750mlメルロ70%・カベルネフラン25%...

送料無料
シャトー・ムートン・ロートシルト[2012年]赤 750ml ボルドー メドック格付け第一級[Chateau Mouton Rothschild] シャトー・ムートン・ロスチャイルド

ユニビス Unibis 楽天市場店

56,160

シャトー・ムートン・ロートシルト[2012年]赤 750ml ボルドー メドック格付け第一級[Chateau Mouton Rothschild] シャトー・ムートン・ロスチャイルド

偉大なるメドック格付け一級、5大シャトーの中でも最も豪勢なワイン。 1855年にパリ万博に際して制定されたメドックの格付け。その中でフランスボルドーワイン界の頂点に君臨する5つの第一級格付け「五大シャトー」150年以上の歴史の中でただ唯一、1973年にメドック第2級から第1級に格上げという偉業を成し遂げたのがこの「シャトー・ムートン・ロートシルト」です。 1853年にイギリスのロスチャイルド家がシャトーを買収、1855年の格付け時には第一級は確実視されていましたが、結果はまさかの第二級。 それ以来当時の当主であったバロン・フィリップ男爵は、「1級にはなれないが2級には甘んじれぬ、ムートンはムートンなり」と語り、格付け昇格の為並々ならぬ努力が始まります。 格付け制定から118年後の1973年、ついに念願の格付け一級昇格を果たした際に、当時の当主バロン・フィリップ・ド・ロスチャイルド男爵の「われ1級になりぬ、かつて2級なりき、されどムートンは昔も今も変わらず」の名文句はあまりにも有名です。 シャトー・ムートン・ロートシルトの成功の理由。 シャトー・ムートン・ロートシルトが商業的に成功した理由として、シャトー元詰め方式の採用やセカンドワインのはしりと言われる「ムートン・カデ」の生産などがあげられます。20歳という若さでシャトーを継いだバロン・フィリップ・ド・ロスチャイルド男爵が最初に着手したのが、何世紀もの歴史を持つ中間業者による瓶詰制度を廃止し、シャトーでの元詰めを開始しました。このことによりワインの品質は劇的に向上し、以降他のシャトーもこぞって後を追随します。 また、毎年変わるアートラベルもワインコレクターのこころをくすぐります。1924年にシャトー元詰めを記念して、ジャン・カルリュによるオリジナルラベルが作られてから20年後の1945...

送料無料
[Chateau Mouton Rothschild ] シャトー・ムートン・ロートシルト、 2013 ポーイヤックAOC( 赤 ) 750ml/グラン・クリュ1級

Amazon

59,300

[Chateau Mouton Rothschild ] シャトー・ムートン・ロートシルト、 2013 ポーイヤックAOC( 赤 ) 750ml/グラン・クリュ1級

●Chateau Mouton Rothschild 2013 AOC Pouillac シャトー公式サイトのテイスティングコメント: 色彩は、深紅がかった強く深い赤色。まず最初にブラック・チェリー、ラズベリー、ブラックベリーのアロマが感じられ、 空気に触れることでスパイシーで繊細なロースト香の複雑味のある香りが開いてきます。 アタックは、クリーンでフレッシュで濃厚。口の中にヴァニラ、チョコレートのニュアンスが広がり、 洗練されたタンニンが味わいを支えています。 骨格はしっかりとした丸みを帯びており、深く強い香りとともに余韻が長く続きます。 天候条件 2013年の天候は、変わりやすく移ろいやすかったと記憶されるでしょう。 寒くて湿気の多い冬。冷涼で雨の多い春だったため、植物の循環がうまく行われず、開花にも影響を及ぼしました。 対照的に、7月と8月は特に熱く日照量も多く、平均よりかなり少ない降水量でした。 7月後半には激しい嵐が原因となり、38度の最高気温を記録しました。 水不足が9月も続いたことで、ブドウがムラ無く熟すこととなりました。カベルネは、とてもよい出来で、 総じて糖度も十分で良質な酸味もたたえています。 ムートン・ロスチャイルドの収穫は、記録的な早さの9月30日から10月9日の間に、 ファミリー企業バロン・フィリップ・ド・ロスチャイルドの従業員達の多大なサポートにより終えられました。 従業員達は、畑に招かれ、摘み取り業者に加わりました。 130名以上のスタッフ達が要請に応え、10月9日には695食が収穫者のためのカフェテリアでサーブされ、これは空前の記録となりました。 丹念に選果され、ブドウは柳カゴから、ムートン・ロスチャイルドの非常に大きなバット・ルームの中の 重量供給された桶に運ばれました。 主要な変革の中でも...

スポンサーリンク
スポンサーリンク