メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「chateau haut brion」検索結果。

chateau haut brionの商品検索結果全26件中1~26件目

シャトー・ラリヴェ・オー・ブリオン・ルージュ [1995] Chateau Larrivet Haut Brion Rouge [1995] 【赤 ワイン】

Donguriano Wine

6,857

シャトー・ラリヴェ・オー・ブリオン・ルージュ [1995] Chateau Larrivet Haut Brion Rouge [1995] 【赤 ワイン】

ラリヴェ・オー・ブリオンはグラーヴの格付けされていないシャトーの中で、最上の部類に入るいくつかのシャトーの一つです。その事は本国フランスをはじめとするヨーロッパの国々では周知の事実ですが、日本ではそれほど知名度はなく、数多いグラーブの無名シャトーの一つという扱いを受けています。またグラーブのシャトーとしては異例ですが、元々は赤の方が質が高く、白はさほどの評価は受けていませんでしたが、1990年代後半からは白の品質も目覚しく向上し、今では赤白共に素晴らしいワインが生み出されています。 *商品画像は参考になっております。お届けは商品名のヴィンテージになります。 【*ご注文の前にご確認ください*】 ●こちらの商品は【受注発注商品】になっております。 ご注文をいただいてから輸入元に在庫を確認し手配致します。 ●在庫は日々変動しておりますので終売の場合もございます。 予めご了承ください。その際は必ずご連絡致します。 ●通常、到着まで2〜3営業日頂いております。 ●注文日時やお送り先地域によって、最短で2日後にお届け致します。 ●【受注発注商品】ですので、基本としてご購入後のお客さま御都合による返品はお受けすることができません。 ≫≫ *当店のヴィンテージワインに関する考え方 ■Information ●生産国 フランス ●地域 ボルドー / グラーブ地区ペサック・レオニャン ●ブドウ品種 45% カベルネ・ソーヴィニヨン、45% メルロー、10% カベルネ・フラン ●タイプ 赤・フルボディ・辛口 ●内容量 750ml ●保存方法 直射日光、振動を避けて、18℃以下の場所で保管してください。 ●備考 ●輸入元 Chateau Larrivet Haut Brionシャトー・ラリヴェ・オー・ブリオン 官能的な果実味と昔ながらの厳格さを持ったグラーブ...

こちらの関連商品はいかがですか?

シャトー・ラ・ラギューヌ [2009]

Amazon

12,744

シャトー・ラ・ラギューヌ [2009]

パーカー氏が95点を付けた超掘出し物です! ラ・ラギューヌは昔から存在感があるものの、あまり人気がなかったシャトーではないかと思います。 しかし、近年そんな低迷していたシャトーが本気を出したのかロバート・パーカー氏も2005年に続き、2009年にも95点を付けました。 今回2009年に対し、パーカー氏が95点を付けました。 今回12本しか入荷出来なかったのが残念です。 是非、この機会に確保して下さい! <シャトー情報> 格付け:第三級(1855年) 畑の位置:リュドン・メドック Ludon Medoc ブレンド比率:カベルネ・ソーヴィニョン50%、メルロ20%、カベルネ・フラン20%、プティ・ヴェルド10% 密植度:6500本/ha 平均年間生産量:30万本 飲み頃の続く期間:5~20年 講談社 『BORDEAUX ボルドー 第3版』より抜粋。 <パーカーポイント 95点> このシャトーは、過去10年以上に渡って、素晴らしいワインを造り続けてきたという壮大な取り組みによる事実があり、それは2009年のラ・ラギューヌにとっても例外ではない。 緻密な紫色をしており、ブルーベリー、桑の実、カシス、ホワイトチョコレートと僅かなトーストしたオークの美しい香りを誇っている。 この美しいワインは、5~7年程瓶で寝かせた後、30数年は飲み頃が続くだろう。 飲み頃の続く期間:現在~2047年 Wine Advocate #199 (2012-02-29)より抜粋。

シャトー・ラ・ルーヴィエール ブラン [2009]

Amazon

3,758

シャトー・ラ・ルーヴィエール ブラン [2009]

<シャトー情報> 面積:15ha 平均樹齢:20~22年 ブレンド比率:ソーヴィニョン・ブラン85%、セミヨン15% 密植度:6500~8500本/ha <一般的な評価> 格付けされてはいないが、レオニャンのラ・ルヴィエールは今、多くの 格付けものよりも優れたワインをつくっている。 特に最近のヴィンテージの品質は、メドックの第四級シャトーに 匹敵するものがある。 経営者のアンドレ・リュルトンが1965年にシャトーを入手してから、この、 オー=バイイとカルボニューの間というまたとない立地のシャトーを徹底的に改革したのだ。 力が入れられたのはすぐ飲めるワインづくりだが、凝縮した、新鮮な、 純粋なワインをつくることも心がけられ、リュルトンはそのすべてをやってのけた。 ここの赤ワインは白の輝かしさに比べて劣る、と言われたのは昔なら真実だが、 1980年代半ばからは違う。どちらも秀逸なワインになった。 講談社 『BORDEAUX ボルドー 第3版』より抜粋。 <パーカーポイント 87点> いつものように、刈り取ったばかりの新鮮な干草、ピリッとしたレモンと オレンジマーマレードの混ざり合ったノートの美味しい白ワインだ。 トーストしたオークのタッチが感じられる。 予想される飲み頃 2012~2020年 Wine Advocate #199 (2012-02-29)より抜粋

シャトー・ドゥザック [2009]

Amazon

7,862

シャトー・ドゥザック [2009]

マルゴー村の超穴馬的ワインを限定入荷!!! ドゥザックにとって過去最高のPP92点です! ドゥザックはマルゴー村のワインですが、知らない方がたくさんいると思います。 それほどまでにマイナーなワインなのですが、実は美味しいんですよ! その事実を知ったのは1999年物です。 パルメと筆頭に、ディッサン、ブラーヌ・カントナック、ラスコンブ、デュ・テルトル、 など、かつてのシャトーが軒並み復活した年でもあります。 その中にドゥザックもありました。 しかし・・・あまりにもマイナーなため、ほとんど日本では取扱がありませんでした。 その頃、お手軽ワイン館ではかなり売れた記憶があります。 1998年以前は、正直マルゴー村の格付はあてになりませんでした。 でも、1999年のドゥザックは美味しかったんです。 2009年は、 是非、この機会にお試し下さい!!! <パーカーポイント 92点> ドゥザックは、今までにこの様な良いワインを作った事があるだろうか? 2009年のドゥザックは、ルビー/パープルの色合いで、ふっくらとジューシーな テクスチャのクリーム状のスパイシーなオークと甘草、黒鉛のノートと 黒スグリの緻密で、ほぼ右岸のワインを思わせる、フルスロットルで 濃縮した驚くべき味わいだ。 向こう25年の間で楽しむと良いだろう。 飲み頃の続く期間 2012~2037年 Wine Advocate #199 (2012-02-29)より抜粋。

シャトー・ラネッサン [2009]

Amazon

3,974

シャトー・ラネッサン [2009]

過去飲んだ事のない味わいに驚き・・・ シャトー・ラネッサン2009年が入荷です! この2009年にはなんとパーカー氏は90-92点を付けました! そして最新版ではWine Advocate #199 (2012-02-29)で89+点を付けています! 2005年の90点に続く高得点を付けています! しかも例年のヴィンテージよりもちょっと高いだけなのに・・・ 味わいはめっちゃ凄いですよ!!! ラネッサンは、私の経験上かなりの長期熟成型ワインですが、 2009年は今ガンガン開いていて、いつものラネッサンとは ハッキリと違いがわかるスタイルのワインです。 こんなに前向きなラネッサンには出会った事がありません。 過去、ラネッサンを飲んだ事がある方は、一度飲んで頂きたいです。 2009年のラネッサンは、葡萄の品質がとても良いために グラスに注ぐだけでアロマが広がってきます。 2009年は、ボルドーにとって最高のヴィンテージとなりました。 2009年の出来栄えをこのワインで試してみていただきたいです。 <パーカーポイント 90~92点> ※最新版ではWine Advocate #199 (2012-02-29)89+点! それは私が今までに味わった物の内で最上級の物かは確認出来ないが、濃密な紫色、豊富に感じられる クレーム・ド・カシス、ヒマラヤ杉、森の下草、そしてスパイス箱のノートを誇っている。 美しく豪華で、シルキーなタンニン、そして長いフィニッシュを持ち合わせたこのヴィンテージのラネッサンは、 2~3年後から何十年後まで美味しく飲めるだろう。 ワイン アドヴォケート #188(2010-04-27)より抜粋。 --------------- 種類 赤ワイン 格付 ブルジョワ・シュペリュール級 生産地 フランス/ボルドー/オー・メドック 品種...

シャトー・ラローズ・トラントドン [2009]

Amazon

2,462

シャトー・ラローズ・トラントドン [2009]

コストパフォーマンス最高のボルドーです! とてもクラシカルな造りで、早いうちから楽しめる味わいです。 オークのニュアンスがあり、お手軽ボルドーのジャンルでは一線を越えた上質な味わいです。 味わいは格付けに近い要素を備えているので、本当に美味しいです。 「ラローズ・トラントドン」は、メドックでも最大級の畑を所有し、 一部はラトゥールやラフィット、ムートンなど、そうそうたる大シャトーの点在するポイヤック村にも畑があります。 パーカー氏も「率直でしなやかな、間違いのないワイン」と絶賛するシャトーなんです! さらに、新聞のワイン評欄では、「家庭で楽しむ手ごろなワイン」として、第2位に評価された実力派!! 品種も、しっかりとしたストラクチャーとフルーティーさ、香り高さを出すカベルネ・ソーヴィニヨン60%、 まろやかさとフレッシュさを出すメルロー40%と、左岸らしい絶妙なブレンド。 この味わいでこのお値段は…本当にお値打ちですので、しっかり買いだめしておくことをオススメします! =味わい= 紫がかった深いルビー色、熟したプルーンやレーズン、ヴァニラのフレッシュな香り。 とてもジューシーで豊かな旨み。エレガントなタンニンで、バランスの良い果実味の美味しいワイン。 =お料理= ステーキ、グリルドビーフなど赤肉料理に、熟成したチーズなどに合わせて。 種類 赤ワイン 生産地 フランス/ボルドー/オー・メドック 格付 AOCオー・メドック、クリュ・ブルジョワ 品種 カベルネ・ソーヴィニヨン、メルロー 味わい フルボディ 容量 750ml

送料無料
[1989] シャトー・オーブリオン 750ml Ch.Haut-Brion

Amazon

246,800

[1989] シャトー・オーブリオン 750ml Ch.Haut-Brion

不死身のワインの1つであり、過去半世紀の若いボルドー・ワインでは最も偉大なものの1つであり続けている。一貫してけたはずれだったし、このヴィンテージだけでなく、ほかの年とのブラインド・テイスティングでもほとんど確実に最高点を取れそうなワインの1989年のオー=ブリオンは、継ぎ目のない、荘厳な古典であり、よほどのことでもなければ見られないほどのテロワールの唯一無二といえる特徴の賜物だ。いまだに非常に厚みのある、ねっとりとして見えるルビー/紫色をしており、壮観な、若いが畏敬の念を抱くほどの、よりどりみどりのアロマは、日に焼けた土、液化したミネラル、黒鉛、ブラックベリーやブラックカラントジャムから、トースト、甘草、スパイス箱まで思わせる。このねっとりとした、フルボディの、酸の弱いワインの果実味、エキス分、グリセリンのレベルは畏敬の念をかきたてられるほどだ。均整は際立っており、並はずれた純粋さ、継ぎ目のなさがこの現代における伝説の顕著な特徴だ。いまだに青年期以前という成長ぶりなので、向こう3~5年は十分な飲み頃の高原部に達することはないだろうと予想しているが、たぶんこれまでにつくられた最も偉大なオー=ブリオンとも肩を並べられるワインとなるだろう。人生はあまりにも短いのだから、このワインはできるだけ多くの回数飲まずにはいられない! 1959年の再来となるのだろうか。予想される飲み頃:2005~2030年。最終試飲年月:2003年1月

お酒・ドリンクのランキング

スポンサーリンク
スポンサーリンク