メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「chateau haut brion」検索結果。

chateau haut brionの商品検索結果全11件中1~11件目

La Mission Haut Brion [2006] / ラ・ミッション・オー・ブリオン [FR][WA95][赤][9]

Wine shop Cave

64,584

La Mission Haut Brion [2006] / ラ・ミッション・オー・ブリオン [FR][WA95][赤][9]

■ ワイン名 ラ・ミッション・オー・ブリオン ■ ヴィンテージ 2006 ■ 原産国 フランス ■ 地域 ボルドー地方 AOCペサック・レオニャン ■ タイプ 赤ワイン ■ ぶどう品種 メルロー59% カベルネソービニヨン40% カベルネフラン1% ■ アルコール度数 14.5% ■ 内容量 750ml ■ ご注意 開封後は保存に十分お気を付けの上 お早めにお飲みください。 ムートン・ロートシルトと並び2006年ヴィンテージで最上の評価を受けるシャトーがラ・ミッション・オー・ブリオン。過去数十年シャトー・ラトゥールと共に不作の年でも最高のワインを送り出すことで知られていて、晩熟そして力強い酒質は、熱狂的なファンを多く持つシャトーです。2006年は、2005年に引き続き偉大なワインを造りだし、 1955、1959、1975、1982、1989、2000、2005年のように伝説となりうる極上の年となりました! Wine Spectator Score: 95 ┃Issue: Mar 31, 2009 CHATEAU LA MISSION HAUT-BRION Pessac-Leognan 2006 Almost jammy, with vanilla bean and coffee undertones. Full-bodied and very powerful, with big, juicy tannins and a long finish. Very big and generous for the vintage, showing exceptional quality. Best after 2015. 6,000 cases made. –JS テイスティング 2007年04月 WAポイント 95...

こちらの関連商品はいかがですか?

送料無料
シャトー・オーゾンヌ [2013]Chateau Ausone

マリアージュ・ド・ケイ

64,800

シャトー・オーゾンヌ [2013]Chateau Ausone

Vintage 2013年 生産者 ミシュリーヌ&カトリーヌ&アラン・ヴォーティエ 生産国 フランス/ボルドー/サンテミリオン 品 種 メルロー50% カベルネ・フラン50% タイプ 赤/辛口/フルボディ 内容量 750ml「シャトー・オーゾンヌ」 サン・テミリオン第一特別級A 生産量の少ないシャトー・オーゾンヌ サン・テミリオンワインの代表格としてシャトー・シュヴァル・ブランと両翼を担い、第一特別級Aの座に輝いているのがシャトー・オーゾンヌです。九大シャトーとして五大シャトー、ペトリュス、シュヴァル・ブラン、ディケムと肩を並べており、その中でも最も生産量の少ないシャトーです。 【オーゾンヌとは】ローマの詩人であり、 紀元後320年~395年の生涯をサン・テミリオンで送ったアウソニウスという人物にちなんで名付けられています。 世界遺産にも指定されている美しいサン・テミリオンの丘。その中でも最も日当たりのいい斜面に、シャトー・オーゾンヌの畑はあります。栽培されているのは、平均樹齢50~55年を超えるメルロ種とカベルネ・フラン種が半分ずつです。 《シャトー・オーゾンヌ》 ボルドーの代表品種カベルネ・ソーヴィニヨンは全く使われていません。 その結果、生み出される独特の味わいや、メドックワインよりも若干アルコール度数が高いことから、 「ボルドーのブルゴーニュ」とも評されています。スパイスや、ブラックチェリーなどの黒系果実の甘いアロマと、繊細なタンニンの余韻が長く続き、ボリューム感となって広がります。優雅さの中に完熟感の力強さがあり、長期熟成に耐えうるポテンシャルが伝わってきます。

シャトー・マルゴー [1975]Chateau.Margaux

Amazon

60,264

シャトー・マルゴー [1975]Chateau.Margaux

*エチケットに少し汚れがあります。ご了承下さい。産 地ボルドー/マルゴー品 種カベルネ・ソーヴィニヨン メルロープティ・ヴェルド容 量750mlタイプ赤/フルボディワインの女王にたとえられるボルドーワインの中でも「ボルドーの女王」と呼ばれています。歴史は古く、ラベルのデザインにもされているシャトーの館は、12世紀には豪族ダルブレ家が所有し、ラ・モットと呼ばれ、その後、モンフェラン家やデュルフォールの領主に引き継がれ、14世紀の初めにはイギリス国王エドワード3世の住居ともなり、旧ギュイエンヌ地方の強固な城塞のうちの一つとも言われました。すでに16世紀には名声を残しており、ルイ15世の寵妃マダム・デュ・バリ、マルクス主義で有名なエンゲルス、文豪ヘミングウェイなど多くの著名人を魅了し、中でも、ヘミングウェイは生まれたばかりの孫娘に「このワインのように女性らしく魅力的に育つように・・・・」と"マーゴ(マルゴーの英語読み)"という名を贈り、この娘が後に映画女優のマーゴ・ヘミングウェイになったことはよく知られています。 長い瓶熟成を経て花開くワインは華麗で繊細で、また、美しい余韻をもち力強さの中に柔らかさがあり、エレガント(優美)な飲み易いスタイルです。また、カベルネ・ソーヴィニョンの比率が高いため時間の経過とともにより特徴が出てくる、持久力のあるタイプのワインです。シャトー・マルゴー(1500ml)はこちら

送料無料
ドメーヌ・メオ・カミュゼ / クロ・ヴジョ [2011] 1500ml

Amazon

63,180

ドメーヌ・メオ・カミュゼ / クロ・ヴジョ [2011] 1500ml

メオ・カミュゼ。一世を風靡した造り手でもともとアンリ・ジャイエが働いていた蔵でもあります。若かったニコラはアンリ・ジャイエに反発し独自の路線を貫きましたが絶大な人気を誇った彼のワインは並行ものの状態の悪いワインが日本中に出回りまさに本質の分からない悲惨な状況でした。2000年代になり実は以前に比べ驚くほど素晴らしくなったのです。ハッとするほどの存在感、なにか格が違うと感じさせるレベルの差を感じさせるのです。これは数年前に始めたネゴシアン物にも共通する物でこのネゴシアン物が最近ではドメーヌを凌ぐほどの存在になってきているのです。これはフランスでは有名な話。私が今最も素晴らしいと感じる質的な良さと存在感を感じるのはメオ・カミュゼとマルキ・ダンジェルヴィーユです。さすが大御所です。新進の素晴らしい造り手も彼らの持つ素晴らしい畑の前には太刀打ちはなかなかできません。2011年は早熟なワインができた年ですがある意味享楽的ワインといっても良いと思います。ただ残念なことに生産量は半減。貴重な存在となっています。【rouge】 【bourgogne】 【v2011】 【kiwami】 【mg】

スポンサーリンク
スポンサーリンク