メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「chateau haut brion」検索結果。

chateau haut brionの商品検索結果全7件中1~7件目

こちらの関連商品はいかがですか?

シャトー・ドゥザック [2009]

Amazon

7,862

シャトー・ドゥザック [2009]

マルゴー村の超穴馬的ワインを限定入荷!!! ドゥザックにとって過去最高のPP92点です! ドゥザックはマルゴー村のワインですが、知らない方がたくさんいると思います。 それほどまでにマイナーなワインなのですが、実は美味しいんですよ! その事実を知ったのは1999年物です。 パルメと筆頭に、ディッサン、ブラーヌ・カントナック、ラスコンブ、デュ・テルトル、 など、かつてのシャトーが軒並み復活した年でもあります。 その中にドゥザックもありました。 しかし・・・あまりにもマイナーなため、ほとんど日本では取扱がありませんでした。 その頃、お手軽ワイン館ではかなり売れた記憶があります。 1998年以前は、正直マルゴー村の格付はあてになりませんでした。 でも、1999年のドゥザックは美味しかったんです。 2009年は、 是非、この機会にお試し下さい!!! パーカーポイント 92点 ドゥザックは、今までにこの様な良いワインを作った事があるだろうか? 2009年のドゥザックは、ルビー/パープルの色合いで、ふっくらとジューシーな テクスチャのクリーム状のスパイシーなオークと甘草、黒鉛のノートと 黒スグリの緻密で、ほぼ右岸のワインを思わせる、フルスロットルで 濃縮した驚くべき味わいだ。 向こう25年の間で楽しむと良いだろう。 飲み頃の続く期間 2012~2037年 Wine Advocate #199 (2012-02-29)より抜粋。

[ Chateau.D'Aydie ] シャトー・ダイディ、2009 オデ・ダイディ マディランAC( 赤 ) 750ml/自然派

Amazon

2,130

[ Chateau.D'Aydie ] シャトー・ダイディ、2009 オデ・ダイディ マディランAC( 赤 ) 750ml/自然派

ヴィニョーブル・ラプラス、オデ・ダイデイ 2010 マディラン・赤750ml ● Vignobles Laplas.Ode D'Aydie 2010 Madiran.A.C ラプラス家は「1759年に遡る伝統ある生産者」という顔と 「ミクロ・オキシジェーションという最先端の技術を開発してマディランに革命を起こした革新的な造り手」という二つの顔を持つ。 マディランでは協同組合が主体で、ワインに専念する独立系の生産者はChダイディを含めごく数件。 その中で、いち早く品質重視のワイン造りに着手した先々代フレデリック氏は AOCマディラン取得(1948年)にも尽力し、マディラン復活のパイオニア的存在です。 1960年代に跡を継いだ息子・ピエール氏は、区画整理と醸造技術の改良を推し進め、現在に至るワイン造りの基礎を築きました。 彼はまたマディラン・アペラシオンのプロモーションにも多くの時間を費やし、地域を越えて活動をした先駆者でもあります。 現在、ピエールの4人の子供達に受け継がれ、畑の規模や品質はますます向上。 「タナ種の魅力を伝えたい」という一心でワイン造りに取り組んできた彼らによって 『非常に個性が強く醸造には特別な技術を要する』と言われるこの地品種から 「濃縮感を保ちながらもエレガントなワイン」が生み出されています。 近年では、『ひときわ優れた滑らかさと気品あるタンニンの存在感はマディランでも群を抜く』と 『クラスマン』誌でも賞賛 され メドック第1級格付ワイン並みの5つグラス・満点評価を獲得 しています!

シャトー・ブラノン [2009](ペサックレオニャン)

Amazon

19,224

シャトー・ブラノン [2009](ペサックレオニャン)

ブラノンが遂に・・・98点を付けました!ヒロ隊員が大好きなシャトーです。ブラノンは素晴らしいヴィンテージにしっかり力を発揮するワインで、2005年、2000年共に素晴らしい実績を残していますが、2009年も98点を獲得しました。生産量が非常に少なく、あまり見かける機会のないワインですが、一度飲んだら絶対にファンになる美味しさです。2009年はまだまだ寝かせられますが、今でも十分美味しく飲めます。最高傑作を是非、ご堪能下さい。 パーカーポイント 98点 この壮大な、濃密なプラム/紫色のペサック・レオニャンは、残り火、ブラックベリー、トリュフ、 焦土のノートが感じられる。 華やかな、マラルティック・ラグラヴィエールとオー・バイィの間に位置する畑から メルローとカベルネ・フランのみで構成され、それはフルボディで、力強く、強烈で、官能的な 多層的な口当たりと果実味、たっぷりのグリセリンと豊富なタンニンのレベルを持っている。 残念な事に、エレーヌ・ガルサンの造るややカルトじみたペサック・レオニャンは、年間約500ケース のみの生産量である。 予想される飲み頃:2018~2040年 飲み頃の続く期間:現在~2040年 Wine Advocate #199 (2012-02-29)より抜粋。 ------------------ 種類 赤ワイン 格付 ペサック・レオニャン グラン・クリュ 生産地 フランス/ボルドー/ペサック・レオニャン 品種 メルロー、カベルネ・フラン 味わい フルボディ 容量 750ml

シャトー・デュ・オー・マレ[2007]

尾張一宮・河野酒店

3,024

シャトー・デュ・オー・マレ[2007]

■畑はボルドー南部のガロンヌ河左岸に位置するマゼール村にあります。 兄のジェロームが馬を飼える場所を探していて初めてこの土地を見た時、石灰岩土壌であり斜面であるということに惹かれ、この地でワイン造りをすることを決意しました。 INAOの土壌調査で、サンテミリオンやフロンサックのような土壌であることが分かり闘志に火が付きました。 非常に質の高いワインが生まれる可能性を持った畑だということが分かったからです。 寡黙で職人タイプの弟ジュリアンは、畑を買う前からエノログを目指し、ボルドー大学へ通っていました。1999年から大きなワイナリーで働き、 2005年からはシャトー・パヴィで働いています。 所有するのはわずか3haの畑ですが、ワイン造りはグランヴァン並で畑の手入れも整然と行き届いています。 グラーヴの典型的な砂利質ではなく、 石灰岩土壌の畑から生み出されるワインのポテンシャルには期待が出来ます。 造るのは赤、白1種類ずつ。 生産量は、赤が10,000本、白2,000本。 収穫量は35hl/ha。 赤はグランクリュ・クラッセのようなワイン、 白はアロマとフレイバー豊かでフィネスのあるペサック・レオニャンのようなスタイルを目指している小規模なシャトーです。 樹齢は7~20年で、収穫量は35hl/ha。 メルロー60%、カベルネ・ソーヴィニヨン40%。 80%をオーク樽(新樽と1年樽が半々)、残りをタンクでで約20ヶ月熟成させています。 試飲会で初めてであったこのワイン。 よくあるボルドーかと思って飲んでみましたが、 しっかりした密度がありながらもきめ細やかなタンニン、それにメルローの果実味としなやかさが加わってバランスがとてもいい。 10年熟成はしていますが、そのポテンシャルはまだ全開でなく(今でも美味しいですが...

シャトー スミス オー ラフィット 2009 750ml

Amazon

43,210

シャトー スミス オー ラフィット 2009 750ml

田園のほほえましい空気が至るところに漂うスミス・オー・ラフィットの 魅惑的な真壁造りの正面壁の裏には、オーナーのダニエル・カティアール、フローランス・カティアール夫妻がフランスのオリンピック代表スキーチームの一員として身に付け、ビジネス界での成功の原動力となった、レーザーのような照準能力と競争心が身を潜めている。い時期から葡萄畑に積極的に取り組んだ二人は、やがて、自社畑の30パーセントの植え替え、新しい栽培技術の採用、シャトー独自の堆肥設備や気象観測装置の設置、トラクターの代わりに馬を使用した耕作など、持続可能な農業を実現していく。 カティアール夫妻はまた、古くなった酒庫を見直し、白ワイン用セラーを新設。従来のステンレスタンクを小型の木製桶に代え、レセプション・ルームを増やし、その他の施設を一新した。 1995年には樽製造所まで設けている。シャトー自らが樽製造所を所有するところは、地方でも3ヶ所(残る2つはシャトー・ラフィットとシャトー・マルゴー)しか例を見ない。 一方、地所の一部である18世紀のシャルトル派の修道院を見事に改修し、1999年には、ボルドーで唯一、豪華ホテルとスパを完備したワイナリーとなった。約20年経った今でも、息もつかないペースは衰えるところを知らない。 過去2年間だけでも、最新型の収穫時期の判断システムの採用、新式光学選別機の導入などを行っている。 完熟した健全な葡萄だけを選別するこの機械により、ダニエルは、ワインの品質がさらに向上するものと確信している。 クールなことといえば、新設のテイスティング・ルーム。かつてワイナリーにあったオレンジ栽培温室に似せて設計したこの部屋は、大型で柔らかいレザーの肘掛け椅子、アンティークの戸棚、洗浄足ペダル付きのつぼ型のスピトーン(吐器)がそろった快適なスペースでほれぼれするとい...

送料無料
エルミタージュ ル・パヴィヨン [2009] M・シャプティエ

Amazon

33,078

エルミタージュ ル・パヴィヨン [2009] M・シャプティエ

4年連続100点です!ヤバいですよね・・・ 今回、2009年が入荷です! ヴィンテージも最高なので、絶対的価値があると思います!!! どうしても欲しくて入荷しました。 こんなレアなローヌ、今後入らないと思いまして。。。 是非、この機会にお買い求め下さい。 シャプティエ社について 1808年に創立された、ローヌ渓谷を代表する生産者。 1977年に先代のマック・シャプティエ氏が引退するまで、ワインは かなり硬いという評判でしたが、その後、息子のミッシェル氏と マーク氏が大改革を行い、テロワールを重視し、ヴィオディナミを 実践することで、素晴らしいワインを数々生み出しています。 また、自社畑で生産されるワインは、すべて公的にオーガニックワインとして 認められています。 パーカーポイント 100点 2009年のル・パヴィヨンは完璧なワインだ。 ブラック/パープルの色合いだけでなく、アカシアの花、ブラックベリー、ブルーベリー、 ローストした肉、クレーム・ド・カシス、トリュフ、黒鉛、粉末にした岩や新しい鞍革の 異常なまでのブーケを誇る。 極めて緻密で高貴かつ純粋な、記念碑的なエルミタージュは、セラーにおいて、50~100年の 間で構築されていくだろう。 飲み頃の続く期間 データ無し Wine Advocate #198 (2011-12-23)より抜粋。

お酒・ドリンクのランキング

スポンサーリンク
スポンサーリンク