メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「brunello di montalcino 2006」検索結果。

brunello di montalcino 2006の商品検索結果全3件中1~3件目

送料無料
リジーニ ブルネッロ・ディ・モンタルチーノ [2011] 豪華2本ギフトセット♪【包装紙のし無料・送料無料・箱代別途】【夏のクール代227円無料サービス】9月9日(土)9:59迄開催中!

ハモニカ横丁

14,960

リジーニ ブルネッロ・ディ・モンタルチーノ [2011] 豪華2本ギフトセット♪【包装紙のし無料・送料無料・箱代別途】【夏のクール代227円無料サービス】9月9日(土)9:59迄開催中!

※箱代は別途頂戴いたしますので予めご了承ください。 ギフト2本A ギフト2本B ギフト2本C ギフトグラッパ ギフト1本H ギフト1本R ギフト1本J ■ワイン・アドヴォケイト過去評価■ Lisini Brunello di Montalcino 2012年ヴィンテージ WA 91点獲得! 2011年ヴィンテージ WA 93+点獲得!若い 2010年ヴィンテージ WA 94点獲得!若い 2009年ヴィンテージ WA 87点獲得!若い 2008年ヴィンテージ WA 92点獲得!若い 2007年ヴィンテージ WA 94点獲得!若い 2006年ヴィンテージ WA 91点獲得!VP 96点!若い 2005年ヴィンテージ WA 92点獲得!VP 92点!飲み頃 2004年ヴィンテージ WA 83点獲得!VP 96点!若い 2003年ヴィンテージ WA 88点獲得!VP 92点!飲み頃 2001年ヴィンテージ WA 92点獲得!VP 94点!飲み頃 1999年ヴィンテージ WA 92点獲得!VP 94点!飲み頃 1998年ヴィンテージ WA 90点獲得!VP 86点!飲み頃 ※VPはヴィンテージポイントの略でございます。 国・地方・地域等の区分でワイン醸造用ぶどうのできばえを 評価する指針となり、区分の細かさは国ごと、地域ごとに異なります。 ※PPとWAの得点は同じです。本国サイトでは ワインアドヴォケートスコア、という呼び方に変わってきており、 サイト上の表記はなるべくWAにシフトしております。 ※「+」ですが、例えばWAが98+の場合、98点よりは すぐれているが99点よりは劣る、ということを明確に示したい 場合に使用されます。 ※スコアで使用される「?」については、少々曖昧ではありますが つけたスコアに疑問が残る際に使用される...

[Lisini] リジーニ、、“ウゴライア” 2007 ブルネッロ・ディ・モンタルチアーノDOCG (赤) 750ml/イタリア

Amazon

10,750

[Lisini] リジーニ、、“ウゴライア” 2007 ブルネッロ・ディ・モンタルチアーノDOCG (赤) 750ml/イタリア

ブルネッロ 2007 は5ッ星 ★★★★★ ヴィンテージ(ブルネッロ協会公式HPより) <リジーニ、ウゴライア 2007 ブルネッロ・ディ・モンタルチーノ> ●Lisini.Ugolaia 2007 Brunello di Montalcino DOC 僅か1.5haのクリュで造られる限定ワイン 言葉では表現できない、リジーニの全てが込められたブルネッロ チェリーやプラムの香りになめし皮、甘草のアクセントが心地良く、派手さはないが複雑さと厚みを持つ柔らかい味わい。 すでに全体のバランスが取れています。 2007ヴィンテージ、生産者コメント 完璧だった2006と同じく、発芽からブドウ樹活動には全く問題なく収穫に至った2007年。 例年より少し暑かったため、出来上がったワインは柔らかく飲み心地の良いヴィンテージになりました。 これまでのウゴライアの中でも最も早くから楽しめるヴィンテージの一つですが、 長期熟成の可能性は大いに秘めており、 ウゴライアに関しては良年といわれる2006年や2004年よりもポテンシャルが期待できます。 リジーニ家の歴史は古く、長い年月の中で脈々と受け継がれてきたワイナリーは、 今では「ブルネッロ・ディ・モンタルチーノ」のトップ・ワイナリーの一つとして君臨しています。 長い歴史の中で「知識」と「経験」を積み重ねてきた、日進月歩のワイナリーであり、 決して派手な取組はないですが、小さくとも大変な作業を積み重ねて、今の名声があります。

こちらの関連商品はいかがですか?

[Andrea Paoletti] アンドレア・パオレッティ、ランコーレ 2006 トスカーナIGT (赤)750ml

Amazon

6,230

[Andrea Paoletti] アンドレア・パオレッティ、ランコーレ 2006 トスカーナIGT (赤)750ml

アンドレア・パオレッティが年間約5,000本のみ瓶詰したスーパー・マイクロ・タスカン < ムンクの「叫び」ラベル > ●Andrea Paoletti. Rancore 2006 Toscana I.G.T <アンドレア・パオレッティ、ランコーレ 2006 トスカーナ 赤 750ml> サンジョヴェーゼを扱う世界No.1のワインメーカーとも称される アンドレア・パオレッティが、年間たった5,000本程度しか作らない これだけでもそれなりのインパクトがある事に加えて 「エチケットのデザイン」そして「ワインの名前」・・・ なんと強烈なインパクトでしょう! エチケットの中央には ノルウェー出身のエドヴァルド・ムンクの代表作「叫び」が。 ワイン名のRANCORE(ランコーレ)とは怨み。 なぜ『叫び』であり『恨み』なのか・・・? 想像ではありますが、 それは、過剰な抽出や強い樽香を好む一部の生産者への メッセージではないでしょうか? 葡萄やテロワールの個性を発揮してもらえず 世に送り出された <サンジョヴェーゼの叫び>かもしれません? アンドレア・パオレッティ曰く 「サンジョヴェーゼは陽気なイタリアの女性」 「ピノ・ノワールは上品なフランスの女性」 どちらも魅力的だから混ぜて見たのだとか・・。 果実味に溢れサンジョヴェーゼらしい伸びやかな酸に ピノ由来の独特の熟したプラムの香りや儚げなニュアンスが加わった独特の味わいです。

[ Argiano ] アルジャーノ、 ソレンゴ 2013 トスカーナIGT( 赤 )750ml

Amazon

8,100

[ Argiano ] アルジャーノ、 ソレンゴ 2013 トスカーナIGT( 赤 )750ml

フランス品種のブレンドによるアルジャーノのスーパー・タスカン 青ラヴェルのソレンゴ <アルジャーノ、ソレンゴ 2013 トスカーナ 赤> ●Argiano. 2013 Solengo Toscana I.G.T イタリアワインファンなら一度は耳にしたことのあるワイナリーであろう。 1581年にこのアルジャーノの屋敷が建てられてから4世紀以上に渡る年月を経て、 1992年からは現在のオーナーであるノエミ・マローネ・チンザーノ伯爵夫人によって管理される。 ワインコンサルタントはジャコモタキス氏。 アルジャーノのワイナリーは、原産地呼称で定められたモンタルチーノの地域の 南側の斜面に位置しているために、マレンマから吹く暖かい風の豊な恩恵を受け、 ブドウの実が早めに完熟するのに適した局地気候に恵まれています。 ブドウ畑全体の栽培総面積は、約35ha。 このうちサンジョヴェーゼに23ha、残り12haにはカベルネソーヴィニォン、 メルロ、シラーが植えられています。 ブドウの実の皮に成分が凝縮してアントシアンと良質のタンニンを含んだものになるよう、 収穫量はブドウの樹1本あたり約1kgと低く抑えられています。 モンタルチーノDOC、ブルネッロ・ディ・モンタルチーノDOCGの 2つの原産地呼称のワインで名を馳せたワイナリーですが、 他のトスカーナのワイナリー同様、ビッグなIGTをも生産しており、 『ソレンゴ』と『スオーロ』は国際的な評価も高く数量限定のフラッグシップワインです。

[Viticcio] ヴィティッチオ、モニーレ 1999 トスカーナIGT(赤)750ml/イタリア

Amazon

5,019

[Viticcio] ヴィティッチオ、モニーレ 1999 トスカーナIGT(赤)750ml/イタリア

<ファットリア・ヴィテッチオ、モニーレ 1999 トスカーナ赤> ●Fattoria Viticcio. Monile 1999 I.G.T ガンベロ・ロッソ トレビッキエーリのプルナイオに比べると モニーレはちょっと名前が弱いかもしれません。 しかし、間違いなくこれはヴィティッチオの自信作。 過去最高の出来きであり、今はプルナイオよりおもしろいアイテム。 現在のオーナーは、アレッサンドロ・ランディーニ氏。 曽祖父の時代からワイン造りを行っていた伝統をもつ一族。 この当時はトスカーナの北の方に住んでいたが、その後キアンティ地区へ移住。 そして1964年、アレッサンドロ・ランディーニ氏の父親が現在の土地を購入、ワイン造りを始める。 当時はたったの2haからのスタートだったが、徐々に増やしていった。 1960年代後半から1970年代にかけて、セメント樽や大樽を購入したりして徐々に施設が完成していく。1 1980年に入り、ワイナリーとしてのベースとなる醸造施設を設立し、 アレッサンドロの代になり一切の妥協をしないワイン造りを信念とし品質は急激に向上した。 醸造に関しては、カルパッツィオ、モンテヴェルデといった主要なワイナリーを手掛けた エノロゴのヴェットリオ・フィオーレ氏に指導を仰ぎ、近年、格段に評価をあげているといいます。 すでに、アメリカではワインスペクテーターやワイン・アドヴォケイト誌をはじめとする評価誌から常に高い評価を得るまでに至りました。

[Andrea Paoletti] アンドレア・パオレッティ、ランコーレ 2003 トスカーナIGT (赤)750ml

Amazon

6,550

[Andrea Paoletti] アンドレア・パオレッティ、ランコーレ 2003 トスカーナIGT (赤)750ml

アンドレア・パオレッティが年間約3,584本のみ瓶詰したスーパー・マイクロ・タスカン 2003がファースト・ヴィンテージの < ムンクの「叫び」ラベル > ●Andrea Paoletti. Rancore 2003 Toscana I.G.T <アンドレア・パオレッティ、ランコーレ 2003 トスカーナ 赤 750ml> サンジョヴェーゼを扱う世界No.1のワインメーカーとも称される アンドレア・パオレッティが、年間たった5,000本程度しか作らない これだけでもそれなりのインパクトがある事に加えて 「エチケットのデザイン」そして「ワインの名前」・・・ なんと強烈なインパクトでしょう! エチケットの中央には ノルウェー出身のエドヴァルド・ムンクの代表作「叫び」が。 ワイン名のRANCORE(ランコーレ)とは怨み。 なぜ『叫び』であり『恨み』なのか・・・? 想像ではありますが、 それは、過剰な抽出や強い樽香を好む一部の生産者への メッセージではないでしょうか? 葡萄やテロワールの個性を発揮してもらえず 世に送り出された <サンジョヴェーゼの叫び>かもしれません? アンドレア・パオレッティ曰く 「サンジョヴェーゼは陽気なイタリアの女性」 「ピノ・ノワールは上品なフランスの女性」 どちらも魅力的だから混ぜて見たのだとか・・。 果実味に溢れサンジョヴェーゼらしい伸びやかな酸に ピノ由来の独特の熟したプラムの香りや儚げなニュアンスが加わった独特の味わいです。

送料無料
[ Antinori ] アンティノリ、ソライア 2010 トスカーナIGT( 赤 ) 750ml/イタリア

Amazon

31,500

[ Antinori ] アンティノリ、ソライア 2010 トスカーナIGT( 赤 ) 750ml/イタリア

キャンティ・クラシコ地区の中心で生まれるスーパータスカン Solaia <マルケージ・アンティノリ、2010 ソライア トスカーナ赤> ●Marchesi Antinori 2010 Solaia Toscana I.G.T スーパータスカンであるアンティノリの代表格ソライアは、造り手のユニークな発想により生まれました。 サンジョヴェーゼとカベルネの相性のよいことがティニャネロにより証明されたので、 その比率を逆にしたらどうか?という遊び心で造られたのが、何とソライアなのです!! これが、イタリア国内では異端視されましたが、海外で評価が高まり、 イタリアでの格付けを超えて「スーパータスカン」と呼ばれ値段が一気に高騰したのです。 まさに、サッシカイアと並び、革命を起こした、スーパータスカンの走りと言えるワイン 1385年にワインビジネスをスタートさせたアンティノリ。サッシカイヤ一族とは血縁関係にあり、 当初はサッシカイヤのワインメイキングにも携わっていた歴史を持ちます。 1970年代に「ティニャネロ」「ソライア」といった世界的に有名なスーパータスカンを生みだし、 トスカーナワインの品質向上を牽引していきました。 現当主は、26代目となるピエロ・アンティノリ侯爵。 3人の娘たちと共に伝統を重んじ、革新し続けるワイナリーです。

[ Montepeloso ] モンテペローゾ、ア クオ 2009 トスカーナIGT( 赤 ) 750ml

Amazon

4,590

[ Montepeloso ] モンテペローゾ、ア クオ 2009 トスカーナIGT( 赤 ) 750ml

トゥア・リタのお隣さん トスカーナの新興のお宝産地 <モンテペローゾ、アクオ 2009 トスカーナIGT 赤 750ml> ●Montepeloso. A Quo 2009 Toscana IGT 元々、カトリックの歴史を研究していた学者である、ファビオ・キャレロット氏は、 1998年、母親の出身地であるスヴェレート地区のカンティーナ、モンテペローゾを購入し ワイン造りを開始しました。 スヴェレート地区はトスカーナ州の海側で、有名なボルゲリ地区の南に位置しています。 モンテペローゾは、トゥアリータの畑と同じ斜面に6haの土地を所有していますが、 非常に日照の強いこのエリアからは考えられないようなエレガントな味わいを表現しています。 ファビオ・キャレット氏が最初に造りだした、1999年ヴィンテージは その前のオーナの生産量の1/3までセレクションを厳しくし、 最高のキュヴェであるGabbroはわずか2,000本しか生産されませんでした。 <ア クオ>は樹齢の若いブドウから造られますが 素晴しい濃密な果実味は、14.5%という高いアルコールとともに 飲み手に襲いかかるほど激しく。且つ堂々としており、後味にはエレガントさを備えています。 収穫はすべて手作業で行い、カンティーナに運ばれたぶどうは 更に、粒の単位で選別されるなど、彼のワイン造りに対するこだわりは、終わりがありません。

[le Macchiole]レ・マッキオーレ)、メッソリオ 2008 (赤)750ml トスカーナIGT

Amazon

22,100

[le Macchiole]レ・マッキオーレ)、メッソリオ 2008 (赤)750ml トスカーナIGT

「メッソリオ2004」でワインスペクテーター最高の100点を獲得 名実ともにイタリア・ワイン最高位に立った「レ・マッキオーレ」 人気の「メッソリオ」の2008ヴィンテージ <アゼンダ・アグリコーラ・レ・マッキオーレ、メッソリオ 2008 トスカーナ・赤 750ml> ● Azienda Agricola le Macchiole. 2008 Messorio メッソリオの初ヴィンテージ 1994年。単一品種から造られる3つのクリュの代表的なワイン。 メルローは世界的に注目をされているブドウ品種であり、 ボルゲリの気候ならではの果実味溢れたワインを造りだしている。 フラッグシップはあくまでもパレオだが、 世界的な評価が高いためこちらの注目度は非常に高い。 メルロから造られるワインは味わいが分かりやすく世界的に評価は高くなる。 メッソリオは栽培面積に対して収量が低く、実際に生産量も少ない。 このワインを造るために掛かるコストが最も高くなっている。 潜在的な生産ポテンシャルを100とすると、 実際の生産量は10%~20%しかワインにしていない。 2008年は,br> 春先まで雨が多くベト病が発生、ブドウの結実も悪くて手入れをしっかりとしなければならなかった。 天候が回復し好条件となり、晩熟型のブドウは素晴らしい収穫を迎えた。 2008ヴィンテージもルカ・ダットーマの業が冴える。

[Viticcio] ヴィテッチオ、プルナイオ 2003 トスカーナIGT(赤)750ml/イタリア

Amazon

5,020

[Viticcio] ヴィテッチオ、プルナイオ 2003 トスカーナIGT(赤)750ml/イタリア

<ファットリア・ヴィテッチオ、プルナイオ 2003 トスカーナ赤> ●Fattoria Viticcio。Prunaio 2003 I.G.T プルナイオは畑名から命名されており約3ha程。ワインに使用されているブドウは、100%この畑から収穫されたものだけとしている。 ヴィティッチオ所有の畑の中でも最高のポジションにあり、 他のサンジョヴェーゼ種の畑と比べてグリーンハーヴェストなども厳格に実施している。 化学肥料は一切使用せず、オーガニック肥料を使用。 現在のオーナーは、アレッサンドロ・ランディーニ氏。 曽祖父の時代からワイン造りを行っていた伝統をもつ一族。 この当時はトスカーナの北の方に住んでいたが、その後キアンティ地区へ移住。 そして1964年、アレッサンドロ・ランディーニ氏の父親が現在の土地を購入、ワイン造りを始める。 当時はたったの2haからのスタートだったが、徐々に増やしていった。 1960年代後半から1970年代にかけて、セメント樽や大樽を購入したりして徐々に施設が完成していく。 1980年に入り、ワイナリーとしてのベースとなる醸造施設を設立し、 アレッサンドロの代になり一切の妥協をしないワイン造りを信念とし品質は急激に向上。 ワイン・アドヴォケイト誌をはじめとする評価誌から常に高い評価を得るまでに至りました。 エノロゴはトスカーナを知り尽くす重鎮、ヴィットリア・フィオーレ氏。

[Andrea Paoletti] アンドレア・パオレッティ、ランコーレ 2005 トスカーナIGT (赤)750ml

Amazon

6,230

[Andrea Paoletti] アンドレア・パオレッティ、ランコーレ 2005 トスカーナIGT (赤)750ml

アンドレア・パオレッティが年間約5,000本のみ瓶詰したスーパー・マイクロ・タスカン 2003がファースト・ヴィンテージの < ムンクの「叫び」ラベル > ●Andrea Paoletti. Rancore 2005 Toscana I.G.T <アンドレア・パオレッティ、ランコーレ 2005 トスカーナ 赤 750ml> サンジョヴェーゼを扱う世界No.1のワインメーカーとも称される アンドレア・パオレッティが、年間たった5,000本程度しか作らない これだけでもそれなりのインパクトがある事に加えて 「エチケットのデザイン」そして「ワインの名前」・・・ なんと強烈なインパクトでしょう! エチケットの中央には ノルウェー出身のエドヴァルド・ムンクの代表作「叫び」が。 ワイン名のRANCORE(ランコーレ)とは怨み。 なぜ『叫び』であり『恨み』なのか・・・? 想像ではありますが、 それは、過剰な抽出や強い樽香を好む一部の生産者への メッセージではないでしょうか? 葡萄やテロワールの個性を発揮してもらえず 世に送り出された <サンジョヴェーゼの叫び>かもしれません? アンドレア・パオレッティ曰く 「サンジョヴェーゼは陽気なイタリアの女性」 「ピノ・ノワールは上品なフランスの女性」 どちらも魅力的だから混ぜて見たのだとか・・。 果実味に溢れサンジョヴェーゼらしい伸びやかな酸に ピノ由来の独特の熟したプラムの香りや儚げなニュアンスが加わった独特の味わいです。

[Tenuta di Torinoro] テヌータ・ディ・トリノーロ、パラッツィ 2013 トスカーナI.G.T(赤)750ml

Amazon

22,032

[Tenuta di Torinoro] テヌータ・ディ・トリノーロ、パラッツィ 2013 トスカーナI.G.T(赤)750ml

2013年は涼しく且つ好天に恵まれ、また降雨量も平年より少ない年でした。 ブドウ樹は早くに活動を始め、開花も早く、7月終わりまで樹勢が強い状態が持続。 8月にはいってから10月までは果実の熟成が進み、降雨もほとんどなく収穫することができました。 ブドウは完璧で果皮のしっかりした健康なものが収穫となりました。 酸度が高く、平年より若干糖度が控えめで完璧に成熟したブドウが育った素晴らしいヴィンテージです。 トリノーロ Palazzi 2013 10 年ぶりに2009 年がリリースされたパラッツィは メルロ100%。 トリノーロと同じく、国境を越えた上質なワインに共通するアロマがある。 サンテミリオンの高級なボルドーワインを彷彿とさせる気品のある味わいが楽しめます。 十分空気に触れさせてから召し上がってください。 伸びやかな果実味が豊かに口中を満たしてくれます。また、余韻の長さも圧巻です。 トスカーナの誰も目もくれなかったサルテアーノという土地を 一躍有名にしたアンドレア・フランケッティ氏。 土地を購入した当時をこう振り返る。 「1980年頃、たまたま、サルテアーノを訪れた時、 まるで30年前にタイムスリップしたような昔のイタリアの田舎を感じたんだ。」 そして91年からローマでの都会生活を捨ててここ に移り住んだ。 そのときには現在のトリノーロの人気ぶりは想像もできなかったであろう。

送料無料
[ Podele Monastero ] ポデーレ モナステロ、カンパナイオ 2014 トスカーナIGT 750ml (赤)/イタリア

Amazon

6,280

[ Podele Monastero ] ポデーレ モナステロ、カンパナイオ 2014 トスカーナIGT 750ml (赤)/イタリア

デキャンター誌にてジャコモ・タキス氏も絶賛! 明日のイタリアのスター Podele Monastero 2016年、日本への輸入数量は240本と希少! <ポデーレ モナステロ、カンパナイオ 2014 トスカーナ・赤> ●Podele Monastero.Campanaio 2014 Toscana rosso IGT アレッサンドロ・チェライが,尊敬するジャコモ・タキスが手掛けたサッシカイヤや パートナーであるシャトー・ラフィット・ロートシルトを彷彿とさせる重厚なボルドー・スタイルを目指して造ったワイン。 2006年物がワイン・アドヴォケイトとワイン・スペクテーターの両誌で90点を獲得した。 2001年に植樹されたカベルネ・ソーヴィニョン(169クローン)とメルロー(181クローン)から産み出される。 ジューシーでしなやか,そして表現豊かである。プラム・レッド・チェリー,なめし皮,杉,タバコ,スパイスのすべてが個性豊かで豪華, しなやかなボルドー・ワインにインスパイアされた赤ワインのシルキーなタンニンにサポートされている。 カンパナイオとは,昔,礼拝の時間を知らせるために教会の鐘を鳴らしていた人達のこと。 教会は報酬として彼らに石の多い貧しい土地を与えていたが,その土地が今の区画であることからカンパナイオと命名された。 ラベルに描かれているのは鐘の建物。

[Tua Rita] トゥア・リータ、ジュスト・ディ・ノートリ 2002 トスカーナIGT (赤)750ml/イタリア

Amazon

8,160

[Tua Rita] トゥア・リータ、ジュスト・ディ・ノートリ 2002 トスカーナIGT (赤)750ml/イタリア

2大ワイン専門誌で、100点を獲得した唯一のイタリア生産者 ボルドーブレンドのトゥア・リータ <トゥア・リータ、ジュスト・ディ・ノートリ 2002 トスカーナ 赤 750ml> ●Tua Rita. Giusto di Notri 2002 Toscana I.G.T 2002年はトスカーナ中が悪年だといわれましたが、この地では平年との差は殆どなく、 見方によっては02年のほうが、洗練されているともいえます。 また、暑すぎるといわれた2000年ではレディガフィがパーカーポイントで最高点をはじきだしたように この土地特有のミクロクリマにも起因します。 ヴィルジリオとリータ夫妻が、全国的に全く無名であったトスカーナ州、 スヴェレートの地に畑を購入したのは1984年のことでした。 運命に導かれたのか、購入した土地がワイン造りにおいて尋常ではない ポテンシャルを持っていることに気がついたのはその後のこと。 1992年に初めて瓶詰めしたワインをリリースしてから 僅か6ヴィンテージ目でワイン・スペクテイター100点を獲得するという快挙を成し遂げます。 さらに2000年のレディガフィは、ワイン・アドヴォケイトで100点を獲得。 イタリアワイン界で2大ワイン評価誌において 100点を獲得したワインは「レディガフィ」のみという奇跡でした。 しかし、この家族経営の小さな醸造所は評価誌に左右されず、 妥協を許さない果て無きワインへの追求・挑戦を続け、 トップ生産者としての評価をゆるぎないものとしました。

送料無料
ペルティマーリ・リゼルバ ブルネッロ・ディ・モンタルチーノ・リゼルバ [2006]750ml

Amazon

12,320

ペルティマーリ・リゼルバ ブルネッロ・ディ・モンタルチーノ・リゼルバ [2006]750ml

現在、モダンとクラシカルの造り手に分かれますが、ペルティマーリは後者で熟成と繊細さ を求めている造り手です。ペルティマーリのリゼルバは最優良ヴィンテージのみ生産で近年は2001年、2004年、そしてこの2006年とイタリアでのグレートヴィンテージのみです。 ロバート・パーカーも世界の偉大なワインに登場させるほど評価も高くなっております。 しかし、価格はかなり抑えめで非常に親しみやすいブルネッロとなっております。 ◆産地:トスカーナ アペラシオン:ブルネッロ・ディ・モンタルチーノ ◆品種:サンジョヴェーゼ・グロッソ100% (ブルネッロ・ディ・モンタルチーノ) ◆収量:45hl/ha 平均生産量:5000本 アルコール:16%未満 ◆醸造:ステンレスタンクでマセラシオンさせ、樽熟成(スラヴォニア産・35hl)42ヶ月、瓶内熟成6ヶ月。 ※Riservaは偉大な年にのみ生産されます。 2006年はブルネッロ・ディ・モンタルチーノ最高の年 ★ワイン・スペクテーター 93点 2012年9月30日 芳醇な赤ワインで甘いチェリー、プラム、タール、甘草のアロマと風味が詰まっている。タンニンは濃厚で、全体的なバランスが良く、甘い果実とスパイスを感じる長いフィニッシュに続く。飲み頃:2015-2032年。 ★パーカーポイント 96点 ワイン・アドヴォケート188号 2010年4月 (2004ヴィンテージ) サンジョヴェーゼの特徴が豊かな舌触りと層になって表われる味覚の上に味わいが発展していく。そして、その特徴は驚くほど持続する。果実は極めて若い状態のままなので、これは飲み頃になるまでにかなりの忍耐力と必要とする。タンニンの上質さと果実香味の贅沢な広がりが、今後の味わいの発展性を暗示している。この傑出した血統を持つワインの将来は非常に明るい。200...

スポンサーリンク
スポンサーリンク