メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「bordeaux 2010」検索結果。

bordeaux 2010の商品検索結果全7件中1~7件目

シャトー・シラン [2010]

Amazon

4,730

シャトー・シラン [2010]

シャトー情報 格付け:なし 畑の位置:ラバルド Labarde 所有者:ウイリアム・アラン・B・ミアイユ William Alain B. Miailhe 面積:40ha 平均樹齢:30年 ブレンド比率:カベルネ・ソーヴィニョン50%、メルロ30%、プティ・ヴェルド13%、カベルネ・フラン7% 密植度:1万本/ha(砂利質の土壌の区画)、5000本/ha(その他の区画) 平均産出量(過去5年間):50hl/ha 平均年間総生産量:20万本 平均年間生産量:10万本 育て方:収穫は手で行われる。 発酵とマセラシオンは全部で約25日間。 マロラクティック発酵の後、オーク樽(新樽は60%、残りは1年使用のもの)に移され、 15ヵ月間寝かされる。 3ヵ月ごとに(ひとつの樽からもうひとつの樽に)澱引き。 瓶詰めの前に清澄処理と濾過処理の両方が行われる。 現在の格付けの評価:第五級に相当する品質 飲み頃の続く期間:ヴィンテージによるが5~15年 講談社 『BORDEAUX ボルドー 第3版』より抜粋。 パーカーポイント 86点 2010年のシランは、柔らかく丸みのある、魅惑的で率直なスタイルをしている。 良好なベリー系果実といくらかのローストしたハーブとスパイスのニュアンスが 感じられる。 この素晴らしいワインは、このヴィンテージのトップワインの一つに入るだろう。 向こう10~12年の間で飲むと良いだろう。 飲み頃の続く期間 2013~2025年 Wine Advocate #205 (2013-02-28)より抜粋。 ---------------- 種類 赤ワイン 格付 A.O.C. マルゴー 生産地 フランス/ボルドー/マルゴー 品種 カベルネ・ソーヴィニヨン、メルロー 味わい フルボディ 容量 750ml

「Chateau Bolaire シャトー ボレール」、 2010 ボルドー・シューペリュール ( 赤 ) 750ml

Amazon

2,380

「Chateau Bolaire シャトー ボレール」、 2010 ボルドー・シューペリュール ( 赤 ) 750ml

プチ・ヴェルドの魅力たっぷりのボルドー・シューペリュール ●Chateau Bolaire. 2010 Bordeaux Superieur A.C シャトー・ボレール 2010 ボルドー・シューペリュール 赤 750ml 近年評価がぐんぐん上がってきている「シャトー・ベル・ヴュー(Belle-Vue)」のオーナーが造るワイン, ボレール。 平均樹齢44年のブドウから造られ、中でもプティ・ヴェルドーの樹齢は85年にも及ぶ。 畑はマルゴー村の近く、『ラ・ラギューヌ』、『カントメルル』、『ジスクール』等の近くに位置し 醸造家のメンバーにはあのエリック・ボワスノーも参加。 シャトー・ボレールはガロンヌ川まで100メートル程という水はけの良い絶好のロケーション。 ガロンヌ川の中州のすぐ近くなので、名前の由来にもなっています。 右岸のボルドー・スペリュールとの違いは・・・ マルゴーACにも程近い、豊かな土壌からできるブドウなので、 力強く、骨格のしっかりした、色も濃く、凝縮したものになる。またブドウの品種も違う。 最大の特徴は 最高樹齢85年のプティ・ヴェルドー! 左岸の土壌にあった品種、プティ・ヴェルドーだが、 通常熟すのに時間がかかるため、完熟するのが難しい品種である。 しかし、マコー地区は比較的温暖な気候のためしっかりと完熟できる、 プティ・ヴェルドーに適した土壌といえる。

こちらの関連商品はいかがですか?

シャトー・セネジャック [2010]

Amazon

3,542

シャトー・セネジャック [2010]

お値打ち左岸ワインです! セネジャックって飲んだ事ってありますか??? 実は、私もそれまで飲んだ事がありませんでした。 世の中、いろんなお値打ちボルドーあるし、セネジャックって、 昔からあるけど話題にならないし・・・ ところが、そうではなかったんです。 2009年には遂にパーカー氏が93点を付けました。 セネジャックの2009年は外向的でボリューム感のあるタイプですが お手軽ワイン館でもすぐに売り切れてしまいました。。。 そして、今回待望の2010年が入荷してきました。 2010年も良好で、外向的な要素と本来のセネジャックらしいオーソドックスなスタイルも健在です。 2009年も非常に美味しかったですが、2010年も非常に美味しいです! この強みは何といってもシャトー・タルボのオーナーが造る隠れボルドーです。 美味しさを自由に追求しているようなところもあるかもしれません。 パーカーポイント 89点 セネジャックの2010年は、カベルネ・ソーヴィニヨン48%、メルロー37%、プティ・ヴェルドとカベルネ・フラン15%の ブレンド比率で造られており、素晴らしい強度があり、不透明な紫色をしている。 豪華なブラックベリーやブルーベリーの果実を示し、チャコール、ホワイトチョコレート、黒鉛のニュアンスもある。 この豊かで酔わせるワインは、向こう6~8年で飲み頃を迎えるだろう。 飲み頃の続く期間:2013~2021年

シャトー・シラン 2005

Amazon

6,459

シャトー・シラン 2005

【産地】 フランス ボルドー オーメドック 【生産者】 シャトー シラン 【格付】 ACマルゴー クリュブルジョワ エクセプショネル級 【規格】 750ml 【タイプ】 赤フルボディ 【品種】 メルロー51%、カベルネ・ソーヴィニヨン34%、プティ・ヴェルド15% 「構造が良く筋肉質なマルゴーである2005年のシャトー シランはミネラル、土、カシスに香水の香りがする。肉付きが良くリッチで、2008年から2018年が飲み頃。」(ロバート・パーカーJr.) 「マルゴーのアペラシオン南部のラパルドにあるこのシャトーでは、常においしくてかぐわしい、深い色のワインをつくっている。品質はメドックの五級シャトーと同レベルになることが多い。 このシャトーの所有者であり、管理者でもあるウイリアム・アラン・B・ミアイユは配慮が行き届いた栽培家であり、リッチで、風味豊かな、磨きのかかったワインを年平均1万2000ケース生産している。マルゴー アペラシオンの特質を見事に反映したこのワインは、毎年違う画家の絵画を誇るムートン ロートシルトのようなラベルでも際立っている。 シランのワインは適度に熟成するまでに5~6年かかるのが普通で、最近のヴィンテージはどれも成功している。何よりも、シランは長い貯蔵に耐え、辛抱強い消費者に応えるワインである。マセレーションの期間は長く(25日間)、タンニンの強いプティヴェルドのブレンド比率が高いために、最上のヴィンテージでは少なくとも15年間は熟成する可能性を待っている。 メドックのワインの新しい格付けが行われることがあるとすれば、シランの五級シャトーヘの格上げが真剣に検討されることは間違いない。」(ロバート・パーカーJr.『ボルドー(第4版)』)

シャトー・ド・クーレーヌ シノン・ラ・ディアプレス 2010

Amazon

5,666

シャトー・ド・クーレーヌ シノン・ラ・ディアプレス 2010

ロワールで赤ワインの銘醸地と言えば、このシノンは筆頭です。そのシノンでなんと15世紀に建設された歴史あるシャトーで造られ、シャトーを代表するフラッグシップワインと言えば、このワイン。 [シャトー・ド・クーレーヌ シノン・ラ・ディアブレス 2010]ブドウ栽培に於いては94年から有機栽培を導入し、97年にはAB(アグリキュルチュール・ビオロジック)の認証を取得。味わいも非常にストレスフリーな滑らかさで、まさにエレガント、という言葉がぴったり合います。醸造は手摘み収穫後、コンクリートタンクにて自然発酵。続くマロラクティック発酵は400Lの古樽(4-5年)で行い、その後18ヶ月間の樽熟成を施します。このキュヴェには2つの区画(計1.5ha)のブドウをブレンド。野生イチゴやブルーベリーの果実香とカベルネ・フランに由来する黒胡椒などスパイス香が優美に立ち上るアロマに、全ての要素が適度で懐深く、長い余韻が感じられる味わいが特徴的です。非常に品のよい、骨格、酸味、タンニン分も程よく、なめらかな質感は、レストランですと、鹿や鴨などのジビエのお供にとても相性がいい上品なワインです。このシノンを合わせると、お料理も一気に高貴な雰囲気になるのが、まさにシノン・マジック。さすがこのシャトーを代表するフラッグシップワイン。非常に完成度が高い気品ただよう素晴らしいワインです。 是非お試しくださいませ。

レ・ザレ・ド・カントメルル 2010 シャトー・カントメルル

Amazon

3,510

レ・ザレ・ド・カントメルル 2010 シャトー・カントメルル

本日物凄い人気です!! 表示本数限りのご紹介となります。 是非ともお早めにお求めください。 1949年以来、67年ぶりに出現した【伝説のワイン】奇跡の限定入荷!! 【伝説の1949年再来にして2980円!!】パーカー超激賞!!半世紀ぶり衝撃の超お買い得ボルドー!! 【『メドック南端にあるこの格付けシャトーの、この2010年は、彼らが造りし伝説の1949年ヴィンテージの現代版を見事に造り上げた(ロバート・パーカー)』】 『衝撃的な個性と、熟成に向けての巨大なる潜在能力を表現している!!』 『私のプロ・キャリアの中で遭遇したものの中で、最も素晴らしいカントメルルである!!』 偉大なるメドック五級格付けにして「第3級シャトーに匹敵する」と評され、近年著しく成長を遂げる、あの[シャトー・カントメルル]が造りし、【伝説】と謳われし2010年ヴィンテージ!! 『その味わいは、幅広く、リッチで、濃縮しており、沢山のタンニンを持っているが、それらは甘く、見事に融合している。全てが、この美しい、ミディアムフルボディの、濃厚なる紫色のワインに繊細に絡み、それが衝撃的な個性と、熟成に向けての巨大なる潜在能力を表現している。』

[Chateau Paradis]シャトー・パラディ、テール・デ・サンジュ 2010 750ml(赤)/自然派

Amazon

3,880

[Chateau Paradis]シャトー・パラディ、テール・デ・サンジュ 2010 750ml(赤)/自然派

ミシェル・タルデュー氏、フィリップ・カンビ氏、フランソワ・ティソ氏 3人のパーカー100点の常連たちが集結して生まれたプロバンスのドリームワイン Chateau Paradis シャトー・パラディ、テール・デ・サンジュ 2010 ACコトー・ディクサン・プロバンス ●Chateau Paradis. 2010 Terre des Anges Coteaux d'Aix en Provence AC Terre des Angesは、ドメーヌのトップ・キュヴェ。 2007年物がパーカーポイント92-95点を獲得。 これは,同ヴィンテージのシャプティエのエルミタージュ"ル・パヴィヨン"(92-94点)を超越し, ギガルのコート・ロティ"ムーリーヌ"と"ランドンヌ"(93-95点)に肉薄する評価。 ル・パヴィヨンは過去4回,ランドンヌは過去7回,ムーリーヌは過去9回 パーカーポイント100点満点を獲得している世界的なオークションワインであるから、、 Terre des Anges 2007に与えられた高い評価には、目をみはる。 その2007年に比肩するとも、それ以上とも言われる2009年ヴィンテージ。 まろやかさとフィネスが素晴らしいタンニンの骨格と融合してOおり、 フィニッシュは大変長く,ミネラルと強い果実味の間で揺れ動いている。 シャトー・パラディは2003年,輸入雑貨の販売で財を成した実業家の フィリップ&ジュリエット・デシャン夫妻がシャトーを買収。 大規模な投資を行い,あらゆる面で超一流品質のワイン造りに乗り出した。

シャトー・ドゥザック [2009]

Amazon

7,862

シャトー・ドゥザック [2009]

マルゴー村の超穴馬的ワインを限定入荷!!! ドゥザックにとって過去最高のPP92点です! ドゥザックはマルゴー村のワインですが、知らない方がたくさんいると思います。 それほどまでにマイナーなワインなのですが、実は美味しいんですよ! その事実を知ったのは1999年物です。 パルメと筆頭に、ディッサン、ブラーヌ・カントナック、ラスコンブ、デュ・テルトル、 など、かつてのシャトーが軒並み復活した年でもあります。 その中にドゥザックもありました。 しかし・・・あまりにもマイナーなため、ほとんど日本では取扱がありませんでした。 その頃、お手軽ワイン館ではかなり売れた記憶があります。 1998年以前は、正直マルゴー村の格付はあてになりませんでした。 でも、1999年のドゥザックは美味しかったんです。 2009年は、 是非、この機会にお試し下さい!!! パーカーポイント 92点 ドゥザックは、今までにこの様な良いワインを作った事があるだろうか? 2009年のドゥザックは、ルビー/パープルの色合いで、ふっくらとジューシーな テクスチャのクリーム状のスパイシーなオークと甘草、黒鉛のノートと 黒スグリの緻密で、ほぼ右岸のワインを思わせる、フルスロットルで 濃縮した驚くべき味わいだ。 向こう25年の間で楽しむと良いだろう。 飲み頃の続く期間 2012~2037年 Wine Advocate #199 (2012-02-29)より抜粋。

シャトー・セネジャック [2013]

Amazon

2,786

シャトー・セネジャック [2013]

最近、我が家の空き瓶はほとんどがセネジャックとACブルゴーニュ、 そして、カップ・ド・フォージェールです。もちろん、 それ以外にもシトラン、ボーモン、トゥール・サン・ボネ、 ラローズ・トラントドンなどありますが、最近はもっぱらセネジャックです! セネジャックが好きな理由として、最もカベルネ・ソーヴィニョンの特徴が出ていて、 奥行きのある果実味で、熟成能力も長けています。 長らくセネジャックを飲んでいなくて、2006年物を久々に飲んだ時、 あまりの美味しさに衝撃を受けました。その後、2009年物はパーカー93点を付け、 一躍有名になりましたが、他のヴィンテージでも十分美味しいので、 いろんなヴィンテージをお試しいただきたいと思います。 実は、2010年、2011年もめっちゃ美味しいですよ! さらに先日、2002年物のセネジャックを他店から購入して飲みました。 そしたら・・・サンテステフ村と思ってしまいました。。。 もしかしてコス・デストゥルネルのセカンド、レ・パゴ・ド・コスの空き瓶に このセネジャックを入れても分からないかもしれません。 それほど、サンテステフ村のようなニュアンスが感じられる力強い味わいです。 2012年も果実味がしっかりしていて美味しいです! 是非、この機会にお買い求め下さいませ。 パーカーポイント 86点 2012年のセネジャックは、濃いルビー/紫色をしており、タンニンはやや渋みを示すが、 ブラックカラントの果実、土のニュアンスが感じられる。 向こう5~6年の間で飲むと良いだろう。 飲み頃の続く期間 2015~2021年 eRobertParker.com #218 (2015-04-30)より抜粋。 ---------------- 種類 赤ワイン 生産地 フランス/ボルドー/オー...

シャトー・ギロー [2004]

Amazon

6,782

シャトー・ギロー [2004]

シャトー情報 格付け:第一級(1855年) 畑の位置:ソーテルヌ Sauternes 所有者:S.A. デュ・シャトー・ギロー S.A. du Chateau Guiraud 管理者:グザヴィエ・プランティ Xavier Planty 面積:95ha 平均樹齢:30年 ブレンド比率:セミヨン65%、ソーヴィニョン・ブラン35% 密植度:6660本/ha 平均産出量(過去5年間):10hl/ha 平均年間生産量:8000ケース 育て方:発酵はオーク樽で起こる。 新樽は50%。そのまま樽で18~36ヵ月間熟成。 清澄処理も濾過処理もされる。 現在の格付けの評価:現状のままでよい。 飲み頃の続く期間:ヴィンテージによるが5~20年以上 一般的な評価 ギローはソーテルヌ地区最大のブドウ園のひとつで、122ha近くにまたがり、 そのうち95ha にブドウの木が植えられている。 面白いのは、このシャトーがボルドー・シュペリュールのアペラシオンの赤ワインと、 「G」と呼ばれる辛口の白ワインをつくっていることだ。 ギローの甘口ワインは変貌を遂げている。 その結果、ボルドー・ワイン好き、とりわけネクター愛好家はギローの様子に大きな興味を示し、 ナービイの管理人、グザヴィエ・プランティにナービイの夢を叶えるだけの才能があることを期待した。 ギローで最も驚くべきことは、このワインがブレンドにソーヴィニョン・ブランを 高い比率(35%)で用いているわりに、とても豊かな味わいであることだ。

シャトー・ボーセジュール・デュフォー・ラガローズ [2002]

Amazon

7,538

シャトー・ボーセジュール・デュフォー・ラガローズ [2002]

ボーセジュール・デュフォーほど、評価が乱高下するワインはないかもしれませんね。 1990年では100点、2009年でも100点、そして、通常のヴィンテージは普通の点数など、 100点の常連組になりつつあるシャトーなのに、2002年のように89-91点という、 格付ではそこそこの評価ですが、100点の常連からするともっと良くても? って感じもします。 しかし、ここが安く買えるラッキーな部分でもあると思います。 2002年は熟成が始まり、力強いスタイルではありませんが、非常によくできています、 100点のヴィンテージを買う前に、まずオフヴィンテージから攻めてみたいですね。 是非、この機会にお買い求め下さい。 パーカーポイント 88~91点 構造は感じられるが、硬い角がある作品、ボーセジュールは、 深みのある紫色をしており、ダークフルーツ、特にブルーベリーや ラズベリーの趣がある。 濃厚な、ミディアムボディのワインで、酸や、活力、新鮮さは良好。 忍耐が必要となるはずだ。 予想される飲み頃 2008~2020年 ロバート・パーカー ボルドー 第4版 より抜粋。 -------------- 種類 赤ワイン 格付 A.O.C. サン・テミリオン グラン・クリュ 生産地 フランス/ボルドー/サン=テミリオン 品種 メルロー、カベルネ・フラン 味わい ミディアムボディ 容量 750ml

シャトー・ラネッサン [2000]

Amazon

6,242

シャトー・ラネッサン [2000]

★パーカー氏も「格付に匹敵する」と高評価!超優良年2000年のラネッサンが登場! ラネッサンと言えば『格付に匹敵』する実力で有名です! しかも、今回仕入れたのはなんと・・・2000年物! これは、絶対に飲む価値のある超掘出し物ワインだと思います! パーカー氏からこんなコメントが残されています。 「アペラシオンの中でも傑出したワインの1つ。おそらく5級のシャトーの地位。 真剣に検討されるワインである。」 と述べています。 ラネッサンの実力値を考えると 十分に格付けのワインに匹敵する可能性があるシャトーだと思います。 2003年は、意外にもまだ完全に開いていませんが、熟成を始めていて、 時間を置く事でようやくボリュームを感じられる力強い味わいワインです。 さらに寝かせる事が出来る長期熟成型のワインだと思います。 ラネッサンは、正直、過去飲んであまり裏切られた事がありません。 是非、この機会にお試し下さい!!! パーカーポイント 88点 美味しく、複雑な味わいで、完全に成熟した2000年のラネッサンは、 フルボディで、スパイスたっぷりの、古典的なボルドーの性格をしており、 シダーウッド、プラム、ローム質の土壌、湿った土のノートを呈している。 向こう7~10年間で楽しめるだろう。 飲み頃の続く期間 2010~2020年 Wine Advocate #189 (2010-06-29)より抜粋。

お酒・ドリンクのランキング

スポンサーリンク
スポンサーリンク