メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「2012 シャブリ」検索結果。

こちらの関連商品はいかがですか?

シャルム・シャンベルタン グラン・クリュ ドメーヌ・ドミニク・ガロワ [2011]年 赤 750ml(フランス 特級ブルゴーニュ・ワイン)o1510

ECHIGOYA

14,700

シャルム・シャンベルタン グラン・クリュ ドメーヌ・ドミニク・ガロワ [2011]年 赤 750ml(フランス 特級ブルゴーニュ・ワイン)o1510

ドメーヌ・ドミニク・ガロワ 他ラインナップ はこちら⇒ 元シェフが造る銘醸ブルゴーニュワイン! 最高の料理とのマリアージュを堪能! 最高の星付レストラン採用、オン・リスト! リアル・ワイン・ガイド49号:ワイン造りの神髄!長熟スタイル! ジュヴレ・シャンベルタンに居を置くドメーヌで、1989年に引継ぎ近年注目を集めると造り手です。畑は3.5ヘクタールでリュット・レゾネ減農薬栽培にて栽培。注目を集めているのはドミニク・ガロワ氏はもともとはミシュラン三ツ星を獲得したベルナール・ロワゾー氏のもとで料理人として活躍し、その後ディジョンでレストランを経営していた経歴を持ち、ワインの品質のみならず、料理とのマリアージュを意識したワイン造りを行っております。そのワイン造りが認められ、コート・ダ・ジュール最高の星付レストラン『ロワジス』やカンヌにある最高級ホテル『マジェスティック』や『リッツ・カールトン』にオン・リストされ、その名を刻んでいます。 造り手コメント:自分はタンニンがキチンと存在し、数年たって飲めるワインを造りたいのでピジャージュも行う。つまり古典的なやり方だけど貫きたい。大事にしていることは酸。決して濃いワインを造りたいのではなく、酸がしっかりあるワインを造りたい。酸がないと長熟には耐えられないから。よって収穫もかなり早めに行い、過熟なフルーツではなく酸がしっかりあるブドウを収穫する。 ワインは、密度の濃い香りから高貴な果実の味わいが広がります。きめ細かな密度のある果実感で、酸が打ち解けているように感じます。長期熟成ワインであることは間違いありませんが、優しさを感じ今からでも楽しめます。 ◇ワイン名:Charmes Chambertin Grand Cru Domaine Dominique Gallois ◇産地...

★感謝祭★
ピュリニー・モンラッシェ・プルミエ・クリュ・シャン・ガン ドメーヌ・パスカル・マルシャン 2013年 フランス ブルゴーニュ 白ワイン 辛口 750ml

Amazon

16,340

ピュリニー・モンラッシェ・プルミエ・クリュ・シャン・ガン ドメーヌ・パスカル・マルシャン 2013年 フランス ブルゴーニュ 白ワイン 辛口 750ml

パスカル・マルシャンパスカル・マルシャンは国をまたいで活躍するワインメーカー。今やブルゴーニュをはじめ、その活躍の舞台はオーストラリア、チリなど南半球まで及んでいます。彼が醸造化としてキャリアをスタートさせたのは1985年、ポマールにあるコントアルマンでのこと。 1999年にはドメーヌ・ド・ラ・ヴージュレのチーフワインメーカーとして勤め、7年間の醸造長を務めました。 その後、満を持して始めたのが彼のネゴシアンブランドであるこのパスカル・マルシャン。ネゴシアンといえど、適当に有名な畑のブドウを購入しワインをつくっているようなそこらのネゴシアンとはわけが違います。 なかでも、パスカル・マルシャンはマイクロネゴス(マイクロ・ネゴシアン)と呼ばれる小規模のネゴシアン。買付から醸造まで一貫して彼が行い、ぶどう購入の畑は彼のポリシーに賛同する人のみです。定期的にパスカル本人が畑を訪ね、ビオディナミ農法含め、木の管理など細かい部分まで直接見ています。パスカル・マルシャンでは常に彼の眼の行き届く範囲であることが重視されているのです。『ドメーヌは小規模でなければならない。なぜなら、一つ一つの樽やボトルがユニークであり、注意深く扱はなければならないからだ。』と語り、ボトルの一本いっぽんにまで強いこだわりを持っていることがうかがえます。そのためネゴシアンといえど手の込んだつくりから評価は高く『ブルグハウンド』などで高得点を得ており、パーカー・ポイントも高得点を得ています。

マグナム瓶シモン・セロス ブラン・ド・ブラン・ブリュット・グラン・クリュ・キュヴェ・プレスティージュ 1500ml

ウメムラ Wine Cellar

14,904

マグナム瓶シモン・セロス ブラン・ド・ブラン・ブリュット・グラン・クリュ・キュヴェ・プレスティージュ 1500ml

ジャック・セロスのスタンダード品より僕はこちらの方が美味しいと感じました。 !!マグナム瓶と言うことで、さらに旨いんだろうな・・ すべてコート・デ・ブランのシャルドネ100%(アヴィーズ83%、クラマン10%、オジェ7%)。 樹齢50年以上の最優良区画のぶどうのみを使用。キュヴェ(一番絞り果汁)100%。現在販売中のものは、 2013年メインで、ヴァン・ド・レゼルヴは2009~2012年。ドザージュは10g/l。年間生産量3000本のみ。シモン・セロスの最高キュヴェ。今回のロットは2016年6月22日デゴルジュマンされました。 下記コメントは750mlのボトルのものです。 8℃前後で抜栓、明るく薄い黄色、肌理細かい泡、白い花、山梔子、ニセアカシア、ジャスミン、百合、リンゴの砂糖煮、グレープフルーツ、ビターオレンジ、 干無花果、パイナップル、桃、生クリーム、バター、ナッツ、蜂蜜、オレガノ、 タイム、タラゴン、ローズマリー、フェンネルシード、クミンシード、デイルシ ード、高山茶、煙、石英系のミネラル、セパージュはシャルドネのみのブラン・ ド・ブラン。ここの個性に起因するのだろうが、キレの良い酸・カッチリとした ミネラルを持ち、爽やかでエレガントでありながら、明確な輪郭とどっしりとし たコク・ボディを感じられる。優しく、軽いだけではなく、エレガントさの中に グラン・クリュの持つ重厚さや荘厳さが垣間見える。薄く明るいが力強さを内包 したような濃さを感じる色合いを持ち、フレッシュとドライが混じる様々な花と 砂糖煮の混じるフルーツのノートが甘く濃く力強く広がる。ブラン・ド・ブラン は軽やかで爽快感に溢れ、綺麗な酒質を特徴とするものと果汁濃縮をしたのかな と思われるほど濃く甘いものに大別することが出来るようだ。これは綺麗な酒質...

★感謝祭★
メゾン・カミーユ・ジルー / ムルソー・プルミエ・クリュ・レ・シャルム [2012]

Amazon

14,288

メゾン・カミーユ・ジルー / ムルソー・プルミエ・クリュ・レ・シャルム [2012]

2001年以降のカミーユ・ジルーに関しては、興奮を隠せません。チャーミングで抽出を押さえた自然な色合い、ブルゴーニュ好きが興奮する魅力を持っているのです。醸造家のデヴィット・クロワがこのメゾンの醸造超に抜擢されたのが、なんと24歳。まさに100年に一度現れるか現れないかの天才醸造家の誕生です。そして赤だけではありません。白ワインも興奮を隠せないほどの出来映え。近年これほどの白ワインを私は飲んだことがないかも知れません。そしてここの古酒もコンディションが良いために驚くほど素晴らしい。カミーユ・ジルー侮るべからずです。いかに今まで状態の酷いものが溢れていたかを知ることが出来ました。そしてこのワインはラシーヌが扱います。皆さん、ブルゴーニュ好きにとってはこれ以上ない朗報です!もう皆さん2006年ヴィンテージから飲んでいる方はこの造り手の魅力をご存じでしょう。2012年は生産量が少なく割当制となったため入荷は11本のみ。ただこの年のワインは驚くほど素晴らしくポテンシャルが高いため貴重きわまりない。【blanc】 【bourgogne】 【シャルドネ100%】 【v2012】

送料無料
ドメーヌ・ユベール・リニエ ニュイ・サン・ジョルジュ・1er・レ・ヴィニュロンド・オスピス・ド・ニュイ [2012]750ml

Amazon

15,582

ドメーヌ・ユベール・リニエ ニュイ・サン・ジョルジュ・1er・レ・ヴィニュロンド・オスピス・ド・ニュイ [2012]750ml

ドメーヌの将来を託されたロマン・リニエが2004年に他界して以降、老匠ユベール・リニエが引退を撤回して奮起し、ビショで働いていたもうひとりの息子ローランもドメーヌに戻り、ドメーヌ・ユベール・リニエの新時代が始まろうとしている。 ロマン亡き後、未亡人でアメリカ出身のケレンが、ドメーヌの畑を折半耕作し始めたためユベール・リニエ本人は収穫の3分の1しか受け取れず、買いブドウによるネゴシアン・ビジネスも平行させることで需要に応えるしか手だてがなかった。 この折半耕作の契約も2014年には解消される見通しである。 かつてはリッチで凝縮感が高く、新樽の香りも強かったユベール・リニエのワインだが、故ロマンがスタイルを微調整し、バランスのよいものに仕上げてからというもの、昔のユベール・リニエを支持していたアメリカ市場だけでなく、世界的に高い評価を受けるようになっていた。 ロマンが他界し、ユベールが現場に返り咲いてもスタイルを過去に戻すことはせず、バランス重視の姿勢を堅持しているのは、あまりに早くこの世を去った息子へのオマージュだろう。 特級クロ・ド・ラ・ロッシュとジュヴレ・シャンベルタン1級のオー・コンボットの一部はすでに返還され、栽培から本家の手によって造られるようになっている。 またポマールやニュイ・サン・ジョルジュに新しい畑を手に入れ、ポートフォリオは充実中。 これに折半耕作中の畑が戻れば、ドメーヌ・ユベール・リニエの完全復活となる。 その日がじつに待ち遠しい。

送料無料
ドメーヌ・マルキ・ダンジェルヴィーユ / ヴォルネイ・カイユレ [2012]

Amazon

16,330

ドメーヌ・マルキ・ダンジェルヴィーユ / ヴォルネイ・カイユレ [2012]

ブルゴーニュでもトップクラスの評価を得ている造り手で最近ではあまり市場に出回らない稀少ワインだ。1980年代は早熟で熟成したときの姿が非常に魅力的だったが、長い間非常に評価は高いのだが首をかしげるワインを作っていた生産者でもある。ところが2006年に銀行家だった長男が後を継ぐことで見事に返り咲いたのだ。ビオ・ディナミに転向したということもあってかとにかく一流の名にふさわしいワインに生まれ変わった。基本的にワインはドライ傾向だが、これは熟成によってこそ甘みが現れる典型例で若干早熟にはなったもののやはり熟成を待つことで劇的に変わるワインでもある。先代のワインとは明らかに違うのだが、伝統ある貴族らしくそこには気品が漂っている。赤に関してはとにかく酒質が素晴らしく他の生産者とは明らかに違う個性が明確で上品さが際立っている。オフヴィンテージでさえけっしてしゃばしゃばしたようなワインを作ることはなく、2012年ヴォルネーは雹の被害で生産量が激減。今回はアリゴテ、パステゥグランの入荷はなく数も非常に少ない。貴重な年となりそうだ。 【rouge】 【bourgogne】 【ピノ・ノワール100%】 【v2012】 【kiwami】

ドメーヌ・マルキ・ダンジェルヴィーユ / ヴォルネイ・フレミエ [2012]

Amazon

14,094

ドメーヌ・マルキ・ダンジェルヴィーユ / ヴォルネイ・フレミエ [2012]

ブルゴーニュでもトップクラスの評価を得ている造り手で最近ではあまり市場に出回らない稀少ワインだ。1980年代は早熟で熟成したときの姿が非常に魅力的だったが、長い間非常に評価は高いのだが首をかしげるワインを作っていた生産者でもある。ところが2006年に銀行家だった長男が後を継ぐことで見事に返り咲いたのだ。ビオ・ディナミに転向したということもあってかとにかく一流の名にふさわしいワインに生まれ変わった。基本的にワインはドライ傾向だが、これは熟成によってこそ甘みが現れる典型例で若干早熟にはなったもののやはり熟成を待つことで劇的に変わるワインでもある。先代のワインとは明らかに違うのだが、伝統ある貴族らしくそこには気品が漂っている。赤に関してはとにかく酒質が素晴らしく他の生産者とは明らかに違う個性が明確で上品さが際立っている。オフヴィンテージでさえけっしてしゃばしゃばしたようなワインを作ることはなく、2012年ヴォルネーは雹の被害で生産量が激減。今回はアリゴテ、パステゥグランの入荷はなく数も非常に少ない。貴重な年となりそうだ。 【rouge】 【bourgogne】 【ピノ・ノワール100%】 【v2012】

送料無料
コルトン・シャルルマーニュ グラン・クリュ[2014]ルー・デュモン 白 750ml Lou Dumont[Corton-Charlemagne Grand Cru]

ユニビス Unibis 楽天市場店

16,675

コルトン・シャルルマーニュ グラン・クリュ[2014]ルー・デュモン 白 750ml Lou Dumont[Corton-Charlemagne Grand Cru]

「ワインを通じてアジアの架け橋になれればと願っています」 ルー・デュモン当主、仲田晃司氏。大学生時代にアルバイト先のフレンチレストランでワインに出会い、「いつか自分の手でワインを造ってみたい」という夢を抱いた青年は、1995年、頼るつてもなく単身渡仏。フランス語の勉強をしながら各地の醸造家の門を叩いて修行を重ね、2000年7月7日、ブルゴーニュの地にルー・デュモンを設立しました。 仲田さんのワイン造りを特徴付けているのは、まさしく日本人職人的と言うべき、周りがあきれるほど細部まで徹底的にこだわる仕事への執念です。仕込むワインのテロワールや個性を研究し尽くした上で、樽の選定眼や熟成方法を駆使してワインを磨き上げます。 2003年5月、在りし日のアンリ・ジャイエ翁より「自分自身のアイデンティティをワインに表現せよ」との薫陶を受け、「日本人であるということ」「自然と人間に対する真摯な尊敬の念」の象徴として、「天・地・人」が生まれました。 「ワインを通じてアジアの架け橋になれればと願っています」という仲田さん。現在ルー・デュモンのワインは、日本、韓国、台湾、中国、シンガポールといったアジア諸国を中心に販売されています。 2008年8月、ジュヴレ・シャンベルタン村に念願の自社カーヴを取得しました。 Information 平均樹齢40年。収穫量35hl/ha。天然酵母のみを使用し、圧搾をしたあと、新樽で一次発酵を行う。マロ発酵。セガン・モロー社製センター森産の新樽100%で18ヶ月間樽熟成。ノンフィルターでビン詰め。新樽で発酵することで樽からのタンニンも得られ、長期熟成も可能になる。凝縮感のある味わい。 生産地 フランス ブルゴーニュ地方 コート・ド・ボーヌ地区 ロース・コルトン 商品名 コルトン・シャルルマーニュ グラン・クリュ 作り手...

★感謝祭★
グラン・クリュ ブラン・ド・ノワール・ヴィエイユ・ヴィーニュ [NV] (ドメーヌ・エグリ・ウーリエ) Champagne Grand Cru Blanc de Noirs Vieilles...

Donguriano Wine

16,524

グラン・クリュ ブラン・ド・ノワール・ヴィエイユ・ヴィーニュ [NV] (ドメーヌ・エグリ・ウーリエ) Champagne Grand Cru Blanc de Noirs Vieilles...

ピノ・ノワールの聖地アンボネイ村に居を置くメゾン。無農薬に近いアプローチへと栽培方法を変更。有機肥料を用いて手作業ですべての畑の手入れを行い、葡萄の成長の手助けをする。実にきめ細かく管理された畑から収穫された完熟した葡萄は、僅か3~4.5g/lのドザージュしか必要としない。 また、1996年より実験的に始めた新樽発酵は今やドメーヌを代表する醸造方法です。ブルゴーニュの造り手、ドミニク・ローランから手ほどきを受けた樽使いは、正に「ワイン造り」を目指したもの。カーヴで試行錯誤を繰り返し、優れた特級村のみが持つミネラル、美しい酸、凝縮した果実味と厚みのあるボディがバランスしたシャンパーニュ、すなわち味わいの全ての要素が各々強さを持ちながらも主張しすぎることのないアンボネィのテロワールを最大限に引き出す自身のスタイルを見つけ出した。 この状態でも十分美味しい! 最新の設備が整っています。 「成功しても失敗しても必ずその原因を確かめる。私が醸すシャンパーニュは工業製品ではない。私の使命は、人生の数少ないチャンスの中で、いかにアンボネィのテロワールが鮮明に現れた一瓶を醸すかだ。」と、淡々と信念を語るフランシス氏は正にシャンパーニュの求道者です。 樹齢50年を超える古樹のピノ・ノワールのみを使用した同家のフラッグ・シップのひとつ。人々が口々に紛うことなく、“シャンパーニュ随一のブラン・ド・ノワール"と絶賛する1本。 *商品画像は参考になっております。お届けは商品名のヴィンテージになります。 ≫≫ *当店のヴィンテージワインに関する考え方 ■Information ●生産国 フランス ●地域 シャンパーニュ地方 ●ブドウ品種 ピノ・ノワール 100% ●タイプ 白・フルボディ・辛口 ●内容量 750ml ●保存方法 直射日光、振動を避けて、18...

★感謝祭★
カロリーヌ・モレ シャサーニュ モンラッシェ プルミエ クリュ レ カイユレ[2015]白(750ml) Caroline MOREY Chassagne-M. Caillerets[2015]

Amazon

14,688

カロリーヌ・モレ シャサーニュ モンラッシェ プルミエ クリュ レ カイユレ[2015]白(750ml) Caroline MOREY Chassagne-M. Caillerets[2015]

カロリーヌ・モレイはシャサーニュ・モンラッシェの銘醸ドメーヌ、ジャン・マルク・モレイの娘であり、なおかつ、マルク・コランの息子であるピエール・イヴ・コランの奥方。ピエール・イヴとは共同で、シャサーニュ・モンラッシェにドメーヌ・ピエール・イヴ・コラン・モレイを運営しているが、この度は父ジャン・マルク・モレイの畑を相続。2014年ヴィンテージからカロリーヌ・モレイ名義でワインを造り始めた。ラインナップも豪華で、グラン・クリュこそないものの、シャサーニュ・モンラッシェ・プルミエ・クリュのシャン・ガン、レ・ショーム、レ・カイユレを揃える。シャン・ガンは白だけでなく、赤も造っている。ピエール・イヴ・コラン・モレイにもシャン・ガンとレ・カイユレがあるから、両者がどのように異なるのか気になるところ。両ドメーヌとも2014年にシャサーニュに建てられた新しい施設を利用し、夫婦共同で醸造している。ピエール・イヴ・コラン・モレイでは、1990年代末から2000年代初頭にかけて大きな問題となったプレマチュアオキシデーション(熟成前の早期酸化)を避けるため、熟成中のバトナージュを止め、また樽の大きさも伝統的な228リットルより一回り大きい350リットルを用いることでできる限り還元的な醸造を心がけてきた。カロリーヌ・モレイ名義のワインもこれに準じ、コルクを打った後は蝋封を施し、瓶詰め後の酸化も徹底的に抑えている。このような造りのため、ピエール・イヴ・コラン・モレイのワイン同様、若いうちは硬く、閉じて気味に感じられるが、ワインに十分空気と触れさせることで開いてくる。なによりそのピュアなミネラル感と、縦に伸びる余韻の長さに驚かされるだろう。Caroline MOREY Chassagne-M. Caillerets[2015]Vineyard Locations...

【ドメーヌ・ルフレーヴ】ムルソー プルミエ・クリュ スー・ル・ド・ダーヌ [2014] [正規品]

ワイン紀行

14,310

【ドメーヌ・ルフレーヴ】ムルソー プルミエ・クリュ スー・ル・ド・ダーヌ [2014] [正規品]

■産地:フランス、ブルゴーニュ、■ブドウ品種:シャルドネ100% ■生産者:ルフレーヴドメーヌの歴史は1580年まで遡ることが出来るが、ピュリニーでのワインづくりを開始するのは18世紀初頭、そして現在の姿となるのは前世紀の始め。1920年代より評価は高かったが、今日の世界的名声は、1990年よりドメーヌを引き継いだ現在の女性当主アンヌ=クロードの父ヴァンサンと彼の兄ジョーによって築き上げられた。 現在ぶどうの栽培は、プレパラートの使用や月の満ち欠けに即した耕作など厳密なビオディナミとなっている。取り組みは1989年と、アンヌ=クロードが継承したのと前後する時期からで、ピュリニーにおけるビオディナミの先駆的存在でもある。また一部の区画では耕作に馬を使用するなど、ビオディナミに加え、テロワール重視の姿勢が貫かれている。 ビオと並ぶドメーヌの特筆すべきことがらとしてクリーンということが挙げられる。これはヴァンサンの時代から徹底されてきた作業で、シェには数多くの水道栓とホースがあり、収穫、醸造用器具、そして醸造所内と、常に清潔に保つための尋常ならざる心配りがなされている。 プレスした果汁は24時間のデブルバージュの後、アルコール発酵となるが、期間は平均で2週間ほど。その際、温度は摂氏25度前後で進み、高いときは28度付近まで上がる。また、シャプタリザシオンは基本的におこなわない——近年では2004年と2007年に多少袋詰めの太陽を使用した——。樽はアリエを主にヴォージュ産も使用し、新樽はブルゴーニュACに1割強、ヴィラージュで2割弱、プルミエ・クリュが2割強、そしてグラン・クリュでも4分の1と使用比率は低い。週に2回から3回のバトナージュをおこないながら、平均で12ヵ月前後の樽熟成を経て後タンクに移し6ヵ月ほど熟成させ、瓶詰め。...

★感謝祭★
ムルソー・プルミエ・クリュ・ブラニー パスカル・マルシャン 2014年 フランス ブルゴーニュ 白ワイン 辛口 750ml

Amazon

14,148

ムルソー・プルミエ・クリュ・ブラニー パスカル・マルシャン 2014年 フランス ブルゴーニュ 白ワイン 辛口 750ml

パスカル・マルシャンパスカル・マルシャンは国をまたいで活躍するワインメーカー。今やブルゴーニュをはじめ、その活躍の舞台はオーストラリア、チリなど南半球まで及んでいます。彼が醸造化としてキャリアをスタートさせたのは1985年、ポマールにあるコントアルマンでのこと。 1999年にはドメーヌ・ド・ラ・ヴージュレのチーフワインメーカーとして勤め、7年間の醸造長を務めました。 その後、満を持して始めたのが彼のネゴシアンブランドであるこのパスカル・マルシャン。ネゴシアンといえど、適当に有名な畑のブドウを購入しワインをつくっているようなそこらのネゴシアンとはわけが違います。 なかでも、パスカル・マルシャンはマイクロネゴス(マイクロ・ネゴシアン)と呼ばれる小規模のネゴシアン。買付から醸造まで一貫して彼が行い、ぶどう購入の畑は彼のポリシーに賛同する人のみです。定期的にパスカル本人が畑を訪ね、ビオディナミ農法含め、木の管理など細かい部分まで直接見ています。パスカル・マルシャンでは常に彼の眼の行き届く範囲であることが重視されているのです。『ドメーヌは小規模でなければならない。なぜなら、一つ一つの樽やボトルがユニークであり、注意深く扱はなければならないからだ。』と語り、ボトルの一本いっぽんにまで強いこだわりを持っていることがうかがえます。そのためネゴシアンといえど手の込んだつくりから評価は高く『ブルグハウンド』などで高得点を得ており、パーカー・ポイントも高得点を得ています。

[Cumus Pere & Fils] カミュ・ペール・エ・フィス、 シャンベルタン 2007 グラン・クリュ (赤) 750ml

Amazon

16,340

[Cumus Pere & Fils] カミュ・ペール・エ・フィス、 シャンベルタン 2007 グラン・クリュ (赤) 750ml

●Camus Pere & Fils. Chambertin 2007 Grand-Cru カミュ・ペール・エ・フィス、 シャンベルタン 2007 グラン・クリュ 赤 750ml 「カミュ」当主ユベール・カミュはまだまだ現役。 1920年製の垂直プレス機(勿論手動)も、1957年製の発酵槽はホーロー製も現役。 1970年から父親と働き始めたユベールは今でも毎日畑に出て 醸造に関してもコンサルタントを入れることもなくこなしています。 1960年代に発酵槽に温度を管理できる簡易的な機材を 取り付けて以来 「カミュ」では何も変わっていないのです。 収穫は全て手作業、100%除梗。 5日から15日程セメント及び、ホーロータンクで発酵。 ルモンタージュとピシャージュを共に基本1回/日。 良い年には15-20日続け、難しい年は5-7日で終わらせる。 「カミュ」の独特のスタイルは今では珍しいと言えるかもしれません。 ご理解頂きたいのは「カミュ」は本当に繊細なワインだということ。 そのため以前、日本市場で売られていた「カミュ」は痛んでいたことも多かったようです。 今回のご紹介の「カミュ」は違います。 ドメーヌ・カミュの自社で熟成させた蔵出しのバックヴィンテージです。 クラシックな造りですので、決して今の時代に合った味ではないかもしれませんが、 しっとりとした質感や暖かい味わい、ピノ・ノワール特有の熟成は1つの個性であって、 もう、「カミュ」でしか味わえない味なのではないでしょうか。

シャサーニュ・モンラッシェ・プルミエ・クリュ・アベイ・ド・モルジョ ドメーヌ・パスカル・マルシャン 2011年 フランス ブルゴーニュ 白ワイン 辛口 750ml

Amazon

16,383

シャサーニュ・モンラッシェ・プルミエ・クリュ・アベイ・ド・モルジョ ドメーヌ・パスカル・マルシャン 2011年 フランス ブルゴーニュ 白ワイン 辛口 750ml

パスカル・マルシャンパスカル・マルシャンは国をまたいで活躍するワインメーカー。今やブルゴーニュをはじめ、その活躍の舞台はオーストラリア、チリなど南半球まで及んでいます。彼が醸造化としてキャリアをスタートさせたのは1985年、ポマールにあるコントアルマンでのこと。 1999年にはドメーヌ・ド・ラ・ヴージュレのチーフワインメーカーとして勤め、7年間の醸造長を務めました。 その後、満を持して始めたのが彼のネゴシアンブランドであるこのパスカル・マルシャン。ネゴシアンといえど、適当に有名な畑のブドウを購入しワインをつくっているようなそこらのネゴシアンとはわけが違います。 なかでも、パスカル・マルシャンはマイクロネゴス(マイクロ・ネゴシアン)と呼ばれる小規模のネゴシアン。買付から醸造まで一貫して彼が行い、ぶどう購入の畑は彼のポリシーに賛同する人のみです。定期的にパスカル本人が畑を訪ね、ビオディナミ農法含め、木の管理など細かい部分まで直接見ています。パスカル・マルシャンでは常に彼の眼の行き届く範囲であることが重視されているのです。『ドメーヌは小規模でなければならない。なぜなら、一つ一つの樽やボトルがユニークであり、注意深く扱はなければならないからだ。』と語り、ボトルの一本いっぽんにまで強いこだわりを持っていることがうかがえます。そのためネゴシアンといえど手の込んだつくりから評価は高く『ブルグハウンド』などで高得点を得ており、パーカー・ポイントも高得点を得ています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク