メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「2006 年ワイン」検索結果。

2006 年ワインの商品検索結果全1,225件中1~60件目

送料無料
モンラッシェ [2006] Montrachet 【送料無料】

ハモニカ横丁

83,441

モンラッシェ [2006] Montrachet 【送料無料】

ルイ・ラトゥール社は200年以上も続く家族経営の、 ブルゴーニュを代表するつくり手。 ブルゴーニュ2大白ワインのひとつといわれる 「コルトン・シャルルマーニュ」の生みの親としても広く知られています。 今やコート・ドールでは最大のグラン・クリュを所有し、 プルミエ・クリュ(村名畑)を加えると 60haにもおよぶ[コルトンの帝王]と称されています。 ◆歴代当主に受け継がれる革新精神 フィロキセラ害の窮地を乗り越え、 1895年に白の傑作「コルトン・シャルルマーニュ」を 誕生させた4代目当主の原動力は、困難や現状に甘んじることなく、 斬新なアイディアと果敢な挑戦心で 新しい活路を見出そうとする“革新の精神”でした。 フランス革命直後という困難な時期に創業を迎え、 屈することなく自社畑を広げていったことでもわかるように、 「ルイ・ラトゥール」には、この革新の精神が当初より息づいています。 そして歴代の当主たちはこの精神を継承し続けることこそが、 よりよいワインを生み出し、「ルイ・ラトゥール」を 世界屈指の作り手の座に導くと信じてやまなかったのです。 6代目当主が、ブルゴーニュ以外のアルデッシュ地方やヴァール地方で その土壌の優秀さを見抜き、ぶどうの苗木を植え、現在、高い評価を受けている 「アルデッシュ・シャルドネ」や「ドメーヌ・ド・ヴァルモワシン・ピノ・ノワール」を 成功させたのも、この革新の精神を実践したからに他なりません。 さらに現7代目当主であるルイ・ファブリス・ラトゥールもこれにたがわず、 伝統を頑なに守り続ける一方で、常に革新的な技術の追求に挑み、 最新のワインづくりに取り組んでいます。 ◆原産国:フランス ◆生産地:ブルゴーニュ コート・ド・ボーヌ地区 ◆格付け:AC モンラッシェ・グラン・クリュ ◆タイプ:白・辛口 ...

送料無料
フィリップ・パカレ ルショット・シャンベルタン2006

Amazon

30,000

フィリップ・パカレ ルショット・シャンベルタン2006

<2006年> 一般的には、2006年はテロワール由来のミネラルが顕著に感じられる、 平均的な作柄の年と言われています。 8月はあまり天候に恵まれずに涼しかったのですが、 9月になってからの好天気によってブドウの成熟がすすみ、 良好な収穫となりました。収穫は9月26日に行いました。 2007年のボジョレーヌーヴォーにおいても同様でしたが、 夏の涼しさ自体は、そこまで悲観的に考える必要はありません。 じっくりとブドウの成熟を待つことが出来れば、 上質で品のある酸とエレガントなミネラルを得ることができます。 2005年のような天候に恵まれた年は、 誰しもが余計な事さえしなければ質の良いワインを造れる年でしたが、 個人的には2006年のようにヴィニュロン(ブドウ生産者)としての仕事ぶりが 如実に味わいに表れる年に愛着と自信を感じます。 結果的には、2006年は非常に良好なワインに仕上がったと思います。 香りには各テロワールの特徴がしっかりと表現され、 畑ごとの特徴をしっかりと感じられます。 成熟したブドウが収穫できたのでアルコール度はやや高め、 酸とのバランスも良好です。 赤ワインに関しては香り高くミネラル豊富、 繊細でエレガントな味わいのワインです。 白ワインに関してはとてもリッチで、 アルコールもしっかりしており、香り高いワインとなりました。

フィリップ・パカレ ポマール 2006

Amazon

9,000

フィリップ・パカレ ポマール 2006

<2006年> 一般的には、2006年はテロワール由来のミネラルが顕著に感じられる、 平均的な作柄の年と言われています。 8月はあまり天候に恵まれずに涼しかったのですが、 9月になってからの好天気によってブドウの成熟がすすみ、 良好な収穫となりました。収穫は9月26日に行いました。 2007年のボジョレーヌーヴォーにおいても同様でしたが、 夏の涼しさ自体は、そこまで悲観的に考える必要はありません。 じっくりとブドウの成熟を待つことが出来れば、 上質で品のある酸とエレガントなミネラルを得ることができます。 2005年のような天候に恵まれた年は、 誰しもが余計な事さえしなければ質の良いワインを造れる年でしたが、 個人的には2006年のようにヴィニュロン(ブドウ生産者)としての仕事ぶりが 如実に味わいに表れる年に愛着と自信を感じます。 結果的には、2006年は非常に良好なワインに仕上がったと思います。 香りには各テロワールの特徴がしっかりと表現され、 畑ごとの特徴をしっかりと感じられます。 成熟したブドウが収穫できたのでアルコール度はやや高め、 酸とのバランスも良好です。 赤ワインに関しては香り高くミネラル豊富、 繊細でエレガントな味わいのワインです。 白ワインに関してはとてもリッチで、 アルコールもしっかりしており、香り高いワインとなりました。

プロヴィダンス・ヴィンヤード・シラー[2006]

Amazon

18,000

プロヴィダンス・ヴィンヤード・シラー[2006]

自然派。エレガントさが際立つ上質なシラー プロヴィダンスはニュージーランドでトップのワイナリーとして有名で、また入手困難な事でも有名です。オークランドの北60キロに位置するマタカナにて造られています。 そのワイン作りのこだわりは、化学肥料、除草剤、そして酸化防止剤や保存料など添加物を一切、使用しない事です。従来、亜硫酸塩などの酸化防止剤なしに、高い品質のワイン造りは難しいと考えられていましたが、そのような考えを一掃し、その評判は瞬く間に世界中に知れ渡りました。(2006のシラーのみ、今後の品質の変化を見ていくため、微量の亜硫酸塩を試験的に使っています) ワイナリーのオーナー兼醸造家でもあるジェイムズ・ヴルティッチは、剪定、摘葉、摘果、収穫、それらを全て手作業で丁寧に行えば、化学肥料や添加物など使用しなくても、品質はおのずと伴ってくるという考えのもとに今日もワイン造りを行っています。 プロヴィダンスの目標は、フランス、ボルドーのポムロール及びサンテミリオンに比肩する、エレガンス、フィネス、複雑さ、アロマと風味、そして長い余韻を誇るワインを生産することです。 2006年のシラーは春と秋、ぶどう樹が最も水分を欲する時期に、理想的な降雨量がもたらされたことが大変重要であり、結果としてすばらしい年となりました。凝縮感のある程よい果実味となめらかなタンニン、そして時間と共に変化する複雑さは、シラー好きな人にぜひ一度飲んでいただきたいワインです。 長期熟成も楽しめますが、今飲んでも楽しめるビンテージです。

送料無料
フィリップ・パカレ ジュブレ・シャンベルタン ラヴォーサンジャック2006

Amazon

15,000

フィリップ・パカレ ジュブレ・シャンベルタン ラヴォーサンジャック2006

<2006年> 一般的には、2006年はテロワール由来のミネラルが顕著に感じられる、 平均的な作柄の年と言われています。 8月はあまり天候に恵まれずに涼しかったのですが、 9月になってからの好天気によってブドウの成熟がすすみ、 良好な収穫となりました。収穫は9月26日に行いました。 2007年のボジョレーヌーヴォーにおいても同様でしたが、 夏の涼しさ自体は、そこまで悲観的に考える必要はありません。 じっくりとブドウの成熟を待つことが出来れば、 上質で品のある酸とエレガントなミネラルを得ることができます。 2005年のような天候に恵まれた年は、 誰しもが余計な事さえしなければ質の良いワインを造れる年でしたが、 個人的には2006年のようにヴィニュロン(ブドウ生産者)としての仕事ぶりが 如実に味わいに表れる年に愛着と自信を感じます。 結果的には、2006年は非常に良好なワインに仕上がったと思います。 香りには各テロワールの特徴がしっかりと表現され、 畑ごとの特徴をしっかりと感じられます。 成熟したブドウが収穫できたのでアルコール度はやや高め、 酸とのバランスも良好です。 赤ワインに関しては香り高くミネラル豊富、 繊細でエレガントな味わいのワインです。 白ワインに関してはとてもリッチで、 アルコールもしっかりしており、香り高いワインとなりました。

送料無料
ペルティマーリ・リゼルバ ブルネッロ・ディ・モンタルチーノ・リゼルバ [2006]750ml

Amazon

12,320

ペルティマーリ・リゼルバ ブルネッロ・ディ・モンタルチーノ・リゼルバ [2006]750ml

現在、モダンとクラシカルの造り手に分かれますが、ペルティマーリは後者で熟成と繊細さ を求めている造り手です。ペルティマーリのリゼルバは最優良ヴィンテージのみ生産で近年は2001年、2004年、そしてこの2006年とイタリアでのグレートヴィンテージのみです。 ロバート・パーカーも世界の偉大なワインに登場させるほど評価も高くなっております。 しかし、価格はかなり抑えめで非常に親しみやすいブルネッロとなっております。 ◆産地:トスカーナ アペラシオン:ブルネッロ・ディ・モンタルチーノ ◆品種:サンジョヴェーゼ・グロッソ100% (ブルネッロ・ディ・モンタルチーノ) ◆収量:45hl/ha 平均生産量:5000本 アルコール:16%未満 ◆醸造:ステンレスタンクでマセラシオンさせ、樽熟成(スラヴォニア産・35hl)42ヶ月、瓶内熟成6ヶ月。 ※Riservaは偉大な年にのみ生産されます。 2006年はブルネッロ・ディ・モンタルチーノ最高の年 ★ワイン・スペクテーター 93点 2012年9月30日 芳醇な赤ワインで甘いチェリー、プラム、タール、甘草のアロマと風味が詰まっている。タンニンは濃厚で、全体的なバランスが良く、甘い果実とスパイスを感じる長いフィニッシュに続く。飲み頃:2015-2032年。 ★パーカーポイント 96点 ワイン・アドヴォケート188号 2010年4月 (2004ヴィンテージ) サンジョヴェーゼの特徴が豊かな舌触りと層になって表われる味覚の上に味わいが発展していく。そして、その特徴は驚くほど持続する。果実は極めて若い状態のままなので、これは飲み頃になるまでにかなりの忍耐力と必要とする。タンニンの上質さと果実香味の贅沢な広がりが、今後の味わいの発展性を暗示している。この傑出した血統を持つワインの将来は非常に明るい。200...

送料無料
※クール便でお届け致します フィリップ・パカレ ピュリニィ・モンラッシェ 2006(Philippe Pacalet Puligny Montrachet 2006)

Amazon

13,000

※クール便でお届け致します フィリップ・パカレ ピュリニィ・モンラッシェ 2006(Philippe Pacalet Puligny Montrachet 2006)

<2006年についてのパカレのコメント> 一般的には、2006年はテロワール由来のミネラルが顕著に感じられる、 平均的な作柄の年と言われています。 8月はあまり天候に恵まれずに涼しかったのですが、 9月になってからの好天気によってブドウの成熟がすすみ、 良好な収穫となりました。収穫は9月26日に行いました。 2007年のボジョレーヌーヴォーにおいても同様でしたが、 夏の涼しさ自体は、そこまで悲観的に考える必要はありません。 じっくりとブドウの成熟を待つことが出来れば、 上質で品のある酸とエレガントなミネラルを得ることができます。 2005年のような天候に恵まれた年は、 誰しもが余計な事さえしなければ質の良いワインを造れる年でしたが、 個人的には2006年のようにヴィニュロン(ブドウ生産者)としての仕事ぶりが 如実に味わいに表れる年に愛着と自信を感じます。 結果的には、2006年は非常に良好なワインに仕上がったと思います。 香りには各テロワールの特徴がしっかりと表現され、 畑ごとの特徴をしっかりと感じられます。 成熟したブドウが収穫できたのでアルコール度はやや高め、 酸とのバランスも良好です。 赤ワインに関しては香り高くミネラル豊富、 繊細でエレガントな味わいのワインです。 白ワインに関してはとてもリッチで、 アルコールもしっかりしており、香り高いワインとなりました。 「暖み」を感じるムルソー、モンテリー クロ ゴーテイ、 サントーバン アン レミィといったテロワールは、 力強くリッチな味わいです。また「冷たさ」を感じる ピュリニー モンラッシェ、サントーバン ミュルジェ ダン ド シアン、 シャブリ プルミエクリュ、コルトン シャルルマーニュといった テロワールは、リッチかつミネラル豊富です。

ヴィリャクレセス ネブロ [2006] 750ml

Amazon

18,514

ヴィリャクレセス ネブロ [2006] 750ml

ベガ・シシリアに葡萄を卸していた前オーナーのクアドラド家が1994年にボデガとして独立。 同時にピーター・シセックを醸造コンサルタントに招き、翌1995年のヴィリャクレセス・クリアンサは驚くことにパーカー94ポイントを叩き出した。 その後も2001まで高得点を続けている。 但し、2002年は不作年だった為、ヴィリャクレセスの品質に値しないとして一切出さなかった。 『ウナ フィンカ、ウン ビノ = 一つの葡萄園に一つのワイン』 というスーパーな単一ワイン『ヴィリャクレセス』が始まった。 [パーカー評価]94点 ネブロ・キュヴェは、最上のヴィンテージにのみ、このブドウ園で最も 樹齢の高いテンプラニーリョの古木から収穫したブドウを使用してつく られ、フレンチオークの樽で最低でも18ヶ月間熟成させる。2006年のネ ブロを注いだグラスからは、パン・グリエ(トースト)、細かく砕いた小 石、スパイス箱、ブラックラズベリー、ブラックチェリーの複雑な香り が勢いよく立ち昇ってくる。口に含むと、したたるような風味がエレガ ントかつ絹のようになめらかに感じられる。それでも最高のヴィンテー ジと比較すると、深みと凝縮感が少しだけ欠けるような印象がある。フ ィンカ・ビリャクレセスは元々ベガ・シシリアやフロール・デ・ピング スのブドウの供給源だった。そのことが彼らの畑の能力を物語っている。 Wine Advocate #183 (2009-06-30)

スポンサーリンク
スポンサーリンク