メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「1980 シャトー」検索結果。

1980 シャトーの商品検索結果全74件中1~60件目

イニシャル ド デスミライユ 2011 赤 750ml/12本INITIAL DE DESMIRAIL2720 デスミライユのセカンド。しなやかで、馴染むのが早いワインをブレンド。黒果実とトースト香...

あきさ

43,981

イニシャル ド デスミライユ 2011 赤 750ml/12本INITIAL DE DESMIRAIL2720 デスミライユのセカンド。しなやかで、馴染むのが早いワインをブレンド。黒果実とトースト香...

生産地 フランス 地域 ボルドー クラス ACマルゴー 葡萄品種 カベルネソーヴィニヨン54%・メルロ46% 色 赤 甘辛 辛口 アルコール度数 13 ボディー感 ライト☆☆★☆☆フル コメント デスミライユのセカンド。しなやかで、馴染むのが早いワインをブレンド。黒果実とトースト香、クリーンでバランスの良い味わい。 畑に関する情報 第四紀の深い砂利質土壌。年産6万本。 葡萄の栽培・収穫に関する情報 平均樹齢25年。収量40hl/。植密度7,700本/ha。ギュイヨ仕立て。 醸造・熟成に関する情報 区画別に醸造。28度以下で3〜4週間の発酵・浸漬を行う。一部に木製発酵槽を使用。樽で11ヶ月熟成。新樽比率10%。 受賞履歴 ワイナリー情報 シャトー デスミライユ カントナック村にあるデスミライユは、ボルドーの名門リュルトン家が所有する格付け第3級のシャトーです。1980年にリュシアン・リュルトンの所有となり、1992年には息子のドゥニ・リュルトンに引き継がれ現在に至ります。アルサック村、カントナック村、スサン村に計34haの畑を所有し、植樹比率はカベルネソーヴィニヨン50%、メルロ50%。マルゴー村のピュアなスタイルを表現した、香り高くまろやかでとても優雅なワインを産出しています。ブレンドされるメルロの比率は比較的多く、若いうちからすぐに楽しめるワインを目指しています。 ※掲載画像と実物のデザイン・年号・度数等が異なる場合が御座います。INITIAL DE DESMIRAIL イニシャル ド デスミライユ 赤 750ml/12

イニシャル ド デスミライユ 2011 赤 750mlINITIAL DE DESMIRAIL2720 デスミライユのセカンド。しなやかで、馴染むのが早いワインをブレンド。黒果実とトースト香...

あきさ

3,966

イニシャル ド デスミライユ 2011 赤 750mlINITIAL DE DESMIRAIL2720 デスミライユのセカンド。しなやかで、馴染むのが早いワインをブレンド。黒果実とトースト香...

生産地 フランス 地域 ボルドー クラス ACマルゴー 葡萄品種 カベルネソーヴィニヨン54%・メルロ46% 色 赤 甘辛 辛口 アルコール度数 13 ボディー感 ライト☆☆★☆☆フル コメント デスミライユのセカンド。しなやかで、馴染むのが早いワインをブレンド。黒果実とトースト香、クリーンでバランスの良い味わい。 畑に関する情報 第四紀の深い砂利質土壌。年産6万本。 葡萄の栽培・収穫に関する情報 平均樹齢25年。収量40hl/。植密度7,700本/ha。ギュイヨ仕立て。 醸造・熟成に関する情報 区画別に醸造。28度以下で3〜4週間の発酵・浸漬を行う。一部に木製発酵槽を使用。樽で11ヶ月熟成。新樽比率10%。 受賞履歴 ワイナリー情報 シャトー デスミライユ カントナック村にあるデスミライユは、ボルドーの名門リュルトン家が所有する格付け第3級のシャトーです。1980年にリュシアン・リュルトンの所有となり、1992年には息子のドゥニ・リュルトンに引き継がれ現在に至ります。アルサック村、カントナック村、スサン村に計34haの畑を所有し、植樹比率はカベルネソーヴィニヨン50%、メルロ50%。マルゴー村のピュアなスタイルを表現した、香り高くまろやかでとても優雅なワインを産出しています。ブレンドされるメルロの比率は比較的多く、若いうちからすぐに楽しめるワインを目指しています。 ※掲載画像と実物のデザイン・年号・度数等が異なる場合が御座います。INITIAL DE DESMIRAIL イニシャル ド デスミライユ 赤 750ml

シャトー・ラモット・ヴァンサン・キュヴェ・サン・ヴァンサン 2014|結婚祝い お酒 誕生日プレゼント 女性 ギフト プチギフト 還暦祝い 退職 フランス ボルドー 赤ワイン 妻 結婚記念日...

YNSトウキョー(ワインズ東京)

2,138

シャトー・ラモット・ヴァンサン・キュヴェ・サン・ヴァンサン 2014|結婚祝い お酒 誕生日プレゼント 女性 ギフト プチギフト 還暦祝い 退職 フランス ボルドー 赤ワイン 妻 結婚記念日...

メルロー 75% カベルネ・ソーヴィニョン25% **ラベルデザインは、ページ上の評価誌掲載のものと 違いますが中身は同じです。日本向け特別ラベルで 輸出されています。 また、某人気漫画には、この日本向け特別ラベルの 2007年ヴィンテージが掲載されています!!。 今回、超大当たり2014年ヴィンテージをお届けいたします。 本日物凄い人気です!! 発売瞬く間に3360本が完売!! さらに60本追加いたしました。 今回も瞬く間に完売すること間違いありません。 是非とも、お早めにお求めください。2017.6.17 この最高キュヴェの本日登場の2014年が本当に素晴らし いんです!!。実に、そんな過去激賞されるワインを上回 る14.50%アルコールを達成した、過去最高レベルの濃縮 度を誇る、物凄い出来となっているんです!!。 しかもその価格は、わずか1980円という信じられないほ どの超破格のまま!!。 ここ日本では某人気漫画に登場してブレークしましたが、 当時登場した2007年よりは、格段にレベルが上がって、 しかも価格はそのままです!!。 これほど破格のボルドーを他に見つけるのは、おそらく 不可能です。 わずか1980円にして一体何倍の価値になるのか?!!、 どうぞ皆さん、たっぷりとたっぷりとお楽しみください。 間違いなく早期完売必至です!!。 是非とも、お早めにお求めください。シャトー・ラモット・ヴァンサン・キュヴェ・サン・ヴァンサン 2014 タイプ 赤ワイン サイズ 750ml 産地 フランス ボルドー > ボルドー・スペリュール 内容 メルロー 75% カベルネ・ソーヴィニョン25% **ラベルデザインは、ページ上の評価誌掲載のものと 違いますが中身は同じです。日本向け特別ラベルで 輸出されています。 また、某人気漫画には...

シャトー・ラ・ルーヴィエール ブラン [2009]

Amazon

3,758

シャトー・ラ・ルーヴィエール ブラン [2009]

<シャトー情報> 面積:15ha 平均樹齢:20~22年 ブレンド比率:ソーヴィニョン・ブラン85%、セミヨン15% 密植度:6500~8500本/ha <一般的な評価> 格付けされてはいないが、レオニャンのラ・ルヴィエールは今、多くの 格付けものよりも優れたワインをつくっている。 特に最近のヴィンテージの品質は、メドックの第四級シャトーに 匹敵するものがある。 経営者のアンドレ・リュルトンが1965年にシャトーを入手してから、この、 オー=バイイとカルボニューの間というまたとない立地のシャトーを徹底的に改革したのだ。 力が入れられたのはすぐ飲めるワインづくりだが、凝縮した、新鮮な、 純粋なワインをつくることも心がけられ、リュルトンはそのすべてをやってのけた。 ここの赤ワインは白の輝かしさに比べて劣る、と言われたのは昔なら真実だが、 1980年代半ばからは違う。どちらも秀逸なワインになった。 講談社 『BORDEAUX ボルドー 第3版』より抜粋。 <パーカーポイント 87点> いつものように、刈り取ったばかりの新鮮な干草、ピリッとしたレモンと オレンジマーマレードの混ざり合ったノートの美味しい白ワインだ。 トーストしたオークのタッチが感じられる。 予想される飲み頃 2012~2020年 Wine Advocate #199 (2012-02-29)より抜粋

シャトー・ラ・コンセイヤント [2008]

Amazon

17,064

シャトー・ラ・コンセイヤント [2008]

<一般的な評価> 非常に高く評価されているポムロルのシャトー、ラ・コンセイヤントは、このアペラシオンで 最もエレガントでみずみずしく、おいしいワインのいくつかを生産している。 ニコラ家の所有するラ・コンセイヤントは、1980年代の大半のヴィンテージで輝かしい成績をあげてきた。 ブドウ畑はポムロルの東寄り、レヴァンジル、プティ=ヴィラージュ、ヴィユー=シャトー=セルタンの隣で、 サン=テミリオンとポムロルのアペラシオンのちょうど境界という、すばらしい位置にある。 事実、この区域の粘土と鉄分の鉱床が混じった深い砂利質土壌は、ラ・コンセイヤントと隣の レヴァンジルだけでなく、道路の向こう側にあるサン=テミリオンの2つの偉大なシャトー、フィジャックと シュヴァル・ブランにも共通して見られるものである。 ラ・コンセイヤントは細心の注意を払ってつくられたワインで、ステンレス・タンクで醸造され、 オーク樽で熟成される。 新樽は毎年90%だが、1989年と1990年はオークの新樽が100%採用された。 ワインのスタイルはペトリュス、トロタノワ、ラフルール、あるいはセルタン・ドゥ・メイのスタイルほど 力強くはないが、これらのシャトーよりしなやかで、もっと早飲みのスタイルである。 ラ・コンセイヤントは瓶詰めされてから数年間は良好に見えそうもないので、私は自分の評点の修正をするだけで、 いつもこれを低く評価してきた。 最終的な到達点よりも幼児期の方が軽く見えるのは、カベルネ・フランの比率が引き上げられたことに よるのかもしれない。 最近のヴィンテージは一般的に6年から8年以内で完全な飲み頃に到達する。 高く評価された、時には深遠な趣のあるラ・コンセイヤントは高価なワインで、通常は大半のメドックの 第二級シャトーよりも高い値段で売られている。 講談社 ...

シャトー・カノン 1994年 (フランス・サンテミリオン)

Amazon

18,900

シャトー・カノン 1994年 (フランス・サンテミリオン)

多くのシャトーがひしめくサン・テミリオンにおいて、最高格付け第1特別級Aには2つの偉大なシャトーが君臨します。そして次に名誉ある第1特別級Bも、12シャトーとわずかばかりが格付けの名誉を許されています。さらにその下の特別級に46シャトー、特級に多数。そして格付けが与えられないシャトーが何百件とあります。(※サン・テミリオンの格付けは、メドックと違い見直しが実施されるので、より近年の実力が反映されています。) シャトー・カノンは、第1特別級Bに輝くわずか12シャトーの内の一つです。 1980年代半ばまで、シャトー・カノンはリブルヌ地区では他とは比べ物にならないほど安定した品質のワインを産出していました。 香り高く、凝縮感に溢れ、顕著な樽香を持つ、男性的な特徴を持ち、たっぷりなタンニンのお陰で非常に長命であり、熟成を経るとなめし革、杉、甘いプルーンの香りが印象的と評されるグラン・ヴァンとなります。 しかし貯蔵庫の汚染が原因で"問題のある風味"を帯びるようになり、一時的にテクスチャーも滑らかさを失いました。 1986年から1997年までのカノンは残念なワインです。 しかし1997年に新オーナーとなったヴェルテメール家(シャネル社)は直ちに醸造所とカーヴを建て直し、畑を元の状態に回復させると、クリュは特筆すべき繊細な味わいを獲得するようになりました。

シャトー・モンローズ [2004]750ml

Amazon

15,010

シャトー・モンローズ [2004]750ml

モンローズはメドックで最も地の利に恵まれたシャトーのひとつであり、セラーに関してはこのコミューンで最も欠点のない、清潔でよく管理されたものである。モンローズといえば、長年、安心して飲めるようになるまでに何十年間も寝かせなければならない、巨大で濃密で力強いワインとして知られてきた。 たとえば1982年に、かつてのボルドーのCIVB の会長ジャン・ポール・ジョフレが、私にブラインド・テイスティングで年代を当てろと言って1908年もののモンローズを注いでくれたことがある。そのワインは十分に生き続けていて、少なくとも30年は若く感じられたものだ。 シャトーの所有者、物腰の柔らかなジャン=ルイ・シャルモリュは、濃密で耐えがたいほどタンニンの強いワインはもはや消費者に好まれないと見て、モンローズのスタイルを明らかに軽くしたことがあった。スタイルの変化は1970年代後半と1980年代前半に特に顕著で、カベルネ・ソーヴィニョンやプティ・ヴェルドの代わりにメルロが多くブレンドされるようになったのである。 しかし、モンローズのファンはこの「新酒」のスタイルを歓迎しなかった。そこで1986年以降、モンローズは、1975年以前のヴィンテージを思わせる、より力強い、筋肉質なスタイルに逆戻りした。モンローズの1989年と1990年のヴィンテージからは、確かに、1961年以降見られなかった本当に飛び上がるようなワインが生み出された。 モンローズの最も偉大なヴィンテージ、1953年、1955年、1959年、1961年、1964年、1970年を味わう喜びを知ったら、誰でも、モンローズが「サン=テステフのラトゥール」の名に恥じない重々しいワインの一群を生産してきたのは間違いないと認めることだろう。モンローズのワインが特に強かったのは1953年から1971年までと...

シャトー・トロロン・モンド [2001]750ml

Amazon

13,314

シャトー・トロロン・モンド [2001]750ml

サン=テミリオンの町とブドウ畑を見下ろす眺めがすばらしいこの美しいシャトーは、 コート・ドゥ・パヴィに面する斜面に位置している。ここの畑には非常に古いブドウの 木がある。1980年代半ば、ミシェル・ロランが醸造家として招聘(しようへい)され、 クリスティーヌ・ヴァレットがより強い指揮権を手にしたときから、ヴィンテージの品質 は飛躍的に向上した。マセラシオンはステンレスの発酵槽で行われるようになり、またその 期間も延長された。熟成はオーク樽で少なくとも18ヵ月間行う。樽の70%は新樽であり、 清澄(せいちよう)処理は行うが、濾過(ろか)処理は決して行わない。 柔軟であること、そして柔軟性に欠けるルールを避ける事が、ここのワインづくりがうまくいっている理由である。 また、私の見るところでは、セカンド・ラベルの導入により、劣った発酵槽のワインが セカンド・ワインにまわされることになり、トロロン=モンドのラベルで市場に出される. ワインの質をさらに高める結果になっている。 大半はもう亡くなってしまったが、サンテミリオンと、ポムロールには、名高い、伝説的でさえある女性経営者達がいた。 シャトー・カノンのフルニエ夫人、ル・ゲイと、ラフルールのロビン姉妹、レヴァンジルのデュカス夫人、そしてペトリュスのルーバ夫人である。 そして、このアペラシオンには、クリスティーヌ・ヴァレットがいる。 彼女の品質へのこだわりは、トロロン・モンドの偉大なワインに、ことにはっきりと表れている。 講談社 『BORDEAUX ボルドー 第4版』

シャトー メオム 2012 フランス 赤ワイン 750m 辛口

Amazon

2,138

シャトー メオム 2012 フランス 赤ワイン 750m 辛口

[シャトー・メオム]は、フランス・ボルドーは[シャト ー・ル・パン]があるポムロールから15kmほど北に位置 する、産地でいえばアントル・ドゥー・メール地区とな るところに聳える小さなシャトーで、ワインの格付けは ボルドー・シューペリュールAOCとなります。 英国人であるオーナーのジョンソン・ヒル夫妻は、第二 の人生をこの地で過ごし、自身が造ったワインを友人達 に提供したい考えて、27年前にワイン造りがスタートし ます。 ジョンソン・ヒル夫妻はもともと[シャトー・ル・パン] を造りし世界屈指の凄腕とも言われるミッシェル・ロ ラン氏との親交があり、まだ彼がそんなに名を馳せてい ない1980年から二人三脚で、この[シャトー・メオム]の 素晴らしいワイン造りがスタートします。もともとこの シャトーが所有する36haの畑には、白ワイン用のブドウ が栽培されており、極めてポムロールと似ているこの地 の土壌特性を見極めて、メルロー主体の赤ブドウの栽培 に全て切り替えます。さらに畑の横には、10haの肥料用 の牧場を作り、ブドウ栽培をすべて有機栽培へと切り替 えます。 そのワイン造りは極めて徹底していて、平均収穫量は 45hl/haとメドック格付け並みにまで、ブドウの房を青 いうちに半分ほど落として、残った房に全てのエキスを 集中濃縮させ、その収穫時期には、40人もの収穫人を 雇いいれて全量手摘みで収穫。さらにその醸造は、全体 の10~15%をセニエ(血抜き)といって、あのカロン・セ ギュールも行う、醸造途中でその濃厚なる味わいのバ ランスを取るために一部果汁を抜き取る作業も行う徹底 ぶり。

スポンサーリンク
スポンサーリンク