メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「黒糖焼酎」検索結果。

黒糖焼酎の商品検索結果全3,599件中1~60件目

奄美 黒糖焼酎 愛加那グラスギフトセット

奄美特産品いずみストア楽天市場店

2,780

奄美 黒糖焼酎 愛加那グラスギフトセット

商品情報 名称 焼酎(黒糖)ギフトセット原材料 黒糖、米こうじ(白麹)内容量 720mlアルコール度数 25度賞味期限 開封後お早めにお召し上がりください。保存方法 直射日光のあたらない場所で常温保管製造者 奄美大島開運酒造鹿児島県大島郡宇検村湯湾2924-2 

 
この商品は 奄美 黒糖焼酎 愛加那グラスギフトセット ポイント 【父の日 ギフト】【西郷どん】【焼酎】【黒糖酒】【贈答用】れんと 開運酒造 華やかで、スッキリとしながらもコクのある味わい 大河ドラマ『西郷どん』放映を記念して造られた、『れんと』の開運酒造、至高の逸品です。愛加那の一途な想いをよみがえらせるべく、杜氏と蔵人が、蔵に静かに眠る原酒を味わい、優しさの中にも芯のある、ブレンド熟成焼酎を完成させました。華やかな香りが甘みを引き立たせ、スッキリとした味わいの中にも、熟成感のある深みのある味わいが楽しめます。樽香の贅沢な余韻を楽しめる長期熟成酒です。無料で、包装・熨斗をお付けできます。大切な人への送り物にも、ぜひご利用ください。 ショップからのメッセージ 納期について 【在庫がある場合】2~3日営業日以内に発送致します。※贈り物を直送される場合は、必ず納期をご指定下さい。記載のない場合は、順次発送致します。 4

【町田酒造】 里の曙 黒糖25度 720ml 【黒糖焼酎】

酒宝庫 MASHIMO

1,382

【町田酒造】 里の曙 黒糖25度 720ml 【黒糖焼酎】

奄美の「湯湾岳」の自然名水と長寿の源と言われる黒糖を使用。 口の中にほんのり甘みが広がり、まろやかさと豊潤な香りが特徴です。 容量:720ml アルコール度数:25度町田酒造株式会社 奄美黒糖焼酎「里の曙」は、口当たりが良く女性にも親しまれる酒として、奄美黒糖焼酎の長い歴史に新たな時代を画しました。芳醇な香りとまろやかな味わい、すっきりした酔い心地は愛飲家を魅了し、発売以来高い評価を頂戴して参りました。創業以来、善意の人びととの不思議なつながり、巡り会わせにより、最高位のご指導を仰ぎ、優れた技術者を招き、常に酒質の安定、向上のために研鑽を重ねて参りました。これからも、謙虚にかつ誠実に努力をいたしたいと考えています。先人たちが、苦難の中で守り育んできた文化でもある奄美黒糖焼酎にさらに磨きをかけ、真心を込めてお客様にお届けして参りたいと思います。また、そのことを通して、地域社会に貢献する企業でありたいと願っているところであります。 黒糖焼酎の歴史 江戸時代に薩摩藩の名越佐源太(ナゴヤサゲンタ)という役人が島流し(現在の小宿農協支所前)にあい、「南島雑話」という書物を残していますが、その中に「焼酎製法の事」として焼酎の造り方が書かれています。名越佐源太は焼酎という言葉を使っていますが、奄美の言葉で焼酎という方言は無く、酒のことを「セー」、蒸溜機の事を「タレ」、酒造り全般 を「セータレ」と呼んでいました。 南島雑話の原文の中で、「桑の実、椎の実、さとう何にても、なりものにて造る。米を以て造る焼酎も色々有り」と書かれてあり、少なくとも江戸時代以前から黒糖焼酎は存在していたと考えられます。奄美は1266年から1608年の340年間琉球王朝支配下にありましたが、文明未開化で王朝支配も徹底し得ない状況にあり、取り扱いも温情であったと言われていますから...

【喜界島酒造】 しまっちゅ伝蔵 黒糖30度 900ml 【黒糖焼酎】

酒宝庫 MASHIMO

1,242

【喜界島酒造】 しまっちゅ伝蔵 黒糖30度 900ml 【黒糖焼酎】

奄美の豊かな大地の恵みと豊かな自然の中でじっくりと醸しあげました。 黒糖焼酎の味を前面に出し、昔ながらのコクのある味と香りです。 原材料 黒糖 度数 30度 容量 900ml喜界島酒造 奄美本島の北東に浮かぶ、エメラルドの海と珊瑚に囲まれた島。喜界島の海岸沿いで、1916年(大正五年)前身の石川酒造が黒糖焼酎の製造を開始。その後1973年、社名を喜界島酒造株式会社に変更。 創業以来「自然に逆らわず自然を生かす酒造り」を基本理念とし、この島でしか作れない「ただひとつの酒」を目指して厳しい自然環境の中で温度、湿度、風などをうまく焼酎つくりに活かしています。 蒸留から貯蔵まで長年受け継がれた伝統的匠と、新しい技術とがうまく融合された製造管理のもと、じっくり時間をかけた長期自然熟成酒を基本とし、香りがよく味わい深い高レベルな黒糖焼酎を世に送り出す蔵元です。 黒糖焼酎は、サトウキビから作られる黒糖が原料です。奄美諸島だけに製造を許されており、南米や西インド諸島で作られているラム酒に似ています。甘い香りとキリッとした飲み口が特徴です。 昔の黒糖焼酎の製法はラム酒と一緒でしたが、戦後、奄美諸島が日本に返還される際に、税率が高くなってしまうことを回避するために、焼酎として認めてもらう方法として米麹を使用するようになりました。そのような背景から生まれた現在の黒糖焼酎ですが、米麹を加えた事により、旨みとコクが豊かになり、ほどよくドライに仕上がって、独特の上質な甘さが加わっております。 現在、黒糖焼酎の製造は、奄美諸島5島(奄美大島、喜界島、徳之島、沖永良部島、与論島)のみ許可されており、27蔵で製造されています。 黒糖焼酎の主原料黒糖は、自社で栽培しているサトウキビ以外に沖縄産などを使用し、不足分は海外産を使用しています。麹(こうじ...

【町田酒造】 里の曙 黒糖25度 1.8L 【黒糖焼酎】

酒宝庫 MASHIMO

2,138

【町田酒造】 里の曙 黒糖25度 1.8L 【黒糖焼酎】

芳醇な香りと、まろやかな味わい。何よりもさわやかな酔い醒めが良い。他社に先駆け、新たな製造技術をいち早く取り入れ、黒糖焼酎のイメージを変えた商品です。 原材料 黒砂糖・米麹 度数 25度 容量 1800ml町田酒造株式会社 奄美黒糖焼酎「里の曙」は、口当たりが良く女性にも親しまれる酒として、奄美黒糖焼酎の長い歴史に新たな時代を画しました。芳醇な香りとまろやかな味わい、すっきりした酔い心地は愛飲家を魅了し、発売以来高い評価を頂戴して参りました。創業以来、善意の人びととの不思議なつながり、巡り会わせにより、最高位のご指導を仰ぎ、優れた技術者を招き、常に酒質の安定、向上のために研鑽を重ねて参りました。これからも、謙虚にかつ誠実に努力をいたしたいと考えています。先人たちが、苦難の中で守り育んできた文化でもある奄美黒糖焼酎にさらに磨きをかけ、真心を込めてお客様にお届けして参りたいと思います。また、そのことを通して、地域社会に貢献する企業でありたいと願っているところであります。 黒糖焼酎の歴史 江戸時代に薩摩藩の名越佐源太(ナゴヤサゲンタ)という役人が島流し(現在の小宿農協支所前)にあい、「南島雑話」という書物を残していますが、その中に「焼酎製法の事」として焼酎の造り方が書かれています。名越佐源太は焼酎という言葉を使っていますが、奄美の言葉で焼酎という方言は無く、酒のことを「セー」、蒸溜機の事を「タレ」、酒造り全般 を「セータレ」と呼んでいました。 南島雑話の原文の中で、「桑の実、椎の実、さとう何にても、なりものにて造る。米を以て造る焼酎も色々有り」と書かれてあり、少なくとも江戸時代以前から黒糖焼酎は存在していたと考えられます。奄美は1266年から1608年の340年間琉球王朝支配下にありましたが、文明未開化で王朝支配も徹底し得ない状況にあり...

【弥生焼酎醸造所】 弥生 黒糖25度 1.8L 【黒糖焼酎】

酒宝庫 MASHIMO

2,138

【弥生焼酎醸造所】 弥生 黒糖25度 1.8L 【黒糖焼酎】

昔からの焼酎らしい黒糖焼酎です。常圧蒸留により引き出される旨味と香りをお楽しみ下さい。クリアーな口当たりと、ノドに残るインパクトが特徴です。まずは、ロックで味を確かめて下さい。 容量 1800ml 度数 25度弥生黒糖焼酎は創業大正11年。奄美大島で最も古い蔵元。いつの時代も人の心に響く黒糖焼酎を造り続けています。 大正11年川崎タミ(名瀬市名誉市民第1号)が創業。奄美大島で最も古い蔵元です。3月に創業したことから、会社名、銘柄名とも弥生となりました。新納政吉に技術指導を受け、昭和初期まで泡盛として販売、戦前戦後原料が入手困難な時、ソテツ、椎の実などの食物から焼酎が造られました。昭和20年代から黒糖を使用した焼酎が造られ、今日までいつの時代も試行錯誤を繰り返しながら、人の心に響く黒糖焼酎を造り続けています。現在は3代目川崎洋三が社長を引き継いでおります。 「黒糖焼酎」は奄美の主要農産物である黒糖(サトウキビの糖蜜)を利用した蒸留酒で、奄美の特産品となっています。奄美群島がアメリカから返還された昭和28年、奄美の主要農産物である黒糖で焼酎を造り、飲まれていた実績が評価され、黒糖を原料にした酒類製造が奄美群島だけに認められました。独特の香りと甘みが米麹と混じり合ったまろやかな風味の蒸留酒は、奄美の特産品として人気を確立しています。

お酒・ドリンクのランキング

スポンサーリンク
スポンサーリンク