メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「鶴の友」検索結果。

鶴の友の商品検索結果全51件中1~51件目

鶴の友 別撰(本醸造)1800ml

増田屋本店

2,539

鶴の友 別撰(本醸造)1800ml

限定品のため、品切れの際にはご容赦ください。 私が始めて飲んだのが別撰でした。新潟の銘酒の中で一番旨い本醸造酒はどれだろうと利き酒をした時、素直に一番旨いと感じたのがこのお酒でした。その時の感想はかなり味のあるタイプで喉越しはスパット消えていく爽やかな旨みに感動しました。自分にとって忘れられない酒となった瞬間とともに、どうしても自分が取り扱いと思いました。皆様も是非、味わってみてください。第87回 関東信越国税局酒類鑑評会 吟醸酒の部 出品点数197点の中から「鶴の友」が最優秀賞受賞! 全国でも最大級の規模を誇る関東信越国税局酒類鑑評会は、新潟・長野・埼玉・茨城・栃木・群馬の6県にある蔵元から出品された清酒の品質評価を競いながら、技術の進歩・発展を促し、業界の健全な発達を目標に行われています。 「第87回 関東信越国税局酒類鑑評会」は平成28年10月4日・5日に一審の品質評価、10月12日に二審の品質評価が行われ、11月1日に表彰式が行われました。この鑑評会は「吟醸酒の部」と「純米酒の部」の二部制で205の製造場から吟醸酒の部に197点、純米酒の部に182点の出品がありました。 今回、吟醸酒の部に出品された197点中から1点のみに与えられる「最優秀賞」に樋木酒造株式会社の「鶴の友」が選出されました。

【新潟県:地酒】【酒蔵直送仕入れ品】『 【 日本酒 】 越の鶴(こしのつる) 別撰 720ml 』冷酒でもお燗酒でも楽しめます。熱燗、ぬる燗、冷や晩酌酒の定番酒にお奨め!

リカーショップたかはしweb

929

【新潟県:地酒】【酒蔵直送仕入れ品】『 【 日本酒 】 越の鶴(こしのつる) 別撰 720ml 』冷酒でもお燗酒でも楽しめます。熱燗、ぬる燗、冷や晩酌酒の定番酒にお奨め!

新潟県を代表する有名銘酒で「越乃三梅」と呼ばれた日本酒が越乃寒梅(石本酒造)、雪中梅(丸山酒造場)、 峰乃白梅(福井酒造)と並び、越の鶴(越銘醸)、鶴の友(樋本酒造)、〆張鶴(宮尾酒造)は「越乃三鶴」と 呼ばれ、地酒ファン垂涎の銘柄として知られています。まずラベルの美しい鶴に心惹かれます。まさにこの銘酒の美しい香味を連想させられるかのようです。 端正で澄み切った味わいはまさに淡麗美酒の魅力。第一印象は少し濃厚な甘口の風合いを感じさせながらもパッと消えて無くなるかのようなキレの良さが素晴らしい。何杯も何杯もほしくなる魅惑的な美酒である。 この品質の高さで普通酒のグレードとは驚きであるが、蔵元の方針が毎晩、楽しまれる定番酒であるからこそ、良質な酒をご提供したいと別撰であっても一切の妥協はない。 醸造元の越銘醸は越後山国の盆地「栃尾」に在り、昔から他郷との交流が少ない半年間も雪の中の暮らしを強いられる豪雪な土地であり、栃尾の人々は厳寒な気候を耐え忍ぶ暮らしから実直で辛抱強い気質を形成しました。 この雪国の気質が「越の鶴」の醸造の原点にあるのです。●開栓時には充分ご注意下さい。●開栓後は小瓶などに小分けして必ず冷蔵庫にて保管して下さい。●妊娠中や授乳期の飲酒は胎児、乳児の発育に悪影響を与える恐れがある為、お控え下さい。●本品はお酒です。未成年者の酒類の購入は法律で禁じられており、販売は固くお断り致します。 蔵元越銘醸株式会社産地新潟県長岡市栃尾大町2番8号内容量 720ml原材料酒造好適米(五百万石・他)、米麹、 醸造用アルコールグレード普通酒 お届け日ご注文日より3営業日以後アルコール度数約16度 同梱可能本数~900mlサイズをあと11本精米歩合66%磨日本酒度+6酸度1.5味のタイプ淡麗美酒(醇酒...

鶴の友 別撰 720ml【樋木酒造】【本醸造酒】【日本酒】【清酒】【新潟地酒】

新潟地酒 岸本商店

1,080

鶴の友 別撰 720ml【樋木酒造】【本醸造酒】【日本酒】【清酒】【新潟地酒】

キレ味抜群の本醸造酒です。 上白よりもすっきりとした味わいながら、その独特の芳醇かつふくよかな旨みはもちろん健在です。 香りはほんのり青リンゴのような果実系。後味も爽やかにスパッと切れます! 特定名称 : 本醸造酒 アルコール度数 : 16~17% 日本酒度 : 非公開 酸度 : 非公開 アミノ酸 : 非公開 使用米 : 非公開 精米歩合 : 非公開 ※飲まれる方の趣向により感じ方は異なるというお蔵の考えより、お酒のスペックはほとんどが非公開となっております。数値ではなく、実際に飲んでみて感じたままお楽しみください。1832(天保3)年創業の「樋木酒造」。 良寛にゆかりのある阿部家(分水町)で造られていた酒の銘柄「明けの鶴」から一字もらい銘柄を「鶴の友」としました。 軽やかながら旨みはしっかりとしており、心の奥底に触れるような暖かみのある味わいで地元の人たちに深く愛されているお酒です。 「樋木酒造」が素晴らしいのはお酒の味はもちろんの事、「新潟の地酒」に対する酒蔵としての在り方です。今となっては曖昧になってしまった「地酒」という定義ですが、様々な意味で地元の人達の為に日本酒を造り続け、販売経路も地元のみという姿勢を頑なに守り続ける姿勢は尊敬に値します。    鶴の友(樋木酒造) 商品ラインアップはこちら

こちらの関連商品はいかがですか?

鶴齢 辛口 雪男 1800ml

佐野屋JIZAKE 楽天市場店

2,052

鶴齢 辛口 雪男 1800ml

江戸後期、雪国越後・魚沼の暮らしを紹介し、ベストセラーとなった「北越雪譜」という本があります。鶴齢 青木酒造は、その本を書いた、鈴木牧之(すずきぼくし)氏の血を受け継いでいる蔵元で、鶴齢(かくれい)という酒名は鈴木牧之が命名しました。その中の「異獣」という章に、「山中に現れ、旅人のにぎり飯をもらい、お礼に荷物を担いで道案内をする毛むくじゃらの異獣」が登場します。これが「雪男」です。雪男と聞くと、雪山に大きな足跡を残す、謎の怪物を連想しますが、ここで登場する雪男は山の精霊で、旅人を助けてくれる優しいキャラクターとして描かれています。「鶴齢 雪男 辛口」は、地元中心に消費されてきた普通酒です。色は透明、香りは穏やか。雪解け水のようなサラッと清らかな口当たり。綺麗ながらも、米の甘味をコクを残し、さわやかに切れる淡麗辛口。サラッとして綺麗な酒。総じて綺麗な酒でであり、スイスイ飲めてしまいますが、アルコール度数は15度台ですので単に軽い酒で収まっていません。地元の新潟で愛されている淡麗辛口の新潟酒の代表のような酒。目を閉じて、口に含むと残雪が残る魚沼の山々が目に浮かぶ。そんな感じがする酒。家に居ながらにして、新潟にいるような錯覚に陥る酒です。燗酒でもいけるんでしょうが、私は個人的に冷やでサッパリ、飲みたいお酒だと思いました。重たい原酒系のお酒に疲れた方、新潟の普段酒の世界を感じてみたい方にお薦めします。製品仕様商品名鶴齢 辛口 雪男 1800mlお酒の種類その他内容量1800ml原材料麹:五百万石 掛:こしいぶきスペック本醸造アルコール15度保存方法静かな冷暗所製造元青木酒造(新潟県南魚沼市塩沢1214)

お酒・ドリンクのランキング

スポンサーリンク
スポンサーリンク