メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「青酎青ヶ島酒造」検索結果。

青酎青ヶ島酒造の商品検索結果全24件中1~24件目

【青酎&島流し】700ml×2本化粧箱入り (青ヶ島酒造、八丈島酒造) 誕生日、御祝、内祝、御礼等のギフトにも

美酒の三河屋

5,616

【青酎&島流し】700ml×2本化粧箱入り (青ヶ島酒造、八丈島酒造) 誕生日、御祝、内祝、御礼等のギフトにも

以前、ソムリエの田崎真也さんがテレビで紹介した事があり、巷ではそれから入手困難になったようですが、【青酎】の青ヶ島酒造さんも【島流し】の八丈島酒造さんも、当店は直接の取引をしているので、比較的安定供給をさせて頂いております。 どちらの焼酎も芋焼酎を主体にして麦焼酎をブレンドし、昔ながらの手造り蒸留によって、風味豊かで飲み応えのある「島酒」に仕上がっております(アルコール度数35°)。 御自宅用に、そしてまた様々なギフト用にもご利用下さい。 包装及び熨斗紙は無料です。 尚、瓶やラベル、化粧箱等のデザイン、色、形状は予告無く更新する事があります。 予めご了承下さい。 青酎 青ヶ島酒造 島流し 八丈島酒造 芋焼酎 焼酎ギフト 焼酎セット 伊豆諸島 東京アイランド パーティ・記念日・誕生日・贈り物・御礼・お祝い・内祝・卒業祝い・成人式・成人の日・ご挨拶・お年始・バレンタイン・バレンタインデー・ひな祭り・お花見・ホワイトデー・母の日・父の日・七夕・お中元・敬老の日・ハロウィン・七五三・お歳暮・クリスマスプレゼント・お取寄せ・・・ 「お酒は20歳から!未成年者への酒類の販売は固くお断りしています!」

こちらの関連商品はいかがですか?

【老松酒造】 閻魔(樽)25度 1.8L 【麦焼酎】

酒宝庫 MASHIMO

2,192

【老松酒造】 閻魔(樽)25度 1.8L 【麦焼酎】

樽熟成で飲みやすいタイプ。閻魔の燃える炎の赤を基調としたブランド「閻魔」を築き上げた樽熟成商品です。お湯割りでもロックでも本当に旨いと感じさせる商品です。 原材料 大麦・麦麹 度数 25度 容量 1800ml老松酒造 世界が「あっ」という焼酎をつくる。 悠々しき日田の山々に育まれる自然の恵み、豊かに繁る杉林に濾過された清冽な天然水が、本物を生み出す源となる。 樽熟成先進国から学び続けたオーク樽による長期貯蔵、麹へのこだわり…。世界に誇る麦焼酎の大産地大分で、さらに個性あふれる焼酎を造り続ける蔵元として、麦米長期樽貯蔵焼酎のオーソリティーを目指します。 「樽」への情熱 貯蔵樽の研究に余念がありません。産地、材質、焼き方、大きさ…見た目以上に奥深いのが樽です。 「麹」へのこだわり 主銘柄に麹屋伝兵衛と命名したように、麹へのこだわりは並々ならぬものがあります。品質と貯蔵の関係を日々研究しています。 焼酎造り物語 — 麦に魅せられた男たち 大分県、日田の山あいに麦に魅せられた男たちがいる。寛政元年の創業以来、その伝統技法を守り続け、ひたむきに麦焼酎を造り続けてきた男たちだ。旨い麦焼酎は、まず旨い麦から。麦が実る大地の名は「大鶴」。この大鶴の麦があってこそ、味わいのある麦焼酎「閻魔」がうまれた。今日も、蔵人の情熱が旨い焼酎を醸し続けている。 麦海に浮かぶ老松酒蔵 「さあ、長い旅が始まる」 麦の収穫シーズンが近づくと工場の周辺は黄金色に染まり、背後には無尽蔵な伏流水を抱える日田の山々が押し迫る。こんな環境の中で老松酒造は麦焼酎を造り続ける。きっとこの土地には酒造りの神が宿っているのだろう。閻魔がじっと見届けているこの大地の名は大鶴。縁起の良い名である。 やがてこの大地から収穫された麦は精麦工場で精麦され外皮を落としさらに磨き上げ麦焼酎...

【町田酒造】 里の曙 黒糖25度 1.8L 【黒糖焼酎】

酒宝庫 MASHIMO

2,138

【町田酒造】 里の曙 黒糖25度 1.8L 【黒糖焼酎】

芳醇な香りと、まろやかな味わい。何よりもさわやかな酔い醒めが良い。他社に先駆け、新たな製造技術をいち早く取り入れ、黒糖焼酎のイメージを変えた商品です。 原材料 黒砂糖・米麹 度数 25度 容量 1800ml町田酒造株式会社 奄美黒糖焼酎「里の曙」は、口当たりが良く女性にも親しまれる酒として、奄美黒糖焼酎の長い歴史に新たな時代を画しました。芳醇な香りとまろやかな味わい、すっきりした酔い心地は愛飲家を魅了し、発売以来高い評価を頂戴して参りました。創業以来、善意の人びととの不思議なつながり、巡り会わせにより、最高位のご指導を仰ぎ、優れた技術者を招き、常に酒質の安定、向上のために研鑽を重ねて参りました。これからも、謙虚にかつ誠実に努力をいたしたいと考えています。先人たちが、苦難の中で守り育んできた文化でもある奄美黒糖焼酎にさらに磨きをかけ、真心を込めてお客様にお届けして参りたいと思います。また、そのことを通して、地域社会に貢献する企業でありたいと願っているところであります。 黒糖焼酎の歴史 江戸時代に薩摩藩の名越佐源太(ナゴヤサゲンタ)という役人が島流し(現在の小宿農協支所前)にあい、「南島雑話」という書物を残していますが、その中に「焼酎製法の事」として焼酎の造り方が書かれています。名越佐源太は焼酎という言葉を使っていますが、奄美の言葉で焼酎という方言は無く、酒のことを「セー」、蒸溜機の事を「タレ」、酒造り全般 を「セータレ」と呼んでいました。 南島雑話の原文の中で、「桑の実、椎の実、さとう何にても、なりものにて造る。米を以て造る焼酎も色々有り」と書かれてあり、少なくとも江戸時代以前から黒糖焼酎は存在していたと考えられます。奄美は1266年から1608年の340年間琉球王朝支配下にありましたが、文明未開化で王朝支配も徹底し得ない状況にあり...

スポンサーリンク
スポンサーリンク