メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「鏡月」検索結果。

鏡月の商品検索結果全238件中1~60件目

広島県 中尾醸造瓶詰2017年02月以降誠鏡 竹原 吟醸生あらばしり720ml 要冷蔵 シマヤ限定酒

お酒の総合館・シマヤ酒店

1,491

広島県 中尾醸造瓶詰2017年02月以降誠鏡 竹原 吟醸生あらばしり720ml 要冷蔵 シマヤ限定酒

蔵元さんにお願いしてあらばしり(搾りの際、最初にでてくる部分)を 生のまま特別に瓶詰していただきました。 蔵元さんでも飲めない限定酒です。 ほどよい吟醸香と軽快な味わいが料理をひきたてます。 生酒です。クール便(別途有料)にてお届けです。 お届け後も冷蔵保管お願いします。 ■日本酒度 +5■酸度1.5 ■使用米 八反錦/新千本 ■精米歩合 60% ■使用酵母 協会10号 ■アルコール度 15度以上16度未満 スペックは醸造年度により若干変わります。地元の素材と気候風土を生かした旨口の酒造り 平安の昔より、京都・下鴨神社の荘園として栄えた竹原は、広島県瀬戸内海沿岸のほぼ中央に位置し、広く「安芸の小京都」と称され親しまれています。 海運が盛んだった時代には、「安芸の小灘」ともいわれ、早くから酒造りが盛んな地でもありました。江戸時代には15軒、最盛期の大正時代には26軒も造り酒屋があったという記録が残っています。 中尾醸造の創業は明治4年。「廣島屋」という屋号で地酒を醸したことに始まります。 その後、「杯に注いだ酒の表情を鏡にたとえ、蔵人の誠の心を(味に反映させ)映し出してほしい」という願いを込めて、「誠鏡」の酒銘柄が誕生しました。以来、初代の「誠心誠意」の精神を受け継ぎ丹精込めて酒造りを行っております。 そして、「誠鏡の酒」を最も特徴づけたのは、独自の酵母開発です。 「酒の味を決める一番大きな要素は酵母である」と考えた4代目当主の中尾清磨は、若い頃から酵母の研究を重ねておりました。 発酵学の大家で、当時の東京帝国大学教授であった坂口謹一郎氏とともに日本全国を訪ね歩いて2000以上もの酵母を収集し、一つ一つ慎重に発酵試験を繰り返しました。 その結果、昭和15年、抜群の芳香と爽やかな味を醸し出す酵母に出会ったのです。...

広島県 中尾醸造 誠鏡(せいきょう)特別本醸造 超辛口 1800ml 要低温瓶詰2014年12月以降

お酒の総合館・シマヤ酒店

2,107

広島県 中尾醸造 誠鏡(せいきょう)特別本醸造 超辛口 1800ml 要低温瓶詰2014年12月以降

広島特産米の新千本(しんせんぼん)で造った当蔵で一番端麗な辛口酒です。 冷やすとキレが冴えわたり、お燗では辛口を感じさせない、 ふくよかで柔らかなお酒となります。また、料理との相性も抜群です。 原料米の新千本(しんせんぼん)は、ねばり強いので高度精米でも割れが少なく、 雑味の原因となるタンパク質も少ない広島を代表するお米です。 ■日本酒度 +8■精米歩合 58%■アルコール 15度~15.9度地元の素材と気候風土を生かした旨口の酒造り 平安の昔より、京都・下鴨神社の荘園として栄えた竹原は、広島県瀬戸内海沿岸のほぼ中央に位置し、広く「安芸の小京都」と称され親しまれています。 海運が盛んだった時代には、「安芸の小灘」ともいわれ、早くから酒造りが盛んな地でもありました。江戸時代には15軒、最盛期の大正時代には26軒も造り酒屋があったという記録が残っています。 中尾醸造の創業は明治4年。「廣島屋」という屋号で地酒を醸したことに始まります。 その後、「杯に注いだ酒の表情を鏡にたとえ、蔵人の誠の心を(味に反映させ)映し出してほしい」という願いを込めて、「誠鏡」の酒銘柄が誕生しました。以来、初代の「誠心誠意」の精神を受け継ぎ丹精込めて酒造りを行っております。 そして、「誠鏡の酒」を最も特徴づけたのは、独自の酵母開発です。 「酒の味を決める一番大きな要素は酵母である」と考えた4代目当主の中尾清磨は、若い頃から酵母の研究を重ねておりました。 発酵学の大家で、当時の東京帝国大学教授であった坂口謹一郎氏とともに日本全国を訪ね歩いて2000以上もの酵母を収集し、一つ一つ慎重に発酵試験を繰り返しました。 その結果、昭和15年、抜群の芳香と爽やかな味を醸し出す酵母に出会ったのです。 フルーツのような品のある香り、控えめで爽やかな酸味、アルコール発酵力の強さ...

広島県 中尾醸造 瓶詰2017年02月以降誠鏡 竹原 吟醸生あらばしり1800ml 要冷蔵 シマヤ限定酒

お酒の総合館・シマヤ酒店

2,982

広島県 中尾醸造 瓶詰2017年02月以降誠鏡 竹原 吟醸生あらばしり1800ml 要冷蔵 シマヤ限定酒

蔵元さんにお願いしてあらばしり(搾りの際、最初にでてくる部分)を 生のまま特別に瓶詰していただきました。 蔵元さんでも飲めない限定酒です。 ほどよい吟醸香と軽快な味わいが料理をひきたてます。 生酒です。クール便(別途有料)にてお届けです。 お届け後も冷蔵保管お願いします。 ■日本酒度 +5■酸度1.5 ■使用米 八反錦/新千本 ■精米歩合 60% ■使用酵母 協会10号 ■アルコール度 15度以上16度未満 スペックは醸造年度により若干変わります。地元の素材と気候風土を生かした旨口の酒造り 平安の昔より、京都・下鴨神社の荘園として栄えた竹原は、広島県瀬戸内海沿岸のほぼ中央に位置し、広く「安芸の小京都」と称され親しまれています。 海運が盛んだった時代には、「安芸の小灘」ともいわれ、早くから酒造りが盛んな地でもありました。江戸時代には15軒、最盛期の大正時代には26軒も造り酒屋があったという記録が残っています。 中尾醸造の創業は明治4年。「廣島屋」という屋号で地酒を醸したことに始まります。 その後、「杯に注いだ酒の表情を鏡にたとえ、蔵人の誠の心を(味に反映させ)映し出してほしい」という願いを込めて、「誠鏡」の酒銘柄が誕生しました。以来、初代の「誠心誠意」の精神を受け継ぎ丹精込めて酒造りを行っております。 そして、「誠鏡の酒」を最も特徴づけたのは、独自の酵母開発です。 「酒の味を決める一番大きな要素は酵母である」と考えた4代目当主の中尾清磨は、若い頃から酵母の研究を重ねておりました。 発酵学の大家で、当時の東京帝国大学教授であった坂口謹一郎氏とともに日本全国を訪ね歩いて2000以上もの酵母を収集し、一つ一つ慎重に発酵試験を繰り返しました。 その結果、昭和15年、抜群の芳香と爽やかな味を醸し出す酵母に出会ったのです。...

スポンサーリンク
スポンサーリンク