メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「酒造」検索結果。

酒造の商品検索結果全16,400件中1~60件目

山廃秘蔵酒 宝養老 1988年醸造 熟成古酒 720ml [ 日本酒 お酒 石川 金谷酒造店 ]

蔵直酒屋 方舟

8,640

山廃秘蔵酒 宝養老 1988年醸造 熟成古酒 720ml [ 日本酒 お酒 石川 金谷酒造店 ]

ギフト対応について お得なまとめ買い 同じ蔵元なら何本購入しても一小口の送料でお届けいたします。 また、同じ蔵元の送料無料の商品と同時購入でまとめて送料無料! ※蔵元が異なる場合は、蔵毎に送料が発生いたします。 同じ蔵元の送料無料の商品はこちらをクリック 商品詳細 昭和63年(1988年)に醸造され、長期熟成させた山廃仕込みの本醸造原酒です。 色合いは琥珀色に変化し、味わいは辛口。中国の老酒にも似た風味です。 ぬる燗で香りがさらに引き立ちます。 この料理と合う 濃厚でこってりな料理にも負けない味です こってりなお肉料理と合わせてどうぞ。 日本酒データ 原料米 五百万石 精米歩合 70% アルコール度数 19度 日本酒度 +3.5 内容量 720ml 保存方法 直射日光を避け冷蔵保存 金谷酒造店の酒造り 「酒文化に貢献する」という理念に挑戦し続け、 豊富な霊峰白山・手取川の伏流水、石川オリジナルの酒造好適米 「石川門」などを手作りで醸します。 霊峰を頂く水の郷でしかつくれない唯一無二の日本酒です。 金谷酒造店 の商品一覧はコチラ!◎北陸・信越の地酒を贈りませんか?例えば、誕生日、記念日、引越し祝い、新築祝い、就職、昇進、退職、バレンタイン、ホワイトデー、定年退職、記念品、退職祝い、訳あり、プチギフト、お礼、内祝い、出産祝い、結婚祝い、父、母、母の日、父の日、敬老の日、結婚祝い、内祝い、お返し、還暦祝い、古希祝い、御中元、お歳暮・御歳暮、お年賀、お正月、年越し、年末年始、クリスマス プレゼント(男性、女性、祖母、祖父、両親)などなど。贈答品・ギフト・プレゼントにピッタリなお酒(日本酒、清酒)・飲み比べセットも多数ご用意しております。のし・包装(一部商品ラッピングも可...

国権酒造・【純米酒】 1800ml 【がんばろう!福島】

米処うつくしま

2,643

国権酒造・【純米酒】 1800ml 【がんばろう!福島】

原料米は美山錦。精米歩合は60%。米本来の旨みを意識して仕込んだ定番純米酒です。  日本酒度:+3.0(やや辛口タイプ) 國權 純米酒 原材料名 原料米:美山錦 日本酒度:+3.0 精米歩合 60%アルコール度 15度以上16度未満 醸造元 国権酒造株式会社 福島県南会津郡田島町大字田島字上町甲4037 配送方法 宅配便 送料 料金表 地域 酒 北海道 900円 関東・東北・信越 660円 北陸・中部・関西 800円 中国・四国 800円 九州 900円 沖縄 1500円 全国一律送料の場合は適用外 ◆お酒・天然水(ドリンク)の送料は、商品ごとに設定してあります。フード(お米など)とドリンク(お酒など)は、同梱できません。国権酒造株式会社 創立明治10年。全商品特定名称酒のみを製造。 平均精米歩合57%。厳選した酒造用米と地元奥会津の清らかな水を仕込水とし、 米・水・麹・酵母をはじめ、すべてにわたりこだわりをもって丁寧に仕込んでおります。 南部杜氏佐藤吉宏の手による大吟醸「国権」は全国新酒鑑評会において、三年連続、通算九回金賞を受賞。 これは、県内最多の受賞回数です。 また、福島県で開発された酵母を用いた純米大吟醸「一吉」は県新酒鑑評会純米酒の部において最高位である県知事賞を受賞。 「国権」と名の付く酒はすべて、消費者の皆様に喜んで飲んで頂ける様、一本一本心を込めて醸しております。 酒造元ホームページより転載 国権の由来 国権酒造は以前「細井醸造本舗」として『南光』、『亀の井』といった酒銘で酒を醸造しておりました。その細井家に辻説法をして歩いている僧侶が逗留し、現在の酒銘である『国権』という銘を付けたと伝えられております。 僧侶の名前もその時代も定かではありませんが、明治維新後の富国強兵政策や自由民権運動が盛ん...

沖縄県新里酒造 南国氷酎 泡盛 44度 550ml【化粧箱入】

お酒の総合館・シマヤ酒店

2,047

沖縄県新里酒造 南国氷酎 泡盛 44度 550ml【化粧箱入】

創業1846年沖縄最古の蔵元 南国氷酎(なんごくひょうちゅう) 冷凍庫にボトルごと入れ、冷やしたグラスに注ぎ、トロリとした 濃厚な味わいを楽しむパーシャルショットがおすすめです。 ■新里酒造■沖縄県沖縄市古謝 ■原材料 米こうじ■アルコール 44% ■内容量 550ml 上記「事故米」不正転売に関しての沖縄県酒造協同組合からの報告です。 泡盛酒造所の数 「泡盛の酒造所の数」ってご存知ですか?「オイオイ!いまさら、何なんだよ」っていわれそうですが沖縄(ウチナ~ンチュ)は知らない方が多いです。残念ながら地元は愛飲酒「シマ~」(※地元では泡盛のことを「シマ~、シマグヮ~、シマサキ」と呼びます。)のことすら知らない方が多く、あまり興味を持ちません。 さて、話を戻しましょう。「ズバリ!沖縄泡盛酒造所の数は?」って聞かれたら私は47と答えます。しかし、人によっては46とか48とか答える人もいます。この数字が一概に間違っているとも言えないようです。 純粋に「泡盛等を生産している場所」と解釈すると47という答えになりますが、これは「沖縄県酒造協同組合」(代表銘柄「海乃邦・「南風」)を除いたカウント数です。沖縄県酒造協同組合は昭和51年9月に組合員46社の製造した泡盛の貯蔵、調合、詰口及び販売と原料、資材の共同購入を目的とした事業展開を行うために設立されました。販売は行っておりますが製造免許を持たないため、「泡盛を生産している」とみなさない場合の答えとなります。ですから「泡盛を販売しているメーカー数は?」という質問であれば48が正解となります。 では、46と答える人はどういう解釈なのでしょうか?これは私の予測ですがおそらく「泰石酒造」が解釈の分かれ目だと思います。泰石酒造は「日本最南端にある清酒蔵」(代表銘柄「黎明(れいめい))として有名ですが...

スポンサーリンク
スポンサーリンク