メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「豊後の里」検索結果。

豊後の里の商品検索結果全32件中1~32件目

【藤居酒造】 特醸 豊後の里 麦 25度 1.8L【麦焼酎】

酒宝庫 MASHIMO

1,782

【藤居酒造】 特醸 豊後の里 麦 25度 1.8L【麦焼酎】

藤居酒造 氷点濾過を初めとする新技術の導入や洞窟内カメ貯蔵や樫樽貯蔵等、同一原料の物でも、様々な手法を用いた一味違うこだわりの焼酎を多数用意しております。 藤居酒造は、明治5年、屋号を萬力屋として野津町水池にて創業した大分では老舗の蔵元です。平成16年度全国一級河川水質調査では日本一のひとつとなった大野川上流域に所在し、自然環境豊かな “吉四六さん” で有名な「野津町」に蔵を構え、清酒と本格焼酎を醸造しています。 清酒龍梅は、ほぼ毎年、鑑評会では金賞を獲得するなど技術力には定評があり、地元で愛飲されています。また、豊後シリーズの麦焼酎は地元の方の晩酌の酒として愛されています。 なお、平成11年にOCPPオーガニック認証を取得し、有機麦焼酎造りを開始し、平成18年に “洞窟甕囲い有機麦焼酎 豊後の里” を誕生させるなど、さらなる技術革新に挑戦しています。 当社は140年の歴史を重ねてきた蔵であり、歴代の杜氏が清酒、焼酎の製造技術を研鑽してまいりました。しかし、技術というもの全てに言えることですが、伝統的産業である酒類の製造技術も、時代を経るごとに進化を重ねていくものです。当社では、長い歴史の中で蔵人達により積み上げられた技術を根本に据え、常に新たな素材や技術を洋の東西を問わず幅広く取り込むことにより新旧の技術の融合を図り、よりよい商品造りのために努力を続けております。 地酒の味は、その土地の料理、食材、気候そしてそれらによって育まれた人々、これら人も合わせた風土が形作るものであると当社では考えております。つまり、その土地の原料を用い、その土地に住む蔵人がその土地で酒を醸すことによってこそ独自の酒を造る事が出来るという思いから、一部の商品で地元農家との契約栽培で得られた地元産原料を用いた酒を...

藤居酒造 芳醇むぎ焼酎 ふしぎ屋 1800ml

贈り物本舗じざけや

2,280

藤居酒造 芳醇むぎ焼酎 ふしぎ屋 1800ml

藤居酒造 芳醇むぎ焼酎 ふしぎ屋 1800ml 味わいの特徴 麦本来のうまみを引き出すために、古来よりの常圧蒸留で仕込みました。更に原酒を氷点まで冷却しながらろ過をすることによって、一味違った柔らかで飲み応えのある味わいです。香味の調和とキレの良さを楽しんで下さい。 製造元 藤居酒造(株) 産地 [大分県] 種別 麦焼酎 主要原料米 麦、麦麹 アルコール度数25% 容量1800ml1ランク上の味わいがご堪能いただける 芳醇むぎ焼酎。。ふしぎや(藤居酒造) 藤居酒造 株式会社 藤居酒造はここで、豊かに実った大麦と清らかな水を使った焼酎と清酒を造っている老舗の蔵元。創業は明治5年。社長の藤居新太郎さんは5代目。本社の旧酒蔵には明治蔵・大正蔵、酒蔵の風情を見せる煙突が当時のまま残され、歴史の古さを感じさせる。 ■焼酎のうまさのヒミツある 県内外から高い評価を受けている藤居の製品は、清酒・麦焼酎・米焼酎などおよそ25種類。麦焼酎では「豊後の里」「時の旅人」「ふしぎ屋」など7種類、6000石ほどを造っている。 ■麦の香りを引き出す理由 最も気を使っていることは、蔵の中をいつも清潔にすること。蔵の中を清潔に香りよくしておかないと、良い酵母は育たないという。焼酎には常圧蒸留と減圧蒸留の2方法がある。最近注目されている常圧蒸留は、麦の特性を生かしたうまみのある風味が特徴。しかしうまみを出すため一定期間寝かせておくことが必要である。 藤居酒造にはとっておきの寝かせ場所がある。鍾乳洞が連なる山中のヒミツの洞窟だ。年中15度ほどの一定温度と適度な湿度。絶好の天然貯蔵庫の中には大きなかめに入った焼酎がずらりと並んで、静かに旅立ちの時を待っている。

こちらの関連商品はいかがですか?

【5,000円以上送料無料】問わず語らず名も無き焼酎 黒 25度 1800ml

やまや宅配 楽天市場店

2,345

【5,000円以上送料無料】問わず語らず名も無き焼酎 黒 25度 1800ml

6本入りケース購入はこちらから商品詳細名称問わず語らず名も無き焼酎 黒 25度 1800ml内容量1800ml保存方法常温製造元(有)大山甚七商店商品説明アルコール度数 25.0%悠久の時を超えて、磨き抜かれた技と情熱を芋焼酎一筋に錦江湾と桜島を望む指宿の地で造り続けている蔵人達が昔ながらのいかにも芋焼酎らしい、質の高い焼酎を造りたいという思いから生まれました。飲んでわかって欲しいと「製造方法はすべて蔵の秘密とします」と明記してあるこだわりの逸品です。【X】大山甚七商店 明治8年創業。当初は呉服と布団などを取り扱う傍ら、富久泉という銘柄の芋焼酎の製造販売を行っていたのが始まり。歴代の甚七とそれを支えてきた職人達による百年を超える技術と思いが凝縮されて、数々の銘焼酎が現在も生み出されています。 問わず語らず名も無き焼酎 悠久の時を超えて、磨きぬかれた技と情熱を芋焼酎一筋に錦江湾と桜島を望む指宿の地で造り続けている蔵人達が、昔ながらのいかにも芋焼酎らしい質の高い焼酎を造りたいという想いで造り上げた焼酎です。「製造方法はすべて蔵の秘密とします」と明記してあるのは、飲んでその秘密を明かしてほしいというこだわりの逸品となっています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク