メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「芳水」検索結果。

芳水の商品検索結果全47件中1~47件目

こちらの関連商品はいかがですか?

菊盛 大吟醸 720ml

地酒の加登屋

3,456

菊盛 大吟醸 720ml

◆お酒の特長 酒造米の最高峰山田錦を40%まで磨きあげました。すっきりとした味わいとフルーティーな香りの大吟醸です。 しかも、コチラの商品は“蔵元直送"と鮮度抜群! 瓶詰め仕立てをご堪能ください! 【送料一律800円】 菊盛 大吟醸 720ml 原料米・麹 : 兵庫県産山田錦 精米歩合 : 40% アルコール度 : 16~17度 日本酒度 : +5 酸度 : 1.4 使用酵母 : オリジナル自家酵母 産地 : 茨城県(茨城県那珂市) 醸造元 : 木内酒造合資会社 【ご購入前に必ずご一読下さい】 コチラの商品は、木内酒造様より直送となります! ご注文頂きましてから、 最短3営業日以内に発送いたします。 なお、木内酒造様の商品であれば、他の商品と同梱でも3営業日以内に発送いたします! しかしながら、木内酒造様以外の商品と同梱をご希望の場合は、お客様のお手元に届くまで1週間程度お時間がかかってしまいますので、あらかじめご了承下さい。清酒 菊盛 Kikusakari 初代・儀兵衛が意を決して醸し出したのがこの「菊盛」 豊かな大地で生まれた米。清らかな水。 そこに酒造りへの熱き思いが加わり この豊かな味わいが醸しだされます。 何度も金賞に輝く一滴。 これからも守り続ける宝です。 こだわりの原点 「菊盛」 文政6年(1823年)の創業以来、木内酒造は “こだわりの酒造り"を守り抜いております。 その伝統は31歳の矢代健一郎杜氏以下若き蔵人 たちにもめんめんと受け継がれています。 180余年枯れたことのない神賜の井戸水。 兵庫県と茨城県の契約栽培による酒造好適米。 そして生まれる酒々は、きわめてオーソドックスで 素朴な良さが印象的なタイプから、斬新な味わいを 持つ新しいタイプのお酒まで、バラエティに富んだ...

開運 大吟醸 720ml

日本酒博物館

3,456

開運 大吟醸 720ml

商品名 開運 大吟醸 720ml 製造元 株式会社土井酒造場 販売に関するお知らせ ご注文前にご確認ください。 送料に関して 北海道 別途350円、沖縄 別途3,200円 離島は地域により実費費用が加算されます。追加で発生する送料はご注文後メールでご案内いたします。 配送業者・日時指定に関して 商品は佐川急便で出荷します。お届けの日時指定が可能です。(予約販売等で指定を受けられないこともありますので、販売情報をご確認ください。) 商品の出荷・同梱に関して 商品は当店の倉庫からの出荷となります。発送元Aタイプの商品とは同梱が可能となります。 出荷元タイプが違う商品との同梱に関しましては、メール・電話にてお問い合わせください。 お届けまでの目安 予約品の場合、出荷予定日を記載しておりますため、出荷予定日以降の発送となります。お届け希望日時のご指定をされる場合は、予定をご確認ください。 予約品以外の商品については、3営業日以内の出荷を行っております。商品により、販売ページ上の在庫の誤差等の理由で、出荷が遅れてしまうことがありますが、その場合、事前にご連絡させていただきます。商品名 開運 大吟醸 商品名読み かいうん だいぎんじょう 製造元 株式会社土井酒造場 蔵元所在地 静岡県掛川市小貫633 原料米 山田錦 使用酵母 静岡酵母 精米歩合 40% 日本酒度 +7.0 アミノ酸度 - アルコール度 16.0~17.0度 酸度 1.2 種類(造り) 大吟醸 保存方法 冷暗所 -蔵元の紹介- 醸造元の「土井酒造場」は、明治5年創業の蔵元です。酒銘は地元小貫村の発展を願って付けられたものです。能登杜氏が高天神城跡の湧水で仕込んでいます。普通醗酵が弱いとされる軟水ですが、この水に限ってはよく醗酵しさらにまったく濾過する必要がありません。 また...

真鶴 大吟醸720ml

仙台牛タウン 楽天市場店

3,780

真鶴 大吟醸720ml

真鶴 大吟醸720ml 爽やかな果実香。滑らかで軽快な喉ごし。香・味のバランスに優れる。豪華な装いでご進物に最適。 【内容量】 ■720ml 【成分表】 ■アルコール度:15~16 ■原料米:山田錦(国産)100% ■精米歩合:40% 【製造元】 田中酒造 【お届けについて】 ●当店は複数のサイトでお酒を販売しておりますので、ご注文のタイミングによっては在庫切れの場合がございます。自動返信メールの次の当店からの注文確定メールをもってご注文の確定とさせていただきますので、何卒ご理解の程お願い申し上げます。 ●お届けに要する日数は通常、3日間程度頂いております。(日・祭日はお休みです)●他社の商品と合わせて発送する場合は、集荷のためお時間をいただいております。●お届け日のご指定は、ご注文より3日後以降~1ケ月以内まで可能でございます。  (株)田中酒造店の沿革太物(呉服)・古着の販売をしていた初代田中林兵衛氏は、事業欲が旺盛で、新たに副業として寛政元年(1789年)に酒製造業を始めました。 当時、田中家は二つに分家して、呉服屋を中心に貸金業、質屋、地主、醤油醸造業、酒造業などを兼業していました。現在も地元では、田中酒造より田林の名で親しまれています。9代目現社長の祖父が、昭和10年代の物資統制令を境に呉服商を廃業し酒造業を中心に事業展開をしました。 伊達家の藩政時代には、代官など4つ会所が置かれた加美郡政治の中心地でもある中新田で、「東華正宗」の銘柄で地元を中心に販売していました。その当時の城主只野伊賀の奥方只野真葛は、南総里見八犬伝の滝沢馬琴らと交流があり、女流詩人としても知られておりました。真葛は、庭で舞遊ぶ鶴をこよなく愛し、鶴の歌を数多く詠んだと云われています。当時「名酒東華正宗」を献上した際...

大典白菊大吟醸 720ml

高原マーケット かよう

5,980

大典白菊大吟醸 720ml

内容量 720ml ℓ 精米歩合 32% アルコール度数 17度以上18度未満 原材料 兵庫県特A地区産山田錦最高の酒米を32%まで自社で磨き上げ 商品説明 【日本酒度】+6【酸度】1.1 特記 お酒は20歳になってから!!ご注文は年齢確認をお願いします。◆吉備高原のお酒◆ 現在使用している酒造好適米(酒米)は、岡山県を代表する「雄町」(おまち) をはじめ、現在日本で最良とされる「山田錦」、そして作付面積日本一の「五百万石」。そして10年の歳月をかけて復活させた「造酒錦(みきにしき)」と、 「白菊」。この2種類の米は当蔵独自の酒米で恐らく世界でもここだけにしかない米です。又、「朝日」「アケボノ」などは食用米としての品種ですが酒造用としても大変優れており旨味のある岡山ならではの米として古くから酒造に使用しています。これらのお米を用いて個性豊かなお酒を醸しております。 当蔵では全量自家精米を行っております。自家精米にこだわる訳は酒造りは原料処理が重要といわれますが精米はその最初の工程であり、続く洗米、浸漬に大きな影響があるからです。その年収穫された米をしっかりと見極め、最適な条件で精白米に仕上げる事が酒造りの第一歩となります。この写真は山田錦の玄米と精白米を比較したもので、大吟醸用にはこれを最高32%まで磨きこんでいます。精白米は美しい真珠やビーズのような外観になります。 酒米における当蔵独自の取組みとして10数年前から、高梁市宇治町(吉備高原南西部)の「ふるさと農法研究会」の皆さんとあいがも農法による無農薬栽培の山田錦を育ててきました。その他優秀と認められながらも日の目を見ることがなかった岡山酒米一号に登録されていた「造酒錦(みきにしき)」と、過去広く栽培されて酒米として優秀であった当蔵の酒銘柄と同じ名前の「白菊...

純米大吟醸 雄町 720ml

高原マーケット かよう

3,144

純米大吟醸 雄町 720ml

内容量 720ml 精米歩合 50%アルコール度数 17度以上18度未満原材料岡山特産の酒造好適米「雄町」商品説明 【日本酒度】+4.5【酸度】1.6 特記 お酒は20歳になってから!!ご注文は年齢確認をお願いします。◆吉備高原のお酒◆ 現在使用している酒造好適米(酒米)は、岡山県を代表する「雄町」(おまち) をはじめ、現在日本で最良とされる「山田錦」、そして作付面積日本一の「五百万石」。そして10年の歳月をかけて復活させた「造酒錦(みきにしき)」と、 「白菊」。この2種類の米は当蔵独自の酒米で恐らく世界でもここだけにしかない米です。又、「朝日」「アケボノ」などは食用米としての品種ですが酒造用としても大変優れており旨味のある岡山ならではの米として古くから酒造に使用しています。これらのお米を用いて個性豊かなお酒を醸しております。 当蔵では全量自家精米を行っております。自家精米にこだわる訳は酒造りは原料処理が重要といわれますが精米はその最初の工程であり、続く洗米、浸漬に大きな影響があるからです。その年収穫された米をしっかりと見極め、最適な条件で精白米に仕上げる事が酒造りの第一歩となります。この写真は山田錦の玄米と精白米を比較したもので、大吟醸用にはこれを最高32%まで磨きこんでいます。精白米は美しい真珠やビーズのような外観になります。 酒米における当蔵独自の取組みとして10数年前から、高梁市宇治町(吉備高原南西部)の「ふるさと農法研究会」の皆さんとあいがも農法による無農薬栽培の山田錦を育ててきました。その他優秀と認められながらも日の目を見ることがなかった岡山酒米一号に登録されていた「造酒錦(みきにしき)」と、過去広く栽培されて酒米として優秀であった当蔵の酒銘柄と同じ名前の「白菊」の2種類の米を10年の歳月をかけて復活させ醸造することが出来...

お酒・ドリンクのランキング

スポンサーリンク
スポンサーリンク