メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「老酒」検索結果。

老酒の商品検索結果全180件中1~60件目

紹興貴酒 3年 640ml (中国酒・紹興酒)

サカツコーポレーション楽天市場店

1,040

紹興貴酒 3年 640ml (中国酒・紹興酒)

大越酒厰がつくる「紹興貴酒」のシリーズの1つ。 軽い口当たりの三年陳醸品。 ●写真はイメージとなり、リニューアルによりラベルデザイン等が異なる場合がございます。紹興酒 中国で四千年以上前から造られていると言われている醸造酒です。原料にはうるち米、もち米、黍(きび)などを使用します。浙江省紹興市でつくられる「紹興老酒」が一般的に「紹興酒」と呼ばれ有名ですが、他にも福建省の沈缸酒、広東省の老紅酒、江蘇省の恵泉酒など多くの種類があります。日本酒同様、仕込み水が酒質を左右するため、名産地は、「米どころ(もち米)」、「水の都」として有名なところになります。 もち米、麦麹を原料に一定年数熟成させた中国の醸造酒を「老酒(らおちゅう)」と呼び、お酒の種類を指します。長期熟成させるところからその呼び名がつきました。老酒は「紹興老酒」「上海老酒」「福建老酒」のように、通常、その産地の名称がつけられます。 老酒は麹に麦麹を使用している為、新酒の老酒には黄色みかかった色がつきます。その老酒に含まれる「糖」と「アミノ酸」が反応して、色は茶色くなります。老酒は糖とアミノ酸が他のお酒より多く含まれ、また、長い間熟成させることによりこの反応が進むので、より茶色くなるのです。 では、代表的な黄酒の紹興酒についてさらに説明しましょう。 中国浙江省紹興市でつくられる「紹興老酒」を一般的に紹興酒と呼んでおり、その質の良さから中国を代表するお酒になりました。紹興は上海の南西方に位置し、中国では、「米どころ(もち米)」、「水の都」として有名で、この良質なもち米と、鑒湖の水が紹興酒づくりによい影響を与えています。 紹興酒は若干の製法の違いにより下の4種類に分けられます。 ●元紅酒(げんこうしゅ): 基本とされる紹興酒 ●加飯酒(かはんしゅ): 元紅酒よりもち米を多く使用する...

紹興貴酒 8年 640ml (中国酒・紹興酒)

サカツコーポレーション楽天市場店

1,820

紹興貴酒 8年 640ml (中国酒・紹興酒)

厳選した原料。徹底した伝統製法。 紹興貴酒という名にふさわしい味わいです。 ●写真はイメージとなり、リニューアルによりラベルデザイン等が異なる場合がございます。紹興酒 中国で四千年以上前から造られていると言われている醸造酒です。原料にはうるち米、もち米、黍(きび)などを使用します。浙江省紹興市でつくられる「紹興老酒」が一般的に「紹興酒」と呼ばれ有名ですが、他にも福建省の沈缸酒、広東省の老紅酒、江蘇省の恵泉酒など多くの種類があります。日本酒同様、仕込み水が酒質を左右するため、名産地は、「米どころ(もち米)」、「水の都」として有名なところになります。 もち米、麦麹を原料に一定年数熟成させた中国の醸造酒を「老酒(らおちゅう)」と呼び、お酒の種類を指します。長期熟成させるところからその呼び名がつきました。老酒は「紹興老酒」「上海老酒」「福建老酒」のように、通常、その産地の名称がつけられます。 老酒は麹に麦麹を使用している為、新酒の老酒には黄色みかかった色がつきます。その老酒に含まれる「糖」と「アミノ酸」が反応して、色は茶色くなります。老酒は糖とアミノ酸が他のお酒より多く含まれ、また、長い間熟成させることによりこの反応が進むので、より茶色くなるのです。 では、代表的な黄酒の紹興酒についてさらに説明しましょう。 中国浙江省紹興市でつくられる「紹興老酒」を一般的に紹興酒と呼んでおり、その質の良さから中国を代表するお酒になりました。紹興は上海の南西方に位置し、中国では、「米どころ(もち米)」、「水の都」として有名で、この良質なもち米と、鑒湖の水が紹興酒づくりによい影響を与えています。 紹興酒は若干の製法の違いにより下の4種類に分けられます。 ●元紅酒(げんこうしゅ): 基本とされる紹興酒 ●加飯酒(かはんしゅ): 元紅酒よりもち米を多く使用する...

紹興加飯酒 カメ 24L (中国酒・紹興酒)

サカツコーポレーション楽天市場店

30,080

紹興加飯酒 カメ 24L (中国酒・紹興酒)

厳選した原料。徹底した伝統製法。 紹興貴酒という名にふさわしい味わいです。 ●写真はイメージとなり、リニューアルによりラベルデザイン等が異なる場合がございます。紹興酒 中国で四千年以上前から造られていると言われている醸造酒です。原料にはうるち米、もち米、黍(きび)などを使用します。浙江省紹興市でつくられる「紹興老酒」が一般的に「紹興酒」と呼ばれ有名ですが、他にも福建省の沈缸酒、広東省の老紅酒、江蘇省の恵泉酒など多くの種類があります。日本酒同様、仕込み水が酒質を左右するため、名産地は、「米どころ(もち米)」、「水の都」として有名なところになります。 もち米、麦麹を原料に一定年数熟成させた中国の醸造酒を「老酒(らおちゅう)」と呼び、お酒の種類を指します。長期熟成させるところからその呼び名がつきました。老酒は「紹興老酒」「上海老酒」「福建老酒」のように、通常、その産地の名称がつけられます。 老酒は麹に麦麹を使用している為、新酒の老酒には黄色みかかった色がつきます。その老酒に含まれる「糖」と「アミノ酸」が反応して、色は茶色くなります。老酒は糖とアミノ酸が他のお酒より多く含まれ、また、長い間熟成させることによりこの反応が進むので、より茶色くなるのです。 では、代表的な黄酒の紹興酒についてさらに説明しましょう。 中国浙江省紹興市でつくられる「紹興老酒」を一般的に紹興酒と呼んでおり、その質の良さから中国を代表するお酒になりました。紹興は上海の南西方に位置し、中国では、「米どころ(もち米)」、「水の都」として有名で、この良質なもち米と、鑒湖の水が紹興酒づくりによい影響を与えています。 紹興酒は若干の製法の違いにより下の4種類に分けられます。 ●元紅酒(げんこうしゅ): 基本とされる紹興酒 ●加飯酒(かはんしゅ): 元紅酒よりもち米を多く使用する...

陳年紹興貴酒 15年 壺 3L (中国酒・紹興酒)

サカツコーポレーション楽天市場店

15,480

陳年紹興貴酒 15年 壺 3L (中国酒・紹興酒)

厳選した原料。徹底した伝統製法。 紹興貴酒という名にふさわしい味わいです。 ●写真はイメージとなり、リニューアルによりラベルデザイン等が異なる場合がございます。紹興酒 中国で四千年以上前から造られていると言われている醸造酒です。原料にはうるち米、もち米、黍(きび)などを使用します。浙江省紹興市でつくられる「紹興老酒」が一般的に「紹興酒」と呼ばれ有名ですが、他にも福建省の沈缸酒、広東省の老紅酒、江蘇省の恵泉酒など多くの種類があります。日本酒同様、仕込み水が酒質を左右するため、名産地は、「米どころ(もち米)」、「水の都」として有名なところになります。 もち米、麦麹を原料に一定年数熟成させた中国の醸造酒を「老酒(らおちゅう)」と呼び、お酒の種類を指します。長期熟成させるところからその呼び名がつきました。老酒は「紹興老酒」「上海老酒」「福建老酒」のように、通常、その産地の名称がつけられます。 老酒は麹に麦麹を使用している為、新酒の老酒には黄色みかかった色がつきます。その老酒に含まれる「糖」と「アミノ酸」が反応して、色は茶色くなります。老酒は糖とアミノ酸が他のお酒より多く含まれ、また、長い間熟成させることによりこの反応が進むので、より茶色くなるのです。 では、代表的な黄酒の紹興酒についてさらに説明しましょう。 中国浙江省紹興市でつくられる「紹興老酒」を一般的に紹興酒と呼んでおり、その質の良さから中国を代表するお酒になりました。紹興は上海の南西方に位置し、中国では、「米どころ(もち米)」、「水の都」として有名で、この良質なもち米と、鑒湖の水が紹興酒づくりによい影響を与えています。 紹興酒は若干の製法の違いにより下の4種類に分けられます。 ●元紅酒(げんこうしゅ): 基本とされる紹興酒 ●加飯酒(かはんしゅ): 元紅酒よりもち米を多く使用する...

陳年紹興貴酒 5年 カメ 24L (中国酒・紹興酒)

サカツコーポレーション楽天市場店

32,900

陳年紹興貴酒 5年 カメ 24L (中国酒・紹興酒)

厳選した原料。徹底した伝統製法。 紹興貴酒という名にふさわしい味わいです。 ●写真はイメージとなり、リニューアルによりラベルデザイン等が異なる場合がございます。紹興酒 中国で四千年以上前から造られていると言われている醸造酒です。原料にはうるち米、もち米、黍(きび)などを使用します。浙江省紹興市でつくられる「紹興老酒」が一般的に「紹興酒」と呼ばれ有名ですが、他にも福建省の沈缸酒、広東省の老紅酒、江蘇省の恵泉酒など多くの種類があります。日本酒同様、仕込み水が酒質を左右するため、名産地は、「米どころ(もち米)」、「水の都」として有名なところになります。 もち米、麦麹を原料に一定年数熟成させた中国の醸造酒を「老酒(らおちゅう)」と呼び、お酒の種類を指します。長期熟成させるところからその呼び名がつきました。老酒は「紹興老酒」「上海老酒」「福建老酒」のように、通常、その産地の名称がつけられます。 老酒は麹に麦麹を使用している為、新酒の老酒には黄色みかかった色がつきます。その老酒に含まれる「糖」と「アミノ酸」が反応して、色は茶色くなります。老酒は糖とアミノ酸が他のお酒より多く含まれ、また、長い間熟成させることによりこの反応が進むので、より茶色くなるのです。 では、代表的な黄酒の紹興酒についてさらに説明しましょう。 中国浙江省紹興市でつくられる「紹興老酒」を一般的に紹興酒と呼んでおり、その質の良さから中国を代表するお酒になりました。紹興は上海の南西方に位置し、中国では、「米どころ(もち米)」、「水の都」として有名で、この良質なもち米と、鑒湖の水が紹興酒づくりによい影響を与えています。 紹興酒は若干の製法の違いにより下の4種類に分けられます。 ●元紅酒(げんこうしゅ): 基本とされる紹興酒 ●加飯酒(かはんしゅ): 元紅酒よりもち米を多く使用する...

紹興貴酒 3年 1.8L (中国酒・紹興酒)

サカツコーポレーション楽天市場店

2,850

紹興貴酒 3年 1.8L (中国酒・紹興酒)

大切なあの方へ。ギフトラッピングはこちらから ≫≫≫ 大越酒厰がつくる「紹興貴酒」のシリーズの1つ。 軽い口当たりの三年陳醸品。 ●写真はイメージとなり、リニューアルによりラベルデザイン等が異なる場合がございます。紹興酒 中国で四千年以上前から造られていると言われている醸造酒です。原料にはうるち米、もち米、黍(きび)などを使用します。浙江省紹興市でつくられる「紹興老酒」が一般的に「紹興酒」と呼ばれ有名ですが、他にも福建省の沈缸酒、広東省の老紅酒、江蘇省の恵泉酒など多くの種類があります。日本酒同様、仕込み水が酒質を左右するため、名産地は、「米どころ(もち米)」、「水の都」として有名なところになります。 もち米、麦麹を原料に一定年数熟成させた中国の醸造酒を「老酒(らおちゅう)」と呼び、お酒の種類を指します。長期熟成させるところからその呼び名がつきました。老酒は「紹興老酒」「上海老酒」「福建老酒」のように、通常、その産地の名称がつけられます。 老酒は麹に麦麹を使用している為、新酒の老酒には黄色みかかった色がつきます。その老酒に含まれる「糖」と「アミノ酸」が反応して、色は茶色くなります。老酒は糖とアミノ酸が他のお酒より多く含まれ、また、長い間熟成させることによりこの反応が進むので、より茶色くなるのです。 では、代表的な黄酒の紹興酒についてさらに説明しましょう。 中国浙江省紹興市でつくられる「紹興老酒」を一般的に紹興酒と呼んでおり、その質の良さから中国を代表するお酒になりました。紹興は上海の南西方に位置し、中国では、「米どころ(もち米)」、「水の都」として有名で、この良質なもち米と、鑒湖の水が紹興酒づくりによい影響を与えています。 紹興酒は若干の製法の違いにより下の4種類に分けられます。 ●元紅酒(げんこうしゅ): 基本とされる紹興酒 ...

興南 紹興老酒 クリアー 12年 500ml (中国酒・紹興酒)

サカツコーポレーション楽天市場店

2,080

興南 紹興老酒 クリアー 12年 500ml (中国酒・紹興酒)

内容量 500ml〔ケース入数=12本〕 度数 12% 商品説明文 紹興酒は、殆どがブレンドものです。全体の5割、謳いたい年数の紹興酒が入っていれば商品として許可されます。 しかし、こちらは8~9割がその原酒です。ブレンドを殆どしていないので、雑味がありません。 そのため、口当たりがカメの紹興酒のように軽く、のど越しがスッキリとしています。 紹興酒のイメージは、これで変わります!お料理との相性も抜群です。 味わい 雑味のない、スッキリとしたのど越しタイプ。ライトな飲み心地。12年間完全に熟成した自然な甘みが際立つ。飲んだ後の余韻まで心地よい。 ●写真はイメージとなり、リニューアルによりラベルデザイン等が異なる場合がございます。紹興酒 中国で四千年以上前から造られていると言われている醸造酒です。原料にはうるち米、もち米、黍(きび)などを使用します。浙江省紹興市でつくられる「紹興老酒」が一般的に「紹興酒」と呼ばれ有名ですが、他にも福建省の沈缸酒、広東省の老紅酒、江蘇省の恵泉酒など多くの種類があります。日本酒同様、仕込み水が酒質を左右するため、名産地は、「米どころ(もち米)」、「水の都」として有名なところになります。 もち米、麦麹を原料に一定年数熟成させた中国の醸造酒を「老酒(らおちゅう)」と呼び、お酒の種類を指します。長期熟成させるところからその呼び名がつきました。老酒は「紹興老酒」「上海老酒」「福建老酒」のように、通常、その産地の名称がつけられます。 老酒は麹に麦麹を使用している為、新酒の老酒には黄色みかかった色がつきます。その老酒に含まれる「糖」と「アミノ酸」が反応して、色は茶色くなります。老酒は糖とアミノ酸が他のお酒より多く含まれ、また、長い間熟成させることによりこの反応が進むので、より茶色くなるのです。 では...

興南 紹興老酒 クリアー 20年 500ml (中国酒・紹興酒)

サカツコーポレーション楽天市場店

2,890

興南 紹興老酒 クリアー 20年 500ml (中国酒・紹興酒)

内容量 500ml〔ケース入数=12本〕 度数 12% 商品説明文 紹興酒は、殆どがブレンドものです。全体の5割、謳いたい年数の紹興酒が入っていれば商品として許可されます。 しかし、こちらは8~9割がその原酒です。ブレンドを殆どしていないので、雑味がありません。 そのため、口当たりがカメの紹興酒のように軽く、のど越しがスッキリとしています。 紹興酒のイメージは、これで変わります!お料理との相性も抜群です。 味わい 雑味が全くない、まろやかさを秘めたのど越しスッキリタイプ。透明感のある、非常にクリアーな飲み心地。完全熟成したもち米の自然な甘みが心地よい余韻を残します。 ●写真はイメージとなり、リニューアルによりラベルデザイン等が異なる場合がございます。紹興酒 中国で四千年以上前から造られていると言われている醸造酒です。原料にはうるち米、もち米、黍(きび)などを使用します。浙江省紹興市でつくられる「紹興老酒」が一般的に「紹興酒」と呼ばれ有名ですが、他にも福建省の沈缸酒、広東省の老紅酒、江蘇省の恵泉酒など多くの種類があります。日本酒同様、仕込み水が酒質を左右するため、名産地は、「米どころ(もち米)」、「水の都」として有名なところになります。 もち米、麦麹を原料に一定年数熟成させた中国の醸造酒を「老酒(らおちゅう)」と呼び、お酒の種類を指します。長期熟成させるところからその呼び名がつきました。老酒は「紹興老酒」「上海老酒」「福建老酒」のように、通常、その産地の名称がつけられます。 老酒は麹に麦麹を使用している為、新酒の老酒には黄色みかかった色がつきます。その老酒に含まれる「糖」と「アミノ酸」が反応して、色は茶色くなります。老酒は糖とアミノ酸が他のお酒より多く含まれ、また、長い間熟成させることによりこの反応が進むので、より茶色くなるのです。...

陳年紹興貴酒 5年 カメ 5L (中国酒・紹興酒)

サカツコーポレーション楽天市場店

10,630

陳年紹興貴酒 5年 カメ 5L (中国酒・紹興酒)

厳選した原料。徹底した伝統製法。 紹興貴酒という名にふさわしい味わいです。 ●写真はイメージとなり、リニューアルによりラベルデザイン等が異なる場合がございます。紹興酒 中国で四千年以上前から造られていると言われている醸造酒です。原料にはうるち米、もち米、黍(きび)などを使用します。浙江省紹興市でつくられる「紹興老酒」が一般的に「紹興酒」と呼ばれ有名ですが、他にも福建省の沈缸酒、広東省の老紅酒、江蘇省の恵泉酒など多くの種類があります。日本酒同様、仕込み水が酒質を左右するため、名産地は、「米どころ(もち米)」、「水の都」として有名なところになります。 もち米、麦麹を原料に一定年数熟成させた中国の醸造酒を「老酒(らおちゅう)」と呼び、お酒の種類を指します。長期熟成させるところからその呼び名がつきました。老酒は「紹興老酒」「上海老酒」「福建老酒」のように、通常、その産地の名称がつけられます。 老酒は麹に麦麹を使用している為、新酒の老酒には黄色みかかった色がつきます。その老酒に含まれる「糖」と「アミノ酸」が反応して、色は茶色くなります。老酒は糖とアミノ酸が他のお酒より多く含まれ、また、長い間熟成させることによりこの反応が進むので、より茶色くなるのです。 では、代表的な黄酒の紹興酒についてさらに説明しましょう。 中国浙江省紹興市でつくられる「紹興老酒」を一般的に紹興酒と呼んでおり、その質の良さから中国を代表するお酒になりました。紹興は上海の南西方に位置し、中国では、「米どころ(もち米)」、「水の都」として有名で、この良質なもち米と、鑒湖の水が紹興酒づくりによい影響を与えています。 紹興酒は若干の製法の違いにより下の4種類に分けられます。 ●元紅酒(げんこうしゅ): 基本とされる紹興酒 ●加飯酒(かはんしゅ): 元紅酒よりもち米を多く使用する...

陳年紹興貴酒 15年 壺 500ml (中国酒・紹興酒)

サカツコーポレーション楽天市場店

5,150

陳年紹興貴酒 15年 壺 500ml (中国酒・紹興酒)

厳選した原料。徹底した伝統製法。 紹興貴酒という名にふさわしい味わいです。 ●写真はイメージとなり、リニューアルによりラベルデザイン等が異なる場合がございます。紹興酒 中国で四千年以上前から造られていると言われている醸造酒です。原料にはうるち米、もち米、黍(きび)などを使用します。浙江省紹興市でつくられる「紹興老酒」が一般的に「紹興酒」と呼ばれ有名ですが、他にも福建省の沈缸酒、広東省の老紅酒、江蘇省の恵泉酒など多くの種類があります。日本酒同様、仕込み水が酒質を左右するため、名産地は、「米どころ(もち米)」、「水の都」として有名なところになります。 もち米、麦麹を原料に一定年数熟成させた中国の醸造酒を「老酒(らおちゅう)」と呼び、お酒の種類を指します。長期熟成させるところからその呼び名がつきました。老酒は「紹興老酒」「上海老酒」「福建老酒」のように、通常、その産地の名称がつけられます。 老酒は麹に麦麹を使用している為、新酒の老酒には黄色みかかった色がつきます。その老酒に含まれる「糖」と「アミノ酸」が反応して、色は茶色くなります。老酒は糖とアミノ酸が他のお酒より多く含まれ、また、長い間熟成させることによりこの反応が進むので、より茶色くなるのです。 では、代表的な黄酒の紹興酒についてさらに説明しましょう。 中国浙江省紹興市でつくられる「紹興老酒」を一般的に紹興酒と呼んでおり、その質の良さから中国を代表するお酒になりました。紹興は上海の南西方に位置し、中国では、「米どころ(もち米)」、「水の都」として有名で、この良質なもち米と、鑒湖の水が紹興酒づくりによい影響を与えています。 紹興酒は若干の製法の違いにより下の4種類に分けられます。 ●元紅酒(げんこうしゅ): 基本とされる紹興酒 ●加飯酒(かはんしゅ): 元紅酒よりもち米を多く使用する...

送料無料
【未開栓】 紹興酒 ひょうたん 陶器/本場中国老酒 2本セット 【中古】

ブランド専門店ハーフプライス

2,200

【未開栓】 紹興酒 ひょうたん 陶器/本場中国老酒 2本セット 【中古】

商品名【【未開栓】 紹興酒 ひょうたん 陶器/本場中国老酒 2本セット 【中古】】内容量【-ml】アルコール度数【-度】付属品【 ※画像にあるものがすべてになります。】商品状態 - 店舗管理番号【el231c-an944】免許【酒類販売業免許 仙台中法第4808号】注意事項■こちらの商品はお酒になります。20歳以上の方のみ購入可能です。■お買い上げ後、オーダーフォーム入力時に備考欄への【生年月日及び満年齢の入力】をお願いしております。 ■生年月日及び満年齢の入力が無い場合は、税務署の指導により発送出来ませんのでご了承ください。■未開栓の商品につきましては、風味等、中身の確認・コルクの状態に関しましては、一切保証できませんのでご理解ください。■通信販売免許規定の為、直接来店でのお取引はできません。■トラブル防止のため、同梱対応は同一ID・同日お買い上げ商品に限ります。 ■商品サイズによっては同梱対応が困難な場合がございます。■古酒につきましては、タイトルに古酒と表示しており、内部の浮遊物、沈殿物などある場合がございます。ご理解いただける方のみお買い上げください。■お問い合わせはできるだけご対応させて頂きますので、ノークレームノーリターン・中古品である事をご理解の上、お買い上げ頂きますようお願い致します。他の【その他の醸造酒】も見る商品画像商品説明商品名【【未開栓】 紹興酒 ひょうたん 陶器/本場中国老酒 2本セット 【中古】】内容量【-ml】アルコール度数【-度】付属品【 ※画像にあるものがすべてになります。】商品状態 - 店舗管理番号【el231c-an944】免許【酒類販売業免許 仙台中法第4808号】注意事項■こちらの商品はお酒になります。20歳以上の方のみ購入可能です。■お買い上げ後、オーダーフォーム入力時に備考欄への...

紹興貴酒 3年 375ml (中国酒・紹興酒)

サカツコーポレーション楽天市場店

610

紹興貴酒 3年 375ml (中国酒・紹興酒)

大越酒厰がつくる「紹興貴酒」のシリーズの1つ。 軽い口当たりの三年陳醸品。 ●写真はイメージとなり、リニューアルによりラベルデザイン等が異なる場合がございます。紹興酒 中国で四千年以上前から造られていると言われている醸造酒です。原料にはうるち米、もち米、黍(きび)などを使用します。浙江省紹興市でつくられる「紹興老酒」が一般的に「紹興酒」と呼ばれ有名ですが、他にも福建省の沈缸酒、広東省の老紅酒、江蘇省の恵泉酒など多くの種類があります。日本酒同様、仕込み水が酒質を左右するため、名産地は、「米どころ(もち米)」、「水の都」として有名なところになります。 もち米、麦麹を原料に一定年数熟成させた中国の醸造酒を「老酒(らおちゅう)」と呼び、お酒の種類を指します。長期熟成させるところからその呼び名がつきました。老酒は「紹興老酒」「上海老酒」「福建老酒」のように、通常、その産地の名称がつけられます。 老酒は麹に麦麹を使用している為、新酒の老酒には黄色みかかった色がつきます。その老酒に含まれる「糖」と「アミノ酸」が反応して、色は茶色くなります。老酒は糖とアミノ酸が他のお酒より多く含まれ、また、長い間熟成させることによりこの反応が進むので、より茶色くなるのです。 では、代表的な黄酒の紹興酒についてさらに説明しましょう。 中国浙江省紹興市でつくられる「紹興老酒」を一般的に紹興酒と呼んでおり、その質の良さから中国を代表するお酒になりました。紹興は上海の南西方に位置し、中国では、「米どころ(もち米)」、「水の都」として有名で、この良質なもち米と、鑒湖の水が紹興酒づくりによい影響を与えています。 紹興酒は若干の製法の違いにより下の4種類に分けられます。 ●元紅酒(げんこうしゅ): 基本とされる紹興酒 ●加飯酒(かはんしゅ): 元紅酒よりもち米を多く使用する...

スポンサーリンク
スポンサーリンク