メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「純米吟醸」検索結果。

純米吟醸の商品検索結果全11,117件中1~60件目

日本酒 風の森 純米吟醸 無濾過生原酒 しぼり華 雄町1800ml【油長酒造】

お酒の専門店 松仙

3,348

日本酒 風の森 純米吟醸 無濾過生原酒 しぼり華 雄町1800ml【油長酒造】

.☆.・∴.・∵☆:*・∵.:*・☆.☆.。.:*,★ :*・∵.:☆.。.:*・:*・∵.☆:*・∵.゜ 日本酒 風の森 純米吟醸 無濾過生原酒 しぼり華 雄町1800ml【油長酒造】 [商品説明] ■蔵元:油長酒造株式会社 ■都道府県:奈良県御所市 ■原料米: 全量 岡山県産 雄町使用 ■精米歩合:60% ■日本酒度:-1.5 ■アルコール度数:17、5% ■容量:1800ml 「風の森」の醸造元である油長(ゆうちょう)酒造は、慶長年間より大和平野に産する菜種を以て製油業を営み、油屋長兵衛と名乗っていました。 そして享保四年(1719年)に酒造業に転じ、以来三百年近く酒造り一筋に生きてきた老舗の日本酒蔵。 蔵の所在地は大阪府と奈良県との県境に聳える金剛葛城山系の麓の奈良県御所市(ごせし)です。 奈良は邪馬台国の古より、飛鳥京〜藤原京〜平城京と幾度となく都が置かれた歴史があり、ご存知のように日本酒発祥の地でもあります。 この地は酒造りの最も大切な条件の一つといわれる優れた水を、自然の恵みから享受できる恵まれた立地で、油長酒造も葛城山麓一帯の地下の岩盤をくぐり抜けた清冽な水を仕込水として使用しています。 現蔵主の第十二代目・山本長兵衛さんは、伝統の技術を継承しながも、現代人の嗜好の変化にも対応した酒造りを行なっております。 ◆「風の森」は全量が無濾過&無加水のお酒。 酒造業界内では無濾過の定義は曖昧ですが、油長酒造ではモロミを搾った後にフィルターやメッシュなどを通した濾過処理を一切行なっておりません。 また、火入れ殺菌もせず加水処理もしない垂れ口そのままの、正真正銘の無濾過の生・原酒を瓶詰しております。 ◆「風の森」は全商品が"しぼり華"です。 どぶろく状のモロミを搾る作業を「上槽」と呼び、無加圧で自然に流出し始めてから徐々に圧力をか...

三千盛 小仕込 純米 大吟醸720ml

かのや本店〜醸造は芸術

2,160

三千盛 小仕込 純米 大吟醸720ml

辛口 ・ 健在 小仕込純米は、三千盛さんの最上級ランクのお酒です。 通常は6tの仕込みですが、こちらは1.5tの小仕込みで醸して 日本酒度が+18のシャープな辛口に仕上がっています。 切れの良いシャキッとした辛口でありながら、 酸がしっかりあって全体を引き締めています。 際立つ酸・・・が、このお酒の個性です。 辛口なので、もちろん魚介類の刺身などと合いますが、 多少濃いめの味付けの料理も受け入れてくれる懐の深さが このお酒の魅力です。 ◆日本酒度 :+18 ◆酸度 :1.6 ◆アルコール度:15〜16% ◆容量:720ml ◆産地:[岐阜県]多治見市 ◆醸造元:(株)三千盛 ◆原料米:兵庫県産 山田錦 精米歩合40% 蔵元の旧称尾張屋(おわりや)さんこと三千盛さんは、安政年間(1854〜1860)の創業で岐阜県土岐郡にあります。創業以来、辛口一筋で来た蔵元は、水のように抵抗なく飲めて、日本酒独特の旨さがあり、酔い覚めのよい酒を醸し続けています。 その昔、甘口全盛の時代にも方針を曲げず、かたくなに守り抜いた姿勢は、辛口党のファンを魅了し、今もなおシャープな切れ味は健在です。 『三千盛』に合う肴はこれっ ↓ 寒ブリ刺身 貝の網焼き 串揚げ 鯛の兜煮 2016年よりラベル変更。 旧ラベル・デザイン ↑↑みちさかり こじこみ

スポンサーリンク
スポンサーリンク