メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「竹鶴 35 年」検索結果。

竹鶴 35 年の商品検索結果全10件中1~10件目

こちらの関連商品はいかがですか?

サントリー 「オールド」 43度700ml 【RCP】

酒シンドバッド楽天市場店

1,799

サントリー 「オールド」 43度700ml 【RCP】

ギフト対応 【コンビニ受取対応商品】【楽ギフ_包装】【楽ギフ_のし宛書】【楽ギフ_メッセ入力】 【あす楽対応】【あす楽_土曜営業】【あす楽_日曜営業】【あす楽_年中無休】【お歳暮】【お中元】【母の日】【父の日】 商品のご説明 商品名 サントリー 「サントリーオールド」 産地 日本 京都府 山崎蒸留所 販売会社(輸入会社) サントリー アルコール度数 43度 容量 700ml 商品詳細・味わい・他 ●サントリーウイスキー寿屋(のちのサントリー、現・サントリー酒類)の創業者、鳥井信治郎は、大阪と京都の県境に近い、 山崎にて1923年から国産ウイスキー事業を開始する。 のちにニッカウヰスキーを創業することになる竹鶴政孝を招き、1929年に白札(現在のサントリーホワイト)や、 赤札(現在のサントリーレッド)などを発売するも、当時の消費者からの反応は今ひとつという状況が続く。 のちに竹鶴の退社を経て、これまでに鳥井が自身で得た経験、さらに長男・鳥井吉太郎の手によってつくられた 「サントリーウイスキー12年」(現在のサントリー角瓶)を発売すると、スモーキーで熟成を極めた味が世間に評価され、 遂に成功をつかむ。 国産ウイスキー事業を定着させるべく試行錯誤してきた鳥井の努力が実ることとなった。 そして1940年に、山崎蒸溜所においてサントリーオールドは誕生する。 しかし誕生した当時、日本は戦時下で販売は許されず(この間に「新・サントリーウヰスキー誕生」のアナウンスが 為されたのみで、間もなくして日本は第二次世界大戦へと突入してゆく)、その間鳥井は当時の日本海軍の取り計らい で手に入れた麦をもとに軍用ウイスキーを製造し続けることになる。 やがて日本は敗戦したが、山崎蒸溜所は戦災に遭うこともなく、ウイスキーの生産を続けるに至った。 ●商品詳細...

【あす楽】 ザ ニッカ 12年 43度 ギフトボックス 700ml ザ・ニッカ12年

酒類の総合専門店 フェリシティー

4,980

【あす楽】 ザ ニッカ 12年 43度 ギフトボックス 700ml ザ・ニッカ12年

ザ ニッカ 12年 43度 700ml ザ ニッカ 12年 43度 ギフトボックス 700ml日本のウイスキーの父とも言われる「ニッカウヰスキー」の創業者・竹鶴政孝。政孝は、本場スコットランドに負けない本物のウイスキーをつくりたいという思いから、一貫してウイスキーづくりにおけるブレンドの重要性を説き、それを実践。ニッカは、今なおその精神と技術を受け継ぎ、本物のウイスキーづくりにこだわり続けています。モルト(麦芽)ウイスキーとグレーン(穀物)ウイスキーをブレンドして作られるブレンディッドウイスキー。ニッカでは、モルトの個性を引き出しながら、新たな香りと味わいを生み出すために、グレーンウイスキーの生産に、蒸溜効率は劣るものの穀物由来の香味成分が残る「カフェ式連続式蒸溜機」を使用。そうして作られた「カフェグレーン」が、モルト同士の個性を調和させ、柔らかく、まろやかな余韻を残すニッカならではの深い味わいを生み出しています。 「ザ・ニッカ12年」は、12年以上の原酒を厳選してブレンドした、プレミアムブレンデッドウイスキー。 ボトルの大胆なカッティングは、重なりあう着物の衿もとをイメージし、ブレンデッドウイスキーであることを表現しました。また、キャップには木材を使用、またコルク栓仕様としています。 ラベルの藍色とロゴのゴールドが高級感を演出しています。ボトル中央にある金の「ニッカエンブレム」は、竹鶴政孝が自ら考案し、ニッカ第1号ウイスキーのラベルにも配された由緒あるものです。 ニッカウヰスキー 日本 モルト、グレーン ブレンデッド・ウイスキー 43% 700ml ウイスキーらしい味わいと香りで、バランスのよい調和を実現しました。 豊かなモルト香と華やかな香り。甘い樽熟成香。まろやかでスムースな口当たり...

【アサヒ】竹鶴ピュアモルト 700ml

家呑み酒房 ひまわりや

3,780

【アサヒ】竹鶴ピュアモルト 700ml

【香り】やわらかなモルトの香りと甘くバニラのような樽熟成香。青りんご、洋梨のような果実香、杏やグレープフルーツのような爽やかで甘酸っぱい香り。 【味わい】まろやかでシルクのような口当たり。バナナ、オレンジのようなフルーティーさとライムを思わせる軽快でフレッシュな味わい。 【フィニッシュ】やわらかな酸味を伴ったややビターな余韻とキレの良さ。 竹鶴政孝の夢と情熱。 「日本から来たひとりの若者が、1本の万年筆とノートで、わが国門外不出のウイスキーづくりの秘密を盗んでいった。」 1962年に来日した、イギリスのヒューム副首相の言葉です。 その若者こそが、ニッカウヰスキー創業者、竹鶴政孝でした。 やがて、政孝は、スコットランドに似た気候風土の北海道余市に蒸溜所を設立し、 自らの理想とするウイスキーづくりを開始します。 熟成を待つこと6年、1940年秋、第一号ウイスキー『ニッカウヰスキー』を発売。 当時、リンゴジュースをつくっていた「大日本果汁株式会社」の「日」と「果」をとったその商品名は、後に社名となりました。 その後も確かな品質の“本物"だけをつくり続けた政孝とニッカウヰスキー。 “本物"にかけた夢と情熱は、今、「竹鶴ピュアモルト」につながっています。 商品名 アサヒ 竹鶴ピュアモルト 700ml 産 地 日 本 タイプ ウイスキー 種 類 洋 酒 度 数 43度 内容量 700ml 保存方法 冷暗所保存 ご注意 「お酒は20歳から!未成年者への酒類の販売は固くお断りしています!」

スポンサーリンク
スポンサーリンク