メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「福島県の日本酒」検索結果。

福島県の日本酒の商品検索結果全485件中1~60件目

麒麟山(きりんざん) ぽたりぽたりきりんざん 越淡麗 純米吟醸 生原酒 720ml 【29BY/2018年産】【数量限定】【日本酒】【辛口】【新潟】【淡麗】

遊銘館スピード安心が買えるお酒屋

1,728

麒麟山(きりんざん) ぽたりぽたりきりんざん 越淡麗 純米吟醸 生原酒 720ml 【29BY/2018年産】【数量限定】【日本酒】【辛口】【新潟】【淡麗】

内容量・アルコール度数720ml・17度 呑み方 お好みの飲み方で 保存方法 要冷蔵 原材料 米・米こうじ 製造元 麒麟山酒造株式会社【要冷蔵の為クール便にて送らせて頂きますので配送方法「クール便」をお選び下さい!お選びになられなかった場合でもクール便に変更となります!】 自然の恵と風土が醸しだす銘酒 福島県に接する県境のまちで、明治維新下での廃藩置県では会津若松県になりました。 そして、明治19年に現在の新潟県に編入された会津文化も漂わせる古き町です。 当時の産業の中心は林業で、その加工業として木炭の製造が盛んに行われていました。 また、大河阿賀野川の流れる阿賀町は会津地方から越後新潟港への「山の港」ともいわれ、 木材や木炭をはじめとする各種商品の流通が活発で、東蒲原郡の行政、経済の中心地としても繁栄しました。 「山の港」もダムの建設・陸上輸送の発達により徐々に消えて行きましたが、 宿場などの河港の遺跡が現在も残っています。 また、秋には山の紅葉が美しく色づく風光明媚なところです。 自然環境も配慮したすばらしい蔵元 酒造りの原点は、よい環境にあると考えます。 「地域における一企業」として、地元の方々との交流を大切にし、 地域環境問題やアルコールに関する諸問題に対しての責任を 充分に自覚し、経営にあたっております。 よい環境が整い、初めて納得できる酒造りが出来る。 手作りに拘った製品をお客様にご提供し続ける為にも、 地域環境とのいい関係を続けて行きたいと考えます。 ◆◇ Guide ◇◆ 地元阿賀町産酒米「越淡麗」を100%使用して醸したフレッシュなお酒です。越淡麗らしいふくよかで豊かな旨みと純米らしいやわらかな甘み、おだやかな含み香が特徴の冬季限定酒です。 「お酒は20歳から!未成年者への酒類の販売は固くお断りしています!」

【四合】「吟粒(さけ焼酎・30度・箱無)」【福島県の焼酎】【福島県プライド対象品】

酒とキムチの浜田屋楽天市場店

2,090

【四合】「吟粒(さけ焼酎・30度・箱無)」【福島県の焼酎】【福島県プライド対象品】

★当店の品は品質保証を付けます★ ラッピングをご希望の場合・下記より申し込みください。 110円で包装・のし・リボン・メッセージカード全てご利用いただけます。 商品ごとにご指定ください。●商品説明 【吟粒 さけ焼酎 30度 四合 箱無】 ●メーカーの説明です。…明和2年(1765年)の創業以来酒一筋! 米焼酎でも粕取焼酎でもない、日本酒を蒸留した、言わば『さけ焼酎』!厳選した高精白の原料米から上質の日本酒を醸し出し減圧蒸留。上品で華やかな香りと豊かな味わいが持ち味。オンザロック、お湯割りがお薦め。●オヤジの説明…福島の焼酎では味ではこれが一番のお勧め焼酎です。アルコール度30度と言う少し高めが味のうまさを引き立てています。価格的に高く感じますが十分に楽しませてくれますのでご安心ください。 ●箱無し商品のラッピングをご希望の場合は箱代(有料)が追加されます。●ギフト箱・包装各種(有料)→ ●日祭日を除く10時迄当日発送可能 ■本品は普通便発送 ■到着日時指定OK ●在庫設定が間に合わず万一品切れの際はすぐ連絡致します。■問い合わせ電話0246-25-2301

お酒 日本酒 福島 ほまれ酒造 上撰辛口 1800ml

ワイン紀行

1,782

お酒 日本酒 福島 ほまれ酒造 上撰辛口 1800ml

口の中でふくらむ味わいと、のどごしの清涼感が美味しいの秘密です。どんな料理にも合い、冷やでも燗でも美味しいお酒です。杜氏: 中島 一郎 ・・・・・・・・・・・・・・・ 酒造りで常に痛感させられるのは、酒は生き物であるという事。 それ故に今必要としている事を、即過不足なく対応するという事です。 それには、何が必要かを見抜く観察力と的確な洞察力、そして決断力が求められます。醸された酒がいつもその能力の評価をする訳ですが、その酒に叱咤激励されながらより一層の良酒を醸すべく、経験と精進を重ねていこうと想っております。   ほまれ酒造受賞暦 全国新酒鑑評会 ◇ 金賞受賞年 昭和:61年 平成:5、10、11、13、14、20、21、22年 東北新酒鑑評会 ◇ 金賞受賞年 平成: 元年、2、3、5、7、8、10、11、12、13、14、16年 平成: 17、18、19、20、21年 福島県鑑評会 ◇ 平成16年春季 吟醸の部 県知事賞 ◇ 平成18年春季 吟醸の部 金賞 ◇ 平成18年春季 純米の部 金賞 ◇ 平成20年秋季 吟醸の部 県知事賞 ◇ 平成21年春季 吟醸の部 県知事賞 ◇ 平成21年春季 純米の部 金賞 全国酒類コンクール ◇ 2006年春季 『古酒・新開発部門』 第1位 ◇ 2006年春季 『純米酒部門』 第4位 山形県新酒鑑評会 ◇ 平成21年 吟醸の部 グランプリ  

お酒 日本酒 福島 ほまれ酒造 佳撰辛口 1800ml

ワイン紀行

1,749

お酒 日本酒 福島 ほまれ酒造 佳撰辛口 1800ml

辛口の歴史はここから始まったといっても過言ではありません。冷や、常温、熱燗なんでもこなす辛口酒の代表!杜氏: 中島 一郎 ・・・・・・・・・・・・・・・ 酒造りで常に痛感させられるのは、酒は生き物であるという事。 それ故に今必要としている事を、即過不足なく対応するという事です。 それには、何が必要かを見抜く観察力と的確な洞察力、そして決断力が求められます。醸された酒がいつもその能力の評価をする訳ですが、その酒に叱咤激励されながらより一層の良酒を醸すべく、経験と精進を重ねていこうと想っております。   ほまれ酒造受賞暦 全国新酒鑑評会 ◇ 金賞受賞年 昭和:61年 平成:5、10、11、13、14、20、21、22年 東北新酒鑑評会 ◇ 金賞受賞年 平成: 元年、2、3、5、7、8、10、11、12、13、14、16年 平成: 17、18、19、20、21年 福島県鑑評会 ◇ 平成16年春季 吟醸の部 県知事賞 ◇ 平成18年春季 吟醸の部 金賞 ◇ 平成18年春季 純米の部 金賞 ◇ 平成20年秋季 吟醸の部 県知事賞 ◇ 平成21年春季 吟醸の部 県知事賞 ◇ 平成21年春季 純米の部 金賞 全国酒類コンクール ◇ 2006年春季 『古酒・新開発部門』 第1位 ◇ 2006年春季 『純米酒部門』 第4位 山形県新酒鑑評会 ◇ 平成21年 吟醸の部 グランプリ  

お酒 日本酒 福島 ほまれ酒造 山田錦 仕込 吟醸酒 1800ml

ワイン紀行

2,037

お酒 日本酒 福島 ほまれ酒造 山田錦 仕込 吟醸酒 1800ml

山田錦の特徴である甘味を受け入れるやわらかさと、ふくらみのある味わいを引き出し、吟醸香を出すことだけにとらわれずのど越しの後、上顎に感じる味わい・「押し味」を大切に造りを行っています。福島県が開発した酵母である「うつくしま夢酵母(F701)」を使用し、やさしく穏やかな味わいを造り上げ、そこにアルプス酵母を加えることでキレと香りを引き出しバランスのとれた酒質を造り上げています。 ■タイプ:辛口 ■飲み頃温度:5℃から15℃・ぬる燗 ■日本酒度:+4.0 ■アルコール度数:15% ■酸度:1.4 ■アミノ酸度:1.0 ■使用酵母:F701(うつくしま夢酵母)&アルプス酵母 ■原料米:麹米 山田錦 掛米 山田錦 ■精米歩合:59%杜氏: 中島 一郎 ・・・・・・・・・・・・・・・ 酒造りで常に痛感させられるのは、酒は生き物であるという事。 それ故に今必要としている事を、即過不足なく対応するという事です。 それには、何が必要かを見抜く観察力と的確な洞察力、そして決断力が求められます。醸された酒がいつもその能力の評価をする訳ですが、その酒に叱咤激励されながらより一層の良酒を醸すべく、経験と精進を重ねていこうと想っております。   ほまれ酒造受賞暦 全国新酒鑑評会 ◇ 金賞受賞年 昭和:61年 平成:5、10、11、13、14、20、21、22年 東北新酒鑑評会 ◇ 金賞受賞年 平成: 元年、2、3、5、7、8、10、11、12、13、14、16年 平成: 17、18、19、20、21年 福島県鑑評会 ◇ 平成16年春季 吟醸の部 県知事賞 ◇ 平成18年春季 吟醸の部 金賞 ◇ 平成18年春季 純米の部 金賞 ◇ 平成20年秋季...

お酒 日本酒 福島 【花泉酒造】花泉瑞祥 1800ml

ワイン紀行

2,052

お酒 日本酒 福島 【花泉酒造】花泉瑞祥 1800ml

ふくよかで、やや甘味がありながら、スッキリとした味わい。毎日飲みたい飲み飽きないお酒。ぬる燗、常温、少し冷やしてお召し上がりください。 原料米 たかねみのり 五百万石 精米歩合 64% 日本酒度 ±0 酸 度 1.2 アルコール度 15.5%大正九年創業で、当時は『伊南川』の名称でしたが、 その後、奥山の風雪に耐えそっと咲くひめさゆりの花と、 登屋山の清水が泉の如く湧き出ることにちなみ、 昭和二十四年『花泉』に改名されました。 仕込みの大部分を手作りで行っている為、生産量が少なく、 それも、地元で大部分を消費してしまいます。 その為、福島県でも南会津地域以外では、入手困難の知る人ぞ知る幻の酒が花泉。 味は、全体的にやや甘口で、コクがありますが、後味が非常にスッキリとし 口に残らないお酒です。 人 ・・・・ 酒を愛し土地を愛する職人気質の酒造り 花泉酒造の杜氏をはじめ、蔵人たちは、地元南郷の人。機械に頼らず、昔ながら手法を守り、造りをしています。 この土地に住み、この土地を愛してるからこそ、 地酒の本当の意味を知っているのです。 南会津の気候風土、それに合うお酒が花泉です。 水 ・・・・ 名水高清水仕込み 蔵の裏山、標高千メートルの『登屋山』の中腹に湧く清水『名水 高清水』で一切の仕込をしています。 この清水は、林農庁認定の『水源の森百選』の一つ、『高清水公園』の中に、源泉があります。 ミネラル分が少なく、蒸留水に近いとてもやわらかい水なので、、仕込まれたお酒も、やさしくやわらかい味に仕上がります。 米 ・・・・ 米の旨味を味わう 南会津のお米農家に御願いして、50%減農薬・有機栽培で大切に育てた米を、すべて自家精米しております。さらに、酒米は、20時間以上もかけて、ゆっくりと磨かれていきます。 花泉のお酒は、すべて...

日本酒 福島 ほまれ酒造 純米吟醸 巽蔵 720ml

ワイン紀行

1,572

日本酒 福島 ほまれ酒造 純米吟醸 巽蔵 720ml

酒造好適米『五百万石』を大吟醸規格の50%まで精米したとっても贅沢な純米吟醸酒。 果実の香りを思わせる芳香、幅のある旨味が調和したすっきりした爽やかさが特徴 ■産地・酒造:ほまれ酒造 (福島県喜多方市) ■タイプ:辛口 ■飲み頃温度:10℃から15℃前後 ■日本酒度:+2.0 ■アルコール度数:15~16% ■酸度:1.4 ■アミノ酸度:1.3 ■使用酵母:協会9号 ■原料米:五百万石 ■精米歩合:50%杜氏: 中島 一郎 ・・・・・・・・・・・・・・・ 酒造りで常に痛感させられるのは、酒は生き物であるという事。 それ故に今必要としている事を、即過不足なく対応するという事です。 それには、何が必要かを見抜く観察力と的確な洞察力、そして決断力が求められます。醸された酒がいつもその能力の評価をする訳ですが、その酒に叱咤激励されながらより一層の良酒を醸すべく、経験と精進を重ねていこうと想っております。   ほまれ酒造受賞暦 全国新酒鑑評会 ◇ 金賞受賞年 昭和:61年 平成:5、10、11、13、14、20、21、22年 東北新酒鑑評会 ◇ 金賞受賞年 平成: 元年、2、3、5、7、8、10、11、12、13、14、16年 平成: 17、18、19、20、21年 福島県鑑評会 ◇ 平成16年春季 吟醸の部 県知事賞 ◇ 平成18年春季 吟醸の部 金賞 ◇ 平成18年春季 純米の部 金賞 ◇ 平成20年秋季 吟醸の部 県知事賞 ◇ 平成21年春季 吟醸の部 県知事賞 ◇ 平成21年春季 純米の部 金賞 全国酒類コンクール ◇ 2006年春季 『古酒・新開発部門』 第1位 ◇ 2006年春季 ...

全国新酒鑑評会金賞受賞蔵 【曙酒造】大吟醸 一生青春 720ml 福島県ブランド認証産品

ワイン紀行

2,700

全国新酒鑑評会金賞受賞蔵 【曙酒造】大吟醸 一生青春 720ml 福島県ブランド認証産品

□コメント 「天明」でお馴染みの曙酒造が、杜氏制を廃止し蔵元が自らの手で造った、再出発の意味で銘銘した大吟醸酒「一生青春」。 この蔵では鑑評会出品酒を「一生青春」の名前で出品していますが、 出品酒だけではなく、飲み手に支持されるお酒を目指しています。 山田錦を40%精米し、無濾過1回瓶火入れ方式のビンテージです。 香りも華やかで味わい深く飲み飽きしない最高の大吟醸酒となっています。 ワイングラスで飲むのがとても良く似合う、贅沢でフルーティな風味と 味わいを持つ大吟醸酒「一生青春」は福島県の新ブランド 「うまし、うつくし福島逸品」自慢の商品です。 □酒造 曙酒造 [福島県会津坂下町] □特徴 日本酒度:+2.0 酸度:1.6 アルコール分:17.9度 飲み頃温度:◎お冷や |progress 前に進む 四季豊かな福島県、会津。明治三七年、曙酒造はこの地で生まれました。以前は、現在ほどの石高も無く、家族でつくる酒蔵でした。地元の方に愛して頂いた、「曙」は百年が経ち、今もなお、変わらない味を造り続けています。 代々受け継がれてきた良きものを次代へ。 曙酒造の基本スタイルです。 しかし、戦後のめまぐるしい発展は大きく日本の食文化を変化させました。 この、変化の中、昔と変わらず曙酒造のお酒を愛飲して頂くにはどうすれば良いか。現在の五代目蔵元は「人の輪の中で舌鼓を打たせ続ける酒」を目指しています。  その為に、今の蔵元には何が必要か。そしていきついたのが「良きものはそのままに、変えるべきは変える。」 「今の日本に合う日本酒とは何か」を考えながら、曙酒造はゆっくりと前に進んでいます。 |challenge 挑む 「去年よりさらに良いものを」をコンセプトに天明は造られています。 それは、常に「最高」に挑み続ける姿勢であると私たちは考えていま...

大七酒造 大七 生もと純米酒 1800ml(福島県)

Amazon

2,353

大七酒造 大七 生もと純米酒 1800ml(福島県)

製造元 大七酒造(株) 産地 [福島県] 味わいの特徴 蔵を代表する銘柄。熟成しら豊かなコクとなめらかな喉越し。燗上がりする酒。 旨味を生かした香り高く切れの良いお酒 大七酒造株式会社 製造元 大七酒造(株) 産地 [福島県] 種別 純米酒 主要原料米 五百万石 精米歩合 扁平精米 アルコール度数 14.7% 容量 1800ml その他 日本酒度/+0 酸度/1.6 アミノ酸度/1.3 日経新聞『何でもランキング』 第一位、純米生もと 日経新聞の土曜版NIKKEIプラス1『何でもランキング』において、 “おせち料理によく合ってお燗にすると美味しい日本酒"の第一位に、 大七「純米生もと」が選ばれました。(12月24日朝刊) 二位以下に2倍以上の点差をつけて第一位に選ばれた「純米生もと」は、 審査員から「しっかりした味わいとコク」、 「サーモンのハラスなど脂ののった食べ物に合う」などと評されました。 福島県二本松市。名峰、安達太良山麓の美しい自然は、日本三井戸の一つ「日影の井戸」をはじめとする、豊かな名水をこの地に授けました。伝承によれば、清和源氏に連なる太田家は寛永年間(1624-1643)に伊勢国より三人兄弟で二本松に来住したといわれ、それぞれに酒造業を営み、やがて領内で最高格の商人となりました。明和の三郎兵衛好重、村上源氏の来歴をもつ安永の長左衛門豊春らが家勢を大いに盛り立て、好重の子、三良右衛門が分家し、宝暦二年(1752年)に現在の大七酒造を創業しました。これを始祖として、三代目以降は七右衛門を襲名するようになり、以後、十代目の今日まで、酒造り一筋に発展を遂げています。初期の酒銘「大山」は、後に七右衛門にちなむ「大七」と改称されました。大七酒造は、八代目七右衛門の時代に全国清酒品評会第一位など輝かしい成果を収め...

全国新酒鑑評会金賞受賞蔵 【会津酒造】金紋会津 本醸造辛口 1800ml

ワイン紀行

2,139

全国新酒鑑評会金賞受賞蔵 【会津酒造】金紋会津 本醸造辛口 1800ml

福島県産の酒造好適米「夢の香」とオリジナル酵母 うつくしま夢酵母 奥会津阿賀川の伏流水を地下40mからの汲み水で造られます。もちろん糖類無添加、呑みあきしないすっきりした辛口のさわやかなお酒です。 ■産地・酒造:会津酒造(福島県南会津郡) ■アルコール度数:15.0 度以上 16.0 度未満 ■日本酒度:+5 ■酸度:1.2 ■精米歩合:60%会津酒造は、福島県の南西部 、栃木県境に近い旧田島町で元禄年間に創業した古くからの酒蔵で、江戸時代からの土蔵は、一年を通じて温度差がなく長期低温発酵には最適な環境にあります。水は100%地下水を使用しており、ミネラルが多く含まれているまろやかな口当たりの軟水。地域の自然環境の特色を活かしながら、糖類・酸味料などは無添加で、丸みのある米本来の旨味を活かした酒造りを行っています。 日本酒の仕込みは、真冬に行われます。蔵の中にほんのり日本酒が香り、雪が作り出す無音の世界で行われる仕込みの作業は、職人の心を揺さぶり、伝統の技を呼び覚まします。 土間を上がり 、囲炉裏を囲んで、他愛もない日常を肴に酒を酌み交わす。大昔からこう言われてきました。 ==== 酒は人間関係の潤滑油====

スポンサーリンク
スポンサーリンク