メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「玉乃光」検索結果。

玉乃光の商品検索結果全145件中1~60件目

京都府 玉乃光酒造 玉乃光29(にじゅうきゅう) 米焼酎 25度 1800ml

お酒の総合館・シマヤ酒店

2,515

京都府 玉乃光酒造 玉乃光29(にじゅうきゅう) 米焼酎 25度 1800ml

熟成肉とも相性抜群 肉専用の本格焼酎 29にじゅうきゅう 独自技術により、屋久島産杉の爽快な香りをすっきりとした味わいに閉じ込めた本格焼酎です。杉の揮発成分フィトンチッド*が飲むたびに口の中をリセット。牛肉以外にも鳥、豚、羊などあらゆる肉の素材を引き立てます。屋久杉の爽やかな香りと、ドライですっきりとした味わいを楽しめます。   フィトンチッド:植物から発散されるテンペン類をはじめとする揮発成分   Shochu that pairs well with meat ラベルの絵は1頭から600〜800gしか取れない牛ヒレ肉の希少部位「シャトーブリアン」です。肉の右下には日本列島が描かれており、和牛の最高級A5を意識しています。 原材料名 米(国産)・米こうじ(国産米)・酒粕 アルコール分 25度  ▲画像・文章は蔵元資料より抜粋   この商品、他の焼酎との違いは肉との相性に特化し、それを数値化したことです。 美味しいとは何か、味(味覚)を可視化することで味の物差しができ伝える手段ができました。 数値化はとっても便利です。何時間もかけて探して、「これだ!」と思って相手にすすめても「?」って意外と多いですよね。でも肉を食べ、お酒をのむ時にこのお酒をおすすめすれば、大抵の方が気に入ってくれます。「相性98・96という数値は、焼酎ではなかなか出ない、いや今後出ない数値かもしれない」と蔵元の担当さん。←「今後出ない・・・」はちょっと大袈裟かな? 是非一度、お試しください。「お酒と食べ物との相性」のイメージができます。 玉乃光が売り出した日本初の肉専用焼酎「29(にじゅうきゅう)」がどれだけ肉と合うのかを AISSYの味覚センサーで測定。 「95を超えると非常にいい」というなか豚肉のロース(塩)との相性は98、牛肉ロースとの相性は96。 ...

玉乃光 純米吟醸 辛口 KARAKUCHI 720ml【京都伏見】玉乃光酒造(株) 【京都の酒 日本酒 清酒 京都の地酒】

e酒どっと呑む。

1,296

玉乃光 純米吟醸 辛口 KARAKUCHI 720ml【京都伏見】玉乃光酒造(株) 【京都の酒 日本酒 清酒 京都の地酒】

玉乃光が醸す 極上の辛口 日本酒度の高さもさることながら、酸度を高く上げることで濃厚な味わいを持ちながらもキレがあり飲み飽きしない「濃醇辛口」の純米吟醸に仕上がっています。脂っこい料理や味の濃い料理との相性もよく、淡麗辛口とは違ったお酒です。 ■種別 清酒 純米吟醸酒 ■産地 伏見 ■製造元 玉乃光酒造(株) ■容量 720ml ■アルコール度数 15.4度 ■原料米 酒造好適米 ■精米歩合 60% ■日本酒度 +8 ■酸度 1.8 ■アミノ酸度 1.5 ※この商品は出荷まで3〜4日かかる場合があります。ご了承ください 。 玉乃光酒造の酒一覧はここをクリック京都のお酒すべてはここをクリックよい酒づくりは、よい米づくりから 清酒 玉乃光酒蔵 初代中屋六左衛門が延宝元年(1673)、和歌山市にて紀州徳川藩の免許で創業。 昭和39年、業界に先駆けて、アルコール、糖類を添加しない「無添加清酒」(今日の純米酒)を発売、日本の伝統文化である清酒の本来の姿は米100%の純米酒にあると主張してきた蔵元。 酒銘の「玉乃光」は、代々熊野の速玉(はやたま)神社を信仰し、宮司より主神の天照大神の御魂(玉)がはえるようにとの願いを込めていただいたもの。 贈答品としても喜ばれる 京都のお酒♪ 京都伏見 玉乃光 純米吟醸 辛口 720ml詰 冴え渡る辛口ならではの存在感。天然の酸味がもたらす爽快なキレ奥ゆかしささえ感じられる米の余韻が愉しめる。

玉乃光 酒鵬 純米大吟醸720ml【京都伏見】玉乃光酒造(株) 【京都の酒 日本酒 清酒 京都の地酒】

e酒どっと呑む。

1,382

玉乃光 酒鵬 純米大吟醸720ml【京都伏見】玉乃光酒造(株) 【京都の酒 日本酒 清酒 京都の地酒】

安定感抜群の蔵「玉乃光」の 技が冴える! 程好い酸味と、ほのかに感じる 上品な米の旨味。 飽きることなく味わえる食虫酒に おすすめの純米大吟醸酒。 米本来の美味しさを追求した、 日本の姿です。 ■種別 清酒 純米大吟醸酒 ■産地 京都・伏見 ■製造元 玉乃光酒造(株) ■容量 720ml ■アルコール度数 15〜16度 ■原料米 国産米100% ■精米歩合 50% ■日本酒度 +3 ■酸度 1.6 ■アミノ酸度 1.2 ※この商品は出荷まで3〜4日かかる場合があります。ご了承ください 。 玉乃光酒造の酒一覧はここをクリック京都のお酒すべてはここをクリックよい酒づくりは、よい米づくりから 清酒 玉乃光酒蔵 初代中屋六左衛門が延宝元年(1673)、和歌山市にて紀州徳川藩の免許で創業。 昭和39年、業界に先駆けて、アルコール、糖類を添加しない「無添加清酒」(今日の純米酒)を発売、日本の伝統文化である清酒の本来の姿は米100%の純米酒にあると主張してきた蔵元。 酒銘の「玉乃光」は、代々熊野の速玉(はやたま)神社を信仰し、宮司より主神の天照大神の御魂(玉)がはえるようにとの願いを込めていただいたもの。 贈答品としても喜ばれる 京都のお酒♪

スポンサーリンク
スポンサーリンク