メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「渡辺酒造雪小町」検索結果。

渡辺酒造雪小町の商品検索結果全6件中1~6件目

【四合】 雪小町 袋吊るし大吟醸 /福島県地酒(翌日出荷可)

Amazon

3,310

【四合】 雪小町 袋吊るし大吟醸 /福島県地酒(翌日出荷可)

福島県郡山の山沿いに、阿武隈鍾乳洞の伏流水を使用したお酒「雪小町」を醸す渡辺酒造本店があります。 従事するのは家族を含め9人の小さな蔵元です。「袋吊り」による自然落下雫酒生酒。 華やかな香りと豊かな口中香が魅力ですよ。山間の小さな蔵元です。酒造りを本当に真剣にしています。 吟醸蔵51号タンク限定醸造。酒屋としては他の酒屋にはナイショにしたい蔵元ですね。 味は極上の大吟醸を濃縮したような感覚、酒だけで楽しみたい時にうってつけです。ワンロックも最高です。 浜田屋では 純米酒・吟醸酒は全て冷蔵管理しております それも絶対に光にさらさない管理、そして酒の温度を低温で維持すること。 それは浜田屋の今までの経験から冷蔵庫に入れるだけでは、ただのパフォーマンスでしかない。 酒は微妙な温度の上がり下がり、さらに微かな光にも反応して、悪くなることは有っても、良くなることはない。 しかし紙で何重にも包まれた酒は、冷蔵庫の開け閉めによる温度変化にも光にも反応せづ、少しづつ熟成し、本来の美味さを身に付けてくる。 と思っております。偏屈な酒屋思いますが。酒の浜田屋は、そんな酒屋です。 存分にお楽しみ下さい。

こちらの関連商品はいかがですか?

秋田 木村酒造 福小町 300ml×6本 いろどり福セット 箱入 日本酒 飲み比べ

Amazon

3,980

秋田 木村酒造 福小町 300ml×6本 いろどり福セット 箱入 日本酒 飲み比べ

(メーカーHPより引用) 小野小町 生誕の地より。 明治14年、明治天皇が御巡幸で秋田県雄勝郡湯澤町(現湯沢市)を訪れた際、その侍従長が木村酒造を宿に充てられました。 当時、「男山」と銘打っていた酒を供したところ、甘くてやさしい香味が賞賛され、男山というよりも女性的な印象であったことから「福娘」という銘を賜ります。 後に、小野小町生誕の地として知られる湯沢にちなんで「娘」を「小町」に。 そして現在に至る「福小町」の酒名が誕生しました。 【商品内容】 ■純米吟醸 福小町 旨味と酸味が絶妙に調和。毎日でも飽きのこない、親しみやすい味わいです。飲み口は軽く、しかし香りは高く、うまみは深く。ふくらみを持たせながらも、余計なクセは一切感じさせない。どんな料理にも合わせやすく、日々の定番として長く付き合いたい酒です。 おすすめの飲用温度 花冷え(約10度)~ぬる燗(約40度) ■純米辛口 福小町 軽やかな果実香と旨味がしっかりとまとまった超辛口の純米酒。冷やでキリッと、燗にしてもスッと身体にしみわたる。四季を通じて、軽快な飲み口を愉しめます。余計な甘みを感じさせず、合わせる料理を選ばない。何度口に運んでも、そのたびに鮮烈な印象を残していきます。 おすすめの飲用温度 花冷え(約10度)~上燗(約45度) ■冷撰本醸造 福小町 スッキリとしたキレと軽快な旨味が調和。14.5度とアルコール度数控えめで、夏場でも日本酒の旨さを軽快に愉しむことができます。スッとした飲み口でも、味わいはしっかり。クセがないから、食事のジャマをしない。親しい仲間と注ぎつ注がれつ、場を和ませてくれる1本。 おすすめの飲用温度 雪冷え(5度)、花冷え(10度)

日本酒セット ギフト 日本酒 新潟 辛口飲み比べ 300ml×6本セット

Amazon

3,300

日本酒セット ギフト 日本酒 新潟 辛口飲み比べ 300ml×6本セット

※朝日山 百寿盃(普通酒)久保田を販売する蔵元のお酒。さらっとした口当りでのど越しが良いお酒です。【製造元】朝日酒造【内容量】300ml【アルコール度数】15度【日本酒度】+5【酸度】1.1 ※越後桜 生貯蔵「キレのある辛口」美酒芳醇辛口です。国産米を使用、絶妙なバランスとしっかりとした味わいです。【製造元】越後桜酒造【内容量】300ml【アルコール度数】14.5度【日本酒度】+7【酸度】1.3 ※吉乃川 越後吟醸(吟醸酒)かろやかな味わいと、ほのかな吟醸香のバランスが絶妙です。料理と一緒にお楽しみ下さい。【製造元】吉乃川【内容量】300ml【アルコール度数】13度【日本酒度】+4【酸度】1.2 ※越路吹雪 本醸造生貯蔵すっきりとしたやや辛口の味わい。【製造元】高野酒造【内容量】300ml【アルコール度数】15度以上16度未満【日本酒度】+6【酸度】1.3 ※北雪 朱鷺の國 生貯蔵佐渡の地酒。糖類を一切使っていない、スッキリとした辛口酒です。【製造元】北雪酒造【内容量】300ml【アルコール度数】15度【日本酒度】+8【酸度】1.2 ※菊水 本醸造「辛口菊水」冴えた辛さのなかにしっかりと旨味がのっており、キリリと引き締まった味わいが堪能できる一本。【製造元】菊水酒造【内容量】300ml【アルコール度数】15度【日本酒度】+8【酸度】1.5「久保田」の製造蔵の朝日山と新潟の辛口清酒の代表格

送料無料
【 6本セット】八海醸造 八海山 本醸造 1800ml×6本(日本酒)

贈り物本舗じざけや

29,880

【 6本セット】八海醸造 八海山 本醸造 1800ml×6本(日本酒)

八海山 本醸造 1800ml 味わいの特徴 高度精白された、新潟県産の良質米を原料に、製造の全工程に大吟醸の製法を取り入れて造られたこだわりの本醸造。淡麗辛口タイプながら温度も選ばず、飲み飽きしません。 製造元 八海醸造(株) 産地 [新潟県] 種別 本醸造 主要原料米 米、米麹 精米歩合 55% アルコール度数 15~16% 容量 1800ml その他 日本酒度/+5 酸度/1.2 アミノ酸度/1.1 ○ ○ ● ○ ○ 甘 口 やや甘口 普 通 やや辛口 辛 口  新潟の酒は新潟でしかできない 淡麗な酒は日本料理に合うだけでなく、肉や油を使うことが多い現代の料理にもよく合います。 真面目造りで酒の質がいいし、料理にも合う、新潟の酒なら間違いがないということで、急速に消費者のみなさんの高い評価を獲得していくことになったのです。 今では酒造りの技術も進歩して、バイオ技術で次々に新しい酵母が開発されたり、コンピュータで温度管理も正確に行えるようになりました。軟水も硬水も水処理技術を使えば、かなり自由に調節できます。 しかし、それでも、新潟の酒は今も新潟でしかできないのです。 新潟の酒を造っているのは、すぐれた技術を持った越後杜氏といわれる人々ですが、技術の他に新潟県産の良質な原料米なども、大きく貢献しているからです。 本物の酒造りには、まだまだ機械化、コンピュータ化できないところが残っています。 しかも、それができないところこそ、酒造りの鍵となる部分なのです。 これからも当分の間、新潟の酒は新潟でしかできないでしょう。 良い酒を造りたいと思い、それを愚直なほどにやりとおす酒蔵、それに加えて新潟の米、水、雪、風、土地。それが新潟の酒を支えてきたのです。 (※写真、文、八海醸造(株)HPより一部抜粋)

お酒・ドリンクのランキング

スポンサーリンク
スポンサーリンク