メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「泉川」検索結果。

泉川の商品検索結果全6件中1~6件目

こちらの関連商品はいかがですか?

真鶴 純米吟醸1800ml

仙台牛タウン 楽天市場店

3,564

真鶴 純米吟醸1800ml

真鶴 純米吟醸1800ml 宮城県産「美山錦」を原料米とする純米吟醸酒。ふくよかな含香。芳醇な風味とまろやかさが特長。 【内容量】 ■1800ml 【成分表】 ■日本酒度:±0 ■アルコール度:15~16 ■原料米:美山錦(国産) ■精米歩合:50% ■酸度:1.3 【製造元】 田中酒造 【お届けについて】 ●当店は複数のサイトでお酒を販売しておりますので、ご注文のタイミングによっては在庫切れの場合がございます。自動返信メールの次の当店からの注文確定メールをもってご注文の確定とさせていただきますので、何卒ご理解の程お願い申し上げます。 ●お届けに要する日数は通常、3日間程度頂いております。(日・祭日はお休みです)●他社の商品と合わせて発送する場合は、集荷のためお時間をいただいております。●お届け日のご指定は、ご注文より3日後以降~1ケ月以内まで可能でございます。  (株)田中酒造店の沿革太物(呉服)・古着の販売をしていた初代田中林兵衛氏は、事業欲が旺盛で、新たに副業として寛政元年(1789年)に酒製造業を始めました。 当時、田中家は二つに分家して、呉服屋を中心に貸金業、質屋、地主、醤油醸造業、酒造業などを兼業していました。現在も地元では、田中酒造より田林の名で親しまれています。9代目現社長の祖父が、昭和10年代の物資統制令を境に呉服商を廃業し酒造業を中心に事業展開をしました。 伊達家の藩政時代には、代官など4つ会所が置かれた加美郡政治の中心地でもある中新田で、「東華正宗」の銘柄で地元を中心に販売していました。その当時の城主只野伊賀の奥方只野真葛は、南総里見八犬伝の滝沢馬琴らと交流があり、女流詩人としても知られておりました。真葛は、庭で舞遊ぶ鶴をこよなく愛し、鶴の歌を数多く詠んだと云われています。当時「名酒東華正宗...

渓流 純米吟醸 1800ml

酒のさとう

3,087

渓流 純米吟醸 1800ml

仕込み方法 純米吟醸 精米歩合 60% 内容量 1800ml アルコール度 15% 日本酒度 +1 酸度 1.3 保存方法 常温 味わい(甘辛度) 華やかな吟醸香の上品なやや辛口 飲み頃温度 冷酒、常温 原材料名 米(国産)、米こうじ(国産米) 生産地・製造者 長野県須坂市・遠藤酒造場 製造年月 蔵元より順次 ※この商品は蔵元、メーカーからお取り寄せ後の発送 になりますので、お届けに2~7日 営業日(土日、祝日を除く)かかります。 お急ぎの方は電話(026-245-8707) またはメール(na7117sato@stvnet.home.ne.jp) にてご確認ください。きりりとした飲み口からふわりと漂うほのかな甘み 渓流 純米吟醸 1800ml 「ひとごこち」という 純米酒には最適な酒米を使用しています。 勝山杜氏が“すばらしい出来"と自信をもっておすすめする逸品です。 信州須坂は江戸時代、堀家1万石の館町として発展しました。現在でも蔵造りの家々が残り、蔵の町として人気があります。 創業当時の江戸時代、当蔵の酒は須坂藩主の献上酒でもありました。その時、藩主が命名した日本酒 『養老正宗』は、今もその味を語り継ぎ、現在は日本酒 『渓流』を代表とする銘酒となって、皆さまに親しまれております。 初代蔵元の遠藤徳三郎が酒造りをはじめたときから、常に「旨い酒を」との一心で酒造りに取り組んでいます。 遠藤酒造場 近年鑑評会成績 平成5年  長野県清酒品評会 県知事賞 平成6年  関東信越国税局酒類鑑評会 優等賞   長野県清酒品評会 県知事賞 平成7年  長野県清酒品評会 県知事賞 平成8年  関東信越国税局酒類鑑評会 優等賞 平成9年...

お酒・ドリンクのランキング

スポンサーリンク
スポンサーリンク